ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

このページの記事目次 (tag: GTA の検索結果)

total 5 pages  次のページ →  

音楽【Debbie Harry - Rush Rush】

   ↑  2015/07/01 (水)  カテゴリー: 音楽
150701001.jpg
'80年代を代表する歌姫デボラ(デビー)・ハリーのブロンディ~ソロ時代を通してのキャリアの中でも、"Rush Rush"はそれほど飛び抜けた曲ではない。。
それにも関わらずこの曲は必殺の名曲となった。あの永遠の名画「スカーフェイス」の裏テーマ曲に起用されたからだ。
「スカーフェイス」の真のミューズは、ミシェル・ファイファーでもメアリー・エリザベス・マストラントニオでもなく、画面には一度たりとも登場しないデビー・ハリー。
トニー・モンタナは、このデビーの歌声に導かれるかのように、栄光と破滅への階段を駆け上がっていったのだ。

そして今となっては懐かしの『GTA Ⅲ』のミューズもデビー・ハリー。
Flashback 95.6から流れるこの曲に促されて、オレはついついアクセルを深く踏み込み、ハンドルを誤って通行人をまとめて撥ね飛ばし、駆けつけてきた警官を思わず射殺してしまい、街中に厳戒態勢が敷かれてもうのっぴきならない状態に突入してしまう。
「これはもどうにもならない」と、思わず観念しそうになったところに、カーラジオからループして流れてくるのは、この"Rush Rush"。
デビーの妖しい囁きに押し出されるようにして、オレはハンドルを握り直し、破滅の延長戦に突入する覚悟を決めるのだった。
150701002.jpg
結局警官隊に蜂の巣にされて病院前からリスタート。とりあえず手近の車を奪ってみると、持ち主が直前までカーラジオで聴いていたのがFlashback 95.6。デビー・ハリーがまたもや"♪ Rush rush, got the yeyo?"と、妖しくオレを急き立ててくる。
何て最悪の。そして何て至福のローテーションなのだろう。
リバティーシティでは"Rush Rush"、バイスシティではブロンディ時代の"Atomic"と、オレのゼロ年代GTAはデビー・ハリーと常に一体であった。彼女こそがニューウェーブのディーバであり、ミューズであり、アイコンであったから。
このやさぐれた街のあらゆる景色の記憶は、すべて彼女と歌声と共に蘇る。そして近年のGTAシリーズに物足りない点を唯一挙げれば、やはりデビー・ハリーの不在ということになるのだろう。
そんな彼女が今日70歳の誕生日を迎えた。「計算が合わねえ!」とニューウェーブ世代の人間はうろたえるかもしれないが、つまりアルバム「妖女ブロンディ」で1976年に(再)デビューして、おぼこ娘の恋慕などを歌い上げてた頃には、すでに30代半ばだったということになる。つくづく魔性の歌姫だ。



この記事に含まれるtag : GTA 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2338.html

2015/07/01 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Grand Theft Auto Ⅴ】ウィンターサプライズ

   ↑  2014/12/25 (木)  カテゴリー: XBOX 360
14122501.jpg
目覚めたら家の中にクリスマスツリーが飾られていた。
こんなサンタクロースづらしたおせっかいをするのは、『GTA Online』の新アップデート、ウィンターサプライズ(Festive Surprise)以外にはいやしない。
ハイソな高級マンションの一室ならともかく、こんな突風が吹けば跡形もなく吹っ飛びそうなボロ家の汚部屋には、きらびやかなツリーなど嫌がらせみたいなものだ。
辟易して家の外に出てみると、外は雪景色に染まっていた。ロスサントスに一年ぶりの降雪だ。
最近のクリスマスは、おばあちゃんが編んでくれたようなダサいセーターを、あえて着るのがトレンドらしい。
アップデートで新たに加わったシーズンコスチュームも、ほとんどがそのダサセーターの類だ。
14122502.jpg
住んでるオレが言うのもなんだが、このサンディ海岸沿いの町は、貧乏人の吹き溜まりみたいな集落だ。
いくら銀世界に染まろうが、ここがクリスマスムードからもっとも程遠い町である事実は覆い隠せやしない。
この町唯一の娯楽施設は、密造酒の匂いが染み付いているようなダーツバーだ。
店のドアを開け、「メリークリスマス!」と叫びながら、一番近いカウンター席にいた男に、軽く雪玉をぶつけたら、そいつは床に崩れ落ち動かなくなった。
バーから我先にと逃げ出す客たち。でも悪いのはオレじゃない。
オレはクリスマスらしく盛り上げようとしただけだ。悪いのは雪玉にダムダム弾並みの殺傷能力を施したロックスターだ。
14122511.jpg
オレは逃げるように店を飛び出した。
こんなクリスマスを祝う気力もないような町にいたってしょうがない。ロスサントスの市街ならば、きっと幸福な奴らがクリスマスらしい振る舞いをしているはずだ。
軽自動車のハンドルを握り、オレは都市部に向かってハイウェイを遡上した。
途中、銃砲店に立ち寄り、アップデートで追加された銃器をチェックする。
ホーミング式のロケットランチャーが追加されていたが、それを買うには口座残高のゼロが一個足らなかった。
底辺のチンピラには、クリスマスプレゼントを手にする権利すら無いというのか。
14122509.jpg
リャンシャンパークには巨大なツリーが飾られていた。
都会らしい華やかなイルミネーションに浮かれ、オレは「メリークリスマス!」と叫びながら、足元の雪を丸め、パークに佇むカップルの片割れに投げつけた。
男が地面に崩れ落ち、女は悲鳴を上げて逃げ出し、オレは「そういやそうだった」と再び慌てふためいた。
悪いのはロックスターだ。
図らずもリア充狩りを果たしてしまい、より一層惨めになったオレが駆けこむ先は、ストリップクラブしかなかった。
小銭をばらまいてお大尽気分にひたり、「もうそれくらいにしといたら」と言われるまでカウンターで呑んだくれ、メートルの上がったオレが向かう先は立ちんぼの密集地帯。
14122503.jpg
雪降るイブに通りに立つ女たち。負け犬同士、肌を寄せあって暖めあおう。そんなセンチメンタルな気分に水をぶっかける、相も変わらずのビジネスライクでドライな性行為。
心のスキマを埋めるどころか、逆にカナ梃子で思い切りこじ開けられたような心持ちだ。
女を降ろし、いいかげん家に帰って冷凍食品でも食ってから寝ようと、オレは再びクルマを走らせた。
途中で目についたのは、激安犯罪の処理に出動したと思しき警察官の姿。
誰もが浮かれる夜に、こんな報われない仕事に追われる人間もいる。
生まれて初めて警官に連帯感を覚えたオレは、せめて彼らにほんのちょっとばかりのクリスマス気分を味あわせようと、「メリークリスマス!」を叫びながら雪玉を軽く投げつけた。
14122508.jpg
逆上した警官たちは銃を抜いて向かってきた。
だから悪いのはロックスターだって。そんな抗弁も通じない。オレは逃げた。
連中は遠慮なく発砲してきた。流れ弾が立ちんぼの一人に命中し、この哀れな女は、クリスマスイブにこれ以上はないくらい惨めな死を迎えた。
神も仏もサンタクロースもあるものか。心のなかでそう反芻しながらオレは逃げた。
雪景色に浮かぶパトカーの赤色灯は、惨めなオレたちを包み込む、救いのないクリスマスイルミネーションのようだった。
ロスサントスのクリスマスは、いつも最低のくそったれだ。



この記事に含まれるtag : GTA 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2228.html

2014/12/25 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Grand Theft Auto Ⅴ】ハイキングのススメ

   ↑  2014/11/23 (日)  カテゴリー: XBOX 360
14112301.jpg
ダウンタウンの湿って臭う空気に工業地帯の煤煙、クルマの排気ガスで汚れた中心街。
ケチなコンビニ強盗や路上強盗、発作的な通り魔犯罪に手を染めるたびに、こんな荒んだ身になってしまったのは、仲間が悪かったのか、あるいは境遇に問題があったのかと、ずっと自問自答していました。
しかし今ならその理由がよくわかります。すべてはロスサントスを覆う薄汚れて澱んだ空気がいけなかったのです。
山道を一歩一歩踏みしめながら、私はその汚れきった空をはるか遠くに見下ろしています。
ロスサントスからブレイン郡にまたがっての、数度の引っ越しと自分探しの旅の果てに、私はいつしか高くそびえ立つチリアド山の姿を、羨望をこめて見上げるようになりました。
ここにこんな素晴らしい自然の景色があるのに、それに目もくれないでシミオンの言われるままにクルマをパチったり、わずか数百ドルのためにバゴスとの撃ち合いに明け暮れていた私は、なんと愚かな罰当たりだったのでしょうか。
14112302.jpg
食うに困って包丁や棒きれを手にコンビニに乗り込んだり、あるいはハイエースの鍵をこじ開けたり。
そんな実生活でいつ必要にかられて手を染めるハメになりそうなケチな犯罪よりも、せっかくのロスサントスでは、もっと普段やろうと思っても絶対にできないようなことにチャレンジすべきではないでしょうか。
山登りなんては、私にとってまさにそれです。
坂道なんて街中でさえもゴメンなのに、あんな坂だけで構成されたような地形をわざわざ歩いて、あまつさえ見ず知らずの奴に、すれ違いざま「こんにちは!」なんて爽やかに挨拶されたり、そんなシチュエーションに自分が身を置いている姿、まったく想像つきません。
そんなまったく現実味の沸かない行いも、『GTA5』の中では充分に可能です。
そう、ケチな激安犯罪の果てに、ロスサントスにいる私の分身はハイキングという健康的な趣味に辿り着いたのでした。
14112305.jpg
東のゴルド山に西の緑豊かな低山群、そしてもちろん最高峰のチリアド山。
山登りに適した軽装に身を固め、これらの山々をモトクロスバイクでもチャリでもなく、自分の足でこつこつと踏破するのが、いつしか私の日課となりました。
目に映るのは、せわしないクルマ移動では気づくことのなかった美しい自然と雄大な景色。
そこに響く音楽は、耳障りで猥雑なラジオ局ではありません。"おお牧場はみどり"、"アルプス一万尺"、"おおブレネリ"。このステキな景色を前につい口ずさんでしまう自分の歌声です。
♪ おおブレネリ あなたのおうちはどこ? わたしのおうちはブレイン郡よ クソ汚い湖畔のほとりなのよ
もうケチな犯罪の日々とはおさらばです。遠くに見下ろせるのは、悪徳にまみれたロスサントスの街。
しかし今の私は、あの空の下の堕落しきった暮らしも、はるか遠い世界です。あそこを覆う澱んだ空気も、ここまでは私を追ってはこれないでしょう。
14112303.jpg
殺伐とした都市部と違って、ここのでは人と人の距離も実に穏やかです。
「こんにちは!」。ロスサントスの街中で見ず知らずの人間に吐かれたら、思わず「キサマに馴れ馴れしくされる謂れはねえぞ、コノヤロウ!」と、逆上してバットを振り回したくなるような挨拶も、ここでは実に自然と受け入れられるではありませんか。
重たそうなバックパックを背負った同好の士に、こちらからそう挨拶を向けたいところですが、生憎とロスサントスの私はとことん無口ときています。
仕方ないので挨拶代わりに拳銃を一発ぶっ放したら、みんな大慌てで崖のような斜面を駆け下りて逃げてしまいました。まるでカモシカです。さすが山男たちですね。
14112304.jpg
と、ささやかなコミュニケーションに自分だけほんわりしていたのも束の間、5秒後にはこちらに向かって四方八方から駆け上ってくるパトカーの群れから、必死に逃げ回るハメになってしまいました。
なんでこんな山の上に通報から数秒で急行してくるのでしょうか。そもそもここまでどうやってパトカーで登ってきたのでしょうか。
遮蔽物のない山の中で勝ち目のない銃撃戦を強いられながら、私はロスサントス市警の仕事熱心さと、チンピラ稼業から決して逃れきれない自分の因果を思い知るのでした。



この記事に含まれるtag : GTA 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2206.html

2014/11/23 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Grand Theft Auto Ⅴ】誰かヨガって言いました?

   ↑  2014/10/26 (日)  カテゴリー: XBOX 360
いかにヨガと言えど決して万人に等しく心の平穏を与えてくれるわけではない。
やはりそれは個人の資質によってしまうもので、虚栄と悪徳にまみれたロスサントスの住人なんぞは、古代インドの叡智の恩恵からおよそ遠いところにあるような連中だろう。
なにしろこの街ではヨガのインストラクターからして胡散臭い。
Tシャツの胸には、ちょっと前の千葉ロッテマリーンズのスローガンである「和」の文字がプリントされているが、同好の士と思い込んでランビンやバーナムJrの話を振ったとしても、きっと帰ってくるのは「そんなの知りませんね」なんて素っ気ない反応だろう。とんだインチキ野郎もあったもんである。
14102602.jpg
この胡散臭いインストラクターをきっかけに、マイケルの家で遊べるようになるヨガのミニゲーム。
ダーツやテニス、ゴルフと、『GTA5』内で遊べるスポーツ系ミニゲームは数あるが、このヨガは心の平安どころか、プレイヤーをひたすら苛つかせて、むしゃくしゃした気分にさせるのが目的のような、実にタチの悪い造りとなっている。
マイケルは基本的に悩める家庭人だからして、トレバーのような無軌道な行動に走る動機付けが弱いキャラクターであるのだが、このヨガはマイケルにボーダーを超える手助け(と言うか、ボーダーの際に立って逡巡するマイケルを、後ろからどんっと押すような)をするような存在なのかもしれない。
マイケルらしからぬ通り魔的な大暴れをさんざん繰り返した果てに、警察に「なんでこんなマネしたんだ!?」と問い詰められて、「はぁ、ちょっとヨガやってむしゃくしゃしたもんで」。
ダシにされるヨガの方もいい迷惑だが、Rockstar Gamesのヨガ観としては、まぁ妥当といえば妥当なとこなんだろう。
14102605.jpg
それもこれもすべてファビアンという名の、インチキめいたヨガインストラクターがすべての元凶なのだが、しかしこいつのサイトを訪れてみると、やっこさんの提唱するヨガのスタイルも、それはそれでありかもしれないと思わせるんだから不思議なものである。
むしろファビアンのヨガ、大いに世の中に広めて欲しい。スマホアプリでもDVDでも『Xbox Fitness』でもいいから、「ファビアンのヨガ四十八手」なんてエデュケーションソフトを、一刻も早く出すべきであろう。
『GTA5』のヨガは、あいにくとマイケル専用で、トレバーや『GTA Online』のマイキャラでできないのが玉に瑕だが、いかにヨガと縁のなさそうなトレバーとて、こんなヨガには大いに食いついてくるに違いない。
「誰かヨガって言いました? 自分の内面と互いの股間を深く見つめよう。プライベートセッションは400ドルから。ナマステ!」(ファビアン・ラルーシュ)



この記事に含まれるtag : GTA 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2187.html

2014/10/26 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Grand Theft Auto Ⅴ】サンアンドレアス・フライト訓練所

   ↑  2014/08/22 (金)  カテゴリー: XBOX 360
14082201.jpg
『Frontline: Fuel of War』では、飛び回るジェット戦闘機を執拗に対空戦車で追い回していた。『HALO3』では、ぶんぶんうるさいバンシーをミサイルポッドで叩き落としていた。『Battlefield 1943』では、コルセアやゼロ戦に向かって狂ったように高射砲を撃ちまくっていた。
空を自由に飛び回る奴が憎い。松本零士の戦場まんがシリーズに、航空パイロットに対して異様なまでに敵意を抱く狙撃兵が出てくる「パイロットハンター」という短編があったが、オレはあいつの気持ちが痛いほどよく分かる。
もっとも、パイロットハンターがパイロット嫌いだったのは、戦友が輸送船ごと飛行機に沈められたため。オレの場合は、単に自分が上手く操縦できないモノを乗りこなしている奴がムカつくという、いささか情けない理由だが。
14082205.jpg
ゲームの中で飛行機の操縦は、オレにとって最大の鬼門だ。 なにせオレの平衡感覚と三次元における空間の把握能力は相当に不自由ときている。
飛行機のポジションと自分視点とコントローラーの操作を、ちっとも連動させることできやしない。
機体を20度バンクさせれば自分の体も20度、45度バンクならこっちも45度、合わせるようにして体が傾き、90度バンクもさせようもんなら、コントローラーを手にしたまんまの態勢で床にこてんとひっくり返る。
『エースコンバット』はファンの間で、シリーズのどの作品が傑作でどれが駄作か常に論争の対象となっているが、あんなもんオレにとってはシリーズ漏れなくクソゲーだ。
初代だろうが6だろうが、一様にこてんと体ごとひっくり返っては地面に激突してるんだからどれもいっしょだ!(逆ギレ)
14082202.jpg
そんな調子なもんだから、『GTA5』でも飛行機を使うミッションが出てくるたびに、その案外とハードコアな操縦レスポンスを前に、常にブルーな気分になっていたのだった。
おかげでトレバー・フィリップス工業の実績、まだ解除できてねえ!
『GTA Online』でも、ロスサントスの雄大な景色を空から満喫するどころか、空飛ぶ飛行機めがけて竹槍でB-29を落とすがごとくアサルトライフルを乱射する毎日。
昨日配信された新アップデート、サンアンドレアス・フライト訓練所(その名の通り航空機関連に特化したアップデートだ)だって、オレにとっては余計なお世話以外の何ものでもないはずだった。
しかしそこでオレは頭をちょっとの間クールダウンさせて考えてみた。
14082207.jpg
オレがクルマの免許を取った時分は、自動車教習所は客に事欠かない殿様商売の最たるものだった。
威を借りてふんぞり返る横柄な教官に腹を立て、何度ブチ切れてしまおうと思ったか。
そのたびになんとか心を落ち着かせ、教官の暴言も適当に聞き流し、坂道発進のたびに教習車をころころと逆走させながら、どうにか免許を取得した後に手に入れた自由と圧倒的に広がった世界。 あの時の辛抱を今一度思い出すべきなのかもしれない。
しばしの間だけ教官の悪罵に耐え、飛行術をクレバーに学び、そして訓練所を晴れて卒業したあかつきには、ロスサントスの雄大な空を我がもののように飛び回る自由が待っている。
そう考えたオレは、ロスサントス国際空港の一角にあるフライト訓練校に向けて愛車のパントを走らせた。
14082206.jpg
「この体臭きつきつ野郎!」
フライト訓練校のリー・アーメイ気取りな教官の悪罵は、教習所の不良教官たちがまるでマルチーズに見えてくるほどだった。
そして「まずはシートの位置を調整してシートベルトをしっかりと装着しよう」なんてあたりから始まると、てっきり思いこんでいた教習プログラムは、その第一段階からして「360度宙返りしながら橋の下をくぐろう」なんて無茶極まりないもの。
機体が逆さになっただけでなにがなんだか分からなくなるオレが、そんな無茶ぶりをこなせるわけもなく、度重なる地面へのキスと教官の罵声に耐えかねたオレは、訓練所をとっととケツまくり、そして「飛行機操縦ができんが何で悪いとやあ!」と映画「高校大パニック」の主人公みたいなことを叫びながら、ショットガンと軍用拳銃を乱射して空港の中で不毛な殺戮を繰り広げるのであった。
憎い。空を自由に飛び回ってる悦に入ってる奴らが憎い。飛行機乗りなんて大嫌いだ、ムッキー!



この記事に含まれるtag : GTA 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2148.html

2014/08/22 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザーtag (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。