ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

このページの記事目次 (カテゴリー: 音楽

total 7 pages  次のページ →  

井上麻美のディスコグラフィー

   ↑  2017/10/24 (火)  カテゴリー: 音楽
171024012.jpg
史上初のアイドルオーディションゲーム、『みつばち学園』のプレイヤー人気投票を勝ち抜きミスCDロムロムの座を射止めた井上麻美。
しかしデビュー曲の「青春はちっぽけな僕たち」とそれに続くシングル、そしてファーストアルバム「世界中のステキ信じてる」(1992年)は、『みつばち学園』やハドソンのイメージガールといったイメージからは、およそかけ離れたダウナーなカレッジポップ風の路線だった。
デビューアルバムの半数を占める作詞・戸沢暢美、作曲・馬飼野康ニコンビの作品は、いずれも佳曲揃いなのだが、その一方で「痛み」「悲しみ」「傷つき」なんてワードが主軸に置かれた内容は、彼女を擁するハドソンも「え、こんなイメージで行くんですか!?」と、ちょっぴり戸惑ったに違いない。
171024013.jpg
現に「青春はちっぽけな僕たち」はPCエンジン系の情報番組「大竹まことのただいま!PCランド」のテーマ曲に使われていたのだが、番組のイメージとめちゃくちゃ乖離していた。
当時としては珍しいデジパック仕様でリリースされたこのアルバム、その正統派アイドル路線から外れた、教室の隅でいつも一人で俯いているような方向性は、あの時代のアイドルだと坂上香織なんかに近いかもしれない。
171024010.jpg
続くミニアルバム「たったひとつの贈り物」(1993年)は微妙に路線チェンジ。
5枚目にして本人名義ではラストシングルとなった「恋人になりたいな」を筆頭に、ここにしてようやく正調アイドル風の楽曲が並ぶこととなった。
この正調アイドル路線への転換は、同時期にリリースされたPCエンジンソフト『井上麻美 この星にたった一人のキミ』の存在も大きい。
PCエンジン・アイドル路線の集大成とでも言うべきこのゲームは、過去の同系統作品の甘ったるいフレーバーを、サッカリンで水増ししたようなベタベタなゲーム。それに収録される楽曲も、ちょっとダウナーなカレッジポップ風であっては当然困るのだ。
171024003.jpg
この「たったひとつの贈り物」は、『井上麻美 この星にたった一人のキミ』の実質的なサウンドトラックアルバム。
ジャケットはゲームのものと同ショットだし、インナーや特典として添付されたカレンダーの写真も、やはりゲームからの流用。
しかしミスCDロムロムの面子にかけて放ったゲームと音楽CDのコラボレーションも、既に到来していたアイドル冬の時代には抗うことができず、結局このアルバムは井上麻美名義の単独作品としては最後のCDとなった。
171024002.jpg
事務所移籍を経て、岸本由香理、真下友恵とのユニット、Clikを結成したのは、PCエンジンの後継機PC-FXが青息吐息となっていた1997年。
ミニアルバム「勇気をください」は、Wink系90年代アイドルポップスを踏襲した路線であったが、これ一作のみのリリースでユニットは活動停止。
井上麻美の音楽活動のフィナーレを飾る作品となってしまった。

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2698.html

2017/10/24 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

音楽【V.A. - 熱唱!! ストリートファイターⅡ】

   ↑  2016/01/26 (火)  カテゴリー: 音楽
160126001.jpg
格闘ゲームにまったく縁のないオレが、『ストリートファイターⅡ』関連のCDを持っている理由。それはもうこのアルバムにストロング金剛さんが参加しているからに他ならない。
役者としての数々の迷演の他に、金剛さんはシンガーとしても多くの伝説を残している。
昔からプロレス歌謡は迷盤珍盤の宝庫だが、その中にあって金剛さんの残した作品は、味わい深さという点で群を抜いている。
これは類稀なる歌唱力もさることながら、やはり金剛さんの少女のように繊細なパーソナリティが、楽曲に独特の情緒とコクを生み出しているのだろう。

そんなシンガー金剛さんが、今度は格闘ゲームに急接近。
『ストⅡ』ブームが頂点に達していた1992年に発売された、この「熱唱!! ストリートファイターⅡ」は、音楽界の各ジャンルを代表する面々が、一人一キャラクターを担当してそれぞれのイメージソングを収録したオムニバスアルバム。
このアルバムで金剛さんが歌うのは、ラスボス、ベガのイメージソング、その名も"沈黙の墓標"。
歌詞の全くないこの曲で金剛さんが披露するのは、風呂場でのオヤジの鼻歌みたいなハミング……、というか唸り声だ。
160126002.jpg
「♪うー、うー、うーうーうー、うー、あー、あー、あああ、あー」
独特の濁声で延々と続くこの唸り声に、もうそれだけで胸焼けがしてきそうだが、さらにこれに時折、「ぐっふっふっふっふっふ」という不気味な思い出し笑いが被さるサービスっぷり。
アイドルにニューウェーブ、ブルースに吉本興業と、各界の顔が並ぶこのアルバムの中でも、そのインパクトは飛び抜けている。
他の参加アーティストは、宮前真樹(春麗)、影山ヒロノブ(ケン)、戸田誠司&小山田圭吾(ダルシム)、ウガンダ(エドモンド本田)、巻上公一(サガット)、電撃ネットワーク(ブランカ)、島木譲二(ザンギエフ)など。
「ロシアも強いが、大阪も負けてへんどー!」の絶叫で始まるザンギエフのテーマソング。これはカプコンが認めるザンギエフのパブリックイメージと理解して宜しいのだろうか?

どうせならやって欲しかったのが、このメンバーでの実写ストⅡ化だ。ヴァン・ダムで一回やらかしちゃってるから、もう一回やっちゃったところで、もはや誰も怒らないだろうし。
灰皿で頭をひっぱたきながら「大阪名物、ダブルラリアットや!」と絶叫するザンギエフ。体を茶色に塗りたくり半裸で為す術無くうろうろする、小山田圭吾扮するダルシム。
「サイコクラッシャー」とぎこちなく叫びながら、宮前真樹の春麗を単なるヘッドロックで捕らえる、我らが金剛さんのベガ。
ヴァン・ダムのガイルに眉をひそめた人たちだって、この面子ならば金剛さんに免じて笑って認めてくれるはずだろう。

 


この記事に含まれるtag : プロレス 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2445.html

2016/01/26 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

音楽【Debbie Harry - Rush Rush】

   ↑  2015/07/01 (水)  カテゴリー: 音楽
150701001.jpg
'80年代を代表する歌姫デボラ(デビー)・ハリーのブロンディ~ソロ時代を通してのキャリアの中でも、"Rush Rush"はそれほど飛び抜けた曲ではない。。
それにも関わらずこの曲は必殺の名曲となった。あの永遠の名画「スカーフェイス」の裏テーマ曲に起用されたからだ。
「スカーフェイス」の真のミューズは、ミシェル・ファイファーでもメアリー・エリザベス・マストラントニオでもなく、画面には一度たりとも登場しないデビー・ハリー。
トニー・モンタナは、このデビーの歌声に導かれるかのように、栄光と破滅への階段を駆け上がっていったのだ。

そして今となっては懐かしの『GTA Ⅲ』のミューズもデビー・ハリー。
Flashback 95.6から流れるこの曲に促されて、オレはついついアクセルを深く踏み込み、ハンドルを誤って通行人をまとめて撥ね飛ばし、駆けつけてきた警官を思わず射殺してしまい、街中に厳戒態勢が敷かれてもうのっぴきならない状態に突入してしまう。
「これはもどうにもならない」と、思わず観念しそうになったところに、カーラジオからループして流れてくるのは、この"Rush Rush"。
デビーの妖しい囁きに押し出されるようにして、オレはハンドルを握り直し、破滅の延長戦に突入する覚悟を決めるのだった。
150701002.jpg
結局警官隊に蜂の巣にされて病院前からリスタート。とりあえず手近の車を奪ってみると、持ち主が直前までカーラジオで聴いていたのがFlashback 95.6。デビー・ハリーがまたもや"♪ Rush rush, got the yeyo?"と、妖しくオレを急き立ててくる。
何て最悪の。そして何て至福のローテーションなのだろう。
リバティーシティでは"Rush Rush"、バイスシティではブロンディ時代の"Atomic"と、オレのゼロ年代GTAはデビー・ハリーと常に一体であった。彼女こそがニューウェーブのディーバであり、ミューズであり、アイコンであったから。
このやさぐれた街のあらゆる景色の記憶は、すべて彼女と歌声と共に蘇る。そして近年のGTAシリーズに物足りない点を唯一挙げれば、やはりデビー・ハリーの不在ということになるのだろう。
そんな彼女が今日70歳の誕生日を迎えた。「計算が合わねえ!」とニューウェーブ世代の人間はうろたえるかもしれないが、つまりアルバム「妖女ブロンディ」で1976年に(再)デビューして、おぼこ娘の恋慕などを歌い上げてた頃には、すでに30代半ばだったということになる。つくづく魔性の歌姫だ。



この記事に含まれるtag : GTA 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2338.html

2015/07/01 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

音楽【Nylon - ロックンロールは止まらない】

   ↑  2014/02/07 (金)  カテゴリー: 音楽
14020701.jpg
純血種とでもいうべきオリジナルメンバーから、ドラマー、そして2007年に出たサードアルバム「It's Alright!」の直後にはベーシストまでもが脱退し、以後メンバーが定まらず活動も思うようではなかったらしい、京都の"世界一ガールズという冠が似合わないガールズバンド"ナイロン。
定着しなかったベーシストにオリジナルメンバーが復帰したナイロンの次なる一手は、楽器未経験のボーカルをドラムにコンバートさせ、バンドの減量でさらなる純血化を図る大胆なものだった。
そのダイナミックな施策が実った結晶が、5日に発売されたばかりの、実に7年ぶりのニューアルバム「ロックンロールは止まらない」。
14020702.jpg
その気っぷのいいサウンドや出で立ちとは裏腹に、ここのベーシストが楽器を弾くたたずまいは、何ともなまめかしい女っぽさが漂っていて(スーツ姿が余計にそのなまめかしさを引き立てている)、それがこの男気溢れるグループの密かな隠し味となっていたのだが、新たに髪を伸ばしたボーカリストがドラムを叩くようになり、その様がボーカル専業時代には希薄だった色っぽさを醸し出すようになって、バンド自体がほんのりと妖艶さを増してきた。
まあもう一人のメンバーが男っぷりを一層冴えさせているので、それくらいがバランスとれていていいのかもしれない。

しかしそれはあくまでもビジュアルに限った話。
7年ぶりのこのニューアルバムも、相も変わらずのストレートなナイロン節。ドクター・フィールグッドやインメイツのような漆黒のロックンロールを、パンクロックで濾過した理屈抜きでとびきりの世界だ。
曲のタイトルも先行シングルの表題曲"ゴーゴーロック"を筆頭に、"ロックしよう"、"ワンツーツイスト"、"グルグルロック"と、メモ書きの仮題を面倒くさいからとそのまま正式タイトルにしたような、ぶっきらぼう極まりないもの。
トリオ編成への後退もこのバンドが持つパワーにはこれっぽちも水をささず、不器用でけれんのないドラムはむしろ引き締まった凄みを与え、ボーカルを3人が持ち回りで担当することでカットボール気味のさりげない変化も加わった。
そして彼女たちの、男も男として惚れるきっぷのよさは不変。7年待った甲斐がある最高のニューアルバムだ。



(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2028.html

2014/02/07 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

音楽【Sex Pistols - The Biggest Blow】と【Die Toten Hosen - Learning English Lesson1】

   ↑  2013/12/30 (月)  カテゴリー: 音楽
13123005a.jpg
♪ ロニー・ビッグズ 刑期をほったらかしてとんずらこき 光を見出したと嘯きながら パンクに魂を売り渡す <Sex Pistols - No One Is Innocent (The Biggest Blow)>
イギリスの著名犯罪者ロニー・ビッグズが、今月の18日に亡くなったことを、遅ればせながらつい先ほど知りました。
ビッグズは1963年に、貨物列車から日本円にして約60億円相当の現金を強奪して一躍その名を馳せた人物。
逮捕され有罪判決を受けるものの脱獄に成功し、オーストラリアを経てブラジルまで逃亡。
その地でまるでGrand Theft Auto的振る舞いのなれの果てみたいな、煮詰まった生活を続けていましたが、里心には逆らえなかったのか、2001年にはイギリスに帰国。そのまま再び収監されていましたが、その激動の人生にもついに幕が下り
私がビッグズの名前を知ったのは、パンクロックバンドのSex Pistols絡みです。
忘れもしない小学六年生のとき、中学に進学していた先輩からピストルズの超貴重盤を譲ってやると持ちかけられ、カネだけ先にふんだくられて、さんざんの催促の末、ようやく渡された12インチ盤のジャケットには、ジョニー・ロットンとは似ても似つかない謎のおっさんが写っていました。

空中分解後のピストルズ残党とマルコム・マクラレンは、映画を作るついでにブラジルに飛んでレコーディングをするという悪あがきを続けていましたが、その相手が他ならぬロナルド・ビッグズ。
犯罪者をシンガーに据えて色モノ曲をリリースする、まあいかにもマルコム・マクラレンらしい詐術なのですが、堪らないのはこんな胡散臭い手口を直撃喰らってしまった、東洋の島国の純真な小学六年生です。
ワケの分からんおっさんのヘタクソなボーカルがステレオから鳴り響く中、幼い私は自分に、「これはピストルズなんだ。これでも一応ピストルズなんだ……」と、ひたすら言い聞かせていました。
よっぽどトラウマだったのか、このレコードはすぐに手放してしまったのですが、後に思い切りプレミア盤となってしまい、しまったと思ってももう後の祭りです。

ビッグズの顔を再び拝むことになったのは、やはりパンクロック経由でした。
ドイツのパンクバンド、Die Toten Hosenが1991年にリリースしたカバーアルバム集「Learning English Lesson One」に引っ張り出されたビッグズは、Hosenと共に"Carnival in Rio (Punk Was) "という曲を収録。
さすがに小六の時とは違い、「また煮詰まったおっさんが、しょうもない小遣い稼ぎを……」と、苦笑しつつ受け止める余裕がこちらにはありましたが、しかしPVの中ではしゃぐビッグズは、ピストルズ残党と組んでいたとき以上に煮詰まり具合が進行しているようで、犯罪者の潰しの利かなさというものを、つくづくと思い知らされます。
そんな史上最高齢のパンクロックシンガー、ロナルド・ビッグズ。彼の後半生は、GTA5のマイケルやトレバー、そしてGTA Onlineのロスサントスで蠢く私の分身の、その後の姿(と言うか、なれの果て)を見るかのようかもしれません。



(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2000.html

2013/12/30 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |