ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

このページの記事目次 (カテゴリー: 映画・DVD

total 22 pages  次のページ →  

映画【血の魔術師】

   ↑  2017/05/30 (火)  カテゴリー: 映画・DVD
170530003.jpg
楽天SHOWTIMEに突如降って湧いた血糊と臓物の雨。
昨年大往生を遂げたスプラッター映画の祖、ハーシェル・ゴードン・ルイスの代表作5本と、その足跡を追ったドキュメンタリー「ゴッドファーザー・オブ・ゴア」(監督は「バスケット・ケース」のフランク・ヘネンロッター)が一挙配信開始。
日本でこの血みどろゴア映画のオリジンが最初に注目を浴びたのは、特殊メイクブームやスラッシャー映画の流行などでジャンル自体が一般的に認識されるようになった1980年代中頃だったと思う。

そのジャンルの創造者としてにわかに脚光を浴びたルイスの作品は、当時のマニア系映画雑誌や書籍などに頻繁に取り上げられるようになった。
誌面のカラーページを飾る毒々しく血なまぐさい色に彩られたスチル写真に目を奪われたオレは、当時はかなり高価だったビデオソフトを観る機会を待ち望んだ。
そして友だちの友だちの父親だか、とにかくそんなルートから回ってきたビデオを前にして、そのあっけらかんとして虚仮威しな内容を前に、思わず拍子抜けしたのであった。
170530004.jpg
マニアが撮りマニアが観るジャンル。しかしその偉大なるオリジネイターは、ジャンルやその表現に対する深い情念を持ったマニアでもなければ、世間の神経を逆撫せんとする愉快犯的な気質とも一切無縁だった。
ただ単に商売になるから血と臓物がドバドバ出る映画を撮った。
もし彼が当初の目論見の通りエロ映画でそれなりの成功を収めていたら、ハーシェル・ゴードン・ルイスは凡百のエクスプロイテーション映画屋に留まり、その名が映画史に残ることもなかったであろう。

だが幸いにも(?)エロ映画が不発に終わったルイスは、今度は血糊に目をつけた。
こいつがドバドバ流れる映画を撮ればウケるんじゃないか。そしてそれは思っていた以上の注目を浴びた。
後に脈々と続く因業なジャンル映画、スプラッターホラーの生まれた瞬間だ。

ルイスのスプラッターに対するこだわりは単純明快だ。
若く美しい娘が惨たらしい目に遭う。そんでもって血とモツがいっぱい流れる。そうすりゃとにかくお客にウケる。それ以上の思い入れはまったくない。
そのシンプルな興行師魂は意外なほどカラッとした作風となって反映され、そしてそれは毒々しい色彩の絵面と奇妙な相乗効果を及ぼして、ハーシェル・ゴードン・ルイスでしか生み出せない個性となってスクリーンに現れた。
その頂点が悪趣味映画史に燦然と刻まれる、"カラッとして明るい大虐殺劇"「2000人の狂人」だろう。
170530002.jpg
そんなこだわりのないルイスだから、一度その分野で頂点を極めてしまったら、後はささやかな成功の方程式をなぞるだけになるのも必然であった。
「血の魔術師」はルイスのキャリア最末期の作品。「血の祝祭日」で世の夜の度肝を抜いてから、もう10年近い時が流れている。
その筋ではルイス最末期の力作との評価もあり、マジシャンによる舞台上での公開殺戮という見せ場もそれなりにはあるが、しかしやはり惰性の商売との印象は免れない。

この映画の紹介文で定形となって出て来る"アッと驚くどんでん返し"も、実際に目の当たりにすれば思わずルイス本人を「おい、ちょっと校舎裏にツラ貸せ」と呼び出したくなるだろう。
そんなグダグダな延長戦的末期作も一切合切ひっくるめてこそのハーシェル・ゴードン・ルイス。
"スプラッター映画の父"。後世からの敬意を込めた呼び名や後継者たちからの熱い信奉も、晩年の彼はきっとムズ痒く受け止めていたんじゃないだろうか。

 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2646.html

2017/05/30 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

映画【猛獣大脱走】

   ↑  2015/07/26 (日)  カテゴリー: 映画・DVD
150726004.jpg
ライオンにトラにクマにゾウ。元は野生の動物たちだ。
いったん機嫌を損ねれば、ヤクザを怒らせるよりも洒落にならない事態になるのは必定。
いざとなれば、か弱い人間を簡単に屠ってしまえる恐ろしい生き物たちを、動物園でアイスクリーム片手で呑気に観ていられるのは、そこに檻や塀という間を隔てる物体が存在しているからだ。
舞台はハイテクで管理された動物園。しかしその最先端の安全対策も、「大変だ、電源が落ちたら檻の電子ロックが全部開いちゃった!」なんて想像を絶する理由であっさり水の泡と化す。
かくして外界に放たれるのは汚染された水を飲んで凶暴化してしまった動物軍団。
前菜とばかりに動物園の職員たちを美味しくいただいたあとは、門をぶち破って夜の街へと繰り出すのであった。
150726001.jpg
『カランバ』に『食人族』、モータースポーツドキュメンタリーの皮を被った事故シーン見世物映画『ポールポジション』など、人の好奇心や悪趣味につけこんで狂い咲いていた80年代のイタリア映画。
その源流を辿れば行き着くのは『世界残酷物語』で知られる、かのグァルティエロ・ヤコペッティ。
そしてこの『猛獣大脱走』を監督したフランコ・プロスペリは案の定ヤコペッティ人脈の人間。
編集担当のマリオ・モッラも、やはりヤコペッティ経由で、あの悪名高き『グレートハンティング 地上最後の残酷』を作った張本人たちの片割れだったりする。
150726002.jpg
そんな香ばしい連中のこだわりはガチの生動物。
序盤、カーセックスに勤しむカップルを食い散らすドブネズミの群れに始まり、街を闊歩するゾウにチーター、トラにライオンと、すべてがホンモノ。
生ドブネズミの群れの中で悶絶しなければならない役者も大変だが、そのまま駆除の名目で火炎放射器でガチ焼かれるネズミたちもいい災難である。

夜の街中をゾウやチーターが徘徊する絵ヅラもいい味出しているが、惜しむらくはみんなしつけや調教が行き届いるのか整然と行動するばかりで、狂った動物が暴虐の限りを尽くしている雰囲気とは、およそほど遠かったりする落差だ。
狂える猛獣の役を与えられながらも、持って生まれた性格の素直さがそれを邪魔する動物をフォローするのが、ヤコペッティ映画や『グレートハンティング』で培った匠の編集技術。
実際には動物とじゃれあっているような様子も、彼らの針小棒大なテクニックにかかれば、たちまち残酷シーンの一丁上がりとなる。
150726003.jpg
おとなしい動物を相手に、人間どもは自力で被害を拡大して、なんとかパニック映画の体裁を作ることに必死だ。
チーターの追跡から逃げるクルマは、その勢いで多重事故を引き起こし、滑走路に侵入したゾウにパニクった旅客機は、発電所に突っ込んで街中を大停電に陥れる。
そんなマッチポンプの努力を積み重ねても、狂気のかけらもないきょとんとした眼差しの動物たちの前にはすべてが水の泡。
騒動は一晩かからずに収束の兆しを見せ、DVDパッケージにも使われている怪獣映画もかくやな当時のポスター画を真に受けて劇場に足を運んだ者たちを、スクリーンの前で無表情にさせるのであった。
冒頭の引用句に衝撃のオチ、「社会の歪みは、より純真な生き物たちを狂わせる」なんてもっともらしいテーマを盛り込んでいるが、ここら辺の取り繕いもヤコペッティ以来脈々と続く連中のしょうもない伝統である。



(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2351.html

2015/07/26 | Comment (3) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

映画【DOA/デッド・オア・アライブ】

   ↑  2015/02/27 (金)  カテゴリー: 映画・DVD
150227001.jpg
どこから見ても中華風の宮殿、そこにぬけぬけとかかるテロップは"石狩山脈・日本"。その宮殿の奥に鎮座いたしますは"プリンセスかすみ"ことデヴォン青木。
つかみはOKなイントロダクションを皮切りに展開される86分の荒唐無稽な格闘アクションを目の当たりにしたオレは、「なんてステキな映画だ。ゲームの『DEAD OR ALIVE』をやらないオレでもこんなに楽しいのだから、ゲームのファンの間ではこの映画、もう話題沸騰に違いない!」と、ガラガラの映画館の中で一人興奮していたのだが、もちろんそんなわきゃあなかった。
ゲーム好きとゲームの映画化作品とは、元々相性があんまりよろしくない上に、事前に世に出ていた単なるコスプレ以外の何ものでもないデヴォン青木のかすみ姿が、「これはスルー物件」とのダメ押しを与えていたんだからムリもない。

ゲーマーにはデヴォンかすみでドン引かれ、格闘アクション映画好きにはゲームが元ネタだからと軽く見られた悲運の作品「DOA/デッド・オア・アライブ」。
娘っ子たちがパンチキック振り回す映画だからと白羽の矢を立てられた監督は、古くはシンシア・ラスロックが暴れまわる一連の作品や女アクション映画の隠れ傑作「レディ・ウェポンZERO」、近年では「クローサー」などで、その手の映画での手腕が評価されているコリー・ユン。
殺陣師としても超一流の実績を持つユン先生だ。娘っ子たちを甘やかしはしない。
これにデヴォンを始め、ジェイミー・プレスリー、ホリー・ヴァランス、サラ・カーターら、ちょっと徳俵に足がかかり気味だった女優陣が見事に応えた小気味いいアクション、アクション、アクション。

DOAキャラクターたちとの対戦シーンはもちろんのこと、竹林の間を縫ってのかすみとあやね(ナターシャ・マルテ)の剣戟に、クリスティ(ホリー・ヴァランス)とエレナ(サラ・カーター)のスタイリッシュな雨中ファイト、個人的に一押しなクリスティの石段上対多人数立ち回り、そしてもちろんビーチバレーも。
いずれのアクションシーンも、ユン先生の現場での指導に熟練のカット割りで見応え満点。
とってつけたようなストーリーとか、これが一応は『DEAD OR ALIVE』の映画化作品であることを主張する説明的なシークエンスなどは、すべてこれらのアクションシーンのあってもなくてもどうでもいい繋ぎみたいなもの。
だいたい「中途半端に仲がいい十数人の格闘家たちを、適当な理由つけて大会で闘わせて、その合間にビーチバレーできゃっきゃうふふする」なんて大前提を、まともなお話になんかできるわきゃないだろう。

割を食っているのは主役級5人の娘っ子キャラに対して、刺身のツマみたいな扱いを受けているバイマンやジャン・リー、ゲンフーにレイ・ファンといった連中だが、これも「野郎と貧乳に用はない」という、潔い割り切りと考えれば問題はない。
多少はマシな扱いを受けているのは、ケイン・コスギのリュウ・ハヤブサとケビン・ナッシュのバース(娘とは筏の上という、レスラー同士にとっては難易度の高いシチュエーションで激突)だが、これとて引き立て役であることには変わりない。
150227002.jpg
「格闘ゲームが好きな連中って、格闘アクションも好きなはずだろ?」なんて映画屋の誤った理解と、「そのかすみって娘は日本人だそうだからデヴォン一択」の台所事情が生み出したのは、青い太陽の下で美しい四肢がハードに躍動する快作中の快作。
ちなみにこれの国内DVD初回限定版は、ビキニ姿の娘っ子たちが浮かび出る3Dチェンジング仕様になっていて、その錦糸町のキャバクラを思わせる激安ゴージャスっぷりが、なんともまたこの映画にマッチしていてオレの一生ものの家宝だ。
テクモもこの映画に呼応して、きっと"DEAD OR ALIVE リアルバトル オン フィルム"なんてソフトを作ってるくれるだろうとずっと待っているのだが、そっちの方はまったく音沙汰ない。仕事しろテクモ!



(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2265.html

2015/02/27 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

DVD【千葉麗子と始めるヨーガ】

   ↑  2015/01/15 (木)  カテゴリー: 映画・DVD
150115003.jpg
ゲームアイドルだかゲームソムリエールだかの界隈が、なんかもう犬も喰わないようなごたごたを露呈しましたが、ショックを受けるどころか「そんなこったろうと思った」と呆れ返る人がほとんど。
騒ぎが露見すると同時にもう末期な、スキャンダルや炎上にすら至らない案件として収束してしまいました。
同じ電脳アイドル、ゲームアイドルという忌まわしいフレーズを抱いた者にも、ホンモノとパチモノが存在することを知らしめた一件でしたが、何をもってホンモノ、ニセモノを分けるかと言えば、それはもう自分の口から自分の言葉を発しているか否かに尽きるわけです。
デキの悪い二人羽織だったソムリエールさんに対して、ホンモノの違いを見せつけるのは、元祖電脳アイドルのチバレイこと千葉麗子。
150115001.jpg
アイドル時代から荒ぶる朝生パネラーとしての現在まで、エッセイからインタビュー、熟慮を重ねた言葉から後先考えない衝動発言まで、千葉さんは終始一貫してフィルター抜きで自分の言葉を発してきました。
ゲームに関するコラムにしたって、見え透いた作為などなしにナチュラルにぶっちゃけまくっていた千葉さんのそれは、某ソムリエールのそれとは、もうモノが根本から違います。
電脳アイドル→オーロラ五人娘→社長→ヨーガ→活動家と、チバレイという確たるパーソナリティを軸に、豪快な遍歴を重ねてきた千葉さん。
「請われずとも元々ゲームの話かできなかった」と述懐するゲームアイドルとしての姿も、誰かと違って相当にガチなものでしたが、やはりいちばん重きをなすのはヨーガインストラクターとしてのキャリアです。
それは天下のNHKにおいてヨーガ講座のメインインストラクターを務めるほど。
「千葉麗子と始めるヨーガ」は、そのEテレNHKで放映された番組をまとめたDVDです。おい、誰だ、そこで「どうして千葉さんといっしょに始めなきゃいけないんですか……」とかグズグズ言ってる奴は!
150115002.jpg
なにせ元が5分枠の番組ですからテンポも軽快。1つのポーズごとにわずか5分の尺しかありませんから、千葉先生のレクチャーも余計な含蓄なしにてきぱきと実にスピーディー。
チャプターを繰り返して、千葉先生のポーズを何度もトレースしていれば、次第に宇宙、しまいには千葉先生と一体になってるような気になってくるではありませんか。なんと光栄なことでしょう。
全部で14チャプター、総時間80分の講座を経れば、あなたも立派なヨーガ初級認定。しかもその師はあの千葉さんです。
「オレはチバレイの弟子」なんてセリフをさらっとはけるためにも、この「千葉麗子と始めるヨーガ」には真摯な気持ちで真面目に取り組みたいものです。
そうすれば「毎日のヨーガの積み重ねで、身体だけではなく、心のバランスもよくなってきますよ(ニコッ)」という先生のお言葉も、深い含蓄をもって頭のなかに染みこんでくることでしょう。



この記事に含まれるtag : フィットネス 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2237.html

2015/01/15 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

DVD【全裸BOOT CAMP】とビデオ【全裸エアロビクス】

   ↑  2014/11/10 (月)  カテゴリー: 映画・DVD
14111002.jpg
アダルトビデオ界に脈々と続く"全裸もの"と呼ばれるジャンルがある。
セルビデオ勃興期に端を発していて、全裸のお姉ちゃんたちが、ひたすらスポーツや釣りに興じる様子をただ垂れ流す、ある意味ではフェチの極みみたいな企画だ。
創成期のソフトオンデマンドは、ずいぶんとこの"全裸もの"をウリにしていたのだが、一部のニーズにおもねってしまったのか、次第にからみのエッチシーンなどを加味した普通のAVになってしまい、本来の"全裸もの"にあった、あっけらかんとしたバカバカしさは、ほとんど失われてしまった。
それでもピュアな"全裸もの"は、まるでナックルボーラーのように細々と息をつないできたのだが、ゼロ年代の半ばに、その"全裸もの"が久々に息を吹き返すような元ネタが大流行したのだ。そう、ビリーズ・ブートキャンプである。

お姉ちゃんたちを並ばせて揃って運動させる大義名分がたつフィットネスは、元来"全裸もの"と非常に相性がいい。
ましてやビリーズブートキャンプは、安易にパロディ化できる特徴的なスタイルを持っているときてる。
ぶっちゃけ迷彩柄のパンツを履いたおっさんが、「ガンバレ、さあガンバレ」って言ってるだけで、なんとなくビリーズブートキャンプっぽくなってしまうのだから。
チョコボール向井がビリー役を務める「チョコボールブートキャンプ」や、熟女系メーカーマドンナの「マドンナブートキャンプ」、みんな大好きカリビアンコムからも「カリブートキャンプ」など、もう様々なビリーネタビデオが登場したのだが、残念ながらほぼそれらはブートキャンプをイメージテーマにしただけのフツーのAV。

その中にあって唯一の正統派"全裸もの"ブートキャンプと呼べるのが、TMAからリリースされた「全裸BOOT CAMP」。
全裸のお姉ちゃんたちが、ひたすら黙々とフィットネスワークアウトに取り組むだけの、混じりっけのないピュアな全裸作品だ。
「目の前で裸の女性が躍動することで、ダイエットに取り組むモチベーションはアップするのか? メタボな男性に自信を持ってお薦めする作品です」
TMA自らそんなワケの分からないセールストークをかましているが、基本的に全裸という以外は一般のフィットネスビデオとなんら違いがないので、ジリアン・マイケルズやトレーシー・アンダーソンのビデオの代わりに、これを流して自分もフィットネス運動に励むのも充分可能だ。もっとも途中で間違いなくバカバカしくなってくるだろうが。
14111001.jpg
創立間もない頃のソフトオンデマンドは、主に"全裸もの"を基幹商品としていたが、その中の一本である「全裸エアロビクス」は、全裸フィットネス系のクラシックとでも呼びたいようなビデオだ。
ぬるいお姉ちゃんたちがぬるい裸体を晒してぬるいエアロビ運動に終始するだけ。その緩みっぱなしでだらけきった内容は、"全裸もの"の極みと言えるだろう。
特にまるでメイキングビデオと見紛うかのような、演出意図のカケラもない惰性のカメラワークは特徴的で、その何も考えずにただカメラを回しているだけの映像は、まるでぬるま湯のような魔力がある。
こちらも本職のエアロビインストラクターが付き添ってマジメに指導しているので、エアロビ運動用ビデオとして一応使えなくもないが、おそらくこっちにしたって途中で間違いなくバカバカしくなってくることだろう。
<パケ画像修正済み>



この記事に含まれるtag : フィットネス おとなの時間 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2197.html

2014/11/10 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |