ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

このページの記事目次 ( ← 2016-10- → )

total 3 pages  次のページ →  

【DIVA-X Ariana】20世紀のVRエロ

   ↑  2016/10/30 (日)  カテゴリー: PCゲーム
161030001.jpg
VR元年。今まで何度耳にしてきただろうか。
PSVRの登場を機に、またもやこのワードが再浮上してきたが、過去に幾度となく振り回されてきた者にとっては、もはや狼が出たぞ少年のいつもの虚言のようにしか響かなくなっているだろう。
しつこいくらい訪れた各VR元年の後に残ったのは死屍累々。そのほとんどはカスタマーはおろか、その当事者すらも事実を忘れようとしている。
だがすべての物事は積み重ねでできている。
PSVRが成功を納めて本当のVR元年が訪れようとも、それは過去のプレVR元年と、産み出された数々の産物の蓄積があってこその元年到来なのだ。
161030002.jpg
ヴァーチャルリアリティ。それは横着の具現化だ。
絶景に足を運ぶ努力を中抜きにして絶景を味わう気分だけを与えてくれる。
モテる努力、くどく手間、エッチな店に行く金銭的犠牲。それらを全部省略したヴァーチャルエロリアリティなどは、その横着の最たるものであろう。
そして悲しいことに過去に何度となくVR元年が到来するたびに、このヴァーチャルエロはボンクラどもの手によって真っ先に試みられてきたのであった。
161030003.jpg
『DIVA-X』シリーズの登場は1995年 。Windows95とマルチメディアの錦の御旗の下に、様々なデジタル山師的アプローチが大手を振るってまかり通っていた時代だ。
VRの掃き溜めヴァーチャルセックス。
それを堂々と謳ったこのシリーズを世に送り出したのはPixis Interactive。
本シリーズの他に数作を世に送り出して消息を絶ったインタラクティブエロの尖兵。
我が国で二次元エロゲーが飽和的な隆盛を迎えている時期に、海の向こうではもう一つのエロゲームーブメントが、ひっそりと芽吹いていたのである。
161030004.jpg
思わせぶりな手のひらアイコンをクリックさせゲームを起動させると、本作のホステス、ブルネット美女のアリアナさんが大股開きでこちらをお出迎え。
面倒くさい会話進行とかフラグ立てなんか一切ない。
実写エロゲーは容量との戦い。そこに情緒やゲーム的なフックを持たせる余裕などありゃしない。
ちょんの間に引けを取らないくらいの即物性が肝心だ。ハーイ、アリアナよーん。余計なごたくは不要だから、さっさとお触りくださーい。
161030005.jpg
下のパネルを軽くローテッドすれば、手のひら、人差し指、なんか棒状のモノ、????と、アイコンの模様がくるくると変わる。
後はマウスをうにうにさせながら、アリアナの美しい身体を堪能するだけだ。
せわしなく動くマウスカーソルと共に、ぐねぐねとぎこくなく実写アニメーションしながら悶えるアリアナ。これこそが20世紀末最先端のヴァーチャルリアリティセックスである。
笑うなかれ。マウスを片手に浮かべるだらしない笑みと、VRヘッドセットをかぶって浮かべるだらしない笑みに大差はないのだから。
サブジェクトアイコンをクリックすると展開するのは、ハメ撮り視点のアリアナ本●ムービー。ヴァーチャルリアリティ=ハメ撮り。その解釈もそれほど間違いはないだろう。
161030006.jpg
ただしこのムービー。元が無修正を前提としたアングルで構成されているために、日本版は画面のほとんどが濃いモザイクで覆い隠されて何がなんだか分からない状態。
モザイク越しに何かが出入りしている様子を眺めながら、痛感させられるのは日本のヴァーチャルエロ後進国ぶりだ。
そしてそれ以上にヴァーチャルエロの限界を思い知らされるのが、日本版のオビに付いてくる「アリアナとLAデート応募券」。
抽選で1名様を"本物"のアリアナとのディナー&デートにご招待。
好意はありがたいが(それ以前にこのプレゼントが本当に為されたのかどうかも怪しいもんだが)、しかしそこにある「本物に越したことはない」という無意識の現れは、ヴァーチャルエロ商品にとってはおよそ野暮極まりない話だろう。

<18禁アダルト作品>

 

この記事に含まれるtag : おとなの時間 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2566.html

2016/10/30 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Ingress】Mission Day 岐阜 #2

   ↑  2016/10/29 (土)  カテゴリー: Android
161028006.png
その日の岐阜は10月上旬とは思えないほど蒸し暑い陽気。
薄着で来てはいるのだが、それでもじっとりと汗ばんでくるほどだ。
そんな天気の中を、はるか彼方にそびえる金華山に向かってひたすら歩く。
人によってはなんてことない行程だろうが、新幹線に揺られて来たばかりの非ワイルドライフ系おっさんAGにとっては強行軍もいいとこ。
ようやく岐阜城を真下から見上げられる位置にたどり着いたときには、すでに息も絶え絶えだ。
やっと着いた。そんな安心感よりも、ここを登らなきゃならないのか......という絶望の方が先にたつ金華山の麓。
161029001.jpg
そこから上を見れば、思ってたよりもはるかに峻険な山城。
普通こんなとこは城主だって平時は下の居館で生活しているもんだが、安土桃山時代の超一級歴史資料である筆まめ公家さんの日記「言継卿記」によると、どうやら信長はこの山頂で寝起きしてたそうじゃないか。
「おい、今週のジャンプ買ってこい」「ちょっと城下行ってポケモン何匹か捕まえてこい」
そんな理由でこの険しい山道を行き来させられてたかと思うと、近習や家臣たちが不憫でならない。
161029003.jpg
「てめえ、ドードーとコラッタばっかじゃねえか! もっと気の利いたもんゲットしてこい、この使えねえキンカ頭!」
明智光秀が本能寺の変に至ったのは、信長公にそう怒られてGalaxy(唐物ですね)を叩きつけられたから。
そんな新説が浮かんできそうである(逆に秀吉あたりは「懐で卵を孵化させておきましたぁー」とか如才なくやってそうだ)。
しかし困った。
公家でないオレは山科言継みたいに近習をつかまえて、「ちょっと信長ちゃんコッチ来るように伝えてよ」などと気安く頼むわけにはいかない。
そして次なるミッションルート、すなわち"信長公のおもてなし"は、このオレに山頂の天守閣まで来るように有無を言わさず命じてきているのだった。

 

この記事に含まれるtag : イングレス 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2565.html

2016/10/29 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Ingress】Mission Day 岐阜 #1

   ↑  2016/10/28 (金)  カテゴリー: Android
161028006.png
高松より帰還してからまだ一週間も経っていないのに、オレの姿は西へ向かう新幹線の中にあっした。
Ingress イベント超過密スケジュール。
瀬戸内アノマリーの翌週には、もう岐阜ミッションデー。
長良川と木曽川に囲まれたぎふ信長祭りで沸く街を舞台に、歴史ロマンに溢れるミッションに挑む催しだ。
161028002.jpg
岐阜駅を降りたオレをお出迎えしてくれるのは、駅前に屹立する金ぴかの信長像。オレが信長公に勝手に抱くイメージのなせる業だろうか、その姿からは「お前、おせーよ! 記念撮影の集合は10時だよ。遅刻したから城下で磔な!」なんて甲高い怒声が響いてくるような気がしてならない。
金像になるべく目を合わせないように駅前をそそくさ通り抜けて、いよいよミッションのスタート。
せっかく岐阜まで来たんだから、今回は最低でも岐阜城下での全ミッション。時間が許せば大垣や関ヶ原の方も回ろうという意気込みだ。
161028005.jpg
武者行列の準備や見物の場所取りに慌ただしい
駅前通りを遡りながらポータルをハック、ハック、ハック。
思いのほか平坦な道のりに、祭りのキャッチフレーズである"信長公のおもてなしの心"も、額面通り素直に受け入れられる。
ミッション、思ったより楽じゃないか。信長公、思っていたよりフレンドリーじゃないか。
そうなると途中にあった露店が立ち並ぶ歩行者天国でのんびり決め込む余裕も出てくるというものだ。
この調子なら岐阜市内全12ミッション、あんがいと簡単に終えられるかもしれない。
161028004.jpg
そんなオレの太平楽な気分をたちまちのうちに打ち砕いたのは、スキャナ画面から上げた目に飛び込んできた、はるか遠くの方にそびえる険山と、そのてっぺんでこちらを見下ろす白い天守閣だった。
「……おい、まさかあんなとこまで行けというのか?」
そう愕然とするオレの頭の中では、
「早く来ないと、お前火あぶりなー、火あぶりなー、火あぶりなー、火あぶりなー」
という信長公の甲高い声が、いつまでもリフレインしているのだった。

 

この記事に含まれるtag : イングレス 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2564.html

2016/10/28 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【The Book of Watermarks】ブックオブウォーターマークス

   ↑  2016/10/26 (水)  カテゴリー: PS1
161026001.jpg
流刑の貴族が魔術書の力で孤島に築き上げたのは、荘厳なる巨大建築群。
しかし超絶のの力は壮大で強力なるも儚い。
魔術書の行方が分からなくなると共に、この絶海の夢物語のようなアーキテクチャも、すべてが幻として消え去ろうとしている。
その孤島にまるで吸い寄せられるがごとく新たに流れ着いたのは、ナポリの流浪王子。
流刑の貴族プロスぺローは、王子ファーディナンドに一つの頼みごとをする。
失われた魔術書を探しだしてほしいと。
161026005.jpg
孤島のCG建築物巡りwith謎解きADV。
一世を風靡した『Myst』のフォーマットだが、この『Books of Watermarks』は、それとはちょいとばかり趣向が違う。
精密な絵画のようなビジュアルに歯ごたえのありすぎるパズル謎解きが組合わさった『Myst』に対して、本作の謎解き、ADVのフラグ立て部分は、年寄りの備忘メモなみに簡素なもの。
それに代わってウリとなるのは、『Myst 』の小ぶりな建物とは対照的な、存在感をもって立ちはだかる巨大建築物のCGだ。
161026006.jpg
『The Book of Water marks』の視点は、その巨大建築群を下から仰ぎ見るように統一されている。
屋外ですらもこもって木霊するかのような、現実感の希薄な音響をバックにプロスぺローの美しく儚い建築物を巡る行程は、どことなくBSなどでやっている世界遺産の探訪番組のような、浮世離れした雰囲気を漂わせているだろう。
Macカルチャー経由のPCゲームのテイスト、作法を巧みに取り込むのは、初代プレイステーションの大きなアドバンテージの一つだったが、『The Book of Watermarks』は、その流れの中でも、コンシューマーゲームへの歩み寄りを、もっとも妥協を最小限に留めた作品と言えるかもしれない。
161026007.jpg
CD-ROMに詰め込まれたインタラクティブジャーニーは、わずか数時間で終わりを告げる。
それはプロスペローが孤島に施した魔術のように、あっけなく儚い夢物語だ。
ROMの黒い盤面をあえて浮き出させるパッケージに始まり、マニュアル、クラナドのモイヤが手がけた音楽に至るまで丁寧なトータルデザインが施された本作だが、唯一の粗はパッケージ内に問答無用で挿入される、コンセプトを明らかにぶち壊すけばけばしいPSソフトの商品リーフレットなのであった(激走トマランナー!)。
プロスぺローの魔術書の力も、SCEのフォーマットだけには、ついに及ばなかったようである。

 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2563.html

2016/10/26 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Ingress】Via Lux - Setouchi #4

   ↑  2016/10/24 (月)  カテゴリー: Android
161001005.jpg
Ingressエージェントのアノマリー遠征最大の楽しみ、それはナイトラーイフ!

161024001.jpg




(諸事情により中略)






161024002.jpg
高松最終日は栗林公園に寄ってきました。
雨に濡れ霧がかかった美しい庭園に、澄んだ心がよりいっそう洗われるようでした。

この記事に含まれるtag : イングレス 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2562.html

2016/10/24 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |