ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

このページの記事目次 ( ← 2010-11- → )

total 5 pages  次のページ →  

コミック【吹けよ!カミカゼ】

   ↑  2010/11/30 (火)  カテゴリー: 書籍・コミック
10113008.jpg
力道山衝撃の死の余韻が未だ冷めやらない1966年。その跡を継いだ新エース、ジャイアント馬場は苦悩していた。
「豊登さんは引退。猪木さんはアメリカ遠征。ぶっちゃけ僕一人でワールドリーグ戦に来襲する強豪外人レスラーたちの相手をするのは、とても辛い。もしリーグ戦の優勝を海外に攫われることになれば、日本プロレスは存亡の危機!」
その裏では日本プロレスから追放をくらった豊登が、海外遠征中の猪木を籠絡して新団体、東京プロレスを旗揚げするという、プロレス界を揺るがす大事件があったりしたのだが、これは少年誌連載だから、当然そんな生臭い裏事情は語られません。
馬場さんも実際のとこは「面倒臭い奴らが自滅してくれてラッキー」程度に思っていたなんて、穿った見方ができてしまいそうですが、そんなことはありません。馬場さんは心の底から彼らの力を欲していたのです!
10113002.jpg
そんな苦悩の馬場さんがふと思い出したのが、力道山がいまわの際に残した謎の言葉。
「日本プロレス界が、もしわしの亡き後大ピンチを迎えたら……、ぶんえい、はかた、こうあん、たかしま、しょうわ、ひだ……がくっ」
もしもこのとき「芳の里と遠藤幸吉には、絶対ハンコ握らすな!」なんて言葉を残しておけば、その後の日本プロレスの本当の意味でのピンチは避けられたかもしれないですが、、まぁそれはともかく、今は暗号のような謎の言葉。
「もしやそれは年号と地名の組み合わせではないですか?文永、博多、弘安、鷹島、昭和、飛騨。文永と弘安には、日本に神風が吹いて外敵を打ち払いましたな」
そんなサジェスチョンを受けた馬場さん、「そうか、 昭和の神風は飛騨に! 力道山先生はこんなときに備えて、飛騨の山奥に秘密兵器を用意してくださっていたのだな!」
馬場さん、察し良すぎ。そして力道山、回りくどすぎ。
こうして飛騨の山中で極秘特訓を続けていた力道山最後の弟子、カミカゼ大助が表舞台に登場する運びとなったのです。
10113005.jpg
梶原一騎のデビュー作は、プロレスマンガの嚆矢的存在である"チャンピオン太"。
"チャンピオン太"は、力道山存命中の作品でしたが、この"吹けよ!カミカゼ"は、「力道山の弟子である少年レスラー」という同コンセプトを、力道山死後のプロレス界を舞台に展開させたポスト"チャンピオン太"とも言える作品。
作画を担当するのは、後にやはりポスト"巨人の星"である"おれとカネやん"でも梶原とタッグを組んだ古城武司。
10113003.jpg
ジョー・カロロ、ロニー・メインら実在レスラーたち。そして氷の怪人ゼロマン、天才児ワンダーキッドといった、架空のライバルレスラーたちとカミカゼがしのぎを削って行く展開は、"チャンピオン太"から、後の"タイガーマスク"へと受け継がれる、プロレスマンガの王道的展開ですが、ギアの調子がちょっと変わってくるのは、キッド編とアメリカ遠征編の間に挟まれた、プロレス天狗党のエピソード。
日本に埋もれた武術家たちを集め、日本プロレス協会壊滅を目論む、この天狗面の集団たちが出てきてからは、何故か雰囲気が"伊賀の影丸"や"カムイ伝"を思わせる忍法マンガ風なものに変わってしまいます。
そう言えば、作画の古城武司は、横山光輝や白土三平、松本零士らがバトンを受け渡しあった連作忍法マンガ"忍法十番勝負"のメンバーにも名を連ねていました。
この天狗党エピソードの、それまでの展開から浮いた雰囲気、そして梶原一騎臭の薄さからも、もしやこの辺りは梶原先生ではなく、古城先生が話を考えていたのかもしれません。
10113006.jpg
これに限らず、"吹けよ!カミカゼ"は、どうも"チャンピオン太"などと比べると、あらゆる部分が薄味で淡泊。
この全体から感じられる梶原先生の気乗りのなさ、やる気の薄さは、後のポスト"巨人の星"である"おれとカネやん"にも共通するものがあります。
まぁこの梶原先生の本作にかける情熱の薄さには、一つの理由が推測できます。
この"吹けよ!カミカゼ"と同時期に梶原先生が抱えていた連載の名は"巨人の星"。
少年漫画がある種の転換期を迎え、自身も"巨人の星"という革新的な作品で、新たな高みに登ろうとしている頃の梶原先生にとって、この前時代的な少年漫画の要素を色濃く継承した"吹けよ!カミカゼ"は、その情熱を注ぎ込むに足る器ではなかったのかもしれません。
10113004.jpg
そのうちに、実在のプロレス界でもアントニオ猪木が日本プロレスに復帰してしまい、馬場さんが案じていた日本陣営の戦力不足も解消。
その存在意義を失ったカミカゼは、アメリカ遠征という、スポーツマンガの店じまい王道パターンに出され、連載はそのままなし崩し的に終わりを迎えてしまうのでした。
この直後に同じ雑誌で梶原先生が始めた連載が"タイガーマスク"。プロレスマンガとして"チャンピオン太"からさらなる高みを極めたこの名作の輝きを前に、旧態依然とした"吹けよ!カミカゼ"は歴史に埋もれてしまいます。
そんな不遇な作品ですが、「見た目は単なる拳打ちだが、喰らった相手は3時間後か、3日後か、3ヶ月後か、3年後に死を迎える」という、プロレス技としては根本的な欠陥がある必殺技「3の次は死」を使いこなし、馬場・吉村道明組との対戦が決定すると、「勝ったも同然。前祝いじゃぁ!」と、練習もせずどんちゃん騒ぎを繰り広げるプロレス天狗党のファンキーっぷりは、なかなか面白かったりします。
まぁここら辺は、恐らく梶原テイストではなく、古城テイストだと思うんだけどねえ。

この記事に含まれるtag : プロレス 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-1422.html

2010/11/30 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Family Game Night】XBOX LIVEでジェンガ・パーティー

   ↑  2010/11/29 (月)  カテゴリー: XBOX 360
10112907.jpg
ブラックフライデーの嵐が吹き荒れた先週末。
この感謝祭に端を発した小売り商戦。日本ではついこの間までは、海の向こうの出来事でしかなかったのですが、グローバルなダウンロードストアがここまで発達した最近では、ちょっと訳が違います。
iPhoneアプリを擁するAppストアでは、このブラックフライデーに合わせた大幅値下げで、どこも大盤振る舞い。
「どれでも1個115円!」そんなかけ声に釣られて、『Sims3』だの、『Rapala Fishing』だの、『Cabela's Dangerous Hunts』だの、『Need for Speed』だのと、通常はそれなりの値段がするものを、もう手当たり次第買いまくってしまいました。いつ遊ぶんだ、こんなに!?
10112905.jpg
そしてこのセールの波は、XBOX LIVE マーケットプレースにも訪れてきました。Black Friday Dealsと銘打って、『Portal: Still Alive』や『ロックマン10』、『Monkey Island 2』などといったソフトが、いずれも50%からの割引価格。
LIVEアーケードソフトのみならず、追加コンテンツやアバターアイテムなどもセールされる、年に一度の大盤振る舞い状態。
この波を逃してはいかんと、さっそく私もファミマでマイクロソフトポイントを買い込み、いざマーケットプレースに突撃。
その数分後に私が落としていたのは、何故か通常のDeal of the Week割引の『Family Game Night』でした。
10112901.jpg
『Family Game Night』は、ハズブロー社から発売されているファミリーボードゲームの詰め合わせ。
本体は無料でダウンロードでき、それぞれのゲームを単体で購入して本体に加えて行く、『Game Room』や『Pinball FX 2』などと同様のシステムです。
考えてみればこの私は、狭義のビデオゲームに留まらず、人生ゲームや億万長者ゲーム、トリビアルパースートにボードシミュレーションゲーム、トランプに麻雀、将棋、花札、トリプルHに、王様ゲームに、男と女のラブゲームと、ゲームと称されるものは、基本的に何でも好きです。
そしてこの『Family Game Night』に収録されたファミリーゲームは、そのいずれもが長きに渡って多くの人たちに楽しまれてきた定番中の定番ばかり。これらがつまらない筈がありません。
10112903.jpg
しかしFamily Night Gamesの、日本での評判はあまり良いものではありませんでした。
その理由としては、ヤッツィーやボグル、コネクト4といった当初のラインナップが、例えアメリカでは定番でも、日本ではほとんど馴染みのないゲームであったこと。
さらにルールを覚えようと思っても、全編英語のままで日本語による解説がどこにも無いこと。
そして一番の理由は、それぞれのゲームが単体で800MSPと高額だったことではないでしょうか。
私もこの値段がネックになって、今までFamily Game Nightに全く手をつけていなかったのですが、今回のDeal of the Weekで400MSPに値下げされたことにより、ようやく手を出してみる気になったのです。
10112904.jpg
取りあえず購入してみたのが、日本では海戦ゲームの名でお馴染みのBattleshipと、そして定番のパーティーゲーム、ジェンガ。
このジェンガがめちゃくちゃ楽しいったらありゃしない。気付けばXBOX LIVEにジェンガ部屋を立てて、野良メンバーで狂ったようにジェンガばかりを遊び続けていました。
アナログの楽しさが肝のように思えるジェンガ。バーチャルでやっても楽しさは半減なのでは? などと思われる方も居るかもしれません。
確かにジェンガに限らず、このFamily Game Nightに収録されたゲームは、どれもやはり顔を突き合わせた距離で、みんなでわいわい楽しんでこそ、その真価を発揮するものばかりです。
しかし、バーチャルファミリーゲームには、バーチャルならではの良さがあります。それは、駒を並べたり片付けたりする心配を、一切しなくていいところ。
そしてこのジェンガの場合は、あの七面倒くさいジェンガタワーを積み上げる準備を、全部ゲーム機がマッハのスピードで代行してくれるのです。
10112902.jpg
実際のジェンガで、序盤で積み木の山を崩してしまうと、ついつい「せっかく積んだのに……」という空気になりがちですが、これならその心配はありません。
Aボタンを押せば、即座に新しいジェンガが、テーブルの中央に積み上がっているのです。
そしてこのジェンガの素晴らしいところは、例え多国籍のメンバーでも、言葉は一切不要でボイスチャットを満喫できること。
「うおぉぉぉぉぉ」「あ、あ、あ、あ、あ」「おい、おい、おいおいおい!」「のわわわわわ!」「あーっ!」「ジェーンガーッ!!!!」そして国境を越えた大爆笑。
ジェンガ。なんと言葉要らずの素晴らしいゲームなのでしょう。
ただし、日本人にとってちょっとネックとなるのは、ジェンガ以外の収録ゲームが、いずれも言葉によるコミュニケーションなどを、若干必要とするところでしょうか。
それさえどうにかなれば、この『Family Game Night』、とにかく丁寧に作られた良質のファミリーゲーム集です。

この記事に含まれるtag : テーブルゲーム 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-233.html

2010/11/29 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Commodore 64】C64のジェフ・ミンター・クラシック

   ↑  2010/11/28 (日)  カテゴリー: iOS
10112802.jpg
'80年代に一世を風靡した8ビットホビーパソコン、コモドール64。
日本からだと、どうしてもこのコモドールやシンクレアのスペクトラム、そしてアミーガといったホビーパソコンの存在を軽視してしまいがちだが、ゲームの潮流に於いてはアタリVCSやファミコンに匹敵するほどの重要な存在です。
iPhoneアプリには、正式な認可を受けたコモドール64(以下C64)エミュレータがあり、現在では600円で販売されています。
10112805.jpg
エミュレータ本体に5本のソフト(私が購入した時点では5本だったのですが、その後のアップデート等で、数やラインナップが入れ替わっているかもしれません。恐らくC64のBASICが追加されている筈だと思う))がバンドルされ、追加のソフトはアプリ内のストアで購入していくシステム。
追加ソフトの値段は1本115円で、Boulder DashやInternational Karate(デコの空手道に酷似)、Space Taxi、The Last Ninjaシリーズなど、人気作、有名作を中心に、現在は約30本が販売中。
10112807.jpg
それ以外にもストアには10本ほどの無料ソフトが用意されています。
無料ソフトは、いずれも過去にC64用ソフトとして発売された作品。その中でも目を惹くのが、Llamasoftを率いて現在でも精力的に活動中の奇才、ジェフ・ミンター氏が、そのキャリアの初期に開発した2本のソフト。
そのうちの1つ、Attack of the Mutant Camelは、1983年の作品。
列をなして行進する巨大ミュータントラクダを、宇宙戦闘機で撃退していく横スクロールシューティングゲームで、もうこの時期から早くもミンターさん、例の偶蹄目趣味が丸出しです。
10112804.jpg
ずん、ずんと進む巨大な四足歩行物体の隊列を、小さな戦闘機で迎え撃つシチュエーションは、もろに『スターウォーズ 帝国の逆襲』の惑星ホスでの戦闘そのものなのですが、あれのAT-ATを観て、「これはラクダだ!」などという解釈に至ってしまうのは、世界広と言えど、ミンターさんくらいのもんでしょう。
もう1本のHover Bovverは、緑豊かなイギリスの田園地帯を舞台にした、のどかな芝刈りゲーム。
ミンターさんのゲームというと、どうしても我々は、過剰な光や音がこれまた過剰に乱舞するゲームを思い浮かべてしまいますが、こんなほのぼのとして牧歌的なゲームも、イギリスの片田舎に居を構え、たくさんの動物たちに囲まれて活動するラマソフトの、もう一つの姿。
10112808.jpg
だけど、いくらほのぼの路線と言えど、そこはラマソフトのゲームです。
ゲーム開始早々、プレイヤーキャラが侵入するのは隣家の納屋。隣人の芝刈り機を勝手に拝借しての、庭の芝刈りの始まりです。
そんな法を犯してまで、何故この主人公が芝を刈りたいのかは一切分かりません。まぁ少なくとも、この主人公が、隣にはなるべく住んで欲しくないような変人であることは間違いないでしょう。
10112803.jpg
芝刈り機を勝手に使われた隣人は、当然主人公を追いかけて静止させようとします。その隣人に主人公がけしかけるのは、自分の愛犬。
犬が無粋な隣人を足止めしている間に(思い切り噛みついてないか、これ?)、この狂気の芝刈りを終えてしまいましょう。
芝刈りの部分はドットイートゲームのテイスト。どことなくクラッシュローラーという古いアーケードゲームを思わせたりもします。
緑豊かな田園風景。そして可愛らしい犬。そんなのどかな要素に囲まれているのに、このゲームを貫く尋常でない狂気は一体何事でしょうか。
ミンターさんは、昔から変なゲームばかりを、変だという自覚が全くないままに作り続けてきたということが、これらのラマソフトクラシックからも、ありありと分かってきますね。
10112809.jpg
縦画面時には、スクリーンの下半分にバーチャルジョイスティックが表示されますが、こちらだとゲーム画面が小さくなってしまいます。
iPhoneを横持ちにすれば、ゲームスクリーンが全画面表示になるのですが、こちらだとゲーム画面に指を置いてバーチャルスティックやボタンを操作することになるので、どちらにしてもプレイし辛いことには変わりはありません。
バーチャルスティック自体の操作性があまりよくないので、本格的にゲームをするにはちょっと厳しいアプリですけれど、手のひらの中にC64のコレクションを収められる楽しみはあると思います。

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-234.html

2010/11/28 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【セロファーンズ】70年代”風”ゲーセン

   ↑  2010/11/27 (土)  カテゴリー: PS1
10112713.jpg
個人の郷愁につけ込んだゲーセンノスタルジアな企画は、なにもGame Roomに始まったこっちゃありませんけど、この手のノスタルジー商売の面倒臭いところは、多くの人々の千差万別な思い出に、平均化して応えなければならないことでしょうね。
思い出のゲーセン、思い出のゲームの姿なんてのは、それこそ人によってまちまちなものですよね。
俺にとっての思い出のゲーセンの情景は、店舗の裏路地にビニールシートで隠されたトルエンの瓶とか、それをパチろうとして半殺しの目に遭わされた友人の姿とか、そんなんばっかですから。
そんな百人百様の”在りし日のゲーセン”像を、いちいち真に受けていたら、この手の企画なんてのは到底成り立たなくなるわけで、そこには自然と平均化のあおりを受けて、切り捨てられるノスタルジーというのが出てきてしまいます。
10112705.jpg
だけどこういうのにこだわる人たちというのは、その外見に反してやたらと繊細な人間が多く、自分の思い入れが切り捨てられたりすると、「俺様のノスタルジーに配慮していねえ!」なんて過剰な反応になりがちです。
また配慮したら配慮したで、やれ操作感が違うとか、BGMがおかしいとか、細かいところにいちいちうるさいですから、レトロゲーセン企画というのは、一見簡単なように見えて、実は運営する側にとってはめちゃくちゃ厄介なもんですよね。
まぁGame Roomに関しては、そもそもオーストラリアの開発会社が作ったアメリカ主導の企画が、日本人の郷愁に配慮した企画になんかなるわけがないんですよね。そんなの最初から分かりきったことじゃないすか。
10112706.jpg
やはり日本人のゲーセンノスタルジアの琴線に触れる企画は、薄暗いゲーセンで青春時代を無駄に過ごしてきた人間じゃないと立てられないものです。
そして「あの日のゲーセンに僕は帰る」のキャッチコピーと共に登場したプレイステーションソフト、セロファーンズは、そんな我々のノスタルジアに応えてくれる作品に違いないのです。
そう意気込んでパッケージを裏返してみると、そこには「70年代が蘇る、新作レトロ調ゲーム12本!!」の文字が……。
70年代…………、それちょっと古すぎ。俺のノスタルジーに全く配慮してない。
そして新作レトロ調。……新作、……レトロ…調。……調? なんじゃそりゃあっ!
10112709.jpg
70年代のゲーセン黎明期を再現するというピンポイントな企画は、それはそれでありとしましょう。
しかしそこに登場するゲームは、あくまでも雰囲気だけが70年代風な”新作”ゲーム。しかも新作ゲームとは言え、その半数がブレイクアウト(ブロック崩し)のパチモノ、そして残りがインベーダーやアミダーのパチモノ。さらに見かけが違うだけで中身はみんな同じな射的エレメカが3本。
それらのゲームは、画面のちらつきとか、セロファンによる色づけなど、確かにその時代風を再現しようという涙ぐましい努力が為されています。
収録ゲームが、どれも似たり寄ったりな内容なのも、「あの頃のゲーセンなんて、こんな似たようなもんや、パクリもんばっかだったよ」と言われれば、納得できなくもありません。
だけどですね、こういうノスタルジーものってのは、それそのものが再現されてなきゃ、何の意味もねえんだよ!
それ”風”、それ”調”なんてのばっか並べられたって、嬉しくも何ともないわ!
10112707.jpg
まぁ版権を取ってきて本物を再現しようにも、この時代は版権もクソも無かったような頃。
任天堂のスペースフィーバーやパクリブロック崩しを始めとして、現存するメーカーが目を背けたり、無かったことにしたいことが山積みな時代でもあります。
そんな時代の空気を、版権を持っていないというハンデを乗り越えて、レトロ調の新作をわざわざこさえて再現しようという心意気は大いに買いたいところでもあります。
しかししょせんは”調”や”風”。我々だって近所の喫茶店の”森のキノコスパゲッティ トスカーナ風”を、トスカーナ地方の料理だと思って食っているわけではありません。
そうなると、これらのセロファーンズ収録ゲームの数々は、あくまでも70年代から何一つ進歩していない新作ゲームでしかなく、それを今の時代に、ノスタルジーの力を借りられずに遊ぶのは、めっちゃくちゃ辛いものがありますって。
そのパチモノ臭さを楽しもうにも、対象となったのが実際にパチモノに溢れていた時代なだけに、パチモノの二乗になって空回りしてしまってるしなぁ。

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-235.html

2010/11/27 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Game Room】Blades of Steel

   ↑  2010/11/26 (金)  カテゴリー: XBOX 360
10112607.jpg
配信タイトルの先細り度が激しくなり、さらに一時は開発元であるKrome Studiosが閉鎖されるという噂が流れるなどして、もうこのまま終息かもと思われたGame Roomに、久々にアップデートが入った。
メインメニュー画面でメダルの獲得状況などが表示されるようになったほかに、今までは黒一色にコナミロゴの素っ気ないデザインだったコナミアーケードゲームの筐体が、新しいデザインの筐体に入れ替わっている。
アストロシティみたいな今時のデザインの筐体。ここら辺についてはちょっと疎いので、正式に何と言う名称なのかは知らないけれど、実際のゲーセンで何となく見た記憶のあるやつだ。
10112604.jpg
そしてルームのテーマも、コインランドリー風の他に、アタリやアクティビジョン、コナミのショーウインドウテーマなどが加わった。
コインランドリーテーマに合わせて、デコレーションオブジェクトがいっきに増えたのは嬉しいんだけど、できればこんなのじゃなくて、いかにもアミューズメントスペースらしいオブジェクトを、もうちょっと増やしてはくれないだろうか。洗剤ばっかこんなに増えたって、正直困るんだよ!
ただし、どこかを良くしようとすれば、その一方でどっかしらが悪くなるのが、このGame Roomの本領。
このサービスに未だにしがみついている、辛抱のいい人たちなら、もうそんなことはとっくに慣れっこだろう。
アップデートが入ってから、フリーズ率が倍増。これはあくまでも俺の場合だけど、通常の手段でGame Roomを終了しようとすると、100%の確率でフリーズするという明快さだ。
まぁここら辺は、気長に修正アップデートを待つことにしよう。うん、もうこの程度のこと、すっかり慣れてるし!
10112612.jpg
だけどこのアップデートが入ったおかげで、これで心置きなくコナミのゲームを俺のGame Room内に配置することができる。
今までの黒筐体は、なんかパッと見、マニアの自作筐体みたいで、あれを並べるのはちょっと憚られたんだよね。
筐体と中身のゲームの時代がちょっと合わないような気もするけれど、まぁそこのところは深く考えないようにして、そんなわけでマイGame Roomに初お目見えしたコナミアーケードのタイトルは、最新パックに収録されたアイスホッケーゲーム、Blades of Steel。
ここ最近のGame Roomは、季節もののつもりか、やけにウィンタースポーツゲームの配信が多いような気がするけれど、このBlades of Steelは、そのウインタースポーツものの中では、一番お勧めできるタイトルだ。
もっとも他のタイトルは、インテレビジョンのスキーやアイスホッケーなんてシロモノばかりだから、これしか人に勧められるものが無いってのが、正直なところだけど。
10112603.jpg
オフサイドだアイシングだなどと、面倒臭いルールは取っ払って、とにかく相手ゴールにパックを叩き込めばいいシンプルなゲーム。
持ち時間制で、ゴールを決めればボーナス時間が加算され、さらに長くゲームを楽しめるようになる。
Xボタンでフェイスオフとパス。Aボタンでシュート。Bボタンは……パンチ!?
双方がパンチを応酬して白熱すると、一対一でどつき合う画面に移行。ここはなんとしても相手のヒットゲージをゼロにしてノックアウトしてしまおう。
ここで相手を潰せば、相手のチームの人数が一人欠けてパワープレイのチャンスに持ち込めるからだ。ちなみに殴り倒した方は、ペナルティなどのお咎めなし。このリンクでは力が正義だ。
10112611.jpg
それと、このゲームのもう一つの特徴は、試合中に合成音声で喋り倒す実況のボキャブラリーが、結構豊富なところ。
しかもこの実況。ゲームスタート時に入力した、アルファベット三文字のプレイヤーチーム名も、きちんと喋ってくれる。
俺も中坊の頃、ゲームやピンボールのハイスコアに必ず刻んだ、今ではとても恥ずかしい定番の三文字を入力。
G.B.H.。「じー、びー、えいち!」わお、ネイティブな発音でちゃんと喋ってくれるよ。シティベイビーの逆襲!
10112610.jpg
今後はさらにコナミアーケードのラインアップが増強されるようで、今回のアップデートはそれに備えての仕切り直しとも言えるのだろうけど、その一方でアタリアーケードが今後来る気配が、さっぱりと無くなってしまったのは、ちょっと気になるところ。
確かに現行で出せるタマは、もう出尽くしたような気がしないでもないけど、いや、でもSuper Sprintとか、可能性のありそうなタイトルは、まだまだありそうだよなぁ。

この記事に含まれるtag : スポーツゲーム GameRoom 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-236.html

2010/11/26 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |