FC2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

このページの記事目次 (カテゴリー: XBOX ONE

total 44 pages  次のページ →  

【DOOM(2016)】デジタル暴力世界の盟主

   ↑  2020/01/14 (火)  カテゴリー: XBOX ONE
200114007.jpg
それまでナンバリングなどを重ねてきたシリーズが、第一作目と同じプレーンなタイトルを冠することがままある。
『SSX』『アローン・イン・ザ・ダーク』『メダル・オブ・オナー』などなど。
そんなややこしいマネの大義とされるのが、「シリーズの原点を見つめ直し初心に帰る」なんてところだが、その割にはこれらの作品の中で本当の意味での原点回帰を果たした作品は少なかったりする。
そして『DOOM』。言わずとしれたゲーム史に残るモストインポータントタイトル。
1993年にその忌まわしき第一作目が登場して以来、翌年の『DOOM 2』。そこから10年の時を経た『DOOM 3』と緩やかなペースでシリーズを積み重ねてきた。
200114002.jpg
2004年にリリースされた『DOOM 3』は10年のスパンもあってか、ストーリーやイベントの重視、細く差し挟まれた設定など、勃興期を経て熟成されつつあったFPSのトレンドに大幅に歩み寄ったもの。
それはそれでかなりの良作ゲームではあったのだが、DOOMを名乗る必然性に欠ける、SFホラーシューターの新規IPのように感じられたのも確かであった。
その『DOOM 3』から12年もの時を経て、ついに姿を現した『DOOM』の最新作はナンバリングやサブタイトルを省いた原点回帰のネーミング。
しかし原点に帰ることを標榜していながら、その原点の本質そのものを見誤ったタイトルは事欠かない。果たして『DOOM』もその轍を踏んでしまうのか。
200114006.jpg
煉獄の棺に縛り付けられているプレイヤーキャラ、ドゥームスレイヤー。鎖を引きちぎりとりあえず手近にあったコンソールに駆け寄ると、キーマンらしき人物がなにやら状況説明らしきものをくどくど。
「うるせー!!」とばかりに話の途中でコンソールをぶち壊し駆け出す主人公。
ショットガンも手っ取り早く獲得した。あとは通路を、狭いフィールドを、とにかく駆けて駆けて駆け回って、遭遇するデーモンには出会い頭に散弾をお見舞いしまくって、圧倒的なスピード感で繰り広げる無慈悲なまでのデジタル暴力行使。
DOOM! DOOMだ! この手応えはかつて寝食も忘れて熱中した初代『DOOM』そのものだ! これは確かに原点回帰。オレたちのDOOMが帰ってきた!
200114008.jpg
『DOOM 3』に欠けていたもの。それはスラッシュメタルのごとき有無を言わせぬスピード、残虐なビートを打ち出すリズム、ブルータルな音楽をコントローラで奏でるかのようなプレイフィールだ。
豊穣なストーリー、臨場感あふれるイベント、FPSというジャンルが時間をかけて育んできたファクターを、このFPSの祖は「そんなもん面倒くせー!」とうっちゃった。
削ぎ落とした後に残るのはシンプル極まりない暴力の連鎖。
火星に蠢く邪悪なデーモンたち。しかしこのグロテスクな連中は決して畏怖の対象ではない。
この血みどろの暴力だけで構成された世界で頂点に立つ存在は、地獄の下僕たちよりもさらに邪悪な存在であるドゥームスレイヤーに他ならないからだ。
200114003.jpg
新たなシステムであるグローリーキルも、この手の新要素にありがちの余計な付加ではなく、DOOM本来の魅力をさらに推し進めたものになっている。
ヘタるデーモンを殴りつけ、引き裂き、踏み潰す。ただ撃ち殺す以上にエゲツないこれらの行為は、弾薬やヘルスを回復するボーナスを伴って、プレイヤーをより暴力的な行動に必然的に誘ってくれる。
お馴染みの武器であるチェンソーも同様だ。
STGのボム的な役割と大幅回復ボーナス、危険状況回避を折衷したチェーンソーの役割は、タクティカルな運用を求められたりもするが、しかし本能の赴くまま一番ムカつくデーモン相手に使っちゃうのがやっぱり一番だ。うぃーーーーん、ぶちぶちぶち! 真っ二つにしたてめえの身体に小便かけられないのが残念だぜ!
200114005.jpg
デフォルトのキーアサインも啓示的だ。左右スティックとトリガーがすべての基本、それ以外のボタンに手をかける機会を極端に抑えた配置は、操作する指先にもスピード感を授けてくれる。
初代『DOOM』の登場から20数年。FPSというジャンルが進化を積み重ね、豊穣な表現力や多彩なシステムを手に入れた現在に突きつけた本家本元の強烈な原点回帰。
その意義に対して理屈をこねくり回すことすらも、この2016年の『DOOM』は否定する。
余計な能書きはいい。とにかく引き金に指をかけ走って走って走り回り、動くものすべてを肉塊に変えろ。
コントローラを手にした者こそが、この救いのかけらもないデジタル超暴力世界での、唯一の圧倒的な盟主なのだから。

この記事に含まれるtag : FPS 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2863.html

2020/01/14 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Grand Theft Auto Online】2019冬の訪れ

   ↑  2019/12/23 (月)  カテゴリー: XBOX ONE
190101010.jpg
どんな街にも平等に冬の訪れはくる。ロス・サントスみたいな掃き溜めの街でもそうだ。
『GTA Online』に恒例のウインターサプライズがやってきた。
ビーチも、工業地帯も、そして街のシンボルとも言えるバインウッドの看板も、すっかり白く染まっている。
オンラインゲームでは割とありがちな冬仕様だが、ファンタジー系オンゲのそれと違って、やはりこの現代の悪徳の街の冬にはどことなく生々しい息づかいがある。
191223008.jpg
良い子にも悪い子にも、富める者にも貧しい者にも平等に雪景色は訪れる。
大きな違いはそれをタワーマンション高層階の窓から眺めるか、凍える手に息をかけながら吹きさらしの街角から眺めるかだ。
オンゲの世界にも当然格差はある。その貧富を分ける要因の大きな一つは、現実社会と同じく勤勉さの有無だ。
生まれた家の太さも貧富の重要なファクターであるが、『GTA Online』の場合はそれに近しい要素としてシャークマネーカードというリアルマネーをぶっ込む手段がある。
191223004.jpg
だがオレはロス・サントスのみで通用する銀の匙を買うくらいなら、そのカネで推しとチェキを撮る!
ついでに勤勉さも勿論ない。この場合の勤勉さとは定期的なログインを怠らず、アップデートをマメにチェックし、ゲーム内での作業を各種行動を地道にこなす行いのことだが、そんなものはまるでない。
思い出したように気まぐれにログインしては、意味もなく原チャリで街なかを蛇行し、服を買うカネ欲しさにコンビニを叩いているだけのオレは、アップデートで次々と追加される高級スポーツカーやハイソなビジネスとはまったく無縁の怠惰なチンピラヤンキーのまんまだ。
191223005.jpg
そんなオレの目に入る冬の景色は当然やるせないものばかりだ。
東屋の下で寒さしのぎの安酒で酔いつぶれているホームレスたち。雪降る中で半裸で街角に立ち続ける娼婦たち。
さもしい現実を雪で霞む向こうの方からタワーマンションや高層オフィスビルが見下ろしている。
オレがロス・サントスで一番嫌いな住人たち、腐れヤッピーどもが棲息するエリアだ。あとであそこに行ってショットガン乱射してやる。
『GTA5』本編に登場するトレバー・フィリップスは人格破綻者でドン引きするほど病的な人殺しであるが、そのトレバーにプレイヤーの多くが感情移入できたのは、彼がこの薄ら気取ったヤッピーども(Twitterなんかでクソみたいなライフハックをくっちゃべる手合いだ)に対する徹底したオポジションの存在であったからだろう。
191223007.jpg
とにかくロス・サントスは残酷なまでに都市のエリア格差を凝縮している。
ビジネス地区、高級住宅街、ダウンタウン、そして都市部から峠を越えた地帯にあるド田舎地区。
街のどんな地域にも平等に冬の訪れはくる。それはオレが住むトレーラーハウスと畑しかないド田舎エリアでもそうだ。
『GTA Online』のホリデーシーズンはおせっかいだ。オレの埃っぽく薄暗いボロ家にも公平にクリスマスツリーを贈ってくれる。
191223006.jpg
しかしクソ狭い家のド真ん中にどーんとツリーを置かれても、ぶっちゃけロックスターゲームスからの嫌味にしか思えないので、なんとなくむしゃくしゃした気分を抱えながら外に出てみると、そこは相変わらず田舎家とオザムみたいな申し訳程度のショッピングセンターの貧相な風景が白く染まっているだけ。
ハッピーホリデーと喜びを分かち合おうにも、人なんかろくに歩いていやしない。
結局コンビニ前にたむろするヤンキーよろしくショッピングセンターの駐車場でぼーっとしていると、近所の暇そうなクソ野郎と目が合ったとか合わないとかそんな理由でしょぼい殴り合いのケンカになったりして、ロス・サントスの底辺の年末は、なんだかんだ言いながら充実して暮れてゆくのであった。

この記事に含まれるtag : GTA 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2857.html

2019/12/23 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【SIMULACRA】スマホを拾っただけなのに

   ↑  2019/12/16 (月)  カテゴリー: XBOX ONE
191216007.jpg
スマホを拾った。
本来なら警察や店舗のカスタマーサービスなんかに届けて、落とし主見つかるといいですねではさようならで解決するところだが、持ち主と思しき女性が尋常ではないシチュエーションに置かれている動画が収録されているとなると話は違ってくる。
いや、それこそ警察行けよとツッコミが入るところだが、しかしスマートフォンは現代社会においてこれ以上はないくらい個人情報の宝庫だ。
女性の行方を探すという大義名分のもとに、ねじくれた好奇心を満たす降って湧いたようなチャンスである。
191216004.jpg
スマートフォンの持ち主の名はアナ。
ホーム画面にはセルフポートレイトと共に、メールやブラウザ、フォトギャラリーといった定番のアイコンが並んでいる。
写真やチャットログを覗いてみれば、とりとめのない会話に幸せそうな日常。
しかし彼女は突如謎の失踪を遂げた。その手がかりはスマホに残された一見平穏そうな情報の中に必ず隠されている。
191216003.jpg
パスワードのかかったメールボックス。そのヒントは彼女の飼い猫。
ギャラリーを漁ればおそらく猫の写真が。そしてそこにはパスワードに関するヒントの断片が残されているかもしれない。
そしてTwitterのような短文投稿サイト。これにもログインパスワードが必要だ。
試しに"パスワード忘れました"メールを運営に送ってみたら、返ってきたのはお馴染みの本人確認の質問設定だ。"あなたのフェイバリットムービーはなんでしたっけ?"
191216005.jpg
さあ困った。こればかりはアナに近しい人物にでも尋ねないと分かりゃしない。
しかしこれは彼女のスマホ。アナの周辺の人物は向こうからアクセスしてくる。親友、ボーイフレンドだと名乗る男、そして出会い系アプリで親しくなったと称する人物。
だけどオレはアナじゃない。この連中それぞれとアナが実際にどんな距離感で付き合っていたのか、果たして信頼していい人間なのか、それどころか氏素性すらも知りはしない(それはあちらにとってもそうだろうが)。
ボーイフレンド。LINEにあたるチャットアプリのアドレスを交換しているところから、親しい関係にあったことは間違いないだろう。
しかしログを遡ってみると、二人は喧嘩してここ最近はアナの方がはっきりと彼を避けている。
ではこの出会い系アプリで親しい会話を交わしている陽気な男の方は? ……そもそも出会い系アプリにいるような調子のいい男だぞ!?
191216002.jpg
顔も合わせたことのない彼らと、他人のスマホを経由してなだめたりすかしたりのやり取りを重ね、情報を共有したり一部だけ隠したり。
生活の華やかな一瞬だけを切り取ったギャラリー、本音をぶちまけたチャット、ブラウザの履歴、スマホの中身は虚々実々の闇鍋だ。
その混沌とした情報の山を、なりすましやパスワード推測、フェイク垢と様々なテクニックを駆使して整理し、事の真相に迫っていく。
やがて行き当たるのは、アナの身辺情報を推測することに長けた謎の人物。ストーカーじゃねえか!
だがここでプレイヤーは、自分もまったく同じ穴のムジナである事実に気づいて、なんとも居心地の悪い気持ちが芽生えるのであった。
191216006.jpg
スマホの画面のみで完結し、操作もほぼスマホに準拠。
開発元のKAIGAN GAMESは、やはり同コンセプトの『Sara is Missing』を2016年にリリースしているが、『SIMULACRA』はそれをブラッシュアップさせた作品。
スマートフォン越しの人々と共に失踪女性の手がかりを探すストーカー行為は、やがて非現実的な何かに少しずつ侵食される。
その兆しも発動も現れるのはすべてスマホの画面上。スマートフォンと共にやがてプレイヤーもその"何か"に飲み込まれてゆく。
現状では日本語非対応。チャットログやWebサイト、メールなどかなりの量にのぼるテキストに加え、単語を入れ替えての文章作成や英語での入力パートなどハードルはかなり高いかもしれないが、それを乗り越える価値が充分すぎるくらいあるタイトな傑作だ。

この記事に含まれるtag : ホラー ミステリ 実写ゲーム 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2855.html

2019/12/16 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Forza Horizon 4】ボンドとシトロエン

   ↑  2019/12/06 (金)  カテゴリー: XBOX ONE
181111007.jpg
1973年の「007 死ぬのは奴らだ」から1985年の「007 美しき獲物たち」まで、足かけ12年にも渡ったロジャー・ムーアの007映画は全部で7作。
その中でベストを選ぶとすれば、オレが推したいのはキャリアの真ん中に作られた「007 ユア・アイズ・オンリー」だ。
イアン・フレミングの原作から短編を寄せ集めた構成が逆に幸いして、シチュエーションを変えたアクションがオムニバス的に並んだ流れが実に小気味よく、黒髪ロングのボンドガール、キャロル・ブーケの毅然とした美しさは絶品で、シーナ・イーストンの主題歌も印象深い。
191206005.jpg
冒頭のヘリコプタースタントに始まり、スペインのオリーブ畑でのカーチェイス、スキーにジャンプ、アイスホッケーと007版冬季オリンピック大会と化した北イタリア、海洋アクションてんこ盛りのギリシャ、そしてフィナーレは断崖絶壁にあるメテオラ修道院での決死のロッククライミング。
冷静に思い返すとキャロル・ブーケ以外はアクションシーンしか記憶に残っていない気もするが、そのアクションがどれもクオリティ抜群なのだからしょうがない。
悪役が弱いのがこの映画の欠点といえば欠点だが、トータルな出来栄えの前では些細なことだろう。
191206004.jpg
ショーン・コネリーのアストンマーチンDB5に対して、ロジャー・ムーア版007を代表するボンドカーと言えばロータス・エスプリ。
「ユア・アイズ・オンリー」にもエスプリは登場するが、最序盤で敵にパクられそうになって自爆してしまい、見せ場らしい見せ場はあんまりない。
それに代わって「ユア・アイズ・オンリー」でカーアクションを担当するのがシトロエン2CV。
「黄金銃を持つ男」のAMCホーネットと同様、現地でボンドが突発的に運転した広義の意味でのボンドカーだ。
191206003.jpg
もちろん現地徴用車だからして特殊装備の類なんかは一切ついていない。
それどころかもとを正せば1940年代生まれの農民向け大衆車。馬力すらろくにありゃしない。
これまたホーネット同様に、ハンドルを握らざるをえなかったボンドとしては忸怩たる思いがあっただろうが、しかしこのシトロエンほどカーチェイスがハマるクルマもそうはありゃしない。
スピードが遅いからあっさり敵に追いつかれる。すなわち緊迫なシチュエーションを演出しやすい。
そのくせ頑丈だからぶつかったり転がったりしても問題なく走る。万が一ひっくり返っても現地の人々の手を借りればすぐもとに戻せるし、"ブリキの缶詰"と揶揄されたその特異なデザインは、少々傷がついたり凹んだりしてもむしろ絵になったりする。
191206002.jpg
シトロエン2CVのカーアクションといえば「ルパン三世 カリオストロの城」も著名だが、あれはスピード感のデフォルメが少しばかり過剰だ。
やっぱりシトロエンのチェイスは「ユア・アイズ・オンリー」のそれのように、ちょっぴりとろとろして斜面をころころ転がったりする、そのどことなく優雅なフォルムが似合うアクションがいい。
元々がボンドカーという付加価値などなくとも一本立ちできる名車中の名車。
イギリスの田園地帯を道路なんか無視して突っ切る姿が、これほど映えるクルマも他にはないだろう。

この記事に含まれるtag : Forza レーシング シネマゲーム 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2852.html

2019/12/06 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Forza Horizon 4】オレだってボンドカーだぜ

   ↑  2019/12/04 (水)  カテゴリー: XBOX ONE
181111007.jpg
MI6からジェームズ・ボンドに貸与された様々な特殊装備を搭載したクルマ。ボンドカーの定義はこんなところになるのだろう。
しかし世の中、狭義があれば広義もある。中にはボンド自身がハンドルを握ってもいないのにボンドカーと呼ばれたりする、トヨタ2000GTのような事例もあるのだ。
どんな事情にせよボンドが運転すれば、それは他人のクルマでもボンドカー。それはそれで立派な定義である。
191204008.jpg
ズラリ10台のボンドカーを揃えた『Forza Horizon 4』の拡張カーパック、『Best of Bondカーパック』にも、そんな「MI6経由ではない」ボンドカーも登場する。
ジェームズ・ボンドを演じる俳優としては3代目となったのがロジャー・ムーア。
その飄々としたたたずまいは、どこかジェームズ・ボンド自身がボンドのパロディを演じているような趣すらあり(後年ムーアは『キャノンボール』で、自分をボンドと思い込んでるあんぽんたんな役どころをやっていたりする)、またその出演作はどれも荒唐無稽なスパイ活劇路線を極めていたこともあったりして、その作品評価はあんまり高くない。
近年のダニエル・クレイグによる007映画を見慣れた人間にとっては噴飯ものにしか見えないかもしれないムーア007だけど、いいや、スパイ映画が荒唐無稽でバカバカしくってなにが悪い。
191204009.jpg
007映画の第9作目『007 黄金銃を持つ男』は、世間的にはシリーズ作の中でも駄作扱いを受けている作品だが、オレはこの映画をけなすやつとは絶対に一緒に旨い酒を飲めないだろう。いや、まあオレそもそもアルコール飲めないけど。
ボンド最強のライバルとして立ちはだかる黄金銃の殺し屋スカラマンガ(演じるのはクリストファー・リー!)、殺人アミューズメントパークと化しているそのアジト、シリーズ史上もっとも観る者をイライラさせるボンドガール、突如始まる底抜けカンフー合戦(それにへっぴり腰で対応するムーア007)、そしてなによりもスカラマンガの邪悪な従者、小男のニック・ナック!
191204006.jpg
執事としてのの仕事から荒事までなんでもそつなくこなし、スカラマンガに忠実ながらもその死を願う不思議な存在。
ああ、うちにもニック・ナックが一人欲しい。彼がいればどんなに便利で癒やされることだろう。
そして「黄金銃を持つ男」に登場するボンドカーがAMCホーネットX。
ラグジュアリーを極めたボンドカー歴代において異色のバリバリ大衆車。もちろん特殊装備なんかついていやしない。
ボンドの趣味からおよそ対極にあるようなクルマだが、スカラマンガとニック・ナックを追うときに、そこらのディーラー店頭から無理やり徴用した経緯から、ボンドもまあ背に腹は代えられなかったのだろう。
191204004.jpg
しかしこのホーネットが頑張った。
なんせ70年代映画のカーチェイスには、近年のCGをふんだんに使ったそれにはない生の面白さが満ち溢れている。
「黄金銃を持つ男」のカーチェイスも例外ではなく、スタントドライバーの腕一丁にかかった混じりっけなしのカースタントの白眉となるのは、河を飛び越える錐揉み大ジャンプ。
191204005.jpg
その地味さから時にはボンドカーのカテゴリから漏れることすらあるAMCホーネット。しかし数ある候補を差し置いてこのクルマをカーパックのラインナップに加えた(まあゴジラゲームにおけるジェットジャガーみたいなポジションかもしれないが)担当者とは、「あんた分かってるよ! 黄金銃を持つ男最高!」と一緒に旨い酒が飲めそうである。いや、まあオレそもそもアルコール飲めないけど。

この記事に含まれるtag : Forza レーシング シネマゲーム 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2851.html

2019/12/04 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |