ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

このページの記事目次 ( ← 2015-05- → )

total 4 pages  次のページ →  

【Borderlands 2】ボーダーランズ ダブルデラックスコレクション

   ↑  2015/05/31 (日)  カテゴリー: XBOX ONE
150531006.jpg
ただでさえボリュームたっぷりの本編に、デフォルトキャラに追加キャラを加えてとりあえず6周。
さらに2周目のTrue Vaultハンターモードに、さらにその上、Ultimate Vaultハンターモード。
そしてそして長めなのから短いのまで、全部で合わせて10個の追加シナリオ。
満漢全席なんて言葉も甘っちょろく思えてしまうくらいのサービスを、1年以上に渡って豪儀に提供し続けてくれた『Borderlands2』。
恐らく2013年中にもっとも遊び倒した、そして2014年に入っても遊びきれなかった怪物ゲームが、外伝を加えて最新世代機Xbox Oneについにやってきた。
150531005.jpg
The Heavyの"Short Time Hero"と共に奏でられる印象的なイントロダクションを、今回もスキップすることなく体験し、またもや踏みしめたのは惑星パンドラの乾いた土。
野蛮で無秩序で非道徳で不衛生な惑星パンドラは、もはやオレの第二の故郷みたいなものだ。
Vaultサインやロケーションチャレンジの位置は、何かを調べなくともすべて体で覚えこんでいる。
サンクチュアリ、サザンシェルフ、オーバールック、ありとあらゆる場所が、もうマイルドヤンキーにとっての生まれ育った町のように、隅から隅まで勝手知ったる土地である。
150531004.jpg
サンクチュアリの半径5キロが、この世界の全てで、クルマ(Catch a Ride)とツレはなくてはならない存在。
このどことなく80年代の郊外や地方都市を思いださせるスカスカで乾いた風土と、ハイペリオンのインテリスノッブどもがDQNならぬバンディットと呼んで蔑む愉快な連中と、そこから巻き起こる下品で猥雑で粗野な騒動をオレは愛して愛してやまない。
そう、このゲームの真の主役は、どことなくヤンキーじみて他人とは思えない愛すべきバンディットたち。初代も、2も、プリシークエルも、そしてハンサムジャックの名を冠した『ボーダーランズ ダブルデラックス コレクション』の海外オリジナルタイトルも、そのパッケージデザインに踊るのは、Vaultハンターやハンサムジャックを差し置いて、いつも名も無きバンディットの姿だったじゃないか(その点で、2やこの『ダブルデラックスコレクション』の国内版デザインは、ちっとも分かってない)。
150531003.jpg
「マッドマックス」のゲーム化なんて、考えてみれば大きなお世話だ。オレたちには既に我々にとっての「マッドマックス」であり、「続・夕陽のガンマン」であり、「ビー・バップ・ハイスクール」である、この『Borderlands2』が手の中にある。
ジャックによって氷河に放り出され、クラップトラップに助けられてのナックルドラガー狩りに始まる一連のルーチンを、飽きもせずに何度も何度も繰り返しているのも、胡散臭いインテリスノッブどもからしてみれば、これまた上昇志向や発展性に乏しい地方ヤンキーの特性だってことなのだろう。
でもそんなの知ったことか。てめえ地元(パンドラ)に来てみろ、シメてやる(弁当にして食ってやる)!
150531002.jpg
Vaultの鍵を巡るいざこざに始まって、海賊のお宝に、ミスター・トーグのトーナメントに、ティナのTRPGに、各種季節イベントと、目の前に惜しげも無くたっぷりと盛られたのは、『Borderlands2』の2年分の歴史がたっぷりと詰まった極上のジャンクフードたち。
見かけはジャンクだが、その味付けはタフネスな骨格のゲームデザインに支えられた花マル保証付きだ。
今回もたっぷりとたいらげるぜ。ああ、この荒みきった夢も希望もない惑星から、オレは未だに脱け出せそうもない。
もっとも脱け出す気なんて最初からさらさらないが。だってここは勝手知ったるオレ様の愛すべき地元なんだから!



この記事に含まれるtag : ボーダーランズ 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2320.html

2015/05/31 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Xbox One メディアリモコン】

   ↑  2015/05/30 (土)  カテゴリー: XBOX ONE
150530004.jpg
360からXbox Oneに代替わりしてから、急に必要性を感じた周辺機器。それはリモコンだ。
Xbox Videoやスポーツオンデマンド、各種動画投稿サービスにXbox Fitnessなど、Oneになって使用割合が増したゲーム以外の用途には、コントローラは時としてかなり不自由なデバイスだった。
Xbox Fitnessなどで、トレーニングプログラムを終えるたびにコントローラの電源を入れて操作するワンクッションに、どことなくもどかしい思いをしていた人も少なくはなかろう。
そしてゲームでもKinect系の場合は、やはりコントローラの併用が煩わしく感じるときがある。
かと言ってゲームの選択や起動から、何から何までジェスチャーと音声コマンドで済まそうにも、それはそれで不自由だ(日本語音声コマンドは、いつまでベータ版のまんまなんだ)。

そんなときにあったらいいのがリモコンだ。
これさえあれば、ゲームの操作以外の基本的な入力はほぼまかなえる。
電源入りっぱなしコントローラの電池の減りを心配せずとも済むし、ほんのわずかな入力をするだけのために、いちいちコントローラを持ち出す必要もなくなる。
Xbox One本体にテレビを登録しておけば、テレビの電源や音量の操作も、このリモコン一本で用が足りてしまうのだ。
さらに日本でもOne用のTVチューナーが発売されるときが来れば、さらに用途が広がる。
150530003.jpg
その待ちかねたリモコンが、ようやく日本でも発売され我が家に到着した、
マット仕上げの手にすっぽり収まるサイズ。ボタンは必要最小限に留まり、ゴテゴテしていた360のノーマルリモコンと比べると、ずいぶんとスッキリしたルックスになった。
ダッシュボードのメトロUIとリモコンの相性もまずまずだし、メディアアプリの起動時だけでなしに、電源オンからダッシュボードでの各種操作まで全部リモコンで済ませて、ゲームプレイ時だけコントローラにお出まし願う使い方が馴染めるかもしれない。地味だけどかなり重宝しそうだね。



(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2319.html

2015/05/30 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【チェキッ娘の見るCD】幻のMIL CD

   ↑  2015/05/27 (水)  カテゴリー: ドリームキャスト
150527005.jpg
CD-EXTRA。最近はめっきり少なくなったが、10年ほど前には盛んにボーナスとして音楽CDに付け加えられていたコンテンツだ。
CDをパソコンで再生すると、通常の音楽トラックの他にミュージッククリップのムービーや、バンドのサイトへのリンクなどが起動するのだが、ビデオクリップが観られるといったって、パソコン再生用のぎとぎとに圧縮された粗い画質。
まぁ大してありがたみを感じなかった人がほとんどだったボーナス要素だろう。
むしろ普通にパソコンでCDを聴こうとするときに、強制的にこのCD-EXTRAコンテンツが立ち上がってしまうのは、迷惑以外の何ものでもなかったような気がする。
150527001.jpg
セガがドリームキャストの独自機能として搭載したMIL CDは、このCD-EXTRAの亜種。
このMIL CD、一般のCDプレイヤーで聴く分には、ごくごく普通の音楽CDだが、これをドリームキャストで再生すると、美麗なムービートラック(ただしDVDの画質には劣る)が立ち上がる。
パソコンよりも普及度が低いドリームキャスト縛りのハンデを持つ上に、一般の音楽CD規格ではないために、再生にあたって弾かれるプレーヤーも出てくるなど、好きなアーティストのアイテムとしてこれを買った人にとっては、CD-EXTRA以上に迷惑きわまりなかったことだろう。
もっともこのMIL CDは、ゲーム『北へ。』『D2』や映画「秘密」「HANG THE DJ」のサントラ、チェキッ娘、スナッパーズ、dps(ディープス)のマキシシングルなど、全部でわずか7枚のリリースに留まった。
発売元のレコード会社はすべてバラバラ。このことからも、どこもとりあえず一枚だけ義理で出した台所事情が伺えるではないか。
ゲームのサントラはまだしも、スナッパーズやdpsなどのドリームキャストとは縁もゆかりもないアーティストたちは、ダシに使われた以外の何ものでもないだろう。
150527002.jpg
そんなUMAにも等しいような徒花規格、MIL CDを象徴する一枚が、この「チェキッ娘の見るCD」。
チェキッ娘といえば、セガがそのレギュラー番組をスポンサードしていた、いわばドリームキャストが生んだも同然のアイドルグループ。
ポストおニャン子クラブを目論んで売りだされるもイマイチ世間には浸透せず、マイナーなイメージを払拭できないまま、たった一年で活動を停止してしまったそのキャリアは、まるでドリームキャストの対世間評価と足並みを揃えているかのようであった。
しかし兎にも角にもドリームキャストのプロモーション費用を割いて生まれたアイドルグループだ、多少なりとはドリキャスに貢献してもらわなければ困る。
そんなわけで誕生したのが、チェキッ娘の過去シングルを集めたミニベストに、MIL CD用の映像パートをドッキングさせた本作。
150527003.jpg
その映像パートはチェキッ娘のメンバーが、カルトクイズと称して本人にしか分からないような二択問題をぶつけてくる、なんとも対応に困るコンテンツ。
最後まで正解すればご褒美として水着の映像が拝めるとの触れ込みに、トラックスキップボタンで問題をかっ飛ばしてボーナスステージに進めてみると、そこで流れるのはサービスカットではなく、水着でのジャケット撮影の単なるオフショット。
「あんたたち、セガとドリキャスユーザーに対して、もうちょっと気の利いたサービスしてもバチは当たらない立場なんだぞ」と、誰もが画面の中の彼女たちに対して、そんな説教を垂れたくなってくる気持ちを抑えられないだろう。
「もういい、君らじゃ話にならないから、秋元呼んでこい、秋元康を!」
150527004.jpg
とってつけたような扱いを受けていたMIL CDであったが、意外なところから思わぬ注目を浴びる。
このMIL CDをセキュリティホールとして、海外版ソフトやプロアクションリプレイ、さらにはコピーソフトの起動など、グレーなものから完全ブラックまで様々な想定外の使われ方が横行し、慌てたセガは2000年後期生産分以降のドリームキャストからMIL CD再生機能をばっさり削って、事実上なかったことにしてしまうのだった。
そのグズグズな一連の顛末は、いかにもセガを象徴するような話で、その流れに苦笑しながらも、こちらは今日もユニバーサルアダプタを使って海外版ソフトを走らせて、MIL CDの恩恵を密かに満喫するのであった。



(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2318.html

2015/05/27 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【フォトCDオペレーター】フォトCDの儚い時代

   ↑  2015/05/26 (火)  カテゴリー: セガサターン
150526003.jpg
フォトCDはコダック社が提唱した、写真を高画質のままデジタル化するための規格。
インターネットを介して画像を自在にやりとりできる現在ではピンと来ない話かもしれないが、Windows95登場前、まだパソコンがろくすっぽ普及していなかった時代には、デジタル画像を融通しあう手段が限られていた。
手持ちの写真を気軽にデジタル化できるフォトCDは一部で重宝され、さらに写真を音楽CDのように流通させることを目論んだ市販のフォトCDソフトも、言い出しっぺのコダックを始めとする各メーカーからリリースされるなど、90年代半ばにこのフォトCDはそれなりの隆盛を迎えるが、やがてインターネットやスキャナの普及が及ぶとその存在意義を自然と失ってフェードアウトしてしまう。
150526001.jpg
ビデオCDや電子ブックと並んで、マルチメディアなんて言葉がもてはやされていた時代の徒花規格だが、その3つに満遍なく食いついてしまったうっかりさんなゲーム機は、やはりセガを置いて他にはない。
『フォトCDオペレーター』、『電子ブックオペレーター』、『ムービーカード』。俗に"サターンマルチメディア三種の神器"と呼ばれる拡張ソフトがリリースされたのは、まだセガサターンに日の出の勢いがあった1995年のこと。
先行ハードである3DOは、マルチメディア端末を自称するだけあって、デフォルトでフォトCDの再生機能を備えていた。
150526004.jpg
それに対して有料のオペレーターCDというワンクッションをかまして対応するサターンのフォトCD対策は、いかにも後手に回っていた感じは否めないが、そんな声を吹き飛ばすのが3DOのそれを遙かに凌駕する各種機能だ。
再生や送り戻し、シャッフルなど、フォトCDのベーシックはもちろんのこと、マッピングやズーム、セピアやモノクロ表示、回転、反転、プログラム再生、さらにはそのプログラムの保存といった特殊操作は、3DOのフォトCD再生ではフォローしていないハイエンド機能だ。もっとも3800円もするのだから、それくらいのことはやってくれなくちゃ困るのだが。
150526005.jpg
こうしてフォトCD再生マシンとしての顔も備えたセガサターンであったが、しかしまぁどこのユーザー宅にも、フォトCDに焼いてわざわざサターンで見るような写真が、そうそうあるわけではない。
市販のフォトCDも、最初のうちは世界の風景写真とか、高名な写真家のデジタル写真集なんてのが出ていたのだが、サターンや3DOでわざわざニューヨークや香港の夜景写真を見ても、面白くもなんともないという真理にそのうちみんなが気づいてしまい、やがてはグラドルやヌード写真集といった、お決まりの着地点に占められていった。
150526006.jpg
しかしそうやって男の本能に実直にアピールしたところで、フォトCDというメディアの延命には至らず、この『フォトCDオペレーター』も早々と値崩れし、ワゴンに送られてもワゴンの方でも持て余す困った一品と化したのだった。
そして次世代CD-ROM機戦争を勝ち抜いたのは、このフォトCDに最初から目もくれなかったプレイステーションだったのである。
マルチメディア元年にサターンや3DOが夢見たゲーム機の多機能化が真に定着するのは、世紀を超えてはるか先のことなのであった。
タイトル画面に流れる「♪ふぉっとしーでぃー」というマヌケなテーマソング(?)は、そんな悲しき先駆者のむせび泣きのようにも聴こえてくるではないか。

<参考フォトCD・「光の中で…安藤有里」(ジャニス)>

この記事に含まれるtag : マルチメディア 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2317.html

2015/05/26 | Comment (3) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Total Overdose】GTA・ミーツ・ロバート・ロドリゲス

   ↑  2015/05/24 (日)  カテゴリー: XBOX
150524006.jpg
GTA、マックス・ペイン、トニー・ホーク。インスパイア元は、できるだけ分かりやすく昇華したほうがいい。
だがこの『Total Overdose』、既存ゲームの合わせ一本だけでは終わらない。
味にパンチを加えんとばかりに振りかけられたのは、ピリリとしたチリ味のメキシカンフレーバー。
リオ・グランデ川から国境を越えて、舞台となるのはメキシコの地。これでGTAのデッドコピーとは言わさせやしねえぜ。
兄は麻薬取締局の腕利き捜査官。その双子の弟は収監中の札付きのワル。
メキシコの麻薬カルテルへの潜入捜査のために、彼の地で人脈を作っていた兄だったが、任務半ばで骨折入院。
しかし捜査を中断するわけにはいかない。代わりとなる、彼と入れ替わっても気づかれない誰かを送り込まなければ。
かくしてムショ暮らしの弟ラミリオ・クルーズ、通称"ラム"が、にわかGメンとして国境を越えロス・トロの街に足を踏み入れるのであった。
150524001.jpg
だが生まれついてのトリガーハッピー野郎であるラムに、潜入捜査なんてデリケートなマネができるわけがない。
彼の行く先々で降りまくるのは銃弾の雨。そのたびに入院中の兄と、苦肉の策でラムを送り込んだ上司は頭を抱えるのであった。
オープンワールドと呼ぶにはちょっとばかり貧弱なマップサイズにはワケがある。
この『Total Overdose』は、広大なオープンワールドのクライムアクションではなく、スケートボード系のフリーロームエクストリームスポーツゲームの方に針を振った作品。
トリックの替わりを果たすのは、キルムーブと呼ばれる様々な曲撃ちのテクニックだ。
150524003.jpg
ダイブしながらの発砲、シュートドッジは基本中の基本。
タイミングがなかなか難しい、キルムーブの中ではオーソドックスな部類のヘッドショット。
オブジェクトを狙い撃ちして、その爆発で相手を巻き込むのはヘイボック・キル。
そして壁を一蹴り、空中で側転しながら相手を狙い撃つウォールウォークというド派手な技まで。
『マックス・ペイン』のシュートドッジやバレットタイムは、ここぞと言う時に使うシューティングゲームのボムにあたる様なアクションだったが、この『Total Overdose』のそれは、的となる相手が居ればいつでもどこでも使いたい放題。もうこれがデフォルトの攻撃手段。
もちろんこのキルムーブは、連続や複合で使用すればスコアは倍々に膨れ上がってゆく。
キルムーブを一切使わず、棒立ち射撃のままでゲームを進行することも可能だが、それは喩えるならばスノーボードハーフパイプのコースを、ただ漫然と普通に滑り降りてしまうような行為。
ロバート・ロドリゲスの映画にアテられて、ついつい邁進しちゃったような企画を、ゆめゆめ無下にしてはならない。
150524005.jpg
スペシャルムーブの360度大回転撃ちティファナトルネードや、ギターケースに仕込んだマシンガンをバリバリ撃ちまくるエル・マリアッチなどは、まさにそのロドリゲスそのまんまのアクション。
それ以外のスペシャル技も、何故かルチャドールが突然乱入してきたり、爆発物を仕込んだピニャータを投げまくったり、主人公が闘牛の牛と化したりするなど、どれもこれも強引なメキシカンテイスト。
出演者全員がヒスパニック訛りの英語を話すからか、デフォルトで字幕が付いているが、画面の上部に字幕表示は、さすがに見辛いのでカンベン願いたかった。
150524002.jpg
ニワトリは走り回り、ジジイは右往左往し、女たちは揃って気が強く過剰なまでに情熱的。そんなメキシコの田舎町や荒野を二丁拳銃と共に駆けろラミリオ・クルーズ。
合衆国の白人たちから見ればヒスパニック、メキシコ人からすれば合衆国から来たグリンゴという複雑な立場からくる鬱屈を、思うぞんぶん銃弾をばら撒いて解消しろ。
PSPのみでリリースされた外伝の『Chili Con Carnage』を経て、360やPS3など当時の新世代機に対応した続編の登場がアナウンスされていたのだが、残念なことにこれはアイドスがスクエニに吸収される前後に、いつの間にかうやむやになってしまった。

<国内未発売 / 北米版はリージョンフリー、日本のXbox本体で動作します>



この記事に含まれるtag : オープンワールド 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2316.html

2015/05/24 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |