ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

このページの記事目次 ( ← 2014-11- → )

total 5 pages  次のページ →  

【F.E.A.R.3】フィアー完結編

   ↑  2014/11/30 (日)  カテゴリー: XBOX 360
14112905.jpg
FPSやTPSにおけるシングルキャンペーンの存在って、今やマルチプレイのおまけみたいな域を超えて、もう要らない子のような扱いを受けてますけど、そんな潮流の煽りを食らって、シングルキャンペーンに特徴的な魅力を持っていたゲームの続編が、マルチに比重を移したが故に、かえってトーンダウンしてしまった例も少なくはありませんでした。
Monolithが2005年にこの世に放った『F.E.A.R. -First Encounter Assault Recon-』は、ホラーとファーストパーソンシューターという、一見食い合せが悪そうなジャンルを見事に折衷させ、そこに歯応え満点のプレイフィールをブレンドした意欲作でしたが、以降に続いたのは、ワケの分からないところが作った拡張パックに、唐突に新主人公となった見ず知らずの男が、メンヘラ女に粘着されまくる『F.E.A.R.2: Project Origin』と、迷走未満紆余曲折以上の展開。
14112901.jpg
その流れの中であらわになってきたのは、一作目では絶妙に覆い隠していたはずの、FPSという様式とホラーの噛み合わせの悪さでした。
いっそシューターなんてジャンルにこだわりを見せないほうが、このシリーズのためなんじゃないかなぁと、私なんかは感じていたんですが、しかし2011年に登場したシリーズ完結編『F.E.A.R.3』は、俗受け指向シューターへの流れをさらに加速させ、協力プレイとステージの繰り返しによスコアアタックに主軸を置いた、ホラーとはもっとも噛み合わせが悪そうなスタイルに着地してしまいました。
14112903.jpg
そのアーケードライクなシステムは、一作目や二作目が構築してきた、ひたひたと迫る不安を押し殺しつつ進む独特のホラー感覚を大きくスポイルしてしまっているのですが、その代わりとばかりに『F.E.A.R.3』はゴア表現を大盤振る舞い。
もう進む先進む先に、おどろどろしいオブジェクトや胴体から寸断されたり四肢が散乱した死体が、絶えずごろごろ転がっている有り様。
だけどこういったショッキングな表現は、本来それなりの緩急をつけながら提示されてなんぼのモノ。
それがデフォルト状態になってしまっては、こちらも「ああ、またか」と当たり前のように捉えてしまうわけで、こうなるとホラーも何もあったもんじゃありません。
14112902.jpg
シリーズを通して得体の知れない恐怖の存在であった"謎の少女"アルマも、この『F.E.A.R.3』では最初から主人公二人の母親とネタが割れてしまっているので、そうなるととても恐怖を生み出す存在とはなりえません。
一作目や二作目では、この人の登場シーンに相当ビビらされたものですが、この期に及んでしまうと、どんなおどろどろしい出現の仕方をしようと、こちらにとっては「あ、お母ちゃん!」という反応以外はしようがありません。すいません、うちの母ちゃん、照れ屋で人見知りするんですよ。
骨肉の母親争奪戦の末に迎えたエンディングロールに流れるのは、Danzigの"Mother"。それを聴いたときには、そのあまりにもベタベタな選曲に、思わず「少しはひねれよ!」なんて言葉が口をついちゃいましたね。

<海外版には日本語音声収録 / 日本版は一部表現修正があり>

*関連記事
【F.E.A.R. -First Encounter Assault Recon-】
【F.E.A.R.2: Project Origin】アルマの婚活大作戦



この記事に含まれるtag : FPS 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2211.html

2014/11/30 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【セガラリー2】ドリームキャストの本気

   ↑  2014/11/28 (金)  カテゴリー: ドリームキャスト
14112809.jpg
ネット接続機能を標準搭載したセガの最終決戦兵器ドリームキャストがこの世に放たれたのは、今から16年前の昨日のこと。
しかし「セガの逆襲始まる!」という意気込みとは裏腹に、その船出はチップの歩留まり、品不足、貧弱なロンチラインナップと、マイナス要因を山ほど抱えた逆境の旅立ちであった。
そんな初手から躓くセガの首を真綿で締めるように、ライバルの任天堂やソニーはドリキャス発売に前後して、『ゼルダの伝説 時のオカリナ』や『マリオパーティー』、『幻想水滸伝Ⅱ』などの強力タイトルをぶつけてくる鬼畜っぷり。
141128003.jpg
さらには早々とトドメを刺そうとばかりに、『ファイナルファンタジーⅧ』までもが控える中、ロンチの出遅れを取り返すべきセガはといえば、キラータイトルとなるはずの『ソニックアドベンチャー』を作りこみ不足で慌てて市場に投入してしまい、「セガっていっつもこう」と、ファンを早々と嘆かせている始末だった。
『バーチャファイター3tb』に『ソニックアドベンチャー』、いずれも不発というわけではないけれど、爆発ってほどにも行かない、なんとも煮え切らないスタートだったが、しかしこの頃のセガにはまだまだ豊富なタマがある。
141128001.jpg
本来はロンチに登場する予定だった、バーチャやソニックと並ぶもう一つのビッグタイトルが、ドリームキャストの実力を世に示すべく万全を期して登場したのは、本体発売から遅れること2ヶ月後のことであった。
既にアーケードでその真価をいかんなく発揮していた『セガラリー2』。その待ちに待ったドリームキャスト版は、単なるアーケードの移植にとどまらない。
フレームレートこそアーケードより低下したものの、キャリアモードにあたる10イヤーチャンピオンシップを始めとして、細かいカーセッティング要素や、古谷徹ナレーションのカープロフィールモードを追加。
そして何よりも、ドリームキャストユーザーが待ちに待ち望んでいたあの機能が、ついに実装されていたのだ。
141128002.jpg
デフォルトでのネット機能を大きく売りにしていたドリームキャストであったが、肝心のネット対戦をフォローしたソフトはなかなか出なかった。
「このネット接続機能は、もしかしてセガBBSに荒らしの書き込みをするくらいしか使い道がないんじゃなかろうか」
ユーザーがそんな疑心暗鬼に駆られてくるタイミングを見計らったかのように、『セガラリー2』によってついに実現したドリームキャストを介してのネットワーク対戦。
家庭用ゲーム機の新時代は、世紀の替り目を待たずして『セガラリー2』によってもたらされたのだった。
さらにハンドルコントローラにキーボードチャット、VGA対応など、ドリームキャストのポテンシャルをいかんなく引き出した本命ソフトの登場にユーザーは大いに沸き返り、セガの本気に一時的に力づけられたのだったが、これに続いたさらなる"セガの本気"が、よりによって『湯川元専務のお宝さがし』であったことに、「セガっていっつもこう」と、再び嘆き節に陥るのであった。



この記事に含まれるtag : レーシング 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2210.html

2014/11/28 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Warframe】オレをその名で呼ぶな

   ↑  2014/11/27 (木)  カテゴリー: XBOX ONE
14112703.jpg
日本プロレスの中堅レスラーだった安達勝治が、同団体の崩壊後にフリーとして北米マット界へ主戦場を移した際、現地のプロモーターから"ミスター・ヒロヒト"という、あまりにも畏れ多いリングネームをあわや付けられそうになったそうだ。
豪放磊落な彼も、さすがにこの時ばかりは「それだけはカンベンしてくれ」と懇願し、妥協の末に"ヒロ"を外してミスター・ヒトを名乗ることとなり、以後この妙ちきりんなリングネームは、日米を通しての彼の新たな名前として定着した。
Xbox Oneの他にPCとPS4でも展開する基本無料オンラインTPS『Warframe』で、ゲームをスタートさせるなり「あなたは今日からテンノです」と、有無を言わせず任命される日本人プレイヤーの心境は、きっとこの時のヒトさんみたいなものであろう。
ちなみにテンノのスペルは"Tenno"。それを聞いただけで思わず開発会社があるカナダの方向に向かって、「それだけはカンベンしてくれ」とお願いしたくなってくるではないか。
14112702.jpg
しかしそんな頼みが届くはずもなく、今日からオレは問答無用でテンノさん。太陽系を駆けるスペース忍者だ。
説明不足の固有名詞が氾濫する上に、日本語としてきちんと形を成していない訳文で急ぎ足に解説されるゲームのバックグラウンドに、悪訳で有名だったサンリオSF文庫を思い出したりしながら、辛うじておのれの立場が、小さな宇宙船をベースにミッションを請け負う職業忍者であることを把握する。
ちなみにオペレーター役を務める宇宙船のAIは、C3-PO風の慇懃無礼なキャラクターの線を狙いすぎて、結果単なる無礼な性格に落ち着いてしまった厄介者だ。
こいつがまた話しかけられたら鬱陶しいタイミングを、狙いすましたかのように声をかけてくるもんだから、思わずこいつをオフにするスイッチを探したくなってくる。
14112705.jpg
実績がほとんど武器のレベルアップ関連に割り振られていることからも分かるように、とにかくこの『Warframe』の武器は多彩だ。
アサルトライフルやショットガンといったTPS定番の武器から、クナイや棒などの忍者らしい武器まで。ただしよりどりみどりというわけにいかないのは、有料通貨で装備を買わせて儲けを出すビジネスモデルだから。ずいぶんと足元を見られた忍者もあったものである。
慣れないうちは、ついプライマリウェポンの銃器を主力に据えた、オーソドックスなTPSスタイルの戦闘に走ってしまうが、やはりテンノはスペース忍者。できることなら刀や棒などの近接武器を華麗に振るい、つむじ風のようにステージを駆け抜けたい。
14112704.jpg
そんな名実ともに忍者を極めるためには、ゲームの習熟はもちろんだが、それ以上に膨大な時間をつぎ込んだ反復プレイの山か、多少なりとも手間を縮めるためのリアルマネーが必要となってくるだろう。
『モンハン』ライクなシステムは、それなりにとっつきがいいかもしれないが、『World of Tanks』や『Happy Wars』のような、とにかく大人数をざるで掬い取るように集めてわいわい遊ばせ、その中からカネをぶっこむ奴を選別するゲームが定着した後となっては、F2Pのシステムとして、ちょっとばかり古臭さを感じたりもする。
コツコツとした武器やキャラクターのレベル上げ作業と、これまたコツコツとしたパワーアップMODの収集をもし苦としないのならば、その地道な成長の末に、変幻自在なスペース忍者という一風変わった設定も魅力的に機能してくるだろう。
ただ、敵味方問わず事あるごとに「テンノ」「テンノ」とこちらを呼び捨てにしてくるのだけは、いくら時間を積もうと、「それだけはやめてって言ってるでしょ」と、畏れ多くて落ち着かない気分になるばかりなのだ。



この記事に含まれるtag : TPS 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2209.html

2014/11/27 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【ロムロムカラオケ】PCエンジン家庭用カラオケ制覇の野望

   ↑  2014/11/26 (水)  カテゴリー: PCエンジン
14112605.jpg
WiiUのJOYSOUNDやXbox Oneのカラオケ@DAMが受け入れられる一方で、親密さを増したゲーム機とカラオケの関係に戸惑いを覚える古株のゲーオタもいるだろう。
しかしゲームとカラオケは、アミューズメントに端を発する兄弟同士。それにゲームハードの発展に対するカラオケの貢献だって決して少ないものではない。
そもそもカラオケというきっかけが無ければ、この世に生まれなかったかもしれないゲームブランドだってある。
プレイステーションが元々スーパーファミコンの外付けCD-ROMとして計画されていたことはよく知られているが、この時のソニー側の思惑が、スーパーファミコンの普及率を利用して家庭用カラオケのシェアを独占することにあったのを、"プレイステーションの父"丸山茂雄氏が、のちに明かしていた。
14112604.jpg
ゲーム業界とはほとんど無縁であったはずのソニーミュージックエンタテインメントが、ゲームに深く関わるようになったきっかけとして、かなり納得のゆく理由だが、 そしてさらにifを重ねれば、もしこのハードがゲーム機を介した家庭用カラオケで確たる実績をあげていたとすれば、ソニーのゲーム機参入は、さらに遠のいた話になっていたかもしれない。
PCエンジンのCD-ROMというと、どうしても声優ボイスのアニメ絵ゲーばかりが印象に残ってしまうが、ところがどうして、ゲーム機の歴史上、これほど挑戦的だった試みもそう他にはない。
CD-ROMに留まらず、ゲーム以外のあらゆることを欲張りにフォローせんとしたPCエンジンは、いわば早すぎたオールインワンを実践したマシン。
いや、CD-ROMのみならず、スキャナやプリンタ、マイクにはたまたAVアンプなど、その小さなボディにとにかく後から無理矢理付け足してなんとかしようとするコア構想は、もはやオールインワンなんてヌルいレベルではないだろう。
14112603.jpg
そんなPCエンジンの強引なコア構想の中にはカラオケだって含まれていた。
それまでのゲーム機カラオケでは、ファミコンに自前の音源を使ったショボいカラオケもどきが出ていたが、CD-ROMさえあれば音源の問題をいっきに解決できる。
さらにはアンプとマイク、そしてカラオケソフトさえあれば、PCエンジンでカラオケが歌い放題ではないか。
こうしてPCエンジン本体に合体させるAVアンプ、その名もロムロムアンプと、それの対応マイク。さらには本家のNECアベニューと、ソニーと同様にゲーム機を利用しての家庭用カラオケシェア獲得を目論んだビクター音産から、それぞれカラオケソフトがリリースされるに至ったのだった。
NEC版、ビクター版、共にゲームを意識させない、もろにカラオケなパッケージデザインが、両社の本気度を伺わせるが、しかしそなんとなく家庭用カラオケ機を欲している層にとっては、PCエンジン本体に高価なCDロムロムドライブ、さらにこれまた高価なロムロムアンプをまとめて揃えろという要求は無理難題に等しい。
14112606.jpg
こうして最初のゲーム機による家庭用カラオケ制覇の野望は、あっさり頓挫してしまい、NECアベニューとビクターからそれぞれ5枚ずつリリースされたソフトも、取扱店やユーザー、コレクターにとって、なんとなく扱いに困るブツとなってしまうのであった。
両社共にソフトのタイトル名が『ロムロムカラオケ』なのがややこしいが、NECアベニュー版は小洒落たイラスト、ビクター音産版は正統派カラオケのパッケージデザインで統一されているので、パッと見の区別はつきやすいだろう。

<記事中の一部、誤りのご指摘がありましたので、訂正いたしました。申し訳ありません>



(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2208.html

2014/11/26 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【カラオケマイク for Xbox One】with【マイクカバー for Wii U】

   ↑  2014/11/24 (月)  カテゴリー: XBOX ONE
14112401.jpg
みんなカラオケ歌いまくってるかーっ!? なに、歌いたくともマイクがない?
まぁムリもない。Xbox Oneの関連商品としては異例のスマッシュヒットとなって、今やAmazonにすら在庫がないHORIの『カラオケマイク for Xbox One』。
流通関係者もユーザーも肝心のHORIも、まさかこの商品がここまで品薄状態になるとは誰一人予想できなかっただろうから。
オレだってこのマイクを予約注文したときは、「こんなの買う物好きは、もしかしてオレくらいなんじゃないか?」と思ってたほどだから。
14112402.jpg
それが蓋を開けてみれば、まさかの争奪戦状態。
なかなか日本ではゲーム以外のコンテンツに対するニーズが得られなかったXbox Oneだが、これでようやくオールインワンエンターテイメントマシンとしての第一歩を踏み出せたのかもしれない。
採点機能を擁する『カラオケ@DAM』を手中に収めたことで、今や国内最強のウチカラマシンの座を手に入れたXbox One。
しかし日本の住宅事情を鑑みるに、まだまだウチカラのハードルは高い。
ご近所さんもそうだが、何よりも家の中で素っ頓狂な歌声を聴かされる家族は堪ったもんじゃないだろう。
せっかくの『カラオケ@DAM』が家庭内不和を引き起こす前に、打てる手は打っておかなければ。
その平穏なウチカラ実現へ向けて力を貸してくれたのは、意外にもライバル機のWii Uであった。
14112403.jpg
『マイクカバー for Wii U』は、その名の通りHORIがWii Uのカラオケマイクに向けて出した製品。
マイクのヘッド部分にじょうご型のカバーをすっぽり重ねて、これにぴったりと口を付けて密閉状態にすることで、外に漏れる歌声を抑制する王様のアイディアのネタグッズみたいな商品だ。
Wii U用という触れ込みのこのマイクカバーだが、同じHORIの周辺機器ということもあってか、『カラオケマイク for Xbox One』にも問題なく装着できる。
そして装着済みのマイクを口元に押し当てて歌えば、確かに謳い文句通り大きめの歌声が落ち着いた話し声程度に軽減されるではないか。

反面、歌声がくぐもるとか、息継ぎをちょっと工夫しなくちゃならないとか、何より歌ってる姿がとてもマヌケになるなどのデメリットはあるが、周りに響く音が大きく減少する効果は、それらを差し引いても充分に価値がある。
少なくとも我が家では、これでウチカラの条件がだいぶ緩和された。
例え常識的な時間であっても、カラオケのためにテレビを占拠して音をまき散らすのはだいぶ気が引けたが、これさえ装着すれば、家人が寝床に入ったのを見計らってゆっくりとカラオケ三昧を決め込めるのだから。
意外な形で実現したXbox OneとWii Uのコラボ。これさえあればオレのカラオケは、もう時と場所を選ぶ必要がないぜ。



(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2207.html

2014/11/24 | Comment (3) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |