ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

このページの記事目次 (tag: XBLA の検索結果)

← 前のページ  total 28 pages  次のページ →  

【Xbox Liveアーケード】幻のプレXBLA

   ↑  2017/03/20 (月)  カテゴリー: XBOX
170320001.jpg
Xbox Liveアーケードのサービスは、2005年の6月に初代Xboxで開始された。
しかしその年の12月に後継機であるXbox360の発売が予定されていたタイミングで始められたこのサービスは、ほとんど捨て駒に近いものだった。
このゲームディスクは、ファミ通Xbox05年7月号に付録として添付されたものだが、その7月号からして、表紙から何から何まで360の記事一色。
そんな状況の中でひっそりと始められたサービス、初代Xboxユーザーの中に於いても、その注目度は皆無に等しかった。
170320005.jpg
しかもこのプレLIVEアーケードサービスは、360時代のそれのようなカジュアルな存在ではなかった。
何せ無印Xbox時代には、マーケットプレイスなどという便利なシステムが存在しない。
この付録ディスクには、Liveアーケード第1弾ラインナップのデモが収録されているのだが、しかしこれは単なるデモディスクに留まらない、Liveアーケードのタイトルを購入するために必須なユーティリティディスクの役割もある。
そう、物理メディア流通からの解放を目論んだXBLAも、その始まりはバリバリの物理メディアであったのだ。
170320008.jpg
このユーティリティディスクは、ファミ通Xboxの付録として以外には、マイクロソフトに直接申し込んで郵送して貰うことで入手できた。
そしてそのラインナップは、そんな面倒なプロセスには見合わないほどの貧弱なもの。
デモディスクに収録されているのは5つのアクション系ゲーム、2つのテーブルゲーム、5つのパズルゲーム。
しかしLiveアーケードのオリジナルタイトルは1つもなく、そのほとんどがPCのカジュアル系ダウンロードゲームを引っ張ってきたもの。
中でもアクション系ゲームは冴えないものばかりで、ギャラガの焼き直し(『Alien Sky』)とか、ディフェンダーの焼き直し(その名も『Guardian』)とか、ブロック崩しの焼き直しであるアルカノイドのさらなる焼き直し(『Ricochet Lost Worlds』)とか、そんなんばっか。
170320004.jpg
このディスクにデモが収録されたタイトルの中では、『Mutant Storm』、『Bankshot Billiards』、『Bejeweled』、『HardWood Solitaire』、『Zuma』、『Astro Pop』 といった辺りが、バージョンアップされたり、或いはそのままの形で360のLIVEアーケードサービスに引き継がれた。
デモディスク以降には『フィーディングフレンジー』などが配信ラインナップに加えられたりもしたが、その頃はもう360が発売される直前。
Liveアーケードサービスも、360発売に合わせて仕切り直されるといった状況下で、旧Xboxで展開されたプレLiveアーケードサービスは、なし崩し的にうやむやにされてしまったのだった。
170320006.jpg
開始された時期からみても、この旧Xboxで展開されたLiveアーケードは、360で本格的に行われるそれの予行演習的な意味合いを、多分に含んでいたのかもしれない。
しかし、その冴えない立ち上げ時期の姿を知る者としては、これがまさかあそこまで賑わいを見せるサービスに変貌を遂げるとは全く思いもよらなかったのであった。

この記事に含まれるtag : XBLA 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2619.html

2017/03/20 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Mutant Storm Empire】ミュータントたちの死亡遊戯

   ↑  2017/03/18 (土)  カテゴリー: XBOX 360
170318004.jpg
突き進むは漆黒の異空間。自機はかっちょいい宇宙戦闘機ならぬ、なんだかわからない球体のクリーチャー。
左スティックで移動、右スティックで射撃制御はXboxコントローラにアジャストした快適なコントロールスタイル。
そして目の前に湧きあがるのは、まさにミュータント以外に適当な表現が見当たらない、奇矯で生々しく気持ち悪い生物たち。
170318002.jpg
今や懐かしいXbox LiveアーケードのフレーズがDL専売ゲームの習慣とともにまだ目新しかった頃、そこを賑わしていたのは何故かツインスティックシューターであった。
XBLAの定番となる『Geometry Wars: Retro Evolved』や、『Smash TV』に『Robotron 2084』といったレトロタイトルの復刻が混在する、そのツインスティックシューター群にあって、オリジナルタイトルの一角として名を馳せたのが『Mutant Storm Reloaded』。
XBLAの原型となった初代Xbox版LIVEアーケードでひっそりとリリースされていた『Mutant Storm』のリメイク作品だ。
170318003.jpg
『Geometry Wars』のエンドレススタイルでも、前作『Mutant Storm Reloaded』の独立面クリア型とも違う、ステージがシームレスに繋がる様式がその特徴。
そしてもう一つのセールスポイントが、有機的で多種多彩な敵クリーチャーの数々。そしてこれまたバラエティに富んだその攻撃パターンだ。
170318001.jpg
一つのステージをクリアして進んだ階層に待ち受ける、さっきまでの奴らとはその様相をまるっきり違える新たでトリッキーな敵たち。
スコアハンデシステムに導入された段位(色帯)制も含めて、そのストイックな勝ち上がりシステムはツインスティック版「死亡遊戯」の名が相応しいかもしれない。
敵クリーチャーもジャバールや金帯のおっさんみたいに、何を考えてるのかわからないような輩ばっかだしな。
170318005.jpg
前作のジェフ・ミンター的なサイケデリック風味は薄れた代わりに、横スクロール面などをフィーチャーして一般的なSTG(どことなく『R-TYPE』ライクでもある)に歩み寄りを見せた『Mutant Storm』の最終進化系。
独特の音色で心地よく響く、まるでパーカッションのようなSEは、『Geometry』やジェフ・ミンター作品とはまたちょっとばかり違った感触で、ツインスティックシューターがリズムアクションゲームの変種のような存在であることを教えてくれる。ミュータントだけに。

この記事に含まれるtag : XBLA ONE互換 海外STG 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2618.html

2017/03/18 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Double Dragon Neon】肘打ちを捨てた兄弟

   ↑  2017/03/03 (金)  カテゴリー: XBOX 360
170303007.jpg
80年代地方都市の、そして『ダブルドラゴン』の街並みは、どこも空洞化して殺風景に荒みきっていた。
だがそれも年月が経てば、きらびやかなネオンに彩られたゴールデンエイティーズの思い出とすり替わる。
そして荒んで情緒のカケラもなかったデジタルの暴力行使も、時を経てゲームセンターの甘く心地よい記憶に変換される。
ベルトスクロールアクションの、そしてバイオレンスゲームのエポックメイカーが、信奉者の熱いリスペクトを得て21世紀によみがえった。
殺風景な街の情景は、けばけばしいネオンカラーに様変わりしているが、そこで始まるイントロダクションは、街角で無防備に立つヒロインに容赦ない腹パン。毎度のお約束だ。
マリアーーーーーーン!!! 相も変わらずなんて脇の甘い女だ!
170303001.jpg
ビリーとジミーのクンフー兄弟。頼りとするのは例によっておのれの拳と両脚だが、あんまりクンフーっぽくない、むしろ米国素手ゴロアクションのようなファイトスタイルなのも相変わらず。
初代で猛威を振るった肘打ちこそ姿を消しているが、まああの技は一種のバランス取りみたいなもの。
ゲームバランスがこなれたこの『Double Dragon Neon』には、それほど用のないものだろう。
170303003.jpg
その道中のアクセントも、これまたお馴染みバットにナイフにムチ。
ちなみにムチの持ち込み役であるリンダさんは、オリジナルのパーマにパッツン網タイツのいけてないおばさんではなく、はすっぱなパンクギャルにリファイン。よかったような、どことなく寂しいような……。
そして背景を賑やかすのは、軽薄かつきらびやかな響きを徹底的に再現した80年代風のミュージック。
この音楽へのこだわりは、カセットテープをアイコンにしたキャラクターのパワーアップシステムにもリンクしている。
筐体に100円玉を積み上げていたアーケードスタイルじゃない。繰り返しプレイのためにフックをもたせたモダンなコンソールゲーム機の作法。ま、ここら辺はちょっぴり現代的だな。
170303004.jpg
マシンガン野郎に代わる新たなボスの名はスカルマゲドン。
オリジナル『ダブルドラゴン』から踏襲したおなじみの敵キャラクターたちを経て、芸者にくノ一、ロボットなど新たなおもてなし要員を取り揃えてビリーとジミーをお出迎え。
ネオン街を経てロケット道場に悪の宮殿と、兄弟を斜め上の展開で引っ張り回した上に、エンディングロールを自分のボーカルでジャックする愉快なやつだ。
170303006.jpg
多少はスタイルがよくなったものの、相も変わらず助け甲斐のないヒロインだが、まぁそこもお約束。
オリジナルへの愛情をたっぷりと詰め込んだエイティーズリスペクトは、当時を知る者から新規客にまで好印象を残す"オレたちのダブルドラゴン"。
2012年のビリーとジミーは、もう肘打ちに頼りっぱなしのヤワな拳法兄弟じゃないのさ。

この記事に含まれるtag : XBLA 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2612.html

2017/03/03 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【ダブルドラゴン】80年代バイオレンスゲームの金字塔

   ↑  2017/03/01 (水)  カテゴリー: XBOX 360
170301001.jpg
テクノスジャパンが1987年にリリースしたアーケードゲーム『ダブルドラゴン』は、『ビジランテ』や『ファイナルファイト』といった亜流を生み出し、たちまちのうちにベルトスクロールアクションのブームを作り上げた。
基本的には『熱血硬派くにおくん』の発展型であるこのゲームが、まさか一世を風靡するジャンルの礎になろうとは、当のテクノスジャパンですら思いもしなかったことだろう。
『ダブルドラゴン』は、ベルトスクロールアクションの基本フォーマットの他に、"犯罪がはびこる荒廃した街で、1人から数人の男女が、時折武器などを拾ったりしながらも、基本的には素手でチンピラどもを打ち払い、ボスの下にまで赴く"という、同ジャンルのメイン潮流となるプロットをも確立させた。
『ビジランテ』に『ファイナルファイト』に『ベアナックル』に『ラッシングビート』と、同ジャンルの後発ゲームのほとんどが、このプロットをそのまんま頂いちゃっており、この辺りに関してはテクノスジャパンも一言あってもよさそうなものだったのだけど、当のテクノスジャパンは、バブル後のゲーム界をくにお君一本で切り抜こうとした無理がたたって、90年代の前半には、既にそれどころではない状況に陥っていた。
170301007.jpg
しかし、テクノスジャパンはなくなっても、『ダブルドラゴン』が残したインパクトは、後々にずっと残り続けた。
特にベルトスクロールアクションというスタイル以上に画期的だったのは、冒頭からいきなり女性の土手っ腹にボディブローで幕を開け、バットフルスイングで殴打、ドラム缶叩き付け、首根っこを押さえつけて顔面に膝蹴り連打、チョーパン(インストカードにこの文字が記されたゲームなんて、後にも先にもこれだけだろう)、相棒が羽交い締めした相手に、容赦ないパンチ乱打、ベルトコンベアー巻き込み、相手が女性であろうと全く容赦せず(『ファイナルファイト』だって、この辺は「実はこの人ニューハーフです」などと逃げを打っていたのに)などの、荒んで殺伐としたバイオレンス性だった。
これらは、今の目から見れば非常に牧歌的なレベルかもしれないが、当時としてはあまりにもセンセーショナルだったのだ。
170301003.jpg
このテイストは日本以上に海外でバカ受けし、同ゲームは大ヒットを記録。しまいにはマーク・ダカスコス、スコット・ウルフ、アリッサ・ミラノという、いかにも80年代一発屋的な顔ぶれのキャストで映画化されるにまで至った。
そんな『ダブルドラゴン』の海外での根強い人気ぶりは、テクノスジャパンが倒産して20年以上経った今でも、XBOX LIVEアーケード版やiPhoneアプリ版など、手を替え品を替えリメイクが登場することからも、よく分かるだろう。
もっとも、"初のアーケード版完全移植"という快挙を成し遂げたXBLA版は、リリース元のEmpire Interactiveがぶっ飛んでしまい、やはり同社が出していた『Speedball 2』共々、配信停止となり今では入手不可能になってしまっている。
人はこれを"テクノスジャパンの呪い"と呼んだとか呼ばないとか。
170301005.jpg
テクノスジャパンと言えば、なんたってヤンキー受けするゲームを作ることに長けた会社だったが、この『ダブルドラゴン』も、当時のヤンキーと相性が良かったブルース・リーのネタを大量にぶち込んで、バイオレンス性以外の部分でも、しっかりとそっち方面にアピールしている。
主人公の名前は言うに及ばず、雑魚を含めた敵方の面々も、ローバー、ウィリアムス、ボロ、リンダと、もろにブルース・リー絡みの命名だ。
もっとも、ムチを片手にぱっつんぱっつんの衣装で出てくる、パーマのきついおばさんに、リンダ夫人からとった名前を付けてしまうのは、ちょっと酷いような気もするが。
170301002.jpg
酷いと言えば、このゲームはヒロインもちょっと酷い。
よく『ダイナマイト刑事』の"大統領の娘"が、助けたくないヒロインの筆頭に挙げられたりしているが、いいや、本作のマリアンの比ではないだろう。
"大統領の娘"は仮にも非力な少女だが、この人はぶっとい脚した拳法使いのはしくれである。助け甲斐のないこと、実におびただしい。
厚化粧だし、口紅とかなんか変だし、オープニングやエンディングでパンチラのサービスをしてくれるが、それがちっともありがたみがない。
2人プレイノ場合だと、ボスを倒した後、拳法兄弟の間で壮絶な仲間割れが始まるが、あれは別にヒロインの取り合いで争っているのではなく、どっちが責任もって引き取るかで揉めに揉めているだけだと思う。
170301006.jpg
ぼったくる気満々の難易度で、薄暗いゲーセンに怒り狂ったヤンキーの怒声と、テーブル筐体を叩く音をこだまさせたゲームだが、皆さんご周知の通り、肘打ちオンリーならほぼ無傷で突き進めるという、開発側も予期しない"抜け道"が発見されたため、ヤンキーの怒声もほどなく解消された。
このXBLA版は、そんな様々な経緯や由来を持つアーケード版を、ほぼ完璧な形で移植した貴重なバージョンであっただけに、配信が停止されているのはつくづく残念なことだ。
アーケード版そのままの『ダブルドラゴン』。これを遊ぶと、アルミの灰皿にタバコがくすぶり続ける、まだ殺伐としていた薄暗いゲームセンターの空気が蘇ってくる。
もうこのゲームにコインを吸い取られ続けることもない。コンティニューは無限だ。
それでも肘打ちの恩恵が及ばない、敵アジトのトラップステージになると、また昔のように思わず「ふざけんな、こらぁ!」と、ヤンキーたちと同じような怒声を上げてしまうのだけど。

 

この記事に含まれるtag : XBLA 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2611.html

2017/03/01 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Mad Tracks】郊外ロードサイド風享楽

   ↑  2017/02/05 (日)  カテゴリー: XBOX 360
170205005.jpg
時は今からちょうど10年前。
後に隆盛を極めるXbox Liveアーケードも、まだこの頃はタマが揃いきっておらず、オンラインマルチを賑わすタイトルもアナログゲーム出自の『UNO』や『カタン』程度のささやかさだった。
そこに舞い降りたのはちょっぴりもっさいデザインのトイカー。
動力はバネエンジン。バネで動くと言われてもいまいち理解しづらいが、しかしその仕組みをゲーム自身に問うても、2007年基準翻訳エンジンのフリーダムな直訳によって、さらに要領を得なくなるだろう。
170205002.jpg
バネで動くトイカーと混乱をきたす直訳。『Mad Tracks』のファーストインプレッションは、とりあえずこの二つを押さえておけばOKだ。
だけど「周」や「ゴゴゴー」に代表されるマッドトラックス語を面白がるだけで終わってしまってはもったいない。
次に訪れるべきはバラエティ豊かなゲームが並ぶメニュー画面。
トイカーが主役のマリオカート風レースゲームは、XBLAだけでも同趣向のソフトが山ほど出た雨後の筍ジャンルだが、『Mad Tracks』はそれらに似ているようで実はその趣はかなり違う。
メニューにズラッと並んだ種目の数、実に15個。
同一種目のステージ違いも一部あるが、それでも多彩さはなかなかのものだ。
170205001.jpg
その競技中、オーソドックスなレースやタイムアタックが占めるのは、ほんの3分の1程度。
残りはと言うと、トイカーを使ってのテーブルサッカーやホッケーに、助走をつけてのボウリングやダーツ、お椀状のフィールドで転がるボールを避けたり、刻一刻と上昇する水位から逃れるサバイバルゲームや食卓上での早い者勝ちアイテム争奪戦などなど。
各々のプレイ時間も5分程度の長丁場から、わずか一瞬で終わってしまうものなど様々だ。
170205004.jpg
坂を駆け下りてピンをなぎ倒すボウリングの後は、2チームに分かれてのテーブルサッカー。それが終われば今度はジャンプ一閃ダーツの的に飛び込んで、お次はトイカーでボールをプッシュするビリヤード。その合間にはもちろんオーソドックスなマリオカート風レースも。
まるで週末の夜のラウンドワン三昧のような、郊外ロードサイドスタイルの享楽パッケージ。
気心の知れたフレンドたちと時間をつぶすには、実に気の利いた肩肘の張らないバラエティゲーム集。
それがありがちなマリオカートクローンの皮をかぶった『Mad Tracks』の真の姿だ。
170205006.jpg
そしてぼっちで訪れれば疎外感に満たされて帰ってくるだけのラウンドワンと違って、『Mad Tracks』にはXbox Liveがあった。
大雑把かつおおらかであるが故に、時として(いや、大半は)ぐずぐず、或いはぐだぐだのまま終了するバラエティマッチ。
その結果に参加した多国籍の野良メンバーみんなで思わず苦笑いを共有してしまう、そんないい具合に気の抜けた一瞬が『Mad Tracks』オンラインマルチ最大の魅力だった。
170205003.jpg
時は今からちょうど10年前。
後に選り取りみどりの状況になるXbox Liveオンラインマルチも、まだ遊ぶゲームの選択肢が限られていた。
そこに舞い降りたのはちょっぴりもっさいデザインのトイカー。
銃弾飛び交う戦場や、深謀遠慮のカタンで殺伐とするLiveを束の間癒やした愛すべき小品。
そのアティチュードは、おそらく開発者たちは知りもしないであろう、ラウンドワン風ロードサイドスタイルだ。

<Xbox One互換対応タイトル>

この記事に含まれるtag : XBLA レーシング D3パブリッシャー ONE互換 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2602.html

2017/02/05 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザーtag (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。