FC2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

このページの記事目次 ( ← 2011-12- → )

total 6 pages  次のページ →  

【ジュラシックパーク3 ~恐竜にあいにいこう!~】

   ↑  2011/12/01 (木)  カテゴリー: GB & GBA
11120107.jpg
「スターウォーズ」には、さすがに及びませんが、「ジュラシックパーク」はそれに次ぐくらい、関連ゲームが多くリリースされた映画です。
つい先日にも『Jurassic Park: The Game』という作品がリリースされたばかりですが、過去に遡っても、メガドライブにメガCD、3DOにプレイステーション、ゲームギアにアーケードゲームと、もう「ジュラシックパーク」のゲームが出ていないとこは無いんじゃないかと思わせるほど、ありとあらゆるハードでリリースされていました。
11120101.jpg
「ジュラシックパーク」のゲームは、ハードのみならず、そのゲームジャンルに於いても多岐に渡っていたのが特徴で、オーソドックスな横スクロールアクションから、インタラクティブADV、ガンシューティング、ピンボールと、非常にバラエティ豊かなラインナップになっています。
中には恐竜たちが闊歩するパークを経営管理する、『経営シミュレーション ジュラシックパーク』というタイクーン系箱庭経営シムの作品までもがあります。
管理を疎かにしていると、凶暴化した恐竜が柵をブチ破って客に襲いかかったりする非常に愉快なゲームでしたが、それのタイニー版であるこのゲームボーイアドバンスソフト、『ジュラシックパーク3 ~恐竜にあいにいこう!~』は、さすがにキッズ向けの内容なので、その手のファンキーな事態はさすがに出てきません。
11120103.jpg
とは言え本作は、『経営シミュレーション ジュラシックパーク』の要点整理版として、非常に手堅くまとまったゲームであることも、また確かです。
GBA上で箱庭経営シムを展開するという無茶から始まっていますので、パーク内の施設やオブジェクトの配置は、あくまでも簡素なものに留まり、経営的な要素も簡略化されています。
諸施設経営の鍵を握るのは、バスの運行状況と本数次第と言ってもいいでしょう。それ以外の宣伝や施設料金に関しては、軽く気を遣う程度で全く問題ありません。
11120102.jpg
ただ、自分のパークにお気に入りの恐竜を揃えるには、それなりの手間がかかります。
莫大な資金を投じて発掘隊を世界各地に送り込み、発掘した化石を解析してDNAを収集。そのDNAが完全に揃えば、めでたくその恐竜の卵を製作し、これを孵化することができるのです。
1回の発掘隊遠征で手に入るDNAは数個。1種の恐竜を再現するのに必要なDNAは、全部で5種類なので、序盤のうちはなかなかこれが揃わず、辛うじて再生できたしょぼい恐竜1,2頭を目玉にした、綱渡りのパーク経営を強いられるやもしれません。いくら資金が苦しくとも、発掘隊は常時送り続けねばならないからです。
11120105.jpg
そうやって地道にDNAを収集し、卵を孵化させ恐竜図鑑をちまちまと埋めて行く。
完全にタイクーン系のゲームに徹した『経営シミュレーション ジュラシックパーク』と違って、この『ジュラシックパーク3 ~恐竜にあいにいこう!~』の妙味は、そんな恐竜図鑑を埋める作業に、経営シムの風味を味付け程度に足したものと言えるかもしれません。
11120109.jpg
ゲームボーイアドバンスでは、他にも「ジュラシックパーク」のゲームがやたらと発売されているのですが、その中でも本作と並んで異色の存在が、『ジュラシックパーク・インスティテュートツアー Dinosaur Rescue 』という作品。
これは2003年に開催されたジュラシックパーク・インスティテュートツアーというイベントアトラクションの会場のみで販売された限定ソフト。
ただし、その中身はと言えば、ゲーム&ウォッチレベルのミニゲームが数本入っているのみという、イベント会場のお土産としては相応とも言える貧相なシロモノでした。



この記事に含まれるtag : シネマゲーム 箱庭経営シム 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-1390.html

2011/12/01 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【マジカルサウルスツアー 最新恐竜図解大辞典】

   ↑  2011/12/02 (金)  カテゴリー: PCエンジン
11120210.jpg
PCエンジンのCDロムロムは、まだCD-ROMというメディアが海のものとも山のものともつかなかった1988年の時点で、CD-ROMシステムを標準搭載した非常に画期的なハードでした。
ただ、当時のCD-ROM媒体のゲームは、絵がアニメーションするだとか、生ボイスを収録できるとか、ローディングが鬼のようにクソ長いとかの部分のみが、その特徴として語られ、またスーパーCDロムロム以降のゲームは、実際にそれらをメリットとした作品ばかりになってしまいました。
これによって結果的にNECは、PC-FXという迷宮に迷いこんでドツボにはまってしまうわけです。
11120208.jpg
この新しい媒体を使って、今までにない新しいことにチャレンジしようという試みは、CDロムロムが立ち上げ間もない頃の方が、むしろよっぽど盛んでした。
そもそもCDロムロムの斬り込み隊長にして、CD-ROMゲームソフトの草分け的存在である『No・Ri・Ko』にしてからが、ゲームとアイドルの本格的コラボレーションという斬新なものでしたし、やはり"世界初のCD-ROMマガジン"という触れ込みだった『ウルトラボックス』シリーズ(全5号)や、家庭用ゲーム機でできる本格的カラオケの元祖とも言える『ROMROMカラオケ』シリーズなど、ゲームの枠に囚われないCD-ROMの使われ方が、CDロムロム初期には活発に模索されていたのです。
あ、そうそう。ゲームとアイドルオーディションの合体『みつばち学園』という、壮大な空振りもありましたっけね。
11120205.jpg
このCD-ROMでできることに対する様々なチャレンジは、90年代前半に狂い咲いたマルチメディアCD-ROMムーブメントへと自然に繋がって行くのですが、このPCエンジンCDロムロムソフト、『マジカルサウルスツアー 最新恐竜図解大辞典』は、そんなマルチメディアCD-ROMの元祖とも言える存在の一つです。
銀河万丈の重々しいナレーションから幕を開けるこのソフトは、100種類以上もの恐竜のデータや解説を収録した、言わば"動く恐竜大図鑑"。
後年のマルチメディアCD-ROMには、相当いい加減な体裁のものも多く見られましたが、先駆者であるこの『マジカルサウルスツアー』は、奇をてらわず丁寧に作られた、データベースソフトとしては完成度の高い作品となっています。
11120203.jpg
収録された画像や動画も、PCエンジンとしては非常に頑張ったレベルのものになっており、家庭用ゲーム機で本格的なデータベースソフトを実現させようという、作り手の意気込みが伺えます。
とは言っても、お堅い学習ソフトには偏らず、進行役にマスコットの恐竜(声は皆口裕子)を配したり、バラエティの項は、ちょっぴりくだけたトリビア集になっているなど、あくまでも楽しく読める恐竜図鑑という心配りだけは忘れていません。
エンディングは恐竜絶滅に関する様々な説に対する考察。
そして「種としての恐竜は確かに絶滅したが、しかし恐竜は我々の心の中で、今でも生き続けている」なんて、思わず「いねえよ!」なんてツッコミたくなるような一言で幕を閉じますが、しかしこんなベタなセリフでも、銀河万丈のナレーションで語られると、それなりに重々しさが出てくるから、実に不思議なものです。



この記事に含まれるtag : マルチメディア 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-1391.html

2011/12/02 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【ウルティマオンライン】2011年ホリデーギフト

   ↑  2011/12/03 (土)  カテゴリー: PCゲーム
ultimaonline.png
12月に入って、ウルティマオンラインでは今年もクリスマスアイテムの配布が開始された。
一時期はやたらと同じ年の使い回しが多かった、このクリプレだけど、ここ2,3年は毎年に渡ってプレゼントの内容が刷新されるなど、ミシックもなかなかの頑張りを見せている。
例年と同様、各キャラクターごとに配布されるのは、ホリデーギフトの証書。
これをWクリックすれば、プレゼントの選択画面に入り、そこで選んだプレゼントが収められたギフトボックスが、バッグの中に出現する。
11120306.jpg
今年選べるアイテムは全部で5つ。いずれも初お目見えする新アイテムばかり。
昨年は天使の飾りや電飾。一昨年はつららに雪像にエッグノック鍋と、季節を感じさせる品ばかりだったが、今年の場合は季節物はサンタの像しかない。
人間の等身より1.5倍くらいデカいこのサンタ像。スイッチをオンにしておけば、人が近づくと高らかな笑い声をあげるギミック付きだ。
もっともこの笑い声。うっかりすると洋ピンの喘ぎ声にしか聞こえない実に微妙なもの。
それとこのサンタ像。どことなく歓喜の阪神ファンに、道頓堀川に投げ込まれそうなルックスにも見えてくる。
私も、もし来年ロッテが優勝したら、「ボビーにそっくりや!」(似てない!似てない!)と大騒ぎしながら、これをブリテイン城のお堀に投げ込むつもりです。
11120307.jpg
それ以外のアイテムは、クリスマスとは無縁な、どちらかというと横山町の問屋街で売っていそうな、店舗装飾用品ばかり。
ドアマットは丸形と角形の2種。丸形は扇みたいななりをしたイマイチなデザインで、角形の方は「WELCOME」の文字入りだ。
もう一つの店舗装飾用品は、これを待ち望んでいた人も多そうな、文字を任意に書き込める壁掛け看板。
これに記された文章は、他のプレイヤーがカーソルを合わせるだけで表示されるようになるのだ。ベンダーショップをされている人には、とても重宝する一品だろう。
11120308.jpg
なんか、これらのアイテムに、去年配布された電飾を組み合わせれば、雑居ビル風の建物をカスタマイズして、高円寺や大塚あたりによくある業種のお店を再現できちゃうような気がする。
隣のボックスから漏れてくる喘ぎ声の主は、もちろんカーネル・サンダース似のサンタ像だ。

この記事に含まれるtag : ウルティマオンライン 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-1392.html

2011/12/03 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Hit The Deck Baseball】郷愁の野球エレメカ

   ↑  2011/12/04 (日)  カテゴリー: iOS
11120408.jpg
大型スーパーやデパートのゲームコーナーは、人が幼少期のうちに触れる、恐らく最初のゲームセンターでしょう。
しかし常に素寒貧で、10円のうまい棒1本を買うにも往生していた子供時代、1プレイに100円を必要としていたビデオゲームは高嶺の花でもありました。
そんな金のないガキどもの大きな味方となったのがエレメカです。
既に時代遅れのシロモノであったために、1プレイが20円から30円程度で済むエレメカは、逆にそんなリーズナブルさが重宝されて、ゲームコーナーの中では結構しぶとく生き残り続けていました。
11120406.jpg
そんないにしえのエレメカの中でも、私が特に思い出深いのが野球のエレメカです。
野球盤の原型にもなったこのエレメカの歴史は古く、遡れば1930年代にまで行き着くそうです。
アメリカでは"Baseball Pinball"という名称で知られているそうですが、言われてみれば確かにピンボールの亜流とも言える構造ですね。
スマートボールから派生して、やがてバットでボールを打ち返すギミックが確立されて、そのスタイルが固定化したという流れも、ピンボールにそっくりです。
11120407.jpg
バンパーを備えたピンボールと瓜二つのものから、ランナーの人形がちゃんとダイヤモンドを1周する本格派まで、その長い歴史の中で様々なタイプのBaseball Pinballが産まれましたが、ビデオゲームの登場によってそれらはやがて駆逐され、ピンボールのように細々と生き残ることもなく消滅していきました。
そんな懐かしのBaseball PinballをiOS上で再現したiPhoneアプリが、この『Hit The Deck Baseball』です。
11120409.jpg
フィールドの奥に、アウトやシングルヒット、二塁打や三塁打のゾーンが配置され、その一段奥の高いところにホームランゾーンが設けられた、Baseball Pinballとしてはシンプルな構造。
通常の状態ではホームランゾーンにボールを打ち込むのは至難の業ですが、シチュエーションに応じてセカンド後方の板が斜めにせり上がり、ホームランゾーンへの誘導台となってくれます。
これなんかは実機のBaseball Pinballにも、よく見られたギミックですね。
Baseball PinballのiPhoneアプリは他にも数種類出ていますが、台の再現性の高さに加え、ボールがごろごろとフィールドを転がる音や、昔のエレメカのそれをしっかりと再現した電子音など、サウンド関係が非常に丁寧に作られているこの『Hit The Deck Baseball』は、他の"もどき"レベルなBaseball Pinballアプリを、遥かに凌駕するクオリティです。

この記事に含まれるtag : 野球 ピンボール 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-1393.html

2011/12/04 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Test Drive Unlimited 2】その事故は人ごとではない

   ↑  2011/12/06 (火)  カテゴリー: XBOX 360
ついこの間ですか。中国道で8台のフェラーリを含む高級スポーツカーの多重事故なんてニュースが流れました。
幸いにも皆さん軽傷で済んだみたいで、このニュースを耳にした人を、色んな意味で和ませてくれたんですが、何でも事故に巻き込まれた中の一台は、フェラーリF430スクーデリアだったとか。
F355やF360など、事故ったフェラーリの中でも、飛び抜けて高級な3000万円近くするシロモノ。
3000万円という価格が、自分にとっては全く現実的なものではないので、あまりピンと来ませんが、『Tset Drive Unlimited 2』の中で換算したら、A2クラスのスーパーカーですよ。カジノのスロットで何日も連コン放置しなければ、ゲームの中でもとても買えないっすよ、そんな車!
11120616.jpg
もし私が現実でこんなのをを買ったら、ガレージに飾ったままエンジン一つかけないところですが、そんな車で例え高速とは言え、リスクを冒して速度超過でかっ飛ばし、そしてものの見事にクラッシュする。
さすが、フェラーリをぽんと買ってしまうような、スポーツカー愛好家のやることは、実に豪毅なものです。
だけど気持ちはよく分かります。こんなことは、我々だってTDU2の中で何度となく経験していることですから。
11120610.jpg
フレンドやクラブ同士の集まりでも、野良ドライバー同士の何となくツーリングでもそうですけれど、TDU2内で見通しのいい道をツーリングしていると、何となく「あんまりのろのろ走って、こちらのペースに合わしてもらうのも悪いかな?」などど、周りに気を遣っちゃうことってありませんか。
そうしてアクセルをつい踏み込むと、周りも似たような気遣いを始めてさらにアクセルを踏み込み、「サン・アントニからイビサタウンまで、のんびりまったり走りましょう!」なんてお題目だった筈のツーリングは、いつしか超高級スポーツカーが一団となって限界速度でかっ飛ばす、狂気の集団へと変貌してしまうのです。
11120611.jpg
そんな状態の中で、先頭を走る車が「ちょっとお茶飲も」とか、「あ、フレからメッセ来た」とか、「なんか背中痒い」とか、とにかく些細な理由でアクセルをほんのちょっと緩めたらさぁ大変。後続がこれを避けきれるわけがありません。
次々とこれに玉突きで追突して、「フェラーリ、パガーニ、ブガッティを含む高級スポーツカー数台の多重事故。なお、ランボルギーニは権利料の関係で含まれていませんでした」なんて事故の一丁上がりです。
11120612.jpg
ましてや人が集団になれば、必ずお調子者が一人は混ざっちゃうものです。
先頭を走っていた奴が、勝手に高速の壁に激突して跳ね返って後続をまとめて巻き込む。
楽しかったツーリングが、いきなりそんな阿鼻叫喚な騒ぎに豹変してしまうことを、TDU2のドライバーなら何度となく経験しているはずです。
「×××さん、のんびりまったりツーリングです。ゆっくり行きましょう」「いやあ、ごめんごめん」
そうボイスチャットで諭したところで、3分後には同じ奴が同じパターンで同じ騒ぎをまた起こし、みんながチャレンジレースを何度もリトライしたり、スロットをこつこつ回したりして、やっとの思いで買ったフェラーリやスパイカーたちは、あっという間にボロボロになってしまうのです。
11120613.jpg
愛車が傷だらけになったときの悲しさは、我々にも非常によく分かります。
ましてや、例えバーチャルとは言え、こう見えても私だってフェラーリユーザーの端くれです。
他の心が狭い連中みたいに、このニュースを耳にして「ぷぷぷ、飯うまー」なんて気分には、とてもじゃないがなれません。貴方たちの心の痛みは、身に染みて理解できますとも!
……もっとも私のスクーデリアは、例え事故っても、ガレージにしばらく放り込んでおけば、すぐ元通りになっちゃうんですけどね。



この記事に含まれるtag : テストドライブ 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-1395.html

2011/12/06 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |