ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

このページの記事目次 (tag: 実写ゲーム の検索結果)

total 15 pages  次のページ →  

【トロと休日】漁港の白日夢

   ↑  2018/01/28 (日)  カテゴリー: PS2
180128007.jpg
トロと過ごす漁港の休日。それはまるで白日夢のような日々の繰り返し。
プレイステーションを代表する顔となったトロの、プレイステーション2初お目見えとなった作品は、神奈川県の三浦半島にある三崎を舞台にした、奇妙な奇妙なゲーム。
ウォーキングシミュレーターというジャンルが根付いて久しいが、期せずしてそれの始祖鳥的存在となった作品だ。
一応、『どこでもいっしょ』のシステムを受け継いではいるが、それはあくまでも形骸的なもので、『どこでもいっしょ』のような言葉のやり取りを主眼に置いたゲームではない。
180128003.jpg
『トロと休日』は夢の中の景色を彷徨うゲームだ。
実写とトロの融合。トロがぴたぴたぴたと足音をたてて歩くのは、確かにロケーションされた現実の三浦市三崎の町並みだ。
しかし、ひとけが途絶え静寂に包まれた『トロと休日』の中の三崎は、奇妙なまでに生々しさを感じさせない風景になっている。
高台、桟橋、神社、何の変哲もない住宅街、ささやかな歓楽街。それは確かに実在の三崎の風景なのだろうが、しかし、トロと一緒にこうして歩く三崎の町は、まるで白昼夢の背景のような現実感の無さに包まれているのだ。
180128005.jpg
旅館の女将、さくらやのエプロンお姉さん(本作のアイドル的存在)、くろば亭の大将、郵便屋さん、スナックのママ。
ひとけのない、まるでゴーストタウンのような『トロと休日』の三崎で、時折出くわす実写の人間たち。
普段は実際の三崎で現実の生活を営んでいる人たちも、このゲームの中では、やはり夢の中の登場人物が如き、現実感のないあやふやさで佇んでいる。
180128004.jpg
唯一イレギュラーを挙げるとしたら、ほうきやちりとりを売っている店とは、およそアンバランスなおめかしをして店先に立つ雑貨屋のおばさんだろう。
この人の図抜けた現実感だけは、ゲームコンセプトを明らかに凌駕している。
「普段どおりのかっこうでいいんですよ」
そう懇願するスタッフには構わず、「いやいや、そういうわけにはいかないわ!」と、無理やり勝負服に厚化粧で撮影をうながす、そんな生々しい裏舞台が見え隠れしているようではないか。
180128006.jpg
そんな茫洋とした風景の中を、トロとだらだら散歩する毎日。
漁港という一点をのぞいては、ありふれた田舎の町並みだ。路地裏、駅前、公園、商店街、刺激のあるような目新しい景色など、どこにもない。
行く先々でかわすトロとの会話も、夢の中らしく身のある内容なんか一つもありゃしない。
ぼーっとそこらを歩き回って、トロの発言を適当に聞き流して、夜が来れば旅館に帰る。
そしてセーブをしてPS2の電源を切ったところで、まるで夢からはっと覚めたように、現実に引き戻される。
なんの刺激もドラマもない。でもそれでいい。『トロと休日』は、ぼんやりとして掴み所のない白日夢をトロといっしょに体験する唯一無二のゲームなのだから。

この記事に含まれるtag : どこでもいっしょ 実写ゲーム 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2736.html

2018/01/28 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Press X to Not Die】回避はXボタン

   ↑  2018/01/16 (火)  カテゴリー: PCゲーム
180116010.jpg
ゲーマーの間では悪名高いQTE(クイックタイムイベント)と呼ばれるシステム。
ともすれば眺めるだけになってしまう幕間のムービーを、アクティブな本編と乖離させないように施されることが多いが、ちょっと一息つこうとお茶かなんかに手を伸ばしたこっちにしてみれば、迷惑この上ないおせっかいであることは間違いない。
そんな嫌われもののQTEだが、しかし日常的に修練を積んでいたことが、思わぬことで役に立ったりすることが、世の中ままある。
例えば道を歩いていて上から突然鉄骨が落ちてくるシチュエーションに出遭ったとしよう。
ここで目の前に青い丸の中にXと書かれた表示が出たとき、即座に押せるか呆然と見送るかで生死が分かれてしまうのだ。
普段ゲームをやり込んでいない人などは、為す術なく見送って鉄骨に押しつぶされてしまうだろう。
180116002.jpg
「おい、大変だよ! 町がシャマランの映画みたいな騒ぎになってんだよ!」
いきなり駆け込んできた友人の一言に続くのは、これまたゲーマーにはお馴染みのセリフ選択だ。
シャマラン、シャマラン、……ダメだ、バットで宇宙人を追い返すファンキーな映画のことしか思い出せない。あれ、なんてタイトルだったっけ?
「……リトルマーメイド?」
「はぁ!? まぁいいや。それはともかく、よく聞けよ。Press X to Not Die 」
そう言う友人を押しのけて包丁を片手に襲い掛かってきたのは、いきなり家に侵入してきたイカれた女。続いて画面に表示されるPress Xのアイコン。
そして「こんなゲームにコントローラわざわざ要らねえだろ」とゲームを始めたオレは、キーボードの盤面からXキーを探してあたふたし、為す術なく最初の死を迎えるのであった。
180116003.jpg
Youtube全盛のご時世だ。今や実写のムービーを作るのは、アホな仲間たちに恵まれればおよそハードルが低くなった。
問題はその実写ムービーをどうやってゲームに仕上げるかだ。と言うかそんなもんQTEで繋げるくらいしか思いつかない。
そんな逆算から作られたようなインディー産フルモーションビデオ、『Press X to Not Die』。
もちろんプレイヤーが押さなきゃなんないのはXボタンだけじゃない。RTLT連続押しで全力疾走し、Bボタン連打で塀を乗り越え、Yボタンで彼女のシャワーシーンを覗き見。
なにせ町の住民は揃ってイカれちまって、互いに殺し合いしてるような騒ぎだから、一時も気が抜けやしない。
もっともこんなゲームで緊張を強いられるのは、腹が立つやら情けなかったりするのだが……。
180116005.jpg
町からの脱出を図るプレイヤーと彼女を入れ替わり立ち代り襲う、ガリ勉女にホッケーガイにヌンチャク男。
そしてこの騒ぎの背後には軍の恐ろしい科学実験の陰謀が絡んでいるのであった。
もっとも軍のなんちゃらかんちゃらってのは、それ以上の説明を省く方便みたいなもんだし、出てくるキャストはみんな製作者の身内か悪友ばっかなので、そこにスリルやサスペンスが介在する余地なんかない。
180116009.jpg
身内で映画を撮るってのはホント楽しいもんだ(そこに色恋沙汰のねじれが勃発しないという条件付きだが)。
エクストラのギャラリーにあるこいつらの撮影風景を眺めてみても、ムダに盛り上がっている楽しそうな様子が伝わってくる。
それに付き合ってQTEに振り回されるこっちは災難もいいとこだが、まぁこればっかりは実写ゲームとみるとすぐ手を出してしまう自分の業を恨むほかはない。
298円の本編に加えて98円の追加コンテンツが存在するが、これに含まれているプロトタイプフッテージ(自宅にあるぬいぐるみやフィギュアを総動員して撮ったリハーサル版)もホントしょうもないので、本編で喰らった脱力のダメ押しに是非どうぞ。


この記事に含まれるtag : 実写ゲーム Steam 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2730.html

2018/01/16 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Phantasmagoria】和名はファンタズム

   ↑  2018/01/12 (金)  カテゴリー: PCゲーム
180112002.jpg
旦那をイカれたDV野郎にさせないために、全力で諌めるべきことが二つある。
歴史のあるデカい屋敷に引っ越そうとする。雪深いホテルの管理人に志願する。
このどちらかを夫が始めようとしたら、何が何でも止めるべきだ。エイドリアンは前者を怠ったがために、とんでもない目にあった。
彼女と夫のドンが越してきたのはニューイングランドの片田舎にある古い家。玄関ホールだけでバレーボールのコートがすっぽり収まりそうな大邸宅だ。
ただ大きいだけじゃない。家の中には管理する不動産屋ですら与り知らない秘密の通路や小部屋があちこちにある。
180112003.jpg
そんな謎に満ちた屋敷の元の持ち主はゾルタン・カルノという19世紀の著名マジシャン。もうこれだけで怪しさの二重奏だ。
そして案の定、エイドリアンは引っ越し早々、行動と行動の間にまるで入力を待つように棒立ちになる呪いを受けるのであった。
オレの実写ゲーム好きは、90年代の初めから中期にかけて盛り上がった、当時フルモーションビデオ(FMV)と呼ばれていた一連の同系作品のブームに起因する。
『7th Guest』、『Harvester』、メガCDのラインナップになって日本でも知名度のある『Night Trap』、国内産FMVと言える『山村美紗サスペンス 京都鞍馬山荘殺人事件』など。
雨後の筍のごとく登場したこれらの作品に、オレはそれまでのゲームとは違う"大人に向けた娯楽"の香りを、どういうわけだか感じてしまったのだ。
180112009.jpg
映画的表現の影響を受けたり、あるいはダイレクトに持ち込んだりしていたのも、それらのゲームに感じた魅力の一つだ。
そしてそれは既存ゲームがそれまで引いてきたボーダーラインを越える表現を可能とした。
今でこそグロテスクやブルータルな表現を擁するレーティングマチュアゲームの存在は、ごく当たり前のものとなっている。
『Phantasmagoria』は、そうした土壌が育まれるのに大きな役割を果たした作品だ。
ホラーゲームの歴史においても重要なポジションを占めるこのゲーム、なにせスラッシャームービー顔負けの殺人シーンがてんこ盛りなのだから。
180112004.jpg
口の中にシャベルを突き刺したり、首を万力でねじ切ったり、そんなショッキングシーンの数々が実写ムービーであるのをいいことに、当たり前のように挿入されている。
それも話題となったのか、このCD-ROM7枚組の大作は発売早々大ヒットを記録。そして残虐表現を含んだメジャーゲームとして、当然のように物議を醸すことになる。
180112007.jpg
しかしその一方でFMVゲームは、実写表現とゲーム性の間に噛み合わせの悪さを揃って露呈していた。
あるものはLDゲームの延長に留まってしまったり、またあるものは実写のインタラクティブ化に果敢にチャレンジして、かえってキッチュなシロモノになってしまったり(『Phantasmagoria』の主人公棒立ちなどは、その一例だろう)。
それもあってか主に次世代CD-ROMゲーム機を経由して日本に紹介されたこれらの作品は、軒並みゲテモノ的な受け止め方をされてしまう。
『ファンタズム』のタイトルでセガサターン版が国内発売された本作も、その例に漏れなかった。
180112005.jpg
古い屋敷に引っ越してきたら、決してやってはいけない行為。それは好奇心に駆られて家の中を細々と探索しないしないことだ。
たとえそうしないとゲームが進行しなくともだ。エイドリアンはそれをやったがために、封印された悪霊を解き放ってしまった。
しかし事態はジェットコースタームービーのようにエクストリームには進行しない。むしろ端折ることなく挿入されたエイドリアンのブルーバック小芝居の後押しを受けて(FMV主演女優賞というのがあるとしたら、間違いなく受賞はこの人だ)、静かに緩やかに進む。
そしてプレイヤーが律儀にCD-ROMを入れ替えるごとに、この不気味な屋敷を包む空気はクライマックスに向けて緊張の度合いを増してゆくのであった。
180112008.jpg
予算や手間暇に対して結果がとてもじゃないけど見合わないことが分かったからか、あるいはCGムービーの発達によってその必要性が薄れたからか、FMVのブームは潮が引いたように去っていってしまう。
『Phantasmagoria』は知名度においても、セールスにおいても、そしてCD-ROMの枚数においても、一過性のブームの中でもっとも弾けきった作品。
今では重要なクラシックとしてSteamで配信されている。エイドリアン役の女優さんの渾身ブルーバック演技は、まだまだ色褪せることないのだ。

この記事に含まれるtag : 実写ゲーム Steam ホラー 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2729.html

2018/01/12 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【湾岸デッドヒート+リアルアレンジ】ムービーカードの恩恵

   ↑  2017/10/26 (木)  カテゴリー: セガサターン
171026007.jpg
この前、数年ぶりにセガサターン本体の内蔵電池を取り替えたときに、ボタン電池ホルダーの奥に妙なデバイスが挿さっていることに気づいた。
なんだこれは?と引っ張り出してみれば、それはビクター製のビデオCDデコーダー。そうか、オレのサターンはこんなパワーアップを施していたんだっけか。
時代の徒花規格ビデオCDをサターンで再生を可能にさせる拡張機器で、セガからムービーカードの名で出ていた製品と、基本的には全く同じものだ。Vサターンとセガサターンの違いみたいなもんだろうか。
171026009.jpg
ビデオCD再生以外にも、ごく一分のサターンソフトがこのデコーダーやムービーカードに対応していた。
当時のサターンのムービー再生にはシネパック圧縮が使われていたのだが、これがダビングにダビングを重ねた裏ビデオ並みに汚い画質。
だが、このビデオCDデコーダーさえ内蔵しておけば、対応ソフトによってはMPEG-1の美麗なムービーを堪能することができるのだ。
プレイステーション、3DO、PC-FXら同世代のライバルと比較して、動画の汚さでは群を抜いていたサターンの弱点をいっきに克服する拡張機器である。
171026006.jpg
だが、この高価なデコーダーやムービーカードは、テム・レイが開発した回路並みに役立たずに終わってしまった。
対応ソフトが全く揃わなかったのが、その理由だ。
そりゃそうだ。サターンユーザーの中で装着率が1%に達しているかも怪しいデコーダーのために、なんでわざわざ異様に容量を食うMPEG-1映像をソフトに乗っけなきゃならないのだ。
そのうちにサターンの動画再生にトゥルーモーションという新しい技術が使われ始め、これがそれなりに美麗な画質だったため、デコーダーやムービーカードは、ますますその存在意義を失ったのであった。
171026001.jpg
結局ムービーカードには、『サクラ大戦・花組通信』や『ルナ・ザ・シルバースターMPEG版』など、わずか数本が対応するだけに留まってしまった。
その中で一番ムービーカードの恩恵を高らかに謳いあげたのが、この『湾岸デッドヒート+リアルアレンジ』であろう。
何せ本作は、前作『湾岸デッドヒート』のコンセプトをほぼそのままに、唯一MPEG-1映像という一点だけを進化させた(つまり他の部分は全く進歩していない)パワーアップバージョンなのだから。
171026004.jpg
公道コースを飛ばし、タイムが悪ければ、横に乗っている(という設定の)女の子が不機嫌になり、タイムが良ければ実写の女の子から、心の籠もっていない褒め言葉を頂戴するという、どっちに転んでもあんまり嬉しくない展開が待っているレースゲーム。
このリアルアレンジ版は、その女の子実写映像がMPEG-1対応になって綺麗になり、そして登場するグラドルも、前作と比べて微妙にグレードアップしている。
本作に登場するグラドルは、川崎愛、松田千奈、木内あきら、中森友香、そして元ミスCDロムロム井上麻美。
171026005.jpg
しかし、せっかくグレードアップした実写ムービーパートが、スタジオの中で展示車のようなぴかぴかの車を背景に、彼女たちが心の全く籠もってないセリフを喋るだけという、臨場感のかけらもない仕上がりに。
映像が美麗になった分、この綺麗なスタジオ、ディーラーから借りてきたぴかぴかの展示車、たった今メイクを終えたばかりの女の子という、いかにも「お仕事、お仕事」な雰囲気が余計に透けて見えてしまっているのだ。
いくらムービーが美しくなろうが、それがゲームパートとの整合性がなければ全く意味がない。それどころか、このリアルアレンジの場合は、綺麗になった分、余計にへっぽこポリゴンで綴られたゲーム部分との乖離が酷くなる、マイナスの効果しか及ぼしていないのだ。
171026002.jpg
そんな訳で隣のシートに腰掛けて微笑む松田千奈や井上麻美に対しても、とてもじゃないが「イカしたクルマにイカした彼女」なんて気分にはなれず、こちらもただ事務的な態度で「お仕事お疲れ様です」などと応対してしまうのであった。
2枚組CD-ROMのもう片割れは、メイクや撮影風景の模様を収めたメイキング映像。
グラドル系が登場するイメージビデオやゲームでは、必ずと言っていいほど付いて回る特典だが、ぶっちゃけそんな舞台裏をだらだらとカメラ回しただけのシロモノ、ありがたいと思ったことは一度たりとてない。
それでもどこも判を押したようにこの手の映像をソフトに乗っけたがるのは、もう撮ったかぎりは使わなきゃ損だと思う貧乏性なのだろうか。

この記事に含まれるtag : レーシング タレントゲー 実写ゲーム 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2699.html

2017/10/26 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【井上麻美 この星にたったひとりのキミ】

   ↑  2017/10/22 (日)  カテゴリー: PCエンジン
171022009.jpg
今や石を投げたらアイドルに当たる空前の氾濫期。世間の至るところにアイドルビジネスが芽吹いている。
しかし、古くから綿々と続いていると思われるアイドルも、その存在が危機に瀕した時期があった。
'90年代初頭、それはアイドル氷河期などと言われた時代。
諸々な理由により、それまでパブリックメジャーであったアイドルの価値観が崩壊。老若男女誰もが知るアイドルタレントがほぼ絶滅し、マニアのみが知るカルトな存在へと変貌していった時期のことを指す。
171022002.jpg
PCエンジンはゲーム機のクセに、なぜかそんなアイドル業界の変遷を体現した妙なハードだったりする。
このCD-ROM時代の尖兵が、アイドルがアイドルであった時代の最後の大物、酒井法子を引っ張り出してゲームに登場させたことは有名だが、それからしばらくしてアイドル氷河期時代に突入。
そしてそんな冬の時代に、鏡の国の伝説よもう一度とばかりにPCエンジンが送り出したアイドルが、本作のメインキャラクター、井上麻美だ。
酒井法子と井上麻美。この圧倒的な知名度の差が、訪れた冬の時代の厳しさを物語っているだろう。
171022004.jpg
井上麻美は、史上初のゲームによる公開オーディションにしてPCエンジンきってのカルトソフト、『みつばち学園』でグランプリに選ばれ、ミスCDロムロムという本人にとっては迷惑極まりないであろう称号とともにデビューしたアイドル。
数枚のシングルと二枚のアルバムを残して、業界からフェードアウトしていったが、氷河期ど真ん中、さらにゲームでアイドルデビューという色物イメージの二重苦によるものか、世間一般にはその足跡は殆ど知られていない。
171022007.jpg
この『井上麻美 この星にたったひとりのキミ』は、井上麻美の同級生として彼女との時間を過ごすことができるアドベンチャーゲーム。まあADVといっても、デジタル紙芝居に近いライトな内容だ。
コマンドの選択次第で、探偵編、アイドル編、タイムスリップ編、三つのストーリーに分岐。それぞれのストーリーは、30分にも満たない長さ。
171022006.jpg
展開次第では井上麻美を下校デートに誘え、ここで買い物に行くを選ぶと着せ替えモード。カラオケを選ぶと彼女が生歌を披露。そして美術館を選ぶと、アイドル雑誌「BOMB!」に寄せられた井上麻美似顔絵投稿の数々を彼女の解説付きで鑑賞できる。
もっとも、こっちはそんな生暖かい「BOMB!」の投稿など見せられても嬉しくも何ともないわけで、一旦踏み込んだら終わるまで長々と抜け出せないこのパートは、かなりの地獄だったりする。
171022008.jpg
各シナリオのラストには、PCエンジンのこの手のソフトでは恒例となった、「抑揚を全く付けずに機械的にプレイヤーの名前を呼んでくれる」儀式もしっかりと収録。
テキストや井上麻美の生セリフ、そしてお話の展開も、何ともこそばゆく生ぬるいムードにに包まれているのだが、こんな思わず全身がむず痒くなるようなテイストは、送り手も受け手もすれにすれてしまった昨今では大変貴重なものだ。

*関連記事
【みつばち学園】それは早すぎたAKB48

この記事に含まれるtag : タレントゲー 実写ゲーム 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2697.html

2017/10/22 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザーtag (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。