ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

このページの記事目次 ( ← 2010-02- → )

total 3 pages  次のページ →  

【SIMPLE2000シリーズ Vol.82 THE カンフー】

   ↑  2010/02/27 (土)  カテゴリー: PS2
10022715.jpg
Invincible Tigerが'70年代カンフー映画へのオマージュならば、このTHEカンフーは初期ジャッキー・チェン映画へのオマージュ。
いや、オマージュなどと言う生易しい一言では済ませられないような気もするが、とにかく、マッシュルームカットを長く伸ばしたようなヘアスタイルの鼻のデカい青年を操って、四つのストーリーにチャレンジしていくゲーム。それがこのTHEカンフーだ。
ちなみに四つのストーリーと行っても、話の展開も、出てくる敵も、ステージも、登場人物も全て一緒。
うん、でもそんなことは全く無問題。『スネーキーモンキー 蛇拳』も『ドランクモンキー 酔拳』も『クレージーモンキー 笑拳』も中身は全部一緒だったしね。
むしろオマージュという意味では、そっちの方が正解。
10022708.jpg
そして若者のカンフー修行には、必ずちょいと頑固な老師がついて回るものだ。
このTHEカンフーにも、勿論そんな老師が登場する。どっかで見たことあるような老師……、と言うか、まんまユエン・シャオティエンなのだが。
……すいません、岡島さん!もうオマージュなどと言うふやけた言葉で弁護する事はできません。
あのですね、正直言っていいですか?岡島さん、訴えられまっせ、これ!
幕間のストーリー進行時の、このもろにジャッキーともろにユエン・シャオティエンが並んだ絵だけでも、もう言い逃れはできないような気がする。
これがもしジャッキーの目に入ったらと思うと、例え人ごととは言え怖くて夜も眠れません。
しかし、そこは生き馬の目を抜くゲーム業界を、卓越した開き直りのスキルで凌ぎきってきたD3パブリッシャー。
そんな時への備えに抜かりはありません。
10022709.jpg
カンフーゲームを自称しながらも、攻撃ボタンを押してこの主人公が繰り出すのは、馬鹿の一つ覚えの単発パンチのみ。
貴様は通信空手のテキスト3ページ目で挫折した中学生か!と文句の一つもつけたくなりますが、しかし、このへぼへぼなアクションは深い考えがあってのもの。
例えジャッキー本人に訴えられても、「まさか!ジャッキーさんがこんなへぼへぼなアクションをするわけがないでしょう!?別人ですよ、別人」と言い逃れるための方便なのです。
ジャッキーもまさか、こんな単発パンチのへっぽこ野郎が自分だと強弁するわけにもいかず、「そ、そうだね。僕とは似ても似つかないよね」と引き下がるしかなくなりますって。
10022712.jpg
獲得スコア次第でこの単発パンチは三連コンボまでバージョンアップできるが、しょぼい攻撃が三段重なってもしょぼさが三倍になるだけ。
敵やステージは、同じものを何度も使い回ししているだけだが、ぶっちゃけどのステージも雑魚敵無視してボスの所まで突っ走ってしまえばいいだけなので、その辺りは無問題。
広東語フルボイスを謳っておりますが、その関係か、エンドロールに稲川素子事務所の名前が並んでいます。
卵拾いとかニワトリ捕獲など、いかにもそれっぽい修行モードや、ラスボスが自分の父親の兄弟弟子にして仇という展開など、ジャッキーのあの映画やこの映画にそっくりなシチュエーションは他にもたくさんあったりはするが、まぁジャッキーやユエン・ウーピンが笑って見過ごしてくれることを祈るしかないだろうな、これは。

この記事に含まれるtag : D3パブリッシャー 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-493.html

2010/02/27 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Invincible Tiger】飛び出す酔いどれ拳

   ↑  2010/02/26 (金)  カテゴリー: XBOX 360
10022613.jpg
映画『「アバター」の大ヒットや、いよいよ手の届くものとなってきた3Dテレビなど、身近な存在になってきた立体映像。
私もドリームワークスの「モンスターVSエイリアン」で3D上映を体験し、インセクトサウルスのもふもふした体に思わず手を伸ばして抱き締めたくなったりしました。
カルトホラー「血のバレンタイン」のリメイク、「ブラッディバレンタイン」も劇場では3Dで公開された映画。
これの劇場公開は逃してしまったのですが、後日2DのDVD版を見て、画面手前にすっ飛んでくる凶器や生首といった演出の数々に、「これは3Dで観てなんぼの映画だったなぁ」と歯噛みしたもんです。
10022615.jpg
私が生まれて初めて観た3D映画は「ジョーズ3」(原題はJaws 3D)。まぁこれは立体云々以前に映画そのもののデキに問題がありました。
この頃の3D映画ってのは、とにかくキワモノのイメージが先行して、映画としてはまともに評価されないものが殆どだったのです。
さらに立体映画の歴史を遡ると、出てくるタイトルが「空飛ぶ十字剣」という台湾製カンフー映画。
十字剣やら空飛ぶギロチンやらがこちらに向かってぶんぶん飛び出してくるキワモノ3D映画の決定版とも言える作品です。
10022611.jpg
XBOX LIVEアーケード作品、『Invincible Tiger』のコンセプトは、ずばり70年代カンフー映画。
英題&勿体ぶった口調の英語ナレーションが入るその様子は、まさに北米公開された英語吹き替え版のカンフー映画そのものです。
そして『Invincible Tiger』のもう一つの売りが3D映像。これはもうゲームそのものが「空飛ぶ十字剣」へのオマージュと言っても過言ではないでしょう。
3Dテレビと専用メガネによる組み合わせの立体映像の他にも、色つきメガネを使った原始的なアナグリフ立体映像モードも搭載(勿論通常の2Dモードもある)。
3Dテレビなどと言うハイソなシロモノとは無縁な私は、当然こっちのアナグリフ3Dモード。さあ、出番だ!赤青セロファン3Dメガネ!
10022607.jpg
このアナグリフモードで立体映像を楽しむには、詳細設定での微調整が必須かもしれません。
これでおのれに最適な調整を施せば、2Dモードではなんの変哲もなかったステージが、あらびっくり、立体画面に早変わり。
2Dモード時には気にも留めなかった舞い散る桜の花びらが、こちらではひらひらと目の前を舞ってます。思わず手を伸ばして掴もうとしてしまいました。俺って単純!
色はモノクロになってしまいますが、アナグリフモードでもこの立体ぶりはなかなかのものです。
これの完全版をダウンロードした方は、一度でいいから3Dモードを試してみて下さい。バーチャルボーイを遥かに凌駕する立体世界が、そこにはありますよ!……まぁ比較の対象がアレだけど。
10022608.jpg
だけど、残念なことにこの3Dモードとゲームそのものの相性が極端に悪い。
このゲーム自体は、物凄くストイックで難度の高いアクションゲーム。相手によってコンボ技を使い分けながら、地道に攻略パターンを探していく、ハードコアなアーケードゲーマーが好みそうなタイプの、硬派なゲームときています。
そんなストイックなゲーム性と3D映像は、およそ食い合わせが悪い。極端な例えになりますが、小津安二郎の映画を立体メガネで観るようなもんですよ、これって。
いかにも立体を意識したけれんたっぷりの演出も無し。立体のメリットをゲーム性に盛り込んだりもしていません(まぁそれをやると2Dモードが置いてきぼりになるからでしょうが)。
それどころか、このゲームは相手の攻撃エフェクトを色で見分けることが、攻略の重要な要素になってくるのですが、モノクロの3Dモードだとそれがさっぱり判別つきません。
10022612.jpg
また、一つのステージが極端に長いときている。
いや、実際にはそれ程じゃないのかもしれませんが、色つき3Dメガネをかけている身にとっては、集中力の持続時間も平時のそれより10分の1くらいに低下してるのですよ。
もっとこう、一つのステージが適度に短くて、ボタンをばしばし押してるだけで進めるようなアバウトなゲーム性で、こちらに向かって色々な物がばんばん飛び出してくるような派手な演出を盛り込んだゲームだったら、3Dのメリットを最大限に活かしたゲームになれたのに。
もっともそんなゲーム、2Dで遊んでも面白くも何ともないだろうけど、赤青メガネで立体世界に飛び出したこちとら、そんな平面世界の連中のことなんざ、知ったこっちゃないんだよ!

この記事に含まれるtag : XBLA 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-494.html

2010/02/26 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Action Babes】弾圧されるエロアプリ

   ↑  2010/02/22 (月)  カテゴリー: iOS
10022106.jpg
今、俺がもっとも声を大にして言いたいセリフ。それは、「おい、ジョブズ。そこ座れやぁ!」ですよ。
そして俺の目の前で胡座をかいて座り込んだジョブズ(あいつ絶対そうしそうでしょ?)の肩に蹴りを入れて、「馬鹿野郎!正座だ、正座!」
ジョブズの野郎は、自分が何でこんなとこに呼び出されたのかさっぱり分からなくて、不満げな顔をしてやがるんですよ。
こっちが「お前、俺が何で怒ってんのか、まだ分からないのか?」と言っても、苦虫噛み潰したような顔で「Why?」なんて返してくるだけ。
そこで俺は、野郎の両耳たぶを引っ掴んでこう言うんです。
「俺はiPhoneをエロハードだと思って買ったのに、今度の仕打ちはどういうことだ。何がThink Differentだ、馬鹿野郎!」
10022102.jpg
ご存じのない方に説明するとですね。App Storeで販売されているiPhone用アプリには、もうかなりの数の大人向けエロアプリが在ったのですよ。
まあエロと言ってもビーチクを出すのはダメという基準がありましたから、実に可愛らしい程度のものなんですけどね。
ところが、一夜にしてこれらのお色気系アプリの類が、何の予告もなしにごっそりとApp Storeから消え去ってしまったのですよ!
もう、和、洋、ビデオ、グラビア、ゲームからノンゲーム、あらゆる全てが一切合切!アップルの手によって市場から排除されてしまったのです。
10022101.jpg
確かにその中には、そこらの男性誌から適当にスキャンしてきた画像をそのまま売っているような、悪質な物も多く存在したことは確かです。
そんな適当な仕事で小銭を稼ごうとする輩に、iPhoneアプリ市場が食い荒らされていた側面も確かにあるでしょう。
しかしですね。そんな中にも、美女がタッチスクリーンを磨いてくれるSexy Washシリーズを出したOn The Go Girlsみたいに、自前でちょっぴり気の利いたコンテンツを開発するような所だってあったんです。
あそこは本当に良心的でしたよ!売りっぱなしじゃなく、頻繁にアップデートをして新しい女の子のビデオを追加してくれたりして。
10022108.jpg
今日ご紹介するAction Babesも、アップルの手によって弾圧されたお色気系のアプリです。
ブロンドと黒髪、二人のお姉ちゃんにテキストボックスからリクエストを送れば、それらの要望に応えたり応えなかったりしてくれるという、実写セクシーアプリ。
pillowと入力すればディーバマッチばりのピローファイトを演じてくれたり、nurseと入力すれば医者と患者の寸劇を演じてくれたり、対応していない言葉を入力すれば、肩をすくめて小馬鹿にされたり。
以前紹介したYouFlirt! Sexy Bar Girlsと同タイプのアプリなのですが、しかしクオリティに於いては、YouFlirt!とは比べものになりません。
なにしろYouFlirt!よりもお姉ちゃんが若い。YouFlirt!よりも対応する語彙が多い。そして何より、いちいち対応するムービーをストリーミングで読み込むという荒技に打って出たYouFlirt!と違って、このAction Babesは、きちんとムービーを内蔵済み。
ムービーの度にいちいち読み込みで数分も待たされたYouFlirt!と悪夢と比べると、なんと良心的でしょうか!まあ当たり前と言えば当たり前のことなんですけど。
10022109.jpg
本来ならこのアプリがまだApp Storeにあるうちに紹介して、「いやあ、いいアプリを教えてくれてありがとう。おかげで通勤時間のお楽しみが増えましたよ、はっはっはっは」なんて和やかな反応を頂戴したかったのですが、残念ながらアップルの弾圧によって今現在このアプリを入手することはできません。
全く、憎むべきはジョブズとアップル。あいつらに覇権を握らせたら碌な事にはならないのが、今回の件ではっきりしました。
iTunes Music Storeの品揃えとお色気アプリがなければ、誰がわざわざデバイスを繋げば二回に一回はフリーズする愉快な完成度のiTunesなど使うか、馬鹿野郎!
10022107.jpg
これらのお色気エロアプリの存在は、鼻持ちならない会社、鼻持ちならない広告、鼻持ちならないユーザーと三拍子揃ったアップルの負のイメージを和らげてくれた、アップルにとっても大変有益なものであった筈なのに。
ああ、無数のいい加減なお色気アプリの海から、Sexy WashやこのAction Babesのような珠玉のアプリを探し求める、俺のApp Storeトレジャーハントの楽しみを返してくれよ!
もし返してくれたら、二度とおたくの会社が薄ら気取った糞スノッブの集まりだなんて本当の事を言わないからさあ!
……でもまあ、あの有様を目の当たりにしていると、いつかはこんな時が来るんじゃないかなぁとは覚悟していましたけどね。

この記事に含まれるtag : おとなの時間 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-497.html

2010/02/22 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【猪木アプリ Vol.1】元気があればアプリにもなれる

   ↑  2010/02/18 (木)  カテゴリー: iOS
10021806.jpg
WWEの殿堂入りが決まり、3月には表彰式も予定されている我らがアントン。
まあ基本的にWWE殿堂とは、身内の顕彰みたいな色合いが強いものですが、それでもこの業界では現在のところ、一番栄誉ある表彰であることも確かです。
もっともアントン自身がどの程度この表彰を喜んでいるのかは、さっぱり窺い知ることができませんが、恐らく「面倒臭え」なんてあたりが本心ではないでしょうか。
プレゼンターはスタン・ハンセンが務めるらしいですが、それでも何せ受賞するのが、あのアントンです。
どんなセレモニーになるんだか、さっぱり想像がつきません。
10021805.jpg
壇上に立つ猪木の背後に流れる、過去のWWE(当時WWWF)マットでの猪木の名勝負。
対フランク・モンティ戦、対テキサス・レッド戦。対ボビー・ダンカン戦。十把一絡げのバトルロイヤル。
「……こんなどうでもいい相手ばかりとの、どうでもいい試合だけで殿堂に入れるのか」
「これだったらホンキートンク・マンのほうが、よっぽど殿堂に相応しかったんじゃないか?」
ざわつき始める場内。その雰囲気を敏感に察知し、にわかに不機嫌になるアントンと、それを気遣っておろおろするハンセン。
そんな展開をちょっぴり期待してしまったりもしますが、まあ恐らくは同時受賞のテッド・デビアスほどではないにしろ、そこそこに喝采を浴び、つつがなく終了することだとは思いますけど。
10021808.jpg
かつてやたらとネットでのストリーム中継に拘ったりと、テクノロジーの波には案外敏感なアントンが、iPhoneアプリに遂に進出。
iPhoneのホーム画面に並ぶアイコンの中に、アントンの顔が混じっているだけでもインパクト充分で頼もしいのですが、一方で俺の知らないうちに、iPhoneに余計なことをしないだろうかという不安もたっぷり。こんな信頼の置けない人も、他にはそう居ませんからね。
アプリを起動させると、「行くぞーっ!」
あとはiPhoneを握り締め、その腕を大きく三度振り、「いち!」「にぃ!」「さん!」
そして今度はその腕を大きく上に突き上げ、「ダーッ!」
……はい、もう、たったこれだけのアプリです。これで350円。
この手の一発ネタジョークアプリの相場は115円なのですが、そこはアントンという付加価値がありますから。
それに高い金を払ってリングサイド席を購入したはいいが、テレビ生中継の終了時間に合わせるために、たった2分でアンドレにリングアウト負けしてしまうなんて試合を見せられるよりは、よっぽど良心的ですって。
それに真面目な話。これ、酒の席なんかで、ほんのちょっぴりだけ盛り上がれます。350円程度の元はなんとか取れると思います。
10021804.jpg
Vol.1ということは、当然Vol.2、Vol.3も予定されているんでしょうが、果たしてそれらはどんな内容になるんでしょうか。
こちらとしては、やはり実際に役に立つ実用アプリを期待したいところです。
例えばそうですね、群衆がわーっと押し寄せてきた時にiPhoneをシェイクすれば、アントンが「ルールを守れ!殺すぞ!」と一吠えしてくれる(こんな人にルールを守れと言われても、煽りのギャグにしか聞こえず、よけいに混乱する会場)、”猪木アプリ・大晦日INOKIボンバイエ108ビンタ騒乱編”とか。
筋者に軟禁された時にiPhoneをシェイクすれば、「新間!逃げるぞ!」とすかさず同行者に逃亡を促せる(まさかアントンが一人で勝手に逃げ出すとは思いもよらず、殺気だった現場に取り残され呆然とする新間さん)”猪木アプリ・ヤクザと梶原先生に軟禁される編”なんてのは如何でしょうか?

この記事に含まれるtag : プロレス 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-501.html

2010/02/18 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【ルナティックドーン3】和製ハクスラの嚆矢

   ↑  2010/02/17 (水)  カテゴリー: PS1
lunatic dawn 3.jpg
ルナティックドーンと言えば、作品毎にチャレンジャブルな試みを盛り込んだ、”自由度の高さ”を標榜するアートディンクの看板RPGシリーズ。
「自動生成される広大な世界とクエストで無限の冒険が楽しめる」という売り文句でプレイヤーを高揚させ、いざ始めてみると、ひたすら同じ事の繰り返しで「こんな筈ではなかった」と愕然とさせた一作目を皮切りに、高邁な理想を掲げながらも、現実がそれに追いつかないのが、このシリーズのお約束。
そしてそれまでのターンベースの戦闘を捨て、ディアブロ風のハック&スラッシュ路線に果敢にチャレンジした作品が、このシリーズでは4作目にあたるルナティックドーン3。
10021605.jpg
一作目では世界の風呂敷を広げすぎてしまって自爆したルナティックドーンですが、本作はその轍を踏まないように、リンクゲートと呼ばれる門を起点に、さまざまなワールドに行くことが出来る、並列世界を積み重ねたシステムになっています。
それぞれのワールドは、諸施設を備えた街が一つと数カ所のダンジョンという構成。
一つのワールドの規模を最低限の範囲に留めることで、代わり映えのしない広大な世界をだらだら歩むことなく、冒険にメリハリをつけようという試みです。
10021604.jpg
そしてこのPS版ルナティックドーン3では、その並列ワールドの自動生成にもアレンジを加えています。
リンクゲートに音楽CDや他のゲームのセーブデータなどを使用すると、それらのデータを読み込んで独自のワールドを生成してくれるのです。
音楽CDを使用する場合には、一旦ゲームディスクから音楽CDに入れ替えることになる。
多少の手間はかかるが、しかし、自分の手持ちの音楽CDの数だけ新たな世界が生まれるのです。
幸いにも俺の家には、それこそ無数の音楽CDが転がっている。ラモーンズからは、エンジェリック・アップスターツからは、ソアスロートからは、セシル・テイラーからは、アインシュテュルツェンデ・ノイバウテンからは、三遊亭圓生からは、能瀬慶子からは、レモンエンジェルからは、果たしてどのような世界が創り出されるのであろうか。なかなか夢のある話ではないでしょうか。
10021603.jpg
しかし一方で、自動生成と言う言葉が初代ルナドンを体験したことのある人間にとっては、何となく不吉な予感がすることも確かであります。
そして案の定というか、どのCDやセーブデータを使おうが、生み出されるワールドは、どれも全く代わり映えがしないという結果に。
違いと言えば、せいぜい属性から来る見た目くらい。あ、いや、もう一つ大きな違いがありました。
自動生成が仇となり、ワールド毎のバランスがばらばらで滅茶苦茶に悪いという違いが。
何せワールドによっては、ダンジョンに入って真っ先に遭遇したモンスターに瞬殺されるくらいです。
例えるなら、風来のシレンでこばみ谷に足を踏み入れた瞬間、マムルに一撃で殺られるようなもの。
10021602.jpg
そんなわけでハック&スラッシュに挑戦した4作目に至っても、相変わらずやっちゃった感が漂うルナティックドーンですが、しかしまあ、結果が伴わないとは言え、常に斬新なことにチャレンジしようというこの姿勢だけは、大いに評価しなければならないんじゃないでしょうか。
無難な続編物が目立つゲーム業界では、このアティチュードはむしろ貴重なもの。この部分だけは手放しで褒めて、さらなる挑戦を促すべきだったと思います。
目先の完成度に拘って我々がそれを怠ったばかりに、この他の和製RPGとは一線を画したシリーズも、以後はルナティックドーン・オデッセイ、ルナティックドーン・テンペストと、どんどん無難な道を歩んで行き、そして最後はシリーズ自体が消滅してしまう結果となってしまったのですから。

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-502.html

2010/02/17 | Comment (4) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |