ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

このページの記事目次 ( ← 2011-10- → )

total 6 pages  次のページ →  

【Mass Effect 2】本日の艦内訓辞16

   ↑  2011/10/31 (月)  カテゴリー: XBOX 360
諸君、艦長のシェパードだ。今日はちょっと個人的な話になるが、聞いて欲しい。
みんなは知らないだろうが、私とWOWOWとの関係も随分長いことになる。
当時としては珍しい映画の完全版や、海外ボクシングにテニスなども放映してくれるとあって、喜び勇んで契約したのも、かなり昔の話になったな。
日食や月食の影響で、番組が休止する時間帯があったのも、やはり懐かしい話だ。今じゃそんなことはなくなったがな。
そのWOWOWが、今月の頭から完全3チャンネル化を果たした。
今まで通りのプログラムのWOWOWプライムに加えて、スポーツ中継や、演劇、コンサートなどの中継に特化したWOWOWライブ。そして映画の放映を専門とするWOWOWシネマの3チャンネルを、24時間放映する体制となったのだ。
11103112.jpg
この恩恵を特に受けたのがスポーツ中継枠だろう。これで映画ファンなどに何ら遠慮することなく、ボクシングやテニスの中継を、がんがん入れられるようになったのだからな。
エキサイトマッチはリピート放映が増えたし、テニスだってジャパンオープンやHPジャパン女子オープンの中継を、ゲップが出るほど観ることが出来た。
これでグランドスラム大会の時期になれば、朝から晩までテニス三昧だ。実に素晴らしい!
そして先週から、このWOWOWライブの新たな目玉とも言うべき新プログラムが始まった。それがランジェリー・フットボールだ!
11103109.jpg
鍛え上げられた女子アスリートたちが、ランジェリー姿にヘルメットとプロテクターを装着して、7人制の変則フットボールをガチで戦うという新興プロスポーツ競技だ。
その響きから、もの凄いゲテモノ競技に思えるかもしれないが、そんな色眼鏡も、試合をひと目観れば吹っ飛んでしまうだろう。
ビーチバレーだって、最初はそんな扱いを受けていたが、今では少なくともトッププロの試合を、そんな劣情の入りまくった目で観る人間など、私を含めてごく僅かしか残っておらんだろう!?
11103110.jpg
そのランジェリーフットボールリーグが、これから毎週金曜深夜に、日本でも定期放送されることとなった。
マンデーナイトフットボールはNFL。フライデーナイトフットボールはLFL。これからの常識だな。
私は、この楽しみを独り占めするつもりなど、さらさらなく、もっぱらこの艦でもっとも気の合う仲間である、ドクター・モーディンの研究室をB-CASカード持参で訪れて、一緒に楽しむことにしている。
WOWOWは基本的にテレビ一台ごとの契約なのだが、これはテレビ本体ではなくB-CASカードに紐付けされるので、カードを差し替えればどこのテレビでも視聴が可能なのだ。
だから友達の家に持参して、一緒に番組を楽しむことだってできる。もっともこれを頻繁にやると、カードを忘れてきたり、なくしかけたりするというアクシデントが起こるので、充分注意しよう。
11103113.jpg
みんなは研究室に閉じこもった、何かと小理屈が五月蠅い変わり者という目で、モーディンのことを見ているかもしれないが、心を開いてくれたモーディンは、実はかなりエモーショナルで愉快な男なのだ。
歌が好きだという意外な一面すらある。彼の歌はもうしつこく10回くらい続けてリクエストしてしまったな。あのシーンは『Mass Effect 2』の実質的なハイライトと言ってしまっていいかもしれん。
そんなモーディンだが、さすがにまだこんな競技をまともに観るには照れがあるらしく、「半裸であんな激しい接触を繰り返したら、負傷の確率が増えるだろう。一刻も早く肩から下を防護するプロテクターも装着させるべきだ!」などと、どきまぎしながら身も蓋もないことを言っていたがな。
ビーチバレーを見せたら、「紫外線によるガンの発症確率を抑えるために、全身を覆う衣類を着けるか、あるいは屋内でやるべきだ!」なんてことを言いだしかねんな、この男は。
11103111.jpg
みんなにも、この金曜夜の新たなお楽しみを分けてやろうと、イルーシブマンに艦内全部署でのWOWOW視聴契約を提案してみたんだが、あの野郎、「ろくでもないこと言ってないで、とっとと任務を遂行しろ!」などと、問答無用で却下しやがった。
最期には「お願いだから任務進めてくれ。いったい何ヶ月かかってるんだ!?」などと涙目になっていたが、人がどんなペースで任務進めようが、こっちに勝手だろう! 嫌なら他のスペクター探せ!
そんなわけで、サーベラスも思った以上にシブチンみたいだから、WOWOWとは各自で契約してくれ。
まぁそうやってWOWOWの収益が増えれば、将来はさらにチャンネルが増加して、LFLやDerby Dolls、そしてShimmerなんかを一日中放映してくれる、夢のようなチャンネルができるかもしれんしな!



マスエフェクト

この記事に含まれるtag : マスエフェクト 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-1360.html

2011/10/31 | Comment (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【ウルティマオンライン】巨大ブリタニア船

   ↑  2011/10/30 (日)  カテゴリー: PCゲーム
終了まで、あと丸2日程度しかないが、ウルティマオンラインのストアでは、現在"UO14周年記念キャンペーン"と銘打って、対象商品の半額セールを開催中。
対象となっているのは、マジンシアのキャラバン出店権や、特殊ハウジングパーツにインテリア、そして蒸留酒作成スキルなどがパックになったテーマパークセット(1470円が735円)。
街灯や本棚、鎧刻印ツールなど11種のアイテムがパックになった11周年記念アイテムコレクション(3400円が1680円。だけどこれ、1年前くらいだかに、パッケージ版が秋葉原の某店で投げ売りされてたっけな……)。
拡張パックのステイジアンアビスと未踏の航路。(SAは1995円が987円、未踏の航路は1575円が777円)。
そして巨大艦ブリタニア船と、特殊船舶塗料がパッケージされた憧れの船長セット(1680円が840円)の計5種類。
11103014.jpg
特にお得なのは、単品で買うと1260円もするブリタニア船が、船舶のレアカラー塗料2種(これも単品で1個546円もする)にインテリアアイテムの操舵輪が付属して840円になる、憧れの船長セットだろう。
未踏の航路の導入で、UOにはオーク船やガーゴイル船といった大型戦闘艦がお目見えするようになったが、ブリタニア船は、それらの優に2倍の大きさを誇る超弩級戦艦なのだ。
搭載可能な大砲の数も、オーク船などを上回る全9門。そして船の後部にはアドオンを2つ設置可能。
何よりもクライアントの画面を優にはみ出すその大きさは、大艦巨砲主義という言葉に惹かれる者にとっては、他には代え難い魅力であろう。
11103013.jpg
こんなブリタニア生活の中では、明らかに贅沢品の範疇な物を手に入れるのは、このセールの時を置いて他には無いだろう。
「あんた、やめてぇぇぇ! そのビットキャッシュは、DMMにチャージする大事なお金なんよぉぉぉ!」
そう泣いてすがりつくもう一人の自分に「やかましいわぁ、こらぁ!」と蹴りを入れて、衝動の赴くままに買ってしまったぜ、憧れの船長セット!
UOストアでコードを手に入れ、そのコードをUO内で入力すると、バッグの中に現れたのはブリタニア船の権利書。
この権利書をクリックすれば、俺様専用の海の要塞が進水し、晴れて俺様は無敵な海の王者となれるのだ。さぁ、出よ、トマトケチャップ3世号!
11103009.jpg
船のガタイが余りにもでかすぎて、進水させる場所にも一苦労するという事実に気付き、なんか勢いに任せてこの船を買ってしまったことを、早くも後悔してきた。
しかも俺の場合は、海賊を討伐しようだとか、海の巨大な怪物を退治しようだとか、そんな予定はさらさらなく、船の使用目的は、あくまでも漁業のみである。
漁業と行っても鯨を捕ろうというわけではない。あくまでも個人事業の一本釣り漁業だから、そんなもん一番小さなクラシック船で事足りるし、実際そっちの方が遥かに使い勝手がいい。
スピードも遅く、取り回しに苦労するブリタニア船を使うメリットなど、何一つないのだ。
11103010.jpg
未踏の航路以後、再び栄え始めた海には放置船が溢れかえり、その放置船がだまになったとこに突っ込んでしまうと、旋回も効かなくなって往生してしまう。
しかも頻繁に通うことになる海上マーケットの周囲は、やはり放置船でびっしりだから、この馬鹿でかい船では、桟橋の周辺に近寄るだけでも一苦労。
これって早い話がプライベートでちょっとだけ使う自家用車に、大型トラックをチョイスしてしまったようなものだ。
こうなると、適用コードを入力していたときの、胸の高ぶりはもう何処へやら。
後はもう840円の元を何とか取ろうと、ブリテイン-海上マーケット間の定期航路でも開設するかとか、スカラブレイのゲート北に接岸して屋台船酒場でもやろうかとか、ニュジェルンの沖合に浮かべて非合法客船カジノでも開こうかと、何とか有効な使い道を思案するのであった。



ウルティマオンライン

この記事に含まれるtag : ウルティマオンライン 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-1359.html

2011/10/30 | Comment (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【ドリームクラブ ZERO】な●だるま親方のフーゾク潜入レポ

   ↑  2011/10/29 (土)  カテゴリー: XBOX 360
11102916.jpg
都心の某所に濃厚なサービスが楽しめる夢のような店があるという、ゾクフー仲間シゲちゃんの曖昧なメールを元に、繁華街のハズレに竜宮城のようなハデハデのお店を発見。店の前には受付が立っているのでスグわかります。
ピチピチのスラックスがそそる受付嬢が言うには、ここには心のピュアな人しか入れないらしいので。小生がいかにエロスケベに対してピュアな心の持ち主かを、こんこんと語り聞かせて無事お店にチン入。
11102906.jpg
一通り説明を聞いて、出勤パネルを見せて貰うと、ロリロリ系からお姉様まで、色とりどりの女のコがいっぱいで、目移りしてちっとも決まらないざんす。
受付にオススメを聞くと、入店ピチピチのウブな女のコが居るというじゃありませんか。
初ものと聞いて小生の愚息は、もうボッキンキン。
待ち時間もほとんどなく通された店内で、ボーイッシュな初ものチャンとご対面。
パッと見は10代半ばにも見えるくらい。犯罪スレスレの雰囲気で、もうムラムラがとまりません。
ナオちゃんという彼女は実際まだ20になったばかり。お店にもまだ入ったばかりで、右も左も分からないと、ウブまるだしの雰囲気に思わずニンマリ。
仕事のことを色々教えてくれというナオちゃんに、どんな講習を施してやろうかと、もう期待が高まりマン。
11102917.jpg
ぎこちない手つきながらも、テーネーに水割りを作ってもらい、まずはとりあえずカンパーイ。
ナオちゃんは小生が頼んでやったグラスの日本酒に、いちごのような舌を伸ばしてチロチロチュパチュパ。
新人とは思えない積極さに小生もコーフンして、水割りのグラスに吸いつきしゃぶりつき。
アルコールが四肢の先にまで回って、全身トロけそうざんす。
11102909.jpg
何かつまみをということで、ポッキーを注文。ポッキーの片方を唇に咥えて、小生にむけて突き出すナオちゃん。
もう片っ方を口に含んで、まずは舌をぺろぺろぺろぺろとくねらせて、チョコを絡め取り、続いて刃を軽く立てて、ポッキーを先端から、かじかじとアマガミしていくと、ナオちゃんの顔が次第に火照ってきて、息づかいが粗くなってきたではありませんか。もうタマりまへーん。
11102911.jpg
気分が高まってきたところで、そろそろパックリいってもらおうかなと、バナナを注文。
西友で買えば一房88円のバナナが、ここでは1本ナンと6000円のびっくりどっきり価格だが、そんなことは言ってられませーん。
バナナをムキムキしてナオちゃんの唇を待ち構えるも、そこはやはりウブな新人さんです。
だったらこっちのほうから行ったろかーいと、バナナをナオちゃんの顔の前に突き出すと、ナオちゃん、照れた顔でその先っぽをパックリじゅっぽり。
11102912.jpg
その様子にコーフンして思わず手元が狂うと、ナオちゃん、唇のまわりについた白いのをペロペロペローリ。
ボーイッシュな見かけの割りに、意外とと大胆なナオちゃんに、小生たまらずバナナを完食させると、そこでちょうどお時間デースのコール。
後ろ髪を引かれる思いで、ナオちゃんのお見送りを受けてご退店の巻。

【場所】 渋谷区道玄坂1丁目
【業種】 ピュアな大人の社交場
【料金】 10000円(基本料+指名料)+5000円(ドリンク代)+1500円(ポッキー代)+6000円(バナナ代)



ドリクラ ギャルゲー D3パブリッシャー

この記事に含まれるtag : ギャルゲー ドリクラ D3パブリッシャー 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-1358.html

2011/10/29 | Comment (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【プリたん -プリンス探偵倶楽部-】藤堂龍之介の少年助手

   ↑  2011/10/28 (金)  カテゴリー: iOS
11102812.jpg
名探偵明智小五郎に、小林芳雄という少年助手が居れば、やはり同時代の名探偵である藤堂龍之介にも、天宮冬馬という同じく少年の助手が居る。
「そんな奴、居たっけ?」と、藤堂龍之介探偵日記シリーズをPCゲーム時代から知る者は訝るかもしれない。
このシリーズは2005年に携帯アプリとして復活し、新作が続々と登場したのだが、PCから携帯アプリという客層の大幅変化を見込んで、その内容も少しずつ女性向けにシフトして行き、そして6作目の『柘榴の天鏡~吉祥仲秋祭連続殺人事件~』から、さり気なくシリーズの常連となったショタキャラが、ハーフの金髪碧眼少年、天宮冬馬なのだ。
以降、冬馬は藤堂龍之介の助手的なポジションに収まるのだが、それだけに留まらず、この冬馬を主人公探偵に据えたスピンアウト作品まで登場するに至った。それがこの『プリたん プリンス探偵倶楽部』である。
11102805.jpg
藤堂龍之介探偵日記シリーズと言えば、そのシックな絵柄が特徴だったが(もっとも最新のiPhoneアプリバージョンでは、その肝心の絵柄に手が加えられて、台無しになってしまっているが)、この『プリたん』は、そんな藤堂龍之介探偵日記の楔から外れて、完全にそっち方向に針を振り切ったキャラクターデザインとなっている。
藤堂龍之介は、一応出てくることは出てくるのだが、顔すら映らない扱い。
11102808.jpg
物語は、冬馬がそんな藤堂の元を離れて、叔母であるソフィ(やはり『柘榴の天鏡』に登場)の待つ大阪を訪れることから始まる。
その地で、巷を騒がす怪盗"昴"が起こした誘拐事件に遭遇し、ソフィや攫われた少女の兄である猶巳と共に、事件に立ち向かうという流れ。
見目麗しい冬馬と初めて顔を合わせた猶巳が、思わず顔をポッと赤らめるなんて描写は、もちろん忘れはしない。
なんたって、そんな空気を匂わせるためだけのスピンアウト作品なのだから!
11102809.jpg
正味な話この『プリたん』は、藤堂龍之介探偵日記のようなアドベンチャーゲーム的要素など殆どかなぐり捨てた、グラフィック付きライト携帯ノベルみたいな体裁だ。
なんたってメーカー自らが、この作品を"アドベンチャー型携帯小説"と、割り切ったジャンル付けをしているくらいだから。
だから推理らしい推理などは全く必要とせず、事件はなし崩し的に進展し、そしてどさくさに紛れて怪盗"昴"もいつの間にか仲間に加わり(昴に意味深にからかわれた冬馬が、思わず顔をポッと赤らめるなんて描写も、もちろん忘れはしない。そのためにわざわざスピンアウトしたのだから!)、そして事件はマッハの勢いで終息し、脱力ものの結末を迎えるのである。
11102806.jpg
大正時代を背景にしたミステリゲームは数あれど、その頃の大阪を舞台にした作品は、かなり珍しく、それはこの『プリたん』の数少ない特徴となっている。
明治の終わりから大正の終わりにかけて、通天閣の周辺にはルナパークという遊園地が存在していて、それがクライマックスの舞台となっているのだ。
しかし、この魅惑的な舞台も、中で待ち受ける悪役連中の底抜けぶりもあって、残念ながら有効利用されているとは言い難い。
11102811.jpg
藤堂龍之介探偵日記シリーズの面影は微塵も無い、ショタやBL方面への妄想の余地が形だけ残された、ミステリ未満の携帯ADVノベル。
お話そのものも、ほぼ登場キャラクターの形だけの紹介に留まった、ドラマのパイロット版レベルの内容。
最期は冬馬と猶巳が東京で再会し、以後のシリーズ化をぷんぷん臭わせる終わり方となったのだが、この露骨なそっち方面への擦り寄りっぷりが逆に嫌われたのか(それより普通に藤堂龍之介探偵日記を出して欲しい。そっちなら冬馬を山ほど登場させたって構わないからさぁ)、『プリたん』は、これ一作のみで、取りあえず打ち止めとなってしまったのだった。



ミステリ 乙女

この記事に含まれるtag : ミステリ 乙女 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-1357.html

2011/10/28 | Comment (2) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Vシネマ【腐女子 A Wife And The Child Are Corrupt】

   ↑  2011/10/24 (月)  カテゴリー: 映画・DVD
11102421.jpg
腐女子。それはこの世のものではない、あまりにもおぞましい姿。
なんかこう言うと差し障りがありそうだが、この場合の腐女子は、主婦とその子供が生きながら腐って行くという意味での腐女子なので、お間違いなきよう。
11102413.jpg
もうずっと子宝に恵まれない夫婦。しかし、そんな事態をよそに、旦那の方は勤務先のOLとしっかり浮気に励んでいるから、呑気なものだ。
子には恵まれず、旦那の浮気にも感づいている嫁さんはノイローゼ状態。昼間の公園をうつろな顔で徘徊し、子連れの主婦を凄まじい形相で凝視する。
旦那もさすがに責任を感じたのか、藁にもすがる思いで占い師に相談を持ちかける。
そのゴス占い師は、夫婦の事情を全て見抜いた上で、悩みを解決してやるからと、猫の生皮を始めとする怪しげな捧げ物の数々を、旦那に要求するのであった。
11102414.jpg
月日は流れ、怪しげなゴス占い師に導かれるままに授かった子供は、小学校に進学しようという年になっていた。
夫婦の仲も平穏を取り戻し、小さな家庭にはささやかな幸せが訪れたかに思えた。
だがそんな矢先、せっかく授かった子供は交通事故で命を落としてしまう。
うちひしがれた夫婦が再び訪れたのは、あのゴス占い師の元。そしてゴス占い師は、子供を生き返らすためには、人間の生け贄が必要だと言う。
さすがに躊躇する旦那に、嫁さんは鬼の形相で迫る。
「死んだって構わない奴が居たでしょ。あんたの浮気相手のことを、私が知らないとでも思ったの!?」
11102417.jpg
こうして夫婦の元に、再び我が子が帰ってきた。しかし以前の我が子とは、少し様子が違う。
どことなく生気に欠け、偏食も激しい。そして何よりも、まるで生ける屍のように、体が徐々に腐って行くではないか。
ところが、生肉を食べると腐敗の進行が止まるではないか。最愛の我が子が生きながら腐るのを食い止めようとする嫁さんは、さらに新鮮な、文字通り生きた肉の調達に乗り出すのであった。
11102419.jpg
Vシネ界隈の中でホラー系は、今でも盛んなジャンルだが、その中でも超低予算&超無名キャスト、そして超低技術の三重奏で突っ走る、WHDジャパンのオリジナルホラー作品。
好事家しか観ないジャンルムービーとして完全に開き直った、そのローファイ極まりない映画は、B級だのZ級だのというレベルを超えた、奇妙な風格さえ、あったりなかったりする。
徹底して下世話で救いのない内容は、神田森莉などの、ギャグと一歩手前のトラッシュホラーコミックなんかに共通するものがあるかもしれない。
11102422.jpg
ただ、この手の低予算残酷ホラーは、マニアな作り手の情念だけが、チープな映画を超えて過剰に突出してきて、観ているこちらには胸焼けだけしか残らないってパターンが多いのだが、ここの作る映画は、この「腐女子」もそうだが、意外とそんな情念めいたものが希薄なのだ。
逆にビジネスライクというか、B級ジャンルムービーとしての割り切り具合の方が先に立っていて、それが内容に反してかなり淡泊な印象を残していたりする。
そのWHDジャパンの最新作「サンズ SUN OF THE DEAD」は、なんと『デッドライジング』や『DEAD ISLAND』も真っ青な、ゾンビサバイバルアクション。
あそこの制作規模から考えたら、明らかに実現に無理のあるジャンルなのだが(ゾンビを大量登場させようにも、まずそんなにエキストラを雇う予算が無いだろう)、どんな無理押しをしてそれを成立させたのだろうか。その一点だけが、ちょっと楽しみだ。



この記事に含まれるtag : ゾンビ ホラー 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-1353.html

2011/10/24 | Comment (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |