FC2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

このページの記事目次 (カテゴリー: セガサターン

total 18 pages  次のページ →  

【サウンドノベル 街 -machi-】渋谷のモニュメント

   ↑  2019/01/11 (金)  カテゴリー: セガサターン
190111007.jpg
渋谷駅の南口から首都高を越えて山手線沿いに南に下った桜丘。
再開発プロジェクトで大きく変貌した渋谷にあって昔からの街並みを残す場所であったが、やはりここにも再開発の手は及び、昨年あたりから店舗が次々と立ち退き、少しずつゴーストタウン化していた。
そしてついに道路も封鎖され、あとは一帯の取り壊し~長い長い工事期間を待つばかりだ。
街は生きものだ。その姿は否応なしに変わってゆく。
ましてや渋谷のような人々の思惑に大きく振り回されるような土地ならば、その変貌もドラスティックだ。
190111002.jpg
こう見えても浮かれた学生時代を送っていたオレにとって渋谷は色々な思い出が詰まっている街だが、それ以外にも90年代の終わり頃に、ある8人の運命の糸を結んだりほつれを解いたりと悪戦苦闘させられた舞台でもある。
『サウンドノベル 街 -machi-』。『弟切草』『かまいたちの夜』に続いてチュンソフトが放ったサウンドノベルの第三弾だが、オレの中では前二作を遥かに超えた別格の存在だ。
このゲームのメインシナリオライターを務めた長坂秀佳氏のインタビューで、渋谷のスクランブル交差点に発想を得たなんてことが述べられていた覚えがある。
四方八方それぞれの方向に歩を進め、肩を接触せんばかりにすれ違っていく無数の人々。
それは人々がそれぞれの生活や人生を抱えて思い思いに生きていく都市生活の凝縮した姿だ。
190111005.jpg
こんな事情を持ったやつにあんな事情を抱え込んだやつ。
いつもだったら街なかですれ違って終わりの二人に接点を持たせたら、果たして双方の運命はどのように変転するのだろうか。
ただ読み勧めて選択肢に行き当たるストーリー主導のADVではない。巨大な街の中をすれ違う無数の運命の管制官となって、ときにはその行く末を整理して導き、ときには冷たく突き放す。
そして合間には8人以外の脇役キャラクターたちのTIPSから、主人公たちに負けじと劣らずドラマチックな彼らの運命を想像する。
そんな人の運命を左右する立場に心底打ち震えた。前月に発売された『グランディア』と並んで、セガサターンの最後の力を振り絞った輝きとなった名作中の名作だ。
190111006.jpg
その『街』もいまや20年前の立派なレトロクラシック。
ただでさえこの数年のうちに大きく様変わりしているのだ。このゲームに残された20年前の渋谷の風景などは、もはや一種の歴史モニュメントみたいなもんである。
このゲームの発端となったスクランブル交差点も、本作の中のそれは肥大化した今のそれに比べたら、幾分ささやかな人の数だ。
大きく変貌した駅周辺やセンター街、道玄坂界隈に対して、昔からの建物も残っている。
細井美子がバイトをしていたタワーレコードは今も健在だ。篠田正志が暇を潰していたマルハンパチンコタワーのように、建物自体は残りながらもテナントが入れ替わってしまった(現在はメガドンキ)ロケーションも多々ある。
190111004.jpg
そして桜丘。
『街』の中では刑事ドラマのロケ隊が訪れるこの地は、現在もほぼその姿を残しているものの、あと一、二年もすれば高層ビルが屹立する、往時をまったく想像することのできない風景に変わってしまうだろう。
もちろん『街』で描かれる渋谷は90年代のあの地にあった空気をすべて切り取ったものではない。その姿は一面的な視点にものだ。当時の渋谷には一方で毒々しく荒んだカルチャーが狂い咲いていた。
それでも『街』がモニュメント足り得ているのは、その名の通り、キャラクターやシナリオを母艦のように包み込んだ渋谷の街そのものが、このゲームの真の主役である証なのだろう。

この記事に含まれるtag : 実写ゲーム ミステリ 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2801.html

2019/01/11 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【ボディスペシャル264】木内あきらで動画パズル

   ↑  2017/12/19 (火)  カテゴリー: セガサターン
171219007.jpg
電車の週刊誌中吊り広告に木内あきらの名前を見つけ、なんとも言えない感慨にとらわれてしまった。
伝説の番組「ギルガメッシュないと」の三代目アシスタント。同期のグラドルやが結婚や出産で業界からフェードアウトしていった中で、彼女は未だグラビアで現役を張っていたのだった。
90年代のセクシータレントバブルで、プロレスのタイトルに例えるとアジアタッグチャンピオンクラスののポジションをキープしていた木内あきらだが、その一方で彼女はゲーム界においても、いわゆる次世代CD-ROM機のソフトでけっこうな登場回数を誇る、90年代芸能人ゲームの顔でもあった。
171219005.jpg
この『ボディスペシャル264』は、木内あきらに加えて松田千奈と雛形あきこが動画ジグソーパズルの素材として登場するパズルゲーム。
ジグソーパズルの老舗である(株)やのまんからは、やはりサターンで『日灼けの想い出+姫くり』という同趣向のゲームが発売されてたが、こちらはそれのキャストがグレードアップしたバージョン。
2000年代初期まで散発的に登場したイエローキャブゲームの草分けでもある作品だ。
171219006.jpg
動画でうねうねと動くピースを組み合わせ、パズルを完成させて彼女たちの水着姿を拝むことに得も言われぬ楽しみを見出せる、ピュアな人々だけに向けられた純度の高いゲームなので、その対象でない人間が、このゲームについてあれこれ口を出すのは、およそ野暮というものだろう。
かく言うオレもシャトルマウスを手に水着の木内あきらを組み立てるのに心血を注いでは、「こんな素晴らしいゲームをありがとう!」と、やのまんに感謝を捧げていたクチだ。
171219003.jpg
彼女のグラビアが掲載されていたのが、ボケない食事だの、ガンの病院選びだの、老いらくの性生活だのと、オヤジ系週刊誌の終着の浜辺と化しているような週刊現代だったのが(信じられないかもしれないが、90年代でもっともとんがっていた週刊誌であった)、今やサターンや初代プレステあたりの話題も、この籠の中に入らんとしている事実を思い知らされるのだった。

この記事に含まれるtag : タレントゲー 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2718.html

2017/12/19 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【サクラ大戦 花組通信】実写花組第1弾

   ↑  2017/10/29 (日)  カテゴリー: セガサターン
171029006.jpg
例の応援弁士登壇で再びにわかに注目を浴びた横山智佐。
オレは密かにこの人をチバレイと同じ箱に入れていただけに、「ついにこのフェイズに来たか!」と、ちょっぴり盛り上がってしまったのだが、まぁ実際はお友だちにちょっと手を貸した程度のところらしく、そこはやっぱり同属性と言っても原液とカルピスウォーターの差なのだろうか。
しかしこの人のポジティブという言葉とはちょっとベクトルの違う独特のバイタリティには、やはり目が離せない。
171029004.jpg
アイドル的声優(この字面も微妙に当てはまってないところが、この人の独自のポジションを物語っているような)のパイオニアとして、様々な方面に声優が進出する道筋を、その恐れを知らない仕事っぷりで強引に切り拓いてきた横山さん。
そんな横山智佐ワークスの代表作と言えば、やはり『サクラ大戦』の真宮寺さくら。
もっとも声の出演に留まっているうちは、まだよかったのだが、ゲームのヒロインと全く同じ恰好をして、そのヒロインの三次元形態として人前に登場するなると、話は穏やかではなくなってくる。
171029003.jpg
だが彼女の一種独特なバイタリティは、他の人間ならば尻込みしてしまいそうなハードルも、軽々と乗り越える。
「やりましょう!」
力強い一言は、新宿厚生年金会館に於ける"三次元"真宮寺さくらリサイタルとして実現し、やがてその流れは「ええええ! わ、私たちも!?」と動揺する他の花組キャストたちをも巻き込んで、あのキッチュ極まりない「サクラ大戦歌謡ショウ」へと至ったのだ。
171029005.jpg
この『サクラ大戦 花組通信』は、その歌謡ショウ前夜。まだ三次元化のお鉢がよもや自分には回ってこないだろうと、他のメンバーが安心しきっていた頃に発売されたファンディスク。
後に嫌と言うほど乱発される、サクラ大戦スピンアウト製品の第1弾だ。
サターン拡張機器のビデオカードに対応した数少ないソフトの一つでもあり、起動時にビデオカードの装着を確認すると、「良い判断です、隊長」(マリア)、「隊長、なかなかやるじゃねえかよ」(カンナ)などと、こんな高価で役に立たない拡張機器を買ってしまった可哀想なユーザーに、花組のメンバーが形ばかりの慰めを掛けてくれる。
171029002.jpg
ビデオカード装着状態だと、声優インタビューを始めとするゲーム内ムービーの全てが、ビデオCD準拠の画質にグレードアップ。
インタビュー以外でメインとなるのは、サクラ大戦関連の各情報や、ちょっとした寸劇などを新聞形式でまとめたパート。
この新聞は日替わりで内容が変化するという触れ込みだが、実際は些細な部分に変化が見られる程度で、ほとんど代わり映えはない。
広告部分なんかをうっかりクリックしたりすると、金出して買ったソフトの中で、さらに宣伝を長々とされるという罰ゲームを喰らうので注意しよう。

この記事に含まれるtag : 声優 ギャルゲー 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2700.html

2017/10/29 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【湾岸デッドヒート+リアルアレンジ】ムービーカードの恩恵

   ↑  2017/10/26 (木)  カテゴリー: セガサターン
171026007.jpg
この前、数年ぶりにセガサターン本体の内蔵電池を取り替えたときに、ボタン電池ホルダーの奥に妙なデバイスが挿さっていることに気づいた。
なんだこれは?と引っ張り出してみれば、それはビクター製のビデオCDデコーダー。そうか、オレのサターンはこんなパワーアップを施していたんだっけか。
時代の徒花規格ビデオCDをサターンで再生を可能にさせる拡張機器で、セガからムービーカードの名で出ていた製品と、基本的には全く同じものだ。Vサターンとセガサターンの違いみたいなもんだろうか。
171026009.jpg
ビデオCD再生以外にも、ごく一分のサターンソフトがこのデコーダーやムービーカードに対応していた。
当時のサターンのムービー再生にはシネパック圧縮が使われていたのだが、これがダビングにダビングを重ねた裏ビデオ並みに汚い画質。
だが、このビデオCDデコーダーさえ内蔵しておけば、対応ソフトによってはMPEG-1の美麗なムービーを堪能することができるのだ。
プレイステーション、3DO、PC-FXら同世代のライバルと比較して、動画の汚さでは群を抜いていたサターンの弱点をいっきに克服する拡張機器である。
171026006.jpg
だが、この高価なデコーダーやムービーカードは、テム・レイが開発した回路並みに役立たずに終わってしまった。
対応ソフトが全く揃わなかったのが、その理由だ。
そりゃそうだ。サターンユーザーの中で装着率が1%に達しているかも怪しいデコーダーのために、なんでわざわざ異様に容量を食うMPEG-1映像をソフトに乗っけなきゃならないのだ。
そのうちにサターンの動画再生にトゥルーモーションという新しい技術が使われ始め、これがそれなりに美麗な画質だったため、デコーダーやムービーカードは、ますますその存在意義を失ったのであった。
171026001.jpg
結局ムービーカードには、『サクラ大戦・花組通信』や『ルナ・ザ・シルバースターMPEG版』など、わずか数本が対応するだけに留まってしまった。
その中で一番ムービーカードの恩恵を高らかに謳いあげたのが、この『湾岸デッドヒート+リアルアレンジ』であろう。
何せ本作は、前作『湾岸デッドヒート』のコンセプトをほぼそのままに、唯一MPEG-1映像という一点だけを進化させた(つまり他の部分は全く進歩していない)パワーアップバージョンなのだから。
171026004.jpg
公道コースを飛ばし、タイムが悪ければ、横に乗っている(という設定の)女の子が不機嫌になり、タイムが良ければ実写の女の子から、心の籠もっていない褒め言葉を頂戴するという、どっちに転んでもあんまり嬉しくない展開が待っているレースゲーム。
このリアルアレンジ版は、その女の子実写映像がMPEG-1対応になって綺麗になり、そして登場するグラドルも、前作と比べて微妙にグレードアップしている。
本作に登場するグラドルは、川崎愛、松田千奈、木内あきら、中森友香、そして元ミスCDロムロム井上麻美。
171026005.jpg
しかし、せっかくグレードアップした実写ムービーパートが、スタジオの中で展示車のようなぴかぴかの車を背景に、彼女たちが心の全く籠もってないセリフを喋るだけという、臨場感のかけらもない仕上がりに。
映像が美麗になった分、この綺麗なスタジオ、ディーラーから借りてきたぴかぴかの展示車、たった今メイクを終えたばかりの女の子という、いかにも「お仕事、お仕事」な雰囲気が余計に透けて見えてしまっているのだ。
いくらムービーが美しくなろうが、それがゲームパートとの整合性がなければ全く意味がない。それどころか、このリアルアレンジの場合は、綺麗になった分、余計にへっぽこポリゴンで綴られたゲーム部分との乖離が酷くなる、マイナスの効果しか及ぼしていないのだ。
171026002.jpg
そんな訳で隣のシートに腰掛けて微笑む松田千奈や井上麻美に対しても、とてもじゃないが「イカしたクルマにイカした彼女」なんて気分にはなれず、こちらもただ事務的な態度で「お仕事お疲れ様です」などと応対してしまうのであった。
2枚組CD-ROMのもう片割れは、メイクや撮影風景の模様を収めたメイキング映像。
グラドル系が登場するイメージビデオやゲームでは、必ずと言っていいほど付いて回る特典だが、ぶっちゃけそんな舞台裏をだらだらとカメラ回しただけのシロモノ、ありがたいと思ったことは一度たりとてない。
それでもどこも判を押したようにこの手の映像をソフトに乗っけたがるのは、もう撮ったかぎりは使わなきゃ損だと思う貧乏性なのだろうか。

この記事に含まれるtag : レーシング タレントゲー 実写ゲーム 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2699.html

2017/10/26 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【ホーンテッドカジノ】最後のX指定

   ↑  2017/09/28 (木)  カテゴリー: セガサターン
170928008.jpg
90年代中期の次世代CD-ROM機戦争において、ゲリラ的な役割を果たしたセガサターンのX指定。
サターンとプレイステーションの戦いの中で、エロを武器に暴れまわったはいいが、独立愚連隊的立場の故か、そのうち味方からも厄介者扱いされて姿を消した不憫な存在だ。
もっともいくら18才未満お断りのレーティングと言っても、セガの当初の目論見は現在のCEROのZ指定みたいなポジション。
ゲームの表現の幅を拡げるのがその目的であって、「さあ、これでエロいゲームをバンバン出してください!」なんてつもりだったわけではない。
170928003.jpg
しかし現実にこのX指定に群がってきたのは、野球拳にきゃんきゃんバニーにヌードカラオケ。
確かに表現の幅は拡がったが、それにしても極端な一方向に拡がりすぎな面子である。
セガもさすがに「お前らの煩悩を少し甘く見ていたわ!」とばかりに、スタートから1年あまりでX指定は事実上の廃止。代わって18才以上推奨のレーティングが設けられることとなる。
170928004.jpg
そのX指定の最後を飾ったのは、サターンサードパーティきっての問題児ソシエッタ代官山。
実写野球拳に始まりグラドルの着エロバラエティに終わるサターンでのラインナップが、同社の性格を雄弁に物語っているかのようだが、まあつまりそういう会社だ(サターン以降のソシエッタ代官山の軌跡は、さらに混迷を極める)。
セクシーな妖女がディーラーを務める怪しい西洋館カジノ。そこに足を踏み入れるのは色とカネの欲に取り憑かれたプレイヤーだ。
これで酒でも飲みながらプレイすれば、飲む打つ買うのダメ人間がインスタントに完成である。
170928005.jpg
ソシエッタ代官山と言えば、実写にバラエティ風のお手軽ゲームを組み合わせるのが、そのお得意の手法だが、この『ホーンテッドカジノ』では定石を捨てて新機軸にチャレンジしてきた。
洋館の中を主観視点でさまよう3DCGアドベンチャー。もっともその果敢なチャレンジも、一歩移動するたびに長々と読み込みが入る体たらくで、早々と玉砕の様相を見せているが。
170928001.jpg
落とし穴だの暗闇の部屋(誰もが「あー、面倒くせえ!」と脱出を諦めてリセットボタンに手を伸ばすことだろう)など要らんギミックに振り回され、そのたびに入るローディングにプレイ時間を倍くらい水増しさせられながら、やっと辿り着くディーラー妖女の部屋。
勝負はシンプルにポーカー、ブラックジャック、ルーレット、ハイ&ロー。この辺は特筆すべきことはない。
妖女たちは何かあると色っぽい声を響かせてくれるのだが、これを務める声優さんが吉田美保や麻見順子など、いわゆる外画系のベテランたち。ありがたいんだかありがたくないんだかよく分からない。
こういうポイントでヲタの琴線をちっとも鑑みないのも、これまたソシエッタ代官山の流儀だ。
170928007.jpg
ご褒美のエロ絵に関しては、オレは温泉地みやげのヌードイラストを連想しました。それ以上のコメントはありません。
CD-ROM3枚組でありあながら、2枚目、3枚目に進むほど中身は薄くなり、さらにはやっつけ仕事やバグが目立ってゆく。
100%完成して出してもアレな内容を、X指定の廃止に慌てて未完成のままで出した……、なんて勘ぐられてもおかしくないようなデキで、まあこれがフィナーレを飾ったのは、X指定のバタバタっぷりを簡潔に象徴しているのかもしれない。

この記事に含まれるtag : おとなの時間 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2691.html

2017/09/28 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |