ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

このページの記事目次 (tag: ONE互換 の検索結果)

total 8 pages  次のページ →  

【Shadows of The Damned】シャドウ・オブ・ザ・ダムド

   ↑  2017/03/28 (火)  カテゴリー: XBOX 360
170328006.jpg
デーモンハンター。ゲーム界隈ではちょっぴり手垢の付いた肩書きだが、このガルシア・ホットスパーは仰々しいマントに身を包んだ黒尽くめのゴシック野郎なんかじゃない。
引き締まった筋肉質な身体に全身タトゥー。整髪料べったりの髪に口から飛び出すのは汚いスラング混じりのセリフ。ボンクラ好きの映画から抜け出してきたような、別のベクトルでステロタイプなやつだ。
そのクセ色恋沙汰に関しては妙に一途。だから愛しの彼女を悪魔に人質に取られて、のっぴきならないことになったりする。
世捨て人のようなゴス系デーモンハンターと違ってめちゃくちゃ脇が甘い。そして肝心の彼女は少しばかりメンヘラ入ってます。
170328005.jpg
「バッファロー'66」を観て鼻白んだときのような気分をデジャブさせてくれるような、煮ても焼いても食えない男女関係。
世界一共感を得られないマリオとピーチ姫。目指すはクッパならぬ悪魔王のもと。なんとも気の乗らないお姫さま救出劇。
とにもかくにも地獄八景デーモンハンターの戯は自称ロードムービー。トリップ感なんかこれっぽっちもないけどな。
170328003.jpg
須田51に三上真司に山岡晃。別名船頭多くして船山に登る。
サブカル趣味の冷凍食品みたいなボイスキャスティングも、肝心の主役が声だけの演技にちっとも向かない人とあっては、何をか言わんや。
こちらは達者なところを見せる、我修院達也演じるドクロ悪魔(銃にも変身する)との、タランティーノ映画を意識したかのようなムダ話は、この気の乗らない道中の唯一の慰め。
だが露悪趣味に貫かれた道中会話も、その持って生まれたリズムの緩さが、テンポ感が肝のサードパーソンシューターといまいち噛み合わず、ボンクラ映画とビデオゲームという媒体とのシンクロナイゼーションの難しさを、自ら証明しちゃっているのだった。
170328004.jpg
しかしこの悪魔王退治の旅が気が乗らない一番の理由は、そんなギクシャクしたクロスカルチャー要素ではなく、2011年の時点で明らかに古臭さを感じさせた前時代的なゲームの造り。
コントのような一発死の繰り返しを余儀なくされる、"恋人に追っかけられパート"(しかも一度じゃない)などは、その典型みたいなものだ。
こんな恋人助ける義理はないんで、すいません、帰っていいですか?
170328002.jpg
インスパイアとゲームデザインの乖離はグラスホッパー・マニファクチュア作品の宿痾だが、それが今回ある程度解消されているのは、船頭を多くしたことの数少ない効果だろうか。
もっともその中和が、あそこのゲームのファンにとって吉と出ているか凶と出ているかは、なんとも微妙なところだけど。
そこそこのまとまりを見せて商品としては取っ付き易い、でもアクの強さには欠ける"メジャーレーベル下のパンクバンドのアルバム"を彷彿とゲーム。
エンディングテーマを奏でる英国パンクバンド、ザ・ダムドのディスコグラフィーに例えると、GHMにとっての"Anything"みたいな一作だ。

<Xbox One互換対応タイトル>

 

この記事に含まれるtag : TPS ONE互換 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2622.html

2017/03/28 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Tower Bloxx Deluxe】バベルの塔を超えて

   ↑  2017/03/25 (土)  カテゴリー: XBOX 360
150507004.jpg
最初のうちは無造作に積むだけだった。
再開発都市の一区画。板塀に囲われたよくありがちな工事現場だ。
そこに鎮座するのはクレーン1基。プレハブのコンテナをアバウトに切り離して積み上げてゆくのは、ちょっと斬新な工法だが、なにせ手っ取り早くていい。
まだ道路を歩く人々からも、積み上げる様子が仰ぎ見える高さ。コンテナを切り離すタイミングを誤って取りこぼす、1回目2回目のミスはたいていこの段階で起きる。
コンテナがうまく乗らずに落ちてしまっても、まだこの時点では実に気楽なものだ。
170325005.jpg
その許されるミスも2回まで。もうそれもとっくに使い果たした。
さくっと3回失敗して「は、ゲームオーバー、終わり終わり」と気軽にゲームを終了させられるような階層ではなくなった。
積み上げたビルは高みに高みを重ねて、いつの間にかその根っこの部分は遥か見えなくなっている。
ここまできたら何が何でも自分のベスト記録を、そして目の前に迫ったフレンドの記録を抜いて、さらなる上を目指さなければ。
170325003.jpg
天を衝く高さ。昔からよく言われるが、しかしそれは地面から上を見上げるしかない凡人の表現だ。
天の高さは無限だ。竹槍でB-29は突けないし、ビルで天は衝けない。
それでもオレはひたすらコンテナを積み上げる。1つ積んではオレのため、2つ積んでもオレのため。
差し当たっての目標は右に表示されているフレンドの記録。いつしかビルを積むペースも地表の時の10倍の時間をかけている。
ここまで来てしくじったらダメージがデカい。コントローラをいじくる手つきも外科手術なみの細心さだ。ゲームでここまで手に汗を握る感覚って、なんかかなり久しぶりだ。
170325001.jpg
神に会いたければ宇宙飛行士になれ。そんな言葉があったようななかったような気もするが、いいや、それよりも手っ取り早く神に会いたければビルを積めばいい。
青い空に白い雲。そんな見慣れた風景も遥か過去。ビルの階層を1つ、また1つ積み上げるごとに、成層圏を超え、月を脇目に火星木星、さらには勝手知ったる太陽系を突き抜けて、さらなる宇宙の深淵へ。オレのビルのてっぺんは、静寂のさらに先の先を目指す。
170325004.jpg
天を覗う高い塔を作ろうとしたら、神様が怒ってぶっ壊した。
バベルの塔故事の俗な解釈だが、しかしそれはおそらく50階とか100階あたりで3ミスしてゲームオーバーになっちゃったやつの、照れ隠しの言い訳だ。
天なんてそう簡単に覗えるもんじゃない。積んでも積んでも天は無限だ。神様だって天文学的な距離の向こうから、手をかざしてこっちを見ようとしている人間のことなんか、知ったこっちゃないだろう。
170325002.jpg
待ってろ神様、今そっちに行くから。タイミングを合わせてモノを積み上げるだけのゲームが、なんかいつの間にかエラい話になっちゃっているが、全神経を集中させての反復行動には、それだけの麻薬性があるってことだろう。
オレの名はビル積む積む王。この地表から、少なくともフレンド間においてもっとも神に近づいた男。
さらに積んで積んで積み上げて、いつしか形容詞じゃなく本当に天を衝いてやるぜ。

<Xbox One互換対応ソフト>

*関連記事
【Tower Bloxx Deluxe】天より高く!

 

この記事に含まれるtag : XBLA ONE互換 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2621.html

2017/03/25 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Mutant Storm Empire】ミュータントたちの死亡遊戯

   ↑  2017/03/18 (土)  カテゴリー: XBOX 360
170318004.jpg
突き進むは漆黒の異空間。自機はかっちょいい宇宙戦闘機ならぬ、なんだかわからない球体のクリーチャー。
左スティックで移動、右スティックで射撃制御はXboxコントローラにアジャストした快適なコントロールスタイル。
そして目の前に湧きあがるのは、まさにミュータント以外に適当な表現が見当たらない、奇矯で生々しく気持ち悪い生物たち。
170318002.jpg
今や懐かしいXbox LiveアーケードのフレーズがDL専売ゲームの習慣とともにまだ目新しかった頃、そこを賑わしていたのは何故かツインスティックシューターであった。
XBLAの定番となる『Geometry Wars: Retro Evolved』や、『Smash TV』に『Robotron 2084』といったレトロタイトルの復刻が混在する、そのツインスティックシューター群にあって、オリジナルタイトルの一角として名を馳せたのが『Mutant Storm Reloaded』。
XBLAの原型となった初代Xbox版LIVEアーケードでひっそりとリリースされていた『Mutant Storm』のリメイク作品だ。
170318003.jpg
『Geometry Wars』のエンドレススタイルでも、前作『Mutant Storm Reloaded』の独立面クリア型とも違う、ステージがシームレスに繋がる様式がその特徴。
そしてもう一つのセールスポイントが、有機的で多種多彩な敵クリーチャーの数々。そしてこれまたバラエティに富んだその攻撃パターンだ。
170318001.jpg
一つのステージをクリアして進んだ階層に待ち受ける、さっきまでの奴らとはその様相をまるっきり違える新たでトリッキーな敵たち。
スコアハンデシステムに導入された段位(色帯)制も含めて、そのストイックな勝ち上がりシステムはツインスティック版「死亡遊戯」の名が相応しいかもしれない。
敵クリーチャーもジャバールや金帯のおっさんみたいに、何を考えてるのかわからないような輩ばっかだしな。
170318005.jpg
前作のジェフ・ミンター的なサイケデリック風味は薄れた代わりに、横スクロール面などをフィーチャーして一般的なSTG(どことなく『R-TYPE』ライクでもある)に歩み寄りを見せた『Mutant Storm』の最終進化系。
独特の音色で心地よく響く、まるでパーカッションのようなSEは、『Geometry』やジェフ・ミンター作品とはまたちょっとばかり違った感触で、ツインスティックシューターがリズムアクションゲームの変種のような存在であることを教えてくれる。ミュータントだけに。

この記事に含まれるtag : XBLA ONE互換 海外STG 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2618.html

2017/03/18 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Ghostbusters The Video Game】ゴーストバスターズ3

   ↑  2017/02/24 (金)  カテゴリー: XBOX 360
170224009.jpg
メンバー全員を女性に刷新したリブート版のヒットも記憶に新しい「ゴーストバスターズ」。
それとは別に、過去に何度となく具体的な話が漏れ聞こえてきた、旧作のメンバーたちがそのまま登場する「ゴーストバスターズ3」の企画があった。
それは結局、中心人物であるハロルド・ライミスの死によって頓挫してしまったのだが、しかしその構想はメディアは違えどゲームにおいてしっかりと実現していた。
ライミス、ダン・エイクロイド、ビル・マーレイ、アーニー・ハドソン、アニー・ポッツ、ウィリアム・アザートン。映画オリジナルキャストの面々がCGで再現され、そしてライミスとエイクロイドが脚本も担当した2009年作『Ghostbusters The Video Game』。
エイクロイド本人も認めるように、実質的な「ゴーストバスターズ3」と言える重要作だ。
170224001.jpg
時はヴィーゴ大公との戦い(ゴーストバスターズ2)から2年が経過した1991年。
あれからすっかり商売を軌道に載せたゴーストバスターズ社の門をくぐる新入社員が1人。そう、プレイヤーであるあなただ。
清掃作業員のようなダサい制服、背負うのは重たそうなプロトンパック、上司は冴えないおっさんたち(うち1名は四六時中嫌味を言ってるようなやつ)。
心ウキウキするような要因はちっとも揃っていないような就職なのに天にも上るような気持ち。
ついに憧れのゴーストバスターズに正式加入(「……お前はまだ見習いだよ!」ヴェンクマン)。愛するニューヨークの公益を守るお仕事です!
170224008.jpg
シガニー・ウィーバーに代わって本作で厄ネタヒロインとなるのはアリッサ・ミラノ。そして立ちふさがる大敵は破壊神ゴーザ。
三たびゴーストで溢れかえったニューヨークに平穏をもたらすため、毎度おなじみ4人プラス新米1人が出動だ。我らゴーストバスターズ。お電話をいただければすぐに駆けつけます!
TPSの体裁をとってはいるが、ゴースト捕獲の作業は基本的に釣り。プロトンパックが釣り竿でプロトンビームが針と糸。そしてゴーストを吸い込むトラップボックスが魚籠ということになる。
170224005.jpg
ゴースト目がけてプロトンビームを放射。見事ゴーストを引っかけたら上下左右に振り回してこれを弱らせ、そのままトラップボックスまで誘導。抵抗するゴーストをボックスに吸い込んだらすかさず回収。
これを手際よくこなせば、メンバーも「上出来だ、小僧。」と褒めてくれるだろう。
まぁその横にはプロトンビームの大乱射でホテルを滅茶苦茶にされて、青ざめた顔で震える支配人の姿もあるかもしれないが……。
ゴーストを捕獲して振り回す作業は、PS2の『ゴーストバイブレーション』というゲームにそっくりなのだが、考えてみればそれは『ゴーストバイブレーション』が元々映画「ゴーストバスターズ」の影響下にあったってことだろう。
170224006.jpg
ウィンストンを含めた四人と並んでプロトンビームをぶっ放す。これが出来るだけでこのゲームの面白さは保証されたようなものだが、それに留まらず『Ghostbusters The Game』は細部に渡るまで贅沢に作り込まれたステキなゲームだ。
随所に盛り込まれた映画のファンへの、ボリューム満点なサービスの数々も、そのステキ要素のひとつ。
試しに自由行動が出来るときに、ゴーストバスターズオフィスの中を、隅から隅までじっくり見て回るといい。
このゲーム中のバスターズオフィスは、細部の細部までそれこそ執拗に再現されていて、見ているだけでもしばらくは飽きが来ないだろう。
170224002.jpg
ミッション中には、PKEメーターによる霊気探索で、思いもかけないボーナスオブジェが手に入ったりもする。
はねるトースターやマシュマロマンのミニレプリカなど、映画版ゆかりのグッズの数々は、発見するときちんとオフィスの中に陳列されていく。
中には「ゴーストバスターズ2」のボス、ヴィーゴの肖像画なんて大物も。そしてこのヴィーゴの肖像、例の尊大な態度で、なんとマックス・フォン・シドー自らの声でボキャブラリー豊かに喋ってくれるだろう。
170224007.jpg
いかにも'80年代的な呑気な展開だった映画版と違って、このゲーム版は(舞台は'90年代初頭だが)21世紀的なエクストリームな展開。
なにせ序盤の山場でいきなりマシュマロマンことステイパフがご登場。
映画では愛嬌たっぷりだったマシュマロマンも、いざゲームの中で向き合ってみるとド迫力の存在。
その撃退の矢面に立たされるのは新入りのオレ。ああ、危ないことのお鉢は全部新米に回ってくるワケね。
それがゲームってもんだろうねって? そうは言うけどな、じゃあヒロインのお相手がこっちじゃなくビル・マーレイに回っていくのはどういうワケよ!?
それもこれも含めて全部「ゴーストバスターズ」のお約束。
アイ・ラブ・ニューヨーク! たとえ関東平野の片田舎育ちでも、コントローラを握っている間は、心は生粋のニューヨーク生まれブルックリン育ちだぜ!

<Xbox One互換対応タイトル>

 

この記事に含まれるtag : シネマゲーム ONE互換 TPS 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2609.html

2017/02/24 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Left 4 Dead】4人は黄金比

   ↑  2017/02/14 (火)  カテゴリー: XBOX 360
170214004.jpg
オレたち一行は思わず顔を見合わせた。
Xbox Liveを通じた遥か彼方、ヘッドセット越しの肉声のみが繋がりの、顔も見えず知らない相手たちだが、その時は確かに立ち止まって見合わし、互いの表情を伺う手応えがあった。
この先から聴こえてくるのは辛気臭い女性の泣き声。
そしてそれに合わせて鳴り響く、まるでイタリアンホラーのサウンドトラックのようなBGMが、こちらの神経をさらにささくれ立たせる。
170214002.jpg
ウィッチだ。
それもよりによって狭い通路のド真ん中にぺたりと座り込んでいる。
この己が身に起こったことを把握してしまった不幸な感染者は、側をそーっと通って行けばやり過ごせるが、いったんこちらの存在に気づいたら、「見~た~な~」とゲーム中最大の攻撃力で駄々っ子みたいに荒れ狂うもっとも厄介なエネミーだ。
このパーティで幸いだったのは、慣れた様子で粛々とこの事態に対処するスレたプレイヤーが混じっていなかったことだ。
他の人間を前に押し立てるようにビクビクと進み、感染者のトレインには大いに慌てふためき、ウィッチには堂々とビビる。
ゲームの巧拙は怪しいが、ゲームをエンジョイすることに関してはナチュラルに長けている、頼もしいようでいてちっとも頼もしくない楽しい面子だ。
170214005.jpg
「おい、どうするよ?」
立ち止まって逡巡する一行だが、もとよりこのメンバーに気の利いた知恵などあるわけがない。
もたもたしているうちに、ウィッチが「んあ?」とばかりに辺りを見回し、そしてこちらに目を留めた。
「うわああ、気づかれた! うわああ、うわああ、うわああ!」
平等にパニクったオレたち一行は、手にした銃を闇雲に乱射しながら慌てて後ろ向きに走り出し、そして揃って曲がり角でつかえてさらにパニクるのであった。
170214001.jpg
バッドガイ気取りのアホウに偏屈な退役軍人、ヤッピーにフーテン娘。
世の中が平穏無事だったら、その人生に接点などまったくなかったであろう4人も、ゾンビクライシスの前ではなし崩し的に呉越同舟となる。
そしてその中身も同様だ。
東京の片田舎に住むオレと東海岸はメリーランド州の住人。本来なら縁もゆかりもまったくない者同士が、ここでは互いに背中を守り、それぞれが相手を危機から救うチャンスを求めている。
目の前でスモーカーに飛びつかれている仲間が。今までチームのお荷物だったオレにも、やっと同士の役に立つ機会がやって来た!
アサルトライフルの乱れ撃ち。何発かは仲間に当たっちまったようだけど、なあに、鎮痛剤やるから心配するな!
170214007.jpg
ビートルズにピストルズ、玉川カルテットにチャンバラトリオ、4人はステキなキーワード、すったもんだな道中の黄金比。
敵でもなければ自分のキルを横取りする泥棒野郎でもない。災難を共にする仲間たち。
完全Co-op仕様のシューターが、まだ世間一般では馴染みの薄かった頃。その伝道師となったのは統一感のカケラもない、ワケがあっての仲良し4人組。
ゲーム内容は言うに及ばず、タイトなボリュームからそのタイトルまで、何から何までデキすぎの名作だ。

<Xbox One互換対応タイトル>

 

この記事に含まれるtag : FPS ゾンビ ONE互換 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2606.html

2017/02/14 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザーtag (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。