ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

このページの記事目次 ( ← 2014-01- → )

total 5 pages  次のページ →  

【SIMPLE2000シリーズ Vol.50 THE 大美人】

   ↑  2014/01/31 (金)  カテゴリー: PS2
14013101.jpg
「ウルトラマン」の巨大フジ隊員に始まり、アニメの「UG☆アルティメットガール」や、アダルトビデオではSODの「全裸巨大少女」など、日本でも海外に負けじと数多くのGTS作品が登場してきた。
ゲームの世界での巨大女というと、真っ先に思い起こされるのは、『パロディウスだ!』の中ボス、ちちびんたリカ(素晴らしいネーミングですね!)だが、ゲームの一パート出演に留まらない、頭から尻尾までGTSをテーマにしたゲームを作ろうなんてところは、D3パブリッシャーをおいて他にはあるまい。
2004年から2007年頃にかけては、Simpleシリーズが一番悪ノリしていた時期で、それこそ飲み屋の席で盛り上がったバカ話がそのまま企画になったようなゲームが次々と飛び出していたが、そんなネタ企画に決まって引っぱり出されるのは、D3パブリッシャー専属の企画女優、双葉理保さんだ。
14013104.jpg
謎の生物に刺された双葉理保が突如として巨大化。ただ救いだったのは、彼女のトレードマークである水色のビキニも、彼女に合わせてちゃんと巨大化してくれたことだ。
日本中を相手の全裸露出プレイを免れた双葉さんに、巨大双葉理保対策班員としてアプローチをかけるのは、もちろんプレイヤー。
その最初の任務となるのが、観測機器搭載ヘリコプターで双葉理保に接近すること。
ここで一般に不評の対象となるのは、ヘリコプターの劣悪な操作性だったりするのだが、私はそれ以前の問題として、「そもそも巨大女を上から見下ろしても面白くもなんともねえだろう!」と、そのフェティシズムに対する配慮の至らなさを問題としたい。
14013103.jpg
「フェティシズムに目をつけてゲーム化したりはするが、その実、フェティシズムそのものの追求が全く為されていない」悪癖は、実はSimpleシリーズではお馴染みだったりする。
キャットファイトがテーマなのにキャラクターのコスチュームが全く着崩れない『THE キャットファイト』。せっかく登場する大量の虫を主人公が何の感慨もなくがしがし踏み潰してしまう『THE 大量地獄』。
そんな上っ面だけなぞった、フェチ作品として捉えれば極めて安易なゲームの数々。
そしてこの『THE 大美人』は、Simple"なんちゃってフェティシズム"シリーズのパイオニアにあたる、いささか不名誉な作品であったりもするのだ。
14013107.jpg
GTSのポイントの一つである、身の隠しようのない羞恥や、こんな体になってしまった哀しみや静かな怒りなどは微塵も見せず、単に特撮映画における怪獣のポジションに入れ替わっただけの役割を全うする双葉さん。
巨大美女という素材に対して、ゲームはヘリで上から見下ろしたり、戦車で遠方から攻撃したり、巨大美女とはなんの関係もないエイリアンとのしょっぱい空中戦をやらされたり、あまつさえは薬を打ち込んで元の体に戻すなんて真似を強いられるのだが、せっかく巨大化してくれた双葉さんに対して、誰がそんな無粋なことを望むであろうか。
我々が望むのは、巨大双葉理保を真下から見上げたり、彼女にうっかり踏み潰されたり、彼女につまみ上げられて思わずにんまりしたり、そんな様に「きゃっ、この人気持ち悪い!」と1キロ先まで放り投げられたりする事なのだ。
そんな至らなさから、単なる変ゲーの一つに留まってしまった『THE 大美人』。唯一無二のGTSフェチゲーとなれるチャンスを逃してしまったのは、なんとも惜しいことである。



この記事に含まれるtag : D3パブリッシャー 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2024.html

2014/01/31 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【アトミックミュータント】SF怪奇映画四本立て

   ↑  2014/01/30 (木)  カテゴリー: PCゲーム
14013001.jpg
ムービーアイコンとしての巨大女を生み出し、今や帝王とまで呼ばれるようになったロジャー・コーマンを育て上げたのは、1950年代から60年代にかけて全盛を迎えたドライブインシアターと、そこに多くの映画を配給していたアメリカン・インターナショナル・ピクチャーズ(AIP)。
AIPがドライブインシアターに集う若者たちに向けて送り出したのは、ジャンル映画の走りともなった無数の怪奇映画やSF映画であった。
「ロッキーホラーショー」の冒頭でリチャード・オブライエンが切々と歌い上げた"Science fiction / Double Feature(SF怪奇映画二本立て)"は、そんなドライブインシアタームービーに対する憧憬と惜別が詰まった名曲だが、それのゲーム版とでも言うべき作品が、この『アトミックミュータント』(原題は『I Was an Atomic Mutant!』。日本版の発売元はマイクロマウス)なのだ。
14013002.jpg
本作で上映される映画は全部で四本。
核実験の放射能によって巨大化してしまった科学者の妻が、怒りと悲しみの余り破壊と殺戮の限りを尽くす「Wrath of the She Beast」(妖怪巨大主婦)。
核実験によって生じた次元の隙間からやって来た未知の生命体が破壊と殺戮の限りを尽くす「Invader from Dimension X」(超次元からの侵略者)。
外界と途絶して異端の研究に没頭するマッドサイエンティストの脳が、禁断の実験により巨大化してしまい破壊と殺戮の限りを尽くす「The Brain from Beyond Infinity」(禁断の脳髄)。
核実験の爆風を浴びて巨大化したイグアナ(アメリカ人の「ゴジラって要するに爬虫類の化け物だろ?」って認識がよく分かる)が破壊と殺戮の限りを尽くす「Reptomicus」(放射能獣イグアノドン)。
なんかどの映画も破壊と殺戮の限りを尽くしてばっかのような気がするが、そこは深く考えないように。
14013003.jpg
ゲームの内容を説明するには、ドリームキャストのロンチタイトル『ゴジラ・ジェネレーションズ』を引き合いに出せば分かり易いだろうか。
巨大モンスターを操って粗末な書き割りセットみたいな建物を叩き壊して回り、そのステージの破壊率を100%にしたら次のステージに移行。
そして次のステージでも同じ繰り返し。これが延々とループするだけ。
各モンスター固有の特殊能力(巨大主婦なら”金切り声攻撃”、巨大イグアナなら”人間をむしゃむしゃ食べて体力回復”など)も一応は存在するが、基本的にどのモンスターを選んでも、やる事に代わり映えはない。
巨大モンスターで破壊の限りを尽くすという設定とは裏腹に、そのゲーム性そのものは、フィールドを残さず丁寧に壊して回る、どちらかというとエアパッキン潰しのような、ちまちました感触に近いものがあるだろう。
14013008.jpg
もっともそんなチープさも、やはりプアーな造りであった'50年代SF映画へのオマージュの一環なのだろうか。
そしてそんなゲーム部分以上に力を入れて作られているのが、各映画のフェイク予告編(Coming Soon)。
白黒エフェクトを掛けたゲームムービーに、実在の'50年代SF映画の映像を掛け合わせて作られたこのフェイク予告編は、どれもこれもが必見の出来映え。
14013005.jpg
さらにもう一つの特徴が、キャノピービジョン3Dと呼ばれる機能。
これはゲーム中、マウスを右クリックすると切り替えられる視点のこと。
このキャノピービジョン3D視点を選択すると、観客の数もまばらな映画館の客席から、モンスターの暴れっぷりを鑑賞しつつプレイできるのだ。
そう、それはまるでリチャード・オブライエンの歌う♪To the late night double feature picture showそのままの世界となるのである。




(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2023.html

2014/01/30 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

映画【アタック・オブ・ザ・ジャイアントウーマン】

   ↑  2014/01/29 (水)  カテゴリー: 映画・DVD
14012907.jpg
いにしえから世の男どもを惹きつけてやまない永遠のテーマ、ジャイアンテス(GTS、巨大女)。
もはや古典の域に入る「妖怪巨大女」に始まり、そのリメイクであるダリル・ハンナの「愛しのジャイアント・ウーマン」、巨大フジ隊員に巨大海女、最近ではドリームワークスのアニメ「モンスターVSエイリアン」のヒロイン、ジャイノミカなど、絶えることのない巨大女の系譜に新たな名乗りを上げたのは、御大なんて言葉が世界一似合わない男、ロジャー・コーマン。
そのコーマン製作のGTSムービー、「アタック・オブ・ザ・50フィート・チアリーダー」が、いよいよ本日から劇場公開がスタートしたが、トレーラーを見る限り、コーマン、巨大女、チアリーダーというキーワードから導き出されるアレを、びた一文裏切らない映画になっているようで、今からワクワクさせられる。
14012902.jpg
そんなジャンル映画の最底辺、GTSムービーの中でも、志の低さとしょうもなさでは抜きん出ている作品が、1995年に製作された「アタック・オブ・ザ・ジャイアントウーマン」だ。
原題は「Attack of The 60Ft Centerfold」。「妖怪巨大女(Attack of The 50Ft Woman)」や「アタック・オブ・ザ・50フィート・チアリーダー」を堂々10フィート上回る18メートルの巨体。
監督は米国の誇るクズ映画大将フレッド・オーレン・レイ。
彼が手がけた映画というだけで、もう何を言っても無駄そうな無力感が漂いまくるが。オーレン・レイと巨大女の組み合わせは、そんなこちらの諦観をこれっぽっちも裏切らない潔さだ。
14012903.jpg
グラビアアイドル。それは乳の大きさだけでカーストが形成される非情の世界。
あまりの生存競争に、つい薬の力に頼ってしまう者が出てくるのは、スポーツもグラビアの世界も一緒だが、ベン・ジョンソンやバリー・ボンズ、ランス・アームストロングもそうだったように、そんな不正には必ず手痛いしっぺ返しが待っている。
怪しげな博士から処方してもらった、おっぱいを大きくするという触れ込みの薬。しかし大きくなるのはバストだけではなかった。体全体がみるみる大きくなり、たちまち全長18メートルの巨大女に。
しかしヒュー・ヘフナーみたいなグラビア誌のオーナーは、驚くどころかむしろ「いいね!」と親指を立てるのであった。
「センターフォルド(中綴じ)どころか、ぶち抜きポスターもんだね!」
14012906.jpg
以降、巨女の大食い、巨女の飲酒、巨女の水浴び、巨大な胸の谷間に全身すっぽりと、見事にこちらの注文通りな絵ヅラが連続し、クライマックスは彼女に負けじと巨大化したライバルグラドルとのジャイアントキャトファイト。
二人の肉弾戦は夜の街にまで拡大し、善のグラドルと邪悪なグラドルの戦いは、GTSムービーのみならず、「フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ」にまでオマージュを捧げてるかのよう(そう言えばラス・タンブリンは、この二作に共通したキャストだ)。
相も変わらず作ってる本人が一番楽しそうなオーレン・レイ映画だが、自分と同好の士に対するサービス精神だけは一応備わってるようなので、酒の力を借りるかなんかして付き合ってみてはどうだろうか。



(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2022.html

2014/01/29 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【アルカニア ゴシック4】ヤンキー羊飼いの冒険

   ↑  2014/01/28 (火)  カテゴリー: XBOX 360
14012807.jpg
この邦題、直訳といえば直訳なんだけど、なんかアルカニアゴシックがシリーズの通名みたいに誤解を与えそうな気がする。
メインタイトルはアルカニア。ゴシック4がサブタイトル。2000年代ヨーロッパ産RPGのメジャーブランド、『Gothic』シリーズの形の上では第4作にあたる作品だ。
しかしゴシックがサブタイトルに後退し、事実上の仕切り直しとなった本作は、過去のシリーズとは微妙にベクトルを違える仕上がりになっている。
14012801.jpg
始まりの舞台はなんの変哲もない田舎の村。主人公はちょっぴり血の気の多い羊飼いの青年。最初の仕事は畑のモグラ退治。
そんな牧歌的な風景も、そこにシリーズ過去作でもお馴染みディエゴのおっさんが、相変わらずの師匠風を吹かせて絡んでくると、途端に風雲急を告げてくる。
ちょっと軽いミッションをこなして村に戻ってきたら、辺り一面焼け野原。身重のフィアンセも冷たい骸になっている。
しかし、「おのれー、こんな非道な真似をした国王軍、許すまじ!」なんて具合に、こっちがイマイチ盛り上がれないのは、肝心のフィアンセがおよそ不細工で芋ったかったからだ。
あぶねー、あぶねー。危うくガキが生まれて後戻りできなくなるとこだった。むしろありがとう、国王軍!
14012808.jpg
このフィアンセを始めとして、出てくるキャラクターは一様に怒り肩の、2000年代初頭RPG風の不細工なフォルム。
そんな時代錯誤っぷりに、多少の懐かしさを覚えているうちはいいんだけど、行き当たりばったりで泥縄式のクエスト、ガクガクと不安定なビジュアル、素っ頓狂な環境音、煩雑なインターフェース。ばたばたとせわしないだけの戦闘システムと、ありとあらゆるところで前時代的な風情に直面を強いられると、「これを作った連中、もしかして2005年辺りで時間が止まってるんじゃねえの?」なんて疑念が、ついつい起こってしまうのだった。
14012804.jpg
しかし欧州系RPGへのちょっとした郷愁を売りにするには、この『アルカニア』は幾分カジュアル方向に舵を切りすぎてしまっている。
このタイプのRPGに懐かしさを覚える層にとっては、『アルカニア』は『Gothic』から後退してしまった産物に見えるだろうし、新しい客層にアピールするには、このゲームはいささか前時代的で魅力不足だ。
スキルツリーは死にスキルだらけ。隠密スキルなんて、もはや気分を味わうだけのものになってる。
存在意義がまったく不明な錬金術やクラフトの要素。こつこつ集めまくったこの大量の素材は、ほとんど使い道がないし、希少素材で作れる武器は、どれも帯に短し襷に長しの役立たずばかりだ。
14012802.jpg
見事なまでに言動一致な短絡ぶりを見せる主人公の振る舞いは、『アルカニア』の数少ないセールスポイント。
こんな短気で粗暴な男に、よく羊飼いなんて牧歌的な仕事が務まっていたものだが、こうも行き当たりばったりなお使いクエストを立て続けに押し付けられもしたら、そりゃあちょっとばかり荒むのも無理はないだろう。
田舎の粗野な男、早婚、なんの計画性もない子作りとくれば、まるで地方都市のヤンキーみたいな生活構築パターンだが、このなし崩し的に物事が進行するメインストーリーも、世界がよりによって不貞腐れたヤンキーに救われる物語と思えば、少しは味わい深くなるであろうか。



(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2021.html

2014/01/28 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Cabela's African Safari】罰当たりどものサバンナ

   ↑  2014/01/26 (日)  カテゴリー: PSP
14012604.jpg
「好きだわ、射撃って。アフリカも好きよ。嘘じゃない。これであなたが健康だったら、こんなに楽しかったことなんてないんじゃないかしら。あなたと一緒に狩りをするのって、本当に楽しいの。アフリカって好きだわ、あたし」 <ヘミングウェイ『キリマンジャロの雪』より 高見浩 訳>
「これで野兎の一羽でも仕留めて来い」などと銃を手渡されれば、「いえいえいえ勘弁してくださいよう。寝覚めが悪くなりそうですから」と、思い切り尻込みするであろう私ですが、そんな身でもカベラスの狩猟ゲームは、いつも何故か気になって堪らない不思議な存在です。
このシリーズに共通して感じるテイスト、それは他のアメリカンゲーム以上に強烈な異文化体験度の濃さでしょう。
14012605.jpg
まるで朝に歯を磨くかの如く、野山を走る生あるものを射殺する。島国の都市部で安穏と暮らす私には、想像もつかない生活文化を疑似体験できるカベラス狩猟ゲームシリーズ。
いくらこのシリーズがゲーム性の乏しさで定評があろうとも、その鮮烈な異文化擬似体験は、貧弱なゲーム性を補って余るものがあるのではないでしょうか。
ただ、北米の野山で鹿や七面鳥を狩っている間は、それを他国の生活文化と理解できますけれど、それがアメリカを飛び出して遠くアフリカの大地で、稀少動物をびしびし射殺しまくるとなると、話は違ってきますけどね。
14012607.jpg
カベラスゲームのパッケージは、どれもこれも非常に味のあるデザインばかりですが、その中でも猛り狂うサイの前にハンターたちがパニックを起こしている、この『Cabela's African Safari』のパッケージは屈指でしょう。
そしてプレイヤーは、ゲーム中で少なくとも一度は必ずこんな目に遭います。ええ、それくらいサイという連中は短気で話の通じない奴らです。
ナミビア、南アフリカ、ジンバブエ、モザンビーク、タンザニアを股に掛け、それぞれの国でショートステージの課題に一つずつチャレンジ。
14012610.jpg
フィールドを歩き回ってインパラやシマウマを撃ったり、ボートに乗って散弾銃で鳥を撃ったり、群れを成して逃げ回る草食動物を、ジープで追い掛け回して撃ったりと、各ショートステージはそれなりにバラエティに富んでいますが、「いや、基本的にやってる事はみんな同じじゃねえか」と突っ込みを入れられると答えに窮する事もまた確かです。
ジープでスプリングバックの大群を追い回して、群れ目掛けてライフルを乱射している時などは、ふと「俺はこんな罰当たりな事をしていて、地獄に堕ちたりしないんだろうか」なんて考えが頭をよぎったりもしますけど……。
14012606.jpg
ただ因果応報とはよく言ったもので、呑気に鳥や草食動物を相手に大虐殺を繰り返してきたプレイヤーも、やがて野性に手痛いしっぺ返しを食う事になります。
各国の最後に待ち構えているのは、トロフィーと称される、言わばラスボスにあたる獲物を狩るミッション。
豹、サイ、カバ、クロコダイル、ケープバッファロー、そしてライオン。なんで揃いも揃ってこんなワイルドで短気な連中を、好き好んで狩らなければならないのでしょうか。
14012608.jpg
しぶしぶ銃を片手にフィールドに降り立ち、そこでケープバッファローと正面からご対面。ライフルの弾丸の一、二発でバッファローの突進を止められる筈も無く、見事罰当たりなプレイヤーには天誅が下され、サバンナに己の屍を晒すという落ちがつくわけです。
イルカ漁やフォアグラ弁当もそうですけれど、動物愛護を盾に他人を咎める人々に、我々はつい身構えてしまいがちですが、そんな非難の声の中には、「いくら鉄砲担いでいたって、ブチ切れたあいつらにはまるで通用しないことがあるから、やめといた方がいいよ」なんて親切な忠告も、時には混じっていたりするのかもしれませんね。

<PSP海外版>



この記事に含まれるtag : 狩猟 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2020.html

2014/01/26 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |