FC2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

このページの記事目次 ( ← 2016-11- → )

total 2 pages  次のページ →  

【バーチャコールS】90年代VRはサターンギャルゲー基準

   ↑  2016/11/01 (火)  カテゴリー: セガサターン
161101006.jpg
どんなに臨場感があっても、どれだけ迫真であっても、一方通行で享受していることが露わになれば、ヴァーチャルリアリティの化けの皮は剥がれる。
たとえ本物と見紛うかのようなデジタル彼女であっても、自分の本名を感情込めて呼んでくれなければ、それはもう提供を受けただけの存在だ。
PSVRを持ってしてもなかなか解決できないこの命題にあえてチャレンジしたのは、20年以上前のセガサターン。
161101001.jpg
バーチャと名のついたゲームを数多く出しながら、その実VRとは一番縁遠かったこのハードで、なぜそのような試みが?
それはもうサターンがギャルゲーの血で血を洗う激戦区となっており、どこもよそのギャルゲーとの差別化に汲々としていたからだろう。
161101002.jpg
ギャルゲーを極めてパーソナルな存在に変えてくれる力業アイテム。それはゲームの初回限定版に同梱されているもう一枚のディスク。その名も「よびかけ君」。
これはファーストネームの音声データのみを詰め込んだスペシャルディスクで、コレを利用するには、まず「よびかけ君」ディスクを起動して自分の名前を選択。
その音声データをパワーメモリーに記憶させてから本編ディスクに入れ替えてゲームをスタートさせると、登場キャラたちがこちらの本名をナチュラルかつ感情豊かに呼んでくれる(自分の名前が収録されていなかったら、それはVRに選ばれていないということです。諦めてください)。
『ときめきメモリアル2』のEVSに先んじた趣向だ。セガハードはここでも(ならなくてもいい)先駆者になっていたのだった。
161101003.jpg
スマートホンの普及で存在感が薄れている固定電話の復権にも、『バーチャコールS』は1998年の時点で早くもその解答を出していた。
その答えはやはりヴァーチャルリアリティ。
目の前に本当に話相手がいるかのようなVR機能を搭載したヘッドマウントディスプレイ状の電話。
それが普及した未来が『バーチャコールS』の背景舞台。
そしてそんな夢のようなVR体験を手にした人々がやることといえば、それはもう自宅でテレクラ以外に何があると言うのだろうか。
161101004.jpg
電話をかけてお話をして連れ出してフィニッシュ。
界隈がやれ泣きゲーだなんだとエモーショナルに盛り上がっていた時代に、あえてケンカを売るような即物っぷり。
その守旧の気概は信念があってのものではなく、単に当時のサターンギャルゲー恒例だった、一昔前のエロゲーをお色直しして店に並べるしみったれた商法の副産物だ。
そして自分の本名を呼んでくれる未来のヴァーチャルリアリティ電話という設定も、目の前に広がる90年代前半テイストの萌え絵キャラと、そしてこれまた90年代前半のエロゲーで胸焼けするくらい顕著だった、"オタが無理してC調を演じている"上滑りしたセリフやモノローグで、たちまちのうちにろくでもない現実に引き戻されるのであった。

 

この記事に含まれるtag : ギャルゲー 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2567.html

2016/11/01 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Rage】ビッグバジェットの超B級

   ↑  2016/11/04 (金)  カテゴリー: XBOX 360
161104006.jpg
前評判、それは勝手な思い込み、期待の勇み足。
アメリカで首位打者を獲ったメジャーリーガー、携帯の画面に踊る「友だちからはSHELLYに似てるってよく言われます」の自己申告。
それらに一方的にに胸踊らせるのは勝手だが、いざ蓋が開いてみて落胆するのも自己責任だ。
冷静に考えれば現役バリバリ今が盛りのタイトルホルダーが日本にやって来るわけがないし、SHELLYが出会い系にいるはずもない。
これが前評判とかけ離れたギャップがあればネタにもなるが、打率は.260で一応2桁ホームラン打ったとか、尼神インターの片割れには似てたとかのレベルだと、こちらも拳を振り上げるわけにもいかず対応に困ってしまう。
161104003.jpg
アフターアポカリプス、DIY文明、しぶとく生き残るモーターカルチャー、with武装カー、適度に荒れた秩序vs野放図な無秩序、ウエスタン風味、そしてファーストパーソンシューティング。
手垢のついた諸要素をバリバリと継ぎはぎしていったら、そのまんま継ぎはぎだらけのぎこちない世界が一丁できあがり。
『Doom』でお馴染み老舗と今をときめくBethesdaが手を組んだ、前評判が否が応でも盛り上がる怒濤のDVD-ROM三枚組は、いざ蓋を開けてみたら大作感がこれっぽっちも感じられない、打率.260の大物メジャーリーガーやSHELLY自己申告の尼神インター的な、なんとも評価に困る一作だ。
161104009.jpg
がっちりと重厚に作り込まれたFPS部分。そしてアフターアポカリプス荒野とは抜群の相性をみせる武装カーのレース&バトルモード。
これらを軸に軽いRPG的な要素を絡めて、最近なにかと軽視されがちなシングルキャンペーンの歯ごたえを追求。
しかし理想はその諸要素がちっとも噛み合わないぎこちなさとして結実してしまった。
露骨なおつかいによる行ったり来たり、牽引力に欠ける陳腐なシナリオも足を引っ張った。
老舗idのフリーローム的な作法に対する不得手不理解もあるが、そうなってしまった最大の元凶は、やはりトータルプロデュースの不備だろう。
161104008.jpg
このゲームが一番真価を発揮する瞬間は、フリーロームとも武装カーとも「マッドマックス」的な世界設定ともおよそ無縁な、『DOOM』を彷彿とさせる狭所通路ショットガン出会い頭ぶっぱ行脚。
そこになんとも三つ子の魂百までを感じさせる、"ビッグバジェットのB級映画"。
過大な前評判も過去のことなった今だからこそ、その類まれなる超B級っぷりも、改めて光ろうというものだ。

<Xbox One互換対応タイトル>

 

この記事に含まれるtag : FPS ONE互換 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2568.html

2016/11/04 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Ingress】Mission Day 岐阜 #3

   ↑  2016/11/08 (火)  カテゴリー: Android
161028006.png
山登り、なんと不吉な言葉だろうか。
だいたい坂道が好きな人なんていやしない。
そして山というのは、みんなが嫌いなその坂道だけで構成された場所なのだ。
山はだいたい体によくない。
歴史を紐解いてみても、三國志時代の馬謖という人物は、なんでも山に登ったがために首をはねられたというではないか。なんと恐ろしいところだろうか。
161108003.jpg
ああ、しかしMD岐阜のミッション経路は、信長公の威を借りて頂上まで来いと要求してくるのだった。
もちろんオレがロープウェイの力を借りたのは言うまでもない。
しかし、そのまま一直線に頂上まで運んでくれると思ってたオレの目論見は実に甘いものだった。
ロープウェイの到着点から頂上にたどり着くには、さらに急勾配の坂道や階段を登っていかなければならないのだ。
電波は入らないし、リス園のリスは休憩中だし。まったく信長はなんちゅうとこに本拠を構えてくれたのか。
この後、安土城に本拠を移転したのは、きっと自分でも降りたり登ったりするのが面倒くさくなったのだろう。
161108004.jpg
汗だくになってたどり着いた再建天守。
その展望台から一望できる絶景。険山と長良川、自然の要害に守られたこの城。
どう見ても難攻不落に思えるのだが、しかし過去の合戦では、落ちるときは実にあっさりと落城している(それも一日足らずで)から面白い。

 

この記事に含まれるtag : イングレス 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2569.html

2016/11/08 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Need for Speed: Rivals】オレたちレッドビュー群野良警察

   ↑  2016/11/10 (木)  カテゴリー: XBOX ONE
161110009.jpg
『ニード・フォー・スピード ライバルズ』は走り屋と警察、二つの立場を自由に選択できるゲーム。
犯罪者。その立場は人生を棒に振る気があればいつでもなれる。ましてやちんけな道路交通法違反ならなおさらだ。
だけど権力のもとに正義を行使する立場には、なろうと思ってもそうそうなれるもんじゃない。
ならばデジタルの仮想現実世界でチョイスすべきは、もちろん後者の方だ。
というわけでレッドビュー群警察に志願します!
「警察だ、ヴィン・ディーゼル気取りのアホども、さっさと停まれ!」
161110006.jpg
レッドビューカウンティの公道は無法地帯だ。
そこは走り屋映画を真に受けたバカどもが、改造した高級スポーツカーで違法走行の限りを尽くしている。
この度を越したYou Tuberたちに、正しい公道の走り方と権力の怖さを徹底的に叩き込んでやるのが、ハイウェイパトロールであるオレの仕事だ。
道路の向こうに、対向車線に、周囲の危険など顧みず迷惑な暴走をするスティングレイやベルリネッタやフォードGTの姿を見るやいなや、オレはサイレンのボタンに手をかけ、堂々と権力の行使を宣言する。
「警察だ、ヴィン・ディーゼル気取りのアホども、さっさと停まれ!」
161110003.jpg
停まれと言って素直に停まるようだったら警察は要らない。
オレたちとの追いかけっこを待ち望んでいたかのように、エナジードリンクの飲み過ぎでアタマがイカれたバカどもは、アクセルをさらに踏み込んで限界までスピードを上げる。
レクサス、GT-R、カレラGT、我々にも高性能パトカーが配備されてはいるが、限界までチューンナップを施した連中のスーパーカーにスピードでは敵わない。
しかしこちらには公の使命を共にする心強い同僚たちがいる。
本部からの応援要請に続々と駆けつける仲間のパトカーたち。サイレンをけたたましく鳴らし、時には先回りして待ち構えながら、自己顕示欲に取り憑かれたスットコドッコイどもをじわじわと追い詰める。
「警察だ、ヴィン・ディーゼル気取りのアホども、さっさと停まれ!」
161110001.jpg
レッドビューカウンティはEAのサーバーにある街。
アクセスすれば、そこに散らばるのは世界各国から集まったパトカー警官と走り屋たちの姿。
だが好き勝手な走り屋と違って、秩序のために尽くす我らには、たとえ野良プレイヤーの集まりと言えどしっかりとした連帯感がある。
今日の獲物はあのふざけた走りを繰り返すマクラーレンP1だ。
バカッ速いクルマだが、オレたちにはしっかりとした連携と、警察だけに与えられる各種装備がある。
最後にべそをかいて「点数ヤバいんですよー」と泣き言を訴えるのは、マクラーレンのドライバーの方だ。
「警察だ、ヴィン・ディーゼル気取りのアホども、さっさと停まれ!」
161110004.jpg
同僚の進路の前に誤ってスパイクベルトを投下。道路封鎖バリケードにダマになって突っ込むのはパトカーの方。巻き添えを食う一般車両。しまいにはパトカー同士で正面衝突。ボイチャから響き渡る「ファーーーーック!」の怒声。
しょせんは野良の集まり、連鎖する大惨事。気づけばレッドビューカウンティ中に交通パニックを引き起こしているのは警察の方。
だからこそ苦労と惨事の末に暴走車両を逮捕に追い込んだときの爽快感は格別だ。
「こんなオレたちに捕まるとはとんだマヌケ野郎だな! さあ、免停どころじゃ済まねえぞ!」
オレたち、レッドビュー群警察交通課。秩序の維持のためなら交通事故件数が数十倍にハネ上がることも厭わない。
今日もアバウトな連携で、フザけた走り屋どもを地の底まで追い詰めるぜ。
「警察だ、ヴィン・ディーゼル気取りのアホども、さっさと停まれ!」

 

この記事に含まれるtag : レーシング 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2570.html

2016/11/10 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【World's Scariest Police Chases】パトカー警官の日常

   ↑  2016/11/12 (土)  カテゴリー: PS1
161112003.jpg
「やっぱりこの仕事をやっている限りは、帰りなんかはいつも遅くなるしね。そのことについては女房もそりゃいい顔はしないさ。まぁそれ以外に関しては上手くやっているはずだと信じているけどね。だけどやはり子供との時間がとれないのが一番辛いかな。でも誰かがやらなくちゃいけない仕事だ。そうだろ?」
~海岸通りにて不審車両を発見。対象は黒のセダン。最寄りのパトカーは急行してください。~
「そら来た、ご指名だよ。行くぞ。」
△ボタンを押してサイレンを鳴らし、アクセル代わりの×ボタンをぐいっと押し込む。
そして後部座席のつもりの背後をチラ見して「因果な商売さ。だけど誰かがやらなくちゃいけない。そうだろ?」
PSコントローラーを片手に、思わず警察ドキュメンタリー番組の登場警官になったつもりの一人芝居を始めてしまう、『World's Scariest Police Chases』は、そんなゲームだ。
161112006.jpg
元となった同名のテレビ番組は、「全米警察24時 コップス」をヒットさせたFoxテレビが同じ穴の狢を狙って送り出したドキュメンタリー。
「コップス」との違いはパトカー車載カメラやヘリからの空撮によるカーチェイスや犯人追跡に的を絞って構成されているところ。
そしてFoxテレビの同系列会社、Fox Interactiveによってゲーム化された本作は、一見マイアミ風の街中を自由に巡回し、"不審車両発見"の報で現場に急行しては、対象車両と車をがっつんがっつんぶつけあうカーチェイスを演じる、言わば箱庭版チェイスHQ。
161112007.jpg
メインとなるフリーパトロールで選べるパトカーは四台。
このうち、一番オーソドックスなノッチバックセダンタイプのパトカーは、性能が一番劣り不審車両にちぎられてしまう事もしばしばある。
だけどやはりここは高性能の覆面パトカーよりも、こちらを選択したいではないか。このゲーム中のオレは、「マイアミバイス」の二人組なんかじゃなくて普通の制服警官でありたいんだから。
いくらアクセルを踏み込んでも対象車両との差を詰められない場合は、なんだったら発砲もOKだ。
拳銃からショットガン、サブマシンガン、なんならロケットランチャーまでぶっ放すことだってできる。
だけどパトカーの不安定な挙動とアバウトなターゲットロックオン機能が災いして、対向して走ってきた罪のない一般車両をロケット弾が直撃してしまったなんて展開も頻繁に起こってしまうのが玉に瑕だが。
161112008.jpg
パトロールモードは巡回→不審車両発見→追跡をただひたすら繰り返すだけ。
だけど普段は交通法規を守って街中を流し、追跡モードに入ったらサイレンを鳴らしてアクセルを一気に踏み込む、この日常と非日常の連続が、メリハリが利いていて妙にクセになる。
このゲームをプレイすると、『GTA』などではプレイヤーを悩ませる邪魔者にしかすぎないパトカー警官にも、一人一人のドラマが存在することが認識できるのだ。
惜しむらくは視点のバリエーションが一つしか存在しないこと。特にドライバー視点の不在は残念。「コップス」気分を味わえる最良の視点なのに。

<北米版 / 日本のPS本体では動作しません>

 

この記事に含まれるtag : 武装カー 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2571.html

2016/11/12 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |