FC2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

このページの記事目次 (tag: Forza の検索結果)

total 7 pages  次のページ →  

【Forza Horizon 4】Fortune Island

   ↑  2019/06/13 (木)  カテゴリー: XBOX ONE
190613002.jpg
オーロラの色はその時の条件によって様々だが、ここFortune Islandで夜空に輝くオーロラは緑色一択だ。Only on Xbox。
『Forza Horizon』シリーズのエキスパンションといえば、まずは本開催地からちょっと離れた島が舞台になるのはお約束だが、『Forza Horizon 4』最初の拡張も、そのお約束を踏襲。
舞台となるのはFortune Island。オーロラに彩られることから、おそらく北海に面した島なのだろう。
190613004.jpg
トレーラーや紹介文などから、自然環境が厳しく酷道だらけの絶海の孤島をイメージする人も多いかもしれないが、基本的にはおそらく漁業が主産業なのどかな島。
むしろのどかすぎて、ふた昔前ならややこしい殺人事件が起こってエルキュール・ポアロやエラリー・クイーンが出張ってくるような雰囲気だ。
だがそんな古き良き本格ミステリの舞台にうってつけの場所も、ちょっとばかり歯ごたえのある道路があったばかりに、狂乱のクルマ祭りの主催者に目をつけられてしまった。
どうせ住んでる人間も少なそうだから、苦情も少なさそうだしな!
190613007.jpg
『Forza Horizon 2』のStorm Islandや『Forza Horizon 3』のBlizzard Mountainは、本開催地とはガラリと赴きを変える環境条件が大きな特徴だったが、このFortune Islandはそういった要素は比較的乏しい。
それでも本土にはない道路ロケーションは、それなりに揃っている。
いろは坂のようなヘアピンだらけの峠道に、007映画のロケ隊が喜んで撮影しそうな崖っぷちのワインディングロード(ボンドカーの出番だ!)。そして「さらば青春の光」のラストシーンに出てきたような断崖絶壁(ここをベスパで突っ走りてえ!)。
英国車がもっとも似合うのはもちろんだが、痛車で無法な走りの限りをつくして純朴で偏狭そうな地元民の神経を逆なでしてやるのもいいかもしれない。
190613005.jpg
影響ボードに絶景ポイント、そして何よりもあちこちの納屋やガレージに眠っているビンテージカー。
マップを駆け回ってこれらを探し出すディスカバリー要素は『Forza Horizon』の大きな柱の一つ。そしてFortune Islandでメインとなるのは、このディスカバリーの旅だ。
クルマが手に入るのもいい。さらなる影響値を獲得できるのもいい。しかし最終的に古城の購入が重要案件となってくる『Forza Horizon 4』ではカネもまた無視できない存在だ。
このFortune Islandに点在するのは、アーサー王やらなにやらをハイブリッドした伝説をなぞった隠されたお宝たち。
ベタベタな宝箱の中に入っているのは、もちろん莫大な現ナマだ。
190613003.jpg
だがこれらを見つけ出すのも一筋縄ではない。
日本の埋蔵金伝説のテンプレートとなっている「朝日さし夕日かがやく~」の伝承など、隠された財宝には意味ありげな暗号がつきもの。
そしてFortune Islandのそれは中世風の伝承と自動車関連のキメラだからややこしい。
「湖の乙女の伝説 3スターのR8を与えてくれるという」
Horizon運営がこしらえた暗号の一つだが、日本版のざっくりとした翻訳文が曰く有りげな伝承の雰囲気を一層増しているのは怪我の功名だ。
190613008.jpg
R8はアウディR8。3スターはどっかのスピードトラップかドリフトゾーンで三ツ星獲れってことだろう。
暗号の条件を見事クリアで開示される宝箱の場所。一つの宝箱につき1000000~1500000クレジットの現ナマが計十ヶ所。
ありがとう、これでフェラーリが山ほど買える!(いや、城買えよ!)
そしてエキスパンションシリーズの末尾を飾るのは島をぐるりと廻るロングレースが二本。
それぞれのレースの名はリバイアサンとクラーケン。ご丁寧なことにこちらも中世の騎士怪物退治伝説に掛けている。
手にするのはHorizon流儀のマネー、パワー、リスペクト。のどかな漁業の島をエンジンの騒音に叩き込む『Forza Horizon 4』最初の大型拡張、絶賛展開中。

この記事に含まれるtag : Forza レーシング 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2833.html

2019/06/13 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Forza Horizon 4】目指せ時速220マイル

   ↑  2019/03/01 (金)  カテゴリー: XBOX ONE
fh4.jpg
コートの中に身をすぼめていたのも、ちょっと前のこと。ほんのり暖かく着ていくものに悩むような日が増えてきた。
寒かった冬も気づけばあっという間に過ぎ去り、春が訪れようとしている。
しかしここ、『Forza Horozon 4』の英国の四季はもっと目まぐるしい。油断していたら夏をかっ飛ばして急に秋が来ていたりする。
前回プレイしたときは春が始まったばかりだったのに、しばらく『Skyrim』に没頭していたのもあって、ちょっと間を開けてプレイ再開したら、もう秋も終わる頃だった。
こうなると慌ててやらなくちゃならないのが、シーズンのウイークリーチャレンジだ。
190301003.jpg
『Forza Horizon 4』には時間制限制のチャレンジイベントがある。
中でもウイークリーチャレンジは、一つのクルマにスポットライトを当てた連作制の内容となっている。
自動車を購入する所から始まりチャレンジに沿ってしばらく乗り回すことになるので、まったく未知の車種であっても、チャレンジを終える頃にはその特徴がなんとなく把握できて愛着も湧いてくる、なかなかにユニークな趣向だ。
そして今回ピックアップされていたクルマはジャガーXJ220。
かつてメガCDで『ジャガーXJ220』という、そのものズバリのタイトルの秀作レーシングゲームが発売されていたので、馴染みがある人もいるかもしれないが、ジャガー社が1991年に市場に投入した伝説のスーパーカーである。
190301002.jpg
会社に属しているからには、どんな技術者にも予算や会社の方針など様々な制約が掛かってくる。
だが制約をガン無視してやりたい放題の開発に走るケースも稀にあったりするわけで、まぁたいていそんな経緯で出来上がっちゃたものは、「で、どうすんのよ、これ?」とみんなが困惑する異形の商品となりがちだ。
ジャガーXJ220はまさにそんなクルマ。
プロトタイプレーシングカー並みのボディデザインと性能。そしてそれとはあまりにもアンバランスすぎるラグジュアリーな内装。
目指したのは220マイルの最高速。その数字を車名にしちゃうんだから、関係者もどこか冷静さを失っていたに違いない。
190301007.jpg
しかしこんなバケモノは冷静であっては作れるわけがない。
そんなこんなを積み重ねていったら、いつしか車体はスポーツカーとしては何かが間違っているレベルまで肥大化。
生産台数も数百台に留まり、エンジニアの暴走はあっという間に伝説のレアカーと化したのであった。
その生みの国イギリスで辿るXJ220チャレンジ。
ストアでの購入に続く課題は"ダートトライアルイベントで3勝しろ"。
「そもそもこれはグループBを想定して作られたラリーカーなのです」の一文に、これってもしかしてPlayground Gamesに担がれてるんじゃないかと眉につばをつけながらも、どう考えてもムリのある悪路に乗り出すほかはない。
190301005.jpg
続く"20マイル走行しろ"を経て最後となるチャレンジは、暴走エンジニアたちが見た夢を再追求する"時速220マイル出せ"。
実際のジャガーXJ220は、この最高速220マイルにはわずかに届かなかったらしいが、その無念はオレが晴らす。
スピードチャレンジならここ。マップを南北に貫く二車線高速道路に乗り込んでアクセルベタ踏み、行くぜ220マイル!!
190301004.jpg
しかしメーターはキロメートル仕様だから、ちょっとややこしい。
そもそも220マイルってキロメートルだといくつだ? さっきから何度か時速350キロに到達してるんだけどチャレンジ達成にはなっていない。足らねえのか? そもそもどれくらい足りてないんだ!? いいかげんにしろヤードポンド法!!
眼の前に迫っているはずなのにわずかに届かない220マイルの壁に、『Forza Horizon 4』の車の性能設定を改めて感心しつつ、何度となく繰り返すチャレンジ。
この手のチャレンジってともすれば作業になってしまいがちだけど、今回のこれはかなりアツくなれる。
とにかく名前に220って入ってるんだから、このクルマにそれが出せないわけがねえ。もう一丁! もう一丁行くぞ!
190301008.jpg
…………一時間近くに渡る最高速への挑戦の果てに、オレが駆け込んだのはフェスティバルのチューンナップショップだった。
すいません、このクルマ、ちょっぴり速くしてもらえませんか? あ、いや、そんながっつりでなくていいです。公道走るのに差し支えない程度で。おそらくあと2キロか3キロ程度足りないだけだと思うんで。
仕上がったマシンで再び高速へ。今度こそ行ったるぜ!
唸りを上げる改造済みV6DOHCツインターボエンジン。そして表示されるチャレンジ達成のサイン。
ホライゾンの英国の地で、オレのジャガーXJ220はめでたくジャガーXJ222へとステップアップしたのであった。

この記事に含まれるtag : Forza レーシング 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2813.html

2019/03/01 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Forza Horizon 4】Best of Bond カーパック

   ↑  2018/11/11 (日)  カテゴリー: XBOX ONE
181111007.jpg
クルマはラグジュアリーな存在でありながら、その一方に痛車や改造車など稚気を徹底的に追求した方向性がある。
本来なら相反するその二つを併せ持ったクルマ。それはボンドカー。
高級スーツに身を包んだ英国の色男が颯爽と乗りこなしハイソ感を振りまきながら、後方に振りまくオイルとか、タイヤホイールに隠されたドリルなど、小学生が考えたようなギミックを満載したその姿は、クルマの究極の理想形といっても過言ではないだろう。
181111002.jpg
今までは007版権ゲームの枠内の留まっていたそのボンドカーが『Forza Horizon 4』に降臨。
有料DLC『Best of Bondカーパック』は歴代の007映画からより優られた10台のボンドカーが収められたコレクション。
ボンドカーでメジャーどころといえば、やはり「007 ゴールドフィンガー」に登場したヘッドライトからマシンガンがせり出すアストンマーチンDB5と、「007 私を愛したスパイ」の劇中車、水陸両用のロータス・エスプリがツートップだろう。
その二台はもちろんこのカーパックに収録されているが、今回取り上げたいのは個人的にもっとも好きなボンドムービーで活躍したクルマだ。
181111003.jpg
シリーズ第6作の「女王陛下の007」は、ジョージ・レイゼンビーがボンド役を務めていることで何かと割を食っている作品だが、どうしてどうして、数ある007映画の中でも極めて格調高く完成度も高い。
中盤以降の舞台となるアルプスの雪山でのスキーやボブスレーを交えたアクションシーンは当時としは出色の内容だし、歴代ボンドガールの中でもっとも悲劇的なヒロイン、ダイアナ・リグも素敵だ。
181111004.jpg
そしてボンドカー、アストンマーチンDBSは冒頭からの登場。
ここではクルマやインパネを執拗になめて、その運転者の顔をなかなか映さない演出で、二代目ジェームズ・ボンドとなるジョージ・レイゼンビーのお目見えを焦らしに焦らす。
スパイ仕様車としてのギミックや活躍の描写はないが、格調の高さは残しつつも先代のボンドカーであるアストンマーチンDB5からモダンになったフォルムは、ショーン・コネリーに代わる新ボンドの愛車にふさわしい風格がある。
181111006.jpg
歴代ボンド役でオレが一番好きなのは、なんと言われようと4代目のティモシー・ダルトン。
気品と粗野がかち合うことなく同居したその佇まいは、オレがイメージするボンド像にもっとも近いし、彼の二つの主演作のハードアクション路線も大好きだ。
181111009.jpg
そのボンドカー、「007 リビング・デイライツ」に出てきたアストンマーチンV8は、ダルトンボンドの資質に合わせたかのような、アストンマーチン車の中でも飛び抜けて荒々しい面構え。
並行車を切り裂くレーザーカッターにミサイル、スキー機能など、スパイ御用達車としてのギミックも充実。
『FH4』で乗ることのできるV8には、残念がらこれらのガジェットは付いていないが、劇中カーアクションの舞台となる雪道や凍結湖は、Horizonウィンターの季節を待てばいつでも目の前に広がっているぞ。

*関連記事
【007 Racing】底抜けボンドカー大集合

この記事に含まれるtag : レーシング Forza シネマゲーム 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2791.html

2018/11/11 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Forza Horizon 4】共同作業のススメ

   ↑  2018/10/28 (日)  カテゴリー: XBOX ONE
181020008.jpg
集合時間のタイミリミットまであと1分。
アクセル代わりの右トリガーは、もう目いっぱいに押し込んだままなのだが、それでもかけた右人差し指に、なお一層の力がこもる。
彼女との待ち合わせだったら、まだ少々の時間の融通が利く。
だが#HorizonLiveのイベントタイムテーブルは厳格きわまりない。たとえ1秒でも遅れれば「はい、ここで締め切り!」と、有無も言わさず排除されてしまう。
181028002.jpg
しかも#HorizonLiveの告知はいつも唐突だ。
「今から*分後にここに集合!」。レースイベントに向かっているとき、あるいはマップを適当に流しているとき、こんなお知らせが突然表示されて慌てふためくことになる。
刻限に間に合うためなら、この際民家の中庭を突っ切ってのショートカットもやむなしだ。すいません、ちょっと通らせてもらいます!
181028006.jpg
待ち合わせ場所には、すでに数名のすっとこどっこい……、いや、Horizonドライバーたちが集結していた。
示威行動のようにドリフトを繰り返しているやつ、隅っこに整然と駐車してそのときを待っているやつ。クルマもドライバーの性格も様々だが、とにかく今ここにいるメンバーは力を合わせて目標を達成しなければならない。
マルチプレイレースにプレイグラウンドゲーム、ロードトリップ。『Forza Horizon』シリーズには今まで様々なオンラインプレイモードがあったが、『Forza Horizon 4』で導入された#HorizonLiveは、その中でもっとも肩ひじの張らない緩やかなイベント。
無事集合場所で刻限を迎えると、その場にいるドライバーに次の目的地が指示される。
今回の第1目標はここからほど近いところにあるスピードトラップ。みんな急げ急げ!
181028003.jpg
#HorizonLiveのキーワードは「共同作業」。
スピードトラップ、ドリフトゾーン、危険サイン、スピードゾーン。いつもは各々が各々ででアプローチしているこれらのチャレンジポイントを、Liveでは参加者全員が挑むことになる。
スピードトラップを狂ったように行ったり来たりし、ドリフトゾーンを気が触れたかのようにドリドリし、危険サインではレミングの群れのようにジャンプを繰り返す年代もスペックもデザインもまちまちな名車たち。
そして全員の累計ポイントが目標値に達成すれば、そのラウンドは無事クリアだ。さあ、次のラウンドはどこだ!? みんな急ぐぞ!
181028005.jpg
集合場所に向かうまでのドキドキ感。他のドライバーが続々集まってくるのを眺めながら待機しているときのワクワク感。そして競技がスタートしたときのフルテン状態な躁感。
ガチガチのマルチプレイレースやスコアアタックも悪くはないけれど、やっぱりオレにはこの極めてルーズな繋がりのオンラインプレイのほうがしっくりくる。
日常生活では"みんなで力を合わせる"なんてを考えたこともないような、あんぽんたんどもによる束の間の共同作業。
#HorizonLiveの告知はいつでも突然だ。それが出たときには、レストアカー探しやマップ埋めなど、みんなそれぞれの作業を止めて、おっとり刀で駆けつけろ。
人生の中でおよそ使ったことのないようなこっ恥ずかしい言葉だが、Horizonフェスティバルの中では遠慮なく言えるぜ。
「みんなで力を合わせればきっとできるさ!」

この記事に含まれるtag : レーシング Forza 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2786.html

2018/10/28 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Forza Horizon 4】田舎に泊まろう!

   ↑  2018/10/20 (土)  カテゴリー: XBOX ONE
181020008.jpg
一面の野原と畑。申し訳程度にある集落。
スタバもねえ。ネカフェもねえ。Wi-Fiおそらく飛んでねえ。駅前に鳥貴族すらねえ。そもそも駅らしい駅がねえ。
娯楽らしい娯楽が一切存在しないド田舎。
オレはあいにくと草原のど真ん中で深呼吸をして、「うーん、澄み切った空気」と顔を綻ばせる性分ではない。こんなとこに住めと言われたら、「ラウンドワンもないとこなんてとてもムリです!」と泣きを入れるだろう。
181020006.jpg
この地にあるのは四季の移ろいとスッカスカでとにかく走りやすい道路だけ。あっ、そうそう、交通法規をどれだけシカトしてもお咎めない鷹揚さもある。
……前言撤回。ここにめくるめく名車の数々が加われば、天国みたいな場所に変わることだろう。
コロラド、南欧、オーストラリアに続く魅惑のクルマ祭り、ホライゾンフェスティバルの新しい開催地は英国の片田舎。
辺鄙さでは第1回開催地のコロラドとタメを張るだろう。
しかし山道峠道が多かったコロラドと違って、ここはほぼ全面なだらかな丘陵地帯。そこを貫くのは緩やかなカーブが適度に入った見通しのいい舗装路。
ブレーキトリガーに指をかける機会なんて滅多にめぐってこない。アクセル踏みっぱで気持ちよく走り通すことのできる最高の道路だ。
181020004.jpg
碁盤目状の道路に交通渋滞。都会でのホライゾンフェスティバル開催なんて、想像するだけでもゾッとしない話。
やはりホライゾンは田舎に限る。運転免許を持っていない人間は淘汰必須の田舎だが、少なくともここはライセンスは不要だ。
免許不所持者も遠慮することなく、ランボルギーニ・アヴェンタドールからトコトコ走るイセッタまで、気に入ったクルマをオンロードからオフロードまで好きなように乗り回すといい。
181020003.jpg
シリーズも4作目を数えて、さすがにマンネリ感が漂ってきたんじゃないかと心配するむきもあるかもしれない。
オレも定期的に更新され続けたForzathonイベントで、とんでもないボリュームに膨れ上がった前作でお腹いっぱいになって、「もうホライゾンはいいか」なんてことをチラッと考えたクチだ。
だがもちろんこの『Forza Horizon 4』は、その前作よりもさらにブラッシュアップされている。
システム面以上にそれが顕著なのが、間違いなく前作以上に気持ちいいドライビングフィール。
この英国の田舎道は、とにかく走っていて心地よい。適度なカーブ、これまた適度なアップダウン、見通しのいい景色、丘陵の向こうに見え隠れする地平線。
メイン道路を走っている限り、アクセルを緩める機会なんか滅多にない。
これに移り変わる四季の情景が加われば、多くの人が元祖"最高に心地よいドライブフィール"ゲーム、セガの『アウトラン』のレガシーを感じることだろう。
181020007.jpg
このアクセル踏みっぱの快楽をフォローするために、細かい部分にもかなり気が遣われている。
本作ではクルマの歩みを止めるような障害物が極力オミットされている。ガードレールも石垣もスピードをあげて突っ込めば、まるで発泡スチロール製の大道具セットのようにあっけなく砕け散るだろう。
障害物にゴンッとぶつかって、また1速からそろそろリスタートするような無粋を極力抑えて、もはやオレのフォード・シエラの行く手を遮るものはほとんどない。
運転ミスのアウトスキッドもホライゾン解釈ではラディカルドリフトだ。ついでにぶっ壊した石垣はディストラクションでカウント、スキルチェーン!
181020005.jpg
シーズンの導入でこれまた前作以上にやり応えを増した時限イベントのForzathonに、これまた時限のマルチプレイイベントForza Live。
時間の流れを実感できるようになった『Forza Horizon 4』は、シリーズ過去作のどれよりも、過去のあらゆる開催地よりも、生々しく息づくフェスティバルの実感を与えてくれる。
そして過去作同様に単体でもボリュームたっぷりな拡張コンテンツの導入も控えているのだ。
羊と鹿と農家と風力発電しかないド田舎。されどこの地からさっさと離れる理由が、いったいどこにあるだろうか。田舎最高!

この記事に含まれるtag : レーシング Forza 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2785.html

2018/10/20 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザーtag (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。