ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

このページの記事目次 (tag: Forza の検索結果)

total 7 pages  次のページ →  

【Forza Horizon 4】Best of Bond カーパック

   ↑  2018/11/11 (日)  カテゴリー: XBOX ONE
181111007.jpg
クルマはラグジュアリーな存在でありながら、その一方に痛車や改造車など稚気を徹底的に追求した方向性がある。
本来なら相反するその二つを併せ持ったクルマ。それはボンドカー。
高級スーツに身を包んだ英国の色男が颯爽と乗りこなしハイソ感を振りまきながら、後方に振りまくオイルとか、タイヤホイールに隠されたドリルなど、小学生が考えたようなギミックを満載したその姿は、クルマの究極の理想形といっても過言ではないだろう。
181111002.jpg
今までは007版権ゲームの枠内の留まっていたそのボンドカーが『Forza Horizon 4』に降臨。
有料DLC『Best of Bondカーパック』は歴代の007映画からより優られた10台のボンドカーが収められたコレクション。
ボンドカーでメジャーどころといえば、やはり「007 ゴールドフィンガー」に登場したヘッドライトからマシンガンがせり出すアストンマーチンDB5と、「007 私を愛したスパイ」の劇中車、水陸両用のロータス・エスプリがツートップだろう。
その二台はもちろんこのカーパックに収録されているが、今回取り上げたいのは個人的にもっとも好きなボンドムービーで活躍したクルマだ。
181111003.jpg
シリーズ第6作の「女王陛下の007」は、ジョージ・レイゼンビーがボンド役を務めていることで何かと割を食っている作品だが、どうしてどうして、数ある007映画の中でも極めて格調高く完成度も高い。
中盤以降の舞台となるアルプスの雪山でのスキーやボブスレーを交えたアクションシーンは当時としは出色の内容だし、歴代ボンドガールの中でもっとも悲劇的なヒロイン、ダイアナ・リグも素敵だ。
181111004.jpg
そしてボンドカー、アストンマーチンDBSは冒頭からの登場。
ここではクルマやインパネを執拗になめて、その運転者の顔をなかなか映さない演出で、二代目ジェームズ・ボンドとなるジョージ・レイゼンビーのお目見えを焦らしに焦らす。
スパイ仕様車としてのギミックや活躍の描写はないが、格調の高さは残しつつも先代のボンドカーであるアストンマーチンDB5からモダンになったフォルムは、ショーン・コネリーに代わる新ボンドの愛車にふさわしい風格がある。
181111006.jpg
歴代ボンド役でオレが一番好きなのは、なんと言われようと4代目のティモシー・ダルトン。
気品と粗野がかち合うことなく同居したその佇まいは、オレがイメージするボンド像にもっとも近いし、彼の二つの主演作のハードアクション路線も大好きだ。
181111009.jpg
そのボンドカー、「007 リビング・デイライツ」に出てきたアストンマーチンV8は、ダルトンボンドの資質に合わせたかのような、アストンマーチン車の中でも飛び抜けて荒々しい面構え。
並行車を切り裂くレーザーカッターにミサイル、スキー機能など、スパイ御用達車としてのギミックも充実。
『FH4』で乗ることのできるV8には、残念がらこれらのガジェットは付いていないが、劇中カーアクションの舞台となる雪道や凍結湖は、Horizonウィンターの季節を待てばいつでも目の前に広がっているぞ。

*関連記事
【007 Racing】底抜けボンドカー大集合

この記事に含まれるtag : レーシング Forza シネマゲーム 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2791.html

2018/11/11 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Forza Horizon 4】共同作業のススメ

   ↑  2018/10/28 (日)  カテゴリー: XBOX ONE
181020008.jpg
集合時間のタイミリミットまであと1分。
アクセル代わりの右トリガーは、もう目いっぱいに押し込んだままなのだが、それでもかけた右人差し指に、なお一層の力がこもる。
彼女との待ち合わせだったら、まだ少々の時間の融通が利く。
だが#HorizonLiveのイベントタイムテーブルは厳格きわまりない。たとえ1秒でも遅れれば「はい、ここで締め切り!」と、有無も言わさず排除されてしまう。
181028002.jpg
しかも#HorizonLiveの告知はいつも唐突だ。
「今から*分後にここに集合!」。レースイベントに向かっているとき、あるいはマップを適当に流しているとき、こんなお知らせが突然表示されて慌てふためくことになる。
刻限に間に合うためなら、この際民家の中庭を突っ切ってのショートカットもやむなしだ。すいません、ちょっと通らせてもらいます!
181028006.jpg
待ち合わせ場所には、すでに数名のすっとこどっこい……、いや、Horizonドライバーたちが集結していた。
示威行動のようにドリフトを繰り返しているやつ、隅っこに整然と駐車してそのときを待っているやつ。クルマもドライバーの性格も様々だが、とにかく今ここにいるメンバーは力を合わせて目標を達成しなければならない。
マルチプレイレースにプレイグラウンドゲーム、ロードトリップ。『Forza Horizon』シリーズには今まで様々なオンラインプレイモードがあったが、『Forza Horizon 4』で導入された#HorizonLiveは、その中でもっとも肩ひじの張らない緩やかなイベント。
無事集合場所で刻限を迎えると、その場にいるドライバーに次の目的地が指示される。
今回の第1目標はここからほど近いところにあるスピードトラップ。みんな急げ急げ!
181028003.jpg
#HorizonLiveのキーワードは「共同作業」。
スピードトラップ、ドリフトゾーン、危険サイン、スピードゾーン。いつもは各々が各々ででアプローチしているこれらのチャレンジポイントを、Liveでは参加者全員が挑むことになる。
スピードトラップを狂ったように行ったり来たりし、ドリフトゾーンを気が触れたかのようにドリドリし、危険サインではレミングの群れのようにジャンプを繰り返す年代もスペックもデザインもまちまちな名車たち。
そして全員の累計ポイントが目標値に達成すれば、そのラウンドは無事クリアだ。さあ、次のラウンドはどこだ!? みんな急ぐぞ!
181028005.jpg
集合場所に向かうまでのドキドキ感。他のドライバーが続々集まってくるのを眺めながら待機しているときのワクワク感。そして競技がスタートしたときのフルテン状態な躁感。
ガチガチのマルチプレイレースやスコアアタックも悪くはないけれど、やっぱりオレにはこの極めてルーズな繋がりのオンラインプレイのほうがしっくりくる。
日常生活では"みんなで力を合わせる"なんてを考えたこともないような、あんぽんたんどもによる束の間の共同作業。
#HorizonLiveの告知はいつでも突然だ。それが出たときには、レストアカー探しやマップ埋めなど、みんなそれぞれの作業を止めて、おっとり刀で駆けつけろ。
人生の中でおよそ使ったことのないようなこっ恥ずかしい言葉だが、Horizonフェスティバルの中では遠慮なく言えるぜ。
「みんなで力を合わせればきっとできるさ!」

この記事に含まれるtag : レーシング Forza 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2786.html

2018/10/28 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Forza Horizon 4】田舎に泊まろう!

   ↑  2018/10/20 (土)  カテゴリー: XBOX ONE
181020008.jpg
一面の野原と畑。申し訳程度にある集落。
スタバもねえ。ネカフェもねえ。Wi-Fiおそらく飛んでねえ。駅前に鳥貴族すらねえ。そもそも駅らしい駅がねえ。
娯楽らしい娯楽が一切存在しないド田舎。
オレはあいにくと草原のど真ん中で深呼吸をして、「うーん、澄み切った空気」と顔を綻ばせる性分ではない。こんなとこに住めと言われたら、「ラウンドワンもないとこなんてとてもムリです!」と泣きを入れるだろう。
181020006.jpg
この地にあるのは四季の移ろいとスッカスカでとにかく走りやすい道路だけ。あっ、そうそう、交通法規をどれだけシカトしてもお咎めない鷹揚さもある。
……前言撤回。ここにめくるめく名車の数々が加われば、天国みたいな場所に変わることだろう。
コロラド、南欧、オーストラリアに続く魅惑のクルマ祭り、ホライゾンフェスティバルの新しい開催地は英国の片田舎。
辺鄙さでは第1回開催地のコロラドとタメを張るだろう。
しかし山道峠道が多かったコロラドと違って、ここはほぼ全面なだらかな丘陵地帯。そこを貫くのは緩やかなカーブが適度に入った見通しのいい舗装路。
ブレーキトリガーに指をかける機会なんて滅多にめぐってこない。アクセル踏みっぱで気持ちよく走り通すことのできる最高の道路だ。
181020004.jpg
碁盤目状の道路に交通渋滞。都会でのホライゾンフェスティバル開催なんて、想像するだけでもゾッとしない話。
やはりホライゾンは田舎に限る。運転免許を持っていない人間は淘汰必須の田舎だが、少なくともここはライセンスは不要だ。
免許不所持者も遠慮することなく、ランボルギーニ・アヴェンタドールからトコトコ走るイセッタまで、気に入ったクルマをオンロードからオフロードまで好きなように乗り回すといい。
181020003.jpg
シリーズも4作目を数えて、さすがにマンネリ感が漂ってきたんじゃないかと心配するむきもあるかもしれない。
オレも定期的に更新され続けたForzathonイベントで、とんでもないボリュームに膨れ上がった前作でお腹いっぱいになって、「もうホライゾンはいいか」なんてことをチラッと考えたクチだ。
だがもちろんこの『Forza Horizon 4』は、その前作よりもさらにブラッシュアップされている。
システム面以上にそれが顕著なのが、間違いなく前作以上に気持ちいいドライビングフィール。
この英国の田舎道は、とにかく走っていて心地よい。適度なカーブ、これまた適度なアップダウン、見通しのいい景色、丘陵の向こうに見え隠れする地平線。
メイン道路を走っている限り、アクセルを緩める機会なんか滅多にない。
これに移り変わる四季の情景が加われば、多くの人が元祖"最高に心地よいドライブフィール"ゲーム、セガの『アウトラン』のレガシーを感じることだろう。
181020007.jpg
このアクセル踏みっぱの快楽をフォローするために、細かい部分にもかなり気が遣われている。
本作ではクルマの歩みを止めるような障害物が極力オミットされている。ガードレールも石垣もスピードをあげて突っ込めば、まるで発泡スチロール製の大道具セットのようにあっけなく砕け散るだろう。
障害物にゴンッとぶつかって、また1速からそろそろリスタートするような無粋を極力抑えて、もはやオレのフォード・シエラの行く手を遮るものはほとんどない。
運転ミスのアウトスキッドもホライゾン解釈ではラディカルドリフトだ。ついでにぶっ壊した石垣はディストラクションでカウント、スキルチェーン!
181020005.jpg
シーズンの導入でこれまた前作以上にやり応えを増した時限イベントのForzathonに、これまた時限のマルチプレイイベントForza Live。
時間の流れを実感できるようになった『Forza Horizon 4』は、シリーズ過去作のどれよりも、過去のあらゆる開催地よりも、生々しく息づくフェスティバルの実感を与えてくれる。
そして過去作同様に単体でもボリュームたっぷりな拡張コンテンツの導入も控えているのだ。
羊と鹿と農家と風力発電しかないド田舎。されどこの地からさっさと離れる理由が、いったいどこにあるだろうか。田舎最高!

この記事に含まれるtag : レーシング Forza 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2785.html

2018/10/20 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Forza Horizon 3】トランザム7000vs激突パトカー軍団

   ↑  2018/09/09 (日)  カテゴリー: XBOX ONE
161011008.jpg
スタローン、シュワルツネッガー以前の銀幕マッチョガイには色気と愛嬌と豊かな口ひげにもじゃもじゃの胸毛があった。
そして彼はボディビルダーのようなムキムキの筋肉など必要としなかった。
70年代~80年代前半を代表するムービースター、バート・レイノルズが亡くなった。
キャリア終盤では「ブギーナイツ」での好演などで渋いバイプレイヤーとしての評価を獲得。
またゲームのボイスアクターとしても、『Grand Theft Auto: Vice City』や『Saints Row: The Third』にも登場。
『バイスシティ』の悪徳不動産屋エイブリーなどは、ゲームの中でも際立って裏仕事の生々しさ(不動産がらみのごたごたは、実社会でもっとも身近なグレーゾーンだ)を感じさせるミッションと相まって、強烈な印象を残してくれた。
180909006.jpg
しかしバート・レイノルズといえば、やはり数多の映画で主役を張ってきたその黄金期。中でも盟友と言っていいハル・ニーダムとコンビを組んだ一連の作品だ。
「グレートスタントマン」「キャノンボール」「ストローカーエース」。レイノルズ=ニーダム作品に共通するのは、そのほとんどがカースタントをメインに据えた映画であること。
そして最高峰とも言えるのが「トランザム7000」シリーズ。
レイノルズの訃報をうけてMicrosoft Storeでレンタルしてきたのは、その第2作目の「トランザム7000VS激突パトカー軍団」。
180909005.jpg
前作のヒットをうけて製作された、いかにもな続編だけど、安定のバート・レイノルズにジャッキー・グリーソン、人気絶頂スター映画らしい著名カントリーシンガーやフットボーラーの無理やりなカメオ出演、そして邦題そのまんまの終盤荒野のむちゃくちゃなカースタントなど、そのすべてが愛おしい映画だ。
そして硬軟取り混ぜた色気を放つバート・レイノルズに負けじと存在感を放つのが、この映画のもう一方の主役ポンティアック・トランザム。
いかついイーグルマスクが特徴の77年型タイプ。
180909003.jpg
アメリカ合衆国をダウンサイズしたマップが売りの『The Crew』で、マイアミ~ダラス間、「トランザム7000VS激突パトカー軍団」のコースをトレースしてみるのもいいが、しかしあいにくと『The Crew』にはトランザムはおろか、ポンティアック車が登場しない(「トランザム7000」はトランザム以外にも、出てくるクルマほぼポンティアックのポンティアック映画だ)。
ここはやはり安定の『Froza Horizon』。このシリーズにはトランザムの三世代がほぼ皆勤で登場する。もちろん今のところのシリーズ最新作『Forza Horizon 3』だって抜かりはない。
180909002.jpg
バート・レイノルズのごときこってりした色男でなければ不釣り合いな、とにかくアクの強いクルマだが、そこはHorizon Festival主催者の権威を借りてどうにかフォローしよう。
所はテキサスではなくオーストラリアの大地を貫く一本道。されどバンディットの志は海を渡ろうが変わりはしない。
スタローンにステイサム、しかめっ面のアクションスターたちを、その軽妙なアティチュードで煙に巻け。
追悼バート・レイノルズ、最後のアメリカンムービースター。喪服代わりのブラックボディに、ちょっと派手目なゴールドラインを載せて、トランザムとゆく目的地のないロードトリップだ。

*関連記事
【Forza Horizon 2】トランザム7000


この記事に含まれるtag : レーシング Forza 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2778.html

2018/09/09 | Comment (4) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Forza Horizon 3】うず潮バンクとフェラーリ・デイトナ

   ↑  2017/05/20 (土)  カテゴリー: XBOX ONE
170514007.jpg
ホットウィール拡張コースのあちらこちらに設えられた、渦を巻くようなバンクカーブ。
「流石島サーキットのうず潮バンクだ!」
これを見たスーパーカー世代からは、一様にこの声が漏れたに違いない。
同ブームに火をつけた池沢さとしのコミック「サーキットの狼」。
瀬戸内海の無人島に造られたという設定の架空レース場流石島サーキットは、連載の中盤を大いに盛り上げた舞台。
富士スピードウェイの今は封鎖された30度バンクをモデルにしたうず潮バンクは、その流石島サーキットの最大の山場。そして多くのスーパーカーをクラッシュに誘った難所中の難所である。
170520001.jpg
そんなかつてはコミック中の一場面でしかありえなかったコースが、いまオレの前に山ほど広がっている。
目の前にはうず潮バンク。上を見上げればうず潮バンク。後ろを振り返ってもうず潮バンク。
大中小サイズも角度も様々なうず潮バンクのショーケース。
そこにコルベット・スティングレイ、フォード・カプリ、カウンタック、ランチア・ストラトス、セリカGTなど、流石島サーキット回を彩った実在名車の数々で挑むことができるのだ。ムダに長生きはしてみるもんである。
170520009.jpg
そしてフェラーリ365GTBデイトナ。
イタ車らしからぬ外観と異名を授けられた、フェラーリいにしえの12気筒怪物マシンも、「サーキットの狼」で強い印象を残したクルマだ。
初登場は連載最初の大レース、箱根の一般道をぶっ飛ばす非合法レース公道グランプリ。
レース中盤から上位陣に割り込んできたデイトナは、トップ争い、ランボルギーニ・ミウラやポルシェ・カレラとのメーカーの威信を賭けた一騎打ちと見せ場を作り、ド派手なクラッシュで退場した。
170520006.jpg
名無しドライバーのちょび髭悪党面によるものか、どことなく悪役的なイメージを残したデイトナが再挑戦を果たしたのが流石島サーキット。ハンドルを握るのはもちろんあのちょび髭野郎だ。
一時はトップを覗う勢いを見せたデイトナだったが、その見せ場はやはりクラッシュ。
うず潮バンクをトップスピードで駆け下ろうとする主人公車に、「人にできてこのオレにできねえことがあるか!? いったるぜーっ!」という、シチュエーション次第では間違っていないポジティブ精神を発揮して追随。
重量級マシンには案の定無謀な試みで、スキッドアウトを起こして爆発大クラッシュという、相変わらずのかませっぷりで読者を魅了してくれたのだった。
170520004.jpg
そのデイトナ。『Forza Horizon 3』の登場車種ラインナップに、しっかりと名を連ねている。
ベルリネッタボクサー、テスタロッサと続くフェラーリ12気筒重量級系譜の祖であるマシン。
普通に転がしていても乗り応え抜群のクルマではあるが、しかし目の前にこうもうず潮バンクが連なっていては、もちろんアレに挑まないわけにはいかないだろう。ちょび髭野郎の無念はオレが晴らす。
「人にできてこのオレにできねえことがあるか!? いったるぜーっ!!!!!!」
170520005.jpg

 

この記事に含まれるtag : Forza レーシング 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2641.html

2017/05/20 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザーtag (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。