ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

このページの記事目次 ( ← 2014-05- → )

total 4 pages  次のページ →  

【カメオ: エレメンツ・オブ・パワー】世代交代を告げたエルフ

   ↑  2014/05/31 (土)  カテゴリー: XBOX 360
14053106.jpg
ビジュアル表現力の進歩に対する驚きや感嘆の声が、意外なほど少ない最新世代機と比べると、ハイデフ宣言を高らかに唱えながら登場してきたXBOX 360は、かなり恵まれていた。
それはブラウン管から液晶へ、アナログ接続からデジタル接続への、テレビの世代交代と上手く歩調を合わせることができたから。
そして紆余曲折の末、このゲームを360の門出にドロップしたレア社の存在があったからだ。
彩り豊かな草花に輝く木々の梢。D端子ケーブルで接続された大画面液晶テレビに映しだされたエルフの国の情景に息を呑み、マイクロソフトのハイデフ宣言がハッタリではないことを知らしめた、XBOX 360最初期のイノベーションタイトル、『カメオ エレメンツ・オブ・パワー』。
14053102.jpg
バンジョー&カズーイ、コンカーに続くレア社の新しいアクションゲームアイコンの名はカメオ。
見た目年齢はお嬢ちゃんだが、朴璐美のキャラクターボイスは見た目よりもうちょっと大人びたイメージ。
日本語版のミスキャストかと思いきや、オリジナル版の声質も似たような感じだから、これは見た目よりも結構年を食ってるって解釈で間違いないだろう。エルフは年齢不詳なとこがあるしな。
生身のカメオはサマーソルトキックというトリッキーな技をするが、実質的にはゲーム中のほとんどを、生身以外のエレメンタルモンスター姿で過ごすことになるだろう。
それぞれに特性を持つこの召喚獣たち。どいつもこいつも、もし『ドラゴンクエスト』に出ていたら、勇者一行に経験値の糧として殺戮の憂き目にあってそうなルックスだが、そんな悪党面の魔物姿に、見た目少女が身をやつしているアンバランスさには、ちょっとドキマギするものがあるではないか。
14053103.jpg
そのエレメンタルモンスターたちの特殊能力を、あれこれやりくりして進むアドベンチャーアトラクションは、いかにもレア社らしいソツのない造り。
カメオのキャラクター設定もそうだけど、そんな秀才優等生的なたたずまいが、このゲームから今ひとつけれんやアクの足りなさを感じさせる一因にもなっているんだけど、本来ならゲーム機世代交代の過渡期という、中途半端なソフトが並ぶ時期に、これだけ次世代機の力を実感させてくれたのだから、ソツのないところがちょっと物足りないなんて言ったら罰が当たりそうである。
14053104.jpg
鮮やかに息づく緑。大画面テレビを埋め尽くすオークの大軍勢。『カメオ』の光り輝くようなビジュアルは、コントローラを握りしめながら思わず「もう初代XBOXに後戻りはできない」と、旧世代への未練を断ち切らせてくれた。
XBOX ONEが登場して既に半年あまりが経過し、日本国内での発売もあと3ヶ月ほどに迫ったけど、今のところ世代交代を強烈に印象づけるようなゲームは、まだ登場していないような気がする。
XBOX ONEにとっての『カメオ』となるようなゲームは、果たして何になるのだろうか。
それが登場するまで、まだこのハイデフ時代の先駆けとなったエルフの若作り王女さまの強烈なインパクトは、当分色褪せそうもない。



(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2102.html

2014/05/31 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【ダークテイルズ】Dark Tales From The Lost Soul

   ↑  2014/05/29 (木)  カテゴリー: PS1
14052906.jpg
わずかな灯りに照らされた薄暗い会場に集うのは、曰くありげな数人の男女たち。
彼らをもてなすホストは、内藤陳に似た"テラー"と名乗る痩せこけた男。
芝居っけたっぷりのリアクションでステージに立つ彼の口から紹介されるのは、数編の不思議なホラーストーリー。
もったいぶって意味ありげな案内役によって綴られる怪異譚のオムニバスは、タモリの「世にも奇妙な物語」、さらに遡れば「ヒッチコック劇場」や「ロアルド・ダール劇場」など、テレビドラマの世界では古くからお馴染みの形式だが、初代プレイステーションの膨大なソフト群の隅でひっそりと忘れ去られた『ダークテイルズ』がとったフォーマットもそれ。
14052901.jpg
語られるのは三つのストーリー。
シリアルキラーを追って廃遊園地に迷い込んだ老刑事。不思議なワープロに翻弄される〆切に追われた作家。ハネムーン先で謎のパトカーに付け狙われる新婚カップル。
だが、その物語を司るゲーム形式は、テキストアドベンチャーでもアクションアドベンチャーでもない。
とことん背景を省略したポリゴンの下、時々思い出したように差し挟まれるQTEパートを唯一のプレイヤーとの繋がりとして、あとは勝手にオートマチックで進行する物語。
このゲームが出る数年前に流行していたインタラクティブムービーに似ているところもあるが、その質感は微妙に違う。
14052904.jpg
主となるのは声優のモノローグ芝居。大塚周夫ら役者たちの独演劇は、まるでいにしえのラジオドラマを彷彿とさせるものがある。
そしてゲームでは本来メインディッシュとなるはずのビジュアルは、あくまでもそのラジオドラマ風独演劇の"動く挿絵"程度の役割に留まっているのだ。
さらにQTEや作家シナリオで挑むことになるUFOキャッチャーやプッシャーのミニゲームに至っては、このソフトがプレイステーション用としてドロップされたことに対する、最低限の体裁造りでしかない。
14052902.jpg
ゲームの皮を被ったビジュアル付きオーディオドラマ『ダークテイルズ』。
テキスト部分がボイスドラマに置き換わった、サウンドノベルの亜種みたいなアプローチは、ちょっと独特の味わいがあるのだけれど、肝心のドラマがいずれもありきたりの展開で、リスナーをぐいぐい引っ張る牽引力が欠如しているのが致命的。
案内人テラー役を務める廣濱武司は、同時期にテレビ朝日で放映されていた一話完結のホラードラマシアター「飯田譲治Presents 幻想ミッドナイト」でも、やはり同様の役を務めていて、ホラードラマの案内人がやたらに板についた人である。



この記事に含まれるtag : ホラー 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2101.html

2014/05/29 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【ときめきメモリアル】20年後の彼女たち

   ↑  2014/05/27 (火)  カテゴリー: PCエンジン
14052711.jpg
なんでも今日はPCエンジン版『ときめきメモリアル』が発売されてから、ちょうど20周年にあたる日らしいですが、楽しい高校生活を共に過ごした彼女たちも、今や揃って30代後半のアラフォーと考えると、なかなか感慨深いものがあります。
みんなそれぞれにどこかで幸せに暮らしていてくれれば、それに越したことはないんですが、例え同じ高校の同学年といえども、その後の人生に大きな格差が生まれてしまうのは世の常。そしてそれを分ける分水嶺は、あんがいと高校時代あたりだったりします。
彼女たちも高校のうちに将来の姿がなんとなく覗えてしまったりするもので、当時のうちから未来の幸福が約束されちゃってる人やら、見るからに危なっかしい人やら。
そんなワケで20年経った現在の彼女たちの近況を、勝手に推測してみました。幸福→不幸の順番でのカウントダウンです。
14052710.jpg
1.早乙女優美
その後の人生が一番危なげなさそうなのは、やっぱりこの人でしょう。子供を5人くらいひり出して、つつがない人生を送っていそうです。兄との関係も未だに良好。

2.古式ゆかり
世間というのは、こういう人が得をして生きられるようにできているもんです。若い高級官僚の玉の輿に乗って、ハイソな生活をナチュラルに営んでいそうですね。

3.館林見晴
横文字職業の男と一緒になって都内一等地の高層マンション暮らし。さりげない「ちょっと幸せな私」アピールでフェイスブックを埋め尽くす毎日。
14052707.jpg
4.朝日奈夕子
ほどほど見栄えのいい旦那を捕まえて一児をもうける。その娘はもう女子高生。一緒に街に出かけて「姉妹みたい」とお世辞を言われるのが生き甲斐。

5.虹野沙希
生真面目で誠実な男性と結婚し二児の母。ママ友仲間との付き合いも活発だが、最近その中の一人からマルチの勧誘をされて幸せな生活にかすかな黄信号。

6.清川望
体育大学からスポーツジムインストラクターの定番パターン。いまだに未婚だが適度にモテている。そろそろ身を固める気配も。

7.紐緒結奈
世界征服がどうのこうのというモラトリアム期を終えて渡米。現在ヒューレット・パッカードに勤務。彼氏はバリバリのネオリベラリスト。

8.鏡魅羅
ごくごく普通の主婦。

9.如月未緒
自称プロプロガーにして重度のツイッター中毒者。「選挙で自民が大勝したら、ハチ公前で全裸逆立ちして鼻からカルボナーラ食ってやる」というツイートで物議を醸す。ちなみに実行はしませんでした。
14052709.jpg
10.片桐彩子
社会的に潰しがまったく利かず、今ではコンビニバイトに従事。

11.美樹原愛
既婚だが旦那は絶賛浮気中。発言小町やヤフーのニュースコメントで、他人の揚げ足を取ったり中韓disの投稿を送って憂さを晴らす毎日。
14052706.jpg
12.藤崎詩織
プロムクイーンとしてなまじ持て囃された過去と従来のプライドの高さが祟って行かず後家。その現状を受け入れられずに、さらに煮ても焼いても喰えない物件化。紆余曲折の末、近々センター●レッジの「初撮り三十路ドキュメント」シリーズでデビュー予定。

具体的な近況はともかくとして、幸福度ランキングはかなり的を得ていると我ながら思います。
もっとも、きらめき高校出身者で一番不幸なのは、あれだけモテモテだった高校生活にもかかわらず、その後は結局うだつの上がらないまま歳を重ねてしまった、全国に無数に散らばる主人公のなれの果てであることだけは間違いないんですけどね。



この記事に含まれるtag : ギャルゲー 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2100.html

2014/05/27 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【World of Tanks: Xbox 360 Edition】M3リー中戦車

   ↑  2014/05/25 (日)  カテゴリー: XBOX 360
私はガンダムにはそれほど詳しくないので、ツッコまれると色々とアレなんですけど、マゼラアタックって戦車ありますよね?
あれを最初に見た時の第一印象は、「これは戦車として根本的に何かが間違っているんじゃないか?」だったんですけど、ねえ、だってわざわざ砲塔部分をあんな高い位置に上げてるのって(しかも砲塔と車体の結合部分が見るからに華奢そう)、遮蔽物からケツをぴょこんと出して、「よう、ここ撃って撃って。なんなら掘って」ってアピールしてるようなもんじゃないすか。
それに比べ連邦の戦車の強そうなこと。『World of Tanks』の基準で言ったら、もし双方の戦車がピンで相対したら、ボコボコにされるのはマゼラアタックの方で間違いないですよね、普通。
14052502.jpg
私が今『WoT』でもっとも乗り回している戦車も、そんな「戦車として根本的に何かが間違っている」マゼラアタック的なブツだったりします。
親亀の背中に子亀を載せてとばかりに、75ミリ砲の上に35ミリの旋回砲塔を載せて、まるで具を増やしすぎたハンバーガーみたいに自分からわざわざ車高を高くしては、ばっかんばっかん狙い撃たれまくってる愉快な戦車、アメリカ軍のM3リー。
おせちの御重じゃないんだから、重ねればいいってもんじゃねえだろとツッコミも入れたくなりますが、まあ過渡期の中戦車なんで色々と事情や試行錯誤があったんでしょう。
主武器の75ミリ砲が旋回しないもんだから、砲撃時には車体の方をいちいち回さなければならないなど、何かと手間のかかる戦車ではありますが、見かけの割にさくさく動いて取り回しやすい意外な長所もあります。
14052501.jpg
さらにXBOX 360版『World of Tanks』の難関実績である"トップガン"(ワンマッチ中に6両以上の戦車を撃破して味方のトップに立つ)を、このM3で解除できたとあっては、なおさらこの戦車に肩入れせずにはいられません。
あれはまさに奇跡のような一日でした。履帯がやられて身動き取れなくなった軽戦車。後方から追い立てられた自走砲。あちこちから撃たれまくってもうひと押しで壊れそうな重戦車。そんな美味しい獲物が次から次へと私とM3の前に吸い寄せられるように出現するのです。
75ミリ砲の轟音と私の「ごっつぁんです!」の声がハーモニーを奏でる中、立て続けに撃ち砕かれる敵戦車たち。
あの時の私はいつもの「出るとすぐ戦車壊され野郎」ではありません。小林源文が劇画に描くのに相応しい「死神トップガン」でした。映画化に際しては、俳優はリー・マーヴィン、吹き替えは小林清志さんのキャスティングでぜひお願いします!
14052504.jpg
そして私がこの何かとハンパでへんちくりんな中戦車に入れ込む一番の理由、それは名前。
クリストファー・リーとかリー・ガクスーとか、人がリーで思い浮かべる名前は様々でしょうが、私のような古株のロッテファンにとっては、それはもう川崎時代を支えたロッテ球団史上最強の助っ人、レロン・リーに他なりません。
そうなると釈然としないのは、以降のアメリカ軍戦車のネーミングです。
シャーマンとかパーシングってのも、確かに悪くはないですが、そこはやはりディアズとかボーリックと続くべきだったんではないでしょうか。
重戦車マドロックなんて、いかにも見掛け倒しの香りがぷんぷんしますし、自走砲インカビリアとか、一発撃ったら次弾の装填まで10分くらいかかりそうです。
あ、それとロッテ外国人で思い出しましたが、敵の自走砲を3両以上撃破すると獲得できる実績が"パスクチ"という名前になってるのは、いったい何故なんですかね?



この記事に含まれるtag : TPS 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2099.html

2014/05/25 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Scourge: Outbreak】さいなん: かいせん

   ↑  2014/05/23 (金)  カテゴリー: XBOX 360
14052307.jpg
飛び交う銃弾。入り乱れる情報。錯綜する両軍。最前線は常に混沌と背中合わせだ。
ゲームによくあるオペレーター的な存在は、そんなシチュエーションを整理してプレイヤーに的確な指示を与え誘導し物語を収束する頼りになる連中。
『HALO』シリーズのコルタナ、『Gears of War』シリーズのアーニャ、『メタルギアソリッド』の大佐。放っておけばふらふらと無意味に歩きまわり、そして何をすればいいのか判らなくなって途方に暮れる、まるで幼稚園児なみのプレイヤーどもが、彼女たちの存在によってどれだけ救われ、そして無事にエンディングを迎えたことだろうか。
14052305.jpg
しかしそんな未知の地でのカーナビに等しいオペレーター自身が、錯誤しまくって四六時中ワケの分からないことばかり口走るようになったら果たしてどうなるか。
「諸君の位置上の駒を進めている部隊がいるぞ」「ノガリの未加工のアンブロシアは君たちが慣れてるものよりずっと濃厚だ」「踏ん張んだ!(ママ)」「さいなん遺伝子」「後ろだ、こだま、無様な模様」「足らんじっと設備(ママ)」「早くお逃げになってください!」
意味不明なだけにとどまらず、命令口調や敬語やフランクな口調が10秒おきに切り替わり、オレ、私、お前、君と、あらゆる名詞がフリーダムに行き交う。
まるでマジックマッシュをキメてる最中かのようにアナーキーなアドバイスの数々に、前線のオレは物陰に身を潜めながら、ただ頭を抱えるばかりだ。
14052302.jpg
"山湖秘伝隊に雇われたエリート傭兵こだま分隊"などという肩書きに、一抹の不安を覚えながら戦場に出てみればこの始末。
気づけばその"こだま分隊"の仲間たちにもブロークンジャパニーズは伝染し、通信と現場とで妙ちきりんな日本語の板挟みにされて、もうこっちは銃撃戦どころではない。
ああ、こんなハンパに意味の通じる言葉ではなく、いっそハナモゲラ語にでも終始してくれたら、オレもこいつらとコミュニケーションをとることを潔く諦めて、目の前の敵に専念できるのに!
14052304.jpg
この『Scourge: Outbreak』またの名を『さいなん: かいせん』が、どうしてこんな珍字幕のオンパレードになってしまったのかは、こちらに興味ぶかい考察記事<なぜ『さいなん:かいせん』という災難が起きるのか――自分が知らない言語にローカライズするときに起きやすい問題>があるが、まあオレもなんとなくその事情は伺えるような気もするし、それに必要もないのにわざわざ骨折って日本語化してくれた、その労は一応ねぎらいたい。
しかし武装ヘリに追い回されるシーンで、対処法がわからずに困り切っていたところに、「手榴弾を持ってるなら使用することを深くお勧めする」などと、慇懃無礼この上ないアドバイスを貰ったときは二重の意味でキレてしまった。
嫌味ったらしいのはまだいいとして、あの空をぶんぶん飛び回ってる奴に手榴弾を直接ぶつけろってのか、おい!
14052301.jpg
『Gears of War』や『Dead Space』、そして『ロストプラネット』あたりから適当な部品を拾ってきてでっち上げた模造品。
『Scourge: Outbreak』は、そんなオリジナリティのカケラもない冴えないサードパーソンシューターなのだが、その中で唯一のパーソナリティとして唯一無二の光を放っているのが、この製作者側も意図していない珍翻訳だけなのは、なんとも皮肉な話である。
ブロークンジャパニーズの山の押し潰されそうになりながらも、なんとかラストまで辿り着いてみれば、そこで待っているのは衝撃の"トゥー・ビー・コンティニュード(次回に続く)"エンディング。
ローカライズ云々以前の問題として、配信系ゲームで準AA規模のシューターを出すために分割しての連作という形式をとり、そして一作目で力尽きるっていうパターンはいい加減やめようぜ!

この記事に含まれるtag : TPS XBLA 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2098.html

2014/05/23 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |