ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

このページの記事目次 ( ← 2014-12- → )

total 4 pages  次のページ →  

【NHK紅白クイズ合戦】盤石のファミリーゲーム

   ↑  2014/12/30 (火)  カテゴリー: Wii
14123008.jpg
年末年始。それはTV局の視聴率争いが、もっとも激化する季節、
しかしここでも揺ぎないのは、ワケの分からないハゲを経営委員に戴くことすら厭わないタフネス局、NHKだ(本音はめちゃくちゃ厭いたいのかもしれないが)。
「絶対に笑ってはいけない」が、そろそろマンネリを通り越して、やってる本人たちが飽きちゃってる風情が見え隠れするようになったり、「カネがかからないからいいやあ!」とアニメをダダ流したり、最初から諦めてるとこがあったりと、軟弱な民放各局が後手を踏む中で、なんだかんだ言いながら「紅白歌合戦」は今年も盤石な大晦日最強コンテンツである。
141230008.jpg
そして過去の親方日の丸なNHKと違い、近年の妙にくだけたNHKは、かって民放の領域だったことにまで、積極的に手を伸ばす貪欲さを持っている。
子どもたちが孫を連れて帰省し、大家族が久方ぶりに集結するこの時期。
かつてテレビ局とゲーム機は、一家団欒の機会とTVモニターの専有を巡って、熾烈に火花を散らすライバル同士であった。
しかしチャンネルはWiiに譲るが、その中で流れるのはNHKの番組という絶妙の落とし所が、どこからか用意され、ここに両陣営におけるファミリーエンターテイメントの雄、NHKと任天堂が最強タッグを結成して、年末年始の一家団欒タイム独占を目論むのであった。
141230009.jpg
帰省先に持ち込まれたWiiで急造される、おじいちゃんおばあちゃんのMii。
それにいつもの我が家のMiiを加えて三世代ファミリー連合で挑むのは、年末の風物詩「紅白歌合戦」を模した、その名も『NHK紅白クイズ合戦』。
本番の紅白が始まる前のひととき、あるいは前夜の紅白の余韻が残る元旦の日。家族揃ってWiiリモコンを握りしめてクイズで和気あいあい。
こちらでは孫がおじいちゃんにWiiリモコンの動かし方をレクチャーし、あっちではおばあちゃんが孫にクイズの答えを教え、新時代の家族の絆はWiiが支配すると言わんばかりに抜かりのないファミリーエンターテイメント。
141230006.jpg
そしてメインモードの他に用意されたのは、NHKの実在クイズ番組モード。
ここでも「ためしてガッテン」(孫世代)に始まって、「クイズ面白ゼミナール」(親世代)、「連想ゲーム(祖父母世代)。さらにはひいおじいちゃんが存命の家族に向けて「ジェスチャー」(何せ柳家金語楼や水の江滝子といった、もはや歴史上の人物といっても不思議ではない人たちがレギュラーだった番組だ)と、数世代にまたがったクイズ番組が用意されている用意周到さだ。
「ためしでガッテン」に登場するのは立川志の輔、「クイズ面白ゼミナール」を仕切るのは鈴木健二元アナ。
番組のオープニングや構成、セットまでも、NHK監修の下にしっかりと再現され、そこに家族がMiiで総出演。
一家揃ってリモコン振って、例の「ガッテン! ガッテン!」をヴァーチャル体験だ。
141230007.jpg
元々Wiiリモコンは、クイズの解答ボタンがもっとも適しているようなデバイス。
「ピンポーン!」の手応えにホイール式の解答ワード入力など、操作レスポンスも絶品なのに加えて、番組準拠の他にオリジナルも豊富な幅広いクイズモード。
さらにはメインの紅白クイズ合戦モードでは、ワンサイドゲームにならないように、リモコンから音声で得られるヒント機能に、ルーレットによるハンディ調節等、きめ細かい配慮があちこちに設けられ、任天堂が本腰入れてタイアップクイズゲームを作ったら、ここまで盤石になるというサンプルみたいな仕上がりだ。
NHKと任天堂、揺るぎない二つの王道が手を結んで放ったファミリーゲームの一級品。年末年始はゲームの分野もNHKがいただくぜ。



この記事に含まれるtag : タレントゲー トリビアゲーム 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2230.html

2014/12/30 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Toybox Turbos】XBLAのピリオド

   ↑  2014/12/27 (土)  カテゴリー: XBOX 360
14122705.jpg
テーブルゲームにカジュアルパズル、レトロアーケードの移植などのラインナップが中心だった最初期のXbox Liveアーケードは、主食であるパッケージソフトの付け合せのような従的存在でした。
当初は容量が大幅に制限されていたこともあって、ゲームのスケールは自然とミニマムサイズにとどまり、マイクロソフトもユーザー側も、Liveアーケードはパッケージゲームの合間に箸休めに遊ぶ副次的なものという認識が強かったのです。
容量制限が撤廃されてギガバイト超えのゲームが増えるようになると、Liveアーケードを取り巻く状況は大きく変化し、オリジナルタイトルが次第に名を連ね、中小メーカーの意欲作がここを舞台に次々と飛躍するようになりました。
141227001.jpg
Liveアーケードのもう一つの転換期は、今度は緩やかに訪れます。
2010年あたりを境に、コンソール機市場においても次第にパッケージソフトとダウンロード版の併売が増え始め、そしてダウンロード販売の割合は年を追うごとに大きく増加してゆきます。
パッケージソフトは市場での存在感を徐々に失いだし、新世代機が出始める前後にはダウンロード販売に主流を明け渡してしまいました。
パッケージソフトに対するダウンロード専売ソフトというLiveアーケードの特性も、そうした流れの中では自然とその意味を失い、Xbox OneにおいてはついにLiveアーケードという区分そのものがなくなってしまいます。
141227002.jpg
Xbox 360でもLiveアーケードは半ばストア上における便宜的な区分のようになり、さらには『Minecraft』や『World of Tanks』など、その区分けすら難しいソフトも増え、XBLAの境界線はさらに曖昧となっています。
そしてLiveアーケードの最新作『Toybox Turbos』のボックスアートから、オレンジ地にARCADEの文字が施された専用のデザインが姿を消して、パッケージソフトと変わらないXbox 360表記のものに入れ替わってしまう、ささやかだけど象徴的な変化がありました。
ちょっと大げさですけど、初代Xboxの末期から足掛け10年近くに渡って続いてきた、Liveアーケードの歴史的役割に、とりあえずピリオドが打たれたと言えるのかもしれません。
141227003.jpg
その『Toybox Turbos』は、見下ろし画面タイプのカートゥンライクなレースゲーム。
家の中でおもちゃのクルマを走らせるという設定のゲームは、XBLAにおいてはもう嫌というほど登場しているインフレ気味のジャンルですが、その祖である古典的名作『マイクロマシーンズ』のリリース元、コードマスターズが放った本作は、それの事実上の精神的後継作。
操作性からコースレイアウトまで、どれをとっても手堅い造りで、コースのビジュアルデザインなどは非常に魅力的なものになっているのですが、堅実すぎるあまり今ひとつパンチに欠ける80点の秀作に留まってしまっているのは、なんともここ最近のコードマスターズらしいところです。

この記事に含まれるtag : レーシング XBLA 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2229.html

2014/12/27 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Grand Theft Auto Ⅴ】ウィンターサプライズ

   ↑  2014/12/25 (木)  カテゴリー: XBOX 360
14122501.jpg
目覚めたら家の中にクリスマスツリーが飾られていた。
こんなサンタクロースづらしたおせっかいをするのは、『GTA Online』の新アップデート、ウィンターサプライズ(Festive Surprise)以外にはいやしない。
ハイソな高級マンションの一室ならともかく、こんな突風が吹けば跡形もなく吹っ飛びそうなボロ家の汚部屋には、きらびやかなツリーなど嫌がらせみたいなものだ。
辟易して家の外に出てみると、外は雪景色に染まっていた。ロスサントスに一年ぶりの降雪だ。
最近のクリスマスは、おばあちゃんが編んでくれたようなダサいセーターを、あえて着るのがトレンドらしい。
アップデートで新たに加わったシーズンコスチュームも、ほとんどがそのダサセーターの類だ。
14122502.jpg
住んでるオレが言うのもなんだが、このサンディ海岸沿いの町は、貧乏人の吹き溜まりみたいな集落だ。
いくら銀世界に染まろうが、ここがクリスマスムードからもっとも程遠い町である事実は覆い隠せやしない。
この町唯一の娯楽施設は、密造酒の匂いが染み付いているようなダーツバーだ。
店のドアを開け、「メリークリスマス!」と叫びながら、一番近いカウンター席にいた男に、軽く雪玉をぶつけたら、そいつは床に崩れ落ち動かなくなった。
バーから我先にと逃げ出す客たち。でも悪いのはオレじゃない。
オレはクリスマスらしく盛り上げようとしただけだ。悪いのは雪玉にダムダム弾並みの殺傷能力を施したロックスターだ。
14122511.jpg
オレは逃げるように店を飛び出した。
こんなクリスマスを祝う気力もないような町にいたってしょうがない。ロスサントスの市街ならば、きっと幸福な奴らがクリスマスらしい振る舞いをしているはずだ。
軽自動車のハンドルを握り、オレは都市部に向かってハイウェイを遡上した。
途中、銃砲店に立ち寄り、アップデートで追加された銃器をチェックする。
ホーミング式のロケットランチャーが追加されていたが、それを買うには口座残高のゼロが一個足らなかった。
底辺のチンピラには、クリスマスプレゼントを手にする権利すら無いというのか。
14122509.jpg
リャンシャンパークには巨大なツリーが飾られていた。
都会らしい華やかなイルミネーションに浮かれ、オレは「メリークリスマス!」と叫びながら、足元の雪を丸め、パークに佇むカップルの片割れに投げつけた。
男が地面に崩れ落ち、女は悲鳴を上げて逃げ出し、オレは「そういやそうだった」と再び慌てふためいた。
悪いのはロックスターだ。
図らずもリア充狩りを果たしてしまい、より一層惨めになったオレが駆けこむ先は、ストリップクラブしかなかった。
小銭をばらまいてお大尽気分にひたり、「もうそれくらいにしといたら」と言われるまでカウンターで呑んだくれ、メートルの上がったオレが向かう先は立ちんぼの密集地帯。
14122503.jpg
雪降るイブに通りに立つ女たち。負け犬同士、肌を寄せあって暖めあおう。そんなセンチメンタルな気分に水をぶっかける、相も変わらずのビジネスライクでドライな性行為。
心のスキマを埋めるどころか、逆にカナ梃子で思い切りこじ開けられたような心持ちだ。
女を降ろし、いいかげん家に帰って冷凍食品でも食ってから寝ようと、オレは再びクルマを走らせた。
途中で目についたのは、激安犯罪の処理に出動したと思しき警察官の姿。
誰もが浮かれる夜に、こんな報われない仕事に追われる人間もいる。
生まれて初めて警官に連帯感を覚えたオレは、せめて彼らにほんのちょっとばかりのクリスマス気分を味あわせようと、「メリークリスマス!」を叫びながら雪玉を軽く投げつけた。
14122508.jpg
逆上した警官たちは銃を抜いて向かってきた。
だから悪いのはロックスターだって。そんな抗弁も通じない。オレは逃げた。
連中は遠慮なく発砲してきた。流れ弾が立ちんぼの一人に命中し、この哀れな女は、クリスマスイブにこれ以上はないくらい惨めな死を迎えた。
神も仏もサンタクロースもあるものか。心のなかでそう反芻しながらオレは逃げた。
雪景色に浮かぶパトカーの赤色灯は、惨めなオレたちを包み込む、救いのないクリスマスイルミネーションのようだった。
ロスサントスのクリスマスは、いつも最低のくそったれだ。



この記事に含まれるtag : GTA 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2228.html

2014/12/25 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【FUEL】永遠のホライゾン

   ↑  2014/12/22 (月)  カテゴリー: XBOX 360
14122203.jpg
前を向いても後ろを向いても、右を向いても左を向いても、あるのはどこまでもどこまでも続く地平線。
かって『Forza Horizon』よりもホライゾンの名が相応しいゲームがあった。
異常気象に覆われた1万4千平方キロメートルにも及ぶ、あまりにも広大な大地。マシンはガソリンの心配はないが、その前に心がガス欠を起こしてしまいそうなゲーム史上空前のフィールド。そのだだっ広さは未だ破られていない。
どんなゲームでも、走りに走り続ければいずれは世界の果てにたどり着く。しかし『FUEL』の地平線は、走れど走れど一向にその距離を縮める気配はない。
この永遠とも思えるまでに広い大地を、ストーリーなどの装飾もないまま、ただひたすらと黙念にマシンを走らせる。『FUEL』はそんなゲームだ。
14122202.jpg
近年のゲームは、どれもしつこいまでに他人との交流を要求してくる。それはレースゲームでさらに顕著な傾向だ。
タイムアタック、ゴースト、オンラインロードトリップ、ストアフロント、ドライバター。濃いものから緩やかなものまで、それらはオレたちのヴァーチャルドライブに確かに程よい刺激を与えてくれる。
しかしクルマの中とは、本来は他人との関わりをできるだけ拒む、もっと孤独な空間のはずだ。
『FUEL』は、それらのソーシャル要素が萌芽した2010年のゲームでありながら、他人との関わりを徹底して拒んでいる。
それは皮肉にもオンラインフリーライドで、もっとも色濃く表れている。人恋しさにこのモードに繋いだところで、広大な大地にぽつんと一人放り出されたことを再認識して、プレイヤーはおのれの孤独をさらに深く噛みしめることだろう。
14122204.jpg
そんな果てのないドライブの間、向き合うことができるのは一人ぼっちの自分だけだ。
せわしなく上ったり沈んだりする太陽、雨にみぞれに雹、遠雷のこだま、自然美なんて言葉とは一切無縁な荒涼とした景色、そして荒っぽく乱雑なゲームの造りさえにも後押しされて、様々な想いがが押し寄せたり引いたりしてゆく。
まるで感傷を作り出すシステムのように機能した『FUEL』は、レーシングとかオープンワールドだとかのちっぽけなジャンル分けを遥か飛び越えるオンリーワンのゲームだ。
古今東西の優れたレースゲームを総決算したかのように思えた『Forza Horizon 2』も、『FUEL』の孤独と狂気とセンチメンタリズムだけはカバーすることができなかった。
そして今後、いかにマップの広さを突き詰めたドライブゲームが出てこようと、『FUEL』のこの部分には、そう簡単には及べないだろう。



この記事に含まれるtag : FUEL 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2227.html

2014/12/22 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Forza Horizon 2】Storm Island

   ↑  2014/12/20 (土)  カテゴリー: XBOX ONE
14122001.jpg
年配のロックファンの間で今でも語りぐさになっているロックイベントに、"嵐の後楽園"と異名をとるものがある。
ハードロックバンド、グランド・ファンク・レイルロードが1971年に後楽園球場で行った来日公演を暴風雨が直撃。
吹きすさぶ雨嵐の中でGFRは感電を恐れずライブを敢行。悪条件の中でバンドと観客は、半ばヤケクソでテンションが上がりまくり、異様なまでに盛り上がったライブは後世に残る伝説となった。
オレが経験した中で、これに近かったのは2006年のサマーソニック。メインアクトのゼブラヘッドのときに会場のマリンスタジアムを雷雨が急襲。
雷が鳴り響く中でアッパー状態となったゼブラヘッドと観客は、やはりヤケクソに盛り上がっていた。
14122005.jpg
ゲリラ豪雨にはしゃぎながら右往左往し、台風の訪れには心を高ぶらせ、街を覆う濃霧にそわそわし、実害をもたらすものであることは承知しているが、それでもやはり異常気象は妙に気分をワクワクさせる。
そんな心を見透かしたかのように、Playground Gamesが我々に送りつけてきたのは爆弾低気圧。
ニースの港からフェリーに乗ってひとローディング時間。大型ダウンロードコンテンツ、『Storm Island』の舞台は、地中海にありながら、まるで熱帯のように気まぐれな天候の島であった。
申し訳程度の舗装道路と、アップダウンが極端に激しいオフロード。その基本コンセプトは、前作のDLC『Horizon Rally』と同じく本編のオフロード版だが、『Storm Island』の針の振り切りっぷりは『Horizon Rally』の比ではない。
何せドライバー視点のまま呑気にこの島に乗り込んだはいいが、まるでジェットコースターのように上下にうねりまくる景色に、わずか数分でヴァーチャル車酔いを起こしてしまったのだから。
14122003.jpg
本編で降る雨は、愛車と路面をほんのりいい具合に湿らせてくれたが、ここの雨はそんなお上品なものじゃない。
吹き付けてくる強い風と激しい雨。これが実車のハンドルなら、慎重の上に慎重を期すそろそろ運転になるところだが、ここでは理性のメーターを振り切りハイテンションになってアクセルを思い切り踏み込んでしまう。
なあに、コントロールを失ってにっちもさっちも行かなくなったって、オレたちにはリワインドボタンがある。それに勢い余って道路から飛び出したって、そこがまた道なきコースであることに変わりはない。
そして雨風をものともせず会場に居残り、声援をおくるフェスティバルの観客たち。
オレがグランド・ファンク・レイルロードやゼブラヘッドなら、お前らは後楽園や千葉マリンのなった観客たちだ。
どうせこれ以上は濡れようがない。せいぜいヤケクソになって盛り上がろうじゃないか。
14122004.jpg
インプレッサにランエボにレガシィ。本土では街並みに溶け込む地元のヨーロピアンカーに対して、どこか肩身の狭かった国産のラリー強者たちも、この島では堂々たる主役。
追加されたエアロにオフロード用パーツで思いのままドレスアップ、チューンアップして、このほぼ悪路で構成された島を縦横無尽に駆け巡ってやろう。
『Storm Island』は敬虔なホライゾンフェスティバル参加者たちへの、Playground Gamesからの最高のクリスマスプレゼント。
土煙を巻き上げ、泥水を跳ね飛ばし、クルマ良い子のオレたちは、こいつでさっそくおんもで遊ぶんだ。リミットレスで天高くかっ飛ぶぜ。



この記事に含まれるtag : レーシング Forza 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2226.html

2014/12/20 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |