FC2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

このページの記事目次 (tag: FPS の検索結果)

total 20 pages  次のページ →  

【DOOM(2016)】デジタル暴力世界の盟主

   ↑  2020/01/14 (火)  カテゴリー: XBOX ONE
200114007.jpg
それまでナンバリングなどを重ねてきたシリーズが、第一作目と同じプレーンなタイトルを冠することがままある。
『SSX』『アローン・イン・ザ・ダーク』『メダル・オブ・オナー』などなど。
そんなややこしいマネの大義とされるのが、「シリーズの原点を見つめ直し初心に帰る」なんてところだが、その割にはこれらの作品の中で本当の意味での原点回帰を果たした作品は少なかったりする。
そして『DOOM』。言わずとしれたゲーム史に残るモストインポータントタイトル。
1993年にその忌まわしき第一作目が登場して以来、翌年の『DOOM 2』。そこから10年の時を経た『DOOM 3』と緩やかなペースでシリーズを積み重ねてきた。
200114002.jpg
2004年にリリースされた『DOOM 3』は10年のスパンもあってか、ストーリーやイベントの重視、細く差し挟まれた設定など、勃興期を経て熟成されつつあったFPSのトレンドに大幅に歩み寄ったもの。
それはそれでかなりの良作ゲームではあったのだが、DOOMを名乗る必然性に欠ける、SFホラーシューターの新規IPのように感じられたのも確かであった。
その『DOOM 3』から12年もの時を経て、ついに姿を現した『DOOM』の最新作はナンバリングやサブタイトルを省いた原点回帰のネーミング。
しかし原点に帰ることを標榜していながら、その原点の本質そのものを見誤ったタイトルは事欠かない。果たして『DOOM』もその轍を踏んでしまうのか。
200114006.jpg
煉獄の棺に縛り付けられているプレイヤーキャラ、ドゥームスレイヤー。鎖を引きちぎりとりあえず手近にあったコンソールに駆け寄ると、キーマンらしき人物がなにやら状況説明らしきものをくどくど。
「うるせー!!」とばかりに話の途中でコンソールをぶち壊し駆け出す主人公。
ショットガンも手っ取り早く獲得した。あとは通路を、狭いフィールドを、とにかく駆けて駆けて駆け回って、遭遇するデーモンには出会い頭に散弾をお見舞いしまくって、圧倒的なスピード感で繰り広げる無慈悲なまでのデジタル暴力行使。
DOOM! DOOMだ! この手応えはかつて寝食も忘れて熱中した初代『DOOM』そのものだ! これは確かに原点回帰。オレたちのDOOMが帰ってきた!
200114008.jpg
『DOOM 3』に欠けていたもの。それはスラッシュメタルのごとき有無を言わせぬスピード、残虐なビートを打ち出すリズム、ブルータルな音楽をコントローラで奏でるかのようなプレイフィールだ。
豊穣なストーリー、臨場感あふれるイベント、FPSというジャンルが時間をかけて育んできたファクターを、このFPSの祖は「そんなもん面倒くせー!」とうっちゃった。
削ぎ落とした後に残るのはシンプル極まりない暴力の連鎖。
火星に蠢く邪悪なデーモンたち。しかしこのグロテスクな連中は決して畏怖の対象ではない。
この血みどろの暴力だけで構成された世界で頂点に立つ存在は、地獄の下僕たちよりもさらに邪悪な存在であるドゥームスレイヤーに他ならないからだ。
200114003.jpg
新たなシステムであるグローリーキルも、この手の新要素にありがちの余計な付加ではなく、DOOM本来の魅力をさらに推し進めたものになっている。
ヘタるデーモンを殴りつけ、引き裂き、踏み潰す。ただ撃ち殺す以上にエゲツないこれらの行為は、弾薬やヘルスを回復するボーナスを伴って、プレイヤーをより暴力的な行動に必然的に誘ってくれる。
お馴染みの武器であるチェンソーも同様だ。
STGのボム的な役割と大幅回復ボーナス、危険状況回避を折衷したチェーンソーの役割は、タクティカルな運用を求められたりもするが、しかし本能の赴くまま一番ムカつくデーモン相手に使っちゃうのがやっぱり一番だ。うぃーーーーん、ぶちぶちぶち! 真っ二つにしたてめえの身体に小便かけられないのが残念だぜ!
200114005.jpg
デフォルトのキーアサインも啓示的だ。左右スティックとトリガーがすべての基本、それ以外のボタンに手をかける機会を極端に抑えた配置は、操作する指先にもスピード感を授けてくれる。
初代『DOOM』の登場から20数年。FPSというジャンルが進化を積み重ね、豊穣な表現力や多彩なシステムを手に入れた現在に突きつけた本家本元の強烈な原点回帰。
その意義に対して理屈をこねくり回すことすらも、この2016年の『DOOM』は否定する。
余計な能書きはいい。とにかく引き金に指をかけ走って走って走り回り、動くものすべてを肉塊に変えろ。
コントローラを手にした者こそが、この救いのかけらもないデジタル超暴力世界での、唯一の圧倒的な盟主なのだから。

この記事に含まれるtag : FPS 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2863.html

2020/01/14 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Far Cry 3 Classic Edition】南の島の傍若無人

   ↑  2019/07/09 (火)  カテゴリー: XBOX ONE
190709002.jpg
東南アジアの島国にやってきて傍若無人の振る舞いの挙げ句に現地の海賊にとっ捕まった若者たち。
これっぽっちも同情の余地はなく、もう煮るなり焼くなり売り飛ばすなり好きにしてくださいと海賊の方にお墨付きを与えたくなるような連中だが、その中の一人がプレイヤーの立場っすか? それマジっすか!?
でもまあなっちまったもんはしょうがないとおのれの立場を受け入れたのも束の間、囚われた海賊のアジトから逃げ出して気がついたら腕に針をチクチク刺されてんですけど。
おい、オレは今やスーパー銭湯通いが唯一の楽しみなんだよ。勝手にタトゥー彫ってるんじゃねえよ! 入館断られるだろ!
190709007.jpg
FarCryシリーズと一口に言っても、その初代とCrytecの手を離れた2以降の正統性ときたら、まったく関係ないわけじゃないんだけど、でも手放しで認めるのもイマイチ躊躇してしまう、なんともビミョーな関係。
だがアフリカ大陸を経て登場したこの『Far Cry 3』は、南の島、意図せずして殺伐とした事態に巻き込まれ、本人の意に反して異能力獲得と、初代『Far Cry』のプロットをなんとなく踏襲している。
190709004.jpg
そんなわけでタトゥーの力を手に入れて、薄っぺらな若者から南の島のキリングマシーンへとワイルドなジョブチェンジを果たした主人公の名はジェイソン・ブロディ。
パラセールにスノーボード、スカイダイビングと、GoPro連動的な偽りのスリルから、真の緊張と身体から血を振り絞るような快楽への誘い。どことなくジョン・ミリアス臭がぷんぷん漂ってくるようなテーマだ。
強制タトゥーで開き直ったジェイソンが身を染めてゆくのは、Xスポーツの数千倍濃度が高いエクストリームな享楽。すなわち人間狩り&希少動物狩り。
もっとも一山いくらの人間どもと違って、さすがにホワイトタイガーやガラパゴスゾウガメを相手にするときは、こっちも罪の意識がちょっぴり芽生えてくる。
あのー、このスコープの中に映ってる動物って、レッドなんちゃらとかに載ってるやつじゃなかった? 撃ったらマズいんじゃないすか?
190709005.jpg
だけどそんなに動物さんに気を遣う必要も暇もない。
なにせこのルークアイランドに住まう動物たちは、どいつもこいつも酔っ払った朝青龍以上に短気極まりないときている。
まあトラやクマやワニあたりは、目が異様にシャキッとしたヤクザなみに扱わなきゃなんないことはよく分かる。
だけどワケのわかんねえ鳥までもが、目を合わせるなり問答無用でこっちに突っかかってくるってのは、どういうことよ!?
なんだよこのヒクイドリとかいうやつは!? こんなボンタン狩りヤンキーと変わんないようなメンタリティの鳥、さっさと絶滅させてしまえ!
190709003.jpg
そしてイヌ。
基本的にゲームに出てくるイヌってのは、どんな殺伐としたシチュエーションの中でも、常にプレイヤーに寄り添う心の友という役割が多い。
しかしこの『Far Cry 3』のイヌどもときたら。やめろよ! こっちに牙むくなよ! お前ら人類の最古の友だったはずじゃなかったのかよ!
仲良くしようとは言わないけど、せめてこっちをそっとしておいてくれ! こんなにイヌの死体の山を築いたゲーム、あんまり他に記憶ないぞ!
190709006.jpg
まぁ理解し合えない動物さんたちのことは置いといて、ベースとなるのは前作『Far Cry 2』からシステムやレスポンスなどあらゆる面を洗練させた、オープンワールドマンハントシミュレータ。
広大な島の中に満遍なく散らばる攻略ポイント。そりゃあ人狩りの手段も回を重ねるごとに凝っていこうというものだ。
中でもイカすのはやっぱり火炎放射器。もっとも東南アジアの島はアフリカ以上に延焼するものが多い。
調子に乗って炎をぶちまけていたら、あっちこっちに燃え移ってもう野焼きのときに逃げ遅れた人状態。ヘルプミー!
西洋からやって来て殺意の波動に目覚めた若者のFPS型植民地主義。爽快な空と青い海と緑生い茂る野山を舞台にしたFar Cry版「闇の奥」。
GoProを捨てて銃と火炎放射器とマチェットを取れ。悪趣味なジョン・ミリアス主義のアミューズメントパーク、ルーク・アイランドで傍若無人を決め込もう。

*関連記事
【Far Cry 4】王国の委譲

この記事に含まれるtag : FPS 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2838.html

2019/07/09 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Borderlands 2】スクーターの一周忌

   ↑  2019/06/20 (木)  カテゴリー: XBOX ONE
190615002.jpg
経緯があるのは日本国内未発売の外伝ADV中なので、『指揮官LilithのSanctuary奪還作戦』でこの事実を急に知って驚かれた方も多いかもしれないが、スクーターはこの世にいない。
いや、この世にいないってのはちょっと変だな。惑星パンドラ、ボーダーランズの世界においてスクーターは既に死者だ。
『Tales from the Borderlands』のアルマゲドン回で「Catch-A-Ride!」の陽気な叫び声と共に星のカケラとなってしまった。
190620002.jpg
思えばスクーターはボーダーランズシリーズの中でも、プレイヤーに馴染みのある度では最上位の方に位置するキャラクターだった。
まぁ移動に必須なビークルの受け出しという、システム上避けては通れない手続きに毎回絡んでくるから否応なしに馴染まざるを得ないものではあったが、それでもあのめちゃくちゃ角が立つこと言ってんだけど、なぜか受け流せてしまえる緊張感のない声の持ち主が、今後のボーダーランズワールドでは死者として扱われると思うと、ちょっとばかり感傷的な気分になってくる。
190620005.jpg
だがボーダーランズは死者の意志に寛容だ。
T.K.バハにプロフェッサー・ナカヤマ、名もないNPCにそしてハンサムジャックに至るまで、数多くの死者たちがクエストやら設定やらなんやらで、おのれの志や欲望をこの世に残してVaultハンターたちを振り回してくれる。
そしてそれはスクーターも例外じゃない。
もっとも彼がエコーレコーダーに遺していったのは、てめえのエロ本の回収依頼というVaultハンターにとっては迷惑極まりない内容であったが、サルバトーレやアクストンならともかくも、一応はまだうら若い娘であるオレのゲイジはどんな顔してこのミッションを遂行していたのであろうか。
190620004.jpg
だけど頼まれる方は堪ったもんじゃないかもしれないが、やはり溜め込んだエロアイテムの行く末というものは、当人にとっては気になって気になってしょうがない存在である。
おのれの性的嗜好が顕になってしまう恐れもあるが、しかしそれがシステマチックに処分されてしまうのも、あまりにも忍びない。
できればそれをこの世のどこかにいるかもしれない同好の士に引き継いでほしいと思うのも、煩悩にまみれた人間にとっては自然な感情であろう。
オレにしたって本棚の奥底にひそかに眠る全裸スポーツシリーズの行き先を考えたら、たとえ末期がんに冒されていたとしても死んでも死にきれないもん。
190620006.jpg
かくしてスクーターの遺志を叶えるために、サラダ化騒動の合間をぬってエロ本を探しまくるオレのゲイジ。
「こいつが寄越すミッションって、いっつもこんなんばっかだったな」なんて愚痴のひとつも出てきそうにもなるが、故人のためという大義で無理やり納得するほかはない。
しかしそんないつもの調子のミッションも、進めるにつれほんのりと湿っぽくなってゆく。
そして迎えるはCatch-A-Rideの引き継ぎの儀式とスクーターの最後のメッセージ。
『指揮官LilithのSanctuary奪還作戦』の裏の顔は、シリーズの中核を務めたキャラクターの一周忌のセレモニーなのであった。
あらためてさようならスクーター。お前は友だちってもんでもなかったけど、嫌いってわけでもなかったぜ。Catch-A-Ride!

この記事に含まれるtag : ボーダーランズ FPS 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2835.html

2019/06/20 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Borderlands 2】指揮官LilithのSanctuary奪還作戦

   ↑  2019/06/15 (土)  カテゴリー: XBOX ONE
190615002.jpg
9月まで死ねない。秋の訪れまでオレは不死身の人となる。
「ファイナル・デスティネーション」のような死神の強制訪問が来ようが、何がなんでも回避してやる。
木材が倒れてきたらデセプションでやり過ごし、飛んでくるガラス片はフェーズロックで封じ込める。
人間て生きているだけでなんとなく死にたくなるものだ。だけどオレには9月まで絶対生きなきゃいけない理由がある。
190615008.jpg
『Borderlands 3』、9月13日全世界一斉発売。
この日を迎えるまでは、たとえ推しが他のヲタと付き合っていた事実を知ったとしても、練炭抱えてクルマの中に閉じこもることもないだろう。
もし最愛の人が生命の危機に瀕していてオレが身を挺すれば助けられるなんてシチュエーションがあったとしても、オレの答えはこうだ。
「ごめん、9月まで無茶できねえんだ!」
そして彼女の断末魔に被せるようにこう言うのだ。
「お墓参りはボダラン3の合間に絶対するから!」
190615003.jpg
Gearboxという会社の度を越したサービスっぷりは、長々と続いた『Borderlands 2』の一連のダウンロードコンテンツで、嫌というほど身体に染み込んでいいるが、3に向けたプロモーションもこのお家芸であった。
E3の真っ只中に「開発者が出てきていつでも観られるようなトレーラー流してドヤ顔で去っていくルーチンはもう見飽きただろ」と言わんばかりに配信されたのは、なんと『Borderlands 2』の最新DLC。
その名も『指揮官LilithのSanctuary奪還作戦』は、ボダラン2の後日譚にしてボダラン3の前日譚。2&『Tales from the Borderlands』と3をブリッジする物語。
190615005.jpg
ハイペリオンとの戦いや偽Vaultキー騒動を経て太平楽をきめこむクリムゾンレイダーズ一同に降って湧いた騒動、それは惑星パンドラのサラダ化計画。
不意を突かれたお馴染みの面々たちはサンクチュアリを放棄し、態勢を立て直して改めてこの事態に立ち向かう。
そのリーダーとなるのはリリス。だけどこの人が頭に立つとなると、なんとなく「永田洋子」とかそんな単語が頭の中をよぎってしまうには、オレの思い過ごしだろうか。
190615007.jpg
そして惰眠を貪っていたのはクリムゾンレイダーズばかりではない。
Vaultハンターたるプレイヤーも長きブランクを経て急に呼び出され慌てふためくのであった。このキャラいまどんな武器持ってたっけ? ゲイジの立ち回り方ってどんなんだったっけ? ってか、そもそもゲイジ印象薄いよ!
タニス、マーカス、ドクター・ゼッド、ティナ、エリー、モーデカイ、ブリック、モクシー、そして『Tales from the Borderlands』からはヴォーン。
190615004.jpg
「3に向けてこいつらのこと思い出しておけよ」と言わんばかりに登場するお馴染みの面々。
シナリオのボリュームは『Borderlands 2』の各有料DLCよりは少なめだが、それでもサイドミッションもそれなりにあるし、なんたって無料だ。
ゲイジに始まり、サルバドール、ゼロ、アクストン、マヤ、クリーグ、各キャラでそれぞれ一周ずつプレイしていれば、そのうちやって来るぜ9月が、『Borderlands 3』が。
それまで惑星パンドラで最後の打ち上げ花火だ!

この記事に含まれるtag : ボーダーランズ FPS 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2834.html

2019/06/15 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Borderlands: The Pre-Sequel】アテナとスプリングス

   ↑  2019/04/11 (木)  カテゴリー: XBOX ONE
150626001.jpg
「イツデモ殺ス!」と君が言ったから 9月13日はボーダーランズ記念日。
ついに発表された『Borderlands 3』。発売日は全世界一斉9月13日。
それに合わせて初代のリマスター版『Borderlands Game Of The Year Edition』が発売されるわ、2とプリシークエルを収めた『Borderlands: The Handsome Collection』のXbox One X向けウルトラHD解像度パックが無料配布されるわと、惑星パンドラ界隈が再び盛り上がりを見せている。
令和元年? そんなの知らねえ! 2019年はボーダーランズの年。メリーゴーランドノ頭ガ足リナカッタンダ。オマエノハチョウドイイゼ!
190411006.jpg
FPS? ハクスラ? RPG? それらである以前にオレにとってボーダーランズシリーズはキャラクターゲームだ。
有名、無名、様々なキャラクターが好き勝手に蠢くこの地に身を置いているだけで、ただただ楽しかった。
プレイアブルなやつから弾の的になるために出てくるような連中まで、どいつもこいつも残らず魅力的だった。
1、2、プリシークエル、そして外伝ADV。これらにはかなりの数の主要キャラクターたちが連続して登場している。
解禁になった『Borderlands 3』のトレーラーからも、そのお馴染みのキャラクターたちの姿をまず探してしまうのは、当然っちゃあ当然だろう。
190411005.jpg
いるわいるわ、リリスにブリック、モーデカイといった1の主人公にしてシリーズ皆勤の連中。2のマヤやゼロ。そしてマーカスにタニス、タイニー・ティナ、エリー。さらにはサー・ハマーロックとオーレリアの姉弟。意外なとこでは外伝『Tales From The Borderlands』の主人公だったリースの貫禄を増した姿まである。
そうなると逆に気になるのはトレーラーに出てこなかった人たち。
オレが今こうして『Borderlands: The Pre-Sequel』をプレイしているのは、本作のプレイアブルキャラクターである女アサシン、アテナの3での去就が気になるからにほかならない。
190411003.jpg
初登場は初代のDLCシナリオ『The Secret Armory of General Knoxx』。
その後『Borderlands: The Pre-Sequel』と『Tales From The Borderlands』に続けて登場。
シリーズの流れをブリッジする役割を果たしていた、かなり美味しいところを取っているキャラクターだ。
小柄な体型にもかかわらず接近戦闘系。アビリティは攻防両用のシールド。戦闘スタイル以上にアテナのキャラを決定づけているのは、惑星パンドラの住人にしては比較的真人間ながらも、意外と押しが弱いゆえになんとなく風土に順応を強いられている、その性格だろう。
190411002.jpg
クールに見えるけど結構気性は荒い。口数少ないけど実はツンデレ。
そんな弄りどころ満載の資質をジェイニー・スプリングスにチクチク突かれるちょっとしたやり取りは『The Pre-Sequel』の大きなチャームポイントだったが、そんな流れを経て『Tales From The Borderlands』では、この二人、しっかりカップルになっていた。
寡黙なアテナ、快活なスプリングス、小柄なアテナ、女性としては大柄なスプリングスの対比も、このカップルのクリティカルな萌えポイントだ。
この二人が出ていなかったら『The Pre-Sequel』の印象も結構下がっていたかもしれない。
いま一番気になってしょうがないのは、このカップルの3での去就(交際が続いているのかどうかも含めて)。
そんなこんなも含めて、とにかく9月13日が待ち遠しくて仕方ない。その日が来なかったら、モウ生キル理由ナーイ!

この記事に含まれるtag : ボーダーランズ FPS 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2823.html

2019/04/11 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザーtag (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。