FC2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

このページの記事目次 ( ← 2010-09- → )

← 前のページ  total 4 pages  次のページ →  

Vシネマ【Zero WOMAN Ⅱ ~警視庁0課の女~】

   ↑  2010/09/09 (木)  カテゴリー: 映画・DVD
10090917.jpg
日曜朝9時と言えば、子供たちや大きなお友達がメイン視聴者層の、言わば”朝のプライムタイム”とも言える時間帯。
フジテレビでは”ドリーム9”の名称の元に、今ではアニメ作品を放映する時間帯になっていますが、それ以前のこの時間帯では、東映不思議コメディーシリーズと呼ばれる実写ドラマを放映する枠でした。
『おもいっきり探偵団 覇悪怒組』『美少女仮面ポワトリン』『有言実行三姉妹シュシュトリアン』なんてタイトルが並ぶこのシリーズの中で、良い意味でも悪い意味でも名の知られている作品が、1989年に放映された『魔法少女ちゅうかなぱいぱい!』。
人気を得たにも拘わらず、当初の予定にも満たない僅か半年間の放映で打ち切られてしまった悲運の番組です。

その打ち切りの理由は、主演のアイドル小沢なつきが、撮影をほっぽり出してマネージャーと駆け落ちまがいの失踪をしてしまったという前代未聞なもの。
番組はただちに打ち切られ、設定をそのまま受け継いだ新番組『魔法少女ちゅうかないぱねま!』(主演は島崎和歌子)が急遽制作されるという、ばたばたした事態になったのでした。
これからの飛躍を嘱望されていた小沢なつきでしたが、こんな騒ぎを起こしては、もちろんアイドルとしての生命を完全に絶たれたのも同然。このま仕事を干され、芸能界から姿を消してしまいます。
10090909.jpg
そんな小沢なつきがヘアヌードという起死回生の手段で芸能界にカムバックしてきたのは、それから約4年後のこと。
しかし、いくら復帰したとは言っても、そのような前歴を持つ小沢なつきに華々しい舞台が用意される筈はなく、自然とその仕事はVシネマを中心とした、いささかやさぐれたフィールドに限られてしまうのでした。
だが、20才にもならないうちに「全てを捨てて駆け落ちしようとしたら、待ち合わせ場所に相手が来なかった」という、凄まじい修羅の道を経験してしまった小沢なつき。
Vシネマ仕事でスクリーンに晒される彼女を姿からは、演技を超えた女の修羅が、常に垣間見えていたのでした。
その修羅の淵からこの人を救い出したい。しかし、うっかり手を差しのばせば、間違いなく自分もその修羅の中に引き摺り込まれてしまうだろう。
観る者にそんな妄想を抱かせる危うさ、痛々しさ、業の深さ、そして何とも言えない場末の雰囲気。
それらを振りまくこの時期の小沢なつきからは、そのアイドル時代からは想像もつかない、安っぽい妖しさに満ち溢れていたのです。
10090910.jpg
篠原とおるのコミックを原作に持つVシネマ、ゼロウーマンは、'90年代の後半にカルトな人気を誇ったシリーズ。
このシリーズの特徴は、少し前にちょっぴり名の売れたアイドルに、主演と引き替えに脱ぎやハードな絡みを課すという、いささか残酷なものでした。
第1作の飯島直子を皮切りに(ただしこの1作目は、それほどハードな絡みシーンは無い)、武田久美子、大野幹代(元CoCo)、立原麻衣、白鳥智恵子といった面々がこのシリーズに出演してきました。
篠原とおるのやさぐれたテイストを根底に持つこのシリーズと、”修羅の女”小沢なつき。両者の邂逅は必然であったと言えましょう。
小沢なつきが出演したのは、飯島直子編に続くシリーズ第2弾。そして、ゼロウーマンシリーズ中、最高傑作は、紛れもなくこの小沢なつき編でしょう。
他のゼロウーマン主演女優勢には太刀打ちできないほどの、小沢なつきの凄絶な修羅は、それくらい篠原とおる世界と見事にシンクロしているのです。
10090913.jpg
暴力団、汚職刑事、中国人のチンピラたちが三つ巴で奪い合う株券争奪戦に、小沢演じる警視庁ゼロ課刑事が挑み、男に惹かれ、抱かれ、裏切られ、痛めつけられ、最後は男の股間を撃ち抜き因業な死を与えるという、篠原節溢れる世界ですが、三陣営それぞれにキャストがいい味を出して、このB級ジャパニーズノワールの世界にどす黒い花を添えています。。
暴力団組長役の団時朗は双眼鏡マニアというキッチュな設定。汚職刑事役の菊地孝典は、藤岡弘から脂を抜いてさっぱりさせたような印象。
そして中国人チンピラコンビを演じるのは、ケイン・コスギと、山崎邦生の元相方である軌保博光。
後先考えず青竜刀を振り回し、最後は文字通り自ら墓穴を掘る軌保博光が、、実に生き生きして躍動感に溢れています。
そして物語の終盤では、ケインとユキオ・ヤマト(代表作は『ZIPANG』)の素手での一騎打ちというドリームカードも実現。
ユキオ・ヤマトを圧倒するケインの体技は、さすが見応えがあります。
10090915.jpg
そのケインと並んで小沢なつきがアクションを披露するという、ある意味とても残酷なシーンもあったりしますが、まぁこれはケインにだけ注目して小沢さんの姿はなるべく観ないようにしてあげましょう。
そんなあらゆる意味で体当たりな小沢なつきの熱演が報われ(鼻からお薬を吸引するシーンのはまりっぷりは、半端ではない)、ゼロウーマンシリーズ屈指の、そして第2期小沢なつきの集大成とも言える作品に仕上がった本作。
しかし、そんな奮闘も虚しく、次作『アタシはジュース』を最後に、小沢は再び業界からフェイドアウトして行きます。
そして数年後、彼女は思いもよらぬ形で表舞台に再び姿を現し、さらなる修羅の道を突き進んで行くことになるのですが、その話についてはここでは触れないでおきますね。

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-306.html

2010/09/09 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【FUEL】ゆっくり急げ

   ↑  2010/09/10 (金)  カテゴリー: XBOX 360
100910006.jpg
狂わんばかりの暑さも少しずつなりを潜め、居座り続けていた夏がようやく去らんとしている。
そんな少しばかり遅い夏の終わりと共にオレも『Test Drive Unlimited』のオアフ島を離れて、またあの『FUEL』のだだっ広い不毛な荒野に轍を刻む場所を移す。
オアフ島の開放感溢れるオープンワールドと比べると、この『FUEL』の荒野のどこまでも果てが無い広さに押し潰されそうな息苦しさは、また独特の味わいだ。
100910002.jpg
既にフリーライドで620マイルを走行すると解除される、"大旅行家"の実績を解除して久しいというのに、オレはまだこの広大な大地の半分もアンロックしていない。
オレがあの地平線の遙か彼方に辿り着くのは、果たして何年越しの事業になるのだろうか。
そんなペース、そんなスタンスで付き合うゲームが、一つくらいあってもいい。そして『FUEL』はまさにそんなゲームなのだ。

そんなオレの孤独なドライブ中に、カスタムサントラから鳴り響くのは、JAGATARAの"岬で待つわ"だ。
現実世界でも極上のドライブミュージックとなるJAGATARA。彼らのご機嫌なお茶漬けファンクをバックに走ると、首都高速が、第三京浜が、いつもと違う景色、いつもと違う道程になる。
それはこのFUELの荒野でも同様だ。
100910005.jpg
どこまでも続く乾いた大地。どこまでも続く荒れ果てた谷間。
どこまでも、どこまでも、この風景は延々と続くのではないかという不安を、江戸アケミは「どこまで行っても同じ事。どこまで行っても出口知らず」と、さらに煽り立てる。
そんな不安と孤独に押し潰されそうになりながらも、右手はなおもアクセルを開き続ける。
この孤独な大地にねじ伏せられそうな心を奮い立てるには、ただ闇雲に走り続けるしかないのだ。
100910004.jpg
スピード さらにスピード もっとゆっくり急げ
  スピード もっとスピード さらにゆっくり急げ

痛みきったタイヤが、ぼろぼろに崩れたアスファルトの上で乾いた音を立てる中、江戸アケミは「ゆっくり急げ」と、まるで狂人の交通標語のように矛盾した言葉を歌い上げる。
だけど『FUEL』の気が狂わんばかりに広大な荒野に身を委ねる者にとっては、それが矛盾ではないことを知っている。
この果てを知らない大地の上では、内燃機関が叩き出すスピードなど児戯に等しい。いくら意気込んでアクセルを踏み込み、最短距離を突っ走ろうが、そんな行いは象に噛みつく虱のようなものなのだ。
この広い大地にも必ず果てはある。焦らずにいれば、いつかはそこに辿り着くことができる。
だから「ゆっくり急げ」。刹那的なスピードは、いつかは萎える。この魂の耐久レースに必要なのは、JAGATARAのグルーブ感のような「ゆっくり急ぐ」スピードなのだ。

この記事に含まれるtag : FUEL 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-305.html

2010/09/10 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Slayer Pinball Rocks】血塗ラレタiPhone

   ↑  2010/09/11 (土)  カテゴリー: iOS
100911002.jpg
世界は血で塗り潰された 全て残らずだ! <Slayer - World Painted Blood>
けたたましく、電飾だらけで、大仰かつ馬鹿馬鹿しいギミックの数々を内包するピンボールは、HR/HM の世界と、元々大変相性が宜しいようです。
かつてバリー社が送り出したKissや、データイーストのGuns N' Rosesなど、実在バンドをモチーフにしたピンボール台は、今までもちらほらありましたし、ビデオゲームピンボールの世界でもMotley Crueが登場する『クルーボール』(メガドライブ)があります。
そんなヘヴィメタルピンボールの流れにも、遂にスラッシュの波が押し寄せてきました。
ピンボールゲーム界に殴り込みをかけた、そのグループの名はSlayer。言わずと知れたスラッシュメタルの帝王です。
100911003.jpg
この『Slayer Pinball Rocks』は、iPadにも対応したiOSゲーム。
アプリケーションを起動させると鳴り響いてくるのは、彼らの最新アルバム"血塗ラレタ世界"の冒頭を飾る表題曲、"World Painted Blood"の不穏なイントロ。
そしてスクリーンが執拗になめ回すのは、炎と、どす黒い血と、無数の髑髏に埋め尽くされた、まるで地獄の光景のようなピンボール台。
その台のそこかしこを彩るのは、ギターに、アンプに、五芒星に、Slayerのロゴ。
さあ、プランジャーでボールを弾けば、Slayerが奏でるインストゥルメンタルをバックに、地獄のピンボールの始まりです。
100911004.jpg
本作は既にAppで発売済みの『Pinball HD』シリーズ(The Deep Pinball、Wild West Pinball、Jungle Style Pinball)と同じエンジンで製作されています。
球の挙動からインターフェースまで、全てが『Pinball HD』と同じもの。ちょっとリーチが長く、反応が今ひとつ鈍臭いフリッパーや、かなり長めに遊ばせてくれるゲームバランスなども全て一緒。
ただし、仕掛けやギミックがクラシカルで質素だった『Pinball HD』と違って、この『Slayer Pinball Rocks』のギミックは、その全てがど派手。
100911005.jpg
「もういっちょ行くぜぇ!」「血が欲しいんだよぉぉぉ!」とシャウトするトム・アラヤ肉声フィーチャーに、ボールをかき回して吐き出すボーンクラッシャーと名付けられた回転式ギミック。
そして画面中央上部に位置するギターのフレット部分は、一見ただのランプレーンに見えるかもしれませんが、実はそれだけじゃない。
一定条件を満たせば、ボールがこのギターのネック部分にキープされ、そしてピンボールをいったん中断して、まるでギターヒーローのような簡易音ゲーが始まるのです。
やはり"血塗ラレタ世界"収録曲である"Beauty Through Order" をバックにフレットの左右から流れる光のゲージ。
これにタイミングを合わせて左右のフリッパーボタンをタップ。演奏が続けば続くほどボーナスポイントが加算されていくシステムです。
100911006.jpg
そしてこの『Slayer Pinball Rocks』の発売元は、Sony Music Entertainment。
未だに日本国内では、iTunes Music Storeでソニー系ミュージシャンの楽曲が買えない事態が続いていますが、本作ではその日本では買えないSlayer最新楽曲を堂々とフィーチャー。
純粋にビデオピンボールゲームとしてのデキも確かなので、Slayerファン以外の人たちにも充分オススメできます。

この記事に含まれるtag : ピンボール 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-304.html

2010/09/11 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【SWITCH】谷啓版スイッチ君

   ↑  2010/09/12 (日)  カテゴリー: PS2
10091208.jpg
元クレイジーキャッツの谷啓さんが亡くなられました。
シャイとエキセントリックが同居したかのような、いわゆる芸人っぽさとは対極的な、どことなくバタ臭い上品さが印象的な方でした。
そんな谷さんとゲームとの関わりと言えば、セガがメガCDでリリースした怪作SWITCH。
そして谷啓さんを偲ぶのにもっとも相応しいSWITCHは、オリジナルから10年後に登場したPS2移植版SWITCHの方。
10091202.jpg
オリジナル版でメインキャラクターの声を担当したのは、『パタリロ!』でお馴染みの白石冬美さん。谷啓さんは音楽の他に一部の効果音(システム画面でボタンを押したときの確認音が「がちょーん」だったりする)を担当するに留まっていましたが、この移植版では、そのスイッチ君の声をも、白石さんに代わって谷啓さんが担当しているのです。
もっともこのスイッチ君。ほとんど喋らないキャラなので、その谷啓ボイスを堪能できるパートも限られていますが、メガCDではもろにパタリロチックな声だったスイッチ君が谷啓ボイスに代わると、その外見もどことなく若かりし頃の谷啓さんとダブって見えてくるから不思議なものです。
10091201.jpg
自社ソフトのしょうもないPS2移植でさんざんミソを付けたセガですが、このSWITCHはメガCD版をほぼそのまま移植した内容。ゲーム中に登場するゲーム機もメガドライブwithメガCDのままです。
ただし、オリジナルと異なる部分も数カ所ほどあり、一つは前述したスイッチ君のキャラクターボイス。
そして大きな変更点と言えば、モニュメントの扱いが挙げられるでしょう。
メガCD版SWITCHでは誤ったスイッチを押すと、ピラミッドや自由の女神、姫路城など、世界中の有名モニュメントが爆破され、粉々に倒壊してしまったのですが、それから数年後、9.11の同時多発テロ事件が起きてしまい、さしものSWITCHも、このモニュメント爆破ギャグをそのまま使うわけにはいかなくなりました。
10091206.jpg
そしてこのPS2版SWITCHでは、モニュメントシーンのCGを新たに描き直し、モニュメントが大量のうんこに埋もれてしまうというシーンに改変されたのです。
オリジナル版の「がががががががちょーん、がちょーん。あなたのスイッチの選択の間違いにより、自由の女神は崩壊してしまいました。世界の終わりまであと28ミス」というメッセージも、このPS2版では「あなたのスイッチの選択により、自由の女神はうんこまみれになってしまいました。世界中がうんこまみれになるまであと28ミス」と書き換えられています。
現実がナンセンスを凌駕してしまったら、さらなるナンセンスでそれ塗り潰す。うんこを降らせられるものなら降らせてみろ、アルカイダ!
一見馬鹿馬鹿しいだけのゲームかと思いきや、このゲームには実はそんな芯の太さ。社会情勢をものともせずに、ナンセンスに徹する信念が貫かれていたのです。……って、まぁそこまで大袈裟なもんじゃないかもしれませんけど。
10091205.jpg
もう一つの変更点と言えば、このゲームはあらゆる効果音を、当時効果音物まね芸人として活躍していたケント・フリックが、その肉声で担当していたのですが、このPS2版でのパッケージやマニュアルからは、そのケント・フリックの名が一切見当たりません。
このPS2版の効果音も、確かにメガCD版そのまま、ケント・フリックによるものだと思われます。
しかし、その彼より出番が少ないWAHAHA本舗の面々が、メガCD版に続いてこのPS2版のマニュアルにもしっかり名を連ねているのに、何故ケントだけがハブられているんでしょうか?
と言うか、最近ケントの姿をメディアでさっぱり見かけなくなってるんですけど、彼は今どうされているんでしょうか?
この人の『地獄の黙示録』や『トップガン』の効果音物まねって、抜群に面白かったんですよ。もう一回観てえよ、あれ!
10091204.jpg
ひたすらスイッチを押しまくり、『ゲバゲバ90分』や『カリキュラマシーン』を思わせる、やや時代を感じるナンセンスアニメーションがひたすら繰り返される怪作。
メガCDを代表するタイトルの一つですが、時を経てPS2という大メジャーゲーム機に場所を移したこの移植版は、残念ながらワゴンで山を為す結果に終わってしまいました。
しかし、オリジナルをほぼそのままコンバートした、丁寧な移植が為されているので、オリジナルを知る人も知らない人も、これを機会にこの貴重な谷啓ゲームを手に入れてみるのも一興ではないでしょうか。どうせ今ならめちゃくちゃ安いだろうし。

この記事に含まれるtag : タレントゲー 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-303.html

2010/09/12 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【卒業Ⅱ Special】B面版卒業

   ↑  2010/09/13 (月)  カテゴリー: 3DO
10091308.jpg
谷、犬塚、桜井、石橋、安田ときたら、言わずと知れたクレージーキャッツのメンバーたちですが、中には彼らたちの事ではなく、清華女子高等学校の生徒たちを連想される方もいらっしゃるでしょう。
卒業シリーズ一作目のキャラクター名は、ドリフターズのメンバーから付けられていましたが、キャラクターを一新した二作目に登場する生徒名の元ネタはクレージーキャッツ。
続く卒業クロスワールドには、横山、西川というキャラクターが加わり、シリーズのメンバーが南の島でバカンスを楽しむ卒業Vacationでは、てんぷくトリオのメンバーから名前を頂いた三波、伊東、戸塚という新顔が加わりました。
この調子で行くと卒業3のメンバーは、由利、南、八波なんて名前になるのだろうと期待を持たせてくれましたが、残念ながら笑芸人の名前シリーズはVacationで打ち止め。
卒業3の生徒たちの名は、菊池、尾崎、渡辺、松山、斎藤と言うんですけど、これの元ネタはちょっとよく分かりません。文豪とか?
10091302.jpg
卒業というゲームはそのテーマ上、キャラクターたちは一作こっきりで文字通り”卒業”してしまうので、その続編は自然とメンバーを総入れ替えしなければなりません。
だけどこの”メンバー総入れ替えの続編”は、シリーズものにとっては相当の鬼門であることも確かです。と言うか、このパターンで成功した例って、サクラ大戦3くらいしか思い浮かびません。
また、この卒業2の生徒たちは、秀才、不良、お嬢様、健康優良児、バカという、一作目キャラクターたちの役割分担を、ほぼ忠実に踏襲しています。
これは裏を返せば、二作目のメンバーたちには、どうしても劣化版、あるいはパチモノ的なイメージが宿命づけられているということでもあります。
10091303.jpg
一作目キャラの役割分担を、そのまま薄味にして引き継いでいるか、あるいは過度にデフォルメして引き継いでいるか。
卒業2のキャラはそんな二つのパターンに分けらます。
デフォルメして引き継いでいるのが石橋(秀才)、犬塚(不良)、桜井(健康優良児)の三人ですが、石塚や桜井はともかく、まるでどおくまん漫画の登場人物を無理矢理女子高生にしたような犬塚のキャラクターなどは、どう向き合えばよいのか困ってしまうこともしばしです。
そして薄味化しているのが安田(お嬢様)と、先日惜しくもこの世を去った谷啓さんから名前を(勝手に)頂戴した谷の二人。
10091301.jpg
特に谷は、前作でプレイヤーをいい意味でも悪い意味でも手こずらせてくれた志村の後を継ぐ、栄えある二代目バカな筈なのですが、しかしバカ担当のくせしてこの谷、全生徒中一番手がかからないキャラクター。
自然と序盤はこいつのことはほったらかしにして、そのうち出てきても「うちのクラスにお前みたいな生徒居たっけ?」と、思わず首を傾げてしまうほど存在感の薄いキャラクターなのです。バカ担当の筈なのに!
10091305.jpg
ましてや一作目のメンバーたちとの合同興行となる卒業クロスワールドや卒業Vacationに於いては、元祖バカ担当キャラである志村の陰に隠れて、元々無い存在感はますます薄れる一方。
常に脇に居ながら、絶妙の存在感を振りまいていた谷啓さんの名を頂いたとは思えないほどの、この体たらく。
まぁこれに関しては、手のかからない奴ほどキャラクター的に割を食ってしまう、このゲームの特性にもよるんでしょうけど。
10091306.jpg
これまたシリーズ続編の宿命か。ゲームシステムにも新要素(席順システムやパラメータ項目の増加など)が加わり、その分煩雑さを増し若干とっつきが悪くなっている印象もあります。
卒業1がシングルレコードのA面ならば、この卒業2はB面。そんなイメージがついて回ってしまったせいか、一作目のように後に実写ゲーム化されるという栄誉にも恵まれませんでした。
だけど俺は、この卒業2のそんな微妙なパチモノ臭さ、B級感がちょっぴり好きだったりします。
ギャルゲービッグタイトルの続編とは思えないくらい地味な声優キャスティングも、なかなか味わい深いと言えるかもしれませんし。

この記事に含まれるtag : ギャルゲー 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-302.html

2010/09/13 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |