FC2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

このページの記事目次 ( ← 2009-01- → )

total 3 pages  次のページ →  

【ザ・ホード】育ての親は牛さん

   ↑  2009/01/01 (木)  カテゴリー: 3DO
090101002.jpg
<昔々、とある不思議な王国に、チャンシーという若い召使いが住んでいました。
「大臣!大臣!王様が、王様が窒息しかかっていらっしゃいます!陛下!陛下ぁ~!」
「むっ、小僧が陛下を襲っているぞ!衛兵ー!衛兵を呼べー!」
「ぐえっ、ぐえっほっほっ!」
「こやつ、大胆不敵な。」「ち、違いますぅ!」「覚悟せい。間違いなくお前は死刑だ」
「……まて大臣、この少年は私の命を救ったのじゃ。そなたの名は?」
「あの、チャンシーと申します。と、と、殿。あ、いえ、陛下」
「で、出身は何処じゃ?」
「実はその……、私は生まれが分からないんです、陛下。私は荒野で親切な牛さんたちに育てられたんです」
「……ほう。では今からそなたはチャンシー卿と名乗るがよい。では汝に王国の栄えあるナイトの称号とシムト平原の広大な土地を与える。さらに強力なる聖剣、グリムズワッカーを授けよう。この剣は若かりし私を多くの魔物から守ってくれた。忘れもしないもっとも邪悪で貪欲な魔物の名は、忌まわしきホードじゃあぁぁぁぁ!」
「……ホードぉぉ?」>
090101006.jpg
何て素晴らしいオープニングムービー。もうこれだけで私は丼飯を三杯お代わりできます。
いや、真面目な話、チャンシー、大臣、王様の主要キャストを一目瞭然でキャラクター付け、聖剣の重要性と敵であるホードの邪悪さをもあっという間に強調し、そして牛さんがいかに高貴でかけがえのない存在であるのかをもプレイヤーに知らしめている、まこと機能的にも優れたムービーであります。
とにかく牛さんはチャンシー=プレイヤーの育ての親なのです。
例え村人が、頭からホードに囓られていようとも、率先して守るべきは牛さんである事がお分かり頂けるでしょう。
それに経済的な観点から見ても、牛さん>>>>>>>>>村人なのです。
狡猾な笑みを湛えて法外な税金を取り立てにくる大臣に一泡吹かせてやるためにも、牛さんの数を増やす事とその護衛は、チャンシーに課せられた最優先の義務です。
090101005.jpg
ゲームは、領土経営シム的な風味を持った農繁期モードと、チャンシーを操作して襲来するホードを撃退するアクションモードが交互に繰り返されて進行します。
牛が鳴き村人たちが農作業に勤しむのどかな風景。荒れ地に木々を植樹して開墾するのは、領主であるチャンシーの役目。
だけどチャンシーの役目はこれだけではありません。やがてこの平和な楽園を襲ってくるホードに備えて、落とし穴や濠を掘ったり、領土の予算をやり繰りしてナイトや弓兵を雇用したりするのも領主の勤め。
そして砂時計の砂が落ちきり、農繁期の終わりを告げるホラ貝が鳴り響くと、いよいよホードの襲撃が始まります。
呑気でまったりとしたシムモードから、今度はブルータルでせわしないアクションモードに一転。チャンシーは領内を忙しく駆け回って、へっぴり腰でグリムズワッカーを振り回し、ホード撃退に追われるハメに。
090101004.jpg
「助けて~」の絶叫と共にホードに頭から飲み込まれる村人たち。
でも未消化のうちにホードを倒せば命は助かります。待ってろよ、今行くからな!あ、あっちにはホードに襲われている牛さんの姿が!どうしよう!?
もちろん牛さん最優先。赤の他人より育ての親の命の方がよっぽど尊いですからね。それに村人は時間が経てば勝手に増えますが、牛さんを増やすにはお金がかかるのです。
高い金出して雇ったナイトや弓兵がどの程度役に立つかというと、これがせいぜい「居ないよりマシ」程度。
ナイト、弓兵、共に配置した場所から一歩も動かず、自分の攻撃範囲内に入ってきたホードを撃退する事しかできません。しかもこいつら、けっこう簡単に返り討ちに遭います。
結局、高い金出したナイトを保護するために援護に走るチャンシー。なんか余計な仕事が増えただけのような気がしてなりません。
090101003.jpg
そうやって孤軍奮闘しているうちに、チャンシーの声明はどんどん高まり、大喜びの王様はさらなる新しい領土と称号をチャンシーに与えていきます。
最初は卑屈だったチャンシーの顔つきも、ステージが進むごとにどんどん自信に満ちた力強いそれに変わり、反比例するかのように大臣は何故かどんどん不機嫌に。そしてホード騒動はいよいよクライマックスに…。
クリスタルダイナミクス社が、1994年にリリースしたこの傑作には、私が洋ゲーに求めるもの全てが詰まっています。
そして今年の干支を代表する"牛ゲー"として、この『ザ・ホード』以上に相応しいものが果たしてあるでしょうか?
チャンシー役のカーク・キャメロンは、NHKでも放映されたTVドラマ「愉快なシーバー家」の長男役でお馴染み。大臣役のマイケル・グレゴリーも、あちこちの映画やTVドラマなどでよく目にする顔ですね。

この記事に含まれるtag : 箱庭経営シム 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-1289.html

2009/01/01 | Comment (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Fallout 3】たったひとつの冴えたやり方

   ↑  2009/01/10 (土)  カテゴリー: XBOX 360
オレがそのテンペニータワーという豪華な建物を不毛の荒野に発見したのは、もう夜もだいぶ更けた頃だった。
”乱暴熊さん”ことヤオグアイの気配に怯えて、夜を過ごす休む場所を求めていたオレにとって、その迷える船を誘う灯台のような塔が、なんと暖かく、そして心強く見えた事であったか。
そのタワーは電動式の堅い門と、スーパーミュータント・フットボールチームのディフェンスラインが一晩中タックルを繰り返しても壊れそうもない、頑丈で高い塀によって守られていた。
ロビーに一歩足を踏み入れると、そこはもう今が核戦争後の終末世界とはとても思えない豪奢な空間。
核戦争前の日本では、こんな高層ビルの住人を”ヒルズ族”などと称してもて囃していたが、ウエイストランドでは、このテンペニータワーの住人を"タワー族"などと呼ぶのかもしれない。
終末世界の勝ち組、羨ましい。オレもここに住みてえ。Prince Charmingの"Playboy The Mansion"の替え歌がついつい口をついて出てくる。
♪ I Wanna Live At The Tenpenny Tower
DSC09248.JPG
「オレってテンペニータワーに住んでるんだぜ。」
そんな台詞を吐きながらタワーの部屋のキーをちゃらちゃらさせるだけで、女の子という女の子は、もう喜んでオレのケツについてくる事だろう。
モリアティ酒場のノヴァだろうが、デュコフに囲われているチェリーだろうが、もう片っ端から靡いてくるに違いない。
「タワーからの眺めを味わってみないか?」
そんな台詞でモイラ・ブラウンを誘い出してみるのもいい。そしてタワーの窓から身を乗り出して下界を眺めているモイラの背中を「人をさんざんモルモット扱いしやがって!」と、どんと突き飛ばしてみるのもいいかもしれない。
そして悲鳴を上げながら転落していくモイラに「あのなぁ、棍棒の事を殺鼠剤とは言わねえんだよ!」と、止めの一言を浴びせてやるのだ(そのせいでオレはどれだけあの下水道局を無意味に彷徨った事か)。
DSC09449.JPG
どうやらこのテンペニータワーには、空き部屋があるみたいだ。そしてこのタワーは現在ちょっとした厄介事に直面しているらしい。
トラブルを無事解決して「君みたいな頼もしい奴は、是非ともここに住んでくれないか?」。これはきっとこのパターンに違いない。
そうなればオレは晴れて"タワー族"の仲間入りだ。憧れの勝ち組人生に、ついにに足を踏み入れられるのだ。
ここの入り口で何やら揉めていたグールの男がトラブルの原因らしい。近くにあるグールのねぐらを襲ってグール連中を始末してくれないか、との依頼を受ける。そんなのお安い御用ですとも!
DSC09246.JPG
ところが話はそう簡単には進まなかった。
グール達が、出っくわすなり「お前の母ちゃんでべそ!」と叫びながら問答無用で発砲してくるような連中なら話は早かったのだが、ごく普通に出迎えられるとなると話は別だ。
聞けば連中も純粋にあのタワーの住人になりたいだけだと言う。ただ、この外見のせいでいわれのない差別を受けているのだと。
そう実情を知らされると、小善人なオレとしては、荒っぽい手段で事態の解決を図るのは、どうにも憚られてしまう。
分かった、タワーに戻って住人たちを説得してみる、と調子の良い返事をしてオレはグールの住処を後にした。
DSC09440.JPG
「こんな時代だからこそ、全ての人々が互いに手を取り合い、協力し合って歩まなければならないんじゃありませんか!?」
タワーの住人たちを前にしてのオレの熱弁は数時間にも及んだ。
「そしてこのテンペニータワーを、人類の進歩と調和のシンボルにするんです。ここが言わばウエイストランド版の太陽の塔となるのですよ。芸術は爆発だ!」
「……確かにわしらは彼らに対して偏見を抱いていたのかもしれんな」
それまで黙りこくってオレの熱弁を聞き入っていたアリステア・テンペニーが重い口を開いた。
「帰ってロイ・フィリップスに伝えてくれんか? 我々はいつでも君らを住民として迎える用意があると」
「その必要はありません。実は貴方たちにOKを頂けると確信して、もう既にロイ達をここに呼んであります」
オレの合図でロイ・フィリップスが部屋に入ってきた。
「ロイ、今まですまなかった」
「いいんですよ、テンペニーさん。分かって頂ければ」
「ではロイ、改めてテンペニータワーへようこそ」
ロイの眼にもテンペニーの眼にも、そして驚くべき事にあのグスタボ隊長の眼にも涙が浮かんでいる。
そこかしこで手を取り合うタワーの住人とグール達。これにてハッピーエンド、よかったよかった!
DSC09276.JPG
なんてのは、全てタワーとグール住処の不毛な往復に疲れ果てたオレの妄想だ。
結論から言って説得は失敗した。それどころかグスタボ隊長からは「くだらねえこと言ってないで、とっととあのグールどもを始末してこい!」と叱責される有様だ。
グールの住処を再訪しても、やっぱり無理だったと切り出せるはずもなく、業を煮やしたロイ・フィリップスからは「もうあそこの住人を皆殺しにして奪うから、お前はタワー潜入の手引きをしろ」などと、新しくもこれまた血生臭い提案を出される有様だ。
両方にいい顔して両方の頼みを安請け合いしてタワーとグール住処の往復。これを何度繰り返そうと、事態は何一つ進展しやしない。
なんでオレ、こんなに赤の他人のために汗を流さなければならないんだろう。
もう一度原点に立ち返ってみよう。オレがタワーの住人になる事、それが核心の話だった筈だ。
しかしオレはゲームの中でも所詮は小善人。悪逆非道な手段など執れるわけもないのは自分でも分かっている。
歩むべきは正しい道だ。しかし、この場合の正しい道とは、果たしてどんな手段を指すのであろうか。……それは死人が少ない方の道だ!
DSC09277.JPG
そして人々が寝静まる真夜中、オレは火炎放射器を背負ってグール達の寝室の前に立っていた。
度重なる来訪で連中はオレのことをすっかり信用しきっているのであろう。無防備な寝姿を晒している。
良心の呵責は自分を無感動、無感情に追い込めば克服できる。オレは火炎放射器のレバーに指をかけた。
ここで下卑た笑いと共に「♪ ぐろーりーぐろりーはれるーやー」などと歌いながら火炎放射器をぶっ放せるようなら、オレも立派なウエイストランドの悪党になれるのだろう。
しかし、おのれを無感情に追い込んだオレは、仮面のような表情で抑揚もつけずに「♪ 燃えろ燃えろ燃えろ 世紀末と共に 灰に灰に灰になっちまえ」と、The Star Clubの"Pyromaniac"を小声で口ずさむのが関の山だった。
グール達をこんがりローストに焼いた後、オレはその足でテンペニータワーに向かった。
オレは正しい道を歩いた。これが最良の手段だった。これだけが、このウエイストランドで、たった一つの冴えたやり方だったのだ。後は事の始末をグスタボに報告して、テンペニータワーの住民に加えて貰うだけだ。
点けっぱなしのギャラクシーニュースラジオから、スリードッグがオレを悪し様に罵る声が聞こえてきた。
「情報早すぎだよ」。そう呟いてオレはラジオの電源をそっと切った。
夜の帳の中、テンペニータワーの灯火だけが、オレを暖かく包んでいた。

この記事に含まれるtag : FallOut 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-910.html

2009/01/10 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Fallout 3】テンペニータワーの炎

   ↑  2009/01/12 (月)  カテゴリー: XBOX 360
DSC09264.JPG
「報酬が欲しいんだな? それだけの仕事はしたよな」
うん、オレはそれだけの事をした。なにせこの手を汚して全てのカタをつけたんだ。ここに管理人よろしくふんぞり返っているてめえが、一生かかってもできないような仕事をな。
「うん、分かってる、分かってる。はい、報酬の500キャップ」
……なんかそれって違ってないか? オレが期待したのは、あんたがデスクの引き出しからここのスイートルームの鍵を出して、「家賃の必要はないぜ」ってそれを渡してくれる事だったんだけどな。え、そんな話をした覚えはない?……言われてみれば確かにそうかもしれない。
だけどな、こういうもんは、引き替えに家が貰えたりするんだって相場が決まってるんじゃないのか?だって空き部屋があるんだし、言わばオレはこのタワーの恩人だろ?
もういい、お前じゃ話にならん。テンペニーさんに直接話をつけてくる。
DSC09443.JPG
しかし、最上階のバルコニーに佇むテンペニーとの直談判も、さっぱり埒があかなかった。
「このタワーの由来は?」「住み心地は?」などと、オレがこのタワーに住みたい事をそれとなく遠回しにほのめかしているのに、このジジイはその質問を真に受けて答えるばかりだ。
いや、もしかしたら、このジジイはオレの真意をとうに気付いているのかもしれない。それを承知ではぐらかしているのかもしれない。このジジイの態度は、体の良い拒絶に他ならないのではないか。
そうなるとテンペニーの高慢な瞳が、言葉に代わって色々な事を語りかけてくるような気になってくる。
「君のような三流私立文系が、このタワーに住めると思っているのかね?」
「その低収入でここに住む気かね? 冗談も休み休み言いたまえ」
「ロッテファンの分際でここの住人になりたいだと? 悪いが私はセントラル以外はプロ野球と認めてないんだ」
「黒のスリムジーンズにラバーソウルシューズなんてベタベタな格好をしらふでしていた君がここに住みたいなんてねえ。なかなか楽しいジョークじゃないか」
「この前、UWFの横浜アリーナ大会を観に行ったよ、実に素晴らしい大会だった。ところで君は何を観に行ったのかね? パイオニア戦志の旗揚げ興行? ふん、君にはお似合いじゃないか」
うるさい、うるさい、黙れ、黙れ、黙れ。貴様みたいな高慢ちきな野郎に、プロレスを観に行ったら延々と素人の腕相撲大会を見せられるハメになったオレの気持ちが分かるか。
エスクレメントォォ! オレの中でぷちんと何かが切れた。
DSC09446.JPG
テンペニーの痩せ細った体をバルコニーから放り投げて地面にキスさせたオレは、火炎放射器を背負い直し、ロビーに居るグスタボの元に向かった。
「なんだなんだ、貴様のその格好は、ゴーストバスターズか? 今度はこのタワーの幽霊退治でも請け負ったのか?」
グスタボのその一言が、フルフェイスヘルメットにプロテクターで「狂い咲きサンダーロード」のジンさんを気取ってたオレの怒りの炎に、さらに灯油を注ぎ込む形となった。
元々が"いつか殺す奴リスト"の上位に名を連ねていたグスタボを火達磨にすると、騒ぎを聞きつけてセキュリティたちが集まってきた。
「ロイ・フィリップスの無念を思い知れえ!」
そう叫びながらオレは火炎放射器のノズルをセキュリティたちにも向けた。
そして、ロイの名前を出して自分を正当化しているおのれの卑怯さに気付いたオレはさらに逆上し、タワーの部屋を隅から隅まで巡って住民という住民を紅蓮の炎に包んで回ったのだった。
♪ 世間があまりに寒いから 今日もどこかで火事がある
        <アナーキー - 中毒(アルバム"PARADOX"所収)>

この記事に含まれるtag : FallOut 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-908.html

2009/01/12 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【SIMPLE2000シリーズ Vol.112 THE逃走ハイウェイ2 ROAD WARRIOR 2050】

   ↑  2009/01/13 (火)  カテゴリー: PS2
THE逃走ハイウェイ2.jpg
西暦20XX年、世界を包んだ核の業火は、アメリカ合衆国を人を食らうミュータントやレイダーが闊歩する荒れ果てた大地に変えた。
そしてその核戦争の余波は、この日本にもきっちりと訪れていた。とは言え、アメリカに比べると、その被害は若干軽く済んだ模様だ。
少なくともこの日本では、内燃機関の乗り物が多数残存している。そして、それらが走るために作られた高速道路も、とりあえず原形をとどめて機能しているのだ。
しかし、その東名高速を支配するのは、荒廃した世界で水を得た魚のように暴れ回る暴走集団。
そんな無法の楽園と化した東名高速を、一人の男がひた走る。彼の懐には、病魔に冒された恋人の命を救う特効薬のアンプル。
恋人の余命はわずか4時間。その限られた時間内に、東京~名古屋間の道を走破しなければならないのだ。
男の名は大河原源志郎。悪徳代議士っぽい名前だが、その実態は単なるマックス・ロカタンスキーの物真似野郎だ。
DSC09099.JPG
車を乗り継ぎながら東名高速の東京~名古屋間をひたすら走破するだけの潔い内容が話題となったTHE 逃走ハイウェイ。
その主人公だった大河原源九郎の息子だか孫だか親類縁者だかを新たに主人公に据え、50年後の東名高速に時代を移したのが、このTHE 逃走ハイウェイ2。
ぶっちゃけTHE 逃走ハイウェイが、続編を望まれるような面白い作品だったかというと全くそんな事はなく、むしろ面白い部分を探すのが一苦労な出来映えであっただけに、人々がこのTHE 逃走ハイウェイ2にかけた期待値も相当低かったのだけど、そんな低いハードルでさえ下から潜ろうとする前作を下回る完成度に思わず脱力。
前作は「悪い、借りるぞ!」等のフランクな一言と共に遂行される”高速上グランドセフトオート”の繰り返しが、曲がりなりにもメリハリとして存在していたのですが、自車が固定された本作に於いては、そんなささやかなメリハリすらも存在せず、残るのはアイテムをぞんざいに拾いつつの東京~名古屋間の緊張感の欠片もないだらだらとしたドライブのみ。
DSC09369.JPG
いや、本作には、前作の交通機動隊どころではない、凶悪な終末世界暴走族どもが大挙して登場してくるんじゃないですかって?
残念ながらあいつらは、こちらが何もせずとも、勝手に自損事故や味方同士の衝突事故でどんどん自滅するだけの存在なので、放っておいても全く害のない連中なのだ。
『マッドマックス2』からそのままかっぱらってきたようなデザインの車たちが正面衝突を繰り返す情景は、なんとなくヒューマンガス様とウェズの最後を思わせなくもないが、でも少なくともウェズたちには正面衝突に至るまでの過程(まぁあれはヒューマンガス様の後先考えない行動が最大の原因だったが)があったわけで、それをかっ飛ばされて闇雲に味方同士の衝突事故を繰り返されると、「こいつら、もしかしてただの馬鹿?」という感想しか生まれてこないのだが。
DSC09103.JPG
そんな馬鹿丸出しの自損事故の繰り返しを眺めながらの気の乗らないドライブと、アホみたいに多い体力とワンパターンの行動という、うんざりするような構成のボス敵との戦闘を強いられると、なんで見ず知らずの一枚絵の”恋人”とやらのために、こんなしんどい思いを4時間も続けなければならないのかと、不条理な気分になってきます。
もう名古屋に行くのは諦めて、どっかのパーキングエリアで飯でも食って帰ろうという結論に至ったオイラを、誰が責められるでしょうか。
折良く日本平のパーキングエリアが近づいてきました。こんな半壊した東名高速でも駿河亭は営業しているのでしょうか。
もしやっている様なら、是非とも紅白丼を食っていきたいのですが。
それとこの懐のアンプルだけど、PAのゴミ箱に捨てていっても何の問題もないよね?え、家庭ゴミは持ち帰れ?そうすか、すいません。

この記事に含まれるtag : D3パブリッシャー 武装カー 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-907.html

2009/01/13 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Private Dancer】バーチャルポールダンス鑑賞

   ↑  2009/01/14 (水)  カテゴリー: PCゲーム
private dancer.jpg
ポールダンスは、今やエクササイズとしても注目され、世界大会までも開催されている立派なダンスの一ジャンルとなっているのだが、やはり我々野郎どもの常識からすると”チップを握り締めて鑑賞するもの”に他ならない。
それが証拠に、今後いかにポールダンスがダンスとして市民権を得たとしても、少なくともオレはポールダンスをやろうとはしないだろうし、また男のポールダンスなど金を貰っても観たくはない。
いや、でも金を貰えるなら観るかもしれないな。「ダンスを鑑賞するだけの簡単な仕事です。ただし秘密を厳守出来る方」。そんな求人に釣られてみたら、肌も露わなコスチュームを着た奥田碩のポールダンスを半日以上も延々と見せられた。そんなシチュエーションだと、果たしていくらくらい貰えたら割に合うんだろう。ましてや、側近から千円札を渡されて、「これを会長の衣装の隙間に挟んできなさい。」と強制されたとしたら……。
そんな想像をしてるだけで気分が悪くなってくるが、まぁとにかくポールダンスというものは、お姉ちゃんが踊るに限るわけだ。
DSC09410.JPG
現実にポールダンスを鑑賞するためには、入場料とチップが必要となってくるのだが、しかし、この『Private Dancer』のバーチャル空間なら、懐の心配をする必要は一切無い。
必要なのは忍耐。ちょっぴりイカサマっくさいポーカーやブラックジャックを勝ち抜いて目標額をクリアすれば、バーチャルポールダンサーたちは晴れてその衣装を一枚脱いでくれる。
さらにもう一枚脱がすには?頑張って新たな目標額をクリアしてくれ。そして最後の目標額をクリアできれば、そのダンサーは完全にアンロックされる。
そうなれば、もう登場からすっぽんぽんまでの一連のダンスを、思う存分好きなだけ鑑賞できる。
カメラアングルの操作やスローモーションのオンオフも自由自在だ。
DSC09456.JPG
「それってぶっちゃけ、脱衣麻雀や3DOあたりのしょぼいアダルトゲームと一緒なんじゃないですか?」なんてもっともな疑念の声も聞こえてきそうだけど、しかしこの『Private Dancer』は、そこら辺の安易に作られたお手軽アダルトゲームとは、少しばかり志が違う。
このゲームは、スペアミント・ライノ・ジェントルマンズクラブという、その筋では有名なストリップクラブと提携して、そこのトップダンサーたちのモーションを執拗なまでに再現しているのだ。
滑らかに、これっぽっちも澱みなく流麗に踊るバーチャルダンサーたち。モーションキャプチャーの対象となった実在ダンサーたちのダンスのレベルが相当高いだけに、それを高い技術力で再現したバーチャルポールダンスは、圧巻でなかなか見応えがある。なんとなく、技術力の無駄遣いという気がしないでもないけれど……。
DSC09478.JPG
D.O.A.やイリュージョン製アダルトゲームの3Dキャラは、どうもそのルックスやボディ造形に嘘臭さが漂っていて、オレなんかはどうしても萎えてしまうのだけれど、その点このバーチャルポールダンサーたちは、ルックスもプロポーションも、いかにもそれらしく製作されている。
まぁルックスに関しては、少しばかり現実感出し過ぎのような気もするが。特に川崎カイヤそっくりの某嬢なんかは……。
そんなバーチャルポールダンサーたちは、国籍も豊かな全21名。ボンデージスーツ、カウガール、婦警、ミリタリールックなどなど(アフロのブラウンシュガーも居るよ!)、あらゆる男どものニーズにお応えした衣装で貴男をお待ちしています。
これでダンサーたちに、マウス操作でチップを挟む事ができたら、さらに完璧だったんだけどなぁ。
それにしても、このパッケージのエリック・ビショフ似の男のにやけ顔は、実に見事だ。

<Windows海外版/2002年作品>

この記事に含まれるtag : おとなの時間 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-905.html

2009/01/14 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |