FC2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

このページの記事目次 (tag: Forza の検索結果)

total 8 pages  次のページ →  

【Forza Horizon 4】ブロスナンの微妙ボンドカー

   ↑  2020/03/09 (月)  カテゴリー: XBOX ONE
181111007.jpg
ショーン・コネリーからダニエル・クレイグに至る歴代ジェームズ・ボンド俳優の中で、オレ的に一番評価が微妙なのが20世紀007の末尾を飾った5代目ボンド、ピアース・ブロスナンだ。
長身で眉目秀麗で確かにぶったちは悪くないんだけど、どうしてもそれだけという印象をオレはこの人に抱いてしまっている。
歴代の中で一番好きだったティモシー・ダルトンからのバトンタッチであるのが、ブロスナンに今一つな評価を持ってしまう大きな一因なのかもしれない。
200309007.jpg
いかにも殺しのライセンスを持った特殊諜報員の雰囲気プンプンだったダルトンの獰猛さ、荒々しさとはまったく正反対。
洒脱ではあるんだけどロジャー・ムーアのような飄々とした一面にも欠ける。
薄味の一言に尽きるんだけど、されど死に体だった007のブランドを再び浮上させた功績は、やはり認めるほかはないだろう。
200309005.jpg
ブロスナン=ボンド時代は結構長かったようなイメージもあるが、出演作は「ゴールデンアイ」「トゥモロー・ネヴァー・ダイ」「ワールド・イズ・ノット・イナフ」「ダイ・アナザー・デイ」計4作と意外に少ない。既に本数ではダニエル・クレイグに抜かれていたりする。
そしてボンドカーを大収録した『Forza Horizon 4』のBest of Bond カーパックに登場するブロスナン由来の車も、これまた意外なことにわずか一台だけ。
BMWとのタイアップが蜜だったブロスナン時代。ここに収録されているのもBMWのロードスターモデル、BMW Z8。
「007 ワールド・イズ・ノット・イナフ」に登場したボンドカーだ。
200309002.jpg
しかしこの「ワールド・イズ・ノット・イナフ」ってのが、これまた評価に困る、ぶっちゃけオレの中では歴代007映画では最下位の作品だったりする。
アクションシーンは過去作の焼き直しが多いし、"痛覚を失った不死身の男"との触れ込みだった悪役のとんだ一杯食わせ者っぷりもハンパではない。
それよりも何よりもボンドガールのソフィー・マルソーにブロスナンがボンドとしても役者としても完全に食われまくられているのが問題だが(この映画に出てくる男どもは、はっきり言ってすっとこどっこいばっかだ)、まあ相手がソフィー・マルソーであるのが不運だったというほかはないのであろうか。
200309006.jpg
そしてボンドカーのBMW Z8も、これまた映画同様に煮え切らない存在だったりする。
ボンドカーであるにも関わらず、カーチェイスはおろか気の利いた走行シーンすらなし。
それもそのはず。このZ8、実は映画の撮影に車の開発が間に合わず、仕方なくコルベットにガワを被せたものを無理やり登場させただけなのだから。
見せ場らしい見せ場は波止場で駐車中にリモコン遠隔操作のミサイルでヘリコプターを撃ち落としたのみ。単なる固定砲台みたいなもんである。
しかもその直後にノコギリで真っ二つにされてお役目終了。ボンドや"不死身の男"レナードと等しく、ソフィー・マルソーの露払いという役目だけで終わってしまった。
200309003.jpg
ブロスナンゆかりのボンドカーなら、「トゥモロー・ネヴァーダイ」の遠隔運転も可能なBMW 750iLとか「ダイ・アナザー・デイ」でジャガーと凄絶な氷上チェイスを繰り広げたアストンマーチン・ヴァンキッシュなど、他に適任はいくらでもあるのに、なんでよりによってこんな一番パッとしないやつをチョイスしたのかいささか疑問だが、BMW車としては数少ないロードスターという辺りでバランスをとったのだろうか。

この記事に含まれるtag : Forza レーシング シネマゲーム 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2880.html

2020/03/09 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Forza Horizon 4】ボンドとシトロエン

   ↑  2019/12/06 (金)  カテゴリー: XBOX ONE
181111007.jpg
1973年の「007 死ぬのは奴らだ」から1985年の「007 美しき獲物たち」まで、足かけ12年にも渡ったロジャー・ムーアの007映画は全部で7作。
その中でベストを選ぶとすれば、オレが推したいのはキャリアの真ん中に作られた「007 ユア・アイズ・オンリー」だ。
イアン・フレミングの原作から短編を寄せ集めた構成が逆に幸いして、シチュエーションを変えたアクションがオムニバス的に並んだ流れが実に小気味よく、黒髪ロングのボンドガール、キャロル・ブーケの毅然とした美しさは絶品で、シーナ・イーストンの主題歌も印象深い。
191206005.jpg
冒頭のヘリコプタースタントに始まり、スペインのオリーブ畑でのカーチェイス、スキーにジャンプ、アイスホッケーと007版冬季オリンピック大会と化した北イタリア、海洋アクションてんこ盛りのギリシャ、そしてフィナーレは断崖絶壁にあるメテオラ修道院での決死のロッククライミング。
冷静に思い返すとキャロル・ブーケ以外はアクションシーンしか記憶に残っていない気もするが、そのアクションがどれもクオリティ抜群なのだからしょうがない。
悪役が弱いのがこの映画の欠点といえば欠点だが、トータルな出来栄えの前では些細なことだろう。
191206004.jpg
ショーン・コネリーのアストンマーチンDB5に対して、ロジャー・ムーア版007を代表するボンドカーと言えばロータス・エスプリ。
「ユア・アイズ・オンリー」にもエスプリは登場するが、最序盤で敵にパクられそうになって自爆してしまい、見せ場らしい見せ場はあんまりない。
それに代わって「ユア・アイズ・オンリー」でカーアクションを担当するのがシトロエン2CV。
「黄金銃を持つ男」のAMCホーネットと同様、現地でボンドが突発的に運転した広義の意味でのボンドカーだ。
191206003.jpg
もちろん現地徴用車だからして特殊装備の類なんかは一切ついていない。
それどころかもとを正せば1940年代生まれの農民向け大衆車。馬力すらろくにありゃしない。
これまたホーネット同様に、ハンドルを握らざるをえなかったボンドとしては忸怩たる思いがあっただろうが、しかしこのシトロエンほどカーチェイスがハマるクルマもそうはありゃしない。
スピードが遅いからあっさり敵に追いつかれる。すなわち緊迫なシチュエーションを演出しやすい。
そのくせ頑丈だからぶつかったり転がったりしても問題なく走る。万が一ひっくり返っても現地の人々の手を借りればすぐもとに戻せるし、"ブリキの缶詰"と揶揄されたその特異なデザインは、少々傷がついたり凹んだりしてもむしろ絵になったりする。
191206002.jpg
シトロエン2CVのカーアクションといえば「ルパン三世 カリオストロの城」も著名だが、あれはスピード感のデフォルメが少しばかり過剰だ。
やっぱりシトロエンのチェイスは「ユア・アイズ・オンリー」のそれのように、ちょっぴりとろとろして斜面をころころ転がったりする、そのどことなく優雅なフォルムが似合うアクションがいい。
元々がボンドカーという付加価値などなくとも一本立ちできる名車中の名車。
イギリスの田園地帯を道路なんか無視して突っ切る姿が、これほど映えるクルマも他にはないだろう。

この記事に含まれるtag : Forza レーシング シネマゲーム 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2852.html

2019/12/06 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Forza Horizon 4】オレだってボンドカーだぜ

   ↑  2019/12/04 (水)  カテゴリー: XBOX ONE
181111007.jpg
MI6からジェームズ・ボンドに貸与された様々な特殊装備を搭載したクルマ。ボンドカーの定義はこんなところになるのだろう。
しかし世の中、狭義があれば広義もある。中にはボンド自身がハンドルを握ってもいないのにボンドカーと呼ばれたりする、トヨタ2000GTのような事例もあるのだ。
どんな事情にせよボンドが運転すれば、それは他人のクルマでもボンドカー。それはそれで立派な定義である。
191204008.jpg
ズラリ10台のボンドカーを揃えた『Forza Horizon 4』の拡張カーパック、『Best of Bondカーパック』にも、そんな「MI6経由ではない」ボンドカーも登場する。
ジェームズ・ボンドを演じる俳優としては3代目となったのがロジャー・ムーア。
その飄々としたたたずまいは、どこかジェームズ・ボンド自身がボンドのパロディを演じているような趣すらあり(後年ムーアは『キャノンボール』で、自分をボンドと思い込んでるあんぽんたんな役どころをやっていたりする)、またその出演作はどれも荒唐無稽なスパイ活劇路線を極めていたこともあったりして、その作品評価はあんまり高くない。
近年のダニエル・クレイグによる007映画を見慣れた人間にとっては噴飯ものにしか見えないかもしれないムーア007だけど、いいや、スパイ映画が荒唐無稽でバカバカしくってなにが悪い。
191204009.jpg
007映画の第9作目『007 黄金銃を持つ男』は、世間的にはシリーズ作の中でも駄作扱いを受けている作品だが、オレはこの映画をけなすやつとは絶対に一緒に旨い酒を飲めないだろう。いや、まあオレそもそもアルコール飲めないけど。
ボンド最強のライバルとして立ちはだかる黄金銃の殺し屋スカラマンガ(演じるのはクリストファー・リー!)、殺人アミューズメントパークと化しているそのアジト、シリーズ史上もっとも観る者をイライラさせるボンドガール、突如始まる底抜けカンフー合戦(それにへっぴり腰で対応するムーア007)、そしてなによりもスカラマンガの邪悪な従者、小男のニック・ナック!
191204006.jpg
執事としてのの仕事から荒事までなんでもそつなくこなし、スカラマンガに忠実ながらもその死を願う不思議な存在。
ああ、うちにもニック・ナックが一人欲しい。彼がいればどんなに便利で癒やされることだろう。
そして「黄金銃を持つ男」に登場するボンドカーがAMCホーネットX。
ラグジュアリーを極めたボンドカー歴代において異色のバリバリ大衆車。もちろん特殊装備なんかついていやしない。
ボンドの趣味からおよそ対極にあるようなクルマだが、スカラマンガとニック・ナックを追うときに、そこらのディーラー店頭から無理やり徴用した経緯から、ボンドもまあ背に腹は代えられなかったのだろう。
191204004.jpg
しかしこのホーネットが頑張った。
なんせ70年代映画のカーチェイスには、近年のCGをふんだんに使ったそれにはない生の面白さが満ち溢れている。
「黄金銃を持つ男」のカーチェイスも例外ではなく、スタントドライバーの腕一丁にかかった混じりっけなしのカースタントの白眉となるのは、河を飛び越える錐揉み大ジャンプ。
191204005.jpg
その地味さから時にはボンドカーのカテゴリから漏れることすらあるAMCホーネット。しかし数ある候補を差し置いてこのクルマをカーパックのラインナップに加えた(まあゴジラゲームにおけるジェットジャガーみたいなポジションかもしれないが)担当者とは、「あんた分かってるよ! 黄金銃を持つ男最高!」と一緒に旨い酒が飲めそうである。いや、まあオレそもそもアルコール飲めないけど。

この記事に含まれるtag : Forza レーシング シネマゲーム 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2851.html

2019/12/04 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Forza Horizon 4】エジンバラの「ランデブー」

   ↑  2019/06/28 (金)  カテゴリー: XBOX ONE
fh4.jpg
クロード・ルルーシュ。
カンヌでパルム・ドールを受賞した代表作「男と女」を始めとして、「愛と哀しみのボレロ」や「マイ・ラブ」など、ふた昔前の名画座が似合いそうな作品で知られる。
いわゆるヌーベルヴァーグとも一線を画したポジションで活動し、またそのフィルモグラフィーの大半を長尺の恋愛映画が占めていることから、ハードコアな映画マニアへのウケはあまり良くない映画監督だ。
しかしこの人はガチなカーマニアというもう一つの顔があり、その趣味は自作の中にも公私混同気味にいかんなく発揮されている。
190628002.jpg
代表作である「男と女」は、やもめ同士の子持ち男女が、観ているこっちにとってはイライラするようなペースで結ばれる過程を描いた恋愛映画なのだが、この作品でも本筋とはほとんど関係のないフォードGTのテスト走行シーンや実際のル・マンやモンテカルロラリーの映像が長々と挿入されていたりする。
一応主人公の男はレースドライバーという建前があるのだが、それにしたってその盛り込まれ方は不自然すぎるほど長く、この辺をばっさり編集していたら冗長気味の映画が遥かに引き締まったものになっていただろう。
だけどクルマ好きにしてみれば、これらの無意味なシーンの数々は、当時のレースの情景や往年の名車がふんだんに登場する一種のお宝映像であるのは間違いない。
そして記録映像的な部分を別にしても、主人公の愛車であるマスタングが、もう一方の主役と言わんばかりに頭から終わりまで生き生きと躍動している描写など、ルルーシュ監督の度を超したクルマ好きっぷりは、映画のそこかしこから伝わってくるのだ。
190628003.jpg
そんなカーキチ、クロード・ルルーシュが1976年に撮影した伝説の短編映画が「ランデブー」。
公道を交通法規なんか無視してかっ飛ばした様子を収めた動画。
ドライブレコーダーと動画投稿サイトが発達した今では珍しくもなんともない。アップされた直後にたちまち炎上し、通報を経てはい御用で完結してしまうような映像だが、これをフランス映画の巨匠が撮ったとなれば話は違ってくる。
早朝のパリ市街、白線や信号なんかガン無視の200キロ超の暴走を無編集で収めた8分ちょっとのフィルム。
巨匠として確固たる地位を築いていたルルーシュが、唐突にこんなものを撮った理由は明らかにされてはいないが、まぁそこにベンツとカメラと余ったフィルムがあってなんとなくやっちゃったってのが実際のとこなのかもしれない。
190628004.jpg
『Forza Horizon 4』には、それぞれテーマを持った連作ミッションが複数存在するが、その中の一つに映画にまつわるミッションをこなすスタントストーリーがある。
スパイ映画撮影のカースタントに次々とチャレンジしていくのが、このスタントストーリーの基本だが、途中でスタント監督が撮影中の映画を離れて公私混同でプレイヤーに申し渡してくるのが、ルルーシュの「ランデブー」を再現する、いささかマニアックなミッションだ。
「ランデブー」でルルーシュ自らがハンドルを握ったメルセデスベンツ450SEL6.9に代わってプレイヤーが駆るのはルノー・アルピーヌ。パリの街に代わるのは『FH4』中で古都の面影を一番残すエジンバラ界隈。
視点は本来ならプレイヤーの自由ではあるが、ここではやはり「ランデブー」そのまんまの映像を拝めるボンネットビューをチョイスしておきたいところだ。
190628006.jpg
この「ランデブー」ネタを始めとして、ゲームや英国クルマ史など自動車と他の文化との関わり合いを複合的に描いた連作ミッションの数々は、『Forza Horizon』の通り一遍等のクルマゲームには終わらない懐の深さをたっぷりと感じさせてくれる。
自分だけの「ランデブー」を撮り終えたら、次はマスタングで海岸に繰り出して「男と女」のワンシーンを再現するもよし。
自動車と音楽、自動車と映画、自動車とおもちゃ。ホライゾンワールドは常にクロスカルチャー。クルマだけで完結しちゃうのはあまりにも勿体無いだろ。

この記事に含まれるtag : Forza レーシング 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2837.html

2019/06/28 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Forza Horizon 4】Fortune Island

   ↑  2019/06/13 (木)  カテゴリー: XBOX ONE
190613002.jpg
オーロラの色はその時の条件によって様々だが、ここFortune Islandで夜空に輝くオーロラは緑色一択だ。Only on Xbox。
『Forza Horizon』シリーズのエキスパンションといえば、まずは本開催地からちょっと離れた島が舞台になるのはお約束だが、『Forza Horizon 4』最初の拡張も、そのお約束を踏襲。
舞台となるのはFortune Island。オーロラに彩られることから、おそらく北海に面した島なのだろう。
190613004.jpg
トレーラーや紹介文などから、自然環境が厳しく酷道だらけの絶海の孤島をイメージする人も多いかもしれないが、基本的にはおそらく漁業が主産業なのどかな島。
むしろのどかすぎて、ふた昔前ならややこしい殺人事件が起こってエルキュール・ポアロやエラリー・クイーンが出張ってくるような雰囲気だ。
だがそんな古き良き本格ミステリの舞台にうってつけの場所も、ちょっとばかり歯ごたえのある道路があったばかりに、狂乱のクルマ祭りの主催者に目をつけられてしまった。
どうせ住んでる人間も少なそうだから、苦情も少なさそうだしな!
190613007.jpg
『Forza Horizon 2』のStorm Islandや『Forza Horizon 3』のBlizzard Mountainは、本開催地とはガラリと赴きを変える環境条件が大きな特徴だったが、このFortune Islandはそういった要素は比較的乏しい。
それでも本土にはない道路ロケーションは、それなりに揃っている。
いろは坂のようなヘアピンだらけの峠道に、007映画のロケ隊が喜んで撮影しそうな崖っぷちのワインディングロード(ボンドカーの出番だ!)。そして「さらば青春の光」のラストシーンに出てきたような断崖絶壁(ここをベスパで突っ走りてえ!)。
英国車がもっとも似合うのはもちろんだが、痛車で無法な走りの限りをつくして純朴で偏狭そうな地元民の神経を逆なでしてやるのもいいかもしれない。
190613005.jpg
影響ボードに絶景ポイント、そして何よりもあちこちの納屋やガレージに眠っているビンテージカー。
マップを駆け回ってこれらを探し出すディスカバリー要素は『Forza Horizon』の大きな柱の一つ。そしてFortune Islandでメインとなるのは、このディスカバリーの旅だ。
クルマが手に入るのもいい。さらなる影響値を獲得できるのもいい。しかし最終的に古城の購入が重要案件となってくる『Forza Horizon 4』ではカネもまた無視できない存在だ。
このFortune Islandに点在するのは、アーサー王やらなにやらをハイブリッドした伝説をなぞった隠されたお宝たち。
ベタベタな宝箱の中に入っているのは、もちろん莫大な現ナマだ。
190613003.jpg
だがこれらを見つけ出すのも一筋縄ではない。
日本の埋蔵金伝説のテンプレートとなっている「朝日さし夕日かがやく~」の伝承など、隠された財宝には意味ありげな暗号がつきもの。
そしてFortune Islandのそれは中世風の伝承と自動車関連のキメラだからややこしい。
「湖の乙女の伝説 3スターのR8を与えてくれるという」
Horizon運営がこしらえた暗号の一つだが、日本版のざっくりとした翻訳文が曰く有りげな伝承の雰囲気を一層増しているのは怪我の功名だ。
190613008.jpg
R8はアウディR8。3スターはどっかのスピードトラップかドリフトゾーンで三ツ星獲れってことだろう。
暗号の条件を見事クリアで開示される宝箱の場所。一つの宝箱につき1000000~1500000クレジットの現ナマが計十ヶ所。
ありがとう、これでフェラーリが山ほど買える!(いや、城買えよ!)
そしてエキスパンションシリーズの末尾を飾るのは島をぐるりと廻るロングレースが二本。
それぞれのレースの名はリバイアサンとクラーケン。ご丁寧なことにこちらも中世の騎士怪物退治伝説に掛けている。
手にするのはHorizon流儀のマネー、パワー、リスペクト。のどかな漁業の島をエンジンの騒音に叩き込む『Forza Horizon 4』最初の大型拡張、絶賛展開中。

この記事に含まれるtag : Forza レーシング 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2833.html

2019/06/13 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザーtag (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。