ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

このページの記事目次 ( ← 2009-03- → )

total 3 pages  次のページ →  

【ブラックファイアー】ハードマゾ仕様戦闘ヘリゲーム

   ↑  2009/03/29 (日)  カテゴリー: セガサターン
black fire.jpg
オープニングムービーで流れるのは、宙返りまでこなして(映画『ブルーサンダー』での、「ヘリは宙返りできる」「いや、無理だ」「だって俺、やったもん!」「お前嘘つき認定」の論争が懐かしい)敵の戦闘ヘリコプターをばったばったと薙ぎ倒す、最新鋭攻撃ヘリAH-210ブラックファイアーの勇姿。
さぞや、このオーバースペックな攻撃ヘリを駆って、豪快に敵を殲滅しまくるサンダーホークタイプのゲームだと、この時点では皆が皆そう思うことでありましょう。
とりあえず操作法をマスターしようと始めたトレーニングモードで、プレイヤーのそんな甘い思い込みは一瞬のうちに粉砕されます。
トレーニングモード開始の十数秒後に、無残に墜落していく愛機ブラックファイアー。
え、これってトレーニングモードじゃないんですか?少なくともオイラの常識では、十数機もの大量の敵が、こっちに向かって殺す気満々で押し寄せてくるものをトレーニングモードとは言わないんですけど・・・・。
09032901.JPG
例えるなら、内輪の草野球チームの練習に、ジャイアンツのクルーンが打撃投手を買って出てきていきなり150キロの球を投げ込んでくるようなものです。
しかもこれはあくまでトレーニングモード。本番のミッションモードだと、このクルーンは当然160キロを放ってくるわけです。
四方八方から群がる敵、空から地上から放たれるミサイルと砲弾の雨嵐に、あっという間に蹂躙される愛機ブラックファイアー。
この圧倒的な戦力差に加え、本作は「ヘリコプターゲームは、操作性が複雑であれば複雑であるほど良いゲームだ」というヘリゲームのお約束をきちんと踏襲しているときています。
自機の操縦もままならないへっぽこパイロットに襲いかかる、トゥーマッチな数の敵。
09032903.JPG
さらにさらに、普通のゲームならば適当に聞き流していても支障のないブリーフィングも、このゲームの場合は一言一句しっかり頭に叩き込んでおかないと、命取りになるという厄介さ。
なにせ本作は3Dゲーム黎明期の作品の上に、あのサターンのがびがびポリゴン。地上のグラフィックは、辛うじてこれが地面であることを確認できる程度のレベル。
つまりどこまで飛んでもほぼ同じ風景。地形を参考に自分の位置を把握することが100%不可能。
ブリーフィングで航路をしっかり頭に叩き込んでおかないと、間違いなく迷子になるでしょう。ちなみにこのブラックファイアー、燃料が切れたら即座に墜落します。
09032902.JPG
”ヘリゲームはマゾゲーム”というのがオイラの持論ですが、このブラックファイアーは、錚錚たるマゾゲームが連なるヘリゲームの中でも、屈指のハードマゾ仕様と言えるでしょう。
苦難の果てに敷居の高いヘリコプターの操縦をモノにする快感。これがヘリコプターゲームの肝なのですが、本作はそれに加え、今まで自分を蹂躙しまくっていた敵に、昨日までの自分とは違うレベルアップした技量で逆襲に転ずるという、ドラマチックな快感も加わるのです。
ヘリコプターゲームの、正に隠れた佳作。当時('95年あたりだろうか)のオイラは、「なんでこんないいゲームに、みんな目もくれないのかな」などと疑問に思っていましたが、久々にさわりをプレイしてみてその疑問も氷解しました。
そりゃこの難度じゃ、みんな序盤でクソゲーの烙印を押すわ。よくやり込めたな、当時のオイラ。

この記事に含まれるtag : フライトシム 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-461.html

2009/03/29 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【ユーラシアエクスプレス殺人事件】

   ↑  2009/03/28 (土)  カテゴリー: PS1
ユーラシアエクスプレス殺人事件.jpg
深キョンの深キョンによる深キョンのための映画『ヤッターマン』、興行成績もなかなか好調らしく、大変喜ばしいことでございます。
今日はそれを記念して、深キョンがデビュー間もない頃に出演したこんなゲームを取り上げてみたいと思います。
深田恭子を始めとして、榎本加奈子、新山千春、中島礼香、馬渕英里何(現・英里可)、加藤あい、佐藤仁美、東山麻美、矢沢心らを生徒に擁する私立黎明女学園。むちゃくちゃレベルたけえよ、この学校!
そんな究極女子校(学園長は日野日出志!)の修学旅行中、中国の大地をひた走る超特急列車の中で起こった殺人事件。
プレイヤーは、生徒の一人に呼びつけられた探偵として、列車が次の駅に到着する二時間以内に事件の全貌を解き明かさなくてはならないのだ。
事件の起こった車両は連絡扉がトラブルで開閉しなくなり、他の車両とは実質断絶状態。つまり容疑者は、この車両に残っている人間だけに限られるわけですね。なんて素晴らしいご都合主義。
え?矢沢心は事件前に後部車両に移動してしまったので事件とは無関係!?せっかく矢沢心を出しといてそんな扱いあるか!このドア何とかこじ開けて、さっさと矢沢心を呼び戻してこい!
DSC00395.JPG
そんな矢沢心の半エキストラ扱いに涙しつつ、捜査開始。
事件関係者は七名の女子高生に車掌の高田純次。教師の斎藤陽子と大野幹代、そして田口浩正。……おい田口、俺様の夢の空間を汚すんじゃねえ!容疑者から外してやるから、貴様はとっとと列車から飛び降りろ!
少しでも捜査にもたついていたら、タイムリミットはすぐに訪れてしまう。だから事件現場や死体の検証なんて余計な事をしている暇はない。現場第一主義なんてのは、どっかのへボ刑事のおめでたいお題目だ。
事件を解き明かす糸口は、生徒たちへの聞き込み以外にはない。楽しい修学旅行中、突然起こった殺人事件に彼女たちもショックを受けているだろうが、ここは心を鬼にして尋問するしかない。
「正直に答えてね。……スリーサイズはいくつですか?」
DSC00403.JPG
敵意むき出しの子、おどおどしている子、やたらクールな子、事件なんかお構いなしに脳天気な子、そしてちっとも口を利いてくれない子(これは深キョンだ)、様々な反応の彼女たちから聞き込みを進めるにつれ、少しずつ明らかになる事件のバックボーン。
殺された体育教師は、なんとこのハイレベルな生徒の面々を片っ端から食っていたと言う衝撃の事実が判明。
ここでオイラは金田一映画の加藤武のように、「よし分かった!」と、ぽんと手を叩いた。
「よし、分かった!犯人は神様、動機は天罰。この死体は窓から放り落として、この事件は無かった事にしちゃいましょう!」
しかし、どこを探してもどのボタンを落としても、そんなコマンドは出てこないので、仕方なしにまた聞き込みを再開。
「正直に答えてね。……スリーサイズはいくつですか?」
DSC00458.JPG
この豪華ハイレベルな生徒たちの中では、意外や意外、深キョンの影は薄い。これはゲーム前半は一言も喋らない役回りという理由もあるのだろうけれど、それを差し引いても榎本加奈子や中島礼香の強烈な印象の前では、やたらと淡泊な印象だ。
このゲームが製作された時点では、彼女たちは基本的にデビューしたての横並びの一線状態。その中では深キョンは案外スロースターターであったのだろうか。
そして今や深キョンは、このメンバーの中では押しも押されぬ出世頭。他の面々も、中堅女優として落ち着いてしまった人、あっさり芸能界からおさらばしちゃった人、魔裟斗の嫁、大魔神の嫁と、まさに人生色々だ。なんかやけに野球選手の嫁率が高そう(榎本と新山千春)に思えるのは気のせいだろうか。
DSC00401.JPG
エキストラとして、飯野賢治、小島秀夫、黒田愛実、森川幸人、金子一馬といった、豪華なんだか身内で済ませただけなのか判別つかないような面々が出演。
そして事件解決後に登場する主人公の秘書役は、事件解決ポイントに応じて四人に分岐するという、これまた意味不明な凝りようだ。
ちなみに秘書の面子は、雛形あき子、桜井智、矢田亜希子、種子。事件の解決状況に応じたランク付けが為されていると言うことは、つまり桜井智は矢田亜希子より上位に位置するというわけなんですね!♪ ろんりー、ろんりー、ろりー、ろりー。なんてマニアックなランク付け。
DSC00459.JPG
無事に事件を解決したあかつきには、出演者の中で一番好感度の高い者からキスのご褒美が頂けるそうなのだ。
そしてこの好感度は、単純に話しかけた回数によって上がる仕組み。そうと分かればもうしつこいくらい同じ質問を浴びせかけまくりますとも。
灰色の脳細胞を駆使して(別に駆使しなくとも解決できる程度の事件だが)めでたく犯人特定。
役目が済んで列車を降りようとするオイラを、しつこいくらい話しかけたあの人が待っていてくれるはずだ。斎藤陽子お姉さぁぁぁん!
……え、好感度の対象は生徒限定!?ふ、ふ、ふざけんじゃねえよ、馬鹿野郎!そんな殺生な!



この記事に含まれるtag : タレントゲー 実写ゲーム ミステリ 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-462.html

2009/03/28 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【MYST】お年寄りは労りましょう

   ↑  2009/03/27 (金)  カテゴリー: 3DO
myst.jpg
前回のエントリで、「現在のFPSのもう一方のルーツは、MYSTやリターン・トゥ-・ゾークだ。」なんて事を、割と呑気にきちんと考察もせず(だいたいオイラのFPS定義そのものが曖昧だ)書いてしまって、後になって「果たして本当にそうだろうか?」と不安になり、改めてMYSTを引っ張り出してきた。
Macからジャガーまで、それこそマルチプラットフォームを極めた感のあるこのMYSTだが、オイラのMYSTは勿論3DO版だ。
どんなゲームであろうが、それに3DO版が存在しているのなら、3DO版こそがそのゲームにとって最上の地位であるべきなのだ。そう思わなければ、こんなハードを発売日に買ってしまった傷を癒せるか!
それにこれは案外3DOユーザーの世迷い言とは言い切れないぞ。ロードラッシュ、カランティーン、オーバードライビン、ストⅡダッシュターボ、ほら、贔屓目無しに見ても、どれも全部3DO版が一番デキがいいでしょ?
え?ぼのぐらしはプレステ版の方が上だって?そんなソフトのこと、誰も覚えとらんわぁ!
09032701.JPG
そんな訳で十数年ぶりに、我が家の3DOにMYSTをセット。この美しい島を訪れるのも、随分久しぶりの事だ。
十数年前のオイラは、ゲームのマニュアルにボールペンで直接ヒントを書き記すという暴挙を行ったみたいだが、このヒントを今現在見ても、訳の分からない数字ばかりで何が何だかさっぱり分からない。
それ以上に気になるのが、画面が切り替わる度にぎゅるっ、ぎゅるるっ、ぎゅるるるるっ、ぎゅるるるるっるうるるっると、物凄い勢いで遂行されるローディングだ。
MYSTってハードにここまで過酷なローディングを要求するゲームだったっけ!?
十数年前ならいざ知らず、ドライブ部分もピックアップレンズ部分もだいぶ老朽化した我が家の3DOにそれを強いるのは、いくらなんでも相当に無理がありそうだ。
09032702.JPG
例えるのならば、老骨に鞭打ってW★INGマットに参戦を果たした、もうよぼよぼのジプシー・ジョーに向かって、「ジョーさん、昔のように椅子で背中をどつかれてもびくともしないパフォーマンスや、金網の最上段からフライングニードロップを自爆するパフォーマンス、よろしくお願いします。」とリクエストするようなものではないか。
あのすれっからしのW★INGファンだって、ジョーがおぼつかない足取りで金網をよじ登り始めた時には、「おいおいおい、危ないって!やめとけって!」と叫んでいたのだ。
3DOを人一倍愛するオイラが、これ以上愛機に無理をさせられるだろうか。と言う訳でドクターストップにより久方ぶりのMYSTは序盤で終了。
これは、何をしていいのか分からず途方に暮れたからでは、断じてないぞ!ホントだぞ!

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-464.html

2009/03/27 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【マイト・アンド・マジック エレメンツ】闇の救世主

   ↑  2009/03/26 (木)  カテゴリー: XBOX 360
might&magicelements.jpg
オイラがイメージするコンピュータRPGの王道は、まさにマイト・アンド・マジックシリーズだったりするのだが、本来の発売元である3DO(この場合はハードではなく、会社としての3DO)が崩壊して、その権利がUBIに移ってからは、ナンバリングタイトルである正編のM&Mは、未だに登場していない(2002年に出た9が今のところ最後のM&M正編だ)。
M&Mシリーズの後追い的存在であったElder Scrollsシリーズの最新作オブリビオンが、新世代コンピュータRPGのデファクトスタンダードとなってしまった今では、一世代前のデファクトスタンダードだったM&Mシリーズを現代に展開させるのは、難しい状況なのかもしれない。
09032601.JPG
このシリーズは、正編のRPGシリーズ以外にも派生作品がやたらと多いのも特徴で、正編以上の人気シリーズになってしまったリアルタイムターン制ストラテジーのHeroes of Might and Magicや、日本でもサクセスよりPS2国内版が登場したアクションゲームのウォリアーズ・オブ・マイト・アンド・マジック、オンライン対戦魔法FPSのLegends of Might and Magicなんてものまである。
このマイト・アンド・マジック エレメンツも、そんな派生作品だ。
発売時期などから、日本ではこの作品がオブリビオンと比較されてしまったけれど、このエレメンツをRPGの範疇にいれてオブリビオンと比べるのは無理がある。あれと比較されるべきは、正編のRPGシリーズであるはずだ。
09032604.JPG
CoD4やバイオショックなどの登場で完全に熟成しきった感のあるFPSというジャンルだが、あれの祖をDOOMだけに求めるのは、片手落ちのような気がする。
DOOMというシューターは紛れもなく現在のFPSの原型ではあるが、一方で今のFPSの表現技法のルーツは、MYSTやリターン・トゥー・ゾークなどの一人称インタラクティブアドベンチャーにあるのではないかとオイラは思う。
当時のインタラクティブアドベンチャー開発者が夢見て、ハードウェアの制約や技術上の限界で諦めざるをえなかった諸要素(シームレスで展開するイベントとか、画面上で自由に動かせるオブジェクトの類だとか)が、今現在FPSと称されるジャンルにおいて自然と花開いているのではないか。
09032602.JPG
このマイト・アンド・マジック エレメンツは、そんないにしえのインタラクティブアドベンチャーが見た夢を具現化したような作品だ。
突如としてネクロマンサーの軍団に襲撃された街の中を丸腰で逃げ惑い、助けの願いも虚しくグールに引き摺り倒される女性や、閉じられる跳ね橋に必死にしがみつく町民を目の当たりにしながらなんとか城内に逃げ込み、城に打ち込まれる火球を避けながらなんとかバリスタの元に辿り着き、それを操作してサイクロプスを撃退する。
このチャプター1の、息もつかせぬ怒濤の展開の素晴らしさ、澱みの無さ。このテンションが最後まで続いていてくれれば、このエレメンツはまごう事なき傑作となっていたのだが、残念なことにチャプター2以降のテンションはがくっと落ちてしまい、特に後半はちょっとばかりマンネリな展開になってしまっているのが勿体ないところだ。
09032603.JPG
されどマイト・アンド・マジック世界で展開されるインタラクティブムービーとして捉えれば、充分楽しめる内容。
ただし選択できる四つのクラス(ウォリアー、アーチャー、メイジ、ロバー)の面白さには、かなりのばらつきがある。
正直ウォリアーでのプレイは面白くもなんともない。メイジで通しプレイした後にウォリアーを選択したら、恐らくやってられないんじゃないかと思う。
Legends of Might and Magicのテイストをそのまま再現したマルチプレイモードもなかなかの出来映え。
ファンタジー世界を舞台にしたマルチ対戦FPSは、他にあまり例を見ないだけに貴重な存在でもあるのだけど、残念ながら現在では過疎状態。
そしてこのゲームでも、ビアンカとフローラを思わせる究極の選択が登場するのだ。オイラ?オイラは勿論ザーナお姐様に決まっているだろう。
ザーナお姐様の可愛らしい焼きもちの炎の前には、リアナごとき小娘なんか丸焼きだ。

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-465.html

2009/03/26 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

映画【ウォーク・ハード ロックへの階段】

   ↑  2009/03/24 (火)  カテゴリー: 映画・DVD
walk hard.jpg
開始早々飛び出すのは、映画史上もっとも悲壮感がない胴体真っ二つシーン。
そして月日はあっという間に流れて、ジュニアハイスクールの校内フェスティバルステージに立つのは、我らがジョン・C・ライリー。
「ハイ、僕デューイ・コックス、14歳。」
ジョン・C・ライリーが、あの面下げて、言うに事欠いて「僕、14歳。」
掴みは文句なしにOK。そしてこの時が、デューイー・コックスが悪魔の音楽に足を踏み入れた歴史的な瞬間。
そう、デューイ・コックスの人生は、ロックンロールの歴史そのものなのだ。
dewey cox band.jpg
ホアキン・フェニックスが主演したジョニー・キャッシュの伝記映画『ウォーク・ザ・ライン』のパロディ的な作品だけど、勿論このデューイ・コックスは実在しないミュージシャン。
だけど本腰を入れて作られた楽曲の数々が、この作品を単なるパロディ映画から、さらに上の地平に引き上げています。
タイトル曲の"Walk Hard"を手がけたのは、マーシャル・クレンショウ。『ラ・バンバ』やこの『ウォーク・ハード』など、この人は映画がらみでやたらといい仕事をしますね。

デューイ・コックスの歴史はロックンロールの歴史。
時代に合わせてボブ・ディラン化したり、ビートルズ化したり(ビートルズともインドで邂逅。ジョンやジョージ、リンゴはそれなりに似ているのだが、一人だけ似ても似つかないデブが居ます。どんなデブかは観てのお楽しみ)、ブライアン・ウィルソン化したり、さらには世界で一番最初にパンクロックを演奏したのも、デューイ・コックスであったりするのだ。もっともあまりにも早すぎて理解者は皆無だったようですが。
特にブライアン化した際、巨大スタジオにあらゆる民族音楽奏者を詰め込んで執拗に音を重ね録りし、見かねたロック創世記からのメンバーがクレームを入れると、「お前らもテルミンの弾き方くらい覚えろ!」と逆ギレするシーンは最高です。
walk hard soundtrack.jpg
この役を例えばウィル・フェレルあたりがやってたとしたら、過剰なくらいこってりとしたコメディになりそうですが、ライリーの淡泊なコメディ演技は、架空の伝記映画という構造を崩さずドラマティックに仕上げることに成功しています。
表題曲を始めとするデューイ・コックスの代表曲を網羅した(という触れ込みの)サウンドトラックも必聴の出来映え。

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-468.html

2009/03/24 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |