ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

このページの記事目次 ( ← 2013-01- → )

total 4 pages  次のページ →  

【The Club】健全なる殺人ゲームショウ

   ↑  2013/01/31 (木)  カテゴリー: XBOX 360
13013112.jpg
現代の殺人闘技場、The Club。そこで行われるのは、命懸けの究極エクストリーム競技。
様々な理由でここに集った参加者たちは、銃器を手に5種類のデススポーツに挑むことになる。
彼らが獲得するのは、多額の賞金か、それとも無残な死か。今、凄惨な死のゲームの幕が切って落とされようとしている!
13013111.jpg
そんな扇情的な前振りで始まるのは、まるで関根正明とDJナイクのコンビの、「ここでシーガーは、デスロールとヘッドショットのコンボを大胆に狙ってきました」、「トップを走るフィンに追いつくためにも、彼はこの得意なスプリントで、いっきに差を詰めておきたいところですね」、「続いてスナップショット。決まりました。うーん素晴らしい」なんて、NHK-BSのXスポーツ中継吹き替え実況解説を被せても違和感のないくらい、あっけらかんとしたスポーツライクな大会。
このおどろおどろしい設定と、実際のプレイのギャップは何ごと!? それが『PGR』シリーズでお馴染み、今は亡きBizarre Creations が放ったスポーツスタイルTPS、『The Club』の真骨頂!
13013109.jpg
アーケードライクなんて表現が使われることが多い、この『The Club』だが、むしろ目立つのはBizarre Creations が『PGR』で養ったレーシングゲームの作法。
一つのステージで複数の競技スタイルに挑み、その成績で割り振られたポイントによって総合順位を決定するトーナメントモードで手応えを掴んだら、あとはシングルステージで効率的なスコアアップを重ねて、より上の得点を目指す。
一プレイにかかる時間は、およそ数分。このシングルモードの反復は、レースゲームで一つのコースのタイムを、ひたすら縮めて行くやり込みと、まったく一緒の感覚だ。
13013108.jpg
『The Club』は、そんな他のTPSとは一線を画した独自性を持つシューター。
しかしBizarre Creations という会社は、素材の持ち味を、なるべくそのまま提供することを重んじているような節がある。
万全な下ごしらえを施した後、それに最低限の味付けしか施さず提供するスタイルは、『PGR』シリーズのように功を奏した例もあれば、"リアル指向のマリオカート"に留まってしまった『ブラーレーサーズ』みたいに、「イケることはイケるんだけど、なんかここに醤油をばーっと一垂らししたくなるよな」なんて、実にもどかしい物足りなさを感じる例もあったりする。
13013110.jpg
『The Club』はまさに後者。スコアを上昇させるためには、ヘッドショットやロングショット、振り向きざまのスナップショットなどのボーナスをコンボで繋げていかなければならないのだが、そのボーナスショットが、いずれも地味でけれんのないものばかり。
どうせスポーツゲーム風の味付けを施したシューターを作るのであれば、エクストリームスポーツのトリックに該当するようなアクロバチックで変則的なショット(例えば『Total Overdose』の壁蹴り三角跳びショットとかバク転ショットみたいな)を盛り込めば、ビジュアルも映えたであろうし、コンボの構築にも、よりやり込み甲斐が生じてきただろうに。
13013107.jpg
この淡々としてクセのない内容は、レースゲームライクなタイムアタックやガントレットモード(特にタイムアタックは高難易度になるにつれ、俄然楽しくなる)では、効果的に機能するのだけど、より従来のシューターに近いシージモードあたりになると、シューティングゲームとしての作り込みの甘さが露わになると共に、展開の平坦さが目立ってしまって、物足りなさを強烈に感じてしまう。
「イケることはイケるんだけど、あー、でもここにラー油をどばーっと垂らして引っかき回して食ってみてえ!」なんて感想が思わず出てきてしまう、良くも悪くもBizarre Creations らしい一品、それが『The Club』だ。
外見は扇情的でも中身はあっさり味な、健全殺人ゲームショウへようこそ!



この記事に含まれるtag : TPS 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-1750.html

2013/01/31 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

DVD【センチメンタルグラフティ SG Girls' Live Memorials】

   ↑  2013/01/29 (火)  カテゴリー: 映画・DVD
13012912.jpg
1997年から98年にかけて、『センチメンタルグラフティ』の熱狂は、たちまちのうちに下り坂のサターン界隈を覆い尽くしていた。
時はギャルゲーブームが飽和点に達していた頃。ブームが弾ける前に、もう一花咲かせようと、NECインターチャネルとマーカスが、青二プロを巻き込んでぶち上げたこのプロジェクトは、様々なゲーム媒体を煽っての一大プロモーションが功を奏して、まだゲーム本体が出ていないのに、CDやフィギュア、グッズや関連本などが好セールスを記録するという、ワケの分からない盛り上がりをみせていた。
13012907.jpg
それが最高潮に達したのが、単なるパイロット版ファンディスクに過ぎない『センチメンタルグラフティ ファーストウィンドウ』がプレミア化してしまう事態である。
この"前夜祭が事実上の本祭"という本末転倒な盛り上がりのおかげで、肝心のゲーム本体がリリースされる頃は、熱狂的ブームは既に下り坂に入ってるという有様。
20数万本という、当時のサターン情勢を鑑みれば、大健闘とも言えるセールスを記録したものの、ゲームの中身が中身だったことも相まって、セングラ界隈の話題はあっという間に終息に向かったのだった。
13012906.jpg
一時の狂熱に浮かされていた人々も、そのほとんどは我を取り戻し、日常に戻っていった。
しかし、カルト的な熱狂に揺り動かされていたムーブメントが、ブームが終わりを迎えると、熱が冷めて離れる人々と、さらに先鋭化しカルトにひた走る人々に二極化するのは、この世の常。
セングラブームを支えた闘士たちの中でも、もっともピュアでせつなさが炸裂したハードコア集団であるSGガールズファンたちにとっては、例え肝心のゲームがへっぽこだった事実が露わになろうと、まだまだ祭りは終わっちゃいなかったのである。そこにSGガールズが居る限り!
13012908.jpg
『センチメンタルグラフティ』の不思議なところは、ギャルゲー一大メディアミックスでは、重要な一翼となる声優事務所に、この手のプロモーションにはあまり不得手そうな老舗、青二プロをチョイスしたことだ。
『セングラ』に登場する12人のご当地ヒロイン役に、まずピックアップされたのは、前田愛を始めとする、当時まだ実績がほとんど無かった6人の若手。
そして残りの6人は、オーディションでド新人を抜擢する大胆な施策がとられた。
この12人には"SGガールズ"というグループ名が与えられ、以後、CDリリースに、コンサートに、ラジオ番組に、ゲームのプロモーションにと引っ張り回される。
13012911.jpg
青二プロの若手組は、元々アイドル声優予備軍と言うよりは、むしろ青二らしい堅実な職業声優の卵といった雰囲気が強かった人たち。そこにオーディションを潜り抜けてきたとは言え、ちょっと前までは、そこらの普通の女の子だった人たちが加わった混成軍。
そんなSGガールズの最大の特徴は、"板に付いて無さ"だ。
後のアイドル声優グループ売りのプロトタイプともなったSGガールズだが、その構成員はアイドル声優とは微妙にベクトルの違う人たち。
その彼女たちが、アイドルチックな華々しい舞台に立つ様子には、常に「なんか無理してるな」的な、いっぱいいっぱいさがつきまとっていたのだった。
13012909.jpg
カルト集団の中のさらなるカルトであるSGガールズファンたちも、恐らくそれを敏感に感じ取っていたのだろう。
そんな微妙な空気を、彼らはヤケクソに近い熱狂的盛り上がりを持って覆い隠そうとした。
一見、今どきのアイドル声優コンサート会場と違いはないような、SGガールズの客席の盛り上がり。しかしそこには、他にはない独特の切羽詰まった悲壮感が満ちている。ここに炸裂しているのは、せつなさではなく刹那さだ。
13012910.jpg
この「センチメンタルグラフティ SG Girls' Live Memorials」は、SGガールズとそのフリークたちの最後の大盛り上がりを記録したライブビデオ。
VHSビデオとレーザーディスクで発売されていた「SG Girls' Live Memorials」と、その舞台裏を追った「SG Girls Tour Making Special」をまとめた、SGガールズ映像の決定版とも言えるDVD。
このコンサート自体が行われたのは、既にゲーム版『センチメンタルグラフティ』が発売され、セングラブームがいっきに鎮火している頃であったが、SGガールズの、とりあえずのファイナルを見届けようとする会場は、そんな世間のセングラブーム終息などとは、まるっきり隔絶された雰囲気だ。カルトの鑑みたいな光景である。
このコンサートから15年の月日が経とうとしているが、SGガールズのメンバーは、あの一見潰しの利かなそうなオーディション組も含めて、そのほとんどが地味に、しかし堅実に声優や役者、ナレーターの仕事を継続中だ。これなんかも、実にSGガールズらしい話である。



この記事に含まれるtag : 声優 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-1749.html

2013/01/29 | Comment (1) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【くのいち捕物帖】くノ一は地味優等生

   ↑  2013/01/27 (日)  カテゴリー: セガサターン
13012711.jpg
公儀隠密見習いのくノ一、沙悟浄蘭は、実は時の将軍の落とし胤。
しかしその事実を知るのは、忍びの里の長老たちと、蘭のお目付役である忍者リスのサスケのみ。
忍者リスとは聞こえがいいが、要は多少のアドバイスをしてくれるコッパ程度の、あてにもこてにもならないやつだ。
そんな蘭とリスが江戸の町にやってきたのは、忍びの里の卒検のため。
この町にはびこる悪事の陰謀を一つあぶり出せば、蘭は晴れて正式な公儀隠密となれるのだ。
13012706.jpg
くノ一の卵が江戸の町を舞台に活躍する『くのいち捕物帖』は、サターン、プレイステーション、Windowsの三バージョンが登場したADV。
アドベンチャーモードで物語を進め、戦闘はカードバトル。これに『プリンセスメーカー』風の育成要素が加えられたハイブリッドなゲームだ。
剣や手裏剣、泳ぎといった忍者必修科目から、鍛冶に茶道に滝修行、さらには壺振りにダンス、何故か英語に至るまで、規定回数だけ行える修行の数々をやり繰りして、パラメータを調整したあかつきに待っているのは、結婚に出家、はては悪党の妾と、十以上に及ぶエンディング。
13012708.jpg
これなんかも『プリンセスメーカー」ライクだが、この『くのいち捕物帖』の場合は、エンディングの条件がパラメータのみならず、アドベンチャーモードの行動によっても左右されるからややこしい。
さらにこのゲームは、一周のボリュームが結構あるもんだから、マルチエンディングを極めるには、相当の根気を要求されるだろう。
13012705.jpg
されどこの『くのいち捕物帖』、アドベンチャーモードと育成モードのバランスが悪くないうえに、両モードの結果によって手札が増えるカードバトルの戦闘モードも、敵味方双方の攻撃カードや、そのリアクションがバリエーション豊かで、なかなか飽きさせない。
そして三石琴乃に青野武と、若手からベテランまでが顔を並べた声のキャストに、クオリティが高いアニメーションムービー、インパクト抜群のオープニング主題歌と、あちこちに至るまで非常に贅沢に作られた優等生なゲームなのだ。
13012709.jpg
そのソツのなさが、アクの足りなさに繋がっていることも、また確かで、同時期に登場したくノ一ゲーム、『あやかし忍伝 くの一番』が、くノ一の本分ほったらかして百合三昧に走り、強烈なインパクトを残しているのに比べると、どうしても地味な存在になってしまうのだった。
これだけしっかりとした下地がありながら、ギャルゲー系では常套手段とも言えるメディアミックスに走らなかったのも、ちょっと不思議なところだ。



この記事に含まれるtag : ギャルゲー 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-1747.html

2013/01/27 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Vシネマ【くノ一忍法帖IV 忠臣蔵外伝】

   ↑  2013/01/26 (土)  カテゴリー: 映画・DVD
13012610.jpg
日本史の闇に活躍したくノ一たちの、正しい姿を現代に伝える「くノ一忍法帖」シリーズ。
山田風太郎の奇想天外忍法小説を原作に持つ、この映像化作品は、60年代に東映が数本製作した映画版と、90年代にキングレコードから発売されたVシネマ版の二つに大きく分けられるが、私たちの世代を直撃したのは、もちろん90年代Vシネマ版の方だ。
『餓狼伝説2』の不知火舞を皮切りに、格闘ゲームの世界では、ちっとも忍んでない派手なコスチュームに身を包んだくノ一が頻繁に登場するが、それら"ちっとも忍んでいない系"くノ一像を確立させたのも、このシリーズ。
派手な色使いで、裾が極端に短く、胸がやたらとはだけやすい、くノ一コスチュームは、シリーズ第一作の無印「くノ一忍法帖」以降、伝統として長く使い回され続けた。
13012603.jpg
シリーズ第四作「くノ一忍法帖IV 忠臣蔵秘抄」で、能登くノ一衆が身に纏うのも、もちろんこの伝統のコスチューム。
馬鹿な殿様が殿中で刃物振り回して大暴れ。、お家ごと処分され、逆ギレしたその家来たちが、なんの落ち度もない老人一家を襲って虐殺するに至る忠臣蔵は、よくよく考えてみれば相当に酷い話なのだが、これはその陰に咲いた悲しいくノ一たちの物語である。
13012607.jpg
上野正希子(前名・星野由妃)を筆頭とする能登くノ一衆たちは、上杉家家老千坂兵部より、赤穂浪士の主要メンバーを色仕掛けでたらしこんで、仇討ちを諦めさせる密命を受ける。
大石内蔵助、堀部安兵衛、高田郡兵衛、奥野将監ら、赤穂浪士の中核メンバーたちを、ハニートラップに絡め捉えようと、セクシー忍者服で出動する能登くノ一衆。
夜のお江戸、仇討ちに燃える赤穂浪士たちに、くノ一たちの奇天烈エロ忍法が迫り来る!
13012604.jpg
しかしこの能登くノ一衆、女の色香を武器とするクセに、妙に惚れっぽく、そして職業意識がまるっきり欠如した連中でもあった。
70年代風エロ情緒溢れるお色気忍法で浪士たちをたらしこむ能登くノ一衆。その色香の前に男の本能を抑えきれず身もだえする赤穂浪士は、「こんなものがあるから煩悩が芽生えるのだ!」と、陰茎を自ら切り落とすという最終手段で、エロ忍法に対抗するのだった。
堪らないのは、おのれの忍法の拠り所であるイチモツを、目の前でセルフ阿部定された、くノ一だ。
「なんてもったいないことを!」と、転がった陰茎を握りしめては、「そこまでして本懐を遂げたいとは。あなたに惚れたわ!」 ……なんなんだ、お前。
13012605.jpg
このように能登くノ一衆は、揃いも揃って忍者としての本分よりも、女の情念を優先させるから始末に悪い。
浪士の首魁、大石内蔵助を襲ったのは、その名も"魔羅蝋"という忍法。
これは膣と挿入した陰茎が細胞単位で一体化して抜けなくなってしまう、世にも恐ろしい術だ。
早い話が気持ちいいままの膣痙攣みたいなもんだが、とにかく仇討ち決行日まで、繋がった状態のままでリーダーである内蔵助の動きを封じてしまおうという、くノ一の捨て身な作戦の前に、仇討ちの成就は風前の灯火かと思われた。
膣痙攣技で繋がったまま、大八車であちこち引き回されるすったもんだがあった挙げ句、寄りによってそんなところを別の刺客に襲われる内蔵助、絶体絶命。
13012606.jpg
しかし内蔵助は、そんな事態に至っても、「この女の命だけは助けてやれ」と、くノ一に情をかけるのであった。
そんな優しさにうるっときたくノ一は、「私なんかに、そんなお情けを。あなたに惚れました!」と、自ら術を解くと、内蔵助を守って刺客と戦い相討ち。……だからなんなんだ、お前。
この"魔羅蝋"。絵ヅラ的には地味だが、「くノ一忍法帖」シリーズの中でも、"火炎乳"、"母如礼縫亡"と並ぶ、屈指の面白忍法。
ちなみにかけられた内蔵助さんは、「気持ちがいいんで、仇討ちの日までマジでこのままで居ようかと思った」(大意)と、ナイスなコメントを残している。
13012602.jpg
そんなこんなで、おのれの職務を捨てて、結果的に赤穂浪士をアシストして回る、くノ一たちのおかげで、太平の世を騒がせた、あの吉良邸討ち入り事件は無事に決行される。
忍者としての使命よりも、女の情念を優先させた能登くノ一衆と、男のスケベ心に忠実だったがために、結果としておのれの本懐を成就させた赤穂浪士たち。なんともやるせない男女の縁の巡り合わせである。
能登くノ一衆には、"動ける女忍者"担当として、戦隊シリーズなんかの常連だったアクション女優の咲田めぐみ(現・成嶋涼)がキャスティングされているのだが、「アクションよりもベタな色気」が優先されてしまうのが「くノ一忍法帖」。
「色気はないけど動けます!」が売りの咲田は、本来の見せ場に恵まれず、ちょっと貧乏くじを引かされちゃっている。



(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-1746.html

2013/01/26 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Borderlands 2】くノ一セイレーン

   ↑  2013/01/24 (木)  カテゴリー: XBOX 360
『Borderlands 2』に、各キャラクターの追加スキンが、単品バラ売りで登場。
せっかくなので、80MSPを投じて、現在メインで使用しているセイレーンさん用の追加スキンを購入してみた。
セイレーン用スキンは3種類発売されているが、私が買ってみたのは「セイレーン マッドネス パック 」というやつ。
カスタマイズヘッドには「首切りセイレーン」、スキンには「クイックデス」と物騒な名前がつけられているが、要は忍者風コスチュームだ。
13012401.jpg
ただ『Mass Effect 2』のカスミ・ゴトーもそうだったが、西洋人のイメージする女忍者と、日本人が理解するところの女忍者には、大きなギャップがあることは否めない。
我々にとって女忍者とは、あくまでもVシネマ「くノ一忍法帖」シリーズが基準。
ちっとも忍んでないド派手なコスチュームに身を包み、乳を露わにしながら、効果があるんだかないんだかさっぱり判別つかないような、エロくて奇天烈な忍法を使う人々のことを指すのである。
まぁ日本と西欧のカルチャーギャップに基づく誤解を、今さら論ってみてもしょうがないが、しかし向こうの人間に、こういった日本の正しい女忍者像を伝えてあげるのは、お互いにとってとても有意義なことかもしれない。
近い将来、あちらでパツキン版「くノ一忍法帖」シリーズが作られ、それをアルバトロスフィルム辺りが日本に逆輸入するなんて展開もあるかもしれないのだから。
13012405.jpg
くノ一の奇天烈エロ忍法とまではいかないが、セイレーンのスキルは、どれもどん詰まりとなるアサシンと違い、三系統どれを伸ばしても、いずれも使い勝手も楽しさも抜群ときている。
私はとりあえず火系統を伸ばして、それに炎効果アップのクラスMODとレリックを二段構えでぶち込んで暴れ回っている。
こんだけブーストをかませば、金属系の相手でもそれなりにどうにかなるし、炎属性の敵が出てきてもフェーズロックで足止めすれば、その場は凌げるのだから、とにかく恵まれまくったクラスだと言っていい。
13012402.jpg
炎系攻撃の素晴らしさは、その威力だけではない。それは相手の死に様や断末魔にも及ぶ。
「俺、チョー熱いぜ!」、「火のようじーーーん!」、「うおぉぉ、俺、いい臭いぃ……」。炎系武器が引き出す、バンディットさんたちの豊かなボキャブラリーを耳にするたびに、ファイヤーホークの称号を、リリスだけに独占させとくのは勿体ないという気分になってくる。
ゴライアスさんの、「オレ、チョーゼツ怒っちまったぞー!」から「火もしたたる、いいおとこーーー!」のコンボなんかは、堪らなくファンキーで、もう最高じゃないか。




この記事に含まれるtag : ボーダーランズ 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-1745.html

2013/01/24 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |