ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

このページの記事目次 (カテゴリー: XBOX ONE

total 31 pages  次のページ →  

【Uncanny Valley】不安感との二人三脚

   ↑  2017/10/13 (金)  カテゴリー: XBOX ONE
171013006.jpg
悪夢を見た後の孤独ほど心を蝕むものはない。
床につくたびにまとわりつく得体の知れない夢。しかしここには、それを相談する精神科医も、笑い飛ばしてくる心を許した友人もいない。
都会から遥か離れ冠雪の山に見下された田舎にある、すべての従業員がレイオフされて無人となった企業の研究所。
プレイヤーキャラであるトムは、夜間警備員の職を得てこの地にやってきた。
171013002.jpg
彼の他にいるのは、昼間の警備を担当するデブでだらしのない同僚と、社員寮を管理する女性の二人だけ。
この気が狂うほどに静寂な環境の中で、トムは夜の定時に目覚め懐中電灯を片手に施設を巡回し、時間がくれば寮に戻ってベッドに入り、そしてまた悪夢に包まれる。
空気の乾いた冬景色に包まれたこの施設は、いるだけで不安を掻き立てられる。
従業員たちはなぜ残らず解雇されたのか? そしてどこに行ったのか? 地下にある立入禁止区画には何があるのか? この打ち棄てられたような建物を、なぜまだ管理する必要があるのか?
171013004.jpg
好奇心や不安に駆られて、研究所の設備をチェックしてその理由や手がかりを探すのも、あるいは給料のために警備員の職責を淡々と全うするのも、もしくはこの地から去ることを画策するのも、すべてプレイヤーの自由だ。
それらの果てに手にすることができるのは、著しく断片的な情報と、やはり断片的なエンディング。
171013003.jpg
トムの行動に対する因果がおよそ明瞭ではないだけに、プレイヤーには自分の下す選択に、「これでいいんだろうか?」「これでどうなるんだろうか?」と言った、もやもやとした不安が常につきまとうことになる。
達成率、あるいは実績を気にして100%に近い結果を求めるタイプのプレイヤーなどは、不安を通り越して気が変になってくるかもしれない。
171013001.jpg
繰り返しプレイ、そしてマルチエンディングを積み重ねて、ようやくゲームを包む謎がおぼろげながら顕になってゆく。
それでも多くの疑問は、背景は、真相は不明瞭なままだ。オレのトムはまだここで為すべきことが足りないのか。あるいはこの不安の蜘蛛の巣から抜け出せる術はないのか。
澄んだ空気の地にたたずむ整然とした建物。だがここで過ごす時間は、常に霧の中をさまようようなもやもやとした不安感と二人三脚だ。
五里霧中にぽつんと放り出されるような感覚。それがこの整理整頓をあえて放棄したアンチリニアなゲームがもっとも輝いている一面だ。

<国内ストア未発売>

この記事に含まれるtag : ホラー 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2694.html

2017/10/13 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Agatha Christie - The ABC Murders】ABC殺人事件

   ↑  2017/09/11 (月)  カテゴリー: XBOX ONE
170911006.jpg
"親愛なるポワロ殿 さてご感想はいかがかな? 一回戦はわたしの勝ちのようだね。アンドーヴァーのあの事件、あれはなかなか鮮やかな手並みだったろう?
しかし、お楽しみはこれからだ。今度はベクスヒル=オン=ザ=シーにご注目ありたい。日付けは今月二十五日。
いやまったく、おたがいわくわくさせられるじゃないか! ではまたー ABC"

   <アガサ・クリスティ-ABC殺人事件(深町眞理子訳・創元推理文庫版>
170911002.jpg
名探偵エルキュール・ポワロの下へ届いたABCを名乗る人物からの不敵な挑戦状。
そして頭文字Aの土地で頭文字Aの人物が殺害され、傍らにはAのページが開かれたABC鉄道ガイドが。
第二の予告状に続いて頭文字Bの土地で発見される頭文字Bの女性の他殺体。
被害者AとBには接点はない。これは果たしてABCの順番にABCの人間を無差別に殺してゆく快楽殺人者の犯行なのか。
やがてポワロの下にはCを警告する新たな犯人からの手紙が舞い込むのであった。
170911001.jpg
ミステリの女王アガサ・クリスティの代表作「ABC殺人事件」。評論家やファンの多くがクリスティの最高傑作に推す作品だ。
コナン・ドイルのシャーロック・ホームズと並んでゲーム化されることの多いクリスティ作品だが、短編が主体のドイル=ホームズと違ってクリスティは長編がメインの作家。
新作のシナリオや原作へのアレンジを交えてオリジナリティを出すことが可能なホームスゲームと違い、一般に広く知れ渡った長編のゲーム化を義務付けられるクリスティゲームは、作り手にとってはなかなか厄介なシロモノだ。
170911007.jpg
なにせストーリーに大きく手を加えることができない。
「オリエント急行の殺人」の犯人が原作と違っていたら、みんな怒るだろう。
何よりドイルはそういうこと割りと気にしなさそうだが、クリスティはめちゃくちゃうるさそうだ。
彼女のところにポワロの美少女化ゲームなんて企画を持ち込んだら、三日三晩屋敷に留め置かれて延々お説教を食らうことだろう。
170911003.jpg
そんなわけでこの『Agatha Christie - The ABC Murders』も、過去の「ABC殺人事件」ゲーム化作品同様に、原作のダイジェスト進行に終始する内容となってしまうのだった。
海外コミック調の比較的あっさりとしたビジュアルが特徴といえば特徴だが、それに比例するかのようにゲームのメインシステムもかなり淡白なポイント&クリック様式。
170911004.jpg
探索できるポイントそのものがまず少なめで、アプローチに対する反応もあっさりしたもの。
例え事件の本筋に関係ないものであっても、それに対してポワロのいちいち底意地の悪い答えが長々と返ってくれば、こちらもクリスティ世界に身を投じている気分になれるのだが、いかんせん本作のポワロはちょっとばかり常識人で性格もそれほどひねくれていない。
170911005.jpg
要所要所で挟まれる"灰色の脳細胞の出番"も単なるメモ帳整理の域を出ず、推理ADVらしさを実感させるまでには至らず。
ニンテンドーDSでリリースされたフロム・ソフトウェアの金田一耕助シリーズは、やはりネタ割れが広く知れ渡っている原作を、力の入ったビジュアルと手の込んだ演出で、結末を知っている者をも再体験に誘っていたが、残念ながら本作はそういった方面にはまるで労力を注いでいないのであった。

<国内ストア未発売>

この記事に含まれるtag : ミステリ 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2684.html

2017/09/11 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【アケアカNEOGEO ジョイジョイキッド】気まずい再会

   ↑  2017/08/29 (火)  カテゴリー: XBOX ONE
170829008.jpg
イスに腰を下ろしておしぼりで手を拭き拭きしながら「どれにしようかな」。
寿司屋のカウンターではない。90年代初頭のゲームセンターの話だ。
NEOGEOという妙にインパクトのあるロゴがやって来たのは、ストⅡをきっかけにアーケードが爆発的な格闘ゲームブームに包まれる、ほんの少し前の頃だった。
その筐体は4~6つののゲームが収められていて、遊ぶ側は任意のゲームをチョイスすることができる。
昔、任天堂の赤い筐体で似たようなのがあったが、少なくともオレの観測範囲ではそれ以来途絶えていた仕様だ。
170829007.jpg
目を引く特徴を備えていたMVS筐体であったが、その代名詞となる『餓狼伝説』が出るまでは、パッとしているとはお世辞にも言えないような存在であった。
『トッププレイヤーズゴルフ』『リーグボウリング』『NAM-1975』『麻雀狂列伝 -西日本編-』などなど。
そのうちのいくつかは現在コンソール機で展開されているアケアカNEOGEOに移植されているが、いずれも普遍的な人気とは縁遠かったタイトルだ。
170829005.jpg
そんなマイナータイトルばかりが一箇所に寄せ集められた様子は、まだピカピカな筐体にもかかわらず、節操のない二本立て三本立てプログラムの、うらぶれた映画館のようなイメージをオレに与えた。
その手の映画館が大の好物だったオレは、もちろんこの筐体に食いついた。何よりいつも空いてたし。
『リーグボウリング』に苦笑し、アクション系ゲームの難度に目尻を釣り上げ、『麻雀狂列伝』のしょうもないギミックに思わず脱力し。
まるで倦怠期すらも通り越したカップルのような、MVS筐体との気のない付き合いの中でも、もっとも多くの時間を共にしたのが"パチテトリス"『ジョイジョイキッド』だ。
170829001.jpg
ブロックの構成や、それをボタンで回転させて落とす操作など、確かに『テトリス』に酷似した見た目だが、画面下部でうだうだしている気球を上に逃がす面クリア型のシステムや、何よりもブロック落下の原理が根本的に違うことから、似て非なるゲームと捉えた方がいいのだろう。
もっとも当時のオレは順番待ちするくらい混んでいた『テトリス』の代用品と割り切っていたし、他の人たちの認識もそんなとこだったのではないだろうか。
170829003.jpg
そんな熱中とはほど遠いダラダラした付き合いを過ごしたゲームが、Xbox One国内ストアを制圧せんが勢いのアケアカNEOGEO旋風に乗って、まさかの降臨。
それを迎えるこちらのテンションは、レトロアーケードの復刻版にありがちな「待ってました!」とか、「オレの青春の一作が!」なんて情熱混じりの歓待ではない。
便宜的なセフレと20年ぶりに再会したような、なんともむず痒い気まずさが先に立つ。
170829002.jpg
そして久方ぶりに遊んでみた『ジョイジョイキッド』。
時を経て気づいた新たな魅力の発見なんてものがあるはずもなく、むしろブロック出現の偏りとか、ステージ構成とか、難度上昇のタイミングとか、当時は適当にやり過ごしていた雑な造りが改めて目立ってしまうのであった。


(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2679.html

2017/08/29 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Assassin's Creed Syndicate】王道回帰の安定作

   ↑  2017/08/05 (土)  カテゴリー: XBOX ONE
170805004.jpg
ガス燈、蒸気馬車、電信、花開く文学、共産主義の勃興。産業革命下のロンドンは文明と資本主義の最先端を結集した大都会。
エヴィーとジェイコブのフライ姉弟は、そのロンドンの郊外からやって来たプチお上りさんにして、いよいよ近世代になってきたアサシンクリードシリーズの新たな主人公。
とは言ってもやはり田舎者だ。姉ちゃんの方は洗練された都会の男を見ればすぐによろめいちゃうし、プレイボーイ気取りの弟の方だって、引っかかるのは婆さんか敵のハニートラップくらいのもん。エツィオ・アウディトーレのイケメンっぷりと比べたら、どうしたって泥臭い。
170805005.jpg
まあやることはいつも通りのアサシン稼業。少々田舎者だって問題はない。
アサシン教団とテンプル騎士団のいつ終わるともしれぬ戦いも、舞台が近代に移りテンプル騎士団(秩序)側が悪徳資本家と一体化することで、その構図がだいぶ分かりやすくなった。
なんたってアサシン教団はテンプル騎士団のカウンター。そんな事情になれば、ついカール・マルクスに手を貸しちゃうのも、成り行き上仕方のないことだ。
170805001.jpg
だが資本家が敵と言っても、フライ姉弟だって産業革命の恩恵はばっちり受けている。
隠れ家は湿っぽい石造りの建物じゃなくて、ロンドン市内をまるで山手線のように環状で回る列車。
そしてアサシンの装備だってちゃっかり進化してる。中でも建物から建物へ一瞬でロープを張ることのできるロープランチャーは、すべてのアサシンにとって革命的なガジェットだ。
もう塔のてっぺんまでえっちらおっちらクライミングしていく必要なんてない。屋上めがけてランチャーをぶっ放し一気にぴゅーん。
170805007.jpg
アルタイルやケンウェイら先代のアサシンたちがこれを見たら、「アサシンも堕落したものだ」「最近の若い奴らは楽することばかり覚えやがって」と、きっと文句たらたらなことだろう。
さーせん、先輩。思い切り横着させてもらってまーす。
そう言えばオレはまだ『Assassin's Creed 3』だけは未プレイなのだが、今からこれを始めたとしてロープランチャーも無しに建物を登らなきゃならないのかと思うと、ちょっと気後れする。
デジタルガジェットの恩恵をさんざん享受した人間が、いきなりスマホなしで街に放り出されるようなものだ。
170805006.jpg
シリーズの本来のスタイルに回帰したものの、ちょっと肩透かしだった『Assassin's Creed Unity』に次ぐ最新作。
また『Black Flag』のような変化球で来るのかと思いきや、偉大なるマンネリズムを徹底的に洗練させてくる路線で押してきた。
そのブラッシュアップっぷりは徹底している。前前作あたりから導入されたプレイヤーによるミッションの評価システムを有効利用してきたのか、各ミッションの質や難度、ストレスなどが丁寧に均質化され、とにかく快適に遊びやすくなっている。
歴史観光はお・も・て・な・し。その悟りがゲーム的な歯ごたえを棚上げして、ストレスフリーな箱庭遊覧を第一に置いたのだろう。
170805002.jpg
ふらつく酔っぱらい、公園で息を抜く人、サッカーボールを掘りに蹴落としてしまって途方に暮れる子供。
街なかをうろついている間に出会う様々なモブたちの挙動も、過去のシリーズ作からさらにきめ細かくなっているのも、『Assassin's Creed Syndicate』ならではの特徴だ。
そして毎度おなじみ歴史有名人たちとの交流も、舞台が近世になったこともあって、元から馴染みのある面子ばかりになってきた。
前述のマルクスを始め、ディケンズ、ダーウィン、グラハム・ベル、ナイチンゲール。
会うなり思わず「あー、ナイチンゲールさん。お噂はかねがね」などと挨拶してしまいそうで、シリーズ過去作の著名人以上に出会う喜びがあるではないか。
170805003.jpg
そして終盤ではビクトリア女王にも謁見。田舎モンの姉ちゃんが思わず舞い上がってしまうのも、無理がなかろう。
貧民窟からバッキンガム宮殿まで、校外からやって来たお上り観光客姉弟の、ロンドン中を股にかけたツアー。
舞台がロンドンだけに、王道回帰を極めたアサシンクリード正編シリーズ第8作。
あ、それとどうでもいいことだけど、テムズ川を横断しようとするたびに、「これって『フロッガー』?」とついつい連想してしまったのはオレだけでしょうか?

この記事に含まれるtag : オープンワールド アサシンクリード 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2670.html

2017/08/05 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Aqua TV】ヴァーチャル水槽の伝統

   ↑  2017/07/21 (金)  カテゴリー: XBOX ONE
170721001.png
魚を飼い始めてもう20年になる。
とは言っても生きた魚ではない。ずぼらで甲斐性のないオレがそんなもんを飼い始めたら、待っているのは悲劇だけである。
一番最初はペン2のWindowマシンだっただろうか。それのクソ馬鹿でかいモニターの中に数匹の熱帯魚を放り込んで以来、モニターやテレビを水槽に見立てる習慣が、なんとなく続いてしまっている。
170721006.jpg
その"モニター水槽見立て"も、ブラウン管から液晶、モバイルPCにスマホと寄親となる機器の激しい変遷をモノともせずに、細々と息長く続いている不思議なジャンルだ。
中でも栄華を極めたのは、オープンブック9003の『アクアゾーン』シリーズ。
最盛期にはコンソール機にまで進出し、セガサターンで無茶な展開をしていたが、2000年あたりを境にその勢いは徐々にトーンダウンし、いつの間にやらそのブランドは音沙汰なくなってしまった。
170721003.jpg
しかし本家『アクアゾーン』亡き後も、モニターを熱帯魚水槽に見立てる数寄心は、なんとなく受け継がれてきている。
スマホアプリ界隈には、その手のソフトが引きも切らないし、Wiiにもダウンロード専売で水槽ソフトが出ていた。
Xbox 360の最初期にも、やはり『アクアゾーン』が登場したが、まぁこれは色々やらかしてブランドの名にクソぶっかけてたっけ。
170721004.jpg
そしてXbox Oneにもやはり登場した熱帯魚鑑賞ソフト、その名は『Aqua TV』。
ゲームではなくアプリ扱いとなっているこのソフト、既にiOSやAndroidでも展開済みで、新たな顧客を求めてWindowsに進出、Xboxへの登場はそのついでみたいなとこなのであろう。
『Aqua TV』内で通用する仮想通貨(ここでは"貝殻"の名)を別途購入して、それで熱帯魚や水槽のアクセサリーなどを買い足してゆくお馴染みの様式。
据え置きゲーム機と環境ソフトの一種であるバーチャル水槽の相性に関しては、昔から色々と言われているが、しかし360時代と違ってOneでは意外とその出番が増えている。
170721005.jpg
遊ぼうとしていたゲームにアップデートが入っていて、数ギガバイトの長い長いダウンロードを待たなくてはならないとき、残り何%の進捗メッセージを見つめてイライラするよりは、呑気に泳ぐ涼し気な熱帯魚を眺めている方がいい。
その水槽(モニター)も、いつの間にやら横長に巨大化してレイアウトもスッキリし、Win95時代の無骨で無粋なモニターから、はるかにインテリア度が増しているので、節電って言葉さえ気にしなければ、環境ソフトとして点けっぱなしにするのだって充分アリなのだ。

この記事に含まれるtag : Xboxアプリ 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2665.html

2017/07/21 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |