FC2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

このページの記事目次 (カテゴリー: Android

total 16 pages  次のページ →  

【Curse of the Pharaoh】命がけのマッチ3パズル

   ↑  2019/09/21 (土)  カテゴリー: Android
190921002.jpg
またしばらく更新ご無沙汰していましたが、ええと、ぶっちゃけ入院してました。
早い話が開腹手術を受けていたんですけど、無事に成功して数日前に退院して、いまはなんとか『Borderlands 3』にうつつを抜かせています。
言ったろ、ボダラン3を遊ぶまでは絶対死なねえって!

まぁ一口に入院だ手術だと言っても人間年を取れば辛抱がきかなくなってきますから、若い頃に比べればその辛さは二乗三乗されてくるわけですよ。
手術の間は全身麻酔かかってるからキツいもなにもないんですけど、問題はその後。
目が覚めたら病室のベッドの上で、点滴やら導尿の管やら足を縛り付けるなんだかワケのわかんないもの(後にこれはエコノミー症候群予防のための空気ポンプとそのチューブだと判明)でがんじがらめ、身動きひとつとれない。

それでも夕方のうちは、まだ麻酔が残ってるのか、少しうつらうつらできたんですけど、日が落ちてきた頃になると麻酔が覚めた反動で逆に目が異様に冴えてくるようになってきました。
飯も食えない、水も飲めない、それどころか身動きできない。その中で意識だけめちゃくちゃ冴えているってのは、そりゃもう皆さんが想像する以上に辛いもんですよ。

折しも夕食タイム。配膳ワゴンが「♪ぴんぴろぴんぴろぴんぴろりん」と、人の神経を逆なでする間抜けな音を立てながら廊下を行き来します。
そしてオレの前を当然のごとくスルーして同室の入院患者のもとに配られる夕食のお盆。
前日に食べたときには(なんだこのしょぼい飯は!)と内心で毒づいていた病院食ですが、いまのオレにはそれが満漢全席よりも豪華な膳に見えます。
いや、飯とは言わない。せめてお茶の一杯でも。口ん中がカラカラで唇もボロボロなんですよ。
心の中とは言え、ショボいとかマズいとか文句言って正直スマンかった。オレはもう今後二度とありがたい食事に対してケチをつけるようなことはしません!

そんな誓いでそれなりに盛り上がった夕食タイムも、「♪ぴんぴろぴんぴろぴんぴろりん」と遠ざかっていく配膳ワゴンと共に瞬く間に過ぎ去り、再び静寂が訪れる病棟。
見上げるのはなんの代わり映えもない天井。カーテンのレールにフックがいくつ付いているか数えてみたりもしたけれど、それも暇つぶしの作業としては明らかに限界がある。
消灯前に点滴のチェックに来た看護師さんに、できる限りの哀れっぽい声で「いつになったら動けるようになるんですかねえ」と尋ねてみると、朗らかな声で「すぐですよ」
「え、すぐ!?」
「ええ、明日の先生の回診のあと、おしっこの管と足は外せます」
「回診って何時頃なんですか!?」
「明日の10時過ぎくらいですね」
……ってことはあと15時間後。それをすぐとは言わねえ!
いや、消灯で寝て朝起きて、それからならすぐなんだろうけど、いまのオレはあまりにも目が冴えすぎていて、クロン・グレイシーにチョークスリーパーかけられても意識を失いそうもねえ!

夜9時、消灯時間。常夜灯がほのかに光る中でなんとか眠ろうと様々なチャレンジを試みた。
ヒツジも数えた。ヤギも数えた。アフリカイボイノシシも数えた。どの動物もことごとく役たたずだった。
ただ時が早く過ぎるのを悶々と祈っていても、消灯からおそらくまだ30分も経っていない。
もうなんもやることがない。寝返りすらうてない中で口の中の渇きと傷口の痛さが刻一刻と辛くなってゆくだけだ。飯の食いたさでそれなりに気が紛れていた夕食タイムが懐かしい。
気を紛らわす? そう、世の中にはそれに特化した素敵なガジェットがあったではないか。
その名はスマートフォン。ああ、しくじった! 手術室に連れて行かれる前に、あらかじめ枕の下にでもスマホを置いとくべきだった!

なまじスマホに心をときめかしてしまったばかりに、アレさえあればTwitterもできるのに、Webも見れるのに、YouTubeで動画見たりSpotifyで音楽聴いたりもできるのに、マリーンズスターカードのデイリーボーナスも受け取れるのにと、一層悶々とするハメになってしまった。
(スマホ、スマホ、スマホ、スマホ)と心の中で念じてみても、時が早く過ぎ去るわけではない。
同室の中で一番遅く就寝する人が枕元の灯りを消したようだ。ってことはまだ11時。宵の口もいいところだ。これから夜はひたすら長い。
ここまでよく頑張った。でももう肉体的にも精神的にも限界だ。

オレは決意した。なんとしてでも回診までの残り約10時間を潰すための道具、スマホを手に入れる。
スマホは確かサイドテーブルの二段目の引き出しに入れてあったはずだ。
ずるずると少しずつサイドテーブルに一番近い場所にまで身体を移動させる。足元のチューブが伸びてぎゅいぎゅいと悲鳴をあげ切ったばかりの傷口がズキズキ痛むが、そんなもんに構ってはいられない。
ベッドの格子の間から手を伸ばす。引き出しに手がかかった。窪みに人差し指をかけ、なんとかそれを開ける。

ここまではなんとか上手くいった。しかし引き出しの中で手の届かないところにスマホがあったら、そこでオレの企ては頓挫だ。
もうこれ以上身体は動かせない。いったん希望を見出してしまっただけに、手に入らなかった時のダメージはめちゃくちゃ重そうだ。
引き出しの中を精一杯に伸ばした指先で探る。スマホの手触りはない。やっぱりダメなのか。そう心が崩れ落ちそうになったとき、指の先端が紐状のなにかに触れた。
これは、……スマホのネックストラップだ!

しかし今は辛うじて指先がストラップの太い紐の端っこにかかるだけ。
手術を担当した外科医以上の細心さで、オレは撫でるようにストラップをミリ単位で手繰り寄せていった。
ここで指先がツルッと滑ってストラップが手の届かない場所に移動してしまえば、すべては水の泡と化す。
慎重に、慎重に。紐の手触りが少しずつ確かなものになっていく。そしてついに人差し指の第一関節にストラップが引っかかるようになった。
こっからいっきに! ずるっずるっずるっとストラップを引っ張る。その先には釣り上げた魚のように力なく回転する文明の利器スマホが。やった、ついにやった! これで朝まで気を紛らわすことができる!

やっとのことで手に入れたスマホで最初に開いたのはTwitter。
深夜のTwitter、そこは眠れないもの、昼夜を取っ違えた人たち、社会不適合者の吹き溜まり。しかし今のオレにとっては冬の大地の焚き火みたいな、とてつもなく暖かい空間だ。
好きだったアイドルグループの解散報告。うっそ、もうよりによってこんなタイミングで。
ボダラン3やってます報告。ふざけんな、このオレを差し置いて!
病みました報告。うんオレもそう! ガチで病みこじらせて今ここにいる!
あ、推しが久しぶりに自撮り画像あげている。おーれーのーきなこ!

……Twitterで潰せる時間にもさすがに限界はあった。
それでも数時間は経過しているのだが、まだ朝は遠い。
さすがに音を出すわけにはいかないので、ヘッドホンがない現状ではSpotifyやYouTubeは無理そうだ。
他になんかないか。そうだ、ゲーム!

とは言っても日常スマホでゲームをやる習慣がないオレだ。いまホーム画面にアイコンが踊るのは『Ingress』くらいのもの。入院の身動きできない体にこれほど向かないゲームも他にはないだろう。
ならばと開いたのはAndroidのPlayストア。
音も特に出す必要もなく、なんの前フリもなしに手軽に遊べるゲーム。ありふれたスリーマッチパズル!
検索窓に「マッチ3パズル」と打ち込み、出てきたアプリを適当にダウンロードする。
『Curse of the Pharaoh』。こんな事態にでもならなければ、一生遊ぶことのなかったようなゲームだろう。
しかし今のオレにとってはボーダーランズやフォールアウトを遥かに凌ぐ神ゲーであることは間違いない。
なんだかよくわからないブロックをスライドさせて、並べて揃えて連鎖連鎖連鎖。うわあい、楽しい楽しい楽しい!
190921003.jpg
そうやってブロックを消す作業に没頭していたオレが、ふと我に返っったとき、目に入ったのはスマホの上部に輝くバッテリー表示だった。
残り10%を切っている。朝はまだまだ遠いのに、これではとても持ちそうにもない!
コンセントは手の届く範囲にあるが、肝心の充電ケーブルは遥か向こうのロッカーの中。いくらなんでもそこまで取りに行くのはさすがにムリだ。

さすがに詰んだのか……。いや、そう言えばモバイルバッテリーをサイドテーブルに入れたはずだ。確か上から三番目の引き出し!
チューブとか点滴とか完全にシカトして、ベッドから半分ずり落ちるような態勢になれば、なんとか手が届くかもしれない。
オレは意を決してベッドについた両手に力を入れた。
縫い合わせたばかりの下腹部の切開部分に激痛が走る。命とモバイルバッテリーの天秤。そんな考えもよぎったが、いいや、世の中には命を懸けるくらいでなければ手に入らないモノもあるのだ。
果たしてこの『Curse of the Pharaoh』が命を懸けるのに相応しいゲームなのか? そんな疑念を打ち払って、オレは上体を可能な限りこれでもかと伸ばすのであった。

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2845.html

2019/09/21 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Ingress】メットライフドーム願望順位表ミッション

   ↑  2018/04/25 (水)  カテゴリー: Android
ingress.jpg
メダルが一列揃う『Ingress』の6連ミッションは、たとえどんな規模のものでもそれなりの区間を歩かせるのが普通だ。
しかしIngress界は、まぁそれなりに広いもんで、同じ場所をただぐるぐるしているだけで一列揃ってしまう、超お手軽な連作ミッションも存在していたりする。
それがあるのが埼玉西武ライオンズの本拠地メットライフドーム。
「西武ドームへようこそ」と銘打たれたこのミッション、正式には連作ではないのだが、しかしご当地のライオンズを筆頭に、マリーンズ、イーグルス、バファローズ、ホークス、ファイターズと、パ・リーグ全6球団のバージョンとメダルがそれぞれ用意されているとなると、これはもう揃えてくれと言ってるようなもんだろう。
180425002.jpg
ちなみにミッション内容は共通。
西武球場前駅を皮切りに西武ドームまでの短い距離の間にある数ポータルをハックするだけ。
最後のみがポータルハックではなくField Trip Waypointになっているが、1塁側入り口のゲート付近に寄れば充分アクセス可能だ。
開場前の行列ができているときだけは、ちょっと困難かもしれないが、いざ開場してしまえば問題なく近寄れるはずだ。
野球ファンならご存知だろうが、西武球場前駅を出てすぐ左を見ればそこはもうメットライフドーム。
たらたら歩いても1分。この僅かな距離を行ったり来たりするだけで一列。
障害となるのはもうポータルの冷却時間くらいのものだが、まあそれはライオンズストアを覗いたり、駅前にある飲食店ワゴンに寄ったりして(ハッピーハッピーのメロンパンおすすめです)適当に潰そう。
180425004.jpg
連作ミッションには決まったメダルの並びがあるが、建前上は単作が6つあるだけのこれは、どのようにメダルを並べようが自由。
ということは願望上のパシフィックリーグの順位を任意に作れるわけで、オレの場合は当然千葉ロッテマリーンズバージョンは一番後回しになるのであった。
おい誰だ、右から順に見ていくと違和感ない並びっすね、とか言ってんのは!
(なお、この日のロッテはボロ負けしました)。

この記事に含まれるtag : イングレス 野球 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2764.html

2018/04/25 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Mアプリ】光らせマクレ!

   ↑  2018/04/13 (金)  カテゴリー: Android
180413002.jpg
井口新体制のもと、快調なスタートを切った千葉ロッテマリーンズ。
新たなスローガンとなった「マクレ」も、本来想定していた「勝ちマクレ」「打ちマクレ」「走りマクレ」のみならず、「バントミスしマクレ(田村)」「ハラハラさせマクレ(シェッパーズ)」「盗塁失敗しマクレ(岡田)」「二軍で腐りマクレ(ドミンゲス)」等々、かつての福岡SBホークスの「ダ」を思い起こさせる汎用性の高さを見せている。
球場内のファンサービスも、今年から刷新されたものが多い。
元々マリーンズは、ファンサービスの先進性にかけてだけは、他を大きく引き離している。
できた当初はただ不便な場所にあるだけだったマリンスタジアムも、長い月日をかけて様々な施設やイベントを充実させ、今や12球団のどの本拠地よりも訪れるのが楽しい場所に進化した。
180413003.jpg
「勝つことが一番のファンサービス」と言われたら身も蓋もないが、球団が強くなるためには、やはり新規のお客さんをどんどん呼び込んで動員と収益を増やすのが一番の近道だ。
参加型のイベントは、新規のお客さんをリピーターに定着させる大きな要因のひとつ。
まあロッテに限らずどの球団でも、コールなどの応援は一番ポピュラーで魅力のある参加型イベントだが、しかし来たばっかりのお客さんがいきなり「おーれーたーちのー、ふっくうーらー!」などと大声張り上げるのは、さすがにハードルが高い行為だろう。
180413010.jpg
そんなご新規さんや照れ屋さんでも気軽に参加できるのが、今季から始まったSound Flashだ。
必要となるのはiOS版とAndroid版がリリースされている球団公式の『Mアプリ』。
これを球場内で起動させると、試合中や試合後のイベントタイムに流れる場内音響を拾って、それに応じて画面が変化する。
これをみんなで一斉にかざして客席をデコレートしようという趣向だ。

上のイメージ映像のようになるのが理想なのだろうが、残念ながらオレが初めてこれを体験したときは、強風吹き荒れる平日ナイターでちょっと寂しい客入り&アプリを起動させている人が思ったよりも少なかった条件もあって、夜空のあちこちに星が瞬いている(超好意的表現)程度のビジュアルに留まっていた。
180413007.jpg
まだあまり周知されていない発展途上のイベントだが、マリーンズが試合に勝利したあとは、場内の照明を消してのこの催しが定番化するみたいだし、勝った勢いをもって盛り上げていきたいではないか。
なんかこれにいずれ追随するであろう他球団のSound Flashの方が、よりポピュラーな存在になるような気もぷんぷんするが(まぁ毎度のことだが)、なんだかんだ言いながらマリンスタジアムで観るプロ野球興行は12球団一面白いんだって、ホントだよ。
みんなマリスタに来い。そしてスマホ光らせマクレ!

この記事に含まれるtag : 野球 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2761.html

2018/04/13 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【The Fielder's Choice】テキストゲームの現在進行系

   ↑  2018/04/10 (火)  カテゴリー: Android
180410005.jpg
コンピュータゲームにビジュアルの存在が不可欠となってから、テキストベースのゲームは自然と衰退を余儀なくされた。
だがその流れは完全に途絶えることはなく細々と受け継がれ、そしてビデオゲーム市場の裾野が大きく広がった今、ささやかながらも新たな盛り上がりを見せている。
中でも商業的にも成功を収めているのが、カリフォルニアに本拠を置く独立メーカー、Choice of Gamesだ。
180410002.jpg
2009年の『Choice of the Dragon』を皮切りに、同社はテキストのみで構成されたアドベンチャーゲームを専門に送り出し、その総作品は80近くに登ろうとしている。
プラットフォームはSteamに加えてAndroidとiOS。
ゲームブックに酷似したそのスタイルは、モバイル機器と極めて相性がよく、プレイヤーは電子書籍を読むような感覚でストーリーに没入することができる。
ただしKindleのような電子書籍フォーマットに根を下ろさない(下ろすことができない)のは、ときおり現れる社名の由来にもなった選択肢の存在だ。
180410003.jpg
プレイヤーが選択したテキストにより、ストーリーはもちろんのこと、主人公の人やなり、アティチュードは大きく分岐する。
そのスタイルは『弟切草』に始まった日本のビジュアルノベルに近いが、サウンドやビジュアルによって装飾されたそれらとの大きな違いは、徹底したテキストのこだわりとそのボリュームだ。
Choice of Gamesの大きな特徴は、ChoiceScriptと呼ばれる簡易プログラム言語を一般公開し、これを使って制作された作品を公募しているところ。
審査を通った作品は同社のレーベルから発売され、作者はギャランティと印税を手にすることができるのだ。
これにより職業作家をも含めた多彩な人材の参入を促し、テキストのみのハンデを持つ同社の作品ラインナップに大きな広がりをもたらせている。
180410004.jpg
その作品ジャンルも、定番のファンタジーに始まって、SFにクライムアクション、伝奇ロマンに歴史もの、ホラーにミステリー、さらには私小説風と幅広い。自社作品では最新作となる、この『The Fielder's Choice』に至っては、プロ野球がその題材だ。
Steamはもちろんのこと、AndroidやiOS版もそれぞれの日本国内ストアで余さずリリースされており、作品の入手自体は容易いが、1作品10万ワード以上が基準のそのボリュームときっちり書き込まれたテキストは、洋書の長編小説に向き合うような歯ごたえと覚悟が要求されるだろう。

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2760.html

2018/04/10 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Swamp People】バイユーのワニ獲りオヤジ

   ↑  2017/12/23 (土)  カテゴリー: Android
171223006.jpg
アメリカ合衆国の東部をほつれた糸のようにうねうねと蛇行して流れる大河、ミシシッピー川。
その南端、河口付近に広がる一面の湿地帯が、ヒストリーチャンネルの「Swamp People」の舞台だ。
番組が密着するのは、ここで漁を生業とするフランス系アメリカ人たち。
しかし漁と言っても獲るのは魚じゃない。体長4メートルにも達し鋭い牙と顎を持つアリゲーターだ。
平底の船で湿地帯を巡り、ポイントに餌を付けた仕掛けを設置。これにアリゲーターが食いついたら引き上げてライフルでズドン。
171223002.jpg
キャッチフレーズは、ノー・ガッツ、ノーゲインをもじったノー・ガッツ、ノー・ゲーター。
競合番組「Duck Dynasty」と同様に、大自然の中で頑なに伝統のライフスタイルを守り通す人々のストイックな仕事。そしてその強烈なキャラクターにスポットライトをあてたリアリティショーだ。
Androidアプリ『Swamp People』は、その番組のオフィシャル作品。
仕掛け罠でアリゲーターを釣り銃器でとどめを刺す、彼らの猟法を見下ろし型の画面に落とし込んだゲームだ。
171223004.jpg
しかし罠と言ってもそこはピンからキリ。デフォルトの無料仕掛けでかかるワニのサイズなんてタカが知れている。
そこで登場するのがゲーム内通貨、その名もケイジャンコイン。
高性能な仕掛けの購入から各種装備のアップグレードまで。世俗から離れたケイジャンとは言え、そこは資本主義経済から完全には離れられない。
ゲーム内で入手できるコインは雀の涙。
ストイックに無課金プレイを貫こうにも、アリゲーターの巨体にぶちかましを食らうボートの買い替えは喫緊の課題だ。
171223003.jpg
上位ボートの中でも巨大ファンを後部に付けた南部湿地帯名物エアボートは、猟以外にもレースモードでも威力を発揮する憧れの一台。
コインでのアップグレード対象には、ケイジャンたちの猟小屋や衣服なんかもあるが、どうせみんな中年時代のミッキー・カーチスみたいなおっさんばっかり。
そんな見栄えは後回しにするのが、より彼ららしいってもんだろう。

*関連記事
【Duck Dynasty】南部田舎暮らしの非ススメ

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2720.html

2017/12/23 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |