FC2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

このページの記事目次 ( ← 2010-10- → )

total 5 pages  次のページ →  

【Fight Night Round 4】イーストンの暗殺者

   ↑  2010/10/01 (金)  カテゴリー: XBOX 360
10100103.jpg
絶対的な王朝を作り上げ、民から深く敬慕された王から王位を禅譲される。これは果たして幸福なことだろうか?
前王の築き上げた栄光は今もなお輝き続け、人々はなおも前王の姿を今の世に求め続ける。そんなムードの中で自らのキャリアを築き上げなければならない。そんな望まれぬ次王には、先代にひけをとらない実力はあるにせよ、前の王のような絶対的なカリスマや、人を惹きつける天性の明るさは微塵も無い。
先王とのギャップに悩みつつも、その自らの実力により、民の誰もが望まない安定した治世はつつがなく続く。
そんな長い長い安定政権の間に、常に先王との比較に晒され続けた彼の苦悩はいかばかりのことだったのだろう。
モハメド・アリが去った後のプロボクシングヘビー級に君臨し、実に7年間に渡ってタイトルを守り続け、ロッキー・マルシアノに次ぐ48連勝という記録を残しながらも、人々の記憶にはさっぱり残らなかった悲運のチャンピオン。それが”イーストンの暗殺者”ラリー・ホームズだ。
10100104.jpg
先王のスパーリングパートナーを長く務め、”先王に土をつけた男”ケン・ノートンを下して王位に就いたホームズは、王の継承者たらんと涙ぐましいほどの努力を重ねた。
アリのファイトスタイルを装い、時には先王を真似て試合の前や後に慣れないビッグマウスを飛ばしたりもした。
しかしそのボクシングスタイルは、”アリのコピー”呼ばわりされるに留まり、言葉足らずのビッグマウスは、アリのようなウィットやユーモアに決定的に欠け、単なる悪口雑言に終わってしまった。
何よりもホームズには、その佇まいに明るさや華というものが決定的に欠如していた。全身から華やかさを振りまいていた先王アリとは、およそ対照的なほどに。
10100106.jpg
だけど、いくら暗かろうが、華が無かろうが、ホームズはその実力に関しては、紛う事なき超一級品であった。
オポジションであるWBAの世界ヘビー級王座が、テート、ウィーバー、ドークス、コーツィー、ペイジ、タッブスといった、王と呼ぶにはイマイチな連中の間で目まぐるしく推移するのをよそに、WBC王者のホームズは、その絶対的な強さで王位を守り続けた。
もはや統一戦などやらずとも、ヘビー級の真の王はホームズであることは、誰の目にも明らかだった。
そのホームズの絶対的な王朝、それは今時の言葉で言えば、"KY"の連続でもあった。
10100109.jpg
”白人の星”ジェリー・クーニーが挑んできたときは、まるでクーニーの戦闘力を徐々にすり潰すのようなファイトでこれを退け、白人ヘビー級王者誕生の瞬間を見届けようと集まった観客たちを、失望の淵に叩き込んだ。
マービス・フレージャーを1ラウンドで粉砕した試合では、会場を包んだ親子二代に渡る戴冠への期待をも、早々と打ち砕いてしまった。
1980年には、何を考えたのか”先王”モハメド・アリが気まぐれなカムバックを果たし、ホームズの前に立ち塞がった。
試合前のパフォーマンスだけは健在だったアリだが、ホームズは電光石火の左ジャブだけでこの先王を翻弄し、最後は戦意喪失に追い込んだ。
もちろんこの結果に誰も喜ばなかったのは言うまでもない。
10100102.jpg
”強くて、暗くて、華が無くて、つまんない奴”。
そんな不名誉な評判と共にホームズは勝利を積み重ね続け、7年間にわたって頂点に君臨し続けた。それはとてつもない偉業だ。
その一瞬の全盛時に、途轍もない強さを発揮するボクサーは星の数ほど居る。しかしホームズのように、その強さを7年にもわたって維持し続けた男は、他にはそういやしない。
俺が世界ヘビー級史上最強の王者にラリー・ホームズの名を推す最大の理由はそれだ。
Fight Night Round 4 のパッケージを飾るのは、アリとタイソン、ヘビー級の二大巨頭。
しかし、その二人の間の時代に絶対的なチャンピオンで在り続けたホームズは、パッケージに出るどころか、デフォルトでゲームのロースターに名を連ねていない有様だ。
ホームズをゲームに登場させるには、ボクサーシェアからダウンロードしてくるか、自分の手でクリエイトしなければならない。
本作に限らず、ラリー・ホームズの登場するボクシングゲームは、あまり記憶にない(メガドラのグレイテスト・ヘビーウェイツくらいのものだろうか?)。
いくら華がないとは言え、一時代を築いた歴史に残るチャンピオンに対し、なんて仕打ちなのだろう。どこまでも不憫な王者だ。
10100107.jpg
連続防衛記録を積み重ねてきた(その間にIBFとの統一王者になったり、WBC王座を闘わずして剥奪されるなど、色々とややこしい経緯もあったのだが)ホームズを、その王位から引き摺り下ろしたのは、一階級下からやって来た元五輪金メダリスト、マイケル・スピンクス。
しかしこの試合はかなりいびつな内容だった。グローブの先でちょこちょことホームズの体を触っては、ひたすら逃げ回るスピンクス。
ヒット&アウェイならぬ、タッチ&アウェイとでも言うべき姑息な戦法。そして不当とも思える判定。
その様は、俺にはまるで不人気な王を廃位させんが為に、臣下が画策した陰謀劇のように見えた。
当たり前のように勝ち続け、人気がないまま長きに渡って安定したホームズの王朝は、こうして呆気なく、釈然としない終わりを迎えたのだった。

この記事に含まれるtag : ボクシング 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-286.html

2010/10/01 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【SuperLite1500シリーズ ピンボール ゴールデンログレス】

   ↑  2010/10/02 (土)  カテゴリー: PS1
10100208.jpg
日本のピンボールビデオゲームメーカーと言えば、デジタルピンボールシリーズのKAZeが有名どころですが、そのKAZeと並ぶもう一つの雄が、PCゲームを主体に活動するリトルウイングです。
ここはKAZeと違って、もう完全にピンボールゲームだけに特化した、限りなく家内制手工業に近い規模の会社。
'91年に登場したトリスタンを皮切りに、クリスタルカリバーン、ルーニーラビリンス、ジニージーラなど、数々の作品をマイペースでリリース。
それらの作品はいずれも、日本のみならず、海外でも高い評価を受けています。
10100206.jpg
ビデオゲーム的な演出や面白さを追求したKAZeのデジピンに対して、リトルウイングピンボールの魅力は、ピンボール本来のエレメカ的なテイストや手触りを重要視しているところ。
デジピンのような刹那的な面白みには欠けますが、その代わりに長く遊び込むにつれてコクが増してくる味わい深さが、リトルウイングのピンボールゲームにはあるのです。
台のグラフィックデザインの美麗さも、ここのピンボールの魅力の一つ。
クラシックなエレメカを想起させる、おもちゃの宝石箱のようなレイアウト。それを彩るのは、どことなくステンドグラスを思わせるような、格調高く落ち着きのある色使い。
エレメカ的な大衆性と、ステンドグラスのような格調高さ。相反するような二つの要素を、なんの違和感もなく同居させたリトルウイングピンボールのデザインは、どれも溜息が出るほどの美しさに満ちています。
10100203.jpg
そのリトルウイングの代表作とも言えるピンボールが、このゴールデンログレス。
リトルウイングピンボールでは、珍しく家庭用機に移植された大作です。
実機の肌触りを大切にしながらも、よりビデオゲームピンボールらしいギミックを盛り込んだ本作の特徴は、三つの台を渡り歩きながらアーサー王伝説をなぞって、12人の円卓の騎士たちを復活させて行くドラマチックなストーリー展開。
騎士の復活は役を完成させることによって成立し、その状況は台の隣に表示された円卓に逐一表示されていくのです。
また、役ものの完成時には、絵物語風のカットがインサートされ、このアーサー王伝説その後の物語を盛り上げるのに、一役買っています。
10100204.jpg
アーサー王伝説に相応しい、重厚な音楽も実に見事。
ボールの重みを今ひとつ感じられないのが(どことなくパチンコ玉っぽい。全体を一枚に収めたちまっとしたレイアウトなので、それもやむなしかもしれないけど))、リトルウイングのピンボールに共通した欠点ではありますが、しかしそれも、このゴールデンログレスのトータルな魅力を損なうほどのものではありません。
10100205.jpg
お勧めはやはり本家本元のPC版(リトルウイングのサイトでダウンロード購入できます)なのですが、手軽さという面では、最近ゲームアーカイブ化された、このプレイステーション版。
サクセスの廉価版シリーズに組み入れられたため、味も素っ気もないパッケージデザインを押しつけられたのは、少し残念ですが、解像度を別にすれば充分納得のできる移植です。
家庭用機では他にも、ネオゴールデンログレスの名で発売されたドリームキャスト版があるのですが、未プレイなのでこちらの詳細は、ちょっと分かりません。

この記事に含まれるtag : ピンボール 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-285.html

2010/10/02 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Pinball FX】Excalibur

   ↑  2010/10/03 (日)  カテゴリー: XBOX 360
101003006.jpg
Xbox 360のピンボールゲームと言えば、もうすぐ続編の配信が予定されているZen Studiosの『Pinball FX』。
『Pinball FX 2』 は、どうやらゲーム本体が無料で配信され、好みの各台をそれぞれ個別に購入するというシステムになるらしい(前作の台もインポート可能とか)。
もしかしたら『Game Room』みたいに、自前の空間に好きなピンボール台を自由に配置していくシステムになるのだろうか? もしそうだとしたら、嬉しさのあまり座り小便の一つでもしてしまうぞ!
101003005.jpg
2007年に登場して以来、半年に一つくらいのペースで律儀に新台を追加していった初代Pinball FX。
最初にパッケージされていたSpeed Machine、Extreme、Agentsの三つに加えて、無料追加台の"Buccaneer"。そして以後有料でNightmare Mansion、Rocky & Bullwinkle、Street Fighter II、Earth Defense、Excaliburと、新たな台が続々登場した。
今のところ最新の追加台が、今年の頭くらいに発売された"Excalibur"。これはリトルウイングのゴールデンログレスと同様に、アーサー王伝説をモチーフにした台。
101003004.jpg
台のそこかしこにレイアウトされるのは、聖杯に、円卓に、魔術師マーリンに、聖剣エクスカリバー。
左上にはボールを弾き返して城門を破壊するミニゲーム。左下では馬上槍試合など、凝りに凝ったギミックも満載。
このギミックの充実度は、『Pinball FX』の歴代テーブルの中でも、群を抜いているかも。
ただし全体の難度も歴代テーブルの中でも高め。特に凶悪なのが左側のアウトレーン。
これを回避するために、左側のフリッパー(サブフリッパー)は常に上げっぱなしにしちゃうくらい、このアウトレーンには何度も泣かされた。
101003003.jpg
『Pinball FX』がビデオピンボールとしてずば抜けた出来になっているのは、細部まで執拗に描き込まれたグラフィックも理由の一つだが、それ以上に何よりも素晴らしいのは、音の圧倒的な臨場感だ。
カタカタとフリッパーが奏でる音は、振動機能の助けを一切借りずして、プレイヤーにまるで実機のフリッパーボタンを押しているような手応えを与えてくれる。
ボールがフィールド上をゴロゴロと転がる音は、鉄球の重みを確かに感じさせ、それがバンパーやターゲットに当たったときの感触まで、生々しく指先に伝わってくるかのようだ。
『Pinball FX』に唯一足りなかったものがあったとすれば、それは『Pinball: Hall of Fame』のように、ピンボール台がずらりと並んだわくわくするような光景だ。それは是非とも2で実現されていて欲しい。
101003002.jpg
あ、それと、このExcalibur の台レイアウトって、この前iPhoneアプリで出た『Slayer Pinball Rocks』に、どことなく似ているよね。
円卓とボーンクラッシャー、ギターと聖剣エクスカリバーの役割とか位置が、ほとんど一緒に見える。
後発は『Slayer Pinball Rocks』の方だから、真似たとすればSlayer の方なんだろうけど、これにもさらに実機の元ネタとかがあったりするのかな?

この記事に含まれるtag : ピンボール XBLA 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-284.html

2010/10/03 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Fallout 3】ポイントルックアウト元州立公園

   ↑  2010/10/04 (月)  カテゴリー: XBOX 360
気づけばFallout: New Vegas の発売まで、あと1ヶ月をきってしまっているではないか。時が経つのは早いものだ。
俺がVault の穴蔵を這い出て、初めてキャピタル・ウェイストランドの地を踏んだ日も、今や遠い昔の話になった。
すっかりすれてしまって、この荒れ果てた大地の上を、ギャラクシーニュースラジオから流れる音楽を大音量で響かせて、スキップしながら歩いているこの俺だが、あの当初の頃の、拓けた荒野を一歩進むだけでおっかなびっくりだった感覚は、今でも強烈にこの心に焼き付いている。
10100415.jpg
そして「初めはメガトンに行ってみろ」というアドバイスを他所に、メガトンがどっちだか分からず迷って川っぷちに出てしまい、そこでミレルークに初遭遇して「うわあぁぁぁぁ! 何じゃこのきんもい奴はぁぁ!」とパニクったのも、懐かしい思い出だ。
そんな最初の新鮮な気持ちもどこへやら。今ではミレルークを見る度に、「カニ味噌ごっつぁんです!」とばかりに、奴の進路に嬉々として地雷をばらまいている始末。人間、あんまり置かれたシチュエーションにすれたくはないものだな。少なくともゲームの中では。
10100405.jpg
そんなおっかなびっくり気分を思い出すには、やはり知らない土地を歩くに限る。
数種類出たダウンロードコンテンツの中で、最後のメインディッシュとして取って置いたPoint Lookout。いよいよこいつの出番かもしれない。
今まで遊んだDLコンテンツは、一本道のUFO内とか軍事シミュレーターとかで、あまりこの”見知らぬ土地を怖々歩く”という感覚には遠かった。
しかしポトマック河を下った先にある、このかつてのリゾート地ならば、またあのおっかなびっくりな感覚が味わえるかもしれない。
New Vegas に乗り込む前に、キャピタルウェイストランドでの日々をひとまず締めくくるには、ここが一番おあつらえ向きかもしれないしな。
10100416.jpg
アーリントン図書館の近くに停泊していたフェリーに乗り込み、船に揺られること数分間だか、数時間だか、数日だか。俺が辿り着いたのは失われたリゾート地、Point Lookout。
そこで俺を出迎えたのは、海辺にそそり立つ朽ち果てた観覧車。それは嫌が応にも映画『ウォリアーズ』で、疲労困憊して”ホーム”に帰宅したウォリアーズを出迎えた、あのコニーアイランドのおんぼろ観覧車を思わせて、ウォリアーズの面々同様に、俺も何とも言えないやるせない気分になるのであった。
10100413.jpg
埠頭の近くにある、まるで裏の畑で人が首だけ出してキャベツみたいに埋められていそうな風情のモーテルにチェックイン。もっともフロントが無人だったので、勝手チェックインだが。
ドアを開けたら豚の頭を被った男がチェンソー振り回して襲いかかってくるかもとびくびくしたが、その心配は杞憂だったようだ。
もっとも俺だってCannibal のPerks を会得した身だしな。人食いなら負けてねえぞ。出れるなら出てきてみやがれ、ロリー・カルホーン!
10100418.jpg
フェリーに乗る前に、アーリントン図書館にあったメリーランド州の公文書に一通り目を通してきたのだが、それによると戦争前のPoint Lookout 州立公園は、美しい湖と森に囲まれた、緑豊かなリゾート地であったらしい。
それが今じゃ見る影もない、そこら中にメタンガスが噴き出す不気味な湿地帯と化している。
10100411.jpg
ちょっと奥の方に行けば、そこはアメリカの東海岸と言うよりは、むしろディープサウスの沼地だらけの湿地帯みたいになってしまっているのは、この地で非業の死を遂げた南軍兵士捕虜たちの怨念によるものなのだろうか。
ディープサウス名物の、密造酒造りに精を出す徹底的にダメな人も居たりするしな。この人とは似た者同士、なんかめちゃくちゃ仲良くなれそうな気がするぞ!

この記事に含まれるtag : FallOut 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-283.html

2010/10/04 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Fallout 3】ブラックホール屋敷とシスターL

   ↑  2010/10/06 (水)  カテゴリー: XBOX 360
”はじめてのキャピタルウェイストランド”での、カニ味噌さんことミルレークとの遭遇は、俺がゲームの中で体験した久々の恐怖体験だったのだが、なんであれがそんなに怖かったのかは、白昼→遠くになんか人らしき影を発見→人恋しいのでついつい近寄ってみる→うわあぁぁぁ、何じゃこいつはぁぁぁ!→うわ、こっちに気づいた!→うわ、ちょっと、こっち来るんじゃねえ! そんなコンボが強烈だったからだと思う。
真っ昼間、遠くの方でふらふらしている人影を見かけて、何だろうと思って近寄ったら、それはテンパった目で包丁を振り回すシャブ中で、目があったらこっちに向かってきた! そんな突発事態的な生々しさ。現実社会に転がってる恐怖を感じさせるリアリティとでも言うのだろうか。
これがダンジョンみたいな下水道や穴蔵で、出会い頭に遭遇というケースであったら、脳があいつを単なるクリーチャー扱いと認識して、きっと怖くも何ともなかったことだろう。
迷路の中で化け物とばったりという事態は、現実では全くお目にかかることのない、あまりにもゲームの中じみたシチュエーションだからだ。
10100618.jpg
俺はお化け屋敷風の、作為的に作られた怖がらせに出会うと、逆に興醒めして一気にどっちらけてしまうという、厄介な天の邪鬼性分なのだ。
だからありがちな心霊ゲームの類は、ほとんどその怖がらせに素直に乗れなかったりする。特にDSあたりで大量に出ているそれは、安っぽい作為が満載で、逆に怒りがこみ上げてきたりする。人をびっくりさせることを、怖がらせることだと履き違えてるんじゃねえ!
そんな俺が心底怖いと思う和製ホラーゲームは、投げっぱなしの不条理と喪失感に満ちた夕闇通り探検隊だったりるすのだが、これは本項とは関係ないのでひとまず置いておこう。
で、Falloutのフィールドに転がっている恐怖。それはミレルークと初遭遇に代表されるような、作為とは無縁の突発性事態の恐怖なのだ。
10100608.jpg
ただでさえ、一歩脚を進める度に不安感を増していく息の抜けない荒野。そして遠目から確認できる人影。それがこちらに猛然とダッシュしてきた。うわあああ!
これが初めて見るクリーチャーだったら、その恐怖もひとしおである。デスクローの時なんて小便ちびるかと思った。マグナム弾ぶちこんでもびくともしないし。
手持ちの弾を撃ち尽くして、空の弾倉を撃鉄が虚しく叩く音にさらにパニックになり、「うわああ!」と叫びながら、まるでアクション映画に出てくるへたれ野郎の如く、なりふり構わず逃げ出したのも、一度や二度ではない。
10100620.jpg
とにかくFallout で一番怖いのは、白昼の拓けた荒野なのだ。よくダンウィッチビルが怖いなどと言われるが、あそこは作為的な怖さが目立ちすぎて、言われるほどに怖いとは感じなかった。
ビル内に散在する記録から、ここで起こったことの全容が徐々に解明されていくという流れはよかったのだが、ビルの一室に置かれていたアレ。あのプレイヤーの接近を見計らったかのように動き出す生首で、個人的には一気にしらけてしまった。安手のお化け屋敷じゃねえか、それ!
まぁそれは、俺があそこの元ネタをあまり詳しく知らないってのもあるんだろうけど(俺のクトゥルーに対するイメージって、学者か何かが「ああああ、恐怖、恐怖だ」なんて喚きながら、訳の分からない手記を律儀に残していくって程度のものだ)、例え熟知していたとしても結果は同じだったかもしれない。
クトゥルー神話の恐怖って、結局は身近ではないフィクションの中の恐怖だもん。通りの向こうから、頭のおかしい奴がこちらに向かってダッシュしてくる恐怖に比べたら、砂糖菓子みたいなもんだよ。
10100610.jpg
ただ、Fallout 3 開発チームの中には、クトゥルー好きの奴が混じっているらしく、Point Lookout でもクトゥルーネタが再三登場する。
このPoint Lookout の南西にある屋敷に一人住む、オバディア・ブラックホールという偏屈じじいから、本を取り返してくれと頼まれる一連のクエストがそれだ。
ブラックホール。妙なラストネームだ。西日本プロレスで覆面レスラーをやっていた過去でもあるんだろうか。
10100611.jpg
ま、それはともかく、この頼みを安請け合いして屋敷の外に出ると、マーセラさんという敬虔な神の使いから呼び止められることになる。
マーセラさんの言うことには、その本とオバディアは、邪悪で危険な存在だと。本をオバディアに渡したら大変危険なことになると。本を手に入れたらオバディアではなく、私に寄越して欲しいと。オバディアのように大金は払えないが、代わりに私のこの瑞々しい体で払うというのはどうか?と。
「私が言っていないことが混じっている!」とマーセラさんから抗議が入った様な気もするが、とりあえずスルーしておこう。
10100619.jpg
本の入手は容易い仕事だった。問題はこの本をオバディアとマーセラ、どちらに渡すかだが、じじいと女性を天秤にかければそりゃあ結果はおのずと知れている。
なにせマーセラさんは神に仕える身だ。
「どんなに潔癖そうに見せても、お前の体の中には淫らな血が流れているんだ。さぁ、これから神を裏切る時間だよ」
そう。あの夢にまで見た『シスターL』プレイが、とうとう実現できるではないか。
マーセラさん、本を持ってきましたよ! これと引き替えに、今晩だけ貴方のことをエリって呼んでもいいですかぁ!?
10100621.jpg
海岸沿いに貼られたテントの周囲では、スマグラーたちがうろうろしていた。
いやな予感がして、エリ、いや、マーセラさんのテントに入ってみると、既にマーセラさんはスマグラーたちに惨たらしく殺された後だった。勿体ないことするなよ!
残されていた鍵で金庫を開けてみると、そこには「本を持ってダンウィッチビルに行ってくれ」という、彼女の音声メッセージが入っていた。
一緒に「シスターLプレイにつき合ってあげられなくてごめんなさい。代わりにこれをおかずに使って下さい」なんて書き添えられたエッチな自画撮り写真でも入っていれば、話は別だったのだが、それが無いんであればいちいち願いを聞く義理もない。これで心置きなく本をオバディアのもとに持って行き、キャップを受け取れる。
10100614.jpg
「よそ者め、出て行けぇ!」
キャップと引き替えに本を渡すと同時に、この糞じじいの態度は豹変しやがった。
頭に来たのでバットで殴り殺してやろうかとも思ったが、本の行く末も気になったので、じじいの後をこっそりつけて屋敷の地下室に入る。
するとじじいは、怪しげな祭壇に本を捧げると、その前に座り込んでむにゃむにゃとお祈りをおっ始める。
オカルトじじいがどんな暗黒神を呼び出そうとしているのかは知らないが、ヨグ=ソトースだとか、ニャルラトホテップなんぞよりも、「D + T → 4He + n」という化学式一つの方が百億倍も恐ろしいことは、この荒れ果てた大地が証明している。
10100615.jpg
じじいの念仏は一向に終わる気配がない。業を煮やしてじじいに、いつ面白いことが始まるんだ?と尋ねると、じじいはまたしても、「まだ居たのか。出て行け、よそ者め!」
あったま来るじじいだなぁ。ああ、出て行きますよ。それと、念仏に忙しくて聞こえてないかもしれないけど、年寄り一人だと不用心だから、念のための後ろの通路や階段に地雷ばらまいておきますからね。
うっかりして踏まないように。聞こえてないようだけど。こっちも聞こえないように言ってるけど。しばらくしたらまた顔を見せるけど、せいぜいそん時が楽しみだ!

この記事に含まれるtag : FallOut 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-282.html

2010/10/06 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |