ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

このページの記事目次 (tag: Xboxアプリ の検索結果)

total 3 pages  次のページ →  

【楽天SHOWTIME for Xbox One】

   ↑  2017/05/29 (月)  カテゴリー: XBOX ONE
170529003.jpg
王道を突っ走るNetflix。スマホ契約時のどさくさに紛れる手段でシェアを確保するdtvにU-NEXT。テレビ屋の大きなお世話でコースアウトしたhulu。独自の存在感を見せるDMM。それらを急追していたらいつの間にか全部追い越していたamazonビデオ。
動画配信サービスは今やゲーム機とも切っても切れない関係となった。
その中でも独自の道を歩むのが楽天SHOWTIME
対応するゲーム機がXbox OneとWii Uのみ。それだけで某100円ショップの"ライバルの少ない場所にのみ出店する"ビジネス戦略にも似た、すき間商売スピリットが伺えるだろう。

360時代からMSハードにサービスを提供していた楽天SHOWTIMEだが、当初のそれは決して利便性の高いモノではなかった。
特に月額会員費と個別のコンテンツレンタル料を二重取りする料金システムは、「お前、これから熾烈を極める動画配信サービス競争をホントに勝ち抜く気があるのか!?」と説教かましたくなるようなウィークポイントであった。

さすがにマズいと思ったのか、この料金体系はやがてオーソドックスなコンテンツ個別購入とマンスリー定額プランの併用制に改められたが、同種サービスの間で一歩出遅れた感のある現状は、やはりこの辺のスタートダッシュ時の不手際や、楽天の宿痾であるポータルサイトの造りのマズさなどに起因しているのだろう。
170529002.jpg
されどamazonビデオとhuluがまだ正式に来ておらず、他にはMicrosoft映画&テレビとNetflixしか選択肢のない国内Xbox Oneにおいては、Vシネマやピンク映画からパチンコ・パチスロ関連、グラドルものまで、ドメスティックなコンテンツを幅広くフォローした貴重な存在であることには変わりはない。
もちろん洋画や海外ドラマも一通り揃っているし、ロジャー・コーマン推しやハーシェル・ゴードン・ルイス祭りのような、時おり見せるヤケクソのようなプログラムにも目が離せない。

そんなひなびた風情は、10代の頃に頻繁に足を運んだオデヲン系列の二番館三番館や中央線沿線の名画座を思い起こさせて、オレに妙な愛着を抱かせるのであった。
現在のラインナップからのオススメは、同シリーズで一番アッパーなテンションの「新・ヤンママトラッカー ~ケイVS美咲 宿命の対決編~」や、全米が泣いたヤンママものの名作「特攻!ヤンママ仁義」、安定のシリーズ「ヤンママ愚連隊」など。
Netflixには逆立ちしても真似できないプログラム、ぜひ一度お試しあれ。

この記事に含まれるtag : Xboxアプリ 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2645.html

2017/05/29 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Threes】Xbox One版スリーズ

   ↑  2015/04/27 (月)  カテゴリー: XBOX ONE
150427003.jpg
通勤電車の中で、あるいはちょっとした待ち時間に、3の魔力は日常のほんのわずかな隙間にスルスルっと入り込む。
スマホやタブレットに常駐し、ムダに忙しい現代人の無聊を慰める、顔文字のフレンドリーな奴ら。
かく言うオレも手持ち無沙汰のときは、つい3とその倍数たちに、さんざんお付き合い願った。
思えばこの『Threes』は、昨年遊んだゲームの中でもっとも延べプレイ時間が長かった作品だったかもしれない。
その付き合いの良さは、スマホという常に身から離せないガジェットとの相乗効果によるところが大きいだろう。
だから据え置きゲーム機であるXbox Oneのラインナップにこれが加わったときは、さすがに場違いな感が否めなかった。
テレビの前にどかっと腰を下ろして、コントローラを握り締めた態勢で、このゲームの本領が存分に発揮されるとは、とても思えなかったからだ。
150427001.jpg
オリジナルのモバイル版よりも、ちょっとばかり割高な上に、とりあえずの付加価値と言えば総計1000Gの実績くらい。
しかもその実績も、ゲームにちなんで3刻みになっている、やたらと扱いにくいシロモノ。
その存在意義が早々と疑われるXbox One版『Threes』であったが、ちょっとスクリーンショットを残そうとしたときに、スクショ機能が無効になっていることに気づいた。
スクショだけじゃない、ゲームクリップも撮れない。自分の姿がゲーム画面に映し出されるKinect系のゲームに、プライバシー保護のためにスクショやクリップ撮影機能がオミットされている例はあるが、それとはちょっと違う。
元からその機能が付いていない仕様、つまりこれはゲームでありながらゲーム扱いではなく、アプリと同等の位置づけになっているのだ。
150427004.jpg
もしかしたらと、スナップ画面をちょいと呼び出したら、そこに各種アプリに並んで『Threes』のアイコンが加わっているではないか。
そう、このOne版『Threes』は、今のところ唯一のスナップ画面で遊ぶことのできるゲームなのだ。
テレビの端っこの細長いサブスクリーン、『Threes』はまるでそこが本来の居場所であるかのように、ちんまりと収まっている。
スナップできるということは、他のゲームをプレイしながら同時進行で『Threes』も遊べるということ。
マルチプレイの部屋が埋まる間、フレンドを待つ間、クソ長くてどうでもいいムービーが流れている間、もうコントローラを手にイライラしながら過ごす必要はない。
スナップ画面で『Threes』を遊びながら、悠然と待てばいいだけだ。それに『Threes』なら、その性質上ゲームをそのままほっぽり出しても、またいつでもそこから再開できる。
150427002.jpg
元々がスマホの画面に収まりのいいゲームだから、スナップの縦長画面でもプレイにまったく問題はない。
さらにゲームとの組み合わせだけじゃない。スカイプでお話しながら、Twitchの動画をチェックしながら、MLB.TVでメジャーリーグの試合を観ながら、根本はるみのDVDに鼻の下を伸ばしながら、Xbox Oneが許す限りのあらゆるシチュエーションで、『Threes』をながらプレイ。
駅のホームやフードコートの片隅に留まらない。『Threes』は家に帰ってもリビングエンタテイメントの隙間にスルっと入り込み、そしてあの顔文字で微笑みながらこう言うのだ。
「手持ち無沙汰なときは、いつでも呼んでくれよな」。

<配信専用タイトル / 国内ストア未発売>




この記事に含まれるtag : Xboxアプリ 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2301.html

2015/04/27 | Comment (1) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【出前館】カウチの支援兵器

   ↑  2015/03/27 (金)  カテゴリー: XBOX ONE
150327005.jpg
電子機器に比べると目立たないが、家具調度品の類も年月に応じてそれなりの進化を遂げているものである。
特にカウチソファーはそれが顕著だ。 最近話題になったのは無印良品の「人をダメにするソファー」だが、これに限らず今時のソファーの座り心地といったら、一昔前のそれとはもう雲泥の差だ。
技術や製品の進化は必ずしも人や社会に良い影響を与えるばかりではないが、カウチソファーの居心地の良さ向上などは、それに囚われたまま気力を失うダメ人間を量産する悪影響の最たるものかもしれない。
心地よいカウチとゲーム機を繋いだ大画面テレビのセット。そんなセッティングが為されれば、もうそこから動く理由などない。
コントローラーを手にだらしなくソファーに腰掛け、呆けた顔で非生産的な時間を積み重ねるばかりである。

インターネットブラウザ、映画のオンデマンド、スポーツ中継のストリーミング。 エンターテイメントのオールインワンを標榜するXbox Oneは、こちらに「カウチから動かなくてもいい理由」をこれでもかと提供し続ける罪作りなマシンだ。
そしてそれはついに空腹を満たす分野にまで及んだ。 今まではいくら時間を忘れてゲームに熱中しても、空腹だけには勝つことはできなかった。渋々と愛しのソファーから腰を上げ、キッチンで調理に取りかかるなり、コンビニやスーパーに食い物の調達に走らなければならなかった。
しかしもうそんな前時代的な行動とはおさらばだ。新たに配信された出前館のアプリが、オレの食に対する欲求をすべて引き受けてくれるのだ。
150327001.jpg
他機種にもお目見えしている出前館アプリだが、Xbox Oneのそれは他所とはひと味ちょいと違う。
そのこころはスナップ機能。例え腹が減ってもゲームを中断する必要はない。
しいたけボタンをちょちょんと二度押ししてスナップから出前館を表示。
さすれば赤壁にピザ、ニースのホライゾン会場に釜めし、環状惑星ヘイローにちらし寿司、店の営業時間が許す限り、あらゆるシチュエーションに好みの飯が届けられるだろう。
ピザの出前くらい、電話番号を登録したスマフォからかけた方がよっぽど手っ取り早いような気もするが、いいや、やはりXbox Oneでできることは、なるべくXbox Oneで済ませたいではないか。

出前館が満たしてくれるのは空腹だけではない。
鍵や水回りのトラブルに不要品の整理、世に出前の出番は山ほど転がっている。
ゲームを遊んでいるときに家の中で漏水が発覚! でもうろたえてXbox Oneの電源を切る必要はない。
出前館から任意の業者にコンタクト。あとはゲームをやっている間に、駆けつけてきた業者がトラブルをどうにかしてくれるはずだ。
150327002.jpg
もっともうちの場合はそんなことしていたら、「横着していてないで、とっととゲームやめて五軒先の馴染みの水道屋に走れ!」と家人にどやされているだろうが。
とにかくコントローラーを手にしている限り、オレはこの夏のぬるま湯のように心地よいカウチソファーから、一歩たりとも動きたくない。
大丈夫、オレが動かなくとも、あらゆる問題ごとはすべて出前館が解決してくるだろうから!



この記事に含まれるtag : Xboxアプリ 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2282.html

2015/03/27 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【U.M.U ご当地アイドルうぉーかー】

   ↑  2014/12/18 (木)  カテゴリー: XBOX ONE
14121801.jpg
ガラパゴスな展開をとろうにも、我が国におけるXbox Oneは、当のガラパゴスの方から相手にされていないような始末だが、そんな状況にあって敢然とアゲインスト・グローバリズムの道を歩んでいるのは国内向けアプリだ。
当初に広げた風呂敷の割には悠長なペースだが、それでも『カラオケ@DAM』に『Jリーグ動画アーカイブ』と、少しずつその数を増やしている国産アプリ。
そして先日、その発表時から「これって一体何なの?」とユーザーを戸惑わせてきた謎のアプリ、『U.M.U ご当地アイドルうぉーかー』が、ついにお目見えした。
14121805.jpg
ご当地アイドル。横文字ゲームにうつつを抜かす層には聞き慣れない言葉だが、要はゆるキャラブームに続けとばかりに全国各地に大増殖した地場産のローカルアイドルだ。
自治体が絡んだ公職型から完全にインディペンデントなものまで、一口にご当地アイドルと言ってもそのタイプは様々だが、そんな地元以外では動向を把握しづらい面々を、Xbox Oneを通してチェックしてしまおうというのが、『U.M.U ご当地アイドルうぉーかー』のコンセプトである。
基本形式は動画ポータル。ブロックごとに区分けされた日本全図にアクセスすれば、普段まったくうかがい知ることのできない地場産アイドルたちの実態を観察できる。
そしてそこに踊る「お寿司屋さんがプロデュース」、「若手ベテランアイドルユニット」等の、理屈が全く通らない文字列を前に、このご当地アイドルが一筋縄ではいかない世界であることを思い知るだろう。
14121806.jpg
その中でも頭が二つ三つ飛び抜けているのが、静岡のH&A.というユニットだ。
"浜松においで!"や"静岡で会いましょう"など、曲名からも分かるように、『U.M.U ご当地アイドルうぉーかー』にリストアップされたグループの中でも、極端に地域振興色が強い、このH&A.。
楽器製造や車製造の地場産業を讃え、ついでにウナギも称える歌詞も強烈ならば、浜松のシンボルタワーの前で変顔キメまくる妙なPVも強烈。
新曲の煽り文句「徳川家康公顕彰400年に向けて家康公になりきって歌います」に至っては、「何を言ってるのかさっぱり分からないが、とりあえず落ち着け!」としか言いようがない。
そんなこんなで『U.M.U ご当地アイドルうぉーかー』、そしてH&A.の妖しい(怪しい)魔力に、泥沼に引きずり込まれりかけているが、なんだかこれはインディープロレス団体にハマったときの感覚に、やけに似ているな。



この記事に含まれるtag : Xboxアプリ 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2224.html

2014/12/18 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Khan Academy】Xbox Oneでカーンアカデミー受講

   ↑  2014/12/14 (日)  カテゴリー: XBOX ONE
14121407.jpg
もっと真面目に勉強しておけばよかった。
"自堕落ばかりがモテすぎる"(by THEピーズ)時代に思春期を過ごしてしまった世代にありがちの後悔だが、しかし後悔先に立たずと嘆くばかりでは何一つ始まらない。
何もしないままで終えるよりは、例え人様より世間より二周三周遅れだろうと、とりあえず手を付けてみたほうがはるかにマシだ。手遅れなんて言葉は、気の持ち方一つで意味を成さなくなる。
学問だってそうだ。青年期をいくら過ぎようが、無駄に年ばかりを積み重ねていようが、その意志があるかぎり人には何かを学ぶ余地が必ず残されている。
14121403.jpg
カーンアカデミーは、質の高い教育を国境を越えて無償で提供するNPO法人。その門戸はインターネットを通じてあらゆる人々に開かれている。
それはきちんとした教育を受ける機会を手にしながら、自ら棒に振ってきたオレのようなあんぽんたんですらも拒みはしない。なんとありがたい話だろう。
そしてXbox Oneは、『Xbox Fitness』に続いて再びオレに自堕落だけで培ってきた、おのれの心身を更生するきっかけを与えてくれた。
14121406.jpg
海外ストアで配信が始まった『Khan Academy』アプリは、アカデミーが擁する講義ビデオの数々へのアクセスに特化したポータルソフト。
このアプリを起動すれば、数学、科学、世界史、芸術など様々な分野、未就学児童から高校、大学レベルまで、各学年に対応した講義に、Xbox Oneからただちにアプローチすることができる。
講義内容を理解するには英語の読み聞き能力が要求されるが、案ずることはない。
未就学児童や小学校低学年向けの算数講義は、国際公用語すらも怪しいオレたちの格好の英語教材の役目も果たしてくれることだろう。
最近、九九すらもだいぶあやしくなってるから、ちょうど一石二鳥だし。

<日本ストア未配信>



この記事に含まれるtag : Xboxアプリ 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2221.html

2014/12/14 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザーtag (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。