ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

このページの記事目次 (tag: FPS の検索結果)

total 17 pages  次のページ →  

【BATTLEBORN】キッドウルトラは簡雍

   ↑  2018/02/09 (金)  カテゴリー: XBOX ONE
180118007.jpg
LLCのロボダッチもどき。
打たれ弱い。メイン武器は決定力と確実性に欠ける。サポート能力も他のバトルボーンに比べると中途半端。
間違っても前線の主力になり得るキャラではないが、時々ピンポイントで妙に役に立ったりすることがある。三國志に例えると簡雍みたいな奴だ。
180209003.jpg
こいつの最大の特徴は、イケイケになると周囲の味方にボーナスを無条件で与える能力。
ミニオン軍団が調子ぶっこいたこいつを背後に従えていれば、敵セントリーのシールドだってガリガリと削れていく。
そうやって周りを煽っておいて、当人は一歩後ろからメイン武器のロケットをアバウトに連射。
味方が上げ潮のときほど大きな顔をしだす、とことん調子のいいヤロウである。
180209004.jpg
このムードメーカーが一歩後ろにいて、その甲高い声で騒いでいるうちは味方は盤石だ。
逆にこいつが前線から姿をくらましているときは気をつけたほうがいい。
脆いキャラだけあって、慣れたキッドウルトラ使いほど前線を見限って自分だけさっさと逃げ出す判断が早い。
こいつのアルティメットスキルである変形ホバーモードは、危機に陥った前線に救急車よろしく駆けつけるのが建前だが、その実はヤバくなったときの逃走用に他ならない。
そしてキッドウルトラがいつの間にかいなくなっていることに味方が気づくのは、前線崩壊数秒前のタイミングだ。
180209005.jpg
その無駄飯食いっぷりで味方にいると妙に癇に障るキッドウルトラだが、自分がこれをチョイスしていざ出撃してみると、どれをとっても中途半端な能力故に、変な役目意識を持つことなく気楽に立ち回れたりする。
自軍が強い時はこっちも便乗してそれなりに強い。自軍が弱いときは傍観を決め込む。キーワードは常に気負わず。味方の怒りは分厚い面の皮で受け流す。
「まぁみんな命とられるわけじゃなし、ゆるゆる行きましょうや」
そんな軽口のひとつもついつい出そうになる。居場所は確保するが責任はない。ゲーム内においても現実においても、簡雍的な立場が一番の理想じゃないかということを教えてくれるキャラクターだ。

この記事に含まれるtag : バトルボーン FPS 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2742.html

2018/02/09 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【BATTLEBORN】太陽ババアのアンブラ

   ↑  2018/02/02 (金)  カテゴリー: XBOX ONE
180118007.jpg
太陽ババア。
一般に太陽おばさんの通称もあるが、11759歳は毒蝮三太夫でなくともババアと呼ばわりしてなんら差し支えない年齢だろう。
ミニ太陽を設置して周囲を継続回復させるヒーラー役がお仕事。
というのは表向きの役目だ。本当の仕事はいるだけで相手チームをうんざりさせること。
180202003.jpg
ヒーラーというと打たれ弱いイメージがあるが、少なくともこのアンブラにそれは当てはまらない。
11759歳の死に損ないだけあって、とにかくこのババアはしぶとい。
その秘密はメインウェポンのホーミングビーム。相手をガソリンスタンドのホースみたいに連結して、そのHPをちゅうちゅうと吸い上げる。攻撃と回復を兼ね備えたメイン攻撃なのだから。
180202004.jpg
そして全キャラ一の足の速さ。もっとも宙に浮いているので足が速いという表現が正しいのかどうか分からないが、とにかくふわふわと素早い移動&エイム要らずの連結ビームのおかげで、捉え所のないことおびただしい。
そしていざヤバくなればその俊足でスタコラサッサと大逃げを決めるのだから、厄介なことこの上ない。
180202002.jpg
これでレイナ姐さんみたいに性格がさっぱりしていれば、まだ救いがあるが、無駄に年を食っている&バトルボーンきってのゴス系集団ジェネリットの所属となれば、もちろんそんなわきゃない。
それどころか殺されて再出撃のときなんか、ヒステリックな声(ちなみに声の担当は『Borderlands』シリーズのアテナ役の人)で「この恨みはらさずにおくべきかぁぁぁー!」なんてことを喚き散らしてるんだから、推して知るべしであろう。
ホーミングビームにも象徴されるように、とにかく粘着気質。
いったん隣人トラブルがおきたらもう最後。相手が引っ越すまで落書きをしたりゴミ袋を開けて撒き散らしたり植木鉢を壊したりと、数年にも渡ってねちっこく嫌がらせを続けるタイプだ。

ベータ当初は完全にバランスブレイカーとなり、その後のアップデートで壊れ気味の戦闘力もだいぶ抑えられたそうだが、それでもその無愛想&粘着気質とも相まって、いるだけで相手チームをうんざりさせる存在に変わりはない。
デフォルトの挑発、ウォーク・ライク・アン・エジプシャンは、ザ・バングルスの1986年の大ヒット曲から。
オレはこの曲がめちゃくちゃ大好きだっただけに、殺された上にこれをやられると二重に腹が立つ、とにかくとことん人様の神経を逆なでするババアである。

この記事に含まれるtag : バトルボーン FPS 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2739.html

2018/02/02 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【BATTLEBORN】斧持ちサンドバッグのボールダー

   ↑  2018/01/26 (金)  カテゴリー: XBOX ONE
180118007.jpg
ファンタジー系のシミュレーションRPGには、短躯で頑健な斧使いのキャラがお約束のように登場する。
陽気であったり、粗暴であったり、あるいはむっつりであったりしながらも、最前線で敵をタフネスに食い止め、破壊力抜群の攻撃を振るう役割は一定している。
そのお約束の源流をたどれば、やはり「指輪物語」の重要人物、ドワーフのギムリに行き着くのだろう。
そして『バトルボーン』に出てくるバッドアスの一人、エルドリットのボールダーも分かりやすく言うと、あんな感じの適度に鬱陶しいやつ。
しかもワキガ持ち。おっとりクソ澄ました『オーバーウォッチ』のヒーローには、間違っても混ぜてもらえないようなキャラクターだ。
180126004.jpg
エルドリットは自然秩序を重んじる集団。
そのメンタリティはアーミッシュなんかに近いが、そくせやたらと好戦的という、ちょっと面倒くさい人たちだ。
デフォルトでシールドがない代わりにHPの自然回復力を持つエルドリットは、ミコやソーンのような華奢なキャラでさえ妙にしぶとかったりするが、それが短躯系斧使いキャラのお約束を兼ね備えたボールダーの場合だと、もうクソ硬いことこの上ない。
180126002.jpg
その肝は左手に装備したシールド(この場合は物理的な盾)。
こいつをどっしり構えて仁王立ちされると、盾の上から削ろうにも自然回復力と相殺されるもんだから、とにかく厄介だ。
エシュロンMAPの侵入戦、双方のミニオンが激突する中央陸橋なんかは、ボールダーの一番の見せ場と言っていい舞台だ。
盾を構えて敵ミニオンの攻撃を一手に引き受けながら、「さあ、わしがこいつらを引きつけている間に、お前らは攻撃に専念しろお!」。
もっともほとんどの場合は、みんなそう吠えるオレのボールダーを放ったらかして、オーバーシャード拾いやスローン狩りのために左右に散ってしまうのが、これまたお約束だが。
そうなるとミニオンたちの銃火の中で「いや、あの、ちょっと……」と孤立してしまい、そのうち敵側のアラーニの水流に跳ね上げられて袋叩きにされるまでがセットだ。
180126003.jpg
他人が操作するボールダーは鬼のようの硬いが、いざ自分が動かしてみるとそれほどにも思えないのは、一体なんなのだろうか。
意外と足も早いし、突進攻撃やとっさの遠距離攻撃(斧投げ。素手になっても攻撃力はそれなりにあるし、移動力にボーナスが付くメリットもある)も持っているので、前線で好き勝手に暴れまわるのが、実はもっとも効率的な立ち回りかもしれない。
だけどやっぱり盾を構えて意味もなくサンドバッグと化している姿が、こいつの場合は一番のチャームポイント。
そんな姿を見かけたら、なるべくボールダーに群がる敵を薙ぎ払うなどして、ぜひ有効利用してやって欲しい。
「貴様ら美味しいとこばかり持ってきやがって、ガハハハ!」
それこそがボールダーが心の底から言いたいセリフなんだろうから。

この記事に含まれるtag : バトルボーン FPS 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2735.html

2018/01/26 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Deadfall Adventures】デッドフォールアドベンチャーズ

   ↑  2018/01/20 (土)  カテゴリー: XBOX 360
180120009.jpg
ヘンリー・ライダー・ハガード卿。1800年代の終わりから1900年代にかけて活躍した英国人作家。
文学史的にはあまり顧みられることのない人物だが、その影響力は計り知れない。
彼が主に手掛けたのは秘境を舞台にしたファンタジー冒険小説。
秘宝を求めてエキゾチックな地をめぐる好漢の冒険譚を、ときには細かい描写をかっ飛ばしたスピーディーな筆致で綴り一躍寵児となった。まぁ早い話がライトノベルの元祖みたいな人である。
彼のスタイルは1900年代の始めにアメリカで栄えたパルプマガジンに影響を与え、さらにはそれを経由してハリウッド映画にまで受け継がれる。
「インディ・ジョーンズ」シリーズや「ロマンシング・ストーン 秘宝の谷」といった80年代ヒットの冒険活劇は、そのリバイバルだ。
180120002.jpg
ハガードが生み出したもっとも有名なキャラは、代表作「ソロモン王の洞窟」で初登場する冒険家アラン・クォーターメイン(クォーターメン)。
フィクションの登場人物たちがオールスターで登場する映画「リーグ・オブ・レジェンド/時空を超えた戦い」でも、堂々の主役をはった(演じたのはショーン・コネリー)キャラクターだ。
そしてここに、そのアラン・クォーターメインの曾孫を名乗る人物が一人。
つば広帽に革ベスト、無精髭づらの姿は、どっからどう見てもインディ・ジョーンズ気取りのあんぽんたんだが、少なくともこっちはあんな胡散臭い考古学者なんかじゃない。
それなりの血統を持ったれっきとした冒険家だ(ハガード作品はパブリックドメインになってるので、まあ勝手に名乗りたい放題だが……)。
180120006.jpg
おかげで敵からも味方からも「あの高名な冒険家のお孫さん」などと持ち上げられるこの男が、「ペンよりもライフルの方が得意だ」などとぼやきながら筆を執った回想が、『デッドフォールアドベンチャーズ』のイントロダクション。
この回想録をプロローグとしてお話に入るスタイルは、ハガードのクォーターメインものを一応踏襲してたりする。
彼がめぐるのはナチス・ドイツが暗躍する1930年代のエジプト、北極、そして南米の奥地。
これまた曾祖父様ゆずりの秘境ばかり。
180120003.jpg
曾祖父様が追い求めたのはソロモンの秘宝だったが、このハンバーグ師匠もどきの曾孫の目的はアトランティスの秘宝。
しかし行く先々には、古代人たちがとんでもない手間ひまをかけて仕込んだ、大掛かりなトラップや仕掛け扉が山ほど待ち構えている。
だけど案ずることはない。その仕掛けの解除方法は『MYST』の謎解きを風呂桶いっぱいの水で希釈したレベルだし、それでも手こずる人にはクォーターメイン家の人間ならではの特権がある。
じゃーん、曾祖父ちゃんが書き残した手帳。
ヒントブックどころか事実上のアンチョコと化しているこの手帳さえあれば、行き詰まるとこなんてありゃしない。ありがとう曾祖父ちゃん。曾孫はめちゃくちゃ横着させてもらってます!
180120005.jpg
敵となるのは、こちらはパルプマガジン経由のナチス・ドイツにロシア人、そして遺跡には付き物のミイラさんたち。
暗闇で長い眠りについていたミイラは、懐中電灯の光を直射させると燃え上がって弱体化。アランはアランでも別のアランをちょっと思い浮かべてしまうが、最終的にケリをつけるのはやっぱり銃器とダイナマイト。
途中にはロシア人が手間ひまかけて意味もなく掘った、とてつもなくデカい大坑道でのトロッコレース。どっかで観た展開だな。
あ、そうそう、肝心のヒロインは、これまたお約束の程よく勝ち気なお嬢さん。
180120008.jpg
正直FPS部分もアドベンチャー部分も、およそ凡庸極まりない仕上がりなんだけど(冒険家のくせしてゲームコンセプトはこれっぽっちも冒険してない)、ここまでベタベタな要素をまるでロッテのパイの実のように何層にも包んで出されると、とたんに愛すべきB級作品になってしまうから不思議なもの。
19世紀の英国から大戦前後のパルプ雑誌、黄金時代のハリウッドからインディ・ジョーンズ、さらにはトゥームレイダーやアンチャーテッドを経由して、ハガードの血筋はいかにもライトノベルの祖らしい、65~70点のゲームに落ち着いたのであった。

<Xbox One互換対応タイトル>

この記事に含まれるtag : FPS ONE互換 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2732.html

2018/01/20 | Comment (3) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【KISS Psycho Circus: The Nightmare Child】

   ↑  2017/11/13 (月)  カテゴリー: ドリームキャスト
171113007.jpg
出すアルバムが軒並みプラチナを記録し、70年代にその人気の絶頂を極めた"仮面のハードロックバンド"キッス。
しかし一度頂点に立った後の、80年以降は激動のキャリアが待っていた。
オリジナルメンバー間の不和が顕在化したのを皮切りに人気は徐々に下降。白塗りメイクを捨てて素顔を晒すサプライズで一時期盛り返すものの、2代目ドラマーであるエリック・カーが逝去する悲劇に襲われ、バンドは再び沈滞する。
171113006.jpg
だがこの人たち見かけによらず、地味な活動をコツコツと続けられる妙な長所がある。
アルバムの発売ペースは落ちたものの、バンドの運営は90年代に入ってもコンスタントに続き、そしてミレニアムを目前にしていよいよオリジナルメンバー再結成の機運が高まった。
98年発売の"Psycho Circus"は、ポール、ジーン、エース、ピーター、黄金期のキッスメンバーたちが再び勢揃いしてのアルバム!
…………という触れ込みで盛り上がったが、復帰組のエースとピーターが実はほとんどアルバム制作に参加していないことが顕になり、そして作品自体が妙に力作だったこともあって、みんな受け止め方に困ったのであった。
171113001.jpg
その問題作の名を冠して、2000年にPCとドリームキャストで発売されたゲームが『Kiss: Psycho Circus: The Nightmare Child』。
過去にもピンボール台になり、ゲームとは抜群に相性が良さそうなキッス。
だが本作は実在キッスのキャラクターを、そのままゲームに持ち込んだ作品ではない。
当時「Spawn」で知られるトッド・マクファーレンが、キッスのメンバーをイメージしたコミックを展開していて、それに付けられた通しタイトルが「Kiss Psycho Circus」。
171113002.jpg
そしてこの『Kiss: Psycho Circus: The Nightmare Child』は、トッド・マクファーレンのコミック版サイコ・サーカスのゲーム化作品。
天下のマクファーレンにはいささか不遜だが、言わばキッスの二次創作作品。さらにそのゲーム化という、キッスファンにとっては、これまた受け止め方に困るゲームなのであった。
171113003.jpg
そんな微妙な立場を自ら証明するかのように、ゲーム中は"Psych Circus"からどころか、キッスの楽曲のフィーチャーはほとんど無し。
どよーんと薄暗いビジュアルの中、陰々滅々と進むゲームのテイストは、あの底抜けに明るくバカバカしいキッスのイメージとまったくリンクせず、さらに肝心のゲーム内容自体も、単調な展開が続きメリハリに欠ける凡作。
プレイヤーキャラは進行に応じてブーツやベルトなどのパーツを入手し、徐々にキッスのペルソナ化を果たしてゆくギミックもあるが、FPSという体裁の故に、そのキッス化を実感させる機会もほとんど無いのだった。

<海外版 / 国内版は未発売>


この記事に含まれるtag : FPS 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2705.html

2017/11/13 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザーtag (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。