ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

このページの記事目次 ( ← 2015-03- → )

total 4 pages  次のページ →  

【湯けむりサスペンスシリーズ フリーライター橘真希「洞爺湖・七つの湯・奥湯の郷」取材手帳】

   ↑  2015/03/31 (火)  カテゴリー: ニンテンドーDS
150331005.jpg
世に旅情緒を前面に押し出したミステリは多い。
テレビの二時間ドラマなどは、その最たるモノで、現地の業者やホテルなどとタイアップした観光地が舞台の推理ドラマが、一時期はもう毎日のように放映されていたが、あれが果たしてその地の観光PRにホントに役立っていたのかどうかは、非常に疑問の残るところだ。
いくら大メジャーな作品であったとしても、例え「犬神家の一族」を読んだ後に、「じゃあ、あの逆さ死体が浮かんでいた場所を観に行ってみるか」なんて理由で木崎湖を訪れる人間など、そうはいやしないだろう。
150331001.jpg
ミステリの旅情と現実の旅情は似て非なるものだ。しかしそうは考えなかった人たちが、このゲームの企画を立てた人間の中にいた。
かくして二時間ドラマ風の実写ミステリADVと、地図付き実用観光ガイドソフトの折衷という、ワケの分からないコンセプトがニンテンドーDS上に結実する運びとなったのだった。
しかしそんなアバウトな思いつきも場合によっては悪くない。少なくとも、フリーライターの真希、カメラマンの聡美、モデルの友梨という三人のDSが誇る実写ゲームヒロインを生み出すことになったのだから。
150331003.jpg
洞爺湖、城崎、由布院、巡るは三つの温泉観光地。なぜなら三人は旅行誌の取材チームという建前があるから。
そして毎回のように起こる、地図を忘れてきたことが判明→そこに偶然現れるのがなぜかゼンリンの社員→「お困りのようですね。よろしければこのゼンリンの地図を差し上げましょう。ひと・まち・未来へマップコミュニケーション!ではでは」の流れが、これが地図会社がリリースした推理アドベンチャーゲームであることを強引に主張する。
目的が目的だからして、回る場所も必然的にそれぞれの地のメジャーな観光名所。そこで展開するのは、場所にちなんだウンチク話と三人の浮ついて軽快なやりとり。
彼女たちにはお笑いの三人組ユニットに準じたキャラクター分担が的確に割り振られており、それが織りなすC調なボケ合いツッコミ合いは、まるでレツゴー三匹やかしまし娘のような熟練のトリオ漫才を見るかのようで妙にクセになる。
150331002.jpg
その三人に吸い寄せられたかのように集まるのは、警察関係者に怪人物、ゼンリンの回し者にさらには旅館の仲居にまで至るレギュラーメンバーたち。
予定調和の大集合のもとに起こるのは、サスペンス劇場のお約束に則った殺人事件。
だがこのミステリとしての要素の方は、テンポ抜群な三人組の会話の陰にすっかり隠れてしまって、「なんか一応事件みたいなものもありましたよ」程度の存在に留まってしまっているのだった。
そんなミステリADVの形ばかりの体裁を、それでもよしとできるのは、妙に親しみやすい顔立ちをしたヒロインたちの存在と、そのテンポの良い掛け合いによる物語進行があるからに他ならない。
三人組の代表としてタイトルに名前を残しながら、実は一番活躍の機会に恵まれていない橘真希さんであったが、ライターとしての本来の仕事は、一応きちんと果たしている。
彼女が劇中訪れたスポットはすべて取材手帳に書き込まれ、そしてそれは観光名所ガイドとして機能するようになっている。
150331004.jpg
あるときは実写ミステリADV、そしてあるときは観光ガイドソフト。しかし一粒で二度美味しいなんて甘い話が、そうそう転がっているわけもない。冒頭にも述べたように、ミステリの旅情と現実の旅情は、それほどリンクするものではない。
旅先にこのソフトをDSごと帯同し、移動の間にアドベンチャーパートを楽しみつつ、スポットに着いたら取材手帳パートをガイド代わりにする。
そんなニッチ極まりない活用法(しかも洞爺湖城崎由布院限定でしか使えない)に、はたしてホントにトライした人がいたのかどうか、実に気になるところだ。
そんなワケで続きを匂わせながらも(なにせ候補の温泉地はいくらでもある)、そのあからさまな珍品ぶりが祟ってこれ一作で終わってしまった"DS湯けむりサスペンスシリーズ"。
だが心の奥でどこか続編を期待してしまうのは、やはり三人組のキャラクターにどこか心惹かれるものがあるからなのだろう。



この記事に含まれるtag : ミステリ 実写ゲーム 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2284.html

2015/03/31 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Forza Horizon 2 Presents Fast & Furious】

   ↑  2015/03/29 (日)  カテゴリー: XBOX ONE
150329001.jpg
タイアップ企画が何故かやたらと得意なフォルツァの新たな提携先は新作映画。日本でもお馴染みの人気作『ワイルド・スピード』(The Fast and the Furious)シリーズだった。
元々この映画とゲームを巡る関係は、なにかと入り組んだものがある。
折からのスポーツコンパクトブームと、その波に乗った初代『ワイルド・スピード』にちゃっかりと便乗して、ゲームの世界にスポコンストリートレースのメソッドを持ち込んだのは『ニード・フォー・スピード』シリーズの転換作『Need for Speed: Underground』。
以後同シリーズはストリートレース路線を確立させ、さらに昨年にはなんと『ワイルド・スピード』のお株を奪う映画版までもが登場するに及んだ。
150329003.jpg
これに対して"本家"『ワイルド・スピード』がゲームの土俵において手を結んだのが、意外にも西海岸的な殺伐としたストリートレース色が希薄な『Forza Horizon 2』(以下『FH2』。
両者のタイアップは、『FH2』本編の外伝的位置づけながらも、追加DLCという形ではなく、単体で遊べるスタンドアローン作品としてお目見えしたのであった。
『FH2』を体験済みのプレイヤーにはボーナスシナリオとして、『FH2』に興味を持つ人にはお大盤振る舞いの体験版として、さらに手頃なボリュームのオープンワールドドライブゲームを求めるユーザーには、さくっと遊べる『FH2』のタイニー版として、様々な形で機能するこの『Forza Horizon 2 Presents Fast & Furious』。
プレイヤーはホライゾンにエントリーしたドライバーの身分のまま、謎のメカニックの依頼を受けて、どっかで見たような覚えのあるクルマたちを、本編の約5分の1サイズのマップを走り回って調達することになる。
150329005.jpg
映画の過剰なスピード感を再現するために、登場するクルマはどれも扱いに困るじゃじゃ馬揃い。
さらにフォルツァのコンセプトにとっては若干イリーガル気味なニトロでドーピングをかまし、もはや馴染みとなった南欧の公道を、もうすぐ公開されるシリーズ最新作『ワイルド・スピード SKY MISSION』の前夜祭会場に一変させる。
クライマックスのレースでは、クルマにちょっとの傷でもつけられまいと、親指はリワインドボタンに添えっぱなし。
ぶつけたところでゲーム内で何かペナルティがあるわけではないが、やはりこのクルマだけは擦り傷ひとつないピカピカの姿で"あの男"の元に届けたいではないか。
150329006.jpg
そう、この『Forza Horizon 2 Presents Fast & Furious』は、『ワイルド・スピード SKY MISSION』のメディアの垣根を超えたボリュームたっぷりのプロローグ。
これを最後までプレイしたら、あとは映画を観に小屋に足を運ぶ流れは確定されたようなものだ。
だってヴェイロンにGT-Rにロードランナーにジープ・ラングラー、オレが骨を折ってかき集めたクルマたちの勇姿がスクリーンを飾るんだ。 それを見届けに行かない理由なんてあるはずないだろ?
このなんとも粋なタイアップシネマゲームのお手本型は、税込価格1080円とリーズナブル。その上4月10日までは無料という太っ腹ぶり。
そして映画『ワイルド・スピード SKY MISSION』の国内公開は4月17日から。それまでに『Forza Horizon 2 Presents Fast & Furious』をクリアしておく余裕はたっぷりとあるぞ。



この記事に含まれるtag : Forza シネマゲーム 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2283.html

2015/03/29 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【出前館】カウチの支援兵器

   ↑  2015/03/27 (金)  カテゴリー: XBOX ONE
150327005.jpg
電子機器に比べると目立たないが、家具調度品の類も年月に応じてそれなりの進化を遂げているものである。
特にカウチソファーはそれが顕著だ。 最近話題になったのは無印良品の「人をダメにするソファー」だが、これに限らず今時のソファーの座り心地といったら、一昔前のそれとはもう雲泥の差だ。
技術や製品の進化は必ずしも人や社会に良い影響を与えるばかりではないが、カウチソファーの居心地の良さ向上などは、それに囚われたまま気力を失うダメ人間を量産する悪影響の最たるものかもしれない。
心地よいカウチとゲーム機を繋いだ大画面テレビのセット。そんなセッティングが為されれば、もうそこから動く理由などない。
コントローラーを手にだらしなくソファーに腰掛け、呆けた顔で非生産的な時間を積み重ねるばかりである。

インターネットブラウザ、映画のオンデマンド、スポーツ中継のストリーミング。 エンターテイメントのオールインワンを標榜するXbox Oneは、こちらに「カウチから動かなくてもいい理由」をこれでもかと提供し続ける罪作りなマシンだ。
そしてそれはついに空腹を満たす分野にまで及んだ。 今まではいくら時間を忘れてゲームに熱中しても、空腹だけには勝つことはできなかった。渋々と愛しのソファーから腰を上げ、キッチンで調理に取りかかるなり、コンビニやスーパーに食い物の調達に走らなければならなかった。
しかしもうそんな前時代的な行動とはおさらばだ。新たに配信された出前館のアプリが、オレの食に対する欲求をすべて引き受けてくれるのだ。
150327001.jpg
他機種にもお目見えしている出前館アプリだが、Xbox Oneのそれは他所とはひと味ちょいと違う。
そのこころはスナップ機能。例え腹が減ってもゲームを中断する必要はない。
しいたけボタンをちょちょんと二度押ししてスナップから出前館を表示。
さすれば赤壁にピザ、ニースのホライゾン会場に釜めし、環状惑星ヘイローにちらし寿司、店の営業時間が許す限り、あらゆるシチュエーションに好みの飯が届けられるだろう。
ピザの出前くらい、電話番号を登録したスマフォからかけた方がよっぽど手っ取り早いような気もするが、いいや、やはりXbox Oneでできることは、なるべくXbox Oneで済ませたいではないか。

出前館が満たしてくれるのは空腹だけではない。
鍵や水回りのトラブルに不要品の整理、世に出前の出番は山ほど転がっている。
ゲームを遊んでいるときに家の中で漏水が発覚! でもうろたえてXbox Oneの電源を切る必要はない。
出前館から任意の業者にコンタクト。あとはゲームをやっている間に、駆けつけてきた業者がトラブルをどうにかしてくれるはずだ。
150327002.jpg
もっともうちの場合はそんなことしていたら、「横着していてないで、とっととゲームやめて五軒先の馴染みの水道屋に走れ!」と家人にどやされているだろうが。
とにかくコントローラーを手にしている限り、オレはこの夏のぬるま湯のように心地よいカウチソファーから、一歩たりとも動きたくない。
大丈夫、オレが動かなくとも、あらゆる問題ごとはすべて出前館が解決してくるだろうから!



この記事に含まれるtag : Xboxアプリ 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2282.html

2015/03/27 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Xbox Fitness】Jillian Michaels 30日間集中ダイエット

   ↑  2015/03/26 (木)  カテゴリー: XBOX ONE
150326002.jpg
『Nike+ Kinect Training』など、Xbox 360系のフィットネスソフトに浮気している間に、かって日課にしていた『Xbox Fitness』にだいぶご無沙汰してしまった。
ゲーム機用のソフトして開発された『Nike+』や『ユアシェイプ フィットネス・エボルブ』などと、ビデオオンデマンドサービスの一種である『Xbox Fitness』とでは、元々その基本的な性質にかなりの違いがある。
『Nike+』はなんだかんだ言いながら、常にこちらに気を遣ってくれる。
各人に合わせたプログラムメニューを組み、ゲーム風のチャレンジなどを用意して、こちらのモチベーションを維持させようと、あれやこれやの気配りに余念がない。
「よくできた、 スゴいぞ!」「やるじゃないか、大したもんだ!」「君と対戦するのはちょっと遠慮したいくらいだ!」等々、ほとんどヨイショに近い激励の大安売りは、その最たるものだろう。

カスタマーと一対一の関係を作るゲーム系フィットネスソフトに対して、『Xbox Fitness』にとって各人はたくさんいる受講者のワンオブゼムでしかない。
それぞれのモチベーションに、いちいち気を遣ったりはしてくれない。こっちの状態がどうであれ、レッスンプログラムは淡々と続く。
ついてこれない者は置いていかれるしかない。しっかり運動するかしないかは、それぞれの自発的なやる気にかかっているのだ。
思えばオレは『Nike+』に相当甘やかされていた。
こちらの挙動に注意を払い、「いーち、にー、どうした、もうちょっと頑張れ、あと少しだ!」と、しっかりとドリルの回数を数えてくれる『Nike+』に対して、こっちがへばってようが構わずドリルを進行させる『Xbox Fitness』。
回数をごまかせないワークアウトよりも、その気になれば回数をいくらでもごまかせるワークアウトのほうが、実はよりシビアな世界だったりするのだ。だらければだらけるほど、手からこぼれ落ちるものは大きくなる。

やはりやる気というのは、自力で絞り出してナンボのものだろう。
だから再び『Xbox Fitness』。そしてオレの弛んだ心に喝をいれてくれるのは、なんたってジリアン・マイケルズ先生をおいて他にはないだろう。
例えばオレがへばっているとき、『Nike+』のアレックスならば、「どうした、大丈夫か? ムリをしないで次回頑張ってみよう」などと、オレの体たらくに理解を示してくれるかもしれない。
しかしジリアン先生にそんな甘やかしはない。だらしなく地面に転がって息を切らしているオレを冷たい目で見下ろした後、「こんな根性なしはほっといて、さ、みんな次!」と、こちらの存在を全否定してくるだろう。

ここが前に進むか昨日と変わらない自分のままでいるかの大きな分岐点だ。
「待ってください先生! オレもうちょっと頑張ります!」と、気力を振り絞って拳を握りしめながら立ち上がるオレ。
しかしジリアン先生は、きっとこっちを軽く一瞥しただけで、「あっ、そ」とオレの決意表明を軽く流してしまうに違いない。
それでこそジリアン先生。「いい覚悟ね、その意気よ!」なんて類の甘やかしな激励とは無縁なお方なのだ。
150326003.jpg
ジリアン先生にケツを叩いてもらうために購入したプログラムは『Jillian Michaels 30日間集中ダイエット』(税込み1080円)。
約30分ずつ4つのワークアウトですべて5つ星を達成すれば月間チャレンジがクリアとなるのが、このプログラムを買った大きな理由だ。
ダイエットという響きに、テレビの通販番組的なヌルいイメージを連想してはいけない。
ジリアン先生のダイエットは有言実行だ。30日間できっちりと胴回りを絞ってくれる。
ただし毎日のプログラムにきっちりついていければの話だが。つまりそれだけキツ目のトレーニングということだ。
そして3週目のプログラムでついに壁にぶち当たり(蹲踞歩きでちっともゲージが上がらねんだよ! なんでだ!?)、5つ星手前で停滞して床に転がり息を切らすオレは、こちらを冷たく見下ろすジリアン先生の視線を感じながら、1080円払った甲斐をムリヤリ噛みしめるのであった。



この記事に含まれるtag : Kinect フィットネス 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2281.html

2015/03/26 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Nike+ Kinect Training】オレだけの専属トレーナー

   ↑  2015/03/24 (火)  カテゴリー: XBOX 360
150324007.jpg
そいつは週4日、決まった曜日に必ずやって来る。
個人教授などというと、つい古いフランス映画のことを思い浮かべて胸をときめかせてしまうが、この個人教授はナタリー・ドロンとはおよそ程遠いマッチョの大男だ。
思わず予定を忘れたフリしてバックレたい日もあるが、そんな邪な考えはスマートフォンの連動アプリによるスケジュール通知が許しはしない。
150324005.jpg
渋々とトレーニングウェアに着替えてKinectセンサーの前に立つオレを、そのアレックス・モールデンという名のマッチョガイは、満面の笑みを浮かべて迎えてくれる。
世の中のすべての人間は、体を動かすことが好きで好きでしょうがない。そう心の底から信じきっている笑顔だ。
体育会的ポジティブ思考を全身から剥き出しにしながら、アレックスはフレンドリーな調子でオレに語りかける。「さあ、今日も頑張ろう!」
そのたびにオレは肩や腰をさすりながら、「は、はぁ、…そうっすね」と煮え切らない返事を返すのだった。
150324003.jpg
一口にフィットネスソフトと言っても、それぞれの特徴には決定的な違いがある。
『Xbox Fitness』が、ジムのワークアウトを他の参加者たちと揃って受講する感覚ならば、日課の体操をマイペースで黙々と続けているかのようなのは『Wii Fit』。
ならばトレーナーにマンツーマンで叱咤激励されながら、地味で基本的なトレーニングをじっくりとこなすこの『Nike+ Kinect Training』は、まるで学生の頃の気が乗らない体育授業を思い起こさせる。
これがクソみたいな体育教師であったら反抗のしようもあるが、このインストラクターは人の良さを丸出しにしているから、かえって始末に悪い。
「さあ、もうちょっと頑張ろうな!」と明るく親しげに励まされると、こちらとしてはサボるわけにも手の抜くわけにいかず、曖昧な笑顔を返しながら生真面目にトレーニングに取り組まざるをえなくなるのだ。
150324001.jpg
Nike+プログラムとの連動、個人にあったトレーニングメニューの自動生成、Nikeの面子に賭けた正確な運動の指導、ショーン・ジョンソンらNike契約アスリートたちの励ましメッセージ、ソーシャルネットワークとの連携など、『Nike+ Kinect Training』ならではの要素は多々あるが、それらを差し置いて一番目を惹く特徴は、このインストラクターとの距離感の密接さだ。
スクワット、プッシュアップ、ランジ、プランク、あらゆるドリルにトライするとき、まるで彼が数十センチの距離から、こっちをじっと見守っているような錯覚に囚われてくる。
そしてこちらのフォームが崩れたら、アレックスは間髪をいれず、「もっと腰を高く上げて!」「ヒザは爪先より後ろだぞ!」と、息がかかってきそうな距離からこちらの動きを矯正してくれるだろう。
150324004.jpg
その親切の押し売りみたいな指導にちょっぴり鬱陶しさを感じつつも、さすがに「いや、もういいです。ほっといてください」と言うわけにもいかず黙々とそれに従う。
『Xbox Fitness』に挑むときの、「やったるぜ!」というポジティブな気分とはおよそ対照的な、お節介な指導に引っ張られて半ば義務のようにこなす毎日のワークアウト。
だがこの基本に忠実だけど、とにかく地味きわまりない反復運動をこつこつ積み重ねるには、多少の義務感に後押しされた方がモチベーションが続いたりするものだ。
そんなワケでオレは今日も、この心の底から体育が好きでたまらないマッチョガイから、「ほらあ、頑張れ頑張れ!」「気を抜くなぁ、もうちょっとで新記録だぁ!」と明るく尻を叩かれながらプログラムを消化する。
わずか数千円ぽっちで永久契約できる専属トレーナー。そう考えると、このポジティブさを鬱陶しく思うのは、ちょっとバチあたりなのかもしれないな。



この記事に含まれるtag : Kinect フィットネス 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2280.html

2015/03/24 | Comment (4) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |