FC2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

このページの記事目次 ( ← 2013-03- → )

← 前のページ  total 5 pages  次のページ →  

映画【戦闘機対戦車】

   ↑  2013/03/08 (金)  カテゴリー: 映画・DVD
13030812.jpg
『Battlefield 1943』を遊んでみれば、戦車は戦闘機のいいカモだという事実が、嫌でも身に染みることだろう。
そりゃあ、ごくごく希に、戦車で戦闘機を撃ち落とすことだってある。だがそれは、爆弾当てようとやっきになって、地面スレスレを低速で飛んで来るヘボパイロットが相手の場合であって、熟練した飛行機乗りが、そんな隙を見せるわけがない。
だけど離陸前の戦闘機となれば話は別だ。主砲でパイロットごと吹っ飛ばしてやるのはもちろんのこと、真っ正面からぶちかまし喰らわせたり、飛び立とうとする瞬間を横切って、けたぐりかましてやったりと、もう思いのままだ。
もし目の前に、なんらかの理由で離陸ができないまま、地べたを必死に走り回るエースパイロット様の戦闘機が居たとしたら、もう拠点奪取とか戦局とかお構いなしに、地獄の果てまで追い回してやるね!
13030808.jpg
「戦闘機対戦車」は、そんな立場逆転劇を描いた低予算のテレビ映画。
小さい頃、テレビ東京あたりで、やる気のない時間に放映されていたこの映画を観て、予想外に面白かったので、思わず居住まいを正したことがあったが、そんな70年代のテレフィーチャー作品が、まさかのDVD化されちゃうんだから、つくづくいい時代になったものだ。
第二次世界大戦の北アフリカ戦線。既にロンメルは撤退し、ドイツ・アフリカ軍団も壊滅状態となった中で、この攻守入れ替わった戦車と戦闘機の追いかけっこは勃発する。
13030806.jpg
片方の主役はカーチスP-40ウォーホーク。不時着した僚機のパイロットを回収しようと、うっかり砂漠に着陸しちゃったのが運の尽き。
そこをもう一方の主役であるドイツ軍戦車(一応パンター戦車という設定ですが、どっからどう見てもシャーマンです)に攻撃され、至近弾で翼が損傷し飛び立てなくなってしまう。
さあ、それからは砂漠を舞台に、"飛べない戦闘機"と"しつこい戦車"の鬼ごっこが延々と続くのだった。
この映画、確かに舞台設定は戦場だが、戦争映画というよりは、むしろサスペンス映画のような仕上がり。
何せ戦車側を指揮するドイツ将軍(ロイド・ブリッジス)が、味方の壊滅で完全にプッツンきちゃって、せめてもの一矢とばかりに、自らが置かれた状況も無視して、この戦闘機の破壊に異常なまでの執念を燃やしちゃっているのだ。
13030810.jpg
はぐれ戦車の搭乗兵たちは、そんなサイコパスな将軍に、次第にドン引きしてゆくのだが、それと比例するかのように、将軍のイカレ具合も右肩上がりに上昇するのだから始末に悪い。
イカレポンチ率いるはぐれ戦車に、執拗に追い回されるハメとなった戦闘機側は深刻だ。空を自由に飛び回って、地上の敵を片っ端から掃射していた立場はいずこやら、今じゃ味方との連絡も取れず、しつこく追ってくる戦車を前に、間抜けに地面を走って逃げ回らなきゃならない。
逃げる側と追う側、両者の立場を、ほぼ同質量で描いているところが、この戦争映画の皮を被ったサスペンス映画の肝だ。
女っ気まったくなし。地面をとろとろ走るP-40と、自称パンターと、途方に暮れる飛行兵と、イカレたおっさんと、それに辟易する戦車兵と、そんな素敵な絵ヅラだけでタイトに構成された80分弱。

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-1778.html

2013/03/08 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【John Woo Presents STRANGLEHOLD(ストラングルホールド)】

   ↑  2013/03/09 (土)  カテゴリー: XBOX 360
13030915.jpg
トリガーハッピーなんて言葉すら生温くなるくらい、引き金にかかった指に自制がまるできかない連中が大集結した「ハード・ボイルド/新・男たちの挽歌」。
ジョン・ウー先生の香港時代総決算とでも言うべきこの映画。特にラストの病院で勃発する大銃撃戦の凄まじさと無茶苦茶さは、今でも語り草になってるほどだ。
この病院内ガンファイトで、敵が次から次へとトリッキーに出現する様なんかは、もうガンシューティングゲームの敵出現パターンそのまんまだったりするけれど、とにかくノンストップのトリガーハッピー劇&敵の生き死にが激安なところは、ゲームと非常に酷似した構造である。
13030908.jpg
『バーチャコップ』など、この映画以降に登場したガンシューティングや、ジョン・ウー完全リスペクト作品である『MAX PAYNE』など、ジョン・ウーがゲームの世界に与えた影響は多大なものがあるのだけれど、彼の映画に色濃くあるゲーム的な要素の数々を見れば、それも当たり前のことだろう。
「だったら、ジョン・ウーをそのまま起用してゲームを一本作っちゃえばいいんじゃね?」
そんなアイデアが出てきたとしても、ちっとも不思議なことではないが、しかしまさかそんな他愛もない思いつきが、Midwayという老舗中の老舗を吹っ飛ばしてしまう一因になるとまでは、誰もが思いもしなかったのだった。
13030912.jpg
『John Woo Presents STRANGLEHOLD(ストラングルホールド)』の主人公は、「ハード・ボイルド/新・男たちの挽歌」で、騒ぎを必要以上に大きくするスキルは天下一品なところを、我々に見せつけてくれたテキーラ。モデルはもちろんチョウ・ユンファ。
その傍迷惑な刑事っぷりは、もちろんゲームの中でも健在だ。プレイヤーは、この刑事の皮を被った香港破壊人を操作して、サードパーソンシューティングの名を借りたジョン・ウー世界の再現にチャレンジするのである。
13030911.jpg
この『ストラングルホールド』を一般的なTPSと捉えてしまったら、もうその時点で躓きだ。前後左右から何の脈絡もなくわらわらと、雲霞の如く表れる敵の波に揉まれて、そのTPSとしては明らかに破綻したカオスっぷりに辟易して終わりだろう。
しかし、そんなレベルデザインの放棄にも思える敵の無茶苦茶な湧きっぷりにも、ちゃんとワケがある。だってそうしないと、ジョン・ウーの映画と釣り合わないんだもん!
さあ、自分がTPSというカテゴライズされたジャンルを遊んでいるなんて意識は、鳩に括り付けてどっかに飛ばしてしまおう。
このゲームでプレイヤーに求められているのは、効率のいいクリアでも、実績を開くことでもない。いかにジョン・ウー映画の主人公らしく振る舞えるかなのだ。
13030910.jpg
ダイブショット、壁蹴りショット、手すりを滑り降りながらの銃撃、シャンデリアにぶら下がっての振り子ショット、狙撃銃のレーザーサイトを察知したら即座にスローモーションスナイプモード、バリケードを前にしたらバラージ、そして鳩を飛ばしながらの360度大回転ショット。テキーラに備わったありとあらゆる技を駆使して、ジョン・ウー映画の一シーンに値するような絵ヅラを作り上げてゆこう。
嬉しいことに、このゲームの開発者たちは、いかにフィールドに壊れるモノを大量に詰め込むかに、命と予算と納期を賭けたような連中だ。後片付けを気にすることなく、ジョン・ウーアクションの彩りに使わせて貰おうじゃないか。
13030909.jpg
ジョン・ウー映画には不可欠なカートだって、あちこちに転がっている。もしこの先にカートが無いと分かっているのならば、そこまでカートに乗っかって行けばいい
部屋から部屋の間を、常にカートの上に腹ばいになって、しつけのなってないガキの遊びみたいに移動するテキーラ。チョウ・ユンファにとっては、いささか不本意な絵かもしれないが、ジョン・ウー先生ならば、きっと「いいね、それ! 使わせてもらうよ!」と気に入ってくれるはずだ。
13030907.jpg
スペシャルアクションに使用するテキーラゲージを補充するアイテム、折り紙は「ハード・ボイルド/新・男たちの挽歌」のあいつの置き土産。
「ハード・ボイルド」と同様に、この『ストラングルホールド』も、潜入捜査官の相方というキャラクターが出てくるのだが、残念なことに、こいつは「ハード・ボイルド」のもう一方の主役であったトニー・レオンと比べると、だいぶ存在感の薄いキャラ。
それを補うのが、雑魚に至るまでこってりと濃い敵キャラの面々。揃いも揃っていい顔をしたこいつらは、スローモーション狙撃での顔面撃ち砕きが実に映えるし、股間を撃って悶絶させるのもお似合いな連中ばっかときている。
「ハード・ボイルド」のフィリップ・コクを思わせるような隻眼の用心棒キャラも、中ボス&マルチモードのキャラクターとして、しっかり登場してくるぞ。
13030913.jpg
この手のシネマゲームは、普通はっちゃけ度が原作映画よりも高めになるのが常だったりするが、「ハード・ボイルド」と『ストラングルホールド』に関しては、その点はまったく大差がないという事実が、あの映画の度を越した弾けっぷりを物語っている。
むしろ『ストラングルホールド』は、「ハード・ボイルド」と違って一般人の巻き添えが皆無なので、そこが少し物足りなく感じる。だからこそ、「ハード・ボイルド」に迫るためには、ジョン・ウー先生の意を汲んだプレイヤーの華麗な指捌きが必要となってくるのだ。唸れ、テキーラボム!



この記事に含まれるtag : シネマゲーム TPS ミッドウェイ 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-1779.html

2013/03/09 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【リーサルエンフォーサーズ】ガンシューティング新時代

   ↑  2013/03/10 (日)  カテゴリー: メガドライブ&メガCD
13031008.jpg
ガンシューティングゲーム的映画「ハード・ボイルド/新・男たちの挽歌」と、奇しくも同じ年に登場したガンシューティングのターニングポイント的作品、『リーサルエンフォーサーズ』。
ケーブルで筐体に繋がった、自由に取り回しが利くガンコントローラ。それを画面外に向けてのリロード。そして実写取り込み画像。
『リーサルエンフォーサーズ』にあるこれらの要素は、実はどれもLDゲーム『マッドドッグ・マックリー』の微妙に二番煎じだったりするのだが、何せ『マックリー』は日本のゲーセンに出回った数が少なかったから、これ以降ガンシューティングゲームの主流となる、ケーブル連結式ガンコントローラのファーストインパクトは、やっぱりこの『リーサルエンフォーサーズ』になってしまうのだった(アメリカでは、『マックリー』以前にも、ちらほらと存在してたと思われる。『Duck Hunt』とか)。
13031012.jpg
水色とピンクの銃型コントローラが突き刺さったこのゲームの筐体。
80年代の馬鹿馬鹿しいアクション映画に感化されたボンクラの前に、そんな遊び心満載のシロモノがお目見えするのは、精巣がぱんぱんに溢れかえった男子中学生の前に、成瀬心美を亀甲縛りでぶら下げるようなもんである。
一も二もなく筐体に吸い寄せられたオレは、なんの躊躇もなく百円玉を放り込むと、両手撃ちやら片手撃ちやらと射撃ポーズを変えたり、リロードの合間に意味もなくポーズを取ったり、西部劇みたいに銃をくるくる回そうとしてケーブルに阻まれたりと、この取り回しの自在なコントローラの恩恵を享受しまっくった。
13031014.jpg
何せそれまでのガンシューは、筐体に銃型コントローラが固定されてるものがほとんどだったから、そんなボンクラ丸出しなゲームプレイは不可能だったのだ。
せいぜいが『オペレーションウルフ』でマシンガンを掃射しながら、「エイドリアーン!」とか「伊藤ハム・イズ・オイシイ!」などと叫ぶ程度が関の山である。
華麗なガンアクションを駆使して、銀行強盗や、中華マフィアや、ハイジャック犯たちとの戦いを、一通り満喫したオレが、次に目を止めたのはピンク色の2P用ガンコントローラ。
そう、今もゲーセンに脈々と伝えられるガンシューティング二丁拳銃プレイは、この『リーサルエンフォーサーズ』から始まったのである。オレもチョウ・ユンファ気分になれて嬉しければ、ゲーセン側もインカムが余計に稼げてなお嬉しい!
13031010.jpg
後にスーパーファミコンやメガドライブへの移植時には、ゲーセンのそれと同色のガンコントローラが同梱され、さらにピンク色の2P用ガンコンが別売りでリリースされた。
2Pコンも一緒に買って家でも二丁拳銃プレイとは、さすがにいかなかったのは、懐の具合もあったし、何より家では、ゲーセンギャラリーの呆れた白い眼というスパイスが期待できなかったからだろう。
そんなギャラリーの有無以外は、アーケード版と基本的に変わらない家庭機用『リーサルエンフォーサーズ』。
唯一特筆すべきことがあるとしたら、このメガドライブ版は、まずメガCD版が出たあとに、間髪入れずカートリッジROM版が発売されるという、ワケの分からない販売戦略が採られたことであろうか。ちなみにその両者、中身はまったく一緒だったりするから、これまたワケが分からない。



この記事に含まれるtag : ガンシューティング 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-1780.html

2013/03/10 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【あゆみちゃん物語】性春はエンドレス

   ↑  2013/03/12 (火)  カテゴリー: PCゲーム
13031216.jpg
男というのは、この地球上でもっともスケベで救いようのない生き物です。
「憧れのあの子と一緒に歩けるだけで、もう他には何も要らない」、「あの子の手作り弁当を毎日食べられたら、もう死んでもいい」。
そんな100%本心の純粋な想いがあったとしても、そんなものは男に漏れなく備わったスケベ心の前には、梅雨の時期に常温で放置したサバ並みに長持ちしないことでしょう。
ましてや男子高校生というのは、リビドーが制服着て歩いているような存在です。
13031215.jpg
クラスの憧れの子にコクったらOKが出た。本来ならこの僥倖を大切にするところですが、365日ムラムラ状態の男子高校生に、そんな慎ましやかさがあるわけもないです。
ほとんどの男は、この時点で「オレの女」という、歪んでタチの悪い意識をこじらせてしまいますが、そんなもののはけ口にされて、永遠の性の牢獄に囚われてしまう河合あゆみちゃん(17才)が、つくづく不憫でなりませんとも!
13031211.jpg
アリスソフトの『あゆみちゃん物語』は、エロゲーのターニングポイントとされる歴史的名作。
この作品がどれだけのエポックメイクであったかを、エロの映像メディアに例えると、ポルノ映画からアダルトビデオへと移り変わる分岐点となった、代々木忠の「愛染恭子の本番生撮り 淫欲のうずき」に当て嵌まる存在だと言えば、分かり易いかもしれません。愛染恭子=あゆみちゃんというのも、なんだか凄い話ですが。
13031210.jpg
ストーリーにエロ行為が絡んでいたり、ゲームにエロ行為が付随していた、それまでのエロゲーの因習から外れて、エロ行為そのものをゲームシステムにどんぴしゃに落とし込んだ、『あゆみちゃん物語』のハードコアイズムは、その後のエロゲーに、あまりにも大きすぎる影響を与えました。
とにかく性行為を覚えた高校生カップルが、ストーリーも目的もへったくれもなく、猿のようにまぐわいを繰り返す毎日。
さらに男のリビドーというのは、いったん膨張し出すと、留まるところを知らないときています。
毎日貰える婆ちゃんからの小遣いで購入したエロ本を元に、ろくでもない性知識を吸収した男側の欲求は、「愛してるからこんなことするんだよ」なんて建前の下に、ただエスカレートするばかりです。
13031214.jpg
そしてエロ本では飽きたらずに、行き着いた先は大人のおもちゃ屋。
カップルにとって、大人のおもちゃ屋のカタログは禁断の書として知られていますが(こういうのを二人でぱらぱらとめくっているとき、女性はくれぐれも「うわあ、なんかこれちょっと面白そう」などと、心ないことを口走ってはいけません。二日後、喜び勇んだ男が注文した、"真珠みたいなものが棒状に連なった謎の道具"が、厳重に梱包されて家に届いて、のっぴきならないことになってしまいます)、性の暴走機関車と化したこのゲームの主人公にとっては、これは純度の高い石炭みたいなもの。
翌日から、さっそく怪しげな道具の数々が、あゆみちゃんに向けて牙を剥くことでしょう。
13031212.jpg
行為のみならずシチュエーションの方も、あゆみちゃんの嫌と言えない受け身体質も災いしてエスカレートする一方です。
遊園地デートすれば観覧車の中で、公園デートすれば真っ昼間の野外で、あまつさえは、あゆみちゃんのバイト先にまで押しかけて(このシチュエーションは、素人さんがバイトするマッ●に押しかける、初期SODの爆笑伝説作を彷彿とさせます)と、もはや投稿アップル写真館の常連さん一丁上がり!状態。
アリスソフト自らが「えっちシーンをよりえっちに表現するためにゲーム性は極力押さえてあります(ママ)」と標榜する、このエンドレスなハードコアエロ絵巻。
後には木の内つぐみをあゆみちゃん役に据えた実写版も発売され、全国1000万の実写ゲームマニアを、大いに喜ばせました。

<アダルト作品>

この記事に含まれるtag : おとなの時間 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-1781.html

2013/03/12 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【The Elder Scrolls V: Skyrim】イソルダ誘拐事件

   ↑  2013/03/13 (水)  カテゴリー: XBOX 360
2ヶ月ぶりにスカイリムを起動させたら、嫁のイソルダが山賊たちに誘拐されていた。
そう言えば前回遊んだとき、イソルダの姿が見えないから、おかしいなぁラベンダーでも摘みに行ってるのかなと、訝しく思っていたのだが、どうやらそのとき既に誘拐されていたらしい。
それからオレが身代金を要求する脅迫状の存在に気づくまでに、2ヶ月もの時間が経過していた。これは大変マズい。
もしオレが誘拐犯の立場であったら、脅迫状を送っても何の音沙汰もない状態が続いたら、さすがにしびれをきらして、「旦那はお前を見捨てたようだな! だったらこっちも、せいぜいお前で楽しませて貰うとするか!」と、イソルダに対して辱めの限りを尽くしても、ちっともおかしくはない。ハゲヅラ姿で加トちゃんペッをやらせるとか、小島よしおの物真似を強制してわざとドン引きするとか、ひょっとこのお面を被せて無理矢理ドジョウすくいを踊らせるとか。
13031316.jpg
まあその辺はイソルダにうまく対処して貰うとして、心苦しいのは2ヶ月の間も先様にお世話になってしまったことだ。
2ヶ月ともなると、食事代もそれなりにかかっただろう。身代金を払う払わないは別として、イソルダの飯代くらいは、別に包んで持って行くのが礼儀なのではないだろうか。
しかしイソルダは先方の無理矢理な招待に応じたわけだから、そこで現金を渡すのも、ちょっとあからさまな気もする。
やはりここは現金よりも食材を渡した方が失礼ないのではないか。そう考え家の畑やキッチンの収納棚を漁って、ジャガイモやニンジンやシャケの切り身やブラックブライアのハチミツ酒をかき集め、大急ぎで指定された鉱山に駆けつけてみたはいいが、さすがに2ヶ月も待ちぼうけを食らった先方は、大いに猛り狂っていた。
13031312.jpg
「嫁が大変お世話になったようで。これはお礼と言っては何ですが、ストームクローク兵の死骸から奪ってきたものですので、どうぞお受け取りください」
お詫びの食材を渡す暇もないようなので、仕方なく予定を変更して、鋼鉄の矢やエクスプロージョンの火球をお渡しながら先に進み、ようやく皆様方へのご挨拶を一通り終えて、イソルダが囚われている牢獄に向かう。
幸いにも、足下にハゲヅラやひょっとこのお面が転がっているなんてこともなく(あの山賊たち、見かけによらず紳士だったようだ)、イソルダは元気だった。
13031314.jpg
オレがイソルダだったら、「2ヶ月もほったらかしにして、どの面下げてここにやって来た!? このひょうろく玉!」と怒り狂うところだが、イソルダは人間ができている。落ち着き払った態度で、「お帰りなさい、疲れたでしょ?」と、まるで我が家のようにオレを出迎えてくれたのだった。
まあさすがに2ヶ月も住めば、ここが自宅だと認識してしまうのだろう。
イソルダの度を越した環境適応能力に呆れたオレは、もうただ「ところで商売の方は順調か?」などと、いつものように声をかけることしかできなかったのだ。……なんならずっとここに住むか?



この記事に含まれるtag : エルダースクロールズ 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-1782.html

2013/03/13 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |