FC2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

このページの記事目次 (カテゴリー: PCゲーム

total 28 pages  次のページ →  

【修羅の筆 ~狂気が愛に変わるとき~】

   ↑  2019/07/19 (金)  カテゴリー: PCゲーム
190719002.jpg
一切のネタやアイデアが思い浮かばなくなり一行たりとも書けなくなってしまう。非常に身につまされる話です。
作家やクリエーターであれば、それはおのれのアイデンティティと飯の種に関わる問題です。スランプで深く思い詰めてしまったとしても、それは無理もないことでありましょう。
そんな一筆も書けない焦燥から自暴自棄になり夜の街に飛び出すこのゲームの主人公。
ここで凡愚な我々であれば、ヤケ酒飲んで憂さを晴らしたり、バッティングセンターで140キロの速球にチャレンジして一心不乱にバットを振ったりするところです。
しかしそこは浮世離れした作家先生。ヤケ酒にもバッティングセンターにも背を向けた彼は、夜の公園を一人で無防備に歩く青年に無理矢理襲いかかったではありませんか。
190719003.jpg
泣き叫ぶ青年相手に一発抜いてスッキリした作家先生、自宅に戻って机に向かいます。
するとどうしたことでしょう。新しいアイデア、文章が湯水の如く溢れ出てくるではありませんか。
「書ける!書けるぞぉ!」
狂ったように走り出す彼の筆。そして小説の完成と同時に彼を包むエクスタシー、フィニッシュ!
書いていたって、何か別のものをカイていたんじゃないかと疑いたくもなりますが、とにかく創作の甘美な快楽というは、我々凡人の理解に及ばないものであることは確かなようです。
190719005.jpg
しかし、この創作の源がいつまでも続くわけはない。そうそう都合良くあの青年が、夜の公園をうろついているわけはないしな。と言うか、あんな目に遭ったら普通二度と夜の街なんか歩きはしないだろう。
ううむ、困った。また彼を手籠めにしなければ、筆が走らないではないか。
"ピンポーン"。おや、誰かが来たようだ。
「今度ワケあって、父の知り合いのこの家にご厄介になる者ですが。……ああっ!」
君は私の創作の源であるあの青年!? ……これは創作の神様の贈り物かなにか!? なにはともあれラッキー!!
190719006.jpg
まだ幼い弟を引き連れて作家先生の家にやって来た、本来なら性犯罪被害車であるはずのあの青年。カモがネギ背負ってやって来たとは、まさにこのことです。
「これでまた小説が書ける」と安堵する作家先生ですが、この可愛い兄弟をむさぼり尽くすことに熱中し過ぎたのか、あるいはシナリオを書いた人がこの設定やテーマを処理しきれなくなったのか、とにかく"創作の苦しみ"、あるいは"創作は悪魔の所業"といった主題は、完全にどこかに置き忘れられて以後はまったく無かったことにされてしまうのでした。
そう、このゲームの製作は、"ボーイズラブゲーム界のトロマ"と私が勝手に呼んでいる粗製濫造メーカー、マリンハート。
テーマ、設定、ストーリー、あらゆるものを途中で早々と投げ出してトンズラ決め込むそのスタイルは、このメーカーに一貫したアティチュードだったりするのです。
190719004.jpg
この作家先生には、若い専任の編集者が一人付き従っています。
先生の創作の為には、あらゆる協力(それはもはや奉仕に近かったりする)を惜しまないこの編集者。
「おい、バイブ買ってこい」
「はい、買ってきましたぁ!」
「おい、ムチとローソク買ってこい」
「はい、買ってきましたぁ!」
「おい、バイブ買ってこい」
「またですか?」
「今度は双頭のやつ」
「はい、買ってきましたぁ!」
……自分の仕事を少しは疑った方がいいと思います。そうしているうちに、遂に本性を表す編集者。作家先生の足にすがりつき、
「あんな兄弟のことは放っておいて、オレだけのご主人様になってください!」
創作者の周囲には、こんな奴しか居ねえのか!
190719008.jpg
編集者が買ってきた各種道具を使って、家の中に罠を仕掛ける妙なコマンドも存在しています。
ロープを使った罠を仕掛けておくと、深夜に兄弟のうちのどっちかが緊縛状態でひっ絡まっていたりするのですが、仕掛ける方も仕掛ける方ですが、黙って引っ掛かる方も引っ掛かる方です。
ゴキブリホイホイならぬ美少年ホイホイ。この緊縛罠にかかるプロセスなどはぜひとも知りたいところですが、そんな面倒くさい描写をご都合主義という言葉を自分たちのためだけに最大解釈するこのメーカーに求めるほうが間違っているのかもしれません。
イントロの勢いが進行度5%くらいのところで早々と失速して、あとはだらだらとどうでもいい展開が続く、典型的なマリンハートスタイルの駄作です。

<18禁作品>

この記事に含まれるtag : ボーイズラブ 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2840.html

2019/07/19 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Zaccaria Pinball】欧州ピンボールの帝王

   ↑  2019/04/02 (火)  カテゴリー: PCゲーム
190402007.jpg
ザッカリア。力強い響きだがゲームクラスタにとっては、あまり耳に馴染みのない名前。
しかしここはかつてピンボールの分野で大きなシェアを獲得し、一時はビデオゲームにも手を広げたれっきとしたゲームメーカーである。
社名にもなったザッカリア三兄弟によってイタリアのボローニャに設立されたこの会社は、50台近くのピンボール台をこの世に送り出し、本場アメリカのメーカーに負けない存在感を示したものの、80年代の後半には失速。
アメリカで再びピンボールの隆盛が起こるのを横目に解散に追い込まれてしまう。
190402003.jpg
最盛期は70年代末から80年代にかけて。しかもイタリアの会社。
そのような時代背景や地域性もあって、オレはこのメーカーのピンボール台にまったく馴染みがない。
日本にどの程度ザッカリアの台が輸入されていたのかもさっぱりだし、もし入っていて当時のゲームセンターで出会っていたとしても、その頃はどこのメーカーだとか、そんなことはこれっぽっちも意識しなかった年齢の頃だ。
190402005.jpg
そんな実機を遊んだかどうかも定かではないザッカリアのピンボールマシン。
しかしこの『Zaccaria Pinball』でモニターの上に再現されたピンボールマシンは、どれもなぜか懐かしい手応えを感じさせる。
ぶっちゃけここの台はWilliamsやBallyなどの米国メーカーのそれと比べると、ゲーム性や台のレイアウトといった部分で面白みが決定的に欠けている。
『Pinball Arcade』や『Pinball FX3』の主軸となっている、ビデオゲームと真っ向から張り合っていた90年代の米国製台と比べるのはそりゃ酷だが、同時代のマシン、例えばGottliebの『Black Hole』やWilliamsの『PinBot』などの傑作タイトルに比するような台を、ザッカリアのカタログから見出すことも難しい。
190402006.jpg
だけどザッカリアの平坦な構成の台からは、ビデオゲームの侵略が及ぶ以前、アミューズメントスポットが牧歌的なエレメカばかりで賑わっていた時代の手触りを感じることができるのだ。
南国サイケデリックな同社独特のビジュアルデザインも、ピンボール台がアミューズメントスポットに闖入してきた異国からの客人であった時代の空気を、ありありと伝えてくれる。
190402004.jpg
このビデオピンボールシム『Zaccaria Pinball』に収録されているのは、そんな時代遅れなエレメカテイストぷんぷんのザッカリア実在台45と、それらの各種リミックスバージョン。
ベースのコンポーネントは無料で、それぞれの台を買い足してコレクションを完成させてゆく、ピンボールシムではお馴染みのスタイル。
Steam版の他に現在はコンソールゲーム機にも少しずつ進出中で、既にニンテンドーSwitchでは配信が始まっている(ただし海外のみ)。

<追記>
2019年4月3日、Xbox One版が国内ストアで配信始まりました。

この記事に含まれるtag : ピンボール Steam 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2820.html

2019/04/02 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Where on Google Earth is Carmen Sandiego?】Google時代のカルメン

   ↑  2019/03/27 (水)  カテゴリー: PCゲーム
190327002.jpg
大きく真っ赤なつば広帽子にこれまた真っ赤なロングコート。
忍ぶなんて言葉とはおよそ正反対なファッションに身を包み、案の定そこらの観光客や地元民に目撃情報を提供しまくり。
手がかりを大盤振る舞いして追跡する我々の半歩先を行く、なんか冷静に考えれば怪盗という職業には明らかに適正がないかもしれない。
それでも世界を股にかけるフェイマスな大泥棒、その名はカルメン・サンディエゴ。
そのデビューは1985年。まだApple IIとかが幅を利かせていた時代だから、コンピュータゲームキャラクターとしては超古株だ。
190327005.jpg
カルメン・サンディエゴは国境を軽々と超える女盗賊。プレイヤーの使命は地球のどこかにいる彼女を追い詰めること。
とは言っても地球は広い。しかし途方に暮れることはない。
前述の通りカルメン・サンディエゴとその一味は、おのれのいた場所にまるでプレイヤーを試すかのようにピンポイントな手がかりを残してくれている。
「どこぞの国の通貨に両替していた」「ある観光名所のことを尋ねていた」「何々色の国旗が付いた乗り物で去っていた」等々。
その目撃情報はどれも微妙に回りくどいものばかりだが、いちいち面倒臭がらずに詳細は自分で調べよう。それがこのゲームの主目的なのだから。
190327007.jpg
ルピーはインドの通貨。赤地に緑の五芒星はモロッコの国旗。万里の長城はさすがに調べんでも分かる、中国。
まだGoogleなんか存在してもいないのに「ググれカス」を要求するその理由は、世界の地理トリビアの学習をお題目としているから。
なんだかよくわからないけど勉強に使えるらしいからの大義名分のもと、ガキどもに高価なパーソナルコンピュータが買い与えられた時代もありました。
地理トリビアADVの基本フォーマットを守りながら、現在に至るまで無数の続編を生み出した『Carmen Sandiego』シリーズ。
本国に比べると日本での認知度はイマイチだが、それでも1990年には『カルメン・サンディエゴを追え!』のタイトルでPCエンジンCD-ROM2版が発売されいてる。
190327006.jpg
その女怪盗の最新バージョンとなるのが、1月から配信が始まったNetflixオリジナルアニメ。
それに合わせて登場したのがGoogle Earthでプレイできる『Where on Google Earth is Carmen Sandiego?』だ。
調べることを前提とした地理トリビアという基本仕様上、そりゃあGoogle関連のあれこれとは相性が悪いわけがないカルメン・サンディエゴ。
Google Earth上で展開するのは、地理クイズ一歩手前の目撃情報をもとに世界を飛び回って女怪盗を追い詰める昔ながらのスタイル。
登場するカルメンはNetflix版準拠。この最新アニメ版のプロモーション目的の小品で、プロローグ程度のボリュームだが、この息の長いキャラクターの健在っぷりと、懐かしのゲーム様式のGoogle時代へのアジャストを確認できるだろう。

この記事に含まれるtag : トリビアゲーム 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2818.html

2019/03/27 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Crysis Warhead】もう一つのクライシス

   ↑  2018/11/01 (木)  カテゴリー: PCゲーム
181101001.jpg
もう一個人のドンパチでは収拾つかないくらい、大袈裟な話に膨れあがるクライシスサーガの狭間に咲いた徒花。サージェント・サイクス、通称サイコ。
『Crysis』一作目で、リンシャン島での任務中、壊滅状態に陥ったラプターチームの中で、主人公のノーマッドの他に島からの離脱に成功した数少ない人物。
作戦中に別れ、ノーマッドの視界から消えていた彼が、その間にどのような行動をとっていたのか。
『Crysis』のスピンアウト作品である、この『Crysis Warhead』は、そのサイコを主人公に据えた、もう一つのリンシャン島顛末記だ。
181101005.jpg
オリジナルを洗練させたり問題点を修正する形になって、結果として拡張パックやスピンアウト作品が、本家よりもバランス的に優れたゲームになってしまうのは割とよくある話だが、『Crysis Warhead』もそのパターン。
後半、思い出したようにストーリー収拾につっ走って、まとまりを欠いてしまった『Crysis』よりも、ボリュームはさすがに欠けるものの、遥かにバランスがいい安定した作品だ。
顔出しNGだったノーマッドと違って、もともと面が割れているサイコは、よく喋る上にキャラクター付けもはっきりしているから、ナノスーツに引き摺られるようにして行動していたノーマッド以上に、その役割や行動は明快で感情移入もし易い。
181101004.jpg
北朝鮮軍からエイリアンへと、なし崩し的に抗争相手がスライドしてしまう『Crysis』と違って、こちらはその対立構造も明確だ。
森繁和前中日前監督扮する(?)北朝鮮軍将校を仇役に据え、エイリアンを双方が巡って争う第三極に位置づけたことで、『Crysis』では希薄だったトリプルスレッドの構造も、『Crysis Warhead』では充分に活かされている。
何より北朝鮮軍をぶっ叩いて、エイリアンを空母まで運ぶという既定事実に話を収めればいいのだから、そのストーリーミッションはすっきりと単純明快だ。
『Crysis』のように、後々の展開を意識しなければならない責務から解放されているのが、『Crysis Warhead』の最大の強みだろう。ワケの分からない無重力空間を無駄にふらふらさせられる心配だって、もう無用だ。
181101006.jpg
ナノスーツの持つ凄まじい能力と運命に、ただ翻弄され続ける『Crysis』正編シリーズの主人公たちとは対照的に、おのれの戦争をただひたすら完遂しようとするサイコ。
もはやスーツがそのまま人格と化してしまったノーマッドやアルカトラズと違って、彼が個を貫き通せたのは、やはり顔出しの説得力があったからこそなのだろう。
スーツを第一義とするクライシスサーガのコンセプトにすら抗った不屈の男、サージェント・サイクス。
しかし彼の活躍は、あくまでもスピンアウトの位置づけに押し込まれて、コンソール機への移植も果たされることはなかったのであった。

この記事に含まれるtag : FPS 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2788.html

2018/11/01 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【This Is The Police】汚職署長の日々

   ↑  2018/06/10 (日)  カテゴリー: PCゲーム
180610008.jpg
日本の警察機構において署長はエリートコースの一里塚らしい。
羨ましい話だ。こっちの場合は冴えない上がり目。しかも市長のクソ野郎の差金で、その地位の猶予もあと三ヶ月しかない。
その残された僅かな期間に為すべきなのは、なるべく波風立てないこと。そして50万ドルを貯めることだ。
出ていった女房を翻意させてつつがない退役生活を送るには、警察の年金だけでは、ちょっと足りない。
なぁに、引退間近とはいえこっちは警察署長だ。何かの見返りに貰うものは貰えるし、マフィアの便宜だって図ることもある。
もっともマフィアとのずぶずぶな関係は、色々とやむにやまれぬ事情があったからだ。
信じてくれとは言わないが、こっちもおのれの職務に対する責任感は一応あったりするからな。
180610004.jpg
警察署長の仕事といったって、そんなドラマチックなもんじゃない。そのほとんどは部下のマネジメントに終始する。
毎日毎日飽きもせず飛び込んでくる通報。ご近所トラブルから自殺志願者(おせっかいな野郎が警察に電話する前にさっさと死んでおけ!)、不審者情報に喧嘩騒ぎ。それらに対し部下を手際よく差配する。
もっとも手っ取り早く待機リストの右から順に送り込むなんてわけにはいかない。
武装強盗に対して経験不足の若造ばかりを投入するのは、死体袋を増やすだけだからな。
それに人手が決定的に足りなさすぎる。市には警官を増やす要請をしょっちゅう送っているんだが、帰ってくる答えはいつも「結果を出せば考えよう」だ。
結果を出すためには人員が必要だって頼んでるんだろうが!
180610007.jpg
だから今いる警官は否が応でも酷使することになってしまう。
一勤一休システムは維持しているとはいえ、あまりにも過酷な勤務が続くとそりゃあ不満も溜まってくるだろう。
それらの不満は隠しパラメータになっていて、あるとき突然浮上してくるから始末に悪い。
警官一人一人の特性もやはり隠しパラメータで、アル中、怠け者、家族愛の強いやつ、これらは日頃の言動からなんとなく把握していくしかない。
家族煩悩なやつなんかほっとけばいいだろうって? みんなが忙しいときに「娘のピアノコンサートを観たいんで休ませてくれ」なんて言ってくる野郎は、テロリストより始末が悪いっつうんだよ!
180610003.jpg
でも連中のわがままも片っ端から無視するわけにもいかない。
一度「二日酔いで気分悪いんで休ませろ」って申告してきた馬鹿野郎を無理やり出勤させたら、現場に向かう途中で自損事故起こしてくたばりやがった。
こんなのでも殉職は殉職だ。あ、そうそう、殉職した部下の死亡届を先延ばしにして、そいつの手当を着服するって小遣い稼ぎの手段もあるんだが、これはさすがにオレは手を出したことはないな。誓ってだ。
180610006.jpg
こんな立場だ。様々な頼みごとも舞い込んでくる。
店の警備に警官寄越してくれなんてのは可愛らしいほうだ。中にはマフィアが警官の手を借りたがることもある。送り出した部下、そのままマフィアにデューダしやがったっけな。
一番ウケたのは、テレビ局から「リアリティ出したいんでドラマの性犯罪者役にお宅の警官貸してくれ」って頼まれたときだ。
こっちも意を汲んでキアヌ・リーブス似の若いやつを送り出したら先方エラく喜んでな。もっともキアヌの方はブチ切れて辞表持ってきたけど。
そんな頼みごとの謝礼も積もり積もればバカにならない。なんせこっちは50万ドル貯めなきゃなんないからな。
押収品の横流しもなかなか美味しい。これは独り占めせずにたまには部下にも恩恵分けてやるのが、ちょっとしたコツだ。
180610002.jpg
突発イベントも色々あるが、堪らなかったのはワケのわかんねえチベット僧が「説教させてくれ」って署を訪ねてきたときだ。
そんなもんにまともに耳を傾けるバカはいないだろと許可したら、翌日一番頼りになる警官と刑事が「ちょっとチベット行ってきます」って職務を放り出しやがった。
お前らはこの街の治安よりもてめえのチャクラのほうが大事なのか!
180610005.jpg
街では古株のマフィアと新興の半グレ連中の抗争も激化している。
警察署長としての立場上、これもどちらかに肩入れしなくちゃならない。双方争わせて共倒れを狙いたいところだが、世の中そうそう上手くいくわけもないだろう? それにオレだって立場も命も惜しい。
高潔な連中から言わせれば、オレは立派な汚職警官なんだろう。
だけどオレはクソッタレの市長にクソッタレのギャングども、クソッタレの市民たちと、あらゆる連中の事情をすり合わせながら、なんとかこの街の治安の最適解を模索しているだけの話だ。
それに部下のこともなんだかんだ言いながら気にかけている。
180610009.jpg
残りわずか三ヶ月の任期、適当にお茶を濁して過ごすこともできるが、これでも一応この地位までたどり着いた人間だ。責任感の切れっ端くらいは残っている。
警察署長シミュレーションゲーム『This Is The Police』。その実態はドブに手を突っ込んでゴミを取り除いたり、それをまた元に戻したりするような毎日。
だけど誰かがやらなくちゃならない仕事。それにオレよりもろくでもないやつに任せるくらいなら、、オレがやったほうがまだ世の中のためってもんだ、そうだろ?

<Steam版は日本語対応>

この記事に含まれるtag : Steam 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2772.html

2018/06/10 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |