ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

このページの記事目次 (カテゴリー: XBOX 360

total 139 pages  次のページ →  

【Tom Clancy's EndWar】コマンドと感情の齟齬

   ↑  2018/11/28 (水)  カテゴリー: XBOX 360
181128007.jpg
UBIが2008年にトム・クランシーブランドのもとに放ったリアルタイムストラテジー『エンドウォー』。
戦闘ヘリ、戦車、輸送車の関係をじゃんけんのような三すくみ構造に設定し、メインユニットをこの3つに絞り込むことで、RTSとしてはかなりシンプルなシステムだ。
こうも簡略化された基本システムを採用したのは、このゲームのメインのウリが、当時としてはまた目新しかったボイスコマンドでの指示に置かれていたから。
マウスやパッドでいちいち煩わしく目標を指定せずとも、マイクで臨機応変に指示を与えられるという触れ込みだ。
まずは精度が高いと評判の音声指示機能を学ぶボイスコマンドトレーナーから。右トリガーを引きながら、指定されたコマンドをゆっくりと読み上げる。
181128004.jpg
「部隊一、移動、アルファ」
<聞き取れません。もう一度>
「部隊一、移動、アルファ!」
<もう一度>
「ぶ・た・い・い・ち、い・ど・う、あ・る・ふぁっつってんだろうが! 人の言うことちゃんと聞けやぁ!」
<もう一度>
「貴様なぁ。………ひょっとして一(いち)じゃなくて部隊1(ワン)、移動、アルファじゃないと受け付けてくれないんでしょうか?」
<部隊1、了解しました>
「……オペレーションのシステムナレーターは部隊いち、部隊に、部隊さんって読み上げてるのに、なんでプレイヤーの方はダメなんだかなぁ」
181128002.jpg
精度は高いながらもいまいち痒いところに手が届かない日本語によるボイスコマンドシステムにちょっとやきもきしながら、ヘッドセットを駆使した米欧露三すくみの近未来に突入。
そこで露わになるのは、一見便利そうながらも、これまたやはり痒いところに手が届かないボイスコマンドのもどかしさなのであった。
「部隊1、攻撃、エネミー1」「グループ1、移動、フォックス」「部隊3、後退」「部隊2、占領、デルタ」
抑揚をつけず常に冷静にこのように音声指示をできれば、確かに合理的な部隊運用が可能かもしれない。
しかしRTSには不測の事態や思いもよらぬ展開が常に起こりがちなものだ。
そんななときにマウスやパッドによる操作ならまだしも、自分の声という非常にエモーショナルな手段を使うとどうなるか。
181128003.jpg
「部隊3、後退」や「部隊2、移動、ブラボー」なんて機械的な言葉が、そんな時に普通に出てくるだろうか?
「おいおいおい、危ない危ない、下がれ下がれ下がれっちゅうに!」「手の空いてる奴、あの戦車助けに行け、早く! おい、そこで油売ってるヘリ、聞こえてんのか!」
オレの口をついて出てくる言葉はこんなんばっかりだ。
そして当然の如くこれらの命令はさっぱり受け付けて貰えず、自軍の被害はさらに拡大していく一方なのである。
181128005.jpg
マウスやコントローラーで指示を与えるのは思えば実に合理的な手段だ。そこには言外に含めた思惑や感情などというものは存在しない。
しかしそれが音声だとどうなるか。会話でものを伝えるという極めて人間的なコミュニケーション手段を使うとどうなるか。
会話による伝達が成立してしまう限り、こちらはついつい相手も"意志や感情を持った融通のきく存在"と錯覚してしまいがちだ。
だがこのエンドウォーの部隊たちは徹底して非人間的な文字通り駒のような存在。そのあまりにも機能に徹した姿は、こちらの思い入れを一切はじき飛ばす冷徹さに満ちている。
そんな相手に言葉というエモーショナルな手段で指示を与えることの虚しさときたら。
181128006.jpg
「きもち頑張れ」「無理すんな」「根性で耐えろ」「やばいと思ったら逃げろ」「大和魂でどうにかしろ」
せめてこんな指示が与えられたら、どんなに気が休まることか。
マウスやコントローラー入力の単なる代用品となったボイスコマンドで、事務的な言葉をただひたすら反復する行為にちょっぴり気疲れしながら、当時のオレはファジーなコミュニケーションが成立するボイスコマンドゲームが登場する近いんだか遠いんだかわからない未来を、ぼんやりと夢見ていたのであった。

<Xbox One互換対応ソフト>

この記事に含まれるtag : ストラテジー ONE互換 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2794.html

2018/11/28 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Just Cause】ビバ・レボリューション

   ↑  2018/11/22 (木)  カテゴリー: XBOX 360
181122007.jpg
よう、オレはリコ・ロドリゲス。CIAのエージェントにして『Just Cause』シリーズの通しの主人公だ。
タキシードで気取ったイギリス野郎のせいで、スパイといえばマティーニを優雅にあおったり、出会ったばかりの女をいきなりベッドに誘うのが仕事のように思われがちだが、それは大きな誤解だ。
スパイの仕事ってのは、とにかく迷惑を振りまくことに集約される。
どっかでアメリカの意にそぐわない国があれば、乗り込んでそこの厄介者を支援する。
反政府ゲリラでも極右でもマフィアでも、なんだったら酔っぱらいの集団だって構わない。
とにかくそんなイカれた跳ねっ返りどもを適当に焚き付けて、ついでにちょっと手を貸して、その国がアメリカの介入なしじゃ立ち行かないほどの混乱に陥れる。
181122003.jpg
まぁしっちゃかめっちゃかにするまでがオレのビジネスだな。
後のことはワシントンでふんぞり返っている奴らの領分だ。地元の人間がどれだけ迷惑を被ろうがオレの知ったこっちゃねえ。
こう見えてもけっこう忙しい身でな。もうすぐ4度目の大きな任務が南米のソリスって国で控えてるんだが、それに合わせてだかは知らないが、オレの記念すべき最初の仕事がXbox Oneに互換対応した。
あれも10年以上前の出来事になるのか。ちょとした回顧録みたいになるが、まぁ少しばかりあのときの話に付きあってくれ。
181122008.jpg
当時の世界情勢についてまず少し説明しておこうか。
俗にオープンワールドって呼ばれるジャンルがそれなりに一般化してきて、どこの国もマップの広さを競うのが時流となっていた。
そんな時代にお前行って来いと言い渡されたのがサン・エスペリートって国だ。
南米にあるささやかな群島国家だが、それでも一つの国だ。マップの広さはどのくらいあっただろ? 確か東京ドーム2万個分とか吹いていたんじゃなかったっけな。
そりゃその頃はマップが広ければ広いほど有難がれる風潮はあったけどよ、さすがにそれは広すぎんじゃないかと思ったよ。
なんせ東京ドームを単位に持ち出されるとな。ほら、オレっていつも三塁側4階席から一塁側にある札幌蟹工船に弁当買いに行くだけでへとへとになってるからよ。それの2万倍だぜ!?
181122005.jpg
そんなわけで恐る恐る向かったサン・エスペリートだけどよ、スパイの入国常套手段で空からスカイダイビングで訪れてみると、やっぱり目の前に広がる青い海と綺麗なビーチ、一面の青空ってのは気持ちいいもんだな。
なんせそれまでのオープンワールドゲームって、薄汚えダウンタウンとかそんなんばっかだったじゃん?
風光明媚はいいけれど、問題はこのだだっ広い国を巡る移動手段。だけどそれもまあすぐに解決されたよ。
グラップリングフック。そこらを走るクルマにこいつを引っ掛けてパラシュートを開けば、いつでもどこでも自由な空の旅が楽しめる。面倒くさい山や谷もあっという間にショートカットだ。
CIAはいつもドブにカネを捨てるように予算を消費しているけど、まぁこの開発費だけは元を取ってんじゃねえか?
181122009.jpg
それにいざとなりゃヘリコプターだってある。
この国の警察はちょっとクルマを擦ったくらいで武装ヘリ持ち出して地上にロケットランチャー乱射するくらい短気な連中だが、まあこれは見方を変えればいつでもどこでもオレにヘリをデリバリーしてくれるようなもんだ。
グラップリングフックでヘリに飛び移って、パイロットさんはちょっと外に出てもらっって、ヘリごっちゃんです! ああ楽ちん。
そりゃ時にはヘリが撃墜されて迎えも来られないようなとんでもない山奥をさまよう羽目になったことも何度かあったが、それも今となっては楽しい思い出だ。
181122006.jpg
まあ色々あるけど、なんつってもゲーム全体を貫くおおらかなラテン気質っての?
ミッションはどれもざっくりしてるし、ビークルやNPCの挙動やAIも当時としてもかなり大雑把だったんだけど、それが人がころころ巻き添えくって死にまくるCIAの蛮行を、コントみたいにうまく中和してくれてさ、オレも味方の反政府ゲリラや一般市民を巻き込むことをちっとも厭わなくなったぜ。どうせこの国に長居するわけじゃねえし。
181122004.jpg
この良くも悪くもおおらかな部分ってのは、やっぱりこのサン・エスペリートが頂点で、以後のシリーズは完成度の充実と引き換えにそれがどんどん減退しているような気もすんだよな。まあ時代性もあるんだろうけど。
そんなこんなで今となっては懐かしい南米の小国。だけどオレはこの小さいけどだだっ広い国をざっくばらんに巡って、虱潰しに何かをするのがサイコーに楽しかったぜ。
じゃ、またどっかの因業な国で会おうな!
<Xbox One互換対応タイトル>

*関連記事
【Just Cause 2】傍迷惑なストレンジャー
【Just Cause 3】世界一迷惑な里帰り

この記事に含まれるtag : ONE互換 オープンワールド 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2793.html

2018/11/22 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Crysis 3】ナノスーツと大風呂敷

   ↑  2018/11/07 (水)  カテゴリー: XBOX 360
181107006.jpg
「『Crysis』『Crysis 2』からさらに時は経ち、世界はもっとのっぴきならないことになっていた」
オープニングムービーで語られる"これまでのクライシス"をざっくり説明すると、こんな感じになる。
ごめん、だってただでさえ一作ごとに飛躍しまくる含みの多い設定のうえに、シリーズ作の発売間隔も7年越しになっちゃってんだから、もうホント分かんねえって。
181107002.jpg
だいたい話の核を噛み砕いて説明するべき立場にあるシリーズのキーマン、プロフェット(一作目ではリャンシャン島に潜入した特殊部隊ラプターチームの隊長、二作目では主人公のアルカトラズに無理やりスーツを着せて自分はとっとと退場した無責任野郎)が、やたらと秘密の多い男だから、こっちはもうもやもやを持て余してストーリーとかどうでもよくなっちゃんてんだよ!
とにかくスゴい能力を秘めた戦闘スーツの物語。それを着ている当人を操作するプレイヤーも、その時には便利、時には厄介な能力に振り回される。そういうお話だ。
181107003.jpg
ダイジェストに続くムービーは、民間軍事企業CELLの艦船に突入する特殊部隊の姿。
それを率いるのは……、外伝『Crysis Warhed』以来の登場となるサージェント・マイク・サイクス、通称サイコ。シリーズの準皆勤キャラクター。
彼らのお目当てはCELLに奪われた例のナノスーツとその中身。中の人はというと……、
「よっ、プロフェット」
これまでシリーズの脇役として、勿体ぶった態度や隠し事だらけの行動で歴代主人公やプレイヤーまでをも疑心暗鬼にさせていたプロフェットが、満を持してこのシリーズ最終作の主人公。
だったらこいつを端っから主人公にしておけ!
181107004.jpg
SFシューターサーガとして同じような立ち位置にある『HALO』は、マスターチーフという一貫した主人公がいたから、作品の発売スパンが開いてもまだ一貫性があったが、こちらは一作ごとに主人公入れ替えアンド過去作の主人公使い捨て。プレイヤーだって当然置いてきぼり気味だ。
だったら錯綜するストーリーはとりあえず脇に置いておいて、本シリーズの真の主人公たるナノスーツの並外れた能力を堪能しようとするも、こちらも煩雑でおせっかいな機能がムダについた国産家電化がさらに進行。
バイザーモードは遠くにある敵やアイテムの識別や、地雷原やタレットなどのハッキングを可能にする便利機能。
もっともハッキングは有効に使える局面が限られイライラさせられるばかりだし、アイテムを識別しても拾うためにはいちいちバイザーモードをオフにしなければなんないけどな。
誰かこのスーツ、スティーブ・ジョブスに再デザインさせろ!
181107005.jpg
前作でニューヨーク(のみならず世界)が崩壊し、今回の舞台となるのはその廃墟ニューヨークが樹々に侵食されたロケーション。
しかしその魅力ある舞台もわずかな登場に終わり、中盤以降のステージは特徴のない魅力に欠けるものばかり。
広げた大風呂敷を強引に畳みにいったことも災いして、中庸なSFシューター化がより一層増してしまったクライシスサーガの最終作。
サイコをなんとかストーリーに再回収してCryTekとしてはなんとかお話にケリをつけたつもりだろうが、こちらは使い捨てにされた挙げ句、とうとうその名すら語られなくなった1作めの主人公ノーマッドの消息が気になって、もやもやするばかりなのであった。

<Xbox One互換対応タイトル>

この記事に含まれるtag : FPS ONE互換 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2790.html

2018/11/07 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Crysis 2】コンクリートジャングルの捕食者

   ↑  2018/11/03 (土)  カテゴリー: XBOX 360
181103006.jpg
密林のプレデターから大都会のプレデターへ。
前作『Crysis』の舞台だったリンシャン島は、設定によると沖縄辺りにある島だったらしいが、そこから巻き起こったエイリアン騒ぎは、もはや全世界を呑み込んだ。
そして舞台は、いつの間にかニューヨークへ。
木々が生い茂るジャングルは、瓦礫だらけのビル群に。白い砂浜と美しい珊瑚礁のビーチは、感染者たちが蠢く下水道に。
コンクリートジャングルに潜むプレデター気分を演出してくれる相棒は、前作からCryENGINEと共にバージョンアップした新ナノスーツ。
しかしストーリー進行の都合上、頻繁に「システム再起動」を繰り返す新ナノスーツに、「このスーツのOSはWindowsMeかよ!」なんて愚痴も、ついつい飛び出してきちゃうのであった。
181103002.jpg
そもそもこのナノスーツ、本作の主人公アルカトラズにとっては、何も好きこのんで着たわけじゃない。
前作では意味不明な存在だった、"クライシス サーガの鍵を握ってるっぽい男"プロフェットに無理矢理着させられただけだ。
着てるだけで回りからは不気味がられるし、それだけならまだしも民間軍事企業には親の仇みたいに追い回されるし(人違いだって! オレはそのプロフェットって野郎じゃねえ!)、挙げ句の果てには「この人、歩く死人みたいなものです。スーツの力で生かされているだけです」などと、終末医療患者のように言われてるし。
じゃあ何ですか? このスーツを脱ぐと死んじゃうってことですか? それってまるで「メタルマン」じゃねえか!?
181103005.jpg
だけどプレイヤーの立場にしてみれば、このナノスーツは便利で高機能なアイテム。肉襦袢みたいなイケてない外見も我慢できるというものだ。
しかもこの最新版には、戦術オプション表示を始めとして、余計なお世話に近いような新機能もてんこ盛り。
なんか日本の家電メーカーが作る製品みたいだな。そのうち「あと5回引き金を絞るとリロードが必要となります」なんて音声アナウンスとか搭載されそうだ。
ナノスーツの機能をフルに活用して、神出鬼没の立ち回りを構築するのは相変わらず楽しいんだけど、その一方で『Crysis 2』は、前作に色濃く残されていた初代『Farcry』的なテイストが大幅に減退しちゃっている。
181103004.jpg
それは単に舞台が南の島から大都会に移ったからだけではない。
初代『Farcry』や『Crysis』前半のフィールドが広大な正方形だとしたら、この『2』のそれは縦長の長方形。
プレイヤーに与えられた裁量の範囲が、だいぶ狭まり、レールライド型のゲーム進行に少し歩み寄った構成になっている(この転換は、前作のスピンアウト『Crysis Warhead』からも窺えたが)。
181103007.jpg
Crytekという会社を鮮烈にイメージづけた、そんな『Farcry』らしさの喪失と引き替えに手に入れたのは、目の前で展開するニューヨーク大崩壊のビジュアルを始めとしたシネマティックな展開と、格段にとっつきやすくなったプレイフィール。
良くも悪くも角のないフツーのサイエンスフィクションFPS大作になってしまった、クライシスサーガの第二弾。
その是非は置いといて、いたたまれないのは、急展開するストーリーに存在を顧みられることもない、前作の主人公ノーマッドとサイコの二人なのであった。

<Xbox one互換対応タイトル>

この記事に含まれるtag : FPS ONE互換 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2789.html

2018/11/03 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Crysis】クローク起動

   ↑  2018/10/30 (火)  カテゴリー: XBOX 360
181030006.jpg
「クローク起動」
なんと心強い言葉だろう。この一言と共にオレの身体はたちまち周囲に溶け込み、バッテリーが持つ限り周りからその存在を気づかれることがない。
ガキの頃から常に落ち着きがなく、ホームルームで学級崩壊のA級戦犯に名指しされることが常だったオレにとって、例えゲームの中であろうと、気配を殺したステルス行動は、実にハードルの高い要求だ。
ソリッド・スネークにも、サム・フィッシャーにも、バイオレット・サマーにもなれなかった。
そりゃそうだ。敵が視界に入るや否や、「みんなここで死ぬんだあ!」とわめきちらしながら、全身を豪快にさらけ出すようなオレの性格に基づくプレイスタイルと、これらのキャラクターは根本的に相性が悪い。
181030002.jpg
コソコソと細心の注意をはらって行動できないオレに、エイリアンのテクノロジーを流用したこのナノスーツは、実に頼りになる相棒だ。
「鉛玉をたんと喰らいな、このすっとこどっこいどもがあ!」と、大見得をきった直後に、相手の丁寧なお返しを頂戴して慌てふためくはめになっても、クロークを発動させればすぐに姿をくらますことができる。
ガジェット任せのステルス三昧。大雑把な奴でも簡単にできる隠密行動。実に素晴らしい!
生い茂る木々に身を隠しながら、息を殺してターゲットに接近する。
Crytekのデビュー作、『Farcry』は、ゲームではなかなか表現するのが難しいと思われた、密林でのゲリラ戦を見事に具体化させた作品。
諸般の事情により『FarCry』ブランドはCrytekの手を放れることとなるが、代わりにCrytekは、『FarCry』をさらに洗練させたようなシューターを、全く新しいIPとバージョンアップさせたCryENGINEの下に放ったのであった。
181030005.jpg
『FarCry』では、等身大の隠密行脚を続けていた生身の人間が中盤から超人的パワーを入手し、映画のプレデター顔負けなスニーキング能力の保持者へとアップグレードされていたが、『Crysis』で冒頭から使用可能なこのスーツは、『FarCry』のプレデター級超人能力を最初から手に入れてるようなもの。
クローク機能に加えて耐久力を大幅に底上げさせるパワーアーマーモード。
これらをフルに活かしたヒット&アウェイ戦術の餌食となる北朝鮮兵たちは、神出鬼没なこちらに対し、「出てこい! 臆病者に相応しい死に方を与えてやる!」と精一杯の憎まれ口をたたくが、生憎だけど臆病者ほど長生きするのは、この世の節理なんだよ!
181030003.jpg
そんな驚異的な能力を秘めたナノスーツのバックアップを受けた、前半のポスト『FarCry』的な展開は充実している。
開放感に満ちたステージ。バラエティに富んだ地形。自由度の高いルート選択と戦術。そして何よりも、『FarCry』から格段にグレードアップした圧倒的なビジュアル。
木々をかき分け、枝葉に顔を撫でられ、濡れた砂浜を踏みしめ、絶景の中を血生臭い戦場に変えて敵を蹂躙する。
山岳から美しいビーチまで、ロケーションも豊富だし、装甲車にボート、戦車と、乗り物だってよりどりみどりだ。
181030004.jpg
だが手放した『FarCry』に替わる新しいブランドを確立させようと意気込むCrytekは、残念なことにこの『Crysis』を、以後続くシリーズ作のパイロット版的な位置づけに留めてしまうのだ。
開放感に満ちた前半から一転、話の鍵を握るエイリアンが本格的に出没し始める後半に入ると、残念なことに展開は唐突に窮屈で急ぎ足気味な状況説明ばかりに邁進する。
ナノスーツの力を背景に、前半はあれほど活き活きと躍動していた主人公ノーマッドも、慌て気味に畳まれるストーリー展開の前に、最終的にはこのプロローグ的なシリーズ第一作の捨て石にされてしまうのであった。

<Xbox One互換対応タイトル>

この記事に含まれるtag : FPS ONE互換 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2787.html

2018/10/30 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |