ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

このページの記事目次 (tag: 野球 の検索結果)

total 8 pages  次のページ →  

【Super Mega Baseball: Extra Innings】原点回帰の野球ゲーム

   ↑  2016/08/30 (火)  カテゴリー: XBOX ONE
160830005.jpg
野球ゲーム。それはビデオゲーム往年の花形。
かつてはどこの家に行ってもファミコン本体の横に、どのバージョンかのファミスタが必ず転がっていた。
そして野球ゲームは世間の嗜好の最大公約数。だから傍流のハードに対しては大変厳しい。
『球界道中記』などという、ワケの分からないファミスタもどきを押し付けられて、屈辱に耐えたメガドラユーザーも少なくはないはずだ。
160830007.jpg
それでもメガドライブは、まだ恵まれたほうだ。
初代、X360と、いちおうお情けで野球ゲームを国内リリースしてもらったXboxも、Oneでいよいよその雲行きが怪しくなった。
そりゃムリもない。360時代から削ぎに削ぎ落とされ、とことんハードコアなひねくれ者や世拗ね人の集まりとなった今のOneユーザーと、スポーツゲームの相性がよろしいわけがないのだから。
そんなわけで国内Xbox Oneクラスタの間では、すっかり冷や飯食いの存在となったスポーツゲーム。
曲がりなりにも『FIFA』の国内版が出ているサッカーはまだしも、頼みのEAの手が及ばない野球はさらにお寂しい限りだ。
160830006.jpg
海外ストアに目を向ければ、いちおうこれまた伝統のブランドである『R.B.I. Baseball』があることにはあるが、国内においてはおよそ野球ゲームは不毛な状態が久しく続いていた。
そこに救いの手を差し伸べてくれたのは、コナミでもナムコでもなくカナダのインディペンデントメーカー。
『Super Mega Baseball Extra Innings』は、デフォルメされた等身のキャラたちによる、ファミスタやパワプロライクの野球ゲーム。
独立メーカーの作品とあって、莫大なおカネがかかる既存プロ野球機構のライセンスには手が届かず、すべて架空の球団、選手だが、そのハンデを手堅く作られた中身でしっかりと補った。
160830004.jpg
投げる、打つ、捕る、走る。進化を重ねて行くうちに、ほんの少し少しずつ置き去りにされたり二の次にされてきた野球ゲームの原点的快楽に、『Super Mega Baseball』はインディーの立場を利用して回帰した快作だ。
実写と見紛うかのようなビジュアルも、テレビ中継を思わせるような派手な演出もない。あるのは極端な装飾や余計なシステムを削ぎ落としたシンプルなシンプルな野球ゲーム。
サクセスモードに母屋を乗っ取られるようなこともない。選手のカスタマイズや能力強化要素もあることはあるが、あくまで彩り程度の存在にとどまっている。
160830003.jpg
『Super Mega Baseball』独自のシステムEGOは、プレイヤーハンディキャップ的な難易度調整。
ホームラン無双から精緻な配球を要求されるシビアな展開まで、このハンデをいじってお好みの歯ごたえでフィールドに飛び出そう。
ゲームにとって大きなハンディキャップとも言えるコミカルな架空選手たちも、ペナントレースを戦ううちに、それぞれのパーソナリティや愛着がきっと生まれてくるはずさ。

この記事に含まれるtag : 野球 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2542.html

2016/08/30 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Pinball Arcade】Big Hurt

   ↑  2016/08/26 (金)  カテゴリー: Android
160826007.jpg
インターフェースを一新。今までシーズンで分けられ、コンテンツの肥大化と共に不便さが増していたストアに手が施され、そしてテーマ曲の"ピンボールの魔術師"も歌入りバージョンに変わった『Pinball Arcade』。
そこに新たに舞い降りたのは、MLBが誇る90年代きってのスーパースラッガー、フランク・トーマス。
19年に渡る現役中に521本ものホームランと1700を超える打点を叩き出し、その通算打率は3割を超え、すでに殿堂入りも果たし背番号35はホワイトソックスの永久欠番となった、現代野球史に残る文句なしのスーパースターだ。
160826002.jpg
スポーツゲームが各社ごとに乱立した90年代は、個人の名前をタイトルに被せて他との差別化を図る手段が多用されていたが、フランク・トーマスがもちろんその例に漏れるはずがない。
彼のニックネームBig Hurtを冠したビデオゲームは、アクレイムから何度もリリースされている。スーファミ版やプレイステーション版は日本でも発売されているから、手にとった人もいるだろう。
そして著名プロスポーツ選手の草刈り場となったビデオゲームよりも、さらにハードルが高いのが、個人名でのピンボール台登場だ。
キャリアハイの1995年、ゴットリーブからリリースされた『Big Hurt』で、フランク・トーマスは、その偉業をも軽々と達成したのであった。
160826003.jpg
Baseball Pinballという亜流の野球風エレメカも存在するように、野球とピンボールはもともと相性が大変よろしい関係だ。
フリッパーで鉄球を弾く動作は野球のバッティングそのもの。そしてベストタイミングで弾き返したボールが、フィールド一番奥の役物まで一直線に飛んで行く光景は、まさにフランク・トーマスの豪腕から放たれるホームランの再現である。
そのBig Hurtの力強い打球を阻もうと待ち構えているのが、フィールドの奥で左右に揺れるグローブのオブジェクト。
役を発動させてランナーを貯め、このグローブを掻い潜って狙うはグランドスラムの一撃だ。
160826005.jpg
ナイトゲームをイメージした黒主体の筐体には、球場の照明やスコアボードよろしくランプの灯りが映える。
そこをフランクの力強いけどしなやかな打棒をマネて、ボールを右に左にバックスクリーンに打ち分けよう。
"Big Hurt"フランク・トーマスの絶頂期は、ピンボールの最後の黄金期。その二つのゴールデンエイジの素晴らしき邂逅が、いよいよ『Pinball Arcade』上でデジタルに再現された。

 

この記事に含まれるtag : ピンボール 野球 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2541.html

2016/08/26 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Ingress(?)』マリンフェスタ、青は正義

   ↑  2016/08/16 (火)  カテゴリー: Android
千葉ロッテ、西武、オリックス、横浜DeNA、昔の中日=レジスタンス。ソフトバンク、楽天=エンライテンド。ヤクルト=レジスタンスからファクションチェンジしたエンライテンド。日本ハム=両方にアカウントを作ってそのまま。広島、阪神=ポケモンGO。
それぞれのチームカラーを基準にオレが勝手に分類した、各球団の『Ingress』における陣営別である。
『Ingress』で最初にアカウントを作成するとき、どっちの陣営に所属するのかは一番の悩みどころだが、オレの場合は単純に「マリーンズは青だからイングレスも青」という理由だった。
もしそのときアタマに過ぎったのが野球ではなくゲーム機のことであったら、「Xboxは緑でプレイステーションは青。だったらここは当然緑」となっていたのだろうが、まあそうはならなかったのは縁としか言いようがない。
160816003.jpg
そしてわが愛する千葉ロッテマリーンズが昨年から月イチで始めているのが、サブカラーであるマリンブルーを前面に押し出したイベント、その名もマリンフェスタ。
Ingressレジスタンス千葉ロッテ派としては、なにがなんでも観戦しに行かなければならない催しではあるが、あいにくこっちは住居も勤務地も東京の西の端っこに持つ身。
幕張まで出向くのはちょっとした小旅行になるから(そんな所に住みながらなんでまたロッテファンに?とはよく訊かれることだが、その昔はロッテの二軍本拠が青梅にあって、一番気軽に観に行けたプロ野球団だったという、これまた単純な理由である)、マリンフェスタに合わせてのスケジュールが、なかなか取れなかった。
160816005.jpg
だがお盆休みの恩恵は、今年こそオレの下にもやって来た。
8月14日の日曜、相手は首位の福岡ソフトバンクホークス。これ以上はないくらいプラチナ案件が重なったチケット(ユニ付き)を確保してのマリンフェスタ初観戦だ。
自由席の好位置を確保するために早めに向かったら、普段もそれなりに青々しいQVCマリンが、今日はもう四重にも五重にもCFを重ねたような、青、青、青の大洪水である。
160816004.jpg
「レジスタンスの大圧勝だぁ」と意味もなく浮かれながらワンデイ特別セールを行っているマリーンズストアに飛び込んで、セール価格になってる涌井やナバーロや福浦の青Tシャツを買い漁り、ついでに本日仕様の青ロケット風船を、これまた無意味に5つも6つも買いまくる。
イングレスを始めてから、服やガジェットの色選びにまったく迷わなくなった。
とりあえず青にしておけば間違いない。青は美しい、青は正義。好きなプロレスラーは永田さんで、好きなプロレスユニットはbWoだ。
160816001.jpg
引き換え所でマリンフェスタ仕様の青ユニフォームも無事ゲットして(次回瀬戸内アノマリーの戦闘服が決まりました)、開場早々青という青を満喫しまり、それでいて「ただし試合結果についてはノーコメントで」なんて、ここ最近のお決まり観戦パターンとならなかったのは、やはり偉大なる青の力と言っていいだろう。
160816006.jpg
打線は9回までホークス岩嵜に完全に抑え込まれ、好投を続けていた涌井もついに捕まって、9回2死ランナーなし。
この後に花火大会が控えていなければ帰り支度を始めているところだが、そこからまさかの同点劇。そして延長突入サヨナラ勝利!
幕張アノマリー、青(マリーンズ)が緑(ホークス。もっともここも最近、青のスペシャルユニを導入してなにかとややこしいが)をドラマチックな展開で打ち破りました!
生観戦ではそれこそ何年ぶりかのような、「チケット代もう一回払ってもいい!」級の展開に偉大な青の恩恵を感じながら、オレは大満足で長い長い家路につくのであった。

 

この記事に含まれるtag : イングレス 野球 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2537.html

2016/08/16 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Fallout 4】永遠のレッドソックス

   ↑  2015/12/27 (日)  カテゴリー: XBOX ONE
「わたしは野球という言葉を得てそれを話しはじめる。それを語り、生きはじめる。その言葉は野球である。野球という言葉が登場すると、かならずなにかが起きる。きみたちが外に出て行って野球という言葉を話すとき、それは精神であり生命である。われわれは内に言葉を持たなくてはならない。その言葉とは?」「野球……」「もう一度」「野球……」「もう一度!」「野球!」 <シューレス・ジョー - W.P.キンセラ作 永井淳訳>
151227004.jpg
『Fallout 4』の裏テーマ、それは野球。
この世界の中心ダイヤモンドシティは、かってボストン・レッドソックスの本拠地フェンウェイパークであったところ。
外観はほぼそのまま残り、過去に多くのホームラン性の当たりを阻んできた巨大な外野フェンス"グリーンモンスター"も、レイダーやスーパーミュータントから市民を守るために、今でも頼もしく立ちはだかっている。
主人公のアメリカ再開拓には、この合衆国の魂がこもった気高いスポーツの再興も含まれている。息子を探すのは、そのついでだ。
151227002.jpg
ボストンは世界一熱狂的な野球ファンを擁していた街。
フェンウェイパークがネイビーの帽子を被った観客で埋め尽くされていた頃から、約200年の時が過ぎてしまったとはいえ、その名残りはまだこのダイヤモンドシティにある。
ショッピングタウンの一番いい位置に陣取るベースボールショップなどは、その象徴のようなものだろう。
バットにグラブにユニフォーム、あまりにも変わり果てた世界で、どこに行けば手に入れられるだろうと心配する必要はない。とりあえずの野球グッズはここに揃っている。
野球談議がしたければ、店のオヤジが相手をしてくれる。もっともウェイストランドで今も続く野球は、そのルールがだいぶ様変わりしちゃっているが。
151227001.jpg
2077年のベースボールピッチャーは、おのれの腕ではなく金属製の筒から球を放ってくる。
その球速はノーラン・ライアンも真っ青のスピードだが、恐れることなく正対しよう。ユニフォームの上にまとったレイダーアーマーが、多少はこの球の威力を和らげてくれるはずだ。
構えたバットで弾き返すのは、その球じゃない。ボールを撃ってよこしてきた張本人の方だ。
相手をスイートスポットで捉えられる間合いに近づいたら、力強くコンパクトにフルスイング。
当たりが良ければ相手の体はザクロのように砕け散っって原型を留めなくなるだろう。ナイスバッティング、それは2077年スタイルのホームランだ!
151227006.jpg
このバッティングの技術を高めてくれるBig LeagueのPERKは、コモンウェルスの大地で選手生命を全うするための、もっとも重要なスキルであることは言うまでもないだろう。
鍵開け? ハッキング? 銃器モジュール? そんなものをマスターしている暇があったら、とっとと素振り1000回、あるいはブロートフライを相手にトスバッティングの特訓だ!
ちなみにこのBig Leagueを極めるために必要なレベルは47。テッド・ウィリアムスやカール・ヤストレムスキーのような伝説級のスラッガーになるための道のりは、それだけ遠く険しいということだ。
151227008.jpg
緑の芝生が敷きつめられた球場から遠く離れた不毛の荒野で、オレはバットを振るいレイダーやスーパーミュータントやインスティチュートを右に左に打ち分ける。
そんなときに頭のなかに鳴り響いているのは、ボストンが生みボストンを愛し愛されたバンド、ドロップキック・マーフィーズによるレッドソックスの応援歌"Tessie"だ。

どんなに変わり果ててしまっていても、アメリカが続く限り野球は滅びることはない。そしてボストンがある限り、やはりレッドソックスもあり続ける。
ベースボールキャップとユニフォーム、そしてちょっぴり改造を施したバットを手に、オレはボストンの地をさまよい歩く。
オレが最後のレッドソックス、そしてオレこそが新たなレッドソックスの始まりなのだから。

 

この記事に含まれるtag : FallOut 野球 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2428.html

2015/12/27 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【MLB Stickball】郷愁のゴムボール野球

   ↑  2015/04/12 (日)  カテゴリー: XBOX 360
150412001.jpg
日が暮れかかった神社の境内、ゴムボールに棒きれやプラスチックバット、ダンボール紙のベースに樹の枝で地面に直接描かれたライン。
ビデオゲームやLSIゲームがそれほど身近ではなかったオレにとって、郷愁を呼び覚ます子供の頃の遊びは草野球もどきの風景だ。
三角ベース、あるいはワンバン野球、呼び名も様々ならルールだって場所や人数に寄って流動的だ。
縦長の場所、片側が崖、人数が偶数か奇数か、極端に学年の違う子が入ってないか。その場その場の条件次第でもっともベストと思われるルールを即興で決め、オレたちはプレイグラウンドに散って、掛布や村田兆治、思い思いの選手の真似をしながらゴムボールを投げたりぶっ叩いたりしていた。
150412004.jpg
野球が共通言語となる国ならば、その風景は海を越えても変わらないらしい。
はるかアメリカで行われていたのは、ゴムボール、棒きれ、そして土地ごとに細部が異なる無数のご当地ルールと、参加者たちのその日の気分によって設定されるアバウトルールの折衷によるキッズスポーツ、その名もスティックボール。
名前は違えど、それは我々がやっていたゴムボール野球と寸分違わぬ姿だ。
あの頃の日米のガキどもが邂逅していたら、たとえ言葉は通じなくともローカルルールの合意だけはあっという間に成され、ただちに試合が始まっていたことだろう。
150412006.jpg
Xbox Liveアーケードで配信されていた『MLB Stickball』は、そんな野球絶対主義の子供時代を過ごした人間たちにとって、共通のノスタルジーをテーマにしたゲーム。
この『MLB Stickball』のローカルルールは、一チーム四人構成、投手はイニングごとをチームのメンバーがローテーションで務める。
投手か内野手が直接ゴロを補球するか、ライナーやフライをキャッチすればアウト。直接キャッチできずフィールド内にボールが転がった場合は、原則的に全てシングルヒット。
そしてこれに、各ステージごとに設定されたさらなるローカルルールが加わる。
例えばブルックリンでは、打球が駐車してある車を直撃すれば二塁打。近くの建物のガラスを破壊すれば問答無用でアウトとなる。
セントルイスの農場であったら、納屋を直撃すればホームラン。ただし牛を直撃してしまうとアウトだ。
150412002.jpg
選手として名を連ねるのは、MLBの各球団からセレクトされた中心人物4名ずつ(イチローがまだマリナーズに所属している)。
デフォルト以外の選手は試合で得たポイントで購入できるカードパックから揃えなければならない。これがまたダブりの連続でコンプリートには相当の根気が必要なのだが、まあ考えてみれば野球カードもゴムボール野球と並んでガキの頃の数少ない娯楽。ゴムボールをひっぱたいて遊んだ後は、たいていその場で地べたに腰を下ろしてプロ野球カードの交換会となったものだった。
バブルヘッドのMLBスターたちが子供の遊びに興じるというコンセプトだけに頼ったゲームなので、何かと作りこみが甘く不満点はそこかしこに溢れる。
150412003.jpg
だけど夕日に染まった住宅街のステージでプレイしていると、カラスの鳴き声や夕刊を配る新聞配達のバイクの音、どこからか漂ってくる夕げの支度の香りなど、懐かしい音や香りが甦ってくるように時々錯覚することもある。
そんな瞬間、オレにはこのあまりにもアバウトなデキのゲームが、何故かとても愛おしく感じられてしまうのだ。
MLBの版権が切れたのか、昨年にひっそりと配信が終了していたが、それを知った時は、まるで小さい頃にさんざんゴムボール野球に興じた空き地や路地が、すっかり様子を変えてしまったのを見るかのような気分だった。



この記事に含まれるtag : 野球 XBLA 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2291.html

2015/04/12 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザーtag (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。