FC2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

このページの記事目次 ( ← 2010-04- → )

total 4 pages  次のページ →  

【Scrap Metal】もどかしい秀才君

   ↑  2010/04/01 (木)  カテゴリー: XBOX 360
100401005.jpg
『闘走!喧嘩グランプリ』だけではなく、『マイクロマシーンズ』に『バトルバ』など、見下ろし型画面で行われるラジコン操縦タイプの武装カーレースものというのは、昔から数多の傑作を生み出してきた定番のジャンル。
そして先月、LIVEアーケードに登場した『Scrap Metal』は、傑作『Toy Soldiers』に続くXBLAの注目作として、春の新作キャンペーンの一環タイトルとして、そして何より鉄板ジャンルであるラジコン型武装カーゲームのホープとして、1200MSポイントという強気な価格設定も逆に中身に対する自信のほどを思わせて、大いに期待されたタイトルであった。
100401003.jpg
けっこうイカした車のデザイン。そしてちょとした愛車のカスタマイズ要素(南軍旗風デザインのピックアップトラックに、ファイヤーボールパターンのホットロッド。そして何よりも、ドーナッツ付きのピンク・ビートル!)など、素敵な要素はそれなりにある。
だけど、そんなイカした車が大挙して登場するのに、自分が所持できる車の枠は4台までに限られているのは、どうしても納得ができないし、面ばかりやたら多くて、無駄なやり応えだけがあるシングルキャンペーンは、どうにもこうにも気が乗らないシロモノだ。
100401004.jpg
マルチ対戦は、それなりには盛り上がるんだけど、それでもやはり白熱するとまでには至らない。
みんなも同じ思いだったのだろうか、おかげでLIVEのマルチ対戦は、あっという間に過疎ってしまった。
このタイプのゲームとして、基本的なツボは外さずよくできたゲームではあるんだけど、何かが今ひとつ足りない。決定的な何かが欠けている。
それはコクであったり、強烈に弾けた何らかの要素であったりするんだろうけど。
その足りない何かの実体がどうも明確に掴めず、さらにこのゲームに対してもどかしい思いをするという循環に陥ってしまうんだけど、身も蓋も無い言い方をしてしまえば、目立った欠陥のない優等生的な仕上がりになってしまったことが、逆にこの手のゲームとしては致命的だったような気がする。
100401002.jpg
それと、本作のLIVE対戦をやって感じたんだけど、このタイプのゲームのマルチプレイは、やはり全員の顔が見えるローカルで遊んでなんぼだとも思う。
『闘走!喧嘩グランプリ』にしろ、『バトルバ』にしろ、目の前の対戦相手の反応がダイレクトにあったから、その面白さが余計に引き立ったんじゃないだろうか。
この『Scrap Metal』ならではの要素として、二色3Dメガネに対応した3D立体モードもあるんだけど、あえて立体で見なきゃならないような演出が為されているわけでも無し。
LIVEアーケードのゲームで立体視モードを楽しみたいのなら、素直に『Invincible Tiger』の方をお勧めします。

この記事に含まれるtag : レーシング 武装カー XBLA ONE互換 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-458.html

2010/04/01 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【ハローキティ あそびのおもちゃばこ】

   ↑  2010/04/02 (金)  カテゴリー: 3DO
10040213.jpg
やはり巨額の資金を投入してゲームハードを世に出すのならば、老若男女幅広い層に受け入れられるハードを目指したいもの。
スーファミやPSやDSやWiiがあれだけ世に広まったのは、それだけ世代を超えた普及があってからのこそ。
その点、販売ターゲットをあらかじめ絞った旧XBOXやXBOX360の販売戦略は、堅実とは言え、いささか物足りないものがありました。
あのPSPだって、最初から中高生御用達ハードの座をピンポイントで狙っていたわけではないのです。
せめて最初くらいは、広範囲に向けて大風呂敷をばーっと広げてもらいたかった。
10040206.jpg
その点、我らが3DOは、その大風呂敷の勢いが違いました。
ターゲットは幼児からお年寄りまで。さらには、家電は買うけどゲーム機には全く関心がない層にまで。
お爺ちゃんには柿木将棋や囲碁タイムトライアル。お婆ちゃんには小倉百人一首。お父さんには麻雀悟空。お姉さんにはタロット占いや九星占術。ゴルフ親父にはトム・カイトやゴルフ場マルチメディア新書。ギャンブル親父には競馬必勝の法則や実機パチスロシミュレーター。幼児には平田昭吾インタラクティブ絵本やけろけろけろっぴ。
エロのジャンルでも、網は広く張ります。パツキン好きのお父さんにはゲイル・マッケンナやMind Teazzer。巨乳好きのお兄さんにはバーチャルカメラマン・藤谷しおり。裏ビデオ風の汚い実写画像がツボの人には麻雀狂時代・AVギャル制服編。二次元好きのあなたにはスーチーパイやスーパーリアル麻雀。
10040208.jpg
既に任天堂やセガやNECが網を張っていた漁場に、そんな一際デカい網を担いで意気揚々と乗り込んできたのです。
「おいおい、デカいのはいいんだけど、あの網の目、やたら大きくねえ?あれじゃ獲物がみんなこぼれ落ちちまうぜ」
任天堂やNECは陰でそう言い合いますが(その横で、「俺の網、変な獲物しかかからねえ!」と悲鳴をあげているのはセガだ)、勿論そんなやり取りは松下さんの耳には入りません。
そして意気揚々と引き上げた網には、海草の切れっ端しかかかっておらず、松下さん顔面蒼白という、本人以外は誰もが予測していた結果に終わってしまったのですが。
10040210.jpg
まぁそんなラインナップの幅広さは、3DOの強みであったと共に、弱点の一つもでありました。
例えば任天堂のハードであれば、子供の教育上悪いものはそうそう出ないだろうという安心感があります。
子供にゲームボーイやアドバンスなどを与えて、安心して放っておくこともできるでしょう。
これが3DOだとどうなるか?自分の娘が友だちを家に連れてきて、このハローキティ・あそびのおもちゃばこで遊び始めたとします。
あなたはそこで、果たして安心して目を離すことができるでしょうか?
「うわー、スーファミより絵が綺麗」
そうやって和気藹々と、キティちゃんとじゃんけんや、キティちゃんスロットを遊んでいるうちはいいでしょう。
10040209.jpg
そして、そのうちこのソフトにも飽きだすでしょう(じゃんけんに神経衰弱にスロットだ。そりゃ飽きる)。
「ねえねえ、何か別のゲーム無いの?」
「えーとねえ。パパは確かこの辺に他のゲームをしまっていたはずだよ」
そんな子供ならではの鋭い観察力で、あなたが巧みに隠したつもりのTHE野球拳SPECIALや、お姉さんといっしょ!着せ替えパラダイスや、ボディコンデジタルレイブを見つけ出してしまったら、もう洒落では済まなくなります。
「やーきゅうーすーるなら」
乳を揺らしながらそう歌い踊るケバいお姉ちゃんが映し出されたテレビを前に固まる娘と友だち。
その日から娘は口を利いてくれなくなり、嫁は激怒してこれらのソフトは勿論捨てられ、友だちはこの事を自分の親に報告し、”3DOスケベ父さん”という異名が瞬く間にご近所に広まり、もうあなたは陽の高いうちは町内を歩けなくなるのです。
10040211.jpg
そんな最悪の事態を想像すると、やはりゲームハードというのは、ある程度のゾーニングを為されているのに越したことはないという結論がでてくるのです。
幼児から大人まで程度の幅広い層を狙うならまだしも、幼児からエロい大人までとなると、これはさすがに無理があるでしょう。
3DOもやはり、上か下、どちらかである程度の境を作っておくべきだったのでしょうね。
まぁ3DOで遊ぶ幼児の姿はおよそ想像しにくいので、この場合は切り捨てるべきは下の方であったのでしょうけど。
それにしても、キティちゃんて、ホントどこにでも顔を出すよね。

この記事に含まれるtag : キャラゲー 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-457.html

2010/04/02 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Kitty the Kool! カブキでたのしくおどってね!!】

   ↑  2010/04/03 (土)  カテゴリー: PS1
10040315.jpg
やたらめったらとゲーム化されたキャラクターというと、ガンダムとかあの辺が即座に思い浮かびますが、サンリオのキャラクター、キティちゃんも実は相当なものです。
素材的にどうしても、いわゆるゲームファン層からは見過ごされがちですけれど、なにせキティバージョンのドリームキャスト本体なんてものがあるくらいですから。
まぁ、キティちゃんを愛好する層にドリームキャストを売りつけようとしたセガのハズしっぷりも、相当なもんだと思いますけど。
ゲームボーイとかゲームボーイアドバンス辺りを含めると、相当な量に上りそうなキティゲーム。
その全容を掴むのは結構困難なのですが、その中で一番モンドなゲームはと問われたら、やはり名前が出てくるのは、このキティ・ザ・クールでしょう。
10040308.jpg
カブキとキティの融合。
その手の悪魔合体のような所業を、ゲーム業界は往々にして犯してしまいがちですが、この場合はどうやら、まずカブキキティという企画だかシリーズだかがサンリオ側に先にあり、その設定を受けてのゲーム化らしいです。
「キティとカブキでゲームを一本作ってくれ」
そんな依頼を受けた方は、さぞやびっくりしたことでありましょう。
10040313.jpg
ゴンゾと言えば、アニメ界隈では名が知られていた制作会社でしたが、本作にはそのゴンゾが大きく関わっています。
当初はムービー部分だけをゴンゾが手がけてるかと思ったのですが、このゲームの基本システムを考えたのも、実はゴンゾ。
ただし、その基本システムがとんだくせ者。
リズムアクションゲームというと通常、画面を横切るボタンガイドに合わせてボタンを押していくものです。
ただこれだと、ボタンガイドばかりに目が集中してしまい、遊んでいる側はパラッパやラミーの動作を追っている暇がありません。
10040311.jpg
本作は、ステージ開始前に「ひい、ふう、みい、よう」とカウントされるテンポ通り、正確にリズムを刻んでボタンを押していれば万事OKというシステムで、この問題を解決しようとしています。
リズムさえ正確ならば、どのボタンを押してもOK。これならばボタンガイドなどに頼ることなく、リズムアクションをこなしながら、同時にキティちゃんのアクションを眺めて楽しむことができます。
た・だ・し、あなたがコージー・パウエル並みの正確無比なリズム感を持っていればの話ですが。
10040307.jpg
このシステムだと、ゲームの成否は全てプレイヤー自身のリズム感に委ねられてしまいます。
自分の体内にメトロノームを完備しているような、天性のリズム感の持ち主ならいざ知らず、普通の人間はそんなに訳にはいきません。
プレイヤーのテンポが狂うと、それに合わせてバックの音楽も狂ってくるので、BGMに合わせて自分のリズムを修正するという手段がとれません。
つまり、いったんテンポが乱れ始めると、もう完全にアウト。それを修正する指針がゲーム中、どこにも存在しないから、どうしようもありません(一応簡易ガイドゲージはあるのだが、これがクソの役に立たない)。
10040310.jpg
仕方がないので、わざわざメトロノームやドラムマシンなどを引っ張り出して、このゲームの攻略に備えなきゃならないハメに。
考えた当人たちにとっては、改心のアイデア、ゲームシステムだったのでしょうが、受け取る側にとっては、単なる頭でっかちの消化不良なアイデアでしかありません。
クリアできずに泣き出す女の子が、きっと全国に続出したことでしょう。
私が人の親なら、「お前んとこの作ったキティちゃんが難しすぎると、うちの娘が泣いとるんじゃがのう。どうしてくれんじゃ、こりゃあ!」と、イマジニアの本社にねじ込んで、いくばくかの金をせしめようとしているところです。
10040312.jpg
キティちゃんの声をあてているのは、林原めぐみ。
本作に限った事ではありませんが、林原キティの場合は、いくら可愛い声を出されようが、どうしても林原さんの藤山直美風な、浪速のど根性女商人顔が頭に思い浮かんでしまうので、その辺でキティちゃんとのギャップに苦しんでしまいます。
まぁこれは、声優の声と名前と顔が一致するほどまでの暗黒面に墜ちてしまった、こちらが悪いんですけどね。
10040318.JPG
まぁそれらよりも、本作の一番の問題点は、カブキとキティの合体というコンセプトでありながら、このゲーム中のキティちゃんが、鎖頭巾を被って入場してきたり、顔にペイントを施したり、ダブルヌンチャクを披露したり、口から毒霧を噴射したり、飯田橋に串焼きの店を開業したりしない部分にあるのでしょう。
カブキを名乗りながら、その点を一切フォローしていないのは、明らかに看板に偽りがあるのではないでしょうか。

この記事に含まれるtag : キャラゲー 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-456.html

2010/04/03 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【麻雀巌流島】怪しい雀客簿

   ↑  2010/04/07 (水)  カテゴリー: セガサターン
10040706.jpg
セガサターンのごく初期に登場した麻雀ソフト。
ちなみにサターン発売から5ヶ月の間に発売されたソフト全20本中、麻雀ゲームが3本も占めています。初手っから、何かを間違えてるぞ、セガサターン。
基本的には、何の変哲もない麻雀ゲーム。
テンパイ状態だと、いちいちリーチの有無を問い合わせてくるなど(おかげでダマテンしようとするときは、本当に鬱陶しい)、麻雀ゲームとしてもいささか配慮に欠けた作りなのは残念。
10040702.jpg
タイトルからすると、「将軍様の御前試合で、数多の剣豪たちを麻雀で打ち倒そう。ラスボスは宮本武蔵!」という設定の剣豪麻雀モードが本作のメインなのだろうけど、やはりここは、よりモンドな現代麻雀モードを方を推しておきたいところです。
オリジナル雀士の他に、阿佐田哲也先生や赤塚不二夫先生らとも卓を囲めることが売りの、この現代麻雀モード。
オリジナル雀士勢は「中古車ブローカーのロシア人」だの、「ドイツ軍の制服を着たナチスかぶれのおもちゃ屋店主」だの、「柔道で国体出場経験のあるオカマ」だのと、まともな奴が一人も居ない有様となっています。
10040707.jpg
タモリの弔辞では、「麻雀では相手が機嫌を悪くしないように、ロン上がりをせず、常にツモ上がりばかり狙っていた」なんてエピソードが出てきましたが。この赤塚先生、平気で俺からロン上がりしやがります。
「ロンなのだ」
振り込んだ俺の機嫌は最悪ですが、赤塚先生はそんなこと知ったこっちゃないようです。
阿佐田先生に至っては対局中ちっとも寝ないし、これって本当に本物の赤塚先生と阿佐田先生なのでしょうか。
10040703.jpg
まぁ本物かどうかは怪しいところではあるけれど、このお二人と卓を囲めるのは、それなりには嬉しいことではあります。
しかし、水森亜土と卓を囲むとなると、これは嬉しいとか嬉しくないか以前に、「なんでこの人と麻雀しなけりゃなんないんだ?」という疑問が先に立ってきてしまいます。
しかも、他の著名人は皆似顔絵なのに、亜土たんだけは何故か本人の直筆イラストで登場。
もっともリアル本人そっくりの顔に、「亜土たんダド~」などと目の前で言われても、こちらとしてはただ困り果てるしかないので、この場合はイラストで正解なのかもしれませんが。
10040704.jpg
著名人雀士の残り二人は、ジャズシンガーのマーサ三宅と夏聖千加(現在はチカ・シンガー名義)。大橋巨泉の前妻とその次女のコンビです。
この人たちに至っては、麻雀以前に「そもそも何でこの二人をチョイスした!?」という疑問が先に来てしまいます。作った人がマーサ三宅のヴォーカルスクールの受講生なんでしょうか。或いは親戚か何かなんでしょうか。
そう戸惑いながら彼女たちと卓を囲み、そしてマーサ三宅から出上がりすると、あの貫禄充分なお顔で「なぜ!?」と凄まれました。
思わず下家のロシア人中古車ブローカーに小声で、「ねえ、これ、接待?上がっちゃまずかった?」などと、大慌てで確認したい衝動に駆られました。
なんで麻雀ビデオゲームを遊びながら、そんな思いをしなけりゃならないのでしょうか。
10040705.jpg
阿佐田哲也、赤塚不二夫、水森亜土、マーサ三宅、夏聖千加、そしてまともな人間が一人も居ないオリジナル雀士たち。
そんなメンバーと卓を囲んでいると、吉岡憲法や宝蔵院胤舜、天草四郎らと麻雀で対決する剣豪麻雀モードが、比較的まともに思えてくるから不思議なもの。
そして俺はと言えば、さっきから振り込みまくって仏頂面のマーサ三宅を前に、「どうせゲームで麻雀を打つならば、やっぱり相手はスーチーパイとかスーチーユキに限るよなあ」と、ただただブルーな気分になるばかりなのでした。

この記事に含まれるtag : 麻雀 タレントゲー 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-453.html

2010/04/07 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Star Wars: The Force Unleashed】ジェダイ聖堂とタトゥイーン

   ↑  2010/04/08 (木)  カテゴリー: XBOX 360
無印のXBOX360版Star Wars: Force Unleashedには、今現在で3つの追加ミッションがダウンロード販売されている(ただし日本のマーケットプレースでは配信されてないので、購入には海外タグが必要)。
去年の11月に発売された同作のスペシャル版、Ultimate Sith Editionには、恐らくこの追加ミッションが最初から収録されているのだと思うが、無印版所持者はあいにくと、これを各800MSポイント支払って追加購入しなければならない。
くっそう!Sith Editionの登場を待っておけばよかった!と悔やんでも後の祭りなので、ここはおとなしく北米MSポイントを貢ぐことにしよう。
10040802.jpg
追加ミッションの第1弾は、Jedi Temple Mission Pack。
本編が発売されてから間もない内に登場した追加ミッションで、その名の通り舞台となるのはジェダイテンプル。
もっとも既にこのジェダイの聖堂は、やけくそになったベイダーによって破壊され、かつての栄華を偲ばせるようなものは、もう僅かしか残っていないが、それはプレイヤー自身の手で心置きなく粉砕させて戴こうじゃないか。
あちこちに残された彫像。割と原形を留めたままのジェダイ図書館。もう心置きなくフォースの餌食になってもらおう。
ジェダイ図書館の巨大天球儀を使って行うボーリングは、なかなか楽しいぞ。ピンになるのは勿論帝国のストームトルーパーたちだ。
10040809.jpg
さらに奥に進むと、フォースを使った簡易パズルのようなステージが連続する。
だけど、ぶっちゃけこのパートは退屈。俺はフォースの力を、こんな電流イライラ棒もどきになんかじゃなく、生き物を蹂躙することに使いたいんだってば!
そして聖堂の最深部に待ち受ける敵は、もう一人の自分!
苦闘の果てにこの強敵を何とか仕留めると、あっさりとエンディングロール。ええええ!もう終わりかよ!?
実質30分程度のこの追加ミッション。盛り上がる部分もそれほどあるわけじゃなし。これで800MSポイントもするのか。おい、俺はジェダイにぼったくられたぞ!
10040803.jpg
気を取り直して、追加ミッションの第2弾、Tatooine Mission Packだ。
本編発売の直後だったJedi Temple Mission Packは、いかにも本編の没パートを再編したような雰囲気がぷんぷんだった。
しかし、本編から一年のインターバルを置いて配信されたこのTatooine Mission Packなら、少しはそれなりの内容になっているだろう。舞台もあんな奴やこんな奴が棲息する、ファンにとっても一番勝手の知ったあの星だし。
10040804.jpg
本編にはジェダイとシス、二つのエンディングが存在するのだが、このTatooine Mission Packはシスエンディングのその後の物語。
このエンディングだと、スターキラーことギャレン・マレックは体をサイボーグ化されて、”ある人物”直属の暗殺者となっている。
そして”ある人物”に授けられた今回のミッションは、銀河暗黒街の顔役、ジャバ・ザ・ハットの元に匿われているドロイド凸凹コンビの抹殺。
道中を塞ぐジャワ族やタスケンレイダーをフォースで蹂躙してジャバ・ザ・ハットの屋敷に辿り着くと、居る居る!役者がズラリと揃ってる!やっぱりこうじゃなくっちゃ!
10040805.jpg
あっさりとジャバ・ザ・ハットの奸計にはまり、地下に落とされてお馴染みのランコアと一戦を交えた後、プロキシーとの悲しき再会。
そしてほうほうの体で地上に這い戻ると、そこに待ち構えるのはボバ・フェット。相手にとって不足はねえ!さぁ、盛り上がって参りました!
ジェットパックにダメージを喰らい、慌てたところをやられるという、ボバ先生のお約束負けパターンをじっくりと堪能した後は、オビ=ワン・ケノビの登場だ。
本編ではプロキシーが擬態する若い頃のオビ=ワンと一戦交えるシークエンスがあったが、今回相手にするのは、もうジジイのオビ=ワン。
10040806.jpg
ベイダーすら屠ったこのスターキラーの相手には大いに不足。案の定弱っちかったジジイのオビ=ワン。と思ったら、そうだった、こいつは霊体バージョンが存在するんだった!
ボバに負けないくら強敵の霊体オビ=ワンを何とか仕留めると、あっさりとエンディングロール。おい、またかよ!ちょっと短けえよ!
10040807.jpg
まぁ800MSポイントが妥当かどうかは意見が分かれるだろうけど、ボバにジャバ・ザ・ハット、オビ=ワンに凸凹ドロイドコンビと、お馴染みの連中が賑やかしく登場するし、「ベイダーのいないエピソード4以降の世界」というIFワールドを、さわりだけ楽しめたりもできる。
Jedi Temple Missionは、あんまりお勧めできないけれど、こっちならば懐との相談次第なんじゃないかな。

この記事に含まれるtag : スターウォーズ 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-452.html

2010/04/08 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |