ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

このページの記事目次 (tag: ONE互換 の検索結果)

← 前のページ  total 12 pages  次のページ →  

【Dead to Rights】初代XboxのB級アクション

   ↑  2017/11/08 (水)  カテゴリー: XBOX
171108009.jpg
いかにも凶悪そうな風貌の黒光りする巨体。
初代Xboxはそのルックスから、ダーク&バイオレンスなゲームを多く擁するハードのイメージがあったが、実際はその初期の国内ソフトラインナップはPS2以上に呑気なゲームによって占められていた。
この異型のゲーム機に国内ゲーム市場の保守本流とは異質のモノを求めていたこちらにとっては、そんな煮え切らない陣容にやきもきしていたのだが、それがようやく解消されたのは本体発売から9ヶ月も経ってからであった。
171108006.jpg
Namco USA産クライムアクションアドベンチャー『デッド・トゥ・ライツ』。
シュートドッジで発動するバレットタイム(本作での呼称はタイムシフトダイブ)を軸とした、明快に『MAX PAYNE』の影響下にあるサードパーソンシューター。
だがシステムからストーリーに至るまで『MAX PAYNE』ほど洗練されてはいない。逆に格闘アクション要素やミニゲームなどをごちゃごちゃと盛り込んだ、猥雑なプレイフィールが特徴だ。
171108007.jpg
ゲーム開始早々フィーチャーされるストリッパーのポールダンスミニゲームを皮切りに、後の様々なゲームに盛り込まれるヒューマンシールド(用済みになった"人間の盾"を、躊躇なく脳天をズドンと撃って処刑するくだりなどは、バイオレンスゲームにそれほど麻痺していなかった当時のオレは、「いくらギャングと言えど人権というものがあるんじゃないですかあ!?」と、自分のキャラがやったこととはいえおろおろしたものだ)など、エログロバイオレンス方面への徹底した針振り。
そして90年代の「午後のロードショー」で忘れた頃に放映されるB級アクション映画のようなストーリー。
純粋にゲームとしては決して磨き込まれていないが、繁華街の一番妖しい地区に建つ雑居ビルのような混沌とした造りは、妙にクセになる魅力があった。
171108008.jpg
そんな初代Xboxの忘れがたき想い出の一つが、Xbox Oneへの隔世互換によってまさかの再降臨。
現役ハード上で初代のあの起動画面が流れるだけでも感涙モノだが、その直後に始まる現役機のパワーでアップコンバートされた本編にさらにびっくり。
アーリーゼロ年代コンソール機特有の、靄がかかったようなグラフィックが、くっきりハッキリと変貌を遂げている。
171108001.jpg
進化したコントローラの恩恵によるものか、操作感も心なしか向上している印象で、「『デッド トゥ ライツ』って、こんな遊びやすいゲームだったっけ!?」なんて声が思わず漏れてしまった。
とは言えコンソール機版のシューターが確たるスタイルを模索して、色々と試行錯誤していた時代の作品。エイミングや視点移動など、現代の眼で見ると粗が目についてしまうのは致し方ない(見た目が綺麗になっただけに、こういった部分は余計目についてしまう)。
171108004.jpg
脊髄反射の行動で悪徳の街に蠢く犯罪に挑むはみ出し刑事ジャック・スレイトと、その凶暴極まりない相棒警察犬シャドウ。
このやさぐれコンビは猥雑なB級テイストをそのままに『Dead to Rights: Retribution』で次世代機Xbox 360にも再登場。
初代作をあらゆる意味でパワーアップしたこちらも互換を待ちたいところだ。

<Xbox One互換対応タイトル>

この記事に含まれるtag : ONE互換 TPS 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2703.html

2017/11/08 | Comment (3) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Fable 2: Pub Games】運命翻弄の前倒し

   ↑  2017/10/07 (土)  カテゴリー: XBOX 360
171007007.jpg
RPGの勇者、それは世界を救う者。
しかしその使命を忘れてカジノに入り浸り遊び呆ける不届き者は後を絶たない。
そして『Fable 2』の主人公は英雄と称され、後世まで末永く語り続けられる存在。
だがその実態は、肝心の冒険を始める前からギャンブルで身持ちを崩す極道者なのであった。
171007005.jpg
『HALO 3』に続く2008年Only on Xbox 360のビッグタイトルとして、発売前から鳴り物入りだったRPG『Fable 2』。
それに先んじてXbox Liveアーケードでリリースされた『Fable 2: Pub Games』は、プロモーションを兼ねたアルビオンの地を巡る冒険の先行招待状。
『Fable 2』本編中で遊べる3つのギャンブルミニゲームが一足早くプレイできる内容だが、もちろんあのピーター・モリニューのことだ。本編から抜き出したミニゲームだけでお茶を濁しているわけがない。
171007001.jpg
この先行小品のプレイデータは、後に発売される本編とリンクすることができた。
つまり『Fable 2: Pub Games』のギャンブルで勝ちまくった状態で『Fable 2』本編をプレイすれば、最初から潤沢な持ち金を手にアルビオンでの冒険を始められるのだ。
持ち越せるのはカネだけではない。トーナメントモードにはレア武器や特殊ポーション、さらには服や髪型、タトゥー、愛犬の芸などフェイブルならではのカスタマイズ要素が賞品として用意され、これらを獲得すればもちろん本編の中に持ち越し可能だ。
171007004.jpg
しかし世の中……、ましてや狡っからいアルビオンの世界だ。そんな美味しいだけ一方の話が転がってるわけがない。
トランプを使ったフォーチュンタワー、ルーレットとクラップスの折衷キーストーン、ルーレットの亜種スピナーボックス。
3つの種目はいずれも強いクセがあり、そのバランスや特徴を呑み込むのにまず一苦労するだろう。
171007002.jpg
フォーチュンタワーの押し引きのコツを掴めずに負けを重ねてしまえば……、大丈夫、胴元はいくらでも追加のチップを貸し付けてくれる。
そしてそこでかぶった負債は、やはりすべて『Fable 2』本編の主人公に回される寸法だ。
オレも最初のうちはフォーチュンタワーで負けを積み重ね、このままでは本編を始めてもしばらくは借金のやりくりに追われることになる。
いや、むしろ『Fable 2』を買わなければ、この負債はチャラになっちゃうんじゃないかと、本末転倒な考えにまで至ってしまったが、その後なんとか持ち直して、ほどほどの浮き分を手に『Fable 2』の発売日を迎えることができた。
171007003.jpg
『Fable 2』が世に出て10年近くが経とうとしてる今となっては、本編の一要素を抜き出しただけなこの小品の存在価値は無いに等しいかもしれない。
だが待ち遠しい大作がリリースされるまでのヤキモキした日々を、この小品でヤケクソなベットを繰り返しながら、「ヤベえよ、オレの英雄、このままじゃヤベえよ」と、一足先に主人公の運命を翻弄していたのは、ちょっと忘れられない一風変わった体験だったのだ。

この記事に含まれるtag : XBLA ONE互換 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2693.html

2017/10/07 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Undertow】深海のグダグダ消耗戦

   ↑  2017/09/19 (火)  カテゴリー: XBOX 360
170919006.jpg
当時もネットゲーム内で不具合に対する謝罪アイテムの配布は珍しくなかったが、総合的なゲームサービスに於いて、ゲームをまるまる一本タダで配るというのは、割りと前代未聞な話だった。
今でこそGames with Goldであったり、カンファレンス視聴の特典であったりと、本来は有料のゲームを大盤振る舞いするのは珍しいことではないが、まだそういうことに慣れていなかったユーザーたちは、「タダってことはよっぽどアレなんじゃないの?」と思わず身構えてしまったのだった。
170919001.jpg
それがどんな不具合であったのか、はっきり覚えてないが(1日ログイン不能になったとか、そんな感じだったような気もするが……)、とにかくそれに対するお詫びとしてゴールドメンバーシップに対して一定期間無料で配信されたのが『Undertow』だ。
発売されたてホヤホヤ、価格は800MSP(1029円)の堂々たる有料タイトルだが、ちょっと前の『The Maw』や、今で言うと『Max: The Curse of Brotherhood』がそうだが、一度こういう形で扱われてしまったゲームは、どうしても色眼鏡がついてしまいマトモな受け止め方をされない運命になってしまう。
170919004.jpg
この『Undertow』も上記の事情から相当多くのユーザーに出回ったはずだが、それが故にネタ要員としての扱われ方がどうしても前に来てしまい、ゲームとしての本来の評価はほとんど見なかったような気がする。
マルチプレイが基本であったにもかかわらず、ユーザー総数の割にオンラインがそれほど盛り上がった印象もない。
170919002.jpg
2Dのツインスティックシューターとコンクエスト型の多人数対戦を折衷したちょっと独特のシステムで、プレイヤーが操ることのできる兵科も、すばしっこいが脆い海兵隊から火力は抜群だが鈍重な駆逐艦と、ツボを押さえた4つが揃っている。
ただこれはツインスティックシューターの宿命だが、動く範囲をなるべく最小限に留めて効果的に弾をばらまく、いわゆる"待ち"と呼ばれる戦法が幅を利かせてしまい、これがコンクエストシステムと、どうにも相性が悪い。
170919005.jpg
マップのデザインや拠点の配置がおざなりなのも災いして、マッチはどうしてもグダグダな消耗戦に終始しがちになってしまうのであった。
深海が舞台な故にビジュアルも地味で、それ以外は機械翻訳のアバンギャルドなローカライズくらいしか話題になるものがなく、一時は「あんだーとぅ?」などと360ユーザーの間でネタ的に話題になっていたものの、そのうち存在も忘れられていた。
それが今回唐突のXbox One互換対応。久々にその名を思い出した古株のXbox Liveプレイヤーも多いんではないだろうか。

<XboxOne互換対応タイトル>

この記事に含まれるtag : XBLA ONE互換 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2688.html

2017/09/19 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Battlefielt: Bad Company】孤高のはみ出し小隊

   ↑  2017/08/23 (水)  カテゴリー: XBOX 360
170823007.jpg
アクションゲームやシューターにフィーチャーされている要素で、悩ましい存在なのがいわゆるコレクタブルアイテムの類だ。
中には録音テープやメモの形を借りて、ゲームのバックグラウンドを補完してくれるものもあったりするが、大半のそれは、「これを集めたところで、だからどうしたのよ?」と文句の一つも言いたくなる、どうでもいいものばかり。
生命の危機に直面していたり何か切羽詰まった状況にいるはずの主人公が、これを拾わんがために、そのシチュエーションではありえない遠回りとか、行き止まり探索を強いられているのは、明らかに整合性を欠いている。
170823003.jpg
だがこの『Battlefield: Bad Company』(以下『BFBC』)に於けるコレクタブルアイテムの場合は、その例に当て嵌まらない。
はみ出し小隊バッドカンパニーの連中が、マップを大幅に遠回りして呑気にアイテムを探して回るのは、それがズバリ金塊の山だから。
そしてバッドカンパニーが軍事行動を逸脱して、たった4人で好き勝手に行動しているのは、その金塊に目が眩んだから。
アイテムをわざわざ集めさせるのに、これほど説得力のある理由は他にはないだろう。
170823006.jpg
軍隊の問題児たちが、戦争の最中に欲に目が眩んで勝手なことをしでかす例で、真っ先に思い浮かぶのが、クリント・イーストウッドが主演した「戦略大作戦」。
第二次大戦下の欧州戦線。ドイツ軍が占拠する町に大量の金塊が置かれていることを知ったイーストウッドは、仲間を募ってその町に勝手に進撃開始。
民間人引き連れてどんちゃん騒ぎしながら進軍するわ、マカロニウェスタンのパロディを唐突におっ始めるわと、やりたい放題の娯楽戦争活劇。『BFBC』のプロットと非常に共通項の多い映画だ。
170823001.jpg
そう、『BFBC』は「戦略大作戦」に負けず劣らない一大娯楽戦争活劇。
このゲームには、チャプターごとに悲劇的な死を遂げる仲間たちだとか、お偉い政治家や将軍様たちの分かったような分からないような鬱陶しいお言葉だとか、炸裂するキノコ雲に表される世界情勢の現実だとか、無慈悲なシチュエーションをことさらに描いて表現する戦争の冷酷さだとか、そんなもっともらしさの押し売りは一切ない。
あるのはひたすら呑気な戦争ごっこ。バットカンパニーの仲間は、イベントで劇的な死を遂げる心配なんてする必要のない脳天気な連中だし、出てくる敵は、こちらが「ばーん」と叫べば、「うわあ、やられたあ」と素直に付きあってくれる、やられ役という役割から逸脱せずにでしゃばらない、実に後腐れのない奴らだ。
170823005.jpg
そして『BFBC』の能天気な戦争ごっこ世界は、愛すべきバッドカンパニーの連中が活躍するシングルキャンペーンだけではない。
攻守の役割がはっきりと別れ、筒状に細長い戦場が進行に応じてスライドして行くラッシュモードは、『Frontlines: Fuel of War』のフロントラインシステムと並ぶ、おおらかさとメリハリの効いたゲーム性を同居させたチーム戦マルチプレイモードとなっている。
やたらとだだっ広い戦場なのにダレ場をまったく作らないラッシュモードの秀逸さは、後に導入された旧態依然のコンクエストモードと比較すると、さらに明白となるだろう。
170823004.jpg
『CoD』とその亜流に対してアンチテーゼとして機能していた『BFBC』であったが、残念ながらその後のDiceは時流へ少しずつ歩み寄ってしまい、続編となった『Battlefield: Bad Company 2』は、シングル、マルチ共に、一作目にあったいい意味でのおおらかさが大きく減退した内容となってしまった。
『BFBC』には、『BFBC2』を経て『Battlefield 3』でさらにエスカレートする、タチの悪いレベル制装備&スキルアンロックシステムへの依存もない。
アメリカンフットボールの攻防にも似た横長な戦場での押し引き合いは、戦場が狭くなってしまった『BFBC2』のラッシュモードと比べても、遥かにメリハリとテンポの良さに満ちている。
『BFBC2』リリース後も、『BFBC』のオンラインがしぶとく盛り上がりを見せていた事実からも、この初代バッドカンパニーの他では代替の効かない魅力を物語っているだろう。

<Xbox One互換対応タイトル>

この記事に含まれるtag : FPS ONE互換 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2678.html

2017/08/23 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Ticket To Ride】鉄道路線図の旅愁

   ↑  2017/08/18 (金)  カテゴリー: XBOX 360
170818005.jpg
"あの娘は乗車券を手にしてる チケット・トゥ・ライドを持ってるんだ だけどそ知らぬ顔してやがるのさ" <The Beatles - Ticket To Ride>
お盆に夏休み。普段以上に鉄道路線図が身近になるこの季節。
あの色とりどりな線の交差に心惹かれるのは、決して鉄オタだけではあるまい。
オレも旅行に出た時に、初めて訪れる地方都市のターミナル駅に掲げられた路線図を、いつまでもボーっと眺めながら旅の妄想を膨らますことがある。
170818002.jpg
そして今オレの目の前に広がるのはアメリカの鉄道路線図。
広大なアメリカ大陸を、まるでフランケンシュタインの怪物の縫い傷みたいに張り巡らされた交通の動脈。
手の中にあるのはマイアミからボストンまでの片道切符。
普通なら飛行機を使う距離だが、たまには大陸の列車旅もいいものだ。それに鉄道ならば、パーサーが呼んだ空港警察に手荒に叩き出される心配もない。
170818003.jpg
マイアミ駅のホームで、オレは列車を待つ。ナシュビル、フェニックス、デンバー、異なる目的地に向かう旅客たちが、別のホームから次々と旅立ってゆく。
オレは辛抱強く列車を待つ。来ねえ。来ねえ。列車が来ねえ。ピンクのトレインカードがちっとも場に出やしねえ!
慌てて路線図を見返し迂回できるルートを探すが、時すでに遅し。ナッシュビル周りの列車はすべて押さえられてしまってる。
いっそのこと西海岸に行っちゃってそこからボストンを目指すか!? もちろんそんな回りくどいマネは、切符カードのコストにとうてい割が合わない。
オレはチケットを握りしめながら、ひたすら山札から運良く機関車カードを引くチャレンジを繰り返すのであった。
170818004.jpg
カタンにカルカソンヌにロストシティーズ。オンラインゲーム展開の実験場とばかりに、Xbox360の初期には、著名なアナログボードゲームのデジタル化作品がお目見えしたが、『Ticket To Ride』のその中の一つ。
アナログゲームにとってもっとも名誉あるドイツ年間ゲーム大賞を受賞した、その筋では知らぬ者のいない名作だ。
ただいくら高い評価を得ているボードゲームと言えど、いったんデジタル化されたからには、やはりビデオゲームとの相性が問われてくる。
だが心配はいらない。他プレイヤーの行動をある程度読みつつ、黙々とカードドローと列車配置を繰り返す。
マルチの環境で各自がソロプレイを行っているような『Ticket To Ride』は、複雑な交渉を必要とする『Catan』などよりも、はるかにオンラインゲームに向いた作品だ。
170818001.jpg
ボイチャでの賑やかなやり取りもなく、路線図を舞台に各人は思い思いに乗車券を握りしめ目的地を目指す。
一人旅は決して他者と隔絶した空間じゃない。並走する線路、ターミナル駅、ほのかだけとそこには人とのすれ違い、一瞬の邂逅がある。
その積み重ねの上に綴られるのは、縫い跡のような線が列車で埋められた路線図。『Ticket To Ride』の旅情は、むしろ顔を突き合わせない環境だからこそ、余計に輝くことがあるのかもしれない。

<Xbox One互換対応ソフト>

この記事に含まれるtag : ONE互換 テーブルゲーム 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2675.html

2017/08/18 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザーtag (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。