ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

このページの記事目次 (tag: 麻雀 の検索結果)

total 8 pages  次のページ →  

【麻雀放浪記CLASSIC】阿佐田哲也と任天堂ハード

   ↑  2017/03/09 (木)  カテゴリー: SFC&N64
170309006.jpg
任天堂ハードのアティチュードは何よりそのコントローラに如実に現れる。
SWITCHのジョイコン、Wiiのリモコン、そしてその先駆けとなったのが、当初は突飛に見えた3D(サンディー)スティックと変則持ちの64コントローラだ。
このコントローラと新次元の3Dゲーム『スーパーマリオ64』、この2つで任天堂は実に明快に64の目指すあり方を提示したのだが、サードパーティーがそんな理想をまるで消化できず持て余す流れが始まったのも、ニンテンドウ64からだ。
両者の齟齬がくっきりと現れたのが、数少ないラインナップの中に、あまりにも偏りを見せたジャンル分布だ。
170309002.jpg
国内で発売された64のソフトはわずか208本(64DD含む)。
その中に『スーパーマリオ64』やセカンドパーティーであったレア社のゲームに対する、サードパーティーからのアンサーと呼べるようなものはごくごくわずか。
代わりにただでさえ少ないラインナップに異常な占有率を誇るのが、麻雀や将棋といったオヤジ系のソフトだ。
いくらそれらのジャンルが、ゲームハードに実際にカネを出す親たちにそれなりの訴求力があるといっても、ものには限度というものがある。
170309003.jpg
208本に対して麻雀ゲームの数は7本。他のハードと比較しても、かなりいびつなパーセンテージだろう。
ましてや麻雀ゲームなどそうそう何本も必要となるもんではない。ただでさえ少ないパイを、同ジャンル同士で食いつぶし合い。
「こんなことさせるために64造ったんじゃないんだけどな……」
生みの親である任天堂の胸中は、おそらくこんな感じだったのかもしれない。
170309004.jpg
そのKYな麻雀タイトルの中でも飛び抜けて空気を読んでいない1本はfromイマジニア。
戦後間もない焼け跡だらけ東京、幅を利かす進駐軍、闇市、チンチロリン村、ブー麻雀、そしてイカサマ。阿佐田哲也の描く世界は『スーパーマリオ64』からもっともかけ離れた情景であることは間違いないだろう。
このゲーム版『麻雀放浪記CLASSIC』のベースとなったのは、その阿佐田哲也の傑作大衆小説を忠実になぞった同名コミカライズ作品。
阿佐田ワールドのコミック化といえば「哲也-雀聖と呼ばれた男」があるが、こっちはあんな少年誌連載ではない。
もっとも脂ぎっていた頃の近代麻雀オリジナルが出自。当然ギトギト度も「哲也」の比ではない。
170309001.jpg
作画を担当した井上孝重は、当時の近代麻雀系コミック誌で小島武夫や灘麻太郎の実録ものを手がけていた劇画家。
そんな人の絵がゲーム機の画面で(しかも任天堂ハードで)展開すること自体が、ちょっとありえない話だ。
ストーリーモードも原作に準拠。開始早々片腕の復員兵が「オレは昨日からタンポポしか食ってねえ」とのたまう光景には、「頼むからここでそういうのやめてくんないかなあ……」なんて任天堂の嘆きが被さってくるようではないか。
170309005.jpg
女衒を名乗る人物が堂々とゲーム中に登場するのも、舞台がニンテンドウ64であることを考えればとんでもないことだろう。
このなんのてらいもない阿佐田ワールド全力投球で、密かな麻雀ハード64の中でも、最もエネルギッシュな作品となった『麻雀放浪記CLASSIC』。
それにしても不思議なのは、そもそもなんでこの企画を、よりによってニンテンドウ64で押し通そうとしたのかだが。

 

この記事に含まれるtag : 麻雀 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2614.html

2017/03/09 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【まーじゃんパーティー ~アイドルと麻雀勝負~】

   ↑  2017/02/18 (土)  カテゴリー: PS2
170218006.jpg
「もしもゲームの世界に入れたら」
ありがちな妄想系クエスチョンだが、ゲームってのはプレイヤーキャラに艱難辛苦を課すものがほとんんどだから、冷静に考えれば入れてもあまりありがたいものではない。
我々が現実で欲するのは、大した努力や辛抱、研鑽や見返りなしに手に入れられる実利や快楽だからだ。
それでも頑なに質問が居座るのであれば、オレはその答えを脱衣麻雀に求める。
脱衣麻雀、それは徹底的なご都合主義。
そして麻雀が時単なる手順と化してしまっている、競技性原理主義者ならば卒倒してしまいそうな接待ワールドである。
170218005.jpg
そして時としてとてつもない理不尽やさらなる金銭を要求されるところなど、性風俗と高い共通性を持つジャンルだ。
そんな脱衣麻雀のノウハウと、みんな大好き芸能事務所イエローキャブが夢の合体。
この前フリと、『まーじゃんパーティー ~アイドルと麻雀勝負~』という知性や教養の片鱗などこれっぽっちもない潔いタイトルだけで、本作がどんなゲームかがもうお分かりいただけるだろう。
そう、素晴らしいまでに偏差値の低いゲームだ。
170218003.jpg
かわいかおり、根本はるみ、八幡えつこ、松金洋子、磯山さやか、北川友美、内田さやか。小林恵美、五十嵐結花、福下恵美。アーリー2000年代イエローキャブが誇るグラビアイドル陣と勝ち抜き麻雀勝負。
ゲーム論評界隈からは黙殺されるであろうが、個人的にはもうそれだけでご飯が3杯くらいおかわりできそうなコンセプトである。
たとえ麻雀勝利のあかつきに手に入るのが、脱衣ではなく単なるプロモーション写真の流用画像であろうとも。
そしてそれがめちゃくちゃ低解像度であっても、そこに根本はるみがいるだけで!
170218004.jpg
ストーリー対局は、探偵の主人公が彼女たちから持ち込まれる依頼を麻雀で解決してゆく、メガドライブの『雀偵物語』を彷彿とさせるモード。
もっともお話がなし崩し的にどうでもよく進行してゆくところまで『雀偵物語』なので、これはもう表情を無にして日本テレネットの流儀に付き合うしかないだろう。
170218002.jpg
おまけで収録されているミニゲームは、麻雀牌を使った神経衰弱や落ちものパズル、陣取りゲームなど。
どれもおまけの域を出ないスケールだが、一応ここでも彼女たちが接待してくれるし、クリアで得たポイントはストアでエクストラのグラドルカード購入に使用できる。
これまた偏差値のとことん低いパッケージデザインにキャッチコピー、妙に色あせた彼女たちの実写画像などの貧乏くさい造り(この面子を揃えながらのゴージャス感の乏しさは、ちょっと只事ではないかも……)が、やけに新小岩あたりの風俗を彷彿とさせたりするが、いいや、でもこれこそがオレの飛び込みたいゲーム世界。
便宜的な麻雀と巨乳軍団の営業スマイル。身の丈にあったパラダイスだぜ。

 

この記事に含まれるtag : タレントゲー 麻雀 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2607.html

2017/02/18 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【麻雀狂時代 コギャル放課後編】アダルト女優が集うハード

   ↑  2016/04/15 (金)  カテゴリー: 3DO
160415007.jpg
3DO、それは持っているだけで気の毒扱いされたハード。
日本のゲームハード史で常に語られるのはセガ民の受難と抑圧だが、それは偽りの歴史だ。
少なくともファミ通のクロレビで新作ソフトがきちんと取り上げられていたハードの、どこが不遇だったというのだろう。
あおれだけ優遇をされながら、自分たちはまだ不当な扱いを受けていると声高に主張し続けるセガ民を真上に臨みながら、3DO民は声も上げられずただじっと耐えるのみであった。
そうやって耐え忍んでいた3DO民の心の支え、それは3DOだけに許されたパラダイス的な特権であった。
160415001.jpg
3DOはゲーム機史上、もっともアダルト表現のレーティングが緩いハード。
そしてそのイニシアチブは、3DOに数多くのアダルト女優を呼びこむこととなった。
安藤有里、藤谷しおり、沢田奈緒美、ゲイル・マッケンナ、洋ピン勢。当時の売れっ子から企画系まで、有名無名様々なアダルト女優が、野球拳や擬似カメラマンものなどの形を借りて3DOにやって来たのであった。プレイステーションには逆立ちしてもできないようなマネである。
160415006.jpg
麻雀狂時代はいにしえのアーケードから続く脱衣麻雀のブランドというか亭号みたいなものだが、家庭用ゲーム機においては3DOとサターンの二大エロハードにまたがって展開していた。
3DOでは『麻雀狂時代 AVギャル制服編』、サターンは『麻雀海岸物語 麻雀狂時代セクシーアイドル編』や『麻雀狂時代 セブアイランド96』と、同じ麻雀狂時代の亭号でもそれぞれ異なる作品がリリースされていたのだが、その中で唯一マルチプラットフォームで展開したのが、この『麻雀狂時代 コギャル放課後編』。
登場するのは水野さやか、麻宮淳子、羽柴ルミ、可愛ゆうと、いずれも当時の売れっ子単体AV女優だ。
160415005.jpg
マルチプラットフォームというからには、当然ライバルハードとのクオリティの差が問われるところである。
ここでアダルト指定を擁する我らが3DOは、パッケージ裏に彼女たちのトップレス写真を載せる豪快な一撃で、18才以上推奨などという中途半端なレーティングのサターン版を、鎧袖一触斬って捨てるのであった。
160415002.jpg
ギャル選択画面の「だれとヤルの」、ローディング画面の「ちょっと待ってね、まだイカないで、一緒じゃなきゃイヤ」(ゲーム史上もっとも下品なローディングメッセージだろう)など、実写脱衣麻雀に相応しいオヤジ臭いエロさは、麻雀狂時代シリーズピカイチ。
その一方で、肝心の麻雀部分の意外な生真面目さ、ケレンのない造りはコンソール機版麻雀狂時代の伝統。
一翻二翻上がりではちっとも脱いでくれないシビアな脱衣システムとあいまって、お目当てのエロにたどり着くためには、腰を据えた麻雀への取り組みを要求されるだろう。

 

この記事に含まれるtag : おとなの時間 麻雀 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2482.html

2016/04/15 | Comment (1) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【よしもと麻雀倶楽部Deluxe】吉本芸人と暗黒ポリゴン

   ↑  2015/09/06 (日)  カテゴリー: PS1
150906006.jpg
技術の発達により、役者や著名人がCGに姿を変えて画面中に登場するゲームも、すっかり違和感がないものとなった。
これがわずか10数年前、次世代CD-ROM機揃い踏みの頃は、もう何かと大変だったわけで、特に初代プレイステーション周りには、著名人がとんでもないCGに姿を変えて登場したゲームが群れをなしていたりする。
イケメンの役者ですらそうなのだから、もっと大変なのはファンキーな顔立ちを売りにしているお笑い芸人さんたちで、そんな面々が大挙して登場するゲームを3DCGで作ろうというのは、これはもう端っから無茶を押し通すような話だ。
150906001.jpg
芸能人麻雀対局番組というのは、なぜか昔から細々と途絶えずに続いている妙なジャンルだが、「よしもと麻雀倶楽部」は、関西ローカルで放映されていたその手の一本。
その名の通り吉本の芸人たちが麻雀を打つ様子を垂れ流す、誰に向けたんだか分からないような番組だ。
その番組が、これまた誰に向けたんだか分からないゲーム化。
そしてそれは次世代CD-ROM機に嫌というほど溢れている他の麻雀ゲームや、過去の吉本芸人フィーチャー麻雀ゲームと差別化を図るように、敢然と暗黒期の3Dポリゴンで勝負をかけてきたのだった。
150906002.jpg
「いらっしゃーい!」
卓で待ち構えるのは、微妙に等身の歪んだ上方落語界の大師匠たち。
その暗黒期リアル系3DCGが醸し出す不気味なオーラに、こちらは早くも「用事を思い出したんで帰ります」の声を押しとどめるのが精一杯だ。
桂三枝(現・文枝)、桂きん枝、月亭八方、チャーリー浜、桑原和夫、島木譲二、間寛平、中田ボタン、池乃めだか等々、麻雀を題材としているだけあって、登場するメンバーの年齢層がかなり高めであることが、この不気味なポリゴン人形の暗黒オーラを一層強める一因となっている。
登場芸人の中で比較的若手のメンバーが、トミーズの二人や村上ショージという事実が、ことの深刻さを物語っているだろう。
150906005.jpg
ならば女性陣はというと、こちらも今いくよ・くるよにハイヒールの二人に宮川花子に島田珠代。
ケチを付けるのも怖い面々だが、しかしもうちょっと華と言える存在がいてもいいではないだろうか(「ここにちゃんとおるでー」山田花子)。
芸人たちのCGモデルは、基本的に「できる範囲でなんとか頑張った」、「もうちょっとどうにかしようと思ったんだけど、どうにもならなかった」、「なんとかしようと頑張ったんだけど、途中でワケが分からなくなった」の三種に大別できる。
特にハイヒールモモコ姉さんなどは、もはや人権侵害の域に達してそうな具合で、必要以上にリアルな実年齢を醸し出しすぎた相方と同じ卓に並べると、実に味わい深い。
150906004.jpg
「各芸人の打ち筋に加え、お約束ギャグや口癖までも完全再現!」というサービス要素も、もはやありがた迷惑でしかない。
吉本流だか知らないが、チーポンチーポンとやたらせわしない麻雀にツモ順をがんがん飛ばされた挙句、その都度「すぽぽぽポーン!(村上ショージ)、「チーやで、グーやないで!(中田ボタン)」と、いちいち要らんギャグを挟まれると、理不尽な接待麻雀の場に臨んでいるような気分になってくること必至だ。
150906003.jpg
そんな吉本芸人たちの間だけで勝手に進行する麻雀を勝ち抜いたプレイヤーに対するご褒美は、山田花子の実写シークレット映像(パンチラ含む)。それはもうサービスを通り越して嫌がらせの領域だ。
後にサクセスの廉価版シリーズに組み入れられたため、比較的入手しやすいゲームではあるが、前田五郎師匠がメインでフィーチャーされていることもあって、何らかの形で再販されることは、ほぼありえないかもしれない。



この記事に含まれるtag : タレントゲー 麻雀 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2372.html

2015/09/06 | Comment (3) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【電幻天使対戦麻雀 シャングリラ】場末のサイバー風俗

   ↑  2015/04/29 (水)  カテゴリー: ドリームキャスト
150429007.jpg
伊達杏子はアイドル、永瀬麗子はレースクイーン。3DCGのギャルたちは、最初からセクシュアルな視線の対象としてこの世に現れた。
以降コンピュータエンターテイメントのジャンルにおいて、立体の女性像は常に一種のホステス的な役割を与えられながら発展を重ねてゆくことになる。
様々な事情から退潮に歯止めがかからなくなり、新たな方向性を求めて迷走していた90年代後期の脱衣麻雀が、セクシュアルドールとして始まった3DCGギャルと結びつくのは、必然の流れであったのかもしれない。
150429002.jpg
『電幻天使対戦麻雀 シャングリラ』は、21世紀を目前としたゲームセンターに忽然と現れたポリゴンギャル麻雀。
電子音が響き渡る薄暗いゲーセンの片隅に、3DCGのヴァーチャルホステスたちが妖しく微笑むその光景は、まるでウィリアム・ギブスンが予見した未来もかくやであったが、しかしこの異形の近未来麻雀は、脱がない上にギャルが不気味という、しごくもっともな理由でみんなにスルーされてしまうのであった。
150429001.jpg
こうしてお茶をひいた立ちんぼのごとく、ゲーセンの片隅で誰からも見向きもされず、ひっそりと姿を消していったヴァーチャルホステスたちの再起の場はドリームキャスト。
脱衣麻雀風でありながら一切脱がないというハンデを、せめてムードからでも補おうと、パッケージ裏に踊るのはモロに風俗のピンクチラシをイメージしたビジュアル。
ああ、3Dギャルにも、かすみや永瀬麗子のように華やかなスポットライトがあたる世界もあれば、まるで大塚の2000円ぽっきり店みたいな場末も存在したのだった。
150429006.jpg
だけどなりふり構ってなんかいられない。私たちだって、なんとか生きてゆかなくちゃならないんだから。
マッハの勢いでドリームキャストのイロモノに身を落としてしまった彼女たちだって、元はといえばそれなりにプレミアをつけられていたキャラ。
キャラクターデザインは「おっとり捜査」の小手川ゆあだし、声を当てている面々も、井上喜久子に坂本真綾とそれなりに豪華だ。
150429005.jpg
そんな彼女たちがそこまで堕ちてしまったのは、周回遅れのサイバーパンク風味を臆面もなく押し出したアレっぷりもさることながら、やはり小手川ゆあがどこをどう経由したらこうなったなんて感想が思わず出てきてしまう、まるでメンヘラという言葉を具体化したようなCGキャラが致命的だったのだろう。
この触れてはマズそうな嬢たちのパーソナリティが場末風俗感をさらに倍加させ、脱衣系麻雀の世界に吹き込まれたサイバーパンクの新風は、あっという間に日刊ゲンダイの風俗広告面のごときからっ風へと変わり果ててしまうのだった。




この記事に含まれるtag : 麻雀 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2302.html

2015/04/29 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザーtag (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。