ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

このページの記事目次 (tag: 声優 の検索結果)

total 5 pages  次のページ →  

【美少女バラエティゲーム ラピュラスパニック】搾取システム確立前夜

   ↑  2016/09/18 (日)  カテゴリー: セガサターン
160918001.jpg
アニラジ番組が乱立し声優専門誌までもが登場した、1990年代中期のアニメ声優をめぐる一連の地殻変動。
第三次声優ブームなどとも呼ばれたりしたが、しかし演り手、受け手双方に対するエクスプロイテーションの仕組みが完全に確立した現在と違って、当時のそれはシステムが未完備の非常に混沌としていた。
そしてカートリッジからCD-ROMに主流が移行したビデオゲームは、この声優ブームにおける新たな狩場の中心的存在であった。
160918002.jpg
中核となったのは、いわゆるギャルゲーと呼ばれる一連のジャンル。
このエクスプロイテーションの仕組みは今も脈々と受け継がれているが、しかし混沌期の声優売りゲームはそんな予定調和のレベルには留まらなかった。
当時は作り手側が声オタのピュアさを相当高く見積もりすぎていたフシがある。
そうでなければ、すでに熟女の域に達した実写声優さんたちと、ボウリングをしたりビリヤードで遊ぶなんて企画は出てきやしないだろう。
その誤算は「ストーリーや萌え要素なんかなくったって、女の形したキャラクターに声優さんが声をあてていれば、とりあえずあいつら満足するだろ。なんせピュア(バカ)だしな」なんて形となって現れたのであった。
160918004.jpg
ラピュラスはゲームで司られた惑星。しかし最近ここに不穏な気配が漂っている。それを打ち払うために召喚されたのは、ゲームが得意なあなただ。
ニチブツ脱衣麻雀レベルの取ってつけたようなバックグランドの下、プレイヤーが否応なしに送り込まれるのはバラエティゲームの世界。
とは言っても凝ったものや練り込んだゲームがあるわけじゃない。
160918003.jpg
ポーカー、ルーレット、神経衰弱、ブラックジャック、モグラたたき、間違い探しなど、よく訓練された声オタであっても、「いくら話を進めるための苦役だといっても、もうちょっとなんとかしてくれてもよさそうなもんじゃ……」と、文句をつぶやきたくなるようなモノばかりだ。
この気の乗らない義務を勝ち進めると、声優さんボイスをバックに二次元キャラクターのご褒美一枚絵。
ちなみに全年齢向けソフトだ。裸はおろか下着見せすらもあるわけがない。
脱衣抜きのニチブツ麻雀。こう表現すればプレイヤーの無力感を多少は汲み取ってもらえるかもしれない。
160918006.jpg
そしてメーカー自らがパケ裏で「声優ファン要チェック」と一押しする、この商品の本体とも言える豪華声優陣。
それすらも当時すでにベテラン~中堅の域に達していた人たちのオンパレードで、ここに至ってはさすがの声オタも、「女性の声優なら誰だっていいわけじゃねえんだよ!」と声を荒げることだろう。
柿沼紫乃さんや川島千代子さんの萌えボイスにありつくために、カタルシスのカケラもないミニゲームの数々、なんとか頑張っていただきたい。

 

この記事に含まれるtag : 声優 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2550.html

2016/09/18 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【マイ・ドリーム オンエアが待てなくて】成熟した青田買い

   ↑  2016/04/02 (土)  カテゴリー: セガサターン
160402006.jpg
業界関係者。それは声優オタやアイドルオタにとって、複雑な思いを抱かせる対象だ。
見返りのない情念を注ぎ込む自分たちを尻目に崇拝対象の身内ヅラする憎いヤツラ。
しかし仕事という名目で、なんの憚りもなしに声優さんに必要以上に接近できる、そのスタンスは羨ましくもある。
ラジオディレクターや音響監督など、業界関係者は90年代後半の声優ゲーム乱立期において、プレイヤーが居座る便利なポジションとして、しばしば重宝されてきた。
そんな業界関係者の列に新たに加わってきたのが、第三次声優ブームの波に乗って次々と創刊した声優専門誌の編集者だ。
個々の作品に縛られず、幅広くニュートラルに声優とのコンタクトが望める、なかなかにおいしいポジションである。
160402004.jpg
1997年発売の『マイ・ドリーム オンエアが待てなくて』は、その声優専門誌編集者をプレイヤー主人公に据えたゲーム。
8人のみずみずしい声優の卵に取材を重ねて彼女たちの成長と躍進を見守り、ついでにちょっぴり親密になってしまおうという、我々が憧れる理想の業界関係者像を煮こごりにしたような設定である。
青田買いは声優オタやアイドルオタが漂流の末に行きつく終着の浜辺みたいな行為だが、それに加えて、どの娘を誌面でプッシュするかの言わば生殺与奪権をも握ったポジションだ。
悪魔に魂の3つや4つもまとめ売りしてでも手に入れたいところである。
160402001.jpg
そんな恵まれた立場のプレイヤーにゲーム開始早々与えられるもう一つの特権がキャラクターのキャスティング。
8人のメインヒロインには、それぞれ3人の声優が割り当てられていて、その中から誰をキャストに選ぶかは、すべてプレイヤーに任せられているのだ。
このゲームの企画がもう一歩踏み込んだものであったのなら、ここでそれぞれのヒロイン役に実際の新人声優たちを大挙登用して青田買いの二乗を目論むところだが、しかしこの『マイ・ドリーム』はそこに当時すでに中堅~ベテランの域に達している声優さんたちをチョイスして、詰めの甘さを露わしてしまっているのであった。
160402002.jpg
玉川紗己子、TARAKO、折笠愛、日高のり子、田中真弓、松井菜桜子、松本梨香等々。いかに役者の仕事が虚構を演じることだといえど、声優の卵に重ね合わせるにはずいぶんと無理のあるメンツである。
松井菜桜子さんにうっかりな口を利こうもんなら、廊下の隅に呼び出されて業界の仁義を1時間くらいみっちり叩きこまされそうではないか。
160402003.jpg
脚本を担当するなど本作の企画に大きく関わっているのが、現役声優の西村朋紘と辻谷耕史のコンビ。
ところどころに見え隠れする妙に生々しい業界臭は、この2人に拠るところが大きいのだろうが、その一方で妙に取り繕った業界描写や、ギャルゲーに必須な邪さの不足、そしてキャストも含めたみずみずしさの欠如など、本作のウィークポイントも、やはり既に中堅~ベテランの域に踏み込んでいた2人のすれた立場に原因の一端があるのだろうか。
業界のベテランが演じる声優の卵に内心恐縮しながらも、あくまでも業界の先輩ヅラしてもっともらしくお付き合い。
声優が声優という役柄を演じることの演技技術的な部分を超越した難しさを、嫌というほど教えてくれるゲームである。

 

この記事に含まれるtag : ギャルゲー 声優 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2476.html

2016/04/02 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【エンジェリック・コンサート】ほっちゃんの伴奏者

   ↑  2014/06/22 (日)  カテゴリー: XBOX
14062201.jpg
サイモン&ガーファンクルとかソフトセルなど、デュオは音楽グループの中でよく見られる形態ですが、ありそうでなかなか無いのが、両者のバランスが均質にとれたデュオです。
それどころか、なんでこれはわざわざ二人組という形をとってるんだろう? と思わず疑問に感じてしまうようなデュオも少なくありません。
私は昔からワム!の片割れアンドリュー・リッジリーは、いったい何のために存在しているのか、ずっと疑問に感じていました。
これが漫才コンビであったのならば、例えビートきよしや松本竜助と言えど、いなくては形にならないのだから分かりますが、音楽の場合は何も最初からソロでやればいいだけの話です(ワム!のジョージ・マイケルは、案の定あっさりとソロになりました)。
14062207.jpg
このような、いてもいなくても大して変わりないデュオの片割れのケースでは、何かと引き合いに出されるのがスタイル・カウンシルのキーボート担当、ミック・タルボットです。
こちらとしても、彼はマートン・パーカスでぶいぶい言わせていた有能なミュージシャンなんですよとフォローしたい気持ちもありますが、完全無欠のイケメンと類稀なる音楽的才能を兼ね備えていたポール・ウェラーと並び立つには、モッズファッションでキメてもそこらのダサい学生にしか見えなかったミック君は、やはり相当に分が悪いと言わざるを得ません。
14062204.jpg
そして工画堂スタジオ製作の音楽アドベンチャーゲーム、『エンジェリック・コンサート』でプレイヤーが置かれるのも、このミック・タルボット的な立場。
歌姫堀江由衣(サフィという役名があるのですが、中の人の名前で話を進めたほうが早いんでそうします)とデュオを組む鍵盤奏者という、オーディエンスからしてみれば「お前ジャマだ!」と空き缶をぶつけたくなるような。実に微妙な役どころなのです。
14062202.jpg
しかし外野がいくら言いたい放題言えど、一時的とはいえポール・ウェラーが確かにミック・タルボットを必要としていたように、この世界におけるプレイヤーは、ほっちゃんの切っても切れない大切なパートナー。
音楽コンクールが行われる街を目指す道中、あちこちで振りかかる様々なトラブルを、ほっちゃんが印籠代わりに一曲歌って、なし崩し的に解決してしまう強引な流れをまとめあげるのは、すべて音ゲーパート時の演奏(PC版では文字通りキーボード捌きでしたが、XBOX版とPS2版はそれを無理矢理コントローラ操作に落としこんでいます。おかげで和音が出しづらいったらありゃしない)にかかっているのですから。
14062205.jpg
そして物語中に連発される、ほっちゃんによる親父ギャグの数々は、伴奏を危なげなく務め上げたプレイヤーへのご褒美みたいなもの。
そこらのおっさんが口走ったら、思わず額に血管浮かび上がらせてしまいそうなダジャレが、ほっちゃんの口から出るとなんと天使の歌声のように響くことでしょう。
14062206.jpg
各章の10分程度で終りを迎えるインスタントな展開には、食い足りなさを覚える人もいるかもしれませんが、元々この『エンジェリック・コンサート』は、ほっちゃんと旅先で加わるもう一人の歌姫田村ゆかりの歌の伴奏を務められれば、それだけで満足であり、この上ない幸せであると感じる人たちだけに向けたゲームであり、その人たちにとっては安直な展開やベタベタすぎる会話などは、些細な問題にしかすぎないでしょうとも。

<XBOX360とは互換していません>



この記事に含まれるtag : ギャルゲー 声優 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2114.html

2014/06/22 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【スタンバイ Say You!】千葉繁のしわざ

   ↑  2014/05/15 (木)  カテゴリー: セガサターン
スタンバイsayyou!
今でこそアイドル声優とそれを取り巻く環境はシステマチックなものになっていますが、俗に第3次声優ブームと呼ばれる1990年代中頃は、職業声優的な立ち位置にいた人が、なんの準備も心構えもないままに、ぽんとアイドル声優のラベルを貼られて表舞台に送り出される実にスリリングな時代でした。
本人はもとよりプロデュースする側や企画を建てる側などが、いずれもファンとどういう距離を取りどんなアプローチで臨めばいいかを測りかねていたこともあり、さらにはご本人たちの世間的には地味な存在感も相まって、この頃に登場した声優もの商品の数々は、どれもキッチュかつフリーキーなもので溢れていたのです。
IMG_0006.jpg
特にゲームの分野においてはそれが顕著でした。
中には声優さんと一緒にボウリングを楽しもうとか、声優さんとビリヤードで対決しようなどの、(人選に多少の難があるとはいえ)許容範囲内の企画もありはしましたが、それらの少しまともな声優ゲームを覆い隠すかのようにドス黒く輝いていたのが、「昼は普通のRPGキャラが、夜になると中の人たちの実写で宿屋を訪ねてくる」だとか「UFOを飛ばすために動力源となる声優さんのボイスを採集する」などといった、考えた奴をカウンセリングに連れて行きたくなるようなコンセプトのゲームたちです。
これら一連のアバンギャルド系声優ゲームに、ことごとく絡んでいるのが、今ではベテラン声優の域に入った千葉繁さん。
そして彼の関わった声優ゲームの中でも、その悪名が飛び抜けているのが、サターン、PS、Windowsにまたがってリリースされた『スタンバイ Say You!』。
IMG_9981.jpg
建前上は音響監督シミュレーションの体裁をとるこのゲーム。プレイヤーの役割はアフレコ現場を仕切ってアニメの音声を一本収録すること。
夜になるとRPGキャラが実写化とか、宇宙人が声目当てに声優さんをストーカーなどに比べれば、曲がりなりにも業界のお仕事をシミュレートした比較的まともなものに思えるかもしれませんが、千葉さん自らそのポジションを用意して頂いて言うのもなんですが、音響監督の立場も我々にとっては、それほどありがたいものではありません。
我々が本来望む声優さんとのふれあいは、例えば「ある日、空から突然ほっちゃんが降ってきて、家に居候しはじめた」とかそんな類であって、決して業界人としてのビジネスライクなお付き合いではないのです。
ましてやそのポジションを得るために千葉さんの弟子を経由しなければならないとは論外です。なんであんたに勝手に弟子呼ばわりされなきゃなんねえんだ!
IMG_9983.jpg
一応はゲームとしての体裁を最低限整えていた他の千葉産声優ゲーに対して、コンセプトとしては比較的なこの『スタンバイ Say You!』が、それらを遥かに上回る顰蹙を買ったのは、ゲームの体を全く成していないから。
ただの尺稼ぎ以外の何ものでもない移動パートや、その意図が全く不明な会話選択パート。そして本来ならゲームとしての根幹を成すはずなのに、その存在意義がまるで理解できないアフレコ指示パートをつまみ代わりに進行するのは、ギトギトに汚い画質のシネパックムービーで展開する声優さんたちのアバウトな寸劇。
ここでは千葉さん以外に矢尾一樹さんという、これまた飛び道具がいたりします。二人の浮ついたノリに正面から向き合うのも並大抵の苦労ではありませんが、それも業界の人間として彼らと関わってしまった因果と思って諦めるしかないのでしょうか。



この記事に含まれるtag : 声優 実写ゲーム 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2093.html

2014/05/15 | Comment (10) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【ナデプロ!! ~キサマも声優やってみろ!~】

   ↑  2014/05/14 (水)  カテゴリー: PS2
14051407.jpg
就職難のこのご時世。特に進路を決めずぼんやりとしていたら、街のどこかで声優プロダクション関係者の目に止まっていたらしく、いつの間にやら事務所入りと声優デビューが決まっていましたあ。
青二塾や日ナレに大金を払って明日をも知れないレッスンに励んでいる者ならずとも、思わず「世の中をナメるんじゃねえ!」とその首を絞めてやりたくなるような極楽トンボ。
今日び街中でアダルトビデオや風俗以外のスカウトがあるのも驚きですが、とにかく主人公=プレイヤーは、そんな展開になんの疑問も差し挟まないまま、声優事務所ナデシコプロダクションの一員として、棚からぼた餅の業界デビューを果たすのです。
そのナデプロは男性声優ばかりが所属する男所帯。そこに紅一点として加わるのですから、そりゃあ乙女ゲームという前提なくしてもチヤホヤされます。
事務所にちょっと花を飾ったくらいで、連中は勝手に感動する始末。世の中ってホントちょろいですね、ニコッ。
14051401.jpg
養成所に金を貢ぐことなしに声優デビュー。そのついでに先輩の男声優も食っちゃって一石二鳥。そんなお気楽極楽な願望をストレートにまるごとパッキングした、ありそでなかった若手声優生活シミュレーション、『ナデプロ!! ~キサマも声優やってみろ!~』。
事務所を仕切るエキセントリックな男性マネージャー(CV・置鮎龍太郎)は、「一年で成果を出さなかったらクビだ!」と、いかにも過酷な条件を突きつけている気になっていますが、それってぶっちゃけ青二のジュニア制度と大して変わらないですよね。
イベントをこなしてスケジュールを進めていけば、仕事がほいほい入ってくるこっちの方が、むしろよっぽど楽かもしれません。
14051402.jpg
もちろんナデプロにも養成所という集金システムは存在し、そこの三人の塾生たちは主人公と共に切磋琢磨し励まし合う間柄となるのですが、私がもしその塾生の立場だったら、こんな養成所も何もかもすっ飛ばして、いきなりデビューをきめやがったどこの馬の骨とも知れない奴になんか、絶対心を許すはずがありません。
むしろそんなふざけた奴、飲み物にこっそり水銀でも混ぜてとっとと喉を潰してやるところですが、この三人ときたら呑気に主人公と打ち解けてアドバイスまでする始末。
こんな人の良すぎる連中に、生き馬の目を抜く業界でのサバイブなど、とてもおぼつかないことでしょう。せいぜい主人公の肥やしとなるのがお似合いです。
14051403.jpg
他事務所の人気絶頂男声優(攻略対象キャラです)に、年の割にキャリアの長い実力派(モデルは沢城みゆきあたりでしょうか)、実年齢三十代後半なのにロリ系のキャラを強引に押し通す人気声優(モデルは……、あえて詮索するのはやめておきます)、さらには音響監督に脚本家と、苦労知らずのまま人脈も次々と増えて、否が応でも増してゆくいっぱしの業界人気分。
それをさらに高めてくれるのが、各章のラストに必ず挿入されるアクティングパート。
実際のアフレコさながらに、出番が来たら主人公をマイクの前に移動させ、音ゲーの要領でセリフをこなします。
ガヤから始まり、格ゲーのボイス、アニメの端役と、少しずつグレードアップし、それに応じて難度も上昇するこのパートは、スタジオ内で座る位置からすでにゲームが始まっています。ガヤなのにど真ん中にふんぞりかえって座っていたらエラい顰蹙買いました。
でもそんなささやかな失敗も、ナチュラルな神経の図太さで、いけしゃあしゃあと切り抜ける主人公。
むしろそんなささやかなドジも、先輩声優との距離を縮めるいいきっかけになりそうですしね、ニコッ。
14051406.jpg
元々はドラマCDとして人気を博したシリーズのゲーム化作品。
元媒体特有のアッパーなテンションと、原作を経由しないとなかなか把握しづらいキャラクター設定には、つい戸惑ってしまうかもしれませんが、声優業界を真っ向から扱ったコンセプトは他に例がないオンリーワンな存在。
主人公の無意識のうちに他人をぐいぐい押しのけてゆく、いかにも乙女ゲーの主人公らしい見上げた性格などは、声優志望者にとって意外と良きお手本となるのかもしれません。
声優に限らず、どんな世界でも最後に涼しい顔して生き残っているのは、決まってこんなタイプの輩だったりしますもんね。



この記事に含まれるtag : 声優 乙女 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2092.html

2014/05/14 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザーtag (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。