FC2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

このページの記事目次 (tag: 干支ゲー の検索結果)

total 3 pages  次のページ →  

【ねずみくす】今年の干支ゲー

   ↑  2020/01/02 (木)  カテゴリー: XBOX
200102002.jpg
あけましておめでとうございます。
2020年は子年。実はこのブログを始めて最初に迎えた正月も子年だったりして、恒例の干支ゲーもいよいよ十二支を一回りしてしまいました。まぁなんて私、進歩ないんでしょうか。
ひとくちにねずみと言っても、浦安のあたりにいるあいつとか、セガの青くてバカっ速いやつとか色々いますけど、古くからのXboxユーザーにとっては、ねずみときたらあいつらしかいないわけでして、今年の干支ゲー、満を持して『ねずみくす』の登場です。
200102005.jpg
いまの日本市場にいるんだかいないんだか分からないような存在と違って、2002年に国内販売が開始された初代のXboxは、そりゃあもう派手なお目見えでした。
ゲイツ、YOSHIKI、笑っていいとも、緑に染まる渋谷。
その黒い巨体も相まって、ゲーム大国日本に開国を迫るアメリカからの使者は"黒船"の異名をとったりもしましたが、まぁ確かに船にはねずみの乗船がつきもの。
だけど船のねずみってのは、基本こっそり乗ってるもんですが、このXboxのねずみの場合は「タイタニック」のディカプリオよろしく舳先に堂々とその姿を現していたのでした。
200102003.jpg
マイクロソフト自らが贈る初代Xbox最初のオリジナルタイトル。
当時陣頭指揮を執っていたマイクロソフトの大浦常務は、「ねずみのフサフサ感」をやたらとアピールしていましたが、裏を返せばそれしか取り柄らしい取り柄がなかったこのゲーム。
そしていつしか「フサフサ」という言葉も、Xboxそのものを揶揄する言葉へと変わっていったのです。
200102007.jpg
Xboxユーザーにとっても世間にとってもろくな思い出がない『ねずみくす』。
ファミリー層にもアピールできる可愛らしいゲームであるのが、このねずみどもがプッシュされた大きな理由なのでしょうが、しかしこの『ねずみくす』は、フサフサでキュートな外見の下に排外主義というポリティカルなテーマを隠し持った作品なのでした。
小さな家の屋根裏で暮らす一見平和なねずみの一団。
200102004.jpg
しかしある日、彼らは自分たちの食い扶持がいつの間にか減っていることに気づき、内紛の危機を迎えます。
この事態をとりあえず収集したのが、仲間内では知恵者で通っているねずみ。
「これはヨソモノがボクたちの食い扶持を奪ってるんだよ!」
ハンパなインテリが無教養な連中を煽るってのは、どっかで見たような構図ですが、とにもかくにもねずみたちは「悪いのはあいつらだ。ヨソモノをやっつけよーぜー!」と、たちまちネオナチ化一致団結するのでした。
200102006.jpg
こうなるとねずみたちの一匹がピースマークのTシャツを身につけているのも、タチの悪いブラックジョークにしか見えてきません。
こうして徒党を組み家の中を探索してヨソモノを炙り出すねずみたち。狩り出すだけ狩りだしたら最後は腕っぷしに物を言わせてステージいっちょ上がり。
この構図の前には薄っぺらいゲーム性や、「Have a mice day」「よみこみチュー」「ドタバタねずみアドベンチュー」といった人の神経を逆なでするダジャレの数々も些細な問題でしかありません。
黒船の舳先に立ってきた乗員であるにも関わらずバリバリの国粋主義者。自己矛盾の塊のような『ねずみくす』が、スタートダッシュで前のめりになるXboxの足を思い切りすくったのも、むべなることであったのです。

この記事に含まれるtag : 干支ゲー 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2859.html

2020/01/02 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【闘魂 猪木道 ~ぱずる DE ダァーッ!~】今年の干支ゲー

   ↑  2019/01/04 (金)  カテゴリー: PS2
190104002.jpg
あけましておめでとうございます。
新年の初めには干支にちなんだゲームを取り上げるのをなんとなく続けてきて、もうそろそろ干支が一周しそうな頃合いになってきました。
干支ゲーといっても案外とネタに困ることは多くなかったのですが、それでもたまにはゲームにはあんまり縁のないような動物が主役を張る年だってあったりするわけで、今年の干支である亥はまさにその代表格。
イノシシのゲームってパッと思いつきます? つかないでしょ!?
いいや、もう、どうせこのブログ最近サボりがちだし、干支ゲーも去年で打ち止めにしちゃおうかなあと弱気なことを考えながら、それでもすがるようにゲーム棚からイノシシの文字を探していると……、あるじゃねえか、バカヤロー! ダァーーーーーッ!
190104005.jpg
困ったときのアントニオ猪木頼み。これであと3回くらい亥年迎えても大丈夫だぞ、コノヤロー!!
現在猪木のいの字もないリングで何度目かのブームを迎えている新日本プロレスですが、やはり昔からのプロレス者としては新日本と猪木は切っても切れない関係。
そして新日本プロレスにとっても一時期の猪木さんは、関係を切りたくても切れない面倒くさい関係。
さっき困ったときの猪木頼みと言いましたが、このゲームが出た当時の新日本にとっては、猪木さんがいる事自体が困りものという大変な時期でした。
190104007.jpg
社長がこんにゃくなのをいいことに度重なる強権発動。魔界倶楽部、MMAの選手を呼んでのしょっぱい試合、ジョーニー・ローラー、新グレート・ムタ、猪木問答、混乱の向こうで右往左往させられる永田中西天山。
……なんか古株のスレたプロレスファンが今の新日に物足りなく感じてる部分のほとんどが詰まってるような気もしますが、とにもかくにもゼロ年代初頭の新日本プロレスは、アントニオ猪木という象徴に祭りあげたいんだけど本人が絶対にそれを納得しない存在に振り回されていたのでした。
そんな時代の猪木=新日ゲームも当然のごとく混迷を極めておりまして、あの悪名高い猪木事務所とパートナー関係を結んでいたのは、海外資本に買収されて社名をパシフィック・センチュリー・サイバーワークス・ジャパンに改めていたジャレコ。
190104004.jpg
普通のプロレスゲームにしておけばいいものを、普通を嫌う猪木さんの影が大きかったからでしょうか、このタッグチームが出した猪木版権ゲームは、そのどれもがプロレスファンとゲームファン双方の斜め上を行くものばかり。
猪木に輸血され闘魂遺伝子を受け継いだ小学生が、学業の合間に新日本プロレスの興行にマスクマンとして参戦するゲームボーイアドバンス作品『闘魂ヒート』なんてのがその代表格。
こちらは実際にヒートを名乗るマスクマンが、タイガーマスクや獣神ライガーの頃からは想像もつかない、やる気のかけらもメディアミックスで、新日のリングに登場する一幕もありました。
190104008.jpg
そしてこの『闘魂 猪木道 ~ぱずる DE ダァーッ!~』。
タイトルだけですべてを理解できてしまいそうですが、そのとおり、ありがちな落ち物パズルにアントニオ猪木を抱き合わせたゲームです。
だがさすがにそれだけではインパクトに欠けると思ったのでしょうか。ゲームに登場する新日レスラーのキャラクターデザインに起用されたのは、「元祖!浦安鉄筋家族」の浜岡賢次。
おかげで猪木を筆頭に中西、永田、ライガー、安田、蝶野、天山、健介と、出てくる選手すべてが、自分をレスラーと思い込んでいる危ないおっさんたちにしか見えません。健介に至っては単なる半グレのあんちゃんです。
190104006.jpg
しかし反則球だのタッグマッチモードだののギミックで無理やりプロレスにこじつけたパズルは、あくまでPS2で商売するための体裁のようなもの。
このソフトのメインは、あくまでゲームの進行に応じてゲットできる猪木語録や秘蔵映像など。
聞いてるそのときは思わず高揚してしまうが、冷静に考えるとアバウト極まりない猪木語録は、もちろん本人の肉声。
190104009.jpg
それ以上に必見なのは、参議院に出馬したときの得票数などの小ネタに混じってに、中には猪木本人にとってはツッコまれたくないような情報もさり気なくぶっこんだ、ローディング画面に表示される猪木トリビアではないでしょうか。
初回限定盤には浜岡賢次イラストの猪木ペーパークラフトが付属。
ということでどうにかこうにかお茶を濁した今年の干支ゲー。本年もマイペースで更新するのでよろしくお願いいたします。
1・4ドーム? そんなの知るか、バカヤロー!!

この記事に含まれるtag : プロレス 干支ゲー 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2799.html

2019/01/04 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【ドッグズライフ】今年の干支ゲー

   ↑  2018/01/02 (火)  カテゴリー: PS2
180102002.jpg
あけましておめでとうございます。ニューイヤーは戌年。
犬といえばもっとも崇高で可愛らしい生き物にして、人類にとって古くからのパートナー。
ゲームの世界においても『Fable2』に『Fallout3』のドッグミートと、プレイヤーの重要な相棒のポジションに収まる例は少なくない。
しかしせっかく犬が主役の年なのだから、恒例の干支ゲーもやはり犬がピンで主役を張るゲームを選びたいではないか。
180102003.jpg
日本では2005年にサクセスから発売されたPS2の犬オープンワールドゲーム『ドッグズライフ』。
堂々と主役を張るのはビーグルのジェイク。
のどかな田舎の一軒家で呑気に飼われている犬だが、ガールフレンドがある日突然犬さらいに連れて行かれちゃったもんだから、さあ大変。
飼い主に訴えようにも、あの人たちこっちの言うことなんか端っから聞く耳持ってないし、「デイジーはどっかに遊びに行っちゃったのかな」などと、まるで危機感持ってない。
だったら運良く放し飼いのこの身。自分で奪還に向かうしかない。
180102004.jpg
しかし隣町やさらなる大都会で縦横無尽に動くには、ジェイク自身のステータスアップが必要だ。
ジェイクを成長させてくれるアイテムはスバリ骨。運良く地面に埋まってることもあるが、たいては人間が抱え込んでいて、なにかと引き換えで偉そげに「ご褒美だよ」と寄越してくれる。
その手のお使いミッションの大半は失せ物探し。任せといて、そういうのめっちゃくちゃ得意だから!
△ボタンで発動するのはにおいモード。犬の鼻っ面視点になり、視界は多少不自由になるが、それを補って余るのが匂いの可視化。
気になる匂いが色で表示される。これなら人間の歩いた跡を辿るなんてチョロいもんだ。
180102005.jpg
他に犬ならではの能力は類稀なるジャンプ力。ちょっと高い塀とか広い溝なんか、けっこう行けちゃうぜ。
それと各種コマンド技。例を挙げると、←↓←で左方向におしっこ。→↓→で右方向におしっこだ。
排便をしたけりゃ←→↓だな。ただしお腹いっぱいのときじゃないと空っ屁しか出ないぞ。
180102009.jpg
ジェイクには健康度ステータスも存在するが、これを維持するのに手っ取り早いのは、やはりエサ。
犬小屋(セーブポイントでもある)の脇にはいつもご飯が用意されているが、出先となるとそうはいかない。
ゴミ箱をひっくり返して漁る手段もあるが、しかしここは犬に優しい世界。あそこにあるのはペディグリー(協賛)の自動販売機だ!
180102010.jpg
見ず知らずの土地までガールフレンドを助けに行くのは、ジェイク一匹の力だけじゃムリだ。
かと言って人間は……、あいつらエサをくれる以外はあんまりアテになんない。
やっぱり頼りになるのは同胞。チワワからセントバーナードまで、この世界には様々な犬種の仲間たちがいる。
だけど犬の世界にもヒエラルキーはある。ジェイクがいきなり擦り寄ったって鼻であしらわれるのがオチだ。
ミニゲームで勝利してなんとか優位を示せれば、仲間たちをパートタイムで操作できるようになる。
チワワなら狭いところも通れるし、ガタイの大きなマスティフならば大木を押しのけて通り道を作ることだって可能だ。
180102008.jpg
手助けを借りながらどんどん広がってゆく世界。
人間にとってはクルマで小一時間の範囲かも知れないが、のどかな農場の周りしか知らなかったジェイクにとっては、雪山や大都会は遠い遠い未知の場所だ。
しかし案ずることはない。ここは犬に優しい世界。クルマやバイクは車道を闊歩する犬に文句言いつつも停まってくれるし、犬小屋やペディグリーの自販機はそこかしこにある。
何より楽しいのは地べたに近い視点から、匂いだけを頼りにうろつきまわるにおいビジョンモード。
周囲のことなんかお構いなしにくんかくんかしまくる、散歩時の飼い犬の気分もちょっとは理解できるかもしれないな。

この記事に含まれるtag : オープンワールド 干支ゲー 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2724.html

2018/01/02 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Fable 3】今年の干支ゲー

   ↑  2017/01/03 (火)  カテゴリー: XBOX 360
161201007.jpg
ハッピーニューイヤー、ウェルカム酉年。
とは言えゲームの中において酉は、ぞんざいに扱われるMOB要員としての登場がほとんどだったりする、なかなかに不憫なやつだ。
たとえ酷い目に遭わされようとも、インパクトを残すとかそれなりに報われているところがあればまだいい。
しかしゲーム中で酉が理不尽な想いをするシチュエーションというのは、たいてい行使した側も10秒後にはそんなことなんか綺麗サッパリ忘れてしまっている、吸い殻を投げ捨てるような行為だったりするから救われない。
オレだって『ウルティマオンライン』の中で酉をすり潰すように殺しても、出てくる感想は「羽根、ごっちゃん」程度のもんである。
170103002.jpg
だが世の中には捨てる神あればちゃんと拾う神だってある。
十二支の中でもとびきり不憫な酉に、もはや偏愛とも言えるような情熱を注ぐ男、その名はピーター・モリニュー。
『ポピュラス』や『Black & White』を世に送り出し、一時は"神"とまで謳われたゲームデザイナー・
その彼の最も近作である『Fable』シリーズは、英国寓話を思わせるユーモラスでちょっとブラックな世界観の下、善と悪、両極端な概念の綱引きを描いたRPGだが、その陰にある酉に異常なまでの愛情を注ぎ込んだ"チキン"ゲームとしての一面も見過ごしてはならない。
170103005.jpg
足下にいる酉めがけてBボタン。ぼかっ! "英雄"にケツを蹴上げられて宙に舞い飛ぶ酉。
一見何気ないお遊びアクションだが、そこにパラノイアックなこだわりを多くの人が感じ取っていたことだろう。
もちろんイベント等への酉のからみっぷりも、他のゲームの比ではなかった。
そしてその傾向はシリーズを重ねるごとに加速する一方で、現在のところシリーズ正編最新作である『Fable 3』では、ついにオープニングをも完全主役としてジャック。
自由を求め激走し最後は"英雄"家の食卓に饗される酉の顛末は、シリーズ中もっとも力の入ったオープニングムービーと相成った。
170103004.jpg
もちろん大活躍はオープニングだけじゃない。
ブライトウォールの街に刹那の娯楽を与えてくれるチキンレース。そしてそのクエスト関連で入手できるチキンスーツと、それで解除される実績は、モリニューからの歪んだ酉愛のお裾分けであるかもしれない。
すなわち今年のゲーム界年男はモリニュー。この一年、彼の動向から目が離せない(誰だ! そこで「モリニューは、もうとっくに魔力が枯渇してますよ」なんてホントのことを言ってるやつは!?)

<Xbox One互換対応タイトル>

この記事に含まれるtag : ONE互換 干支ゲー 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2589.html

2017/01/03 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【ジャングルパーク ~サターン島~】今年の干支ゲー

   ↑  2016/01/01 (金)  カテゴリー: セガサターン
160101006.jpg
あけましておめでとうございます。
2016年はさる年。我々人間と大まかな外見が変わらないからでしょうか、『サルゲッチュ』に『JuJu伝説』、『スーパーモンキーボール』と、サルは十二支の中でも特にゲームに引っぱり出される頻度が高い生き物です。
そしてそれは家庭用ゲーム機のみならず、小洒落たマックカルチャーにも及んだりしていたのでした。
ジャングルパーク、そこは折々の四季をいっぺんに詰め込んだ風光明媚な島。
そこをマウスカーソルになり変わって自由気ままに巡るのは一匹のサル。
160101004.jpg
後にゲームキューブで『動物番長』を手掛けるデジタルクリエイター、松本弦人が1996年にリリースした『ジャングルパーク』。
90年代の始まりから中期にかけては、マックを中心とした新機軸のデジタルカルチャーが、この国でも大変盛り上がった時期ですが、94年に送り出した『Pop Up Computer』で注目を浴びた同氏は、そのムーブメントの中心人物の一人。
デジタル絵本的な体裁だった『Pop Up Computer』に次いでリリースされた『ジャングルパーク』は、サルのキャラクターを島の中で自由に探索させ、点在するミニゲームを遊んだりオブジェクトの反応を楽しんだりする、ややゲーム寄りのスタンスになっていますが、しかし家庭用ゲーム機を中心とする本来のゲームの土壌とは、まったく違うところから生まれてきた作品であることには変わりはありません。
160101001.jpg
90年代マックカルチャーを巧みに消化して、自らのブランドイメージに換骨奪胎したのは初代のプレイステーション。
それに対してセガサターンはマック周辺のイノベーションとは、およそ遠いところにいたゲーム機でしたが、そんなサターンにも何を間違ったのか"マックの風"が気まぐれに吹き込んできたのでした。
160101002.jpg
ジャングルパークはマックの精緻なCGで描きこまれた四季の宿る島。
春夏秋冬4つのエリアに分かれたその島には鉄道が走り、ホッケーや野球盤、ゴルフやゴーカートといった娯楽施設や、ビーチにカフェ、滝にキャンプ場などの観光スポットが散らばっています。
それらにマウスを通してアプローチし、ささやかな反応を楽しむ。元々がマックに触れる、そしてそれをいじり倒すきっかけとなることを目指して作られたソフト。
マックという箱の彩りとでも言うべき存在であり、元々がマックと一体にならなければ機能しないようなコンセプトです。
160101005.jpg
しかしこのコンソール機移植版である『ジャングルパーク ~サターン島~』は、それをコンセプトそのままにベタ移植してしまうのでした。
その結果、マックのモニターにくっきりと映しだされていたジャングルパークの風景は、サターンの解像度に晒されて薄ぼんやりしてしまい、さらにはマウスに特化したインターフェイスを安直にコントローラに落とし込んでしまったために、その操作性は最悪のものに。
もっと深刻だったのは、アーケードゲームに培養されたサターンのコアユーザーとマックカルチャーの決定的な相性の悪さです。
アーケードゲームの文脈とは、およそ対極にあるところから出てきたこのソフトは、その配慮の足りない移植も相まってサターンユーザーの酷評に晒され、マック版をプレイした者との評価の大きな乖離を生み出してしまったのでした。

この記事に含まれるtag : 干支ゲー 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2430.html

2016/01/01 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザーtag (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。