ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

このページの記事目次 (カテゴリー: PS2

total 23 pages  次のページ →  

【トロと休日】漁港の白日夢

   ↑  2018/01/28 (日)  カテゴリー: PS2
180128007.jpg
トロと過ごす漁港の休日。それはまるで白日夢のような日々の繰り返し。
プレイステーションを代表する顔となったトロの、プレイステーション2初お目見えとなった作品は、神奈川県の三浦半島にある三崎を舞台にした、奇妙な奇妙なゲーム。
ウォーキングシミュレーターというジャンルが根付いて久しいが、期せずしてそれの始祖鳥的存在となった作品だ。
一応、『どこでもいっしょ』のシステムを受け継いではいるが、それはあくまでも形骸的なもので、『どこでもいっしょ』のような言葉のやり取りを主眼に置いたゲームではない。
180128003.jpg
『トロと休日』は夢の中の景色を彷徨うゲームだ。
実写とトロの融合。トロがぴたぴたぴたと足音をたてて歩くのは、確かにロケーションされた現実の三浦市三崎の町並みだ。
しかし、ひとけが途絶え静寂に包まれた『トロと休日』の中の三崎は、奇妙なまでに生々しさを感じさせない風景になっている。
高台、桟橋、神社、何の変哲もない住宅街、ささやかな歓楽街。それは確かに実在の三崎の風景なのだろうが、しかし、トロと一緒にこうして歩く三崎の町は、まるで白昼夢の背景のような現実感の無さに包まれているのだ。
180128005.jpg
旅館の女将、さくらやのエプロンお姉さん(本作のアイドル的存在)、くろば亭の大将、郵便屋さん、スナックのママ。
ひとけのない、まるでゴーストタウンのような『トロと休日』の三崎で、時折出くわす実写の人間たち。
普段は実際の三崎で現実の生活を営んでいる人たちも、このゲームの中では、やはり夢の中の登場人物が如き、現実感のないあやふやさで佇んでいる。
180128004.jpg
唯一イレギュラーを挙げるとしたら、ほうきやちりとりを売っている店とは、およそアンバランスなおめかしをして店先に立つ雑貨屋のおばさんだろう。
この人の図抜けた現実感だけは、ゲームコンセプトを明らかに凌駕している。
「普段どおりのかっこうでいいんですよ」
そう懇願するスタッフには構わず、「いやいや、そういうわけにはいかないわ!」と、無理やり勝負服に厚化粧で撮影をうながす、そんな生々しい裏舞台が見え隠れしているようではないか。
180128006.jpg
そんな茫洋とした風景の中を、トロとだらだら散歩する毎日。
漁港という一点をのぞいては、ありふれた田舎の町並みだ。路地裏、駅前、公園、商店街、刺激のあるような目新しい景色など、どこにもない。
行く先々でかわすトロとの会話も、夢の中らしく身のある内容なんか一つもありゃしない。
ぼーっとそこらを歩き回って、トロの発言を適当に聞き流して、夜が来れば旅館に帰る。
そしてセーブをしてPS2の電源を切ったところで、まるで夢からはっと覚めたように、現実に引き戻される。
なんの刺激もドラマもない。でもそれでいい。『トロと休日』は、ぼんやりとして掴み所のない白日夢をトロといっしょに体験する唯一無二のゲームなのだから。

この記事に含まれるtag : どこでもいっしょ 実写ゲーム 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2736.html

2018/01/28 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【ドッグズライフ】今年の干支ゲー

   ↑  2018/01/02 (火)  カテゴリー: PS2
180102002.jpg
あけましておめでとうございます。ニューイヤーは戌年。
犬といえばもっとも崇高で可愛らしい生き物にして、人類にとって古くからのパートナー。
ゲームの世界においても『Fable2』に『Fallout3』のドッグミートと、プレイヤーの重要な相棒のポジションに収まる例は少なくない。
しかしせっかく犬が主役の年なのだから、恒例の干支ゲーもやはり犬がピンで主役を張るゲームを選びたいではないか。
180102003.jpg
日本では2005年にサクセスから発売されたPS2の犬オープンワールドゲーム『ドッグズライフ』。
堂々と主役を張るのはビーグルのジェイク。
のどかな田舎の一軒家で呑気に飼われている犬だが、ガールフレンドがある日突然犬さらいに連れて行かれちゃったもんだから、さあ大変。
飼い主に訴えようにも、あの人たちこっちの言うことなんか端っから聞く耳持ってないし、「デイジーはどっかに遊びに行っちゃったのかな」などと、まるで危機感持ってない。
だったら運良く放し飼いのこの身。自分で奪還に向かうしかない。
180102004.jpg
しかし隣町やさらなる大都会で縦横無尽に動くには、ジェイク自身のステータスアップが必要だ。
ジェイクを成長させてくれるアイテムはスバリ骨。運良く地面に埋まってることもあるが、たいては人間が抱え込んでいて、なにかと引き換えで偉そげに「ご褒美だよ」と寄越してくれる。
その手のお使いミッションの大半は失せ物探し。任せといて、そういうのめっちゃくちゃ得意だから!
△ボタンで発動するのはにおいモード。犬の鼻っ面視点になり、視界は多少不自由になるが、それを補って余るのが匂いの可視化。
気になる匂いが色で表示される。これなら人間の歩いた跡を辿るなんてチョロいもんだ。
180102005.jpg
他に犬ならではの能力は類稀なるジャンプ力。ちょっと高い塀とか広い溝なんか、けっこう行けちゃうぜ。
それと各種コマンド技。例を挙げると、←↓←で左方向におしっこ。→↓→で右方向におしっこだ。
排便をしたけりゃ←→↓だな。ただしお腹いっぱいのときじゃないと空っ屁しか出ないぞ。
180102009.jpg
ジェイクには健康度ステータスも存在するが、これを維持するのに手っ取り早いのは、やはりエサ。
犬小屋(セーブポイントでもある)の脇にはいつもご飯が用意されているが、出先となるとそうはいかない。
ゴミ箱をひっくり返して漁る手段もあるが、しかしここは犬に優しい世界。あそこにあるのはペディグリー(協賛)の自動販売機だ!
180102010.jpg
見ず知らずの土地までガールフレンドを助けに行くのは、ジェイク一匹の力だけじゃムリだ。
かと言って人間は……、あいつらエサをくれる以外はあんまりアテになんない。
やっぱり頼りになるのは同胞。チワワからセントバーナードまで、この世界には様々な犬種の仲間たちがいる。
だけど犬の世界にもヒエラルキーはある。ジェイクがいきなり擦り寄ったって鼻であしらわれるのがオチだ。
ミニゲームで勝利してなんとか優位を示せれば、仲間たちをパートタイムで操作できるようになる。
チワワなら狭いところも通れるし、ガタイの大きなマスティフならば大木を押しのけて通り道を作ることだって可能だ。
180102008.jpg
手助けを借りながらどんどん広がってゆく世界。
人間にとってはクルマで小一時間の範囲かも知れないが、のどかな農場の周りしか知らなかったジェイクにとっては、雪山や大都会は遠い遠い未知の場所だ。
しかし案ずることはない。ここは犬に優しい世界。クルマやバイクは車道を闊歩する犬に文句言いつつも停まってくれるし、犬小屋やペディグリーの自販機はそこかしこにある。
何より楽しいのは地べたに近い視点から、匂いだけを頼りにうろつきまわるにおいビジョンモード。
周囲のことなんかお構いなしにくんかくんかしまくる、散歩時の飼い犬の気分もちょっとは理解できるかもしれないな。

この記事に含まれるtag : オープンワールド 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2724.html

2018/01/02 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【CRぱちんこイエローキャブ パチってちょんまげ達人6】

   ↑  2017/11/06 (月)  カテゴリー: PS2
171106006.jpg
ジャニーズと往年のイエローキャブ。ポジションは微妙に異なるが、この2つの芸能事務所には大きな共通項がある。
それはトップの特殊な審美眼により選び抜かれた純化集団であること。
であるが故に脱退や分裂の騒動は骨肉の争いに至るのだが、まぁそれは置いといて、いくら共通項があるといっても、そこは美形と巨乳の違い。
ジャニーズにパチンコは食い合わせが悪いが、しかしイエローキャブの方はと言うと、パチンコとの親和性が鬼のように高いときてる。
171106005.jpg
数多あるパチンコの版権モノでタレント系は珍しくないが、事務所単位での実写登場は史上初だった京楽「CRぱちんこイエローキャブ」。
もしも願い事が一つだけ叶えられるとしたら、乗ってる船が難破してイエローキャブの面々と共に無人島に流れ着きたいと申請するつもりのオレみたいな人間にとっては、この台の宣伝コピー通り、まさに「夢のようなパチンコ」である。
なんたってあの巨乳女神たちに直接(でもないが)カネを貢げるのだ。もっとも考えようによっちゃ小池栄子からマイルドなカツアゲにあってるだけかもしれないが。
171106001.jpg
顔中に釘がぶっ刺され「ヘルレイザー」のピンヘッド状態になっているイエローキャブ勢の盤面だけで、もうお腹いっぱいなこのパチンコ。
演出画面で踊るのも、もちろん、MEGUMI、小池栄子、佐藤江梨子、根本はるみ、かわいかおり、北川友美、八幡えつこ、森ひろこ、五十嵐結花、小林恵美、星本かおり、五十嵐りさ、総勢12名のイエローキャブ軍団だ。スロット役がこれほど似合う女性タレントたちも、そうそう他にはいないだろう。
171106003.jpg
そんなデジタルで残す価値のあるパチンコ機のシミュレーターは、毎度おなじみPS2『パチってちょんまげ達人』シリーズから。
巨乳と賭博、夢のような享楽の合体が家で遊びたい三昧。
追加の玉買い投資は無用だが、ハンドル代わりのPS2コントローラを握りしめながらスロットが流れる様子を眺めていると、家の中に押し入ってきた根本はるみに「タダで遊んでんじゃねえ! これを貰ってくぜ!」と財布を持って行かれても構わないような気分になってくる。
もっともそれって考えるまでもなく、マイルドな強盗に遭っているだけかもしれないが。

この記事に含まれるtag : タレントゲー 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2702.html

2017/11/06 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【モーショングラビアシリーズ MEGUMI】

   ↑  2017/10/31 (火)  カテゴリー: PS2
171031007.jpg
YUKIだとかHIROSHIなんて芸名や通名をつけたがる輩は後を絶たないが、ネット検索時代においてそんな限りなく匿名に近い名乗りをあげるのは、その芸名のハンデを突き破る図抜けたパーソナリティと覚悟が必要だ。
それが欠けている者は、たとえ一時はいいかもしれないが、その先に待っているのは埋没と忘却だけである。
171031004.jpg
しかし時にはそのハンデを本人ではなく確かな眼力を持った第三者が与えることがある。
名将仰木監督は類稀なる才能を持った若者に、「お前は今日からイチローだ」と告げた。
そして巨乳の名伯楽イエローキャブの野田社長は、数多ある自社の巨乳タレントの中から、ある一人に「お前は今日からMEGUMIだ」と、このハンデの塊のような芸名を与えた。
仰木監督の眼力が確かだったように、野田社長の才能を射抜く眼も間違ってはいなかった。
"外見は巨乳美女、中身はがらっぱちなあんちゃん"タイプが多いイエローキャブ勢の中でも飛び切りその資質が抜きん出ていた彼女は、天性の勘の良さも加わってバラエティ方面でたちまちその才能を開花させ、それまでのグラドルの枠を超えたフィールドを開拓したのであった。
171031005.jpg
グラドルの概念を変えた女MEGUMI in プレイステーション2。
数多くのイエローキャブとゲーム界とのタイアップ作品の中で、このモーショングラビアシリーズはオリジナリティと完成度において他を大きく引き離す孤高の巨乳ソフトだ。
モーショングラビアとは、分かりやすく言うと超ハイエンドなパラパラマンガ。
ベースとなるのは高解像度のスチル写真。その大量の画像を最新技術で補完して動画風に編集したもの。
一般的な動画とはまったく質感の違う、グラビア写真がぬめーっと動く唯一無二のテイストは、とにかく一見の価値がある。
動くグラビア、モーショングラビアとはよく名付けたもんである。
171031001.jpg
このMEGUMIに加えて、根本はるみ、北川友美、森ひろこと計4作品がリリースされた同シリーズだが、ネームバリュー的に抜きん出ているのは、やはりMEGUMI。
2枚組DVD-ROMのもう片方は、毎度おなじみのメイキング風景を収録した特典ビデオ。
いつもなら適当にスルーするところだが、本作の場合は、この一見なんの変哲もないグラビアスチル撮影が、あの現実感がまったくない妖かしの"動くグラビア"に変貌するのかと思うと、意外と興味深く観ることができる。
171031002.jpg
特典DVDのラストはMEGUMIの素のコメント。
撮影の感想を、まるで壁の塗り具合を尋ねられた左官のあんちゃんのように、ざっくばらんに男らしく通りのいい声で答える様子は、彼女のぶっちゃけたパーソナリティを端的に表していて、これまたちょっぴり興味深い。

この記事に含まれるtag : タレントゲー 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2701.html

2017/10/31 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【新宿の狼】三上の犯罪者飼育箱

   ↑  2017/07/05 (水)  カテゴリー: PS2
170622007.jpg
コミュ障の青年が目をつけた女性を拉致して監禁し、歪んで一途な愛情を通わせようとする、ウィリアム・ワイラーの1965年作映画「コレクター」。
主人公のテレンス・スタンプが捕らえた蝶を閉じ込めたのは、人里離れた一軒家の地下室であったが、法と権力に守られた男、三上英二の場合は、新宿のド真ん中の官製施設、新宿署の留置場である。
内気な青年と違ってコソコソする必要などまったくない。げに素晴らしきは国家権力だ。ビバ共謀罪!(始末書を超過させて、その国家権力を敵に回した場合の恐ろしさも十分承知してはいるが)。
170705001.jpg
この三上専用標本箱、もとい、留置場は、最初の段階では非常に殺風景な施設で収容人数も最大4人までしかない。
それ以上の容疑者を収容するためには、数十万円をかけて拡張工事をしなければならないのだ。
官製施設の改良費を、なんで一公務員が負担しなければならないのか、いささか理解に苦しむが、まぁ考えてみれば痛むのは三上の懐ではない。街中でとっ捕まえた容疑者どもの懐だ。
第二段階に拡張すると、床は絨毯引きになりトイレにも目隠しができ、そして部屋の奥にはなんとテレビまで設置される。
170705005.jpg
なんか容疑者どもを思い切り甘やかしているような気がしないでもないが、実はこのテレビは狩野英孝の画像しか映らない仕様なので、これを24時間見せられる容疑者にとっては一種の拷問だろう(ヒドいタイアップもあったものである)。
そしてめでたく第三段階にアップグレードさせると、天井にはシャンデリアが灯り、壁も明るい白色に塗られて、もう鉄格子がなければ果たしてここが留置場なのか、新手のキャバクラなのか、判別つかないような有様となるのだ。
170705002.jpg
いくら檻に繋ぎ止めたといっても、容疑者たちが洗いざらい罪を自白してくれるわけではない。
それとなく話しかけてやったり、時にはバラの花束や食いかけの弁当を差し入れをしてやったり。差し入れ可能の物品の中には、コケシだの(あくまでも民芸品を主張しているが)、脳内覚醒スーパーキットだのと、何やら意味深なモノも混じってはいるが、しかしここは魔都新宿。刑事と言えど清濁を使い分けなければならないこともあるのだろう。
「この押収したシャ●分けてやるから、やったことからやってないことまで洗いざらい喋っちまいなよ」
170705004.jpg
そしていよいよ信頼ゲージが一定値に達すれば、供述書作成タイムだ。
とは言っても、いちいちご丁寧に本人に喋らせる必要はない。今まで得たデータを元に空欄をこちらで任意に埋めた供述書に、間違いありませんと本人の確認をとるだけ。日本警察伝統のやり方だ。
「刑事さん、色々とありがとう。刑事さんになら正直に喋れるよ」
「よし、山本夏美、お前はさびしがりな女だが、脇が臭いという重大な犯罪を犯した。間違いないな?」
「…………まず名前からして違ってるし! 刑事さんの親切って上辺だけだったんだね! もういいよ!」
「い、いや、スマン! あの、ぶっちゃけ6択ってさすがにキツいし!」
勾留期限内にまた一から信頼関係を築くやり直しにうろたえながら、オレの三上英二は心の中で(これってぶっちゃけギャルゲーみたいなもんじゃねえか!)と毒づくのであった。

 

この記事に含まれるtag : オープンワールド 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2661.html

2017/07/05 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |