ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

このページの記事目次 ( ← 2016-06- → )

total 3 pages  次のページ →  

【Fallout: New Vegas】ダイスをころがせ

   ↑  2016/06/29 (水)  カテゴリー: XBOX 360
160629008.jpg
『Fallout 3』は父親、『Fallout 4』は息子、実の肉親に導かれる旅。
しかし『Fallout: New Vegas』の主人公、通称"運び屋"には、そんな気の利いた家族などいない。
ついでに記憶もない。Valut育ちというステイタスすらない。ないないづくしのまま不毛の荒野にポツンと捨て置かれた、なんとも不憫なやつだ。
そんな運び屋を導くのは運命だ。
道は運命に誘われるまま続いている。そしてすべての道はカジノに通じている。
運命と言ってもそんなご大層なものじゃない。チップ一枚に委ねられる程度の人生の岐路。
ついでにニューベガスとカタカナで書いてしまうと、まるで地方都市の流行っていないパチンコ屋みたいな安い響きになってしまうのも、この不憫な男の分に合っていると言えなくないかもしれない。
160629003.jpg
『New Vegas』は道を遡る物語だ。
その道は運命の行き着くところでもあり、ただの街道でもあり、その気になればファストトラベルでかっ飛ばせちゃう通路でもある。
道が繋がる先はモハビ。最終戦争前も、そして最終戦争の後もカジノのネオンで栄える街。
ビフォアー核爆弾とアフター核爆弾で、ここまでその姿と本質が変わらない場所も他にはない。
核の閃光も、そして放射能も、賭博とそれに樹液に群がる蟻のようにとりつく人間どもをねじ伏せることはできなかった。人の射幸心はかくも強靭だ。
160629002.jpg
B.O.S.にアウトキャスト、エンクレイブ、インスティチュートにレールロード、ミニッツメン、そして主人公とその肉親たち。
『Fallout 3』や『Fallout 4』は、それぞれにより良い世界の理想を実現するために、決意とエゴをぶつけあう物語。
しかし『Fallout: New Vegas』の各勢力には、そんな気の利いた理想などない。
おのれが既得権益を保持することに汲々とする硬直化した統治機構NCRと、現世のISを彷彿とさせる刹那的なカルト武装集団シーザーリージョン、そしてカジノに巣食う闇社会の連中。
これら救いのない連中がフーバーダムという巨大利権に目の色変えて群がり、欲望と野心を限りなくぶつけあう物語だ。
160629006.jpg
巻き込まれる主人公"運び屋"とて同じ穴のムジナだ。
だがそれも仕方がない。ここはかつて世界の中枢であったワシントンD.C.とも、アメリカ精神の発祥の地となったマサチューセッツとも違う。
砂漠のど真ん中に、この世のあらゆる欲望が流れ込むダムを造ったような街、ネバダ州ラスベガスなのだから。
その土地に息づく空気と意志は、核爆弾の猛威にも時の流れにも風化せずそこに留まり続ける。
モハビウェイストランドと名前を改めても、この砂漠の土地は変わらず欲望の吹き溜まる場所であったのだ。
160629005.jpg
そんな神も見捨てそうな刹那的な風土、荒れ果てた砂漠に集落や街が散在する最終戦争前と変わらないような殺風景。
ガレキだらけで場所への愛着など持ちようもなかったキャピタルウェイストランドはもちろん、現在進行形で彷徨っているコモンウェルスをも差し置いて、オレが一番愛着を持つウェイストランドは、ここモハビかもしれない。
砂漠の真ん中を街道が貫く。レイダーやラッドスコルピオンを追い払いながら、そこをとぼとぼと歩く旅。
もっとも孤独を感じさせ、もっとも人恋しくなるフォールアウト。
でもこの道は(安っぽい)運命に繋がっている。街道はあらゆる欲望と野心が遡る水脈。その先にはあのきらびやかなネオン輝くラッキー38カジノが待っている。
その道をダイスを転がすように歩き続ける。ロールミー、アンドコールミー、ザ・タンブリングダイス。
なんのステイタスも理想もビジョンもない等身大の男には、実にふさわしい旅路だぜ。

<Xbox One互換対応タイトル>

 

この記事に含まれるtag : FallOut ONE互換 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2517.html

2016/06/29 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Fallout 4】追加DLC第一弾 Automatron

   ↑  2016/06/26 (日)  カテゴリー: XBOX ONE
160626001.jpg
不毛の荒野に脈々と続くウェイストランドのシビルウォー。それはメカニストとアンタゴナイザーの近親憎悪にも似た闘争。
かつて傍迷惑な義侠心の発動は、富豪の御曹司とか企業の社長など、社会的に余裕のある人間たちの専売特許だった。
しかし核の業火はそのような正義感発露の格差もいっきに解消した。
今ではどんな甲斐性なしでも、その気になれば死体から適当なアーマーを剥ぎとって正義のヒーロを名乗れることができる。
キャピタルウェイストランドの片隅で繰り広げられていた、"正義のヒーロー・メカ派"のメカニストと、"正義のヒーロー・仮面派"のアンタゴナイザーのスケールの小さい争いは、もう懐かしい『Fallout 3』内のイベントだ。
160626004.jpg
互いの正義心とそれを上回る自我の掛け違いによる諍いを、『Fallout 3』におけるオレの主人公はなんとか丸く収め、ついでに二代目アンタゴナイザーを襲名して一日で飽き、衣装をメガトンの自宅に放り捨てていたりした。
それも今や遠い過去。この連邦では、もはや遠い土地にその昔、こんなヒーロー気取りのバカたちがいましたという昔話で終わっているものだと、すっかり思い込んでいた。
しかしオレは甘く見ていた。バカとお調子者の伝染力の強さを。
『Fallout 4』の拡張ダウンロードコンテンツ第一弾『Automatron』を導入そうそう否応なしに遭遇するのは、その懐かしのドゥイットユアセルフ正義のヒーロー、メカニストの名を連呼するロボットの一団なのであった。
160626005.jpg
ブルース・ウェインや社長が死んだとしても、きっとどっかのお調子者がバットマンやアイアンマンという記号を受け継ぐ。
それと同様にバカの魂とおせっかいはウェイストランドにしっかりと継承されていた。
どうせアンタゴナイザーの方も、どこかオレの目に届かないところで、ろくでもないアホウがアンタゴナイザーV3だとかアンタゴナイザーアマゾンだとか名乗って、みんなに迷惑をかけているのだろう。
160626006.jpg
いや、この何代目だかのメカニストの所業は、迷惑なんて範疇に収まるもんじゃない。
強力ロボット軍団を連邦中に送り込んで罪もない人々を殺し回っているのは、いくらなんでも"地域の厄介者"程度の規模で収束する実在派正義のヒーローの分を明らかに超えている。
かくしてロボット軍団に壊滅させられたキャラバンの生き残りエイダと共に、ロボットを影で操る当代メカニストを追い求める旅が始まるのであった。
これが『Automatron』シナリオパートの大まかな流れである。
160626003.jpg
そして『Automatron』本来のメインコンテンツと言えるのがロボットのクラフト要素。
このDLCを導入するだけで、エイダとジェザベル、二体の個性的なロボットを仲間に加えるこちにできるが、彼女たちの改造に留まらず、新たなロボットをいくらでも創りだすことが可能となる。
自身のボディガード用、居住地防衛用、作業用、それぞれの用途に合わせたものからミスマッチ&トゥーマッチなものまで、思うがままに組み立てまくろう。
クラフトには居住地にロボット作業所の設置が必要となるが、そんなに場所を食うほどのものじゃないし、なんならシナリオ終了後にはメカニストの秘密ロボット工場だって継承できる。
160626002.jpg
新クラフト要素と、「使命感にも抑制というものが必要ですよ」という含蓄のある教えを、よりによってロボットからいただくメインシナリオの二本柱。
裏テーマは「コミュ障の理系ほどこの世に迷惑なものはない」。
連邦の生活に新たな彩りを与える『Automatron』。新時代の実りある文化的な生活は従順なロボットと共に。
ところでコズワース。これで貴様を族車みたいにカッチョ良く改造してやれるから、いいからちょっとコッチ来い。おい、なに嫌がってる!

 

この記事に含まれるtag : FallOut 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2516.html

2016/06/26 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【世界ふしぎ発見!トロイア】トロイア滅亡体験旅行

   ↑  2016/06/24 (金)  カテゴリー: ドリームキャスト
160624001.jpg
エーゲ海の要衝に栄えた神話上の伝説都市トロイア。
海洋交易を基盤に栄華を誇るも、アカイアとの長きに渡る戦争を経て滅ぼされた伝説の都。
巨大な木馬に兵士を潜ませて放置し、それをトロイア勢に城塞の中に運び込ませて内から城を破ったのは、かの有名なトロイの木馬の伝承だが、いくら吹かした神話とは言え、そんなものをなんの警戒もなしに城壁の中に入れちゃうというのも、そうとう無茶な話である。
しかし神話のロマンは現実のロマンを生み出す。
誰もが伝説上のお話だと思っていたトロイアの都を、飽くなき執念でついに掘り出したのはハインリッヒ・シュリーマンだ。
160624005.jpg
そして神話のロマンはドリームキャストのソフトも生み出す。
もはや長寿なんてレベルを遥かに通り越したTBSの超ロングラン番組発の『世界ふしぎ発見!トロイア』は、そのトロイア滅亡の過程を、インタラクティブアドベンチャーの形を借りてプレイヤーに体験させるマルチメディア風のゲームだ。
時は過去世界へのタイムトラベルが可能となったはるか未来。
TVディレクターであるプレイヤーは、番組の事前調査のために紀元前12世紀のトロイアにタイムダイブして、そこでトロイアが滅亡に至る最後の七日間を目撃するという流れなのだが、そんな未来に至っても「世界ふしぎ発見!」は続いているということなのだろうか。
黒柳徹子あたりは、まだ堂々とレギュラーを張っていそうで空恐ろしい。
160624006.jpg
まあとにかくそういう設定を元に、CGで再現したトロイアの様子をインタラクティブに体験さる歴史観光ソフト。
マルチメディアソフトに、ほのかなゲーム性を付加した程度なので狭義のゲーム的な面白さを求めるようなものではない。
求めようにもこのソフトにゲーム的な付加価値を与えようとしてる部分では、ことごとく無残な結果に終わっているのが事実。
アドベンチャーゲーム的なパートは、フラグ立てに至る展開が素人臭さ丸出しで不親切極まりなく、まるで'90年代前半の、しょっぱい3Dアドベンチャーを思い起こさせる。
TBS、日立、テレビマンユニオンと並ぶ、およそゲームとは畑違いな制作者クレジットの面々からも、そのことは容易にうかがい知れるだろう。
160624004.jpg
発掘物をもとに再現されたトロイアの街並みや人々の営み。そう言うと聞こえはいいが、そのCGそのものは、時代性を割り引いても、ちょっとばかりしょぼいもの。
ただ、その中を実際に自分の足で移動して、街の構造や職人街の様子などを目の当たりにするのは、本やテレビ番組から得るものとは、また違った新鮮な手応えがあるかもしれない。
ほら、市街区のあたりで耳を澄ませば、トロイアの一般市民たちの、生活感溢れる会話が聞こえてくるではないか。ときどき明らかに板東英二や野々村真の声が混じっているような気もするが……。
160624002.jpg
そして戦車競争に優勝し、宮中にお目通りが適ったプレイヤーが遭遇するのは、トロイア滅亡にまで至る王族たちの愛憎劇。
カサンドラ、ヘレネ、パリス、ヘレノスといった、神話やレリーフでしか馴染みの無い人々とインタラクティブに触れあい、やりとりを交わし、そして物語はクライマックスへ。ああ、その木馬を街の中に入れちゃダメだってば!
他にも不自由な操作性や確実に酔いを誘うであろう3D移動画面など、欠点をあげつらっていけばキリがないが、インタラクティブ歴史データベースという一試みは、ちょっと惹かれるものがある。
さらにこなれた形で、第二弾、第三弾が出てくれば面白かったのだが、やはり実売二千本を切る売り上げでは、そういうわけにもいかなかったのだろうか。

 

この記事に含まれるtag : マルチメディア 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2515.html

2016/06/24 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Fallout 4】連邦生きもの紀行・輝きの海で息づく生命

   ↑  2016/06/21 (火)  カテゴリー: XBOX ONE
160621005.jpg
うわあ、博士、とんでもなく荒れ果てたところですね、ここは。
「うむ、よいちくん、ここは連邦の最南西に位置する輝きの海というところだよ」
輝きの海……、名前だけ聞くと美しい場所のように思えますけど。
「うん、ところがその実際は核の爆心地になった場所なんだ。何百年を経た今でも高濃度の放射能が溢れかえっている死の大地なんだよ」
人っ子ひとり……、いや、生きていられるものなんかいないんじゃありませんか?
「とろこがだね、生命の力というのは強靭なんだね。こんな過酷な土地にも、その最悪な環境に負けずに棲みついている生物がいるんだよ」
こんなとろにですか!? 信じられない!
「じゃあ今日は輝きの海で逞しく暮らす生き物たちの様子を、じっくり観察してみようか」
160621004.jpg
「連邦にいる生き物たちは、どれもそれなりに放射能耐性をつけて生き抜いてきているけど、中でも虫類の環境への順応力は並外れたものがあるんだ」
これは北部やボストンでもよく見かけるブロートフライですね。
「そう、元が蝿なだけあって、ブロートフライの逞しさは飛び抜けたものがあるんだ。これやブラッドバグなんかは、この輝きの海でもあちこちで眼にすることができるよ」
ラッドローチといい、人間から忌み嫌われる虫は、揃いもそろってしぶといのばっかですね。
「よいちくん、ところがね、ホモサピエンスの環境適応力だって、なかなか捨てたもんじゃないんだ。こっちを見てごらん」
160621007.jpg
うわ、フェラルグールだ。こんなところでもムダに元気そうだ。
「まあ彼らの場合は必要以上に適応しちゃったケースなんだけどね。フェラルグールはやはりここでも群れを形成して固まって棲息してるんだ。他の生物相手にも、素手でドつきあって頑張ってるみたいだよ」
相変わらずトリッキーな動きですね。ラグビーでもやったら強そうなんだけどなあ……。
「残念だけど彼らは脳みそが溶けちゃってるから、まずルールを覚えられないだろうね。そんなフェラルグールの天敵は、ここでもやはりこれだ」
160621003.jpg
デスクロー! ここでもしっかり生き伸びているんですね。さすがウェイストランド最凶の生き物だなあ。
「ところが本作では、手脚に大ダメージを与えるボーナス武器の存在で、そのデスクローも主人公にとってはいいカモになっちゃってるんだよね」
脚に攻撃集中して動けなくすれば、あとは煮るなり焼くなりですもんね。
「序盤のコンコードの街で、軽い中ボス扱いになってたとこから嫌な予感はしていたんだけどねえ……」
160621002.jpg
あ、博士、あんなところにグールじゃない人間がいますよ!
「あー………、彼らはチルドレン・オブ・アトムという、なんというか、その……。ぶっちゃけ(ピーッ!)な……………………」



160621011.jpg







「序盤のコンコードの街で、軽い中ボス扱いになってたとこから嫌な予感はしていたんだけどねえ……」
博士、なんかVTR編集されてませんか?
「(無視して)よいちくん、あれを見てごらん。ラッドスコルピオンといって、とってもキケンな生物なんだ。モハビにいた頃は、よくこいつに頭からバリバリ食われてしまったもんさ。個人的にはデスクローよりもよっぽど厄介だったね」
160621006.jpg
ボク、小さい頃、よくこいつを田んぼの用水路なんかで捕まえましたよ!
「うーん、甲羅の色艶とかどことなく似ているけど、残念ながらこれの先祖はよいちくんが捕まえていたやつとはちょっと違うなあ。これには強力な毒があるし」
ボクが捕まえていたやつにもちゃんと毒はありましたよ! 焼いて食べたら3日ほど下痢が止まらなかったんです!
「それは毒とはちょっと違うと思うよ……。よいちくん、君、相当バカな子供時代をおくってたんだね……」
あ、博士、あんなところにグールじゃない人間がいますよ!
「だからあんな(ピーッ!)どものことはもういいっちゅうんじゃ!」
いや、違いますよ、アレですよ、アレ!
160621001.jpg
「あー……、アレはプレストンだね。一応生身の人間だよ」
民兵コート一枚であいつ放射能とか大丈夫なんですか!?
「このプレストンはね。ミニッツメンがどうとか、人々が安全に暮らせる世界の実現とか、口では偉そうなことを言いながら、いざ自由にさせてみるとキャッスルの食べ物屋台で一日中うどんを食っている役立たずなんだよ。ハンコックですらほっておいたら農作業やってるというのに。だから面の皮がとっても厚くできてるんだねえ」
面の皮の厚さは放射能すらもモノともしないんですね。
「ホントはこの輝きの海にも居住地を作って、めんどくさいやつらを送る流刑地として機能させたいんだけどね」
それでうっかり発展しちゃったら、まるでオーストラリアですね!
「君、ちょっと一言多いんだよ! というわけで、過酷な環境にも負けない生命力の素晴らしさが分かったかな? それではまた来週」
来週あるんですか!?
「ねえよ!」

 

この記事に含まれるtag : FallOut 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2514.html

2016/06/21 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Assassin's Creed Unity】アサシン クリード ユニティ

   ↑  2016/06/19 (日)  カテゴリー: XBOX ONE
160619001.jpg
革命。その言葉には、民衆の底知れぬ怒りが一丸となって支配体制を力づくで崩壊に導くエネルギッシュなイメージがある。
しかし実態はそんなベルばらのクライマックスみたいなものとは程遠いかもしれない。
むしろここ数日の舛添辞任劇なんかの方が、ムード的には近いものがあるだろう。
当事者たちの打算と野心と保身、そして大多数の人々の傍観とぼんやりとした同調が、なんとはなしの流れを作り出し、多くの人が「何もそこまでやるこたないんじゃないかなあ」なんて思いつつも、その流れに積極的に待ったをかけることもなく、なし崩し的に舛添は辞任に追い込まれルイ16世はギロチンにかけられてしまった。
その後に続くのは体制の段階的な地すべり崩落と、それに伴う混沌と不条理の連鎖である。
160619004.jpg
右往左往する当事者たち、吹き上がるごくごく一部のお調子者たち、そしてもういいかげんうんざいりしている多くの民衆。朝令暮改と朝三暮四の果てしないループ。
煮え切らない状況がだらだらと続く革命下の動乱パリ。
アサシン教団とテンプル騎士団が暗闘を繰り広げるにはうってつけの、カオスのつくだ煮みたいなシチュエーションに立つ新たなアサシンの名はアルノ・ドリアン。
しかし名だたる歴史上の偉人に負けることなくキャラが立っていたアサシンの先輩たちに対して、ちんくしゃ娘に熱を上げる単なる色ボケ野郎と化したこの男に、そんなポジションはちょいとばかり荷が重すぎた。
ナポレオンやサド侯爵といったキャラ立ちまくりの脇役たちにを前に、その存在感は早々と埋没してしまうのであった。
160619006.jpg
アサシンクリード、脈々と続くアサシン教団とテンプル騎士団の果てしない戦いの歴史。
いや、それは表の歴史だ。その影には、「ちったあ出し惜しみって言葉を知れよ!」と忠告したくなるようなシリーズインターバルの限りない短さと、それに伴うマンネリとの戦いという、もう一つの裏の歴史がある。
前作『アサシン クリード IV ブラック フラッグ』は、その煮詰まりにくさびを打ち込んだ久々の快作だった。
シリーズの宿痾にも、そしてアサシンの責務からも解き放たれてキャラ立ちしていた前作主人公のエドワード・ケンウェイ。
160619003.jpg
ああ、アルノ、君の至らなさを一方的に責めるのは確かに酷かもいれない。
前任の影は大きすぎ、そして自らが立つ場所も、歴史の影に暗躍しようにも、そもそも陰で暗躍している人たちばっかが大挙して織りなしているようなシチュエーションなのだから。
もう出てくるやつ出てくるやつ揃いも揃って食えない人間ばっか。
こんな連中に囲まれて、ちんくしゃ娘のケツばっか追っかけている中途半端なイケメンが太刀打ちできるわけがないのであった。
そりゃパリは恋人の街とは言うけどな、『ベルばら』や『ラ・セーヌの星』の登場人物だって、もうちょっとは義務感持ってたぞ!
160619002.jpg
前作の革新から一転、シリーズの行き詰まりを凝縮したかのようなアサシンクリードパリ絵巻。
それだけに留まらず、PC版は致命的なバグを出したり、レビュー周りで各方面から総スカンを食ったりと、内容以外の部分でもパリ革命に負けず劣らない行き詰まりと混沌を生み出すオチがついてしまったのだった。

この記事に含まれるtag : オープンワールド アサシンクリード 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2513.html

2016/06/19 | Comment (4) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |