ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

このページの記事目次 ( ← 2015-02- → )

total 4 pages  次のページ →  

映画【DOA/デッド・オア・アライブ】

   ↑  2015/02/27 (金)  カテゴリー: 映画・DVD
150227001.jpg
どこから見ても中華風の宮殿、そこにぬけぬけとかかるテロップは"石狩山脈・日本"。その宮殿の奥に鎮座いたしますは"プリンセスかすみ"ことデヴォン青木。
つかみはOKなイントロダクションを皮切りに展開される86分の荒唐無稽な格闘アクションを目の当たりにしたオレは、「なんてステキな映画だ。ゲームの『DEAD OR ALIVE』をやらないオレでもこんなに楽しいのだから、ゲームのファンの間ではこの映画、もう話題沸騰に違いない!」と、ガラガラの映画館の中で一人興奮していたのだが、もちろんそんなわきゃあなかった。
ゲーム好きとゲームの映画化作品とは、元々相性があんまりよろしくない上に、事前に世に出ていた単なるコスプレ以外の何ものでもないデヴォン青木のかすみ姿が、「これはスルー物件」とのダメ押しを与えていたんだからムリもない。

ゲーマーにはデヴォンかすみでドン引かれ、格闘アクション映画好きにはゲームが元ネタだからと軽く見られた悲運の作品「DOA/デッド・オア・アライブ」。
娘っ子たちがパンチキック振り回す映画だからと白羽の矢を立てられた監督は、古くはシンシア・ラスロックが暴れまわる一連の作品や女アクション映画の隠れ傑作「レディ・ウェポンZERO」、近年では「クローサー」などで、その手の映画での手腕が評価されているコリー・ユン。
殺陣師としても超一流の実績を持つユン先生だ。娘っ子たちを甘やかしはしない。
これにデヴォンを始め、ジェイミー・プレスリー、ホリー・ヴァランス、サラ・カーターら、ちょっと徳俵に足がかかり気味だった女優陣が見事に応えた小気味いいアクション、アクション、アクション。

DOAキャラクターたちとの対戦シーンはもちろんのこと、竹林の間を縫ってのかすみとあやね(ナターシャ・マルテ)の剣戟に、クリスティ(ホリー・ヴァランス)とエレナ(サラ・カーター)のスタイリッシュな雨中ファイト、個人的に一押しなクリスティの石段上対多人数立ち回り、そしてもちろんビーチバレーも。
いずれのアクションシーンも、ユン先生の現場での指導に熟練のカット割りで見応え満点。
とってつけたようなストーリーとか、これが一応は『DEAD OR ALIVE』の映画化作品であることを主張する説明的なシークエンスなどは、すべてこれらのアクションシーンのあってもなくてもどうでもいい繋ぎみたいなもの。
だいたい「中途半端に仲がいい十数人の格闘家たちを、適当な理由つけて大会で闘わせて、その合間にビーチバレーできゃっきゃうふふする」なんて大前提を、まともなお話になんかできるわきゃないだろう。

割を食っているのは主役級5人の娘っ子キャラに対して、刺身のツマみたいな扱いを受けているバイマンやジャン・リー、ゲンフーにレイ・ファンといった連中だが、これも「野郎と貧乳に用はない」という、潔い割り切りと考えれば問題はない。
多少はマシな扱いを受けているのは、ケイン・コスギのリュウ・ハヤブサとケビン・ナッシュのバース(娘とは筏の上という、レスラー同士にとっては難易度の高いシチュエーションで激突)だが、これとて引き立て役であることには変わりない。
150227002.jpg
「格闘ゲームが好きな連中って、格闘アクションも好きなはずだろ?」なんて映画屋の誤った理解と、「そのかすみって娘は日本人だそうだからデヴォン一択」の台所事情が生み出したのは、青い太陽の下で美しい四肢がハードに躍動する快作中の快作。
ちなみにこれの国内DVD初回限定版は、ビキニ姿の娘っ子たちが浮かび出る3Dチェンジング仕様になっていて、その錦糸町のキャバクラを思わせる激安ゴージャスっぷりが、なんともまたこの映画にマッチしていてオレの一生ものの家宝だ。
テクモもこの映画に呼応して、きっと"DEAD OR ALIVE リアルバトル オン フィルム"なんてソフトを作ってるくれるだろうとずっと待っているのだが、そっちの方はまったく音沙汰ない。仕事しろテクモ!



(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2265.html

2015/02/27 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【麻雀狂時代 AVギャル制服編】ギトギト画質のエロス

   ↑  2015/02/26 (木)  カテゴリー: 3DO
150226001.jpg
今やBlu-Rayの時代となり、その手の映像もDVD時代より一層鮮明となりましたが、しかし画質の向上が必ずしもエロ度のアップに繋がらないと感じてしまうのは、やはり世代的な刷り込みによるものなのでしょうか。
インターネットを開けば、即座にぱっかーん御開帳が拝める昨今と違い、私が有り余る性欲を持て余していた中学生の頃は、その手のものを見るには裏ビデオに頼らざるを得ないというのが実状でした。
ある日、学校の視聴覚室で秘密裏に行われた鑑賞会で、友人が「マリンブルー」というタイトルの裏ビデオを持ち込んできたことがありました。
150226007.jpeg
これが元の映像そのものが汚い上に、さらにダビングにダビングを重ねた劣悪な画質だったのですが、生まれて初めて目の当たりにするアレの衝撃の前には、そんなノイズまみれの画質のことなど一切気になりません。
むしろ、「なんだ、この腐った柏餅みたいなものは!?」というインパクトと、その柏餅にアレとかコレとかが出入りする情景は、劣悪な画質とセットになって我々の前頭葉にインプットされてしまいました。
おかげで画質の汚い映像を観る度に、たとえそれが運動会のホームビデオであったとしても、妙にドキドキしてしまう妙な性分ができあがってしまいましたが、とにかく、私と同級生たちにとっては、”汚い画質の動画イコール背徳のエロ”なのです。
150226002.jpg
3DOで発売されたマイクロネットの実写脱衣麻雀ゲーム、『麻雀狂時代 AVギャル制服編』において、ギトギトの映像で展開される脱衣シーンを目にしたときは、思わずこの視聴覚室で観た「マリンブルー」の衝撃を想起してしまいました。
一体どこまでいけば腐った柏餅を拝めるのかと必死になって模打を積み重ね、そしてやっと思いで一人のギャルをハコテンに追い込み、ようやく拝めた脱衣がビーチクちら見せ程度で終わってしまったときの、こちらの茫然自失な気分ときたら。
マイクロネットは、おのれの罪をもっと深く自覚すべきだと思います。
150226004.jpg
そんな即座に裏ビデオを連想させてしまうくらい、このゲームの動画は小汚いシロモノなのです。
「サターンのシネパック動画以下の汚さ」という表現ならば、このムービーの、とんでもなく劣悪な画質がご理解頂けるでしょう。
そのくせこの脱衣麻雀の勝利条件は、4人打ちでトップを取らないと脱衣が拝めない、汚いムービーには明らかに割に合わないシビアなもの。
しかも脱ぐのは最下位の女の子だけ。目当ての女の子を脱がすには、それこそダマテンで狙い打ちに徹しなければなりません。
150226006.jpg
半荘を終え、コンティニューせずに「また明日」を選択すると、何故か画面に表示されるのは、”明日のお天気”の画面。
そしてそれに続くのはテレビ放送終了後をイメージさせる砂嵐の画像。
どうやらこの『麻雀狂時代 AVギャル制服編』は、裏ビデオへのオマージュではなく、”バブル期の脳天気なエロ深夜番組”の再現をコンセプトとしたゲームだったみたいですが、だったらもうちょっとましな画質の動画を流していただきたい。
ガビガビな画質が許されるのは、柏餅がはっきりと拝める動画に限ってのことなのですから!



この記事に含まれるtag : おとなの時間 麻雀 実写ゲーム 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2264.html

2015/02/26 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Wakeboarding Unleashed Featuring Shaun Murray】

   ↑  2015/02/24 (火)  カテゴリー: XBOX
150224005.jpg
意外と数の少ないマリンスポーツゲームの中でも、さらにマイナーなジャンルなのがウェイクボード。
スノーボードを一回り大きくしたような板を履いて、モーターボートで引っ張られるあれだが、その数少ないウェイクボードゲームの中でも決定版と言えるのが、日本ではXboxワールドコレクションの一環として発売された『Wakeboarding Unleashed Featuring Shaun Murray』だ。
一見、動力に引っ張られて楽そうに思えるウェイクボードだが、あれは実際にやってみると立つのも難儀で、過去に一度トライしてみたときは、もうほ西部劇で馬に引きずられる拷問にずっと遭ってるような状態だった。
そんなオレもコントローラを握ればいっぱしのウェイクボーダー。
パワーボートが起こす波を利して自在にジャンプし、華麗なトリックをびしばし決められるのだ。
150224001.jpg
任意にコース取りができるスケートボードやスノーボードのゲームと違って、行く先は基本的にボート任せのウェイクボードは、自然と一本道のレールシューター的な性質を持ってしまう。
そのハンデを補うウェイクボードならではの特性、それは大ジャンプするポイントが固定されているスノボなどと違って、自分の進行方向に常に立ちっぱなしの波で、いつでも任意に大ジャンプにチャレンジできるところ。
このコースの頭から終わりまで、ほぼすべてがトリックポイントと化すゴージャスな特性により、例え同じ一本道のステージであっても、滑走するごとに毎回違った展開を試みることができるのだ。
150224003.jpg
トリックにあくせくと終始しなくとも、ただ水飛沫をあげて普通に滑走しているだけでも爽快な手応えを得られるのは、マリンスポーツの水遊び感覚をもしっかりと再現しているから。
この『Wakeboarding Unleashed』のグラフィックは、2002年の水準よりもかなり上のレベルを誇っていて、特に水回りの表現力にはかなり力が入っている。
ボートの航跡、波頭の白さ、そして水飛沫。例えトリックをしくじってても、ロープを離してしまい哀れボートから置いてきぼりにされても、昂ぶる心がちっとも途切れないのは、こけた先にも水に包まれて身を漂わせる心地良い浮遊感があるから。
肌寒い、あるいは蒸し暑い部屋の中にいようが、オレの心は常に涼しげな海や川にある。それは『Wakeboarding Unleashed』のきめ細かいビジュアルの恩恵だ。
150224002.jpg
ギミックがたっぷりと設置されたバラエティ豊かなロケーションの数々も、このゲームの大きな魅力の一つ。
水面から今にもワニが飛び出してきそうなアメリカ南部の湿地帯、ハリケーンで水没した街、水上レストランやジャンク船が群がる香港の夜の港、南米はベリーズの密林を貫く川、夕陽に染まったベニスの運河、廃棄された古い軍艦が大量に係留された港、そしてラストステージは水辺に建てられたテーマパークの中。
水没しかけた潜水艦にジェットコースターのレール、水辺にあるありとあらゆるものは、そのほとんどが恰好のトリックポイント。
どんな大胆なトリックにチャレンジするのも自由だが、ボートに繋がれたロープだけは決して離すな。それだけが爽快極まりないウェイクボードの、たった一つのウィークポイントだから。

この記事に含まれるtag : スポーツゲーム 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2263.html

2015/02/24 | Comment (4) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【パワージェットレーシング2001】DC版ウェーブレース

   ↑  2015/02/23 (月)  カテゴリー: ドリームキャスト
150223005.jpg
空の『エアロダンシング』、陸の『バギーヒート』に続くCSK総合研究所陸海空三部作の最後を飾るのは、ジェットスキーを駆っての水上レース。
もっとも最後発ということもあって、前の二作に比べると知名度が相当欠けているが(『バギーヒート』もたいがいマイナーだけど)、その熱さは陸や空に決して負けてはいない。いや、むしろオレはこれが一番お気に入りだ。
ひとえに水の上と言っても、海と川ではその表情がだいぶ違う。
そして同じ川にしたって、ニューヨークのハドソン川とアマゾンの大河では大きな違いがあるだろう。 ぬるっとした湿気が伝わってくるアマゾンの濁った水に、長く続いた梅雨の香りが漂うかのような冠水したローマ市街、『パワージェットレーシング2001』は、そんな水場ごとの表情の違いをしっかりと伝えてくれる。
150223001.jpg
スノボなどのウインタースポーツをテーマにしたゲームに対して、マリンスポーツを扱ったゲームは比較的数が少ない。
それは生き物のように変化する水面の表現が、ごまかしの効かない難しいものであることを物語ってるだろう。
その上に浮かぶ海の乗り物は、いずれも不安定なシロモノだ。エンジンで身を固めたジェットスキーだって例外じゃない。
自然の、あるいは先行するジェットスキーが立てた波は、こちらのマシンコントロールを常に予測のしづらいものにしてくれる。
150223003.jpg
水しぶきをあげての爽快感と並んで水上レースゲームの肝となるのが、この刻一刻と変化する水面の状態による不確定要素。この部分をしっかりと表現できたのなら、そのゲームは成功を半ば約束されたようなものだろう。
もちろんこの部分でつまづくマリンスポーツゲームもちらほらあるわけで、まるで泥プールや天ぷら油の上を走らされてるようなフィーリングのゲームは、例外なくマリンスポーツの疾走感や爽快感とはほど遠かったりする。
このジャンルの成功例として真っ先に名前が挙がるのは、やはり任天堂の『ウェーブレース』シリーズ。
『パワージェットレーシング2001』は、それのゲームキューブ版である『ウェーブレース ブルーストーム』とほぼ同時期に出たゲームだが、セガとドリームキャストの面子にかけて任天堂に引けは取っていない。
150223004.jpg
陽光豊かなバハマの海岸に自由の女神に見下されたマンハッタン、身も凍るような北極の海にカナダはナイアガラの大滝と、実在ロケーションをモチーフにした観光色たっぷりのコースは、『ウェーブレース』のそれよりもさらに走り甲斐がある。
そんな鉄板なタイトルなのに、肝心のドリームキャストユーザーの間ですら認知度が低いのは、シンプルでけれんのない内容が今ひとつパンチに欠けたのか、あるいは萌えゲーで延命を図る末期ドリームキャストに、この手のスポーツ系ゲームを活かせるだけのキャパシティがもはや残されていなかったからだろうか。



この記事に含まれるtag : レーシング 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2262.html

2015/02/23 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Riptide GP2】Vector Unitの帰還

   ↑  2015/02/22 (日)  カテゴリー: XBOX ONE
150222006.jpg
Midwayの名作アーケードゲームを鮮やかに蘇らせた『Hydro Thunder Hurricane』(以下『HTH』)でXboxユーザーの間に一躍名を馳せたメーカー、Vector Unit。
その後は『HTH』で培ったノウハウを活かした水上レースゲームを看板に、スマホゲームに活動の主軸を移していた。
その彼らのモバイル系ゲームの中でも、もっともスマッシュヒットとなったのが、『HTH』のパワーボートから一転、今度はジェットスキーが海や河のコースを駆け抜ける『Riptide GP』。
150222002.jpg
まさにタイニー版『HTH』といった面持ちの、疾走感抜群のこのゲームはたちまち好評を博し、パワーアップした続編『Riptide GP2』も発売され、こちらもヒットを記録した。
モバイルゲーム界隈に確たる足場を築いていたそのVector Unitが、久方ぶりにコンソールゲームに帰ってきた。
引っさげてきたのは『Riptide GP2』。iOSやAndroidで確かな評価を得ている作品だが、筋金入入りのXboxユーザーにとっては、そんなスマホゲーム周辺での評判よりも、傑作『HTH』の系譜を引くゲームの一言で充分だろう。
150222004.jpg
そして『Riptide GP2』は、コアなPCゲームやコンソールゲームファンが、スマホ系ゲームとの間に意識的に、あるいは無意識に引いている境界線を壊す役目も持ってやって来た。
Xbox Oneの海外ストアをのぞいてみると、この『Riptide GP2』の他に、『Thress!』や『Another World 20th Anniversary Edition』など、iOSやAndroid版がベースのゲームがちらほらあることに気づくだろう。
Windows10の到来と共に施行されるXboxという概念の見直し。それはXbox Oneの他にタブレットやWindows PhoneなどあらゆるWindows搭載機を、等しくXboxのプラットフォームとして扱うことで、旧来のビデオゲームとスマホ系モバイルゲームの間に漠然と存在するジャンルの壁をぶち破って、平らにならすきっかけとなるのかもしれない。
150222003.jpg
『Riptide GP2』は、ほぼスマホ版そのままの内容で、堂々と据え置きゲーム機の土俵に乗り込んできた。
そしてそれはリビングの大画面テレビという環境でも、なんら遜色がない。
きめ細かいジェットスキーの航跡、先行のバイクが蹴立てる大波小波、それによって微妙に変化する繊細な水面、そして水しぶきとともに体感する抜群の疾走感。
さすがに『HTH』のような、はっちゃけたコースレイアウトや演出はないけれど、そのレース、その展開ごとに表情を変える水面状態に左右されながら、コースの上を跳ねるようにかっ飛んでゆくハイスピード感覚は、『HTH』からしっかりと継承されている。
モバイルゲームの現在の実力を、僅か5ドルで1000の実績をつけてコンソール機ユーザーに知らしめる、シンプルだけど手堅い一作だ。

<国内未配信 / 北米ストアで$4.99 *2015年2月現在の価格>

*関連記事
【Riptide GP】ボートは男のロマン
【Hydro Thunder Hurricane】文字通り”夏のイチオシ”



この記事に含まれるtag : レーシング 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2261.html

2015/02/22 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |