FC2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

このページの記事目次 ( ← 2012-05- → )

total 4 pages  次のページ →  

【みちのく秘湯恋物語 Kai】恋とこいこいのみちのく路

   ↑  2012/05/02 (水)  カテゴリー: PS1
12050217.jpg
誰の行いが悪かったのかは知りませんが、あいにくと全国的な雨模様になってしまった大型連休中日。
しかし私の気分の方は、決して雨模様というわけではありません。
何せ、この初夏の東北路を巡る私の傍らには、現地で捉まえたJKがぴったりと寄り添っているのです。
JKと 楽しいみちのく ふたり旅 (芭蕉)。
だけど、私の心が決して日本晴れな気分にまで至らないのは、二人の間に何故か無粋に広げられた花札にその理由があるのでした。
12050209.jpg
「朱鷺子さん、ここが奥州藤原三代が栄華を極めた金色堂だよ」
「まぁ、綺麗!」
「じゃあ、こんなとこで何だけど、さっそく花札で勝負だ!」
「はいっ!」
「朱鷺子さん、ここが義経終焉の地、衣川だよ」
「まぁ、ロマンチック!」
「じゃあ、こんなとこで何だけど、さっそく花札で勝負だ!」
「はいっ!」
12050215.jpg
芭蕉が思わず句を詠んだ歴史情緒溢れる地で、風光明媚な景色を進む川下りの船の中で、時と場所を全く選ばず花札を広げこいこいに興じる迷惑二人組。
私がもし猊鼻渓川下りの船頭だったら、自分の船の中で景色そっちのけでこいこい勝負にうつつを抜かすこいつらを、問答無用で川の中に叩き込んでいるところです。
ギャルと旅情と花札。まるで落語の三題噺のような取り合わせを、無理矢理ゲームに仕上げたフォグの実質的デビュー作、『美少女花札紀行 みちのく秘湯恋物語』。
続いてお色気度をちょっとアップしたサターン版『美少女花札紀行みちのく秘湯恋物語スペシャル』と、プレステ版オリジナルの内容をマイナーチェンジした『みちのく秘湯恋物語 Kai』が登場しました。
現在、ゲームアーカイブスで入手することができるのは、この『みちのく秘湯恋物語 Kai』です。
12050210.jpg
のちに『風雨来記』(このタイトルを初めて耳にしたとき、てっきり忍者もののゲームだと思い込んでしまいました。だっていかにも風太郎忍法帖に出てくる忍者の名前みたいじゃん!)で、旅情ギャルアドベンチャーというジャンルを確立させたフォグでしたが、この『みちのく秘湯恋物語 Kai』は、そのプロトタイプとも言える作品。
しかし、メインディッシュとも言える、情緒豊かなみちのく路の旅も、執拗に差し挟まれる理不尽な花札勝負(花見酒なんて役に代表されるように、こいこいはバランスが極端に悪く、理不尽さが常に先に立ってしまうゲームです)や、ほとんどギャグの域にまで達した、借金を抱える薄幸の美少女と、典型的にも程がある脂ぎった金貸し屋の絡みに、完全に食われ気味で、プロトタイプならではの未成熟さも露呈しているのでした。
12050212.jpg
だけど、そんなギャグ一歩手前のメインストーリーが、このゲームの魅力の一つとなってしまっているのもまた事実で、中でも金貸しの手先となり、スワンボート特攻、仲居変装など、あまりにもトリッキーなちょっかいを仕掛けてくる冴子さん(本作の裏ヒロイン)の登場パートは、この旅の真のハイライトと要っても過言ではありません。
この人を前にすると、JKなのにJKっぽさのかけらもなく、中途半端に大人びたヒロインは、今ひとつ分が悪い立場に追いやられてしまいます。
そう、私も本音を言えば、情緒あるみちのく路の旅は、こんな中途半端な生真面目JKよりも、往年の叶和貴子のような、和服の似合うしっとり熟女と一緒に巡ってみたいです。
何よりそんなメインキャラであれば、みちのく路と花札という、今ひとつ食い合わせの悪い両テーマも、何となくしっくり来るではありませんか。
12050214.jpg
「朱鷺子さん、ここが奥州藤原三代が栄華を極めた金色堂だよ」
「まぁ、綺麗!」
「じゃあ、こんなとこで何だけど、さっそく花札で勝負だ!」
「(着物の胸元を正しながら)い、いけません、私には夫が!」
「朱鷺子さん、ここが義経終焉の地、衣川だよ」
「まぁ、ロマンチック!」
「じゃあ、こんなとこで何だけど、さっそく花札で勝負だ!」
「(着物の裾を押さえながら)い、いけません、私には夫が!」
「朱鷺子さん、ここが遠野物語の舞台となった遠野だよ」
「まぁ、神秘的!」
「じゃあ、もう花札とかいちいち面倒臭いから、そんなのかっ飛ばしてさっそく」
「ああああ、あなた、許して……」
こんな感じで、是非とも「みちのく秘湯恋物語・改々」を出して頂けないでしょうか、フォグさん。



この記事に含まれるtag : ギャルゲー テーブルゲーム  

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-1530.html

2012/05/02 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Dead to Rights: Retribution】追加DLC「GAC Pack」

   ↑  2012/05/03 (木)  カテゴリー: XBOX 360
PACはPacific Accreditation Cooperation(太平洋認定機関協力機構)。TACはTerrible Monster Attacking Crew(超獣攻撃隊)。
そして『Dead to Rights: Retribution』で、はみ出し刑事ジャック・スレイトと、その愛犬シャドウの前に立ち塞がったGACはGrant City Anti Crime Unit(この街の治安は俺たちが勝手に守るぜ部隊)。
傭兵あがりや警察特殊部隊崩れをかき集めたハイパフォーマンス戦闘集団だが、それが一人と一匹の前に壊滅させられた現実を見ると、逆上して前後の見境がつかなくなった男と、主人以外の者にはなりふり構わず牙を剥く狂犬のコンビに勝るものは、世の中にはないということがよく分かる。
12050316.jpg
『Dead to Rights: Retribution』の追加ダウンロードコンテンツ「GAC Pack」に含まれる"Assault on the 87th Precinct"は、そんな狂人と狂犬のかませ犬となったGACの側で、グラントシティを機能不全に陥れた87分署占拠事件を体験することが出来るサイドストーリーシナリオだ。
本編を貫いていたアティチュードは、「悪党にかける情けはない。容赦せずにやっちまえ!」だったが、この"Assault on the 87th Precinct"のそれも、基本的に大差は無い。
「おまわりにかける情けはない。容赦せずにやっちまえ!」
どうせ相手は無駄飯食いの警察官どもだ。真の治安維持機関に備わった非寛容の精神をフルに発揮して、この街の治安と安全を委ねるに値するのが果たしてどちらの組織なのかを、奴らにたっぷりと思い知らせてやろうではないか。
12050311.jpg
このサイドストーリーでは、三人のキャラクターを順番に受け持つことになる。
まず最初に登場するのは狙撃のプロフェッショナル、カッパーフィールド。その役目は狙撃銃と電撃ガンを駆使して、分署の屋上を制圧すること。
続いて担当するのは硬質アーマーに身を包んだコディアック。両腕に電撃ガントレットを装備したこいつは、格闘アクションに特化したキャラだ。チャージして放つ電撃パンチで、おまわりどもを次から次へと無力化して、分署の中を完全に制圧してやろう。
最後に登場するのは、本編でもジャックをさんざん苦しめた重装キャラ、タンク(♪だけど犬にはとっても弱いんだってさ)。本編で猛威を振るったガトリングガンで、分署の外に駆けつけた警察の増援を一掃してやるのだ。
12050312.jpg
TPSと格闘アクションのキメラだった本編と違って、このサイドストーリーは、TPSと格闘アクションの担当がそれぞれのキャラクターに分けられている。
カッパーフィールドのパートではシューティングに、コディアックのパートでは肉弾戦に専念していれば、まず間違いはない。
この完全分業制によって、本編よりも理解しやすく、非常にすっきりとしたゲームになっているのが特徴だ。もっとも、それは本来の『Dead to Rights』らしさを非常に薄味にしているのでもあるのだけれど。
12050313.jpg
やたらとごちゃごちゃしたシステムを使いこなそうとしてあっぷあっぷすることこそが、『Dead to Rights』の本分!
そう頑なに信ずる人にお勧めなのが、「GAC Pack」もう一つの看板、"Riot Control"モードだ。
これは次々と押し寄せる、ユニオンやチャイニーズマフィアやGACの群れを、制限時間いっぱいまでひたすら撃退する、おひとり様(プラス犬一匹)専用ホード。
しかし、ランキング上位に名を連ねるためには、ただ漫然と敵を倒し続けるだけでは、とてもおぼつかないだろう。
12050314.jpg
ホールドからの高所蹴り落とし。ヒューマンシールド。爆発物射撃。格闘フィニッシュムーブ。ディスアームからのヘッドショット。犬が噛みついている相手にとどめ。電源盤に放り投げて感電させる等々。
『Dead to Rights』に備わっている、あらゆる攻撃手段をバリーエーション豊かに行使することで、スコアはようやく一定のレベルの上昇率となるのだ。
格闘、銃撃、犬と、てんでばらばらなシステムを満遍なく使いこなすことが要求される、このちょっぴり変態じみたモード。
コアな『Dead to Rights』ファンに向けられた(そんなファンが果たして居るのかどうかは定かじゃないが)、この"Riot Control"は、まさに究極の『Dead to Rights』と言えるモードだろう。



この記事に含まれるtag : TPS 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-1531.html

2012/05/03 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【フリートークスタジオ マリの気ままなおしゃべり】

   ↑  2012/05/07 (月)  カテゴリー: セガサターン
12050720.jpg
國府田マリ子と金月真美。共に90年代に一世を風靡した声優さんですが、この二人が今度新たにユニットを結成してCDを発売するとかで、その名が再び注目を集めています。
もし90年代半ばに実現していれば、それこそミック・ジャガーとデビッド・ボウイのコラボみたいなもんになっていたのですが(コナミ繋がりで決してあり得ない話ではなかったはず)、そのタイミングを15年ほど逃しての、このコラボ企画。
まぁ堀ちえみや早見優といった既婚子持ちの元アイドルの最前線復帰みたいに、アイドル声優の世界にも、そんな結婚を経た二周目の展開が訪れるようになってきたのでしょう。あと10年経てば、ほっちゃんとかゆかりんの番かもしれませんよね。
12050717.jpg
90年代中期以降の國府田マリ子さんの人気というのは、相当に凄いものがありまして、それはラジオパーソナリティから、アイドル声優としては意外とやりたい放題だった音楽活動、さらには実写の主演映画(お相手は大森南朋)にまで及びました。
もちろんゲームだって同様です。実写の國府田さんが登場するゲームには、珍作『ボイスパラダイス エクセラ』なんてのがありましたが、この『フリートークスタジオ マリの気ままなおしゃべり』は、実写國府田さんこそ登場しないものの、國府田さんが文字通りピンで看板となった、國府田マリ子ファンのための國府田マリ子ゲームです。
12050715.jpg
國府田さん演じるラジオ局の新人アナウンサーが番組を任され、一癖二癖ある程度の言葉では収まりのつかないゲストたちを、何とか捌いて番組を円滑に進行させる。
まぁ基本的に、番組中に会話選択肢が数回出てくるだけの内容ですが、タチの悪いゲストに翻弄されて胃の痛い思いをする番組進行役の気持ちだけは、痛いほど伝わってきますので、"ラジオDJシミュレーションゲーム"という自己申告も、あながち間違ってはいないと思います。
12050716.jpg
これらのゲストは、國府田さんと同じ青二プロの役者さんたちが演じているのですが、何故か関西コメディアンの伊素川アヤというキャラだけが、中の人(久川綾)をもじったネーミング。
久川さんもキャラ同様大阪の出身ですし、國府田さん演じるアナウンサーも「アヤさん」などと語りかけるもんですから、この回はまるで青二プロの先輩後輩同士の会話にしか聞こえてきません。
しかしこのコメディアンは、並みいるゲストの中では一番扱いやすい、言わば雑魚キャラ。
伊素川回を終えて襲いかかってくるのは、番組の最中にマネージャーを呼び出してゴネるアイドル(CV. 萩森侚子)とか、番組中に「そこに霊が見える」などと吹かし始めるオカルト作家(CV. 山崎和佳奈)だのと、そもそもこんな奴らを公共の電波に乗せるなと言いたくなるような、一筋縄ではいかない連中ばかり。
12050714.jpg
そしてある意味、真のボスキャラと言える存在が、富沢美智恵さんが演じる芸術家のナナシー比留間先生。
富沢さんのナチュラルアッパーな芝居と、エキセントリックなキャラクターが見事に融合した、このナナシー先生登場回は、本作のクライマックスといっても過言ではありません。
「頭で電波を受信しなさい」
生放送中に、そんなスレスレのことを言い立てるナナシー先生に、「な、なんか聞こえてきましたぁ!」と応じる新人アナウンサー。君は大人です。
ナナシー先生と比べると、ラスボスである歌手の河合奈津美さん(CV. 國府田マリ子。國府田マリ子が國府田マリ子をゲストに迎えるという、ワケの分からない事態に)は、何と常識をわきまえた人に見えることでしょうか。
12050718.jpg
「意外と普通ですね」という、掟破りの先制パンチに意外と上機嫌な河合さん。
「私、奈津美さんのCD、全部持ってますよ!」「まぁ、嬉しいです」「奈津美さんの音楽は、もう日常生活のBGMみたいなもんです!」「………そう。私の音楽って、BGMみたいに聞き流せてしまえるもんなんですね」
前言撤回! やはり他のゲストに負けず劣らず面倒臭い人でした。エレカシの宮本を前にした、あの女性DJの気持ちが、よぉぉぉぉぉく分かりました!
アーティスト様だか、クリエイター様だか知らねえが、いい年こいてんだから、少しは大人の対応ってものを覚えろや!
12050721.jpg
そんなこんな慎ましやかなドタバタ劇に彩られ、タイトにまとまった意外な佳作小品。
だけどその一方で、値段は一般作並み。しかもブックレット同梱の赤版と、トレカ同梱の青版という二種類のパッケージを用意し、さらにサターン版とプレステ版では、國府田マリ子が歌う収録曲がそれぞれ別という、國府田ファンに「全種類漏らさず買え!」と迫る、えげつない商魂も、たっぷりと備わっています。
オープニングデモの、あまりにもアシッドでぶっ飛んだ色使いも、これまた必見。



この記事に含まれるtag : 声優 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-1534.html

2012/05/07 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Cliffhanger】クリフハンガーは雪山版たけし城

   ↑  2012/05/11 (金)  カテゴリー: メガドライブ&メガCD
120511002.jpg
「オッス! みんな体鍛えてるか? スタローンだ。本当は高いとこは苦手なんだけど、でも頑張ってぶら下がってるぜ!」
「ロックアップ」、「オスカー」、そしてもはやヤケクソの極みとも言える「刑事ジョー ママにお手上げ」と、90年代に入ってからのシルベスター・スタローンは、落ち目一直線。
色々とイメージチェンジを図るも、それがすべて裏目に出る負の連鎖が続いていたのですが、その流れを断ち切って、起死回生の作品となったのが、レニー・ハーリンと組んだ、'93年作の「クリフハンガー」です。
慣れないコメディに悪戦苦闘していた前作や前々作から一転、久々に単純明快なアクション路線に舞い戻ったこの映画。
初っぱなからハーリンのハッタリ魂溢れる、ド迫力の山岳救助シーンで、観る者の度肝を抜いてくれました。
120511003.jpg
しかし話が本題に入ると、急に雲行きが怪しくなってくるのも、いつものハーリン流。
雪山に落ちた大金を回収せんとする悪党どもに、山岳救助員のスタローンとマイケル・ルーカーが、さんざんパシらされる巻き込まれ型のお話なのですが、ジョン・リスゴー以下の悪党どもは、どうやら寒い雪山で馬鹿をこじらせちゃったから、話は勝手にややこしくなってきます。
何せ崖の上にいるスタローンに向かって、「撃てーっ! 撃ちまくれーっ!」と盛大に発砲しては、「うわーっ、雪崩だぁぁ!」とマッチポンプで大騒ぎするような困った連中。
だからスタローンの行動が、これまた行き当たりばったりだったとしても、似た者同士で両者の駆け引きは妙にシンクロしちゃうのでした。
120511005.jpg
このジェネシス用ソフト『Cliffhanger』は、その「クリフハンガー」のオフィシャルシネマゲーム。
オープニングのデモは、スタローン演じる山岳ガイドが、何の因果でTシャツ一枚の姿で雪山を彷徨かなければいけない羽目に陥ったのかを、原作映画の超ダイジェスト進行で解説。
120511004.jpg
そしてスタローンの雪山を舞台にした孤軍奮闘が幕を開けるのですが、何故か始まるのは、この時期のシネマゲームやキャラクターゲームにありがちな、やたらと薄味なベルトスクロールアクション。
わらわらと現れる敵を、パンチやキックや拾ったナイフで片っ端から血祭りに挙げて行くスタローン。
この映画でのスタローンは、基本的に切った張ったとは無縁なクライマーという設定だったからこそ、新鮮味を感じさせたのですが、この劣化『ベアナックル』では、そんな設定も台無しです。
120511006.jpg
そしてその合間に挟み込まれるのは、崖をフリークライミングしたり、迫り来る雪崩からダッシュで逃げるパート。
ここらは「クリフハンガー」らしさを、一応感じさせなくもないですが、崖パートでは中途に『クレイジークライマー』のゴリラよろしく居る大男が、石をぶん投げて妨害してきたり、雪崩パートでは、そこら中にある岩を、連続ジャンプで回避しなければならないなど、余計なギミックが自己主張しているので、こちらも次第に「クリフハンガー」ならぬ、雪山版風雲たけし城を、無理矢理やらされてる気分になってきます。

<北米版ソフト>

この記事に含まれるtag : シネマゲーム 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-1537.html

2012/05/11 | Comment (0) | Trackback (1) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Test Drive Unlimited 2】追悼キャロル・シェルビー

   ↑  2012/05/13 (日)  カテゴリー: XBOX 360
数々の名車にその名を残すアメリカンマッスルカーの父、キャロル・ホール・シェルビーが、89年に渡る生涯を閉じた。
1950年代に、当時のF1やル・マンなどでドライバーとして活躍。レーサー引退後はコンストラクターとしてシェルビー・アメリカンを設立。
1960年代を代表する名車を次々と生み出し、アメリカンマッスルの礎を作った、米国自動車業界のレジェンド的存在である。
12051314.jpeg
しかし1970年代に入り、巨大資本化とマスキー法(排ガス規制法)の波を受けた自動車市場と、打倒欧州車を目指し、より早く、よりパワフルさを追求した氏の理念とは、次第に相容れない関係となり、長年パートナー関係を築いていたフォードとの関係も悪化してしまう。
そんなシェルビー氏とフォードの関係が修復したのは、21世紀に入ってから。2007年に登場したシェルビー・マスタングGT500は、氏が手がけた1960年代の名車、シェルビー・マスタングの21世紀型最新モデルとなった。
12051311.jpg
シェルビー氏がこの世に最初に送り出した車は、英国のAC自動車と共同開発したACコブラ。
コンパクトなボディに強力なフォード製V8エンジンを搭載した、アメリカンマッスルの嚆矢的存在だ。
『Test Drive Unlimited 2』の中では、このACコブラはマップ内に散らばったパーツを集めると入手可能になる、トレジャーハントカーとして登場する。
軽量ボディにハイパワーエンジンの無茶な組み合わせで、アクセルを踏み込むとパワーを押さえきれずに、尻がぶるんぶるん左右に振れて蛇行する、人呼んでスネークダッシュは、この『TDU2』のACコブラも何となく再現しているような、していないような。
12051313.jpg
ACコブラで手応えを得たシェルビー氏が、レースの舞台で欧州車を粉砕するために、満を持して送り込んだレーシングマシンが、シェルビーコブラ・デイトナクーペ。
溜息が出るほど美しいデザインの、最先端を極めたボディにフォードV8エンジン。
名前の由来となったデイトナ2000を始めとして、欧州と米国を股にかけ、幾多のレースを席捲したこの名車。
『TDU2』ではACコブラ同様に、トレジャーハントによって入手することができる。
多少の手間はかかるが、何せ僅か6台しか生産されなかった究極のレアリティカーだ。その走りっぷりもCクラスカーとは思えないくらいだし、手間暇かける価値は充分すぎるほどある。
12051312.jpg
そしてシェルビーブランドの最後を飾る車となってしまったのが、2007年型シェルビー・マスタングGT500。
21世紀に蘇ったアメリカンマッスルにして、史上最強のモンスタークーペ。
デザインが変態じみた領域にまで達してきた、最近の欧州ハイエンドスポーツカーとは一線を画す、獰猛な闘犬を思わせる猛々しいルックスは、自動車大国アメリカのプライドをびんびんに感じさせるではないか。
このシェルビーGT500は、『TDU2』では有料の追加ダウンロードコンテンツ。カジノオンラインを始めとする『TDU2』の各種DLCは、日本ではつい最近になってようやく配信が始まった。
もはや今さら感漂いまくりの、この追加DLCだけど、しかしシェルビーGT500が入手可能になるという、あまりにも重要な意味を持ったコンテンツであることに変わりはない。
イビサの陽の下で、オアフの月の下で、赤白ストライプのこの21世紀版マッスルカーを、思うままに駆ろうではないか。もちろん、偉大なるキャロル・ホール・シェルビーへの弔意を胸に。



この記事に含まれるtag : テストドライブ 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-1539.html

2012/05/13 | Comment (0) | Trackback (1) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |