ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

このページの記事目次 ( ← 2012-08- → )

total 5 pages  次のページ →  

【The Pinball Arcade】Two table add-on pack #3

   ↑  2012/08/31 (金)  カテゴリー: XBOX 360
12083110.jpg
順調なペースで配信されるXBLA版『Pinball Arcade』の追加テーブルパック。
28日に配信が始まったその第3弾は、『Gorgar』と『Monster Bash』、ウィリアムスの新旧を代表する2つの台がパッケージングされたアドオンだ。
まずは70年代と80年代の境にリリースされ、モダンピンボールのさきがけとなった『Gorgar』。
この台のホストである魔人ゴーガーが、音声合成の拙い声で「おれ、ごぉがぁ」「つーかまーえたー」などと喋ることから、世界初の"喋るピンボール台"の称号を得た『Gorgar』のサウンド周りを担当したのはユージン・ジャーヴィス。
後にビデオゲーム開発に転身し、『Defender』や『Robotron: 2084』といったクラシックの名作を作り上げたことで知られる人物だ。
12083106.jpg
この『Gorgar』や、80年代のウィリアムスを代表するピンボール台となった『Space Shuttle』、そしてビデオゲームに活動の場を移してからの『Defender』に『Stargate』に『Robotron: 2084』と、この人のけたたましく猥雑でスペーシーな音作りは、終始一貫したものがある。
だからこの『Gorgar』は、ピンボールに留まらず、創初期のアーケードビデオゲームにも、サウンド面を始めとして大きな影響を与えたゲームだと言えるかもしれない。
今やると、さすがに古さを感じさせる台だけど、喋る魔人ゴーガーに代表される、物々しくておどろおどろしいトータルイメージは、ちっとも色褪せていない。
12083105.jpg
綺羅星の如き傑作を次々と発表して、80~90年代のピンボールシーンをリードしたウィリアムスであったが、やはりピンボールというジャンルの衰退には抗いきれず、21世紀を目前にしてピンボール事業からついに完全撤退してしまう。
その末期のウィリアムスが最後の力を振り絞って放った渾身の一作が『Monster Bash』。
盤面を飾るのは、ドラキュラに半魚人、狼男にミイラ男、フランケンシュタイン&その花嫁と、往年のユニバーサルホラー映画を彩った名アクトたち。
しかしこの人たちは、決して過去の栄光を頼りにリバイバルを目論んだわけではない。
ギターにドラムスティックにキーボード、各々が楽器を手にとってバンドを結成し、今度はミュージックシーンにセンセーションを巻き起こそうとカムバックしてきたのだ。
12083112.jpg
ドラキュラは棺桶の中で夜を待ち、狼男は満月を待ちわび、そしてフランケンシュタインの花嫁はメイクやボイストレーニングに余念がない。
フリッパーを駆使して彼らのお膳立てを整えて回ると、やがて始まるのは彼らが一同に会してのライブ。
「ハロー、トランシルバニア! レッツローーーーック!!」
その瞬間、フィールドはマルチボールという名の、しっちゃかめっちゃかなモッシュピットに早変わりするのだ。「♪ もーんすたーばーっしゅ」
12083107.jpg
大盤振る舞い気味なゲームバランスで、ユーモアたっぷりに進行するゲームを彩るのは、ホラーテイスト溢れるサーフサウンドに、The Misfitsを思わせるホラーロックに、ディスコサウンドに、"歓喜の歌"と、バラエティ豊かな音楽の数々。
まさに乱痴気騒ぎという言葉が相応しい、最高に騒々しくアッパーな、文句なしの傑作台。
このウィリアムスの集大成とも言うべきピンボールは、現在高田馬場のミカドで、アドオン第1弾に収録された『Medieval Madness』と並んで、実機が元気に稼働中だ。

<日本未配信 / ダウンロードには海外タグが必要です>

この記事に含まれるtag : ピンボール 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-1630.html

2012/08/31 | Comment (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【エージェント・アームストロング 秘密指令大作戦】

   ↑  2012/08/29 (水)  カテゴリー: PS1
12082910.jpg
"初めて月面に降り立った男"ニール・アームストロング船長が亡くなったり、"ツールの鉄人"ランス・アームストロングが、自転車界から事実上の永久追放を喰らったりと、最近何かとアームストロング姓の人物の話題が世間を賑わせていますが、かつてゲーム界にもアームストロング姓のアクが強い男が居たことを忘れてはなりません。
そいつの名はエージェント・アームストロング。
太眉エラ張り角アゴと、間違っても日本人受けしないような要素が三拍子揃ったルックスを男ですが、同僚のヒロインだって松島トモ子みたいなご面相。
ショーン・コネリーとオナー・ブラックマンとか、ロジャー・ムーアとタニア・ロバーツとか、スパイ&スパイヒロインにも色々と居ますけど、こんなベッドシーンを想像したくないスパイ&ヒロインは、他には無いような気もします。
12082904.jpg
しかし、見かけはアレですが、エージェント・アームストロングは凄腕スパイ。
世界的犯罪シンジケート"スパッツ・ファルコネッチ"に立ち向かい、地球の平和を守れるタフガイは、彼以外には居りません。
そんな意気込みなんかお構いなしに、四方八方から飛んでくる弾に体力をガリガリと削られ、ジャンプをしくじって一発死を積み重ねるエージェント・アームストロング。
そのバタ臭い外見に違わない、90年代洋ゲーテイスト丸出しの難易度を誇る、歯応え満点の横スクロールアクションシューティング。それがこの『エージェント・アームストロング 秘密指令大作戦』です。
12082906.jpg
一見『魂斗羅』や『メタルスラッグ』のような、任意横スクロールのドンパチ型シューティングに思える『エージェント・アームストロング』ですが、実はそんな単純なものではありません。
奥行きの概念が存在し、画面奥や手前に移動可能。しかも、横スクロールアクションにたまにある軸移動型の奥行きではなく、方向キーで八方向にニュートラル移動ができます。。
そして弾も八方向に撃ち分けが可能。言うなれば、全方位型のシューティングを、無理矢理横スクロール画面に押し込んだような奇妙な体裁ですから、移動から攻撃まで、ありとあらゆるアクションが、感覚的に捉えづらい難しさとなっているのです。
12082908.jpg
そんなクセの強い高難易度ゲームですが、いにしえのスパイ活劇テイストと重厚なゲームミュージック。そしてメリハリが効いてテンポのいいゲーム展開は、そのとっつきの悪さ、歯応えの高さを乗り越えさせるチャームポイントとなるでしょう。
今ならばLIVEアーケードなんかでポロッと出そうなタイプの佳作アクションゲームですね。



(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-1629.html

2012/08/29 | Comment (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Counter-Strike】XBOX版カウンターストライク

   ↑  2012/08/28 (火)  カテゴリー: XBOX
12082803.jpg
本家からの派生というか、マイクロソフトとの間にできた私生児みたいな存在の、初代XBOX版『Counter-Strike』。
日本では英語版に日本語マニュアルを付けた体裁の、ワールドコレクションの一環として発売されました。
「そんなもん、PCでやればいいじゃん!」、「基本的にマウスが使えなけりゃ、どうにもなんないようなゲームを、無理してコントローラで遊ぶこともないじゃん!」
そんな揶揄も受けたりした、『Counter-Strike』の鬼っ子的存在でしたが、しかしボイスチャットという、XBOX LIVEならではの独自な彩りを備えたこのXBOX版は、怒声や、囃し声や、嘆き節や、ヒマこいた奴の無責任な野次が飛び交う、ストイックで競技じみたPC版とはちょっぴり違った空気がありました。
12082805.jpg

その賑やかさと適度な無秩序さは、まるで夏休みのガキどもが集う近所の空き地を思わせる雰囲気で、それが『Counter-Strike』に私が抱いていた、缶蹴りやケイドロに近しいイメージを、よりいっそう増幅させていたのです。
PC版の『Counter-Strike』は、ご存じのように、鍛錬に鍛錬を重ねた競技志向のガチプレイヤーがひしめき、初心者や呑気なプレイヤーにとっては、まるで駒の動かし方を覚えたばかりの人が、将棋の奨励会に放り込まれるような、ハードルの高い場所と化していたのですが、それに比べるとXBOX版は非常に牧歌的なレベルでした。
そんなレベルの差からくる独特の緩さ加減も、XBOX版『Counter-Strike』の独自なセールスポイントの一つです。
12082808.jpg
デフォルトで収録されているステージは18。マッチ形式は爆破モードと人質救出モードの2つ。
そして追加ダウンロードステージとして、定番であるOfficeとInfernoが配信されていましたが、こちらは初代XBOXのサービス停止と共に、配信も終わっていると思われます。
XBOX版ならではの、もう一つの独自要素が、地下鉄駅と鳥居と仏像が混在した武家屋敷(?)をモチーフにした日本ステージ。
このマップではカウンターテロリスト側に機動隊が登場。
何の警告もなしに容赦なく頭目がけて発砲し、犯人全員射殺をもって制圧とする、いつもと違うガチンコ機動隊の姿に、マジになった暴力装置の恐ろしさを窺い知ることができるでしょう。
もちろんヤクザ風のテロリスト側に回り、交番にカチコミかけるのも自由です。
12082806.jpg
初代XBOXのオンラインサービスは、2010年の4月に全面終了してしまいましたが、その初代XBOXのライブ対応ソフトの中で、最後まで人で賑わっていた定番タイトルは、私が確認した範囲では、『HALO 2』、『スターウォーズ バトルフロント』、『コンカー ライブ&リローデッド』、そしてこの『Counter-Strike』の4つでした。



この記事に含まれるtag : FPS 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-1628.html

2012/08/28 | Comment (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【No・Ri・Ko】CD-ROMの尖兵、小川範子

   ↑  2012/08/25 (土)  カテゴリー: PCエンジン
120824510.jpg
ドラクロワが描いた"民衆を導く自由の女神"のように、三色旗の代わりに、ROM2と描かれたCDロムロムのロゴマークをを手に、いざCD-ROMの時代に人々を導かんとしたミューズ。それも小川範子でした。
まだ音楽CDすら完全に普及していなかった時代に、果敢にもCD-ROMドライブという大胆なオプションに打って出たPCエンジン。その尖兵となったロンチソフトは『ファイティングストリート』と『No・Ri・Ko』の二本。
方やみんなに忘れ去られていた初代ストリートファイター。方やアイドルのファンディスク。
しかし『ファイティングストリート』はともかく、アイドルの肉声や楽曲、ビジュアルが詰まったファンディスクは、CD-ROMというメディアができることを、世間に噛み砕いて伝えるには、ある意味うってつけだったのかもしれません。
ただし、その大役に白羽の矢が立ったのが、小川範子だったのが、なんとも不思議なところでしたが。
120824505.jpg
当時の小川範子さんは、決してトップアイドルとして盤石の知名度を築いていた存在ではありませんでしたし、それ以前に私などは、この人がアイドルの範疇に組み入れられることに、ちょっと違和を感じてしまいます。
彼女はどちらかというと、子役から叩き上げてきた若い女優さんという印象が強く、その頃でもあまりアイドルの枠に入るようなイメージではなかったような記憶があります。
確かにレコードもコンスタントにリリースしていたみたいで、そのうちの何曲かもこの『No・Ri・Ko』の中で聞くことができますが、アイドル歌謡と呼ぶには雰囲気が微妙に違うものですし、何より彼女には、アイドル的な浮世離れした部分が、基本的にまったく欠如していますから。
120824506.jpg
そんな小川範子に、世界初のCD-ROMゲーム女優の任が降って湧いたのは、一説によるとハドソンだかどっかに、彼女の熱心なファンが居たかららしいですが、もし事実ならさもありなんといった話ですよね。
今で言うと、自分の好きな声優がヒロインの声を務めることを前提に、ゲームの企画を推し進めるようなもんなんでしょうか。
とにもかくにも、一個人の清く正しい欲望に端を発した(?)、この世界初のコンソール機用CD-ROMゲーム。
それは小川範子の定期を拾った主人公が、それを正直に届け出たことから始まります。
120824507.jpg
お礼にと、小川範子本人からコンサートに招待される主人公。しかも楽屋にまで招かれ、小川範子本人と直々に対面するオプション付きです。
そこでマネージャーから出された驚きの提案は、小川さんは明日オフでヒマだから、一日付きあってやってくれないかという大胆なもの。
これが同じノリコ、同じCDロムロム繋がりでも、ノリピーの方であったなら、美人局の可能性を大いに疑うとこですが、相手はあの生真面目を絵に描いたような小川さんです。
一も二も無しに快諾して、小川範子との楽しくも濃密なひとときが幕を開けるのです。
120824504.jpg
原宿ではブティックで服を選んでやり、渋谷ではお食事タイム。食事のメニューはルーレットで決まりますが、ここはなんとしても豪儀な寿司を射止めて、おのれの甲斐性を大いにアピールしておきたいところです。
しかし意気込みも空回りして、選ばれたのはうどん。そんなしょぼいメニューでも、小川さんは美味しそうに食してくれます。さすが人間ができていますね。
さらには六本木でディスコを楽しみ、軽井沢で写真撮影と、楽しい一日もあっという間に過ぎ、さあお開きかというところで、タイミングよく降ってきたのは雨。
「あ、雨! うちで雨宿りしていきません?」
いやあ、範子(共に過ごすうちに、いつの間にか、私の中では呼称がなれなれしいものに変化していました)って、見かけによらずなかなか大胆だなあ!
120824503.jpg
(ナイス雨!)と絶妙なアシストに拍手を送りつつ、範子の自宅に舞台を移して、彼女との甘いひとときは延長戦に突入。
さあ、プロレスごっこでも柔術ごっこでも、ばっちこい! と意気込む私でしたが、土俵際の小川さんは見かけ通り身持ちが堅いです。
範子クイズ、相性テスト、あっち向いてホイ。次々とうちかかる試練を乗り越えたご褒美は、生歌にアルバム鑑賞。
「私の昔のアルバムを見ませんか?」と切り出されたときには、さすがに「い、いや、今はそういうのを持ってるだけで後ろに手が回るご時世ですから……」と、こちらが大慌てしてしまいましたが、幸いなことに出てきたのは、ごく普通のスナップ写真でした。そりゃそうです。
120824502.jpg
アドベンチャーゲームと言いきってしまうには苦しい、ファンディスクレベルの内容ですが、このスタイルはPCエンジンCDロムロムの伝統として引き継がれ、後に『鏡の国のレジェンド』や『井上麻美 この星にたったひとりのキミ』といった後継作を輩出することとなります。
しかし、新メディア旗揚げのロンチが、特定アイドルのファンディスクってのも、今から考えるともの凄い話ですけどね。



この記事に含まれるtag : 実写ゲーム タレントゲー 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-1626.html

2012/08/25 | Comment (7) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【山村美紗サスペンス 京都鞍馬山荘殺人事件】

   ↑  2012/08/24 (金)  カテゴリー: 3DO
12082407.jpg
ドラクロワが描いた"民衆を導く自由の女神"のように、三色旗の代わりに、おでんと揶揄された3DOのロゴマークを手に、いざマルチメディアの時代に人々を導かんとしたミューズ。それは小川範子でした。
1994年3月の終わりに、颯爽と日本登場を果たしたパナソニックの3DO REALと同時に、6本のソフトがロンチタイトルとしてお目見えしました。
高城剛のやっつけ仕事『チキチキマシン猛レース』、へっぽこピンボールゲームの『ファイアボール』、他機種でもさんざん出て新鮮味のないT&Eソフトのゴルフシム『ペブルビーチの波濤』、米版ウルトラマンが逆輸入されてきた『ウルトラマンパワード』、空間創造ゲームというとっつきの悪いジャンルの『ザ・ライフステージ』と、今思えば実に苦しいラインナップですが、その中にあって次世代CD-ROM機の底力を、分かり易く世間に伝えた存在が、パック・イン・ビデオよりリリースされた実写推理ADV『山村美紗サスペンス 京都鞍馬山荘殺人事件』です。
12082406.jpg
実際の2時間ドラマのスタッフやキャストを起用して製作された実写動画をフルに活用した"インタラクティブに遊べる2時間ドラマ"は、ゲームとは平たい画面の中でドット絵が跳んだり跳ねたりしているものという人々の常識を覆し、新世代メディアプレイヤーが切り拓く新たな地平をアピールするには、まさにうってつけのコンセプトでした。
このゲームは3DOロンチタイトルの中でも最も注目を集め、そして早々とささやかな規模に落ち着いてしまった3DOソフト市場でも、屈指のロングセラーとなったのです。
12082402.jpg
そんな新時代の到来を高らかに告げた『京都鞍馬山荘殺人事件』ですが、このゲームのベーシックな部分は、実は8ビット機時代の山村美紗や西村京太郎の推理ADVを、ほぼそのまま継承したオールドスクールなもの。
大きな変化と言えば、8ビット機時代に画面を彩っていたドット絵のグラフィックが、実写映像にそのまま入れ替わったくらいです。
しかし、それは見方を変えれば、『山村美紗サスペンス 京都花の密室殺人事件』や『山村美紗サスペンス 京都龍の寺殺人事件』といった、ファミコン時代の山村美紗ADVが本当にやりたかったインタラクティブ2時間ドラマというスタイルが、3DOの登場(とパナソニックの太っ腹な支援)によって初めて真の形で実現できるようになったと言えるのでしょう。
12082405.jpg
この豪華なインタラクティブ2時間ドラマを彩る出演者は、主演の小川範子を筆頭に、西岡徳馬、佐藤蛾次郎、黒田アーサー、吉川(現・君島)十和子、赤座美代子、河原さぶ、草川祐馬と、火サスや土曜ワイドそのまんまの面子。もちろん山村紅葉姐さんも、いかにもな役どころで登場します。
それから被害者が入院していた病院の看護婦役に坂上香織、事件の中心となる日本舞踊流派の弟子たちに乙女塾出身のアイドルグループQlair(井ノ部裕子、今井佐知子、吉田亜紀)。
続編となる『西村京太郎トラベルミステリー 悪逆の季節 東京 南紀白浜連続殺人事件』でも、立花理佐や吉沢瞳が割とどうでもいい役にキャスティングされてましたし、元アイドルをエキストラ一歩手前の贅沢な使い方をするのは、このシリーズの伝統なのかもしれません。
12082404.jpg
終盤、事件の舞台となった山荘内を探索時に、唐突に3Dポリゴンアドベンチャー風の画面に移行するのは、いかにも時代を感じさせます。
この時に小川範子を壁に向かって体当たりさせると、ご本人がいちいち「いてっ!」と悲鳴をあげるのはご愛嬌。
他機種に移植をされることもなく、3DOを象徴するようなタイトルとしてオンリーオンの座を守り続けてきた作品ですが、15年の月日を経て、何の前触れもなく突然PSPに移植されたのは、記憶に新しいところです。
しかしそのPSP版は、実写映像が『かまいたちの夜』風のシルエットモードに変貌を遂げた、オリジナルにあったインタラクティブ2時間ドラマのコンセプトを、何一つ継承していないシロモノで、これによって幸いにも3DO版の唯一無二な存在価値は守られたのでした。



この記事に含まれるtag : 実写ゲーム ミステリ 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-1625.html

2012/08/24 | Comment (2) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |