ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

このページの記事目次 ( ← 2013-12- → )

total 5 pages  次のページ →  

音楽【Sex Pistols - The Biggest Blow】と【Die Toten Hosen - Learning English Lesson1】

   ↑  2013/12/30 (月)  カテゴリー: 音楽
13123005a.jpg
♪ ロニー・ビッグズ 刑期をほったらかしてとんずらこき 光を見出したと嘯きながら パンクに魂を売り渡す <Sex Pistols - No One Is Innocent (The Biggest Blow)>
イギリスの著名犯罪者ロニー・ビッグズが、今月の18日に亡くなったことを、遅ればせながらつい先ほど知りました。
ビッグズは1963年に、貨物列車から日本円にして約60億円相当の現金を強奪して一躍その名を馳せた人物。
逮捕され有罪判決を受けるものの脱獄に成功し、オーストラリアを経てブラジルまで逃亡。
その地でまるでGrand Theft Auto的振る舞いのなれの果てみたいな、煮詰まった生活を続けていましたが、里心には逆らえなかったのか、2001年にはイギリスに帰国。そのまま再び収監されていましたが、その激動の人生にもついに幕が下り
私がビッグズの名前を知ったのは、パンクロックバンドのSex Pistols絡みです。
忘れもしない小学六年生のとき、中学に進学していた先輩からピストルズの超貴重盤を譲ってやると持ちかけられ、カネだけ先にふんだくられて、さんざんの催促の末、ようやく渡された12インチ盤のジャケットには、ジョニー・ロットンとは似ても似つかない謎のおっさんが写っていました。

空中分解後のピストルズ残党とマルコム・マクラレンは、映画を作るついでにブラジルに飛んでレコーディングをするという悪あがきを続けていましたが、その相手が他ならぬロナルド・ビッグズ。
犯罪者をシンガーに据えて色モノ曲をリリースする、まあいかにもマルコム・マクラレンらしい詐術なのですが、堪らないのはこんな胡散臭い手口を直撃喰らってしまった、東洋の島国の純真な小学六年生です。
ワケの分からんおっさんのヘタクソなボーカルがステレオから鳴り響く中、幼い私は自分に、「これはピストルズなんだ。これでも一応ピストルズなんだ……」と、ひたすら言い聞かせていました。
よっぽどトラウマだったのか、このレコードはすぐに手放してしまったのですが、後に思い切りプレミア盤となってしまい、しまったと思ってももう後の祭りです。

ビッグズの顔を再び拝むことになったのは、やはりパンクロック経由でした。
ドイツのパンクバンド、Die Toten Hosenが1991年にリリースしたカバーアルバム集「Learning English Lesson One」に引っ張り出されたビッグズは、Hosenと共に"Carnival in Rio (Punk Was) "という曲を収録。
さすがに小六の時とは違い、「また煮詰まったおっさんが、しょうもない小遣い稼ぎを……」と、苦笑しつつ受け止める余裕がこちらにはありましたが、しかしPVの中ではしゃぐビッグズは、ピストルズ残党と組んでいたとき以上に煮詰まり具合が進行しているようで、犯罪者の潰しの利かなさというものを、つくづくと思い知らされます。
そんな史上最高齢のパンクロックシンガー、ロナルド・ビッグズ。彼の後半生は、GTA5のマイケルやトレバー、そしてGTA Onlineのロスサントスで蠢く私の分身の、その後の姿(と言うか、なれの果て)を見るかのようかもしれません。



(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2000.html

2013/12/30 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Crysis】ポストFarCry後半失速

   ↑  2013/12/29 (日)  カテゴリー: XBOX 360
13122902.jpg
「クローク起動」
なんと心強い言葉だ。ガキの頃から常に落ち着きがなく、ホームルームで学級崩壊のA級戦犯に名指しされることが常だったオレにとって、例えゲームの中であろうと、気配を殺したステルス行動は、実にハードルの高い要求だ。
ソリッド・スネークにも、サム・フィッシャーにも、バイオレット・サマーにもなれなかった。
そりゃそうだ。敵が視界に入るや否や、「てめえら(もオレも)みんなここでお陀仏だあ!」とわめきちらしながら、全身を豪快にさらけ出すようなオレの性格に基づくプレイスタイルと、これらのキャラクターは根本的に相性が悪い。
13122906.jpg
コソコソと細心の注意をはらって行動できないオレに、エイリアンのテクノロジーを流用したこのナノスーツは、実に頼りになる相棒だ。
「鉛玉をたんと喰らいな、このすっとこどっこいどもがあ!」と、大見得をきった直後に、相手の丁寧なお返しを頂戴して慌てふためくはめになっても、クロークを発動させればすぐに姿をくらますことができる。
ガジェット任せのステルス三昧。大雑把な奴でも簡単にできる隠密行動。実に素晴らしい!
生い茂る木々に身を隠しながら、息を殺してターゲットに接近する。
Crytekのデビュー作、『Farcry』は、ゲームではなかなか表現するのが難しいと思われた、密林でのゲリラ戦を見事に具体化させた作品。
諸般の事情により『FarCry』ブランドはCrytekの手を放れることとなるが、代わりにCrytekは、『FarCry』をさらに洗練させたようなシューターを、全く新しいIPと、バージョンアップさせたCryENGINEの下に放つのであった。
13122907.jpg
『FarCry』では、等身大の隠密行脚を続けていた生身の人間が中盤から超人的パワーを入手し、映画のプレデター顔負けなスニーキング能力の保持者へとアップグレードされていたが、『Crysis』で冒頭から使用可能なこのスーツは、『FarCry』のプレデター級超人能力を最初から手に入れてるようなもの。
このクローク機能をフルに活かしたヒット&アウェイ戦術の餌食となる北朝鮮兵たちは、神出鬼没なこちらに対し、「出てこい! 臆病者に相応しい死に方を与えてやる!」と精一杯の憎まれ口をたたくが、生憎だけど臆病者ほど長生きするのは、この世の節理なんだよ!
13122903.jpg
そんな驚異的な能力を秘めたナノスーツのバックアップを受けた、前半のポスト『FarCry』的な展開は充実している。
開放感に満ちたステージ。バラエティに富んだ地形。自由度の高いルート選択と戦術。そして何よりも、『FarCry』から格段にグレードアップした圧倒的なビジュアル。
木々をかき分け、枝葉に顔を撫でられ、濡れた砂浜を踏みしめ、絶景の中を血生臭い戦場に変えて敵を蹂躙する。
山岳から美しいビーチまで、ロケーションも豊富だし、装甲車にボート、戦車と、乗り物だってよりどりみどりだ。
13122904.jpg
だが手放した『FarCry』に替わる新しいブランドを確立させようと意気込むCrytekは、残念なことにこの『Crysis』を、以後続くシリーズ作のパイロット版的な位置づけに留めてしまうのだ。
開放感に満ちた前半から一転、話の鍵を握るエイリアンが本格的に出没し始める後半に入ると、残念なことに展開は唐突に窮屈で急ぎ足気味な状況説明ばかりに邁進する。
ナノスーツの力を背景に、前半はあれほど活き活きと躍動していた主人公ノーマッドも、慌て気味に畳まれるストーリー展開の前に、最終的にはこのプロローグ的なシリーズ第一作の捨て石にされてしまうのであった。



この記事に含まれるtag : FPS 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-1999.html

2013/12/29 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Shine Runner】疾走エアボート

   ↑  2013/12/28 (土)  カテゴリー: Android
13122802.jpg
エアボート。喫水の浅い船体の後部に、扇風機のバケモノみたいなバカでっかいファンをぶん回し、水面を疾走する。
その轟音があまりにも近所迷惑を引き起こすからか、日本ではあまり馴染みないが、水深の浅い水辺でも取り回し易いその特性から、沼地の多いところなどでは重宝されている乗り物だ。
特にアメリカ南部の湿地帯は、このエアボートがよく風景に溶け込む。
Hydro Thunder Hurricane』や『Riptied GP』など、水上レース系のゲームを専業とするVector Unitが、レースボートの次に目を付けたのが、このエアボート。
70年代に人気を博したTVドラマ「爆発!デューク」は、南部アメリカ人の限りなく黒に近い正業、密造酒販売に勤しむ若者二人が、ダッジチャージャーをかっ飛ばして警察を翻弄するお話だったが、『Shine Runner』はその湿地帯版とでもいうような面持ちのゲームだ。
13122804.jpg
このエアボートの持ち主も、その生業は闇トレーダー。密造酒はもちろんのこと、闇タバコに密猟品の皮など、真っ当な輸送業者は扱ってくれないようなブツを積んで南部の沼地をアバウトにぶっ飛ばす。
それぞれのポイントごとに闇交易品の相場変動があり、それを見越して商品を売ったり仕入れたり。まあ要するに
ミニマム級にまで減量した『Big Mutha Truckers』みたいなものか。
13122801.jpg
レース的な要素は皆無で、各ポイント間のタイムボーナスと、その道中で拾うキャッシュ袋を元手に商品を交易し、最終的な利益がそのままスコアとなる。
ただし一回のプレイが十往復程度で終わりになってしまうリプレイ前提の少ないボリュームと、相場変動が完全ランダムで戦略性に欠けているなど、貿易部分は深みの全くない運任せのスコア代替品に留まってしまっているのが、なんとも勿体ない。
13122806.jpg
喫水の浅いエアボートの、水上を跳ねるように走る疾走感は、過去の同社作品譲りなVector Unitの独壇場。
沼っぺりの家をぶち壊し、ワニを轢き逃げ警察挺を翻弄する、「爆発デューク」チックな南部テイストが程良い味付けになっているだけに、ゲーム部分の作り込みのあっさりさが惜しまれるお手軽ボートゲーム。
Vector Unitはモバイルゲームが主戦場になってしまってるけど、『Hydro Thunder Hurricane』クラスの規模のゲームを、再び期待したいところだ。



この記事に含まれるtag : レーシング 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-1998.html

2013/12/28 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Grand Theft Auto Ⅴ】南国に降る雪

   ↑  2013/12/26 (木)  カテゴリー: XBOX 360
13122601.jpg
一夜明けたらロスサントスは銀世界となっていた。
中心部のビル街も、バインウッドヒルズも、デルペロビーチも、グランドセノーラ砂漠も、北の山岳地帯も、一面白い雪で覆われている。
これが東京ならば、交通機関を始めとした都市機能がマヒしているところだが、さすがこの犯罪都市とそこに住む人々はタフネスだ。
クルマは何ごともないように行き交い、人々は夏着や水着姿で平気な顔して街を闊歩している。今に風邪ひくぞ、お前ら。
13122619.jpg
雪国の人間ならげっぷが出るくらい見飽きている風景だろうが、そうでない人間にとっては、やはり物珍しさのあまりについはしゃぎたくなってくるものだ。
雪が積もるとついぱしゃぱしゃと写真を撮りたくなってくるのは現実もGTAの中も一緒らしく、RockStar Games Social Clubのスナップマティックコーナーは、みんなが思わずパチリとやってしまった雪景色のスナップ写真で、にわかに賑わっている。
もちろんオレとて例外ではない。今日ばかりはラマーやシミオンからの仕事依頼を全部シカトして、スマホ片手にロスサントスのあちこちで写真を撮りまくってやろうではないか。
13122614.jpg
中心街の高層アパート上階に住むセレブたちは、きっと窓からこの一面銀世界を悠然と見下ろしてるのだろう。
ならばと低レベル貧乏人なりに対抗したくなってくるのが人情というもので、連中よりもさらに高い頂から、この白く染まったロスサントスを一望のもとに見下ろしてやろうではないか。
目指すはロスサントスで一番標高の高いところ。チリアド山のてっぺんだ。
この地区きっての最高峰に向かって、オレは粉雪が吹きつける中を、愛車の原チャリを飛ばして10秒後に早くも後悔した。こんな環境で乗るクルマじゃねえ! 寒いわ滑るわ、なおかつサンタコスだわで、こんなの単なるピザーラの臨時雇いバイトじゃねえか!
13122615.jpg
仕方なしに途中で四輪車を徴発し(ここでコンバーチブルを乗っ取ってしまうのが、オレの頭の悪さを簡潔に物語っている。屋根がないから寒いよう!)、ハイウェイを一路北に飛ばす。
路面に積もった雪でスリップしやすくなっているのに、みんな雪への備えもなしにいつも通りびゅんびゅん飛ばしまくっているもんだから、幹線道路のあちこちで多発しているNPC同士の玉突き事故を横目に、チリアド山の登山口まで辿り着き、クルマを乗り捨てて雪に染まった山々を楽しみながら頂上を目指して10数秒後に早くも後悔した。
目的地は遠いしサンダル履きだし、何より見ているだけで体の底から凍えてくるようで、こんなの登山と言うより単なる遭難じゃねえか!
13122621.jpg
しかし頂から見る絶景は、そんな後悔を一瞬で吹っ飛ばしてしまうものだった。雲海の間から顔を出す山の稜線に、遙か向こうに白く霞む高層ビル街。悪徳に骨の髄まで黒く染まった街も、今日ばかりは眩いばかりの白に洗われている。
太古の昔から、人々がなんで艱難辛苦を重ね、時には命を危険に晒してまで、山のてっぺんを目指したのか、今ならなんとなく分かるような気がする。
だがそんな感慨も、激安犯罪に芯まで染まった心には長く持たず、帰りの算段を始めたオレは、こんなクルマやチャリをパクる術がないところで、どうやって山を下りたらいいんだと途方に暮れていた。
13122616.jpg
「エスエスエーーーーーックス!」
我ながらワケの分からないことを叫びながら、雪の急斜面に身を躍らす。
オレが無い知恵絞って考えついた帰還法は、ボード無しのスノーボード。スカイダイビングより遥かにスリリングな、ロスサントスの新エクストリームスポーツだぜ!
そんな調子ぶっこきも最初のうちだけ。岩場に体が打ちつけられるたびに、ガリガリと削られる体力を目の当たりにしながら、オレは「こんな寒い日はアパートでじっとしてりゃよかった……」と、今日何度目かの後悔を噛み締めているのであった。



この記事に含まれるtag : GTA 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-1997.html

2013/12/26 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Grand Theft Auto Ⅴ】ホリデーギフト

   ↑  2013/12/25 (水)  カテゴリー: XBOX 360
13122516.jpg
メリークリスマス!
サンタさん、夕べは一晩中、高級自動車や、タンクローリーや、なんだか粉っぽいモノが入った包みを、よい子のみんなに配って回ってくたくたなので、ちょっと骨休めしてるよ。
昔は歌舞伎町にも、これと同じスタイルの店があったんだけど、あっさり摘発されちゃった。現実でもロス・サントスでも、およそ官警は野暮だよね。まああいつらが野暮じゃなくなったら、それこそ大変なんだけどさ。
13122512.jpg
どんなろくでもない悪党のもとにも、クリスマスは平等に訪れるらしく、『Grand Theft Auto Online』にもシーズンコンテンツの「Holiday Gift」が無事やってきた。
サンタコスを始めとして各種クリスマス衣装やかぶり物がタンスの中に届いている他に、ゲーム内で武器やクルマ、不動産のディスカウントセールがあったり、さらにはロス・サントスが雪景色に染まったりするらしいから(なおスタッドレスタイヤは配布されないので、雪道の運転にはくれぐれもお気をつけください)、年末年始のうちにみんな一度はログインしておくといいかもよ。
ちなみにクリスマスばかりは人々も争いをやめて、ロス・サントスにもクリスマス休戦が訪れているかと思ってたけど、変な奴に粘着されて5回も殺されちゃったよ。まったくイブの夜にゲームしている野郎には、オレも含めてホントろくな奴がいないよね。それじゃ!



この記事に含まれるtag : GTA 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-1996.html

2013/12/25 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |