ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

このページの記事目次 ( ← 2009-02- → )

total 3 pages  次のページ →  

【From Dusk Till Dawn】セス対吸血鬼、第2ラウンド

   ↑  2009/02/28 (土)  カテゴリー: PCゲーム
fromdusktilldawn.jpg
「主文、被告セス・ゲッコーを電気椅子こんがりローストの刑に処す。」
「そんな!サノバビッチ!不当判決だ、控訴します。」
「余人ならいざ知らず、貴様がそんなことを言えた義理か。却下!」
そんなやり取りがあったかどうかは定かではないが、稀代の凶悪犯セス・ゲッコーが送られた先は、海に浮かぶタンカーを改造した重犯罪者専用の刑務所、ライジング・サン。
電気椅子刑執行まで72時間あまり。いよいよセス・ゲッコーの悪運も尽きたかと思いきや、全くそんなことはなかった。
今、まさに刑を執行されんとするケチな詐欺師の救出にやってきたのは、セスにとっては腐れ縁の吸血鬼ご一行様。
吸血鬼の襲撃に大混乱に陥った刑務所内で、セスと吸血鬼の戦い第2ラウンドが幕を開けるのであった。
fromdusktilldawn0003.jpg
いかにもタランティーノ風味なロードクライムムービーと思いきや、後半は文字通り全く別の映画になってしまい観る者を驚かせた、ロバート・ロドリゲス監督作品の『フロム・ダスク・ティル・ドーン』
この映画には非常に扱いに困る続編と続々編が存在するのだけど、そんな微妙な立ち位置の続編映画よりも、むしろこの2001年に発売されたPCゲーム版の方が、正統な続編に相応しいだろう。
何せストーリーは、あのティティ・ツイスター狂乱の夜の後日談。主役は勿論セス・ゲッコー、演ずるは一応ジョージ・クルーニー(ただし声は別人)だ。似てるか似てないかは議論が分かれるとこだろうが・・・・。
fromdusktilldawn0004.jpg
ゲーム自体はオーソドックスなシューター風味の3Dアドベンチャー。
視点をサードパーソンとファーストパーソンに任意に切り替えられるのが、特徴と言えば特徴です。もっともオイラはファーストパーソン固定で遊んでいましたけど。
どちらの視点が遊びやすいかは、人それぞれだろうけど、本作の三人称視点は一人称以上に酔いやすいようにオイラは感じました。
何せ相手は吸血鬼ですから、銃で撃ち倒しても相手の肉体が灰にならない限り油断してはなりません。
ダウン状態の相手の心臓に木の杭を打ち込んで、初めて完全に相手を屠れます。
銃撃で一定量のダメージを与えれば、この作業を省いて吸血鬼を灰に出来たりもするのですが、木の杭フィニッシュの場合はセスの体力を回復させる効果もあるので、できればこちらの手段をとりたいところ。
何せ吸血鬼は音もなく背後から忍び寄ってくる厄介な連中。対してこのゲームの回復アイテムは、絶対的にその総量が少なすぎるのですから。
fromdusktilldawn0001.jpg
ストーリーといい、全体に漂う雰囲気といい、いかにも本国ではテレフィーチャー、日本ではDVDスルー、巡り巡って木曜洋画劇場。そんなパターンがお似合いなB級臭がぷんぷん漂ってきます。
もっともそんなこてこてなB級の味わいは、『フロム・ダスク・ティル・ドーン』という極上のB級映画の続編には、実に相応しいものであることも確かです。

<Windows / 英語版日本語マニュアル付き>

この記事に含まれるtag : シネマゲーム TPS 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-858.html

2009/02/28 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【新宿の狼】龍より狼!

   ↑  2009/02/26 (木)  カテゴリー: PS2
ギャンブルタウンというかつてのイメージはいずこへやら。今は東京の西都心と呼んでもおかしくないほど発展しているT駅の北口にある某キャバクラが、突如としてメイドキャバクラなるものに変貌していて大爆笑したことがあったのだが、あの店はやはりドリームクラブの登場を先取りしていたのであろうか。
そういえば、キャバクラを経営できる某ゲームが本日発売されるらしいが、見苦しいタイアップを繰り広げるそんなVシネの雰囲気の上っ面だけをかっぱらったゲームよりも、遊ぶべきは真のVシネゲーにして某龍よりも真っ当なGTAクローンである新宿の狼の方であることは、言わずもがなであろう。
合い言葉は「龍より狼!」
shinjyukuwolf0001.JPG
ぱっと見たところ、地味な服を着た目立たない若い女だ。しかしオイラの刑事の勘が「こいつは叩けば埃がでる」と告げている。
「こういうモンだが」懐から警察手帳を出して職質すると、あっという間に女は食い逃げ犯であることが判明。
まぁこんなご時世だし、何よりたかが食い逃げ如きでこの新宿の狼が仰々しく小娘一人を捕まえることもあるまい、とも思ったが、しかしこういう小さな犯罪を見逃していては、この街の治安はちっとも回復しない。
治安が回復してくれないと、この街の雀荘やパチンコ屋やバッティングセンターはいつまで経っても営業を休止したままなのだ。
「悪いなお嬢ちゃん、見逃す訳にはいかねえんだ」とポケットから手錠を取り出し女の方を向くと、オイラの視界いっぱいに女の履いているローヒールの靴底が飛び込んできた。
shinjyukuwolf0002.JPG
女の放った蝶野ばりのヤクザキックをもろに顔面に喰らい、大袈裟ではなくマジで10メートルほど後ろに吹っ飛ぶオイラ。
女は逃げるどころか、ふらふらと立ち上がったオイラをさらに掌底打ちとヤクザキックの連打で攻め立てる。ちょ、ちょ、ちょっと待て!お前、食い逃げ程度でここまで開き直るんじゃねえ!
とても一般人とは思えない勢いで暴れまくる女だが、さすがにこのまま好きにさせておくわけにはいかない。
オイラの格闘スタイル、プロレスの恐ろしさを思い知らせてやる。ちなみにプロレススタイルのYボタン長押し必殺技は、ルー・テーズ風正面跳びお尻着地型の渋いドロップキック。今まで何度も放ってはみたが、命中した試しは一度も無いぞ!
shinjyukuwolf0003.JPG
このプロレススタイルでの一番使い勝手のいい技は、相手の髪の毛を引っ掴んで乱打する一本足頭突き。
一本足頭突きといえば、今では藤原組長の代名詞だが、この狼版一本足頭突きのモーションは、組長よりもむしろ大木金太郎の原爆頭突きに似ている。
食い逃げをしただけの小娘の髪を鷲掴みにして、その脳天に容赦ない原爆頭突き、オッチョッチョ!原爆頭突き、オッチョッチョ!
何もたかが食い逃げ犯にここまでする事もあるまいが、考えてみればこの小娘は、今や立派な公務執行妨害の現行犯だ。
女が戦意を喪失したところですかさず逮捕。もちろん女が許しを乞おうが、無視して死ぬまで頭突きを打ち込むこともできるし、また死んだところで始末書で済んでしまうのだが、正直始末書書きのミニゲームはマジで苦痛なので、できれば勘弁願いたいものだ。
人はオイラの事を新宿の狼と呼ぶ。オイラの目の黒いうちは、この街で好き勝手な事はさせない。
この街で桐生とかいうチンピラを見かけたら、オイラの原爆頭突きの餌食にしてやるから覚悟しておくんだな。合い言葉は「龍より狼!」

この記事に含まれるtag : オープンワールド 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-860.html

2009/02/26 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【ボクの彼氏はジュリエット】生々しさは怪我の功名

   ↑  2009/02/22 (日)  カテゴリー: PCゲーム
ボクの彼女はジュリエット.jpg
”伝説の樹の下で結ばれたカップルは永遠に幸せになれる”みたいな言い伝えがある学校とは良いものです。
例の樹の下で虹野さんや朝日奈さんと結ばれた方たちは、伝説通りにその後も幸せな人生を送られているのでしょうか。
そしてこの緑風学園にも、似たような伝説があります。曰く”芝居の主役とヒロインを演じた者は幸せなカップルになれる”。
もっともこの緑風学園、バリバリの男子校なんですが………。
ボクの彼女はジュリエット000003.jpg
CDケースより一回りほど大きい缶ケースという不思議なパッケージング。お店の人がレイアウトしづらくて大変なだけだぞ。
その中にはゲームのCD-ROMの他にピンバッジやポストカードといったおまけがびっしり。
「こんなおまけよりも他にもっと気を遣うとこがあったんじゃないだろうか。」ゲームを起動させて噂の腰砕けオープニングテーマ曲を耳にしたあなたは、きっとそんな感想を漏らすはずです。
趣味の合わない知人とカラオケBOXに行った時のような気分になること請け合いのこのOPテーマ曲。どこかの動画サイトに物好きがアップしてるかもしれませんので、見かけたら是非一聴をお勧めします。
ボクの彼女はジュリエット000004.jpg
このごく一部で話題となったOPテーマに、これまたごく一部で話題となった声優さんボイス(本職さん……じゃないよね?これって)。
そして業界初の試みらしいモザイクオンオフ機能(要はアダルトビデオか昔のロマンポルノ。モザイクで隠すか物で隠すかの違いです)、そして懐かしのヴァーチャル・ヴァレリーの頃から男性向けのアダルトソフトではお馴染みであった緊急待避機能。急に人が来たときにワンボタンで無難なニセOS画面(もっともこのボク彼の緊急待避画面は待避になっていない、むしろ行き止まりの袋小路のような気もしますが)に切り替わるアレですね。
そんな枝葉の部分ばかりが語られる事の多いゲームですが、正直ゲーム部分やストーリーなどは、非常にあっさりしているというか薄味なので、枝葉の部分を話題にするしかないというのが本当のところです。
ボクの彼女はジュリエット000005.jpg
ただそれでも、学校の側の公園がハッテンバになって、夜そこに行くと無数の生徒たちが蠢いているとか、そんなケなど全く無さそうに見えた同室の寮生が夜中に部屋を抜けだした後をつけていくと、保健室のベッドで養護教師とまぐわっている現場に直面したなど、ところどころに非常に生々しいシチュエーションが転がっていたりするので油断はできません。
あんなのを目の当たりにした次の日から、どんな顔して奴と寮の同部屋で顔をつきあわせればいいんでしょうか。
そしてこのゲームのキャラクターボイス担当は、その大半が職業声優さんとはとても思えないような人たちばかり。
濡れ場のボイスも当然彼らが勤めているのですが、その素人っぽい悩ましい喘ぎ声が、逆に妙な生々しさを生み出しているのは、正に怪我の功名でしょう。
このゲーム、断然ボイスオンでのプレイを推奨します。

<18禁/Win & Mac ハイブリッド>

この記事に含まれるtag : ボーイズラブ 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-864.html

2009/02/22 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【天外魔境ZIRIA ~遙かなるジパング~】二十年の時を超えて

   ↑  2009/02/21 (土)  カテゴリー: XBOX 360
tengai ziria.jpg
考えてみれば一昨日は、スターオーシャン4だのPSP版アイマスの発売日であったわけで、オイラのようにそんな大作、話題作を差し置いて新宿の狼をチョイスする物好きなど、マイノリティ中のマイノリティだったりするのだが、それでも勇気を持ってもう一度言おう。新宿の狼はめちゃくちゃ面白い。
しかし驚かされるのがスターオーシャン4の初日の売り上げ、なんと13万本だそうだ。
そう言えば昨年のXBOX360ソフト売り上げランキングが発表されたとき、一位から五位までを国産RPGが占めていた事に軽いショックを覚えたりもしたが、まぁ他の人に言わせればこれは当然も当然の数字らしい。
やはり何だかんだ言いながら国産RPGは売れるのだ。和製RPGは未だに日本のゲーム界の王者であるのだ。
しかしオイラはと言えば、ブルードラゴンも序盤に投げ出して積んでいるくらいで、とんと日本製RPGに縁が無い。
ここ最近のRPGでクリアにまで至ったのは、せいぜいドラクエ8くらいだ。こんなオイラでもシリーズ全作を遊んでいるのだから、さすが国民的RPG。もっとも一番最近のドラクエ8が一番印象に残ってないのだけれど。ドラクエ7ですら8以上に印象に残るとこが多々あったのになぁ。あのムービーとか、キーファが結局帰ってこなかった事とか・・・・。
DSC09772.JPG
そのドラクエ以外となると、FFもテイルズもスターオーシャンも何が何やらの世界。
過去にクリアまで至った国産RPGを辿っていくと、サターンのグランディア(これは面白かった!)、さらにはPCエンジンの天外魔境まで遡ってしまう。
だけど、いくら国産RPGと縁が無いオイラと言えど、やはりMSKKがこれだけXBOX360にその国産RPGを引っ張ってきてくれたからには(旧XBOX時代には考えられない話だ)、やはりどれか一本くらいは遊んでみるべきだろう。それが敬意というものだ。
だけどここでラスレムやロスオデではなく、勝手知ったる天外魔境ZIRIA(しかもこれ、360RPGラッシュの流れとは関係ないとこで発売された作品だ)をチョイスしてしまうとこに、オイラの保守ぶり、小心ぶりを表したりしてるのだが。
DSC09904.JPG
まぁZIRIAをチョイスしたのにはもう一つ訳がある。
コール・オブ・デューティ2、コンデムド・サイコクライム、そしてこの天外魔境ZIRIA~遙かなるジパング~の三本が、360ソフトの中でもプチレア化している存在なのは、熱心な360ユーザーの皆さんならご存じの事だと思われる。
つい二、三年前に出たソフトなのに、店頭では滅多に見かけることなく、見かけたとしても結構な値段がついているものが殆どだ。
このうちCoD2とコンデムドは発売早々に購入していたのだが、天外だけはその時スルーしてしまっていたのだ。それが程良い値段で目の前に転がっていたら、そりゃ即座に押さえてしまうのが人間の性というものではないだろうか。
DSC09931.JPG
そんな訳で20年ぶり(!)に遊んでみた天外ZIRIAだが、変な話だがオイラはこのZIRIAで、ハイエンド機、ハイデフ映像の凄さを改めて思い知らされたような気がする。
いや、そりゃこの天外ZIRIA。ラストレムナントやインアンなどから比べれば相当しょぼいグラフィックなのだろうけど、しかしオイラがラストレムナント辺りの美麗なグラフィックを目の当たりにしても、大した感慨は特に起こらないような気がする。
しかし天外の場合は、20年分の技術の進歩を目の当たりにしているのだ。PCエンジンからハイデフ機まで、一気に時代を飛び越えているのだ。
「うわわわわ、なんだこの物凄いグラフィックは!しかもローディング時間もほとんど無い!」と驚くのも無理はないだろう(PCE版ZIRIAの読み込みは、そりゃもう忍耐を要求されたものだった)。
なにせ冒頭のハドソンのロゴで「なんであのロゴがこんな綺麗に表示されるのだ!?」などとぶったまげているくらいだし。
DSC09906.JPG
久しぶりの和製RPG、久しぶりの天外は、逆に何だかとても新鮮だ。最初の町で「疲れたら宿屋に泊まるといいよ。」などと忠告してくれた村人に軽い感動を覚えたくらいだ。なんでこんなに親切でお節介なんだ、この人たち!
PCE版天外の大蛇丸役は故・塩沢兼人さんが勤められていたのだが、この360版の大蛇丸役は子安武人。塩沢兼人の後任としては納得の人選だろう。もっとも塩沢氏のあの蛇声を要求するのはさすがに無理があるけれど(自来也役の岩田光央はもろガマ声。しかしガマと蛇とナメクジが主人公パーティーってのも、凄い話だな)。
3D化されたキャラたちは、どれも見栄えがするけれど、唯一綱手だけは単なるメタボ娘と化してしまっています。
これって、数十年ぶりのリメイクを機にカムバックしたはいいが、ルックスの変貌だけはどうしようもなかった女優さんみたいで、なんか生々しい話だなぁ。

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-865.html

2009/02/21 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【新宿の狼】トゥルー・クライム 新宿シティ

   ↑  2009/02/20 (金)  カテゴリー: PS2
新宿の狼.jpg
西口ヨドバシの裏を歩いていた中年サラリーマンにビビっときたので、手帳を出して職質したら、こいつは横領犯と判明。
慌てて逃げ出す容疑者にパンチを繰り出したら、何故か近くに居た無関係な別のサラリーマンにパンチが命中。
「何すんだ、この野郎!」掴みかかってくる無関係なサラリーマン。その間に容疑者は……、ああああ-、ああー、逃げちまう。もう面倒臭えから代わりにてめえを逮捕だ。
無関係なサラリーマンをぼこぼこに殴り倒して後ろ手に手錠を掛ける。一丁あがり!
DSC09951.JPG
アルタ前を歩いているOLにビビっときたので、手帳を出して職質したら、こいつはパワハラ犯と判明。
「パワハラって刑事犯なの?」とちょっぴり戸惑ったが、そのOLが逃げ出したので慌てて追跡。
ガードレールを飛び越えて車道を横切って逃げようとするOL。そこに無情に突っ込む車。宙を舞うOL。地面に横たわってぴくりとも動かないOLを片膝で押さえつけ後ろ手に手錠を掛ける。一丁あがり!
DSC09960.JPG
「裁くのは俺だ!」と高らかに言い放ったのは、ミッキー・スピレーンのマイク・ハマー。「わしがルールブックだ!」と高らかに言い放ったのは二出川元球審。
では「俺が法律だ!」と高らかに宣言したのは?……ここで「ユン・ピョウの検事ミスター・ハーですね!」と反応した人、こんど飯でも食いながらゆっくりとシンシア・ラスロックの素晴らしさについて語り合いましょう。いや違う!香港ならいざ知らず、ここ新宿で俺法なのは、勿論本作の主人公、刑事・三上英二!
捕まえた容疑者をおのれの勝手な裁量で、豚箱、罰金、無罪の三種類の処断を下すシステムだ。
新しい服やバイクが欲しくなった時、パチンコの軍資金が必要となった時、気力ゲージさえ満タンならさっそく俺法の出番だ。
食い逃げの現行犯で逮捕。俺法により貴様は罰金刑だ。ルーレットスタート!俺法による罰金の金額は、上は百万円から下は……、一円。
「刑事さん、ホントにそんなはした金でいいんですか?」
う、うるせえ!元よりけちな食い逃げ野郎から百万円貰おうなんて甘い夢見てねえわ!もういい、いいからあっち行け!
DSC09949.JPG
カプコンが投げ出した作品をスパイクが拾い上げて発売までこぎつけた曰く付きのゲーム。
某誌のクロスレビューで3点なんてワイルドな点数をつけられたりしたが、意外や意外、フリーローミングスタイルのゲームとしてきちんと成立している数少ない国産ゲームです。
ふきだしの台詞に省略された音声が被さるスタイルは、同じスパイクの侍道シリーズのそれと全く一緒。
そう、この新宿の狼は、侍道の進化形と言ってもいいでしょう。もっとも侍道から退化した部分が九割を占めるけど、残り一割の進化した部分をオイラは大きく評価したいです。
予算か、技術か、能力か、開発期間か、あるいはそれ全部か、とにかく何かが決定的に不足していたのでしょうか。
操作性やアクション部分、シナリオ、グラフィックなど、とにかく至らない部分は山ほどありますけど、そんな欠点を軽く吹き飛ばすくらいの面白さがあるのもまた事実です。
DSC09964.JPG
このゲームの舞台は”リアルな架空の街”。だからこのゲームに出てくるトレーダー新宿店では、残念ながらお買い物はできません。
それとコンビニ前に落ちていた賞味期限切れの弁当を食ったら体力が激減しました。きちんと掃除しておけ、馬鹿野郎!
ああ、もう腹立ったから、そこら歩いてるOLに職質してやる。って、このアマ、万引き犯じゃねえか。おい逃げるな、待てこらぁ!
それにしてもこの街、石を投げれば犯罪者に当たるみたいだな・・・・。
(この後、そのOLがあまりにワイルドに逃げ回るので、人混みの中で数発発砲。始末書がまた一枚増えました。)

この記事に含まれるtag : オープンワールド 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-866.html

2009/02/20 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |