ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

このページの記事目次 ( ← 2009-02- → )

total 3 pages  次のページ →  

【From Dusk Till Dawn】セス対吸血鬼、第2ラウンド

   ↑  2009/02/28 (土)  カテゴリー: PCゲーム
fromdusktilldawn.jpg
「主文、被告セス・ゲッコーを電気椅子こんがりローストの刑に処す。」
「そんな!サノバビッチ!不当判決だ、控訴します。」
「余人ならいざ知らず、貴様がそんなことを言えた義理か。却下!」
そんなやり取りがあったかどうかは定かではないが、稀代の凶悪犯セス・ゲッコーが送られた先は、海に浮かぶタンカーを改造した重犯罪者専用の刑務所、ライジング・サン。
電気椅子刑執行まで72時間あまり。いよいよセス・ゲッコーの悪運も尽きたかと思いきや、全くそんなことはなかった。
今、まさに刑を執行されんとするケチな詐欺師の救出にやってきたのは、セスにとっては腐れ縁の吸血鬼ご一行様。
吸血鬼の襲撃に大混乱に陥った刑務所内で、セスと吸血鬼の戦い第2ラウンドが幕を開けるのであった。
fromdusktilldawn0003.jpg
いかにもタランティーノ風味なロードクライムムービーと思いきや、後半は文字通り全く別の映画になってしまい観る者を驚かせた、ロバート・ロドリゲス監督作品の『フロム・ダスク・ティル・ドーン』
この映画には非常に扱いに困る続編と続々編が存在するのだけど、そんな微妙な立ち位置の続編映画よりも、むしろこの2001年に発売されたPCゲーム版の方が、正統な続編に相応しいだろう。
何せストーリーは、あのティティ・ツイスター狂乱の夜の後日談。主役は勿論セス・ゲッコー、演ずるは一応ジョージ・クルーニー(ただし声は別人)だ。似てるか似てないかは議論が分かれるとこだろうが・・・・。
fromdusktilldawn0004.jpg
ゲーム自体はオーソドックスなシューター風味の3Dアドベンチャー。
視点をサードパーソンとファーストパーソンに任意に切り替えられるのが、特徴と言えば特徴です。もっともオイラはファーストパーソン固定で遊んでいましたけど。
どちらの視点が遊びやすいかは、人それぞれだろうけど、本作の三人称視点は一人称以上に酔いやすいようにオイラは感じました。
何せ相手は吸血鬼ですから、銃で撃ち倒しても相手の肉体が灰にならない限り油断してはなりません。
ダウン状態の相手の心臓に木の杭を打ち込んで、初めて完全に相手を屠れます。
銃撃で一定量のダメージを与えれば、この作業を省いて吸血鬼を灰に出来たりもするのですが、木の杭フィニッシュの場合はセスの体力を回復させる効果もあるので、できればこちらの手段をとりたいところ。
何せ吸血鬼は音もなく背後から忍び寄ってくる厄介な連中。対してこのゲームの回復アイテムは、絶対的にその総量が少なすぎるのですから。
fromdusktilldawn0001.jpg
ストーリーといい、全体に漂う雰囲気といい、いかにも本国ではテレフィーチャー、日本ではDVDスルー、巡り巡って木曜洋画劇場。そんなパターンがお似合いなB級臭がぷんぷん漂ってきます。
もっともそんなこてこてなB級の味わいは、『フロム・ダスク・ティル・ドーン』という極上のB級映画の続編には、実に相応しいものであることも確かです。

<Windows / 英語版日本語マニュアル付き>

この記事に含まれるtag : シネマゲーム TPS 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-858.html

2009/02/28 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【ボクの彼氏はジュリエット】生々しさは怪我の功名

   ↑  2009/02/22 (日)  カテゴリー: PCゲーム
ボクの彼女はジュリエット.jpg
”伝説の樹の下で結ばれたカップルは永遠に幸せになれる”みたいな言い伝えがある学校とは良いものです。
例の樹の下で虹野さんや朝日奈さんと結ばれた方たちは、伝説通りにその後も幸せな人生を送られているのでしょうか。
そしてこの緑風学園にも、似たような伝説があります。曰く”芝居の主役とヒロインを演じた者は幸せなカップルになれる”。
もっともこの緑風学園、バリバリの男子校なんですが………。
ボクの彼女はジュリエット000003.jpg
CDケースより一回りほど大きい缶ケースという不思議なパッケージング。お店の人がレイアウトしづらくて大変なだけだぞ。
その中にはゲームのCD-ROMの他にピンバッジやポストカードといったおまけがびっしり。
「こんなおまけよりも他にもっと気を遣うとこがあったんじゃないだろうか。」ゲームを起動させて噂の腰砕けオープニングテーマ曲を耳にしたあなたは、きっとそんな感想を漏らすはずです。
趣味の合わない知人とカラオケBOXに行った時のような気分になること請け合いのこのOPテーマ曲。どこかの動画サイトに物好きがアップしてるかもしれませんので、見かけたら是非一聴をお勧めします。
ボクの彼女はジュリエット000004.jpg
このごく一部で話題となったOPテーマに、これまたごく一部で話題となった声優さんボイス(本職さん……じゃないよね?これって)。
そして業界初の試みらしいモザイクオンオフ機能(要はアダルトビデオか昔のロマンポルノ。モザイクで隠すか物で隠すかの違いです)、そして懐かしのヴァーチャル・ヴァレリーの頃から男性向けのアダルトソフトではお馴染みであった緊急待避機能。急に人が来たときにワンボタンで無難なニセOS画面(もっともこのボク彼の緊急待避画面は待避になっていない、むしろ行き止まりの袋小路のような気もしますが)に切り替わるアレですね。
そんな枝葉の部分ばかりが語られる事の多いゲームですが、正直ゲーム部分やストーリーなどは、非常にあっさりしているというか薄味なので、枝葉の部分を話題にするしかないというのが本当のところです。
ボクの彼女はジュリエット000005.jpg
ただそれでも、学校の側の公園がハッテンバになって、夜そこに行くと無数の生徒たちが蠢いているとか、そんなケなど全く無さそうに見えた同室の寮生が夜中に部屋を抜けだした後をつけていくと、保健室のベッドで養護教師とまぐわっている現場に直面したなど、ところどころに非常に生々しいシチュエーションが転がっていたりするので油断はできません。
あんなのを目の当たりにした次の日から、どんな顔して奴と寮の同部屋で顔をつきあわせればいいんでしょうか。
そしてこのゲームのキャラクターボイス担当は、その大半が職業声優さんとはとても思えないような人たちばかり。
濡れ場のボイスも当然彼らが勤めているのですが、その素人っぽい悩ましい喘ぎ声が、逆に妙な生々しさを生み出しているのは、正に怪我の功名でしょう。
このゲーム、断然ボイスオンでのプレイを推奨します。

<18禁/Win & Mac ハイブリッド>

この記事に含まれるtag : ボーイズラブ 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-864.html

2009/02/22 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【天外魔境ZIRIA ~遙かなるジパング~】二十年の時を超えて

   ↑  2009/02/21 (土)  カテゴリー: XBOX 360
tengai ziria.jpg
考えてみれば一昨日は、スターオーシャン4だのPSP版アイマスの発売日であったわけで、オイラのようにそんな大作、話題作を差し置いて新宿の狼をチョイスする物好きなど、マイノリティ中のマイノリティだったりするのだが、それでも勇気を持ってもう一度言おう。新宿の狼はめちゃくちゃ面白い。
しかし驚かされるのがスターオーシャン4の初日の売り上げ、なんと13万本だそうだ。
そう言えば昨年のXBOX360ソフト売り上げランキングが発表されたとき、一位から五位までを国産RPGが占めていた事に軽いショックを覚えたりもしたが、まぁ他の人に言わせればこれは当然も当然の数字らしい。
やはり何だかんだ言いながら国産RPGは売れるのだ。和製RPGは未だに日本のゲーム界の王者であるのだ。
しかしオイラはと言えば、ブルードラゴンも序盤に投げ出して積んでいるくらいで、とんと日本製RPGに縁が無い。
ここ最近のRPGでクリアにまで至ったのは、せいぜいドラクエ8くらいだ。こんなオイラでもシリーズ全作を遊んでいるのだから、さすが国民的RPG。もっとも一番最近のドラクエ8が一番印象に残ってないのだけれど。ドラクエ7ですら8以上に印象に残るとこが多々あったのになぁ。あのムービーとか、キーファが結局帰ってこなかった事とか・・・・。
DSC09772.JPG
そのドラクエ以外となると、FFもテイルズもスターオーシャンも何が何やらの世界。
過去にクリアまで至った国産RPGを辿っていくと、サターンのグランディア(これは面白かった!)、さらにはPCエンジンの天外魔境まで遡ってしまう。
だけど、いくら国産RPGと縁が無いオイラと言えど、やはりMSKKがこれだけXBOX360にその国産RPGを引っ張ってきてくれたからには(旧XBOX時代には考えられない話だ)、やはりどれか一本くらいは遊んでみるべきだろう。それが敬意というものだ。
だけどここでラスレムやロスオデではなく、勝手知ったる天外魔境ZIRIA(しかもこれ、360RPGラッシュの流れとは関係ないとこで発売された作品だ)をチョイスしてしまうとこに、オイラの保守ぶり、小心ぶりを表したりしてるのだが。
DSC09904.JPG
まぁZIRIAをチョイスしたのにはもう一つ訳がある。
コール・オブ・デューティ2、コンデムド・サイコクライム、そしてこの天外魔境ZIRIA~遙かなるジパング~の三本が、360ソフトの中でもプチレア化している存在なのは、熱心な360ユーザーの皆さんならご存じの事だと思われる。
つい二、三年前に出たソフトなのに、店頭では滅多に見かけることなく、見かけたとしても結構な値段がついているものが殆どだ。
このうちCoD2とコンデムドは発売早々に購入していたのだが、天外だけはその時スルーしてしまっていたのだ。それが程良い値段で目の前に転がっていたら、そりゃ即座に押さえてしまうのが人間の性というものではないだろうか。
DSC09931.JPG
そんな訳で20年ぶり(!)に遊んでみた天外ZIRIAだが、変な話だがオイラはこのZIRIAで、ハイエンド機、ハイデフ映像の凄さを改めて思い知らされたような気がする。
いや、そりゃこの天外ZIRIA。ラストレムナントやインアンなどから比べれば相当しょぼいグラフィックなのだろうけど、しかしオイラがラストレムナント辺りの美麗なグラフィックを目の当たりにしても、大した感慨は特に起こらないような気がする。
しかし天外の場合は、20年分の技術の進歩を目の当たりにしているのだ。PCエンジンからハイデフ機まで、一気に時代を飛び越えているのだ。
「うわわわわ、なんだこの物凄いグラフィックは!しかもローディング時間もほとんど無い!」と驚くのも無理はないだろう(PCE版ZIRIAの読み込みは、そりゃもう忍耐を要求されたものだった)。
なにせ冒頭のハドソンのロゴで「なんであのロゴがこんな綺麗に表示されるのだ!?」などとぶったまげているくらいだし。
DSC09906.JPG
久しぶりの和製RPG、久しぶりの天外は、逆に何だかとても新鮮だ。最初の町で「疲れたら宿屋に泊まるといいよ。」などと忠告してくれた村人に軽い感動を覚えたくらいだ。なんでこんなに親切でお節介なんだ、この人たち!
PCE版天外の大蛇丸役は故・塩沢兼人さんが勤められていたのだが、この360版の大蛇丸役は子安武人。塩沢兼人の後任としては納得の人選だろう。もっとも塩沢氏のあの蛇声を要求するのはさすがに無理があるけれど(自来也役の岩田光央はもろガマ声。しかしガマと蛇とナメクジが主人公パーティーってのも、凄い話だな)。
3D化されたキャラたちは、どれも見栄えがするけれど、唯一綱手だけは単なるメタボ娘と化してしまっています。
これって、数十年ぶりのリメイクを機にカムバックしたはいいが、ルックスの変貌だけはどうしようもなかった女優さんみたいで、なんか生々しい話だなぁ。

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-865.html

2009/02/21 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Shaun White Snowboarding】ここはブル・マウンテン

   ↑  2009/02/18 (水)  カテゴリー: XBOX 360
out cold.jpg
悪徳リゾート会社による開発の危機にさらされたスキーヤーとスノーボーダーの聖地、ブル・マウンテンを守れ!
ジェイソン・ロンドン主演の映画『クールボーダー』(原題はOut Cold)の舞台はアラスカの雪山。
基本的にはヌルく他愛のないコメディだけど、登場するボーダーの若者たちのボンクラっぷりが何とも愛おしくなってくる、ちょっぴり素敵な映画。
Shaun White Snowboardingプレイ前に気分を高めるには、これ以上はないくらいピッタリな映画だ。
この映画にあってSWSに欠けているものは、ビール片手に半ケツでナイタースノーボードを楽しむことくらい。
ああ、今後のアップデートか追加コンテンツで、是非とも半ケツ丸出し要素を導入してくれないものだろうか。え?そこは順番から行ったら普通ナイターからじゃないかって?そうかなぁ?
DSC09823.JPG
それにしても、メダルチャレンジの最後を飾るあのパラボラアンテナ上のコインは、どうやって取るのだろうか。
一度ドイツ人プレイヤーがあそこに登ったのを目撃したのだが、ラグでいつの間にかワープしてあそこに出現したようにしか見えなかった。
やはりオーソドックスに、大ジャンプでアンテナの外周に着地→そのままグラインドでアンテナ頂上に到達なのだろうか。

この記事に含まれるtag : スノボ 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-868.html

2009/02/18 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【みんなで読書DS 捕物帳 半七&右門&安吾&顎十郎&旗本退屈男】

   ↑  2009/02/17 (火)  カテゴリー: ニンテンドーDS
捕物帖.jpg
いわゆるハイエンド据え置き機では、突飛な企画のゲームというのはなかなか登場しづらい。
一本当たりの開発費という問題もあるのだろうが、何よりもそのハードを所有しているユーザー層の分布に偏りがあるというのが、一番大きな要因ではないだろうか。
少なくとも「XBOX360で"佐賀のがばいばあちゃん"をゲーム化しましょう!パッケージは島田洋七のドアップ写真で。」なんて企画を出したとしたら「君、最近ちょっと疲れすぎのようだね。永遠に休んでていいよ。」なんて言われてしまうのがオチであろう。
ただ、これが老若男女広く普及しているハードだと話は別で、むしろ逆にソフトが飽和状態で過当競争だからこそ、ユーザーデータのグラフなんかを見て「この年代、この層にアピールしたソフトが逆にいけるんじゃないですかね?」「お、いいかもしれんね。やってみたまえ。」「分かりました。さっそく綾小路きみまろの格言を日めくりカレンダー風に再構成したゲームの開発に取りかかります。」なんて流れで、我々の理解の範疇を超えたソフトがこの世に放たれるのではないか。
そして出来上がったそのソフトは、本来狙った購買層には結局相手にされず、巡り巡って福袋の中に紛れ込んで、本来狙った購買層ではない人々の元に転がり込んで彼らをうんざりさせたりするのだ。
torimono003.jpg
もっとも悪食のオイラにとっては、その手のゲテモノソフトはむしろ見逃せない存在。”DSのソフトは販売数三桁の物が逆に狙い目”という指針すら作っているほどだ。
そんなオイラにとって目が離せないメーカーがドラス。
前述の綾小路きみまろのハッピー手帳を始め、デューク更家のウォーキングナビだの、角田信朗の筋トレナビだのと、妙ちきりんな企画のDSソフトを連発している会社である。
最近では携帯アプリ方面でもそのフリーキーなセンスが爆発していて、ニューハーフ・ミッチーLOVEという本邦初のニューハーフシミュレーションゲーム(キャラデザインはアナタヲユルサナイのたかなししん)なんて作品まで登場している始末だ。
torimono001.jpg
そのドラスがDSとPSPで展開しているのが、みんなで読書シリーズ。まぁ早い話が既存小説の電子ブック化だ。
だけどこのシリーズに於いてもドラスのフリーキーなセンスは爆発している。みんなで読書・ケータイ小説ですぅ~なんていかにもなソフトを出しているかと思ったら、方やこのみんなで読書DS・捕物帳のような、果たしてどんな購買層を意図しているのかさえも不明な、不思議なソフトまで登場する有様だ。
ケータイ小説から捕物帖まで。この振り幅の広さはただ事ではない。
torimono005.jpg
このみんなで読書DS・捕物帳は、DSを縦持ちにするのが基本スタイル。
右手でDSを握り、その人差し指でRBボタンを押してページ送り。電車の中で立っている時などでも、片手でつり革を掴みながらもう一方の手で読書に励むことが可能な、なかなか快適な仕様です。
収録作品は、岡本綺堂の半七捕物帳、佐々木味津三の右門捕物帖と旗本退屈男、坂口安吾の明治開化安吾捕物、久生十蘭の顎十郎捕物帳。いずれもシリーズ全編を収録。
これらの小説がつまらない訳が無いし、またこれらを今、文庫で全部揃えようとしてもかなりの値段になるだろうし(久生十蘭の文庫なんかハードカバー並みの値段がした筈だ)、何よりも手間が掛かる。
それにこんなきっかけでもなければ、旗本退屈男をシリーズ通して読もうなんて機会は滅多にないだろう。
電子ブックに4000円近い対価を投じるのが高いか安いかは、それぞれによって大きく異なってくるだろうけど、少なくともオイラはこのDS捕物帳に関しては、それだけの価値が充分にあると感じました。
このソフトが最近の通勤時間のお供となっております。いや、マジで佐々木味津三、むちゃくちゃ面白いわ!

この記事に含まれるtag : マルチメディア 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-869.html

2009/02/17 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |