ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

このページの記事目次 ( ← 2010-08- → )

total 5 pages  次のページ →  

【Construction-Destruction】アメリカ版KENKIいっぱい

   ↑  2010/08/28 (土)  カテゴリー: PCゲーム
10082804.jpg
アメリカの飯場というか、建設現場の日雇い労働というと、どうしてもジョン・カーペンターの最高傑作『ゼイリブ』(くどいようだが、カーペンターはこれと『クリスティーン』に尽きる!)の冒頭を思い浮かべてしまうが、あの映画を色々と鵜呑みにしてしまうと大変なので(あちらのブルーカラーはプロレス技を使って喧嘩をするなんて、とんでもない誤解をしてしまいそうだ)、まぁ雰囲気だけでもあんな感じだと思うことにしよう。
10082807.jpg
女性の工事現場コスというと、日本ではまだまだキッチュなイメージが強いが、あちらでは結構定番のシチュエーションコスで、「ダダーン、ボヨヨン、ボヨヨン」でお馴染みのマッチョ女子プロレスラー、レジー・ベネットなんかも、最初は建設現場風のコスチューム(ヘルメット。ぶっとい赤のサスペンダーにブルーのデニムパンツ。手には工具箱)でリングに登場していたような記憶がある。
なんかあっちの建設現場には、レジーのような”リアル・タカさん”がうようよしているような誤ったイメージを抱いてしまいそうだが、今日はそんなアメリカン建設現場の気分を味わえるようなゲームをご紹介。
10082810.jpg
Construction-Destruction。まぁ早い話がKENKIいっぱいのような重機シムです。
ブルドーザー、ダンプ、クレーン、パワーショベルなどを操作して、フィールドの中で指定されたミッションをこなしたり、あるいはフリーモードでただひたすら穴を掘りまくったり、無差別に解体用ハンマーを振り回したりと重機三昧を楽しめるゲーム。
海外では伝統的に古くからある”はたらくのりものシム”の流れを汲む作品ですが、さすがに若干古めの低予算ゲームだけあって、重機の重量感溢れる手応えなどは再現されておらず、どことなくジオラマの中でミニチュアの重機をちまちま動かしているような感触。
10082811.jpg
だけどこのゲームのポイントは、やはりコクピット視点。臨場感溢れる視点から各種重機を気ままに操縦するのは、それなりに楽しかったりします。
がつがつとやり込むようなタイプのゲームでは決してありませんが、ハードディスクの片隅に置いといて、たまに気まぐれにパワーショベルで穴を掘りまくったりするのは、いい気分転換になったりしますよ。
後は友人とどっかの路地裏で、「このサングラスをかけろ!」「嫌だ!」という、事情を知らない人間には100%理解不能な殴り合いを繰り広げれば、アメリカン建設現場の気分がたっぷり満喫できると思います。

<Windows海外版>

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-317.html

2010/08/28 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【THEガッツ5!】飯場でガッツ!

   ↑  2010/08/27 (金)  カテゴリー: PCゲーム
10082703.jpg
エロゲー界の夏の風物詩、それはTHEガッツ!。
照りつける灼熱の太陽の下、道路工事と青姦という二大肉体労働に、汗まみれになりながら従事する。
そんな夏の定番と言うべきゲームも、7年前に登場したこのTHEガッツ5!を最後に音沙汰が無くなって久しいですが、第6弾の麻雀編は一体どうなっちゃったんでしょうか?
海、山、学園と続いたガッツシリーズも、この第5弾では遂にサブタイトルが消えてしまいますが、あえてつけるなら「飯場でガッツ!」といったところでしょうか。
10082709.jpg
夏。それは脱童貞の季節。
この主人公も、夏休み中にバイトして貯めたお金で脱童貞を目論む青年。
アメリカの童貞コメディ映画ならば、これを引っ張りに引っ張って一ネタ作るところですが、幸か不幸か青年が求人票片手に訪れたのは、あの猫柳建設。
まだオープニングタイトルも出ないうちに、この青年、あっという間に喰われて童貞を失ってしまいます。
そしてやって来たのは、バイパス工事の為に設けられた山奥の飯場。
クーラーも無い場所で、むさいおっさんたちと雑魚寝するという、あまりぞっとしない夏休みですが、そこは猫柳建設。他の建設会社とは訳が違う。
三食が付いてくるのは勿論ですが、そこにもれなく性行為も毎日ついてくるのが猫柳建設の飯場の特徴です。
もっとも、自分からポジティブにセックスに挑むシチュエーションがほとんど無いのが、このシリーズの主人公の宿命なのですが。
10082711.jpg
肉体労働でへとへとになり、本来なら体を休めなければならない休憩時間には、タカさんに「お前、裸になってそこで横になれ」と強制され、そのまま跨られて犯られてしまい、水を飲もうとすれば、お嬢に「あまり水分取りすぎると汗が出るわよ。だからここで少し出していきなさい」と、これまた強制的に搾り取られてしまい、汗を流しにシャワー室に入れば、アキラに「遠慮無くチ●ポ入れていいっすよ」などと、最も萌えないセリフで要求されるなど、よほどのタフガイでも三日と持たないような、天国とも地獄ともつかない日々が続く、相変わらずのガッツ節。
10082710.jpg
俗世間と断絶した飯場ですので、楽しみと言えば三度の飯くらい。
近所の食堂から仕出し弁当が届けられるのですが、それが毎日日替わりな、飯場飯とは思えないくらい気の利いた食事。和、洋、中華と、そのたびにいちいち専用の弁当アップ絵が差し挟まれるのが、いかにもこのメーカーらしい意味があるようで無いようなこだわりでしょう。
その仕出し弁当を持ってくるのは、所長に代わって今作で熟女部門を担当する河野さん。もちろんこのゲームに登場する女性ですから、まるで江戸時代からタイムスリップしてきたかのような、あけっぴろげな性観念と、底なしの性欲を誇っております。
10082708.jpg
ある夜などは、就寝前の飯場でにわかに怪談大会がおっ始まるのですが、残念ながらTHEガッツ3!の時のように、本筋とは全く関係ない怪談が長々と続く展開にはならず、さわりだけで終わってしまっています。
好きだったんだよなあ、THEガッツ3!の怪談。いや、怪談の中身じゃなくて、その怪談を語るシチュエーションが、なんとも生々しいだらだら感に包まれていて。
今回は飯場の怪談とうことで、さらなる生々しいだらだら感を期待したんだけど、怪談そのもののネタが尽きちゃってたんだろうか。
今年のような猛暑の中でプレイすると、いっそうその汗だく感が増すTHEガッツ!
だけど、どことなく映画トラック野郎シリーズの末期を思わせる、作ってる側がなんとなく飽きて来ちゃっているかのような黄昏れた雰囲気を感じるてしまうのは、気のせいなのかなあ。
タカさんの声も、斎……がさんじゃなくて、いつの間にか別の人になっているみたいだし。

<18禁作品>

この記事に含まれるtag : おとなの時間 ギャルゲー 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-318.html

2010/08/27 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

PPV【エロゲームセンターSEX(4)~同級生編 】

   ↑  2010/08/24 (火)  カテゴリー: 映画・DVD
10082404.jpg
世界一素晴らしいテレビチャンネル、パラダイステレビとエルフの夢のコラボレーション。その名はエロゲームセンターSEX(えすいーえっくす)。
「この番組はフジテレビTWO及び、フジテレビNEXTで放映されている人気番組『ゲームセンターCX』のS・E・X版ですが、フジテレビさんとは全く関係がありません」
という人を食った前置きで始まるこの番組。もちろん『ゲームセンターCX』公認ではありませんか、なんとなく了解はとっているという、何とも胡散臭いポジションの番組です。
有野課長の代理としてAV女優さんたちが、エルフのエロゲー完全クリアに挑み、そのついでに脱いだり絡んだりするこの番組も、今回の同級生編で第4回(後に同級生2編で第5回を迎えた)。
しかしこのSEXは、CXと違って役職の交替が激しく、回ごとに主任代理は別の人間に入れ替わっております。今回の主任代理は、あすかみみ。
10082407.jpg
ただし、このエロゲームセンターSEXには、毎回共通する欠点が二つばかりあります。
一つ目は、主任代理を務める建前上、”超ゲーマー”の冠が付くのですが、ゲームマニアなAV女優さんが、そうそう転がっているわけはありません。
まあ乃亜さんみたいな人も居たりしますが、残念ながら乃亜さんのゲーム嗜好及びキャラクターは、この番組のコンセプトに適うようなものではありませんし。
そして今回引っ張り出されたあすかみみも、FFやポケモンを遊んだ程度のゲーマー。
そんな彼女に多少リファインされているとはいえ、20年近く前に作られたオールドスクールなPC用アドベンチャーゲームのクリアを目指させるのは、いくらなんでも酷というものです。
10082408.jpg
案の定、特定の画面から抜け出すことができず、そのたびにスタッフに助けを求めるあすかみみ。
画面の反応する場所を片っ端からクリックして、会話が先に進むためのフラグを立てるという、この頃のパソコンADVゲームのお約束を、彼女が知るわけはありませんから、そりゃあ無理もないですって。
そしてもう一つの、そして最大の欠点は、モニター内の事象に一緒に一喜一憂できる8Bit時代のアクションゲームと違って、エロゲーの場合は他人がそれをプレイしている様子を見ても、こっちは面白くもなんともないということです。
何より、これを遊んでいるあすかみみ自身が、ちっとも楽しそうじゃないところが致命的。
そりゃそうです。ゲームも碌に遊んだことのない女の子に、いきなり同級生をやらせたって、そりゃあ面白くもなんともないだろう。
野郎向けのゲームという以前に、今の時代では恐ろしく古臭くて悠長なゲームなんだから。
10082409.jpg
最後にはゲーム内のエッチシーンを実写で再現するという建前の元に、申し訳程度に絡みのシーンが添えられています。この構成はこのシリーズ恒例。
そんなエロは添え物程度の扱いの、焦点をどこに絞ればいいのかいささか迷う、このエロゲームセンターSEXですが、本家とそっくりという部分ではなかなかに力が入ってますので、その辺りはそれなりに見応えがあるかも。
そしてこのエロゲームセンターSEXの最新第6弾は、今月の28日に放映されるパラダイステレビが総力を挙げて送るチャリティーイベント、24時間テレビ・エロは地球を救う2010(リンク先エロあり。よい子は飛んじゃダメ)の枠内での登場が予定されています。
皆様の善意をお寄せ頂くためにも、これを機会にパラダイステレビに加入するというのはいかがでしょうか。今年もあのおっぱい募金が行われるみたいですし。

この記事に含まれるtag : おとなの時間 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-320.html

2010/08/24 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【同級生麻雀】今度は脱衣すら無し

   ↑  2010/08/24 (火)  カテゴリー: PS1
10082403.jpg
あまりにもパチモノ臭い麻雀同級生シリーズのデキに業を煮やしたのか、今度はきっちりとパッケージにエルフの名が入った同級生の麻雀ゲームが、プラットフォームと開発元を変えて登場。
販売・開発のアローマは、シューティングのゲッP-X"や、実写声優ゲームのザ・スターボウリングといったカルト作を連発しているメーカー。
同級生ifの声優陣をほぼ再起用し、キャラクターのグラフィックも、オリジナルと比較しても違和感のないものになっている。
10082402.jpg
ただしハードがPSに移り、全年齢対象になったことで、脱衣の要素は一切省かれた。
その代わりに加わったのがストーリーモード。これはADV版同級生のフラグ立てを、イベントではなく麻雀で代行させるという妙ちきりんなもの。
それぞれのキャラとのストーリーを進行させる為には、そのたびにいちいち麻雀勝負をしなければならないのだ。
しかもその麻雀がアーケードライクな二人打ちではなく、本格的な四人打ち麻雀。
対象キャラを含めた四人(他のメンツはマタロウや一哉といった男キャラが加わる)で半荘勝負。これを夏休みの終わりまで延々と繰り返して、オリジナルの同級生に準じたストーリーを進行させていくのだ。
なんでこんな回りくどいことをしなけりゃならないのか。普通に同級生やりたきゃPC版かサターン版を遊ぶし、普通に麻雀打ちたきゃ小島武夫の店に行くわい!
10082401.jpg
さすがに同級生の麻雀ゲーム化を、他に任せるのことに懲りたのか、以降のエルフは自社キャラが登場する脱衣麻雀ゲームを、エルフオールスターズ脱衣雀の名で、自らの手で製作することとなりました。

この記事に含まれるtag : 麻雀 ギャルゲー 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-321.html

2010/08/24 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【麻雀同級生Special】公認のパチモノ

   ↑  2010/08/23 (月)  カテゴリー: セガサターン
10082316.jpg
10年ほど昔のことでしょうか。当時の風俗店の広告や看板なんかを、どっかのギャルゲーキャラクターに微妙に似たような女の子たちのイラストが席捲した時期がありました。
制服が微妙に似ているとか、髪型が微妙に似ているとか、そんなグレーゾーンぎりぎりの酷似っぷりだったんですけど、まぁそれでもクレームがやはり入ったりしたんでしょうか。
さすがにおおっぴらなものは、今ではほとんど見かけなくなりました。まぁこれは相次ぐ摘発により、店舗系のお店が絶滅傾向にあるというのも、理由の一つなんでしょうけど。
10082310.jpg
エルフの同級生はもともとが18禁ゲームなので、そのキャラクターたちが脱衣麻雀に登場しても、別に驚くようなことはないんですけど、丸投げしたとこがまずかったんでしょうか。
この麻雀同級生Specialと、前作の麻雀同級生に登場する同級生キャラたちは、そのどれもが風俗店看板を思わせるような、本家とは雰囲気からして微妙に違うルックスに変貌しちゃっております。
本来のキャラクター設定を完全に無視して、登場人物たちが「だったら麻雀で勝負よ」「麻雀でお仕置きしてあげます(芹沢先生はこんな事言わねえよ!)」なんてとってつけたような理由でプレイヤーに勝負を挑み、負ければ潔いばかりにすぱっと脱いで乳を揺らす。
脱衣麻雀としては非常に王道の展開なのですが、普通この手の流れは、いわゆる非公認のアイドルそっくりさんものや、アニメパロディものにとっての王道。
曲がりなりにも公認ものの脱衣麻雀ゲームで、この王道を貫くことはないと思うんですけど。
10082312.jpg
ただこの公認かどうかってところが、本作の場合はこれまた非常に微妙なところでして、一応タイトル画面にエルフの名前が入っていたりはしているのですが、俺は当時のゲーム雑誌で、「このゲームはエルフの同級生のキャラクターを使用していますが、内容は一切関係ありません」という一文が無理矢理差し込まれた本作の広告を見たような覚えがあります。
この辺は俺の記憶も曖昧で、あまり確証はないのですが、本作の開発元とエルフの間に、何かしらの一悶着があったという噂が広まっていたことは確かです。
10082311.jpg
対戦できるキャラは、パッケージに載った6名。上がり役に応じてそれ以外のキャラの脱衣が拝める隠しフィーチャーがあり。
レーティングは18歳以上推奨ですが、X指定ではないにも関わらず、全キャラしっかりと乳首まで披露しています。
ただし本作の乳は、まるで地球人を捕らえて生体解剖した宇宙人が、冷徹に被検体をスケッチしたような無味乾燥なシロモノ。
俺も今までいろいろな脱衣麻雀の乳を見てきましたが、ここまで劣情を催さない乳は他にはありません。
そのただの膨らみと化した無味乾燥っぷりが、18歳以上推奨レーティングなのに乳出しがOKとなった理由なんでしょうか?

この記事に含まれるtag : 麻雀 ギャルゲー 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-322.html

2010/08/23 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |