ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

このページの記事目次 (tag: ONE互換 の検索結果)

← 前のページ  total 12 pages  次のページ →  

【Fable 2】寓話を紡げ

   ↑  2017/12/25 (月)  カテゴリー: XBOX 360
171225008.jpg
満月が美しい冬の夜に、そのおとぎ話は残酷に幕を開ける。
たった一人の肉親である姉との永遠の別離。初代『Fable』のイントロダクションも同様の流れであったが、ふれあいがあまりにも一瞬すぎて顔すら覚えていなかった前作と違って、今回は短いながらも濃密なひとときを過ごしただけに心は痛い。
それよりも心残りなのは、置いてきてしまったわんこのことだ。
そのわんことはあっという間の成長を経て無事再会できた。
そうとなればやることはただ一つ、肉親をぶっ殺した奴への復讐。これまた前作と共通した、グリムでもアンデルセンでもなかなか子供向けに濾過しづらい、血なまぐさいテーマだ。
171225002.jpg
素敵なゲームは誰もががその続編を要望する。
だけど本当に続編を待ち望むべきゲームは、既に完成された傑作じゃない。むしろブループリントに毛が生えたような、未完成未整理で終わってしまったような作品だ。『Assassin's Creed』、そして『Fable』。
叶えられなかった理想を今度こそ実現させるため、プロトタイプに終わってしまった第一作目に丹念に磨きをこめて、これこそが本命と世に送られる。
代替わりしたハードの勢いにも後押しされた、『Fable 2』は、そんな運に恵まれたゲームだ。
171225005.jpg
しかし善と悪が表裏一体ならば、幸運と不運も同様。
ほぼ同時期にべセスダの大作『Fallout 3』が登場し、同じ年末発売の大作RPGということで比較の対象になってしまったのが、この国で『Fable 2』が被ってしまった不幸の一つだ。
このゲームが語られるときに自由度なんて言葉が頻繁に使われたことも、その不幸を後押しした。
だが『Fable 2』は『Fallout 3』のようなオープンワールド的自由を掲げてはいない。むしろ非情に窮屈なゲームだ。
舞台となるアルビオンは丁寧に描かれ愛着の持てる世界ではあるが、しかし本質的には寓話の「むかしむかしのあるところ」以上の意味は持っていない場所。
171225006.jpg
なにより『Fable 2』はいわゆるロールプレイングゲームではない。その名の通り寓話を紡ぐゲーム。
そのプレイヤーキャラはコントローラを持つ者を自己投影する分身ではなく、英雄という極めて曖昧な呼称を持つ物語の便宜的な主人公だ。
それを象徴するのが、プレイヤーがキャラの性別を選択した後、狂言回しである盲目の占い師テレサ(初代姉ちゃん)の口から語られる、「さあ、彼(彼女)の運命を見守りましょう」と、主人公を軽く突き放した言葉である。
171225004.jpg
そしてプレイヤーは、この寓話集の編纂者としての立場から、第三者的に主人公の行動にコミットしていく。プレイヤーが紡ぐんでいくのは、人生ではなく物語であるのだ。
一見個性的なタグが打ち込まれていながら、実は極めて無個性な存在である本作の住人たちは、この寓話の登場人物であると同時に一番最初の読者でもある。
プレイヤーが主人公の行動を通して紡ぎ出した物語に目を輝かせたり、或いは顔をしかめたりと、ダイレクトに反応してくれる忠実な読者だ。
171225007.jpg
善と悪の概念もこれまた便宜的なもの。
現れる結果は両極端だが、しかしほとんどの英雄は自分のモラルとは関係なしに、その時その時の都合、あるいは本作から加わった実績の都合によってその狭間を右往左往するだけだろう。
そしてどんな善行も邪悪な振る舞いも、地道な労働も不労所得へのあこがれも、結婚も荒淫も不義密通も、すべては等しくロングタイムアゴーから始まる物語の中に集約されてゆく。
英雄も鼻つまみ者も、倫理も不倫理も表裏一体。寓話の中ではそれは平等に存在できるのだ。
そんなすべてが寓話のための記号で満ちた世界で、英雄とプレイヤーが唯一シンクロして心を通わせる存在。それは物語の初めから終わりまでを共にした愛しいわんこだけである。

<Xbox One互換対応タイトル>

この記事に含まれるtag : ONE互換 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2721.html

2017/12/25 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Fable Anniversary】善と悪の境界

   ↑  2017/12/12 (火)  カテゴリー: XBOX 360
171212006.jpg
有名になるのはいいものだ。
今日も街雀たちがオレの英雄を取り囲んできゃあきゃあ囃し立てる。きっとジャスティン・ビーバーは毎日こんな感じなのだ。
もっともビーバーにだって崇拝者と同じくらいのアンチがいるだろうが、そんなもん彼には英雄にとっての山賊やワスプ程度の存在にしか見えていないのだろう。
「あれがあのチキンチェイサーよ!」「素敵!」
その称号も最初はどうかと思ったが、こうも浸透するとおいそれと変えられる雰囲気ではなくなってくる。
"おかわり君"だって本人の実力で、今では畏怖と敬意のこもった呼び名となっているのだ。急に"獅子砲"だのなんだのと呼ばれたって、きっと本人だって困るに違いない。
171212003.jpg
酒場に入れば入ったであっという間にみんなの視線が英雄に向く。
なにせオレの英雄は、アルビオンのあちらこちらで人助けと善行を繰り返してきた高潔な男。
カルマのメーターは善の方にだだ傾き。いつもは居丈高な衛兵だって、英雄相手には態度を変える。
あれはガキの頃だっただろうか。オークベールの村で口止め料を懐に入れながら旦那の浮気を女房にチクったことを、衛兵に「物事の善悪をちゃんと見極めんといかんぞ!」と怒られて以来、オレの英雄はモラルのある行いを常に意識するようになった。
人目のつくようなところでひけらかすのがモラル。人の目の届かないところでこっそり行うののがアンモラル。
171212002.jpg
なに、都合がいいことを言うな? ツイッターやSNSなんかで、てめえの感情の好悪を世間一般のモラルにすり替えて吐き出す奴らの方が、よっぽど自己本位だっつうの。オレの英雄なんかそれに比べれば可愛いもんだ。
ハートマークを頭上に光らせながらつきまとう独身女や人妻を振り切って(もちろんどれを後腐れのない現地妻にするか、心の中で物色していることは言うまでもない)、オレの英雄は町外れの民家に駆け込んだ。
主のいない家の中には本棚とタンス。そういえばバウアーストーンの学校が本の寄贈を求めていたっけな。
そう、これは善行善行。自分に言い聞かせながらオレの英雄は本棚をごそごそと勝手に漁る。
人の気配。振り返ると戸口から英雄の一部始終をじっと眺める衛兵の姿が。
英雄は衛兵に歩み寄りいくばくかのカネを握らす。「どうかこれで穏便に」
こうしてオレの英雄の善なる名声は守られたのだった。
171212005.jpg
メガテンの傍流だの『テネレッツァ』だのとイレギュラーばかりが続いていた初代XboxのRPG事情。
『Fable』はそんな煮え切らない状況に活を入れるべく登場した、ハードホルダーによる大作RPG。
そしてこの頃はピーター・モリニューの名にまだまだ神通力があった時期。
「モラリティを含む圧倒的な自由度」
モリニューの発売前コメントに期待は高まるも、その一方で「あのおっさんの言うことは話半分に受けといた方がいいな」と、彼との付き合い方をみんながなんとなくわきまえてきた時期もであった。
171212007.jpg
システムにより設けられたのは善悪二元論のカルマステータス。
善行を積み重ねれば評判はあがり民衆からは敬意をもって迎えられ、逆に悪行を重ねれば人々から忌み嫌われ恐れられる存在となる。
ゲーム中にそれなりのアクセントとはなるが、それ自体は非常に淡白な要素だ。
結局のところは高潔な英雄が邪悪の目覚めを食い止めた。あるいは悪しき英雄がさらなる悪を凌駕して封じ込めた、なんてどっちもどっちのありきたりな話に落ち着くのであろう。
171212004.jpg
寓話は教訓的なことを伝えるのに都合の悪いエピソード、その時代その時代のモラルにそぐわなくなった話なんかを、はしょったり改変しながら後世に伝えられてきた。
だがオレは高潔な英雄が邪悪に打ち勝った話の、伝えられなかった細部の細部までも知っている。
英雄はカネに意地汚く不労所得の確立に精を出し、女と見れば見境なしに重婚に次ぐ重婚を繰り返してきた。そのうちの半分はほったらかしだ。
街道で商人を追い剥ぎから救ったりもしたが、その影で旅人をスコーム礼拝堂に生贄に捧げたりもしてきた。
171212008.jpg
善も悪も結局はその場その人その時代の都合によって移ろい取り繕われる。
パッケージアートに映る善なる英雄と悪なる英雄。しかしほとんどのプレイヤーはそのどちらにもいない。そこには映らないポジションに身を置く。
モリニューがプレイヤーに与えてくれたのは、カルマやモラルの行間に皮肉屋ブラックユーモアを見出す小さな小さな自由。
その象徴とも言えるのが、マザー・テレサですらそのケツを蹴っ飛ばさずにはいられない、町中を無防備にウロウロするあのニワトリどもだ。
「彼がチキンチェイサーだ!」「素晴らしい!」「きゃあ!」
そう、オレの英雄は泣く子も黙るチキンチェイサー。実はあんまり良い奴じゃないが、とりあえずナイスガイってことで通しておいてくれ。(ぼかっ!)「くわっくわっけっこっこっこ!!!?」

<Xbox One互換対応タイトル>

この記事に含まれるtag : ONE互換 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2716.html

2017/12/12 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Assassin's Creed: Revelations】高齢者介護アサシンクリード

   ↑  2017/11/25 (土)  カテゴリー: XBOX 360
171125007.jpg
15世紀ともなれば、50すぎの中年なんてのは認知症患ってもおかしくないくらいの立派な老人だ。
アルタイル・イブン・ラ・アハドからバトンを受け継ぎ、アサシンクリードシリーズの2代目語り部となったエツィオ・アウディトーレ。この稀代の色男も、すっかりそんな年になってしまった。
わしがフィレンツェやヴェネチアの娘っこをきゃあきゃあ言わせていたのは……、『アサシン クリード ブラザーフッド』の発売が2010年だから、7年も前のことになるのか。遠い遠い過去の話じゃ。
171125004.jpg
『アサシン クリード II』三部作、別名エツィオサーガ。
このシリーズの基礎を固め隆盛に導いた三作品の内、トリを飾る『アサシン クリード リベレーション』だけは今まで未プレイだった(三部作のあまりのリリーススパンに短さに、「アサクリはしばらくいいや!」ってなったのが理由だったと思う)。
それにこの間ようやく手を出してみたら、前作からの7年あまりのプレイ間隔が、青年期から老年期一歩手前までいっきに飛び越したエツィオの経年に上手くアジャストする、思わぬ怪我の功名に見舞われたのであった。
171125001.jpg
それでなんだっけ? ああ、イタリアにいた頃だ。ダ・ビンチだのカテリーナだの色んなやつがいたな。
あの頃はわしも若かった。とにかくモテたモテたモテた。……今じゃ壁にへばりついているだけで「ジジイ、ムリすんなよ!」って冷やかされるけどな!
ただでさえ老化している上に、こちらの指先が後のシリーズ作の若干洗練された操作体系に慣れてしまっているせいか、とにかくオレの老エツィオ、足下が危うっかしい。しょっちゅう屋根のヘリで「おっとっと……」ってよろけてる。
171125008.jpg
弟子たちが壁を瞬く間に駆け上がってって、屋根から屋根へと華麗に移動するのを尻目に、「わしはちょっと下の道をゆっくり歩かせてもらうから」と、どうにも締まらない。
だってしょうがねえだろ、ジジイなんだし!
見るに見かねてか、コンスタンティノープルのアサシンを取りまとめるユスフって好漢が、ダスキンからフックブレードって介護補助器具を借りてきてくれた。
だけど親切はありがたいが、わしはやっぱり下の道を歩くから。ジジイだし。
171125002.jpg
エツィオサーガは綿々と続くシリーズの基礎。
未完成というか、未整理さが目立った初代『アサシン クリード』を三部作かけてじっくりとブラッシュアップ。
中でも静止画を切り取ればまるで絵画のような美しい構図を見せるムービーや、デューラーの婦人画エピソードに代表されるような歴史衒学趣味など、後のシリーズを司る魅力的な要素は、『リベレーション』でもっとも高く昇華されている。
171125003.jpg
そしてエツィオに付いて回る二人の男、アルタイルとデズモンド・マイルズ。
ぶっちゃけデズモンドのことはどうでもいいが、問題はアルタイルだ。
まさか50過ぎのジジイをさんざん操作する合間に、さらに80過ぎの超ジイさんの面倒まで任せられるとは思いもしなかった。
足下がおぼつかないどころじゃない、三歩踏み出せば息を切らす老老アサシン。
シリーズ中異色の高齢者介護アサシンクリード。大丈夫、先輩に比べたらエツィオさんまだまだ若いっすよ!
171125005.jpg
そうは言ってもジジイだし。それに"最強のアサシン"なんて持て囃されていい気になってたけど、なんかわしの役割ってわざわざ三部作かけてのアルタイル物語の補完者ってのがハッキリしちゃったようだし。
でもな、個人的には7年もかけたこの補完の歳月、それはそれでとても生き甲斐があったぞ。
思い返してみても……、えーと、ボルジアとメディチってのがいたっけな……。どっちがアサシンでどっちがテンプル騎士団だったっけ?
……まあいい。とにかくモテたモテた。そして今でも充分モテる。三部作たっぷりつき合ってもらって、最後の最後は中高年の色恋沙汰で終わらせてホントすまんな。
まぁとにかくこれでわしの役目はひとまず終わった。余生はたっぷり楽しむぞ!

<Xbox One互換対応タイトル>

この記事に含まれるtag : ONE互換 アサシンクリード 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2710.html

2017/11/25 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Dead to Rights】初代XboxのB級アクション

   ↑  2017/11/08 (水)  カテゴリー: XBOX
171108009.jpg
いかにも凶悪そうな風貌の黒光りする巨体。
初代Xboxはそのルックスから、ダーク&バイオレンスなゲームを多く擁するハードのイメージがあったが、実際はその初期の国内ソフトラインナップはPS2以上に呑気なゲームによって占められていた。
この異型のゲーム機に国内ゲーム市場の保守本流とは異質のモノを求めていたこちらにとっては、そんな煮え切らない陣容にやきもきしていたのだが、それがようやく解消されたのは本体発売から9ヶ月も経ってからであった。
171108006.jpg
Namco USA産クライムアクションアドベンチャー『デッド・トゥ・ライツ』。
シュートドッジで発動するバレットタイム(本作での呼称はタイムシフトダイブ)を軸とした、明快に『MAX PAYNE』の影響下にあるサードパーソンシューター。
だがシステムからストーリーに至るまで『MAX PAYNE』ほど洗練されてはいない。逆に格闘アクション要素やミニゲームなどをごちゃごちゃと盛り込んだ、猥雑なプレイフィールが特徴だ。
171108007.jpg
ゲーム開始早々フィーチャーされるストリッパーのポールダンスミニゲームを皮切りに、後の様々なゲームに盛り込まれるヒューマンシールド(用済みになった"人間の盾"を、躊躇なく脳天をズドンと撃って処刑するくだりなどは、バイオレンスゲームにそれほど麻痺していなかった当時のオレは、「いくらギャングと言えど人権というものがあるんじゃないですかあ!?」と、自分のキャラがやったこととはいえおろおろしたものだ)など、エログロバイオレンス方面への徹底した針振り。
そして90年代の「午後のロードショー」で忘れた頃に放映されるB級アクション映画のようなストーリー。
純粋にゲームとしては決して磨き込まれていないが、繁華街の一番妖しい地区に建つ雑居ビルのような混沌とした造りは、妙にクセになる魅力があった。
171108008.jpg
そんな初代Xboxの忘れがたき想い出の一つが、Xbox Oneへの隔世互換によってまさかの再降臨。
現役ハード上で初代のあの起動画面が流れるだけでも感涙モノだが、その直後に始まる現役機のパワーでアップコンバートされた本編にさらにびっくり。
アーリーゼロ年代コンソール機特有の、靄がかかったようなグラフィックが、くっきりハッキリと変貌を遂げている。
171108001.jpg
進化したコントローラの恩恵によるものか、操作感も心なしか向上している印象で、「『デッド トゥ ライツ』って、こんな遊びやすいゲームだったっけ!?」なんて声が思わず漏れてしまった。
とは言えコンソール機版のシューターが確たるスタイルを模索して、色々と試行錯誤していた時代の作品。エイミングや視点移動など、現代の眼で見ると粗が目についてしまうのは致し方ない(見た目が綺麗になっただけに、こういった部分は余計目についてしまう)。
171108004.jpg
脊髄反射の行動で悪徳の街に蠢く犯罪に挑むはみ出し刑事ジャック・スレイトと、その凶暴極まりない相棒警察犬シャドウ。
このやさぐれコンビは猥雑なB級テイストをそのままに『Dead to Rights: Retribution』で次世代機Xbox 360にも再登場。
初代作をあらゆる意味でパワーアップしたこちらも互換を待ちたいところだ。

<Xbox One互換対応タイトル>

この記事に含まれるtag : ONE互換 TPS 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2703.html

2017/11/08 | Comment (3) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Fable 2: Pub Games】運命翻弄の前倒し

   ↑  2017/10/07 (土)  カテゴリー: XBOX 360
171007007.jpg
RPGの勇者、それは世界を救う者。
しかしその使命を忘れてカジノに入り浸り遊び呆ける不届き者は後を絶たない。
そして『Fable 2』の主人公は英雄と称され、後世まで末永く語り続けられる存在。
だがその実態は、肝心の冒険を始める前からギャンブルで身持ちを崩す極道者なのであった。
171007005.jpg
『HALO 3』に続く2008年Only on Xbox 360のビッグタイトルとして、発売前から鳴り物入りだったRPG『Fable 2』。
それに先んじてXbox Liveアーケードでリリースされた『Fable 2: Pub Games』は、プロモーションを兼ねたアルビオンの地を巡る冒険の先行招待状。
『Fable 2』本編中で遊べる3つのギャンブルミニゲームが一足早くプレイできる内容だが、もちろんあのピーター・モリニューのことだ。本編から抜き出したミニゲームだけでお茶を濁しているわけがない。
171007001.jpg
この先行小品のプレイデータは、後に発売される本編とリンクすることができた。
つまり『Fable 2: Pub Games』のギャンブルで勝ちまくった状態で『Fable 2』本編をプレイすれば、最初から潤沢な持ち金を手にアルビオンでの冒険を始められるのだ。
持ち越せるのはカネだけではない。トーナメントモードにはレア武器や特殊ポーション、さらには服や髪型、タトゥー、愛犬の芸などフェイブルならではのカスタマイズ要素が賞品として用意され、これらを獲得すればもちろん本編の中に持ち越し可能だ。
171007004.jpg
しかし世の中……、ましてや狡っからいアルビオンの世界だ。そんな美味しいだけ一方の話が転がってるわけがない。
トランプを使ったフォーチュンタワー、ルーレットとクラップスの折衷キーストーン、ルーレットの亜種スピナーボックス。
3つの種目はいずれも強いクセがあり、そのバランスや特徴を呑み込むのにまず一苦労するだろう。
171007002.jpg
フォーチュンタワーの押し引きのコツを掴めずに負けを重ねてしまえば……、大丈夫、胴元はいくらでも追加のチップを貸し付けてくれる。
そしてそこでかぶった負債は、やはりすべて『Fable 2』本編の主人公に回される寸法だ。
オレも最初のうちはフォーチュンタワーで負けを積み重ね、このままでは本編を始めてもしばらくは借金のやりくりに追われることになる。
いや、むしろ『Fable 2』を買わなければ、この負債はチャラになっちゃうんじゃないかと、本末転倒な考えにまで至ってしまったが、その後なんとか持ち直して、ほどほどの浮き分を手に『Fable 2』の発売日を迎えることができた。
171007003.jpg
『Fable 2』が世に出て10年近くが経とうとしてる今となっては、本編の一要素を抜き出しただけなこの小品の存在価値は無いに等しいかもしれない。
だが待ち遠しい大作がリリースされるまでのヤキモキした日々を、この小品でヤケクソなベットを繰り返しながら、「ヤベえよ、オレの英雄、このままじゃヤベえよ」と、一足先に主人公の運命を翻弄していたのは、ちょっと忘れられない一風変わった体験だったのだ。

この記事に含まれるtag : XBLA ONE互換 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2693.html

2017/10/07 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザーtag (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。