ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

このページの記事目次 ( ← 2014-09- → )

total 4 pages  次のページ →  

【Dead Rising 3】鬼門のシリーズ3作目

   ↑  2014/09/29 (月)  カテゴリー: XBOX ONE
14092901.jpg
♪ 学校出てから十余年 今じゃ名うての整備工 アウトブレイクのつれづれに 殺したゾンビが五万体 (サバ言うなこのヤロー)
いや、サバ読んでねえっすよ!
それほどやり込んでいるわけでもないのに、気づけばゾンビ殺害数は、はや5万の大台を突破。
だって街中の至る所に、ゾンビがまるで渋谷のスクランブル交差点もかくやの勢いでひしめいているんだもん。
「すいません、ちょっと失礼します」そんな控え目な感じで人混みを釘バットや改造ハンマーでかき分け先を急いでいれば、そりゃ1万2万なんてあっという間だって。
14092907.jpg
ましてや今度のデッドライジングは、郊外生活のようにクルマ移動推奨。
ゾンビの皆さんは歩行者の交通ルールなんてちっとも守らない人たちですから、セダンをちょっと大通り走らせただけで、もう大変な騒ぎに。
久しぶりに外出してみたら、たまたま祭りやイベントで人がごった返していた最中だったとか、後楽園ゆうえんちの帰りに野球帰りの東京ドーム客の大群とかち合ったとか、大群衆に期せずしてもみくちゃにされる気分を嫌と言うほど味わえる最新版デッドライジング。
当社比*%アップは宣伝文句の定番だけど、『Dead Rising 3』のウリはまさにそれ。
まるで体育大学の正面に店を構える定食屋みたいにどっぷりと盛ったゾンビの山に、もはやゾンビパラダイスなんて言葉もどっか吹っ飛んじゃって、こっちはもう胸焼け状態です。
過去のデッドラからのもう一つの進化点、建物の中までローディングなしに繋がるシームレスマップも相まって、もういつどこでどんな時でも、ゾンビの群れにこれでもかとモッシュされまくり。よもやゲームの中だというのに、こうも人混みに酔うハメになろうとは。
14092904.jpg
まるでベンチマークのように、ハードの性能進化をその物量で示してくれる『Dead Rising 3』。
4車線のハイウェイにゾンビがびっしりとひしめいて、それぞれが独立した動きで彷徨い歩く情景はまさに圧巻だ。
だがその一方でデッドライジングのシリーズの流れは、どことなく有名ラーメン屋の暖簾分けの様子を思わせる。
他にない圧倒的な味と存在感で異彩を放った初代に対して、そこから暖簾分けした2は、少々マイルドで食べやすくなった反面、アクの強さみたいなものが若干薄れてしまった。
そしてさらにそこからの分家である3は、インパクトが本家に及ぶべくもないことを承知してか、もう盛りの良さばかりをアピールしているような調子に。
14092903.jpg
相変わらず一定の楽しさはあるのだけれど、遊んでいて過去作ほど心昂ぶることがないのは、この味だけを漠然と受け継いだ分家臭と共に、やはり舞台の魅力の差も大きい。
モールやカジノは日常と離れた心躍る場所。対して今回の舞台となったロス・ペルディドスは、ぶっちゃけて言えばなんの変哲もない街だ。
初代『デッドライジング』のショッピングモールは、例えゾンビなんかいなくったって、そこを彷徨ってるだけでウキウキするハレの空間だ。
そのただでさえステキなショッピングモールの中で、やりたい放題狼藉の限りを尽くせる楽しさに替わるものが『Dead Rising 3』には見当たらない。
薄暗い街明かりの下でショーウィンドウを叩き割っても、それは単なる騒乱に紛れた暴徒でしかないし、歩くだけでワクワクするモールのフロアに対して、3の大通りやハイウェイは、これまたゾンビをかき分けて進むだけのただの通り道だ。
14092905.jpg
そのコクの足りなさを端的に表しているのが主役の変遷かもしれない。
開始早々ヘリの上からゾンビに食われる人々を目にして、「エクセレント!」などととんでもないことを口走りながら、その様子を嬉々としてカメラに収めていたキャラ立ちまくりの男、フランク・ウェストさんに対して、3の主人公ニック・ラモスは、プレッピーなファッションが板についてしまう無個性な男。
フランクさんの場合は、どんな格好をしようが、パンツ一丁で特殊部隊と素手で渡りあおうが、まったく違和感がなかったが、ニックの場合は奇矯な格好をすればするほど、動画サイトなどで無理に奇行に走って目立とうとする普通の人のような、板についてなさがありありと浮き彫りになる。
ましてやそれが特殊部隊や、あのアクの強いサイコ連中と釣り合うはずもない。誰だ、こんな華のないヤローを主役にブッキングした奴は!?
14092906.jpg
さらにカジュアルさを増した難易度に、まるで無双系ゲームかのような錯覚を覚えたりしながら、オレはゾンビのひしめくロス・ペルディドスを、ムダに行ったり来たりする。
度を越した歩行者天国のように群がるゾンビを押しのけかき分け、そこそこ楽しみながらも心の底では「この物量やシームレスマップをショッピングモールで体験したかったなぁ」なんて身も蓋もないことを思いつつ。
そして『Dead Rising 3』。ことストーリーに関しては、あの「ターミネーター3」のように、「この後、どう話を引き継げと!?」なんて具合でシリーズの今後に宿痾として残りそうな気がするぞ。



この記事に含まれるtag : ゾンビ オープンワールド 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2169.html

2014/09/29 | Comment (3) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【ハッピージョギング in ハワイ】バーチャルオアフを走れ

   ↑  2014/09/27 (土)  カテゴリー: PS1
14092705.jpg
朝、新聞をとりに表に出てみると、ラブラドールレトリバーを連れてジョギングに励む近所のおやじにまたかち合った。
「おはようございます」「あ、おはようございます」。
そんな当たり障りのない挨拶のあと、朝の密かな運動で気分が高揚していたオレは、つい余計な一言を付け加えてしまう。
「いやあ、朝から走ると気持ちいいですねえ、お互い」「……お互い?」
まだ寝間着のまんまで顔も洗ってない、どう考えてもジョギングに出た風体ではないオレを見たおやじは、訝しそうな表情だ。
「いやね、ボクもたった今、オアフのビーチを軽く走ってきたとこなんすよ。近所を走り回っても、ちっとも気分が乗らないっすからねえ。朝のワイキキビーチはホント最高ですよ。隣から塩ジャケ焼く匂いが漂ってきたりしてねえ、いやー、あっはっはっはっは」
困ったような顔を浮かべて、犬に引っ張られるように去ってゆくおやじを見送りながら、オレはいつまでも朝ハワイジョギングの余韻に浸り続けるのだった。
14092707.jpg
デカい、重い、すぐ壊れる。おまけに他のゲームにまったく流用できない。
初代プレイステーション史上もっとも潰しの利かない周辺機器、ステッパーコントローラ。
生みの親であるトワイライトエクスプレスは、せめてもの罪滅ぼしとばかりに数点の専用タイトルをリリースしたが、『ハッピージョギング in ハワイ』はその中の一つ。
『ハッピーダイエット』に収録されていたバーチャルジョギングモードを、さらに膨らました内容で、『ハッピーダイエット』のジョギングは、ランドマークがアバウトに再現された雰囲気だけの世界名所が舞台だったが、本作ではそれが綿密に再現されたハワイはオアフ島ホノルルのメインストリートへとグレードアップ。
14092702.jpg
バーチャルなハワイを走るというのも、考えてみれば『Test Drive Unlimited』をはるかに先取りしたコンセプトかもしれない。
そして細部の景色は割とアバウトだった『TDU』と違って、ステージをホノルル通り周辺に集約した『ハッピージョギング in ハワイ』は、建物の一つ一つに至るまで実に細かい再現度。
ワイキキのデューク・カハナモク・ビーチから眺めるホテル群に、ステーキハウスKOBEなどの実在店舗まで。
このロケーションの中で、家の中でも日当たりの良い場所でハワイアンミュージックなんかをポータブルオーディオで聴きながら走れば、そこはもう完璧にハワイのはずである。
こちらのハワイ気分を邪魔するものは、家人のかける掃除機の音と、ステッパーコントローラの奏でる「ごとっ、ごとっ」という無粋なノイズくらいのものだろう。
14092703.jpg
さらにトワイライトエクスプレスは、このステッパーコントローラをPC向けにも移植。
『バーチャルフィットネスクラブ ネットワークステッパー』がと題されたこのソフト。なんとオンライン対応で、ネットを通じて他のプレイヤーと一緒にハワイやパリを走ることができる、これまた『TDU』を先取りしたような画期的な内容であったが、肝心の売れ行きがさっぱりで、他人とランデブージョギングどころの話ではまったくなかったようである。
PS用のステッパーコントローラ対応ソフトは、この『ハッピージョギング in ハワイ』の他に、『飛んで! 飛んで! ダイエット』と『運動不足解消! パンチDEダイエット』の二本。
どちらも内容は、タイトルから推して知るべしだ。



この記事に含まれるtag : フィットネス 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2168.html

2014/09/27 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【ハッピーダイエット】初代プレステのフィットネスゲーム

   ↑  2014/09/26 (金)  カテゴリー: PS1
14092606.jpg
やけに所帯じみた和風アパートを舞台に、キャラクターとのコミュニケーションに明け暮れるのは、『どこでもいっしょ』が一世を風靡して、若い女性層にも大きく浸透したフォーマット。
しかし井上トロやジュンみたいな"ウザさの一歩手前ギリギリで踏みとどまっている"キャラクターデザインは、さじ加減がなんとも難しく、案の定『どこいつ』の柳の下を狙った模倣品は、この部分でことごとくつまづくのが常であった。
色々とアレなネタを提供してくれたメーカー、トワイライトエクスプレスが送り出したダイエット支援ゲーム『ハッピーダイエット』のメインキャラクターの名は"まる"。
14092601.jpg
風呂なしトイレ共同と思しき八畳のボロアパート。万年床に踏み台代わりのビールケース。床に直置きされたプレイステーションと、その貧乏臭い……、あ、いや、質素な暮らしの様子は『どこでもいっしょ』と同じだが、その"まる"の願いが「人間になりたいにゃー」とか「アイドルを目指してるの」なんて鼻で笑って聞き流せるものではなく、「*日までにオレを**キロ痩せさせろ」などと、やたらと具体的であるから、トロやジュンと同じような付き合い方とは自然と行かなくなる。
なんで見ず知らずのお前の世話を、そこまでオレが焼かなきゃならないんだ。
14092603.jpg
ダイエットの基本は規則正しい生活。
"まる"と過ごすモードも、一日のスケジュールを一時間刻みで設定する繰り返しとなるのだか、事実上のひきこもり生活を続けるこいつに対して与えられる指示は、食事、運動、睡眠の三種類だけ。
この食事設定の項目。自炊献立が主食、おかず、汁物、一品料理などに分かれて事細かくメニューを編成できるのはもちろんのこと、外食や弁当などの場合にも、ロッテリアや京樽、スリーエフにオリジン弁当など実在チェーン店を設定できるほどの凝りよう。
痩せるためには、まず栄養バランスのとれた自炊献立を規則正しくきちんととるというのは、頭の中で承知しているのだが、ぶっちゃけ主食から汁物、一品料理の類まで、いちいち三度三度メニューを考えて入力するのは、インターフェースの至らなさもあって相当に面倒臭い。
14092602.jpg
そうなると自然と食事ーは、外食や弁当、レトルト食品(ここでもボンカレーやククレカレーなど、細かい分岐が)など、入力の手間が少ないメニューに偏ってしまうもので、朝はインスタント、昼はケンタッキー、夜はコンビニ弁当と、うちの"まる"、いつしかダイエットどころか糖尿病患者予備群にまっしぐら状態。
これまた項目を細かく入力する必要のある運動も、やはり次第に設定がおっくうになってしまい、結局スケジュールは設定が一番ラクな睡眠ばかりに比重がよってしまうのであった。
"まる"は基本的に怠惰な性格だから、ほったらかしておけばすぐごろ寝したりプレステにうつつを抜かすばかり。
そして頼みの綱であるはずのオレの指示も、ファーストフードを貪り食っては寝るの繰り返し。気づけば"まる"の生活は、もう目も当てられない状態に。
14092604.jpg
本来ならこの"まる"と過ごすモードは、"まる"に指示を与えるを建前に自分の食事メニューや生活スケジュールを自分でプランニングし、"まる"と一緒にダイエットを頑張ってゆくのがメインコンセプト。
そう、"まる"は鏡に写るもう一人の自分の姿。
そして我が家では、万年床でごろごろする"まる"が映るテレビを前に、これまた寝っ転がってポテチを貪り食いながら、「てめ、ちょっとは自発的に運動しろよ、バカ」と悪態をつく自分という、これ以上はないくらい救いのない光景が広がっているのであった。
14092605.jpg
デカい、重い、すぐ壊れるの三拍子で、プレイステーションでもっとも潰しの利かない周辺機器であるステッパーコントローラは、この『ハッピーダイエット』の専用ガジェット。
要はプレステに接続できる室内足踏み機なのだが、これを使用するのが"まる"と一緒にマラソンに励む"いっしょにダイエット"モード。
ステッパーコントローラの上で足踏みを続ければ、自動車教習所用シミュレータ風情(トワイライトエクスプレスは、案の定『免許をとろう』という自動車免許取得支援ソフトも出している)の主観視点映像が流れるバーチャルマラソンで、走った距離に応じて舞台がどんどん世界各地に広がってゆくのがウリなのだが、見た目以上に脚に負荷がかかるステッパーコントローラに、おのれの怠惰な性格も相まって、これまたいつも近所の景色止まりで終わってしまうのであった。



この記事に含まれるtag : フィットネス 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2167.html

2014/09/26 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Xbox Fitness】Xbox Oneは健康器具

   ↑  2014/09/23 (火)  カテゴリー: XBOX ONE
14092306.jpg
ハーイ、ジリアン・マイケルズよ。美と健康のためなら命だって惜しくないわ。
ゲームにうつつを抜かす…、あ、いえ、ゲームに情熱を燃やすハードコアゲーマーには、若い頃から運動を疎かにしている人が多そうだけど、今のうちから体をしっかり動かしてないと、年をとったときに寝たきり確定よ。
あなたたちが老人になる頃は、おそらく今の100倍くらい高齢者が疎まれる社会になってるでしょうから、そんな時代に介護の手をさらに煩わせて、若者たちから余計に厄介がられるのはぞっとしない話でしょ?
ただでさえ乏しい筋力、使わなければあっという間に老化。そうなったら目も当てられない。 だから来る老後に備えて、今から『Xbox Fitness』でみっちり鍛えておきましょう。
これはみんなをコントローラー抱えた寝たきりゲーマーにさせないための、マイクロソフトの余計なおせっかいなの。ありがたく享受しましょうね。
14092303.jpg
まずはストアから『Xbox Fitness」をダウンロードしましょう。基本は無料だから安心して落としてね。どうせあなたたち、タダなら何でもありがたがるんでしょ?
運動できるスペースを確保したらKinectセンサーの前に立ってアプリを起動。この時、Warning画面で固まっちゃうケースもよくあるみたいだけど、それはセンサーがあなたを識別できていないからなの。 そんな場合はKinectの前で微妙に立ち位置を変えたりしてみてね。カメラホール横の白いランプが無事点灯したら、ソフトも問題なく立ち上がるはずよ。
マッスルマッピングや心拍数計を駆使する『Xbox Fitness』のKinect動作は結構デリケートなの。
14092302.jpg
アプリが無事にスタートしたら、まずはパーソナルデータを入力してから、ライブラリー画面でワークアウトプログラムを選びましょう。
どう? たくさんあって目移りしちゃうでしょ? この豊富でバラエティあるプログラム群が、『Xbox Fitness』のウリの一つなの。
まずはジリアン・マイケルズのプログラムを選択して……、って言いたいところだけど、実は私やトレーシー・アンダーソンのワークアウトメニューは、DVDなんかで発売されている既存のメソッドを『Xbox Fitness』にコンバートしたもので、元々Kinectを前提に作られていないの。
これらは有料な上に、とんでもなくアクティブな動きを要求されるので、テレビ前によっぽど広いスペースをとれて、なおかつご近所との騒音トラブルにも耐えられるタフな人じゃないと、ちょっとオススメできないわ。
私の豪邸を基準にプログラムを作っちゃって、ホントごめんなさいね。
14092301.jpg
まずオススメしたいのはMOSSAのボディトレーニング。
キックパンチのファイトワークアウトに筋トレ系のパワーワークアウト、さらにはカーディオに腹筋主体とひと通りのプログラムが揃っていて、今のところすべて無料。
しかもこれは『Xbox Fitness』に向けて作られたワークアウトだから、それなりのスペースさえあれば問題なくこなせるようにできているわ。
もちろん慣れてきたら、ジリアンのメソッドをストアで購入して、私に貢いでくれることを忘れないでね。約束よ。
14092305.jpg
『Xbox Fitness』の一番のセールスポイントは、画面右上に表示されるマッスルマッピング。体の一部が白く表示されて、今の運動で体のどの部分に負荷がかかっているかが一目瞭然なの。
成果がリアルタイムで確認できるのは、ジムでのワークではなかなか得ることのできない『Xbox Fitness』ならではの機能。モチベーションにも即座に繋がるわよね。
そして『Xbox Fitness』がジムワークよりも優れている部分は他にもたくさん。
その中でも大きいのは、やっぱり人目を気にする必要がないってことかしら。どんなウェアを着て運動しようが、ここではまったく自由よ。
なんだったらフルチンだって構わないわ。私の前にその粗末なイチモツを晒す勇気があるならね。
それとも、もうとっくに新しい性癖に目覚めちゃったかしら? ……追加のオプション料金とるわよ!
14092304.jpg
ドリルが終わったら、ロッカールームを経由することなく自宅の風呂場に直行して、すぐに汗を流せるのも『Xbox Fitness』のいいところ。
運動後にいきなりビールやドーナツを腹に収めようが、釘を差してくる無粋なインストラクターもいやしない。
え、私? 私がそんな野暮を言うわけないじゃない。だってあなたたちが肥えれば肥えるほど、私がおカネを稼ぐチャンスが生まれるんだもん。
フィットネスソフトは過去にも任天堂やUBIなどから色々と出ていたけど、ゲーム会社に濾過されたそれらと違って、『Xbox Fitness』はアメリカンフィットネス番組のアッパーなテンションを、そのまま直輸入しているのもステキなところよね。
私が「Hoo!」と言ったら、あなたも恥ずかしがらずに「Hoo!」。大丈夫、ここは自宅よ。周りを気にする必要はないわ。
継続は力よ。毎日の『Xbox Fitness』で新しい自分を手に入れましょう。さあ、レッツ・ワークアウト!



この記事に含まれるtag : Kinect フィットネス 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2166.html

2014/09/23 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【プロ麻雀「兵」シリーズ 女流雀士に挑戦 BPV】

   ↑  2014/09/22 (月)  カテゴリー: PS1
14092205.jpg
競技団体が乱立してそれぞれ好き勝手アバウトに活動している麻雀は、囲碁や将棋以上に看板娘を作りやすい競技です。
もっともその作りやすさが災いしてか、看板娘ならぬ看板ギャルがあちらにもこちらにも増殖しすぎてしまい、特にプロ麻雀連盟あたりの女流プロ一覧は、キャバクラの出勤パネルと区別がつかないような有様となってしまっています。
狭い関門を潜り抜けてくる将棋や囲碁の女流プロと、雀荘のメンバーなんかを経由して割とアバウトになれてしまう麻雀の女流プロを、一緒くたにしてはいけないんでしょうけど、まぁ華やいでいいじゃんと言われれば、それもそうかという気にもなってきますけどね。
14092203.jpg
最近では女性プロ同士の対局ものDVDは、レンタル店などの密かな人気タイトルとなっていますが、それに対してありそうで案外見当たらないのが、女性プロばかりで構成された麻雀ゲームです。
その数少ない女流雀士ものが、この『プロ麻雀「兵」シリーズの女流雀士に挑戦』。
登場するのは、この当時若手から中堅であった6名の女性プロ。ああ、しかし、このプロ麻雀「兵」シリーズを手がけるのは、あのカルチャーブレーン。彼女たちもとんでもないところに引っかかってしまったものです。
14092201.jpg
この女流雀士に挑戦は、まず1999年にハイグレシリーズと銘打ってプレイステーション版が、のっけから1980円の廉価で登場。その直後、何をトチ狂ったのか、ゲームボーイカラー版が発売され、そしてその2年後に、今度はBPV(ベストプライスバージョン)と名付けられた、廉価ソフトのさらなる廉価版(今度は1380円)がリリースされるなど、激安街道を最初から歩まされてきたソフト。
値段も激安ならば、中身も激安。なんの変哲もない4人打ち麻雀に、彼女たちの顔グラフィックとボイスを形だけ添えたものです。
唯一のチャームポイントと言えば、「彼氏に財布から三万円抜かれてるわ……」、「やだ、このコピー商品販売で摘発されてる店、私がこの前バーキンを買ったとこじゃない」なんて大喜利キャプションをつけたくなるような、彼女たちの味わい深い"振り込んだときの落ち込み顔"くらい。
14092204.jpg
安いのは中身だけではない。そのパッケージアートも相当なもの。
それでも最初に出されたハイグレシリーズ版は、クリーム色一色の背景でなんとかパッと見は普通のものになっていますが(それでも相当やっつけなデザインだけどさ)、後のBPV版では、よせばいいのに彼女たちの背景に、フリー素材と思しき適当な花の写真を挿入してしまいました。
この余りにも酷いデザインに彼女たちの風貌も相まって、これから麻雀の対局に挑むと言うよりは、まるで大塚や新大久保あたりの熟女店で、「ただいま出勤しているのは、こちらの女性たちになります」などと、パネルを見せられているような気分になってくること請け合いでしょう。



この記事に含まれるtag : 麻雀 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2165.html

2014/09/22 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |