ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

このページの記事目次 (tag: レーシング の検索結果)

← 前のページ  total 23 pages  次のページ →  

【クラッシュ・アン・バーン】Crash'n Burn

   ↑  2017/05/04 (木)  カテゴリー: 3DO
170504007.jpg
武装カーの広義というのも、これはこれで線引きが意外と難しい。
武器を積載したクルマをなんでもかんでも武装カーにしていたら、『マリオカート』も武装カーゲームの範疇に収まってしまうが、しかし家族や友人たちとの和気あいあいとした団欒は、武装カーとはおよそ真逆なアティチュードである。
一方で銃火器を積んでいなくとも武装カーゲームの枠組みにすっぽり入ってしまう『カーマゲドン』なんて例もあったりする。
そして武装カー定義においてボーダーライン上にいるのが『Wipeout』を始めとする近未来系レースゲームだ。
170504004.jpg
オレの判断では『Wipeout』も武装カーの絶対条件である"アタマの悪さ"を充分に備えているのだが、一方であのゲームのスノッブなイメージが、アベイルで買った服と高い親和性を持つ武装カーの美的センスとかけ離れた一面があることも否めない。
だいたい"合成着色料たっぷりの駄菓子でハイになったバカな中学生どもが、チャリ乗り回しながら泥玉ぶつけ合うようなゲーム"の括りに『Wipeout』を入れたら、あのゲームの信奉者たちが激怒しそうではないか。
170504003.jpg
その点、同じ『F-ZERO』影響下にある近未来レースゲームでも、この『クラッシュ・アン・バーン』は分かりやすい。
ゲーム起動早々モニターに踊るのは核爆弾のキノコ雲。
「はい、核戦争で何もかもご破算になった後のやりたい放題の未来です!」
この80年代低偏差値武装カー映画からまるまる受け継いだ、ものごとをちっとも深く考えていない設定だけで、武装カーゲームの最低条件を難なくクリア。
170504005.jpg
キャラクター選択画面に踊るのは、ミニ四駆の出来損ないみたいなデザインのマシンと、コスプレ一歩手前の衣装に身を包んだすっとこどっこいども。
白塗りスキンヘッドのパンク芸者が、「あたしについてこられるかーい?」と濁声で凄みまくる実写ムービーを前に、誰もが「あ、これは『Wipeout』と似ているようで全然違うゲーム」と安心することだろう。
170504002.jpg
それでいていざレースがスタートすれば、"疾走感に欠けるワイプアウト"なんて感想が最初に出てきてしまうのだから、タチの悪さもひとしおだ。
『Wipeout』のなりそこないと見るか、武装カーゲームの一角として見るかで、その評価が大勢に影響のない程度で分かれてくるだろう。
3DOの事実上のファーストパーティであったCrystal Dynamics社製で、北米3DO REALのロンチを飾った記念すべき一作。
内容の詰めの甘さも含めて、北米3DOの方向性をよしゃあいいのに定めてしまったゲームとも言えるかもしれない。

この記事に含まれるtag : レーシング 武装カー 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2635.html

2017/05/04 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Riptide GP: Renegade】嵐の海のジェットスキー

   ↑  2017/04/10 (月)  カテゴリー: XBOX ONE
170410004.jpg
『ウエーブレース64』が切り拓いた水上レースゲームの心意気を現在に受け継ぐ独立メーカーVector Unit。
"水もの"を専門とし、数少ない陸レースゲームですら舞台はビーチから離れないなど、「うちはもうこれ一本でやってきますから!」な職人的気概に溢れた会社だ。
代表作はXBLA発でその名を轟かせた『Hydro THunder Hurricane』。
以降はモバイルゲームにその主軸を移し、ジェットスキーゲームシリーズ『Riptide GP』を、主にAndroidやiOSで展開してきた。
170410001.jpg
そのシリーズ最新作が『Riptide GP: Renegade』。
前作『Riptide GP2』はモバイル版のおこぼれという形でXbox One版もリリース。しかし国内未発売に終わっていたが、今作は無事日本のストアにも登場。
前作と同様にモバイル版をほぼそのままコンバートした内容だが、元が完成度の高いゲーム。
据え置き機に移植されても見劣りするような部分はないだろう。
170410005.jpg
『Riptide GP2』からの大きな変化は演出面の強化。
うねりまくる荒天の海。ジェットスキーを大きく跳ね上げる大波。可動式のギミックなど、『Hydro Thunder Hurricane』を思い出させるスクリプト的なディレクションは、ストイックなレースに徹していた前作や前々作から明快に進化した点だ。
170410003.jpg
サブタイトルの由来でもある、どことなく「ワイルド・スピード」風なストーリーも特徴の一つ。
もっともこのストーリー、ステージ間のキャラクター会話でアバウトに語られているだけなので、まあかっ飛ばしても支障はないだろう。
ストーリーの絡みでパトロールバイクがレースに介入してきたりもするが、このオーバースペックな闖入者も、やはり『Hydro Thunder Hurricane』を、どことなく思い出させたりするな。
170410006.jpg
コースバリエーションの少なさと、同じことの延々繰り返しになってしまう単調さは、過去作から改善されていない欠点。
されどこの水の上をたゆんたゆんと跳ねるように進む疾走感は、たとえマンネリであろうとも、なかなか代替のきかない独特の魅力だ。

この記事に含まれるtag : レーシング 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2626.html

2017/04/10 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【ウエーブレース64】64の代表作

   ↑  2017/04/06 (木)  カテゴリー: SFC&N64
170406007.jpg
ロンチから3ヶ月間音沙汰なし。今の時代ならばしょうもないまとめブログの槍玉に挙げられそうな話だが、ともかくニンテンドウ64のソフト発売間隔は、悠長なんて言葉じゃ生温いペースだった。
3ヶ月も間が開けば、いくら渾身の『スーパーマリオ64』もいい加減遊び飽きるし、新たな遊びの形を提言した個性的な64コントローラも、単なる風変わりなオブジェと化してしまう。
プレステとサターンが熾烈な戦いを繰り広げている中、任天堂、ホントにやる気あるのか?と悶々とするユーザーのもとに届けられた64久々のタイトルは任天堂の本気。
そしてニンテンドウ64の理想を、『スーパーマリオ64』以上に分かりやすく噛み砕いて提供したソフトであった。
170406002.jpg
その舞台となるのはデジタルの水面。
96年当時、CGによる水の表現は、かなりハードルの高い課題であった。
そして数多のソフトが"水場を模した青っぽい平面"で留まる中、任天堂は64の実力を、この水面表現に余さず注ぎ込んできた。
打ち寄せては引く波。うねる波紋と共に現れては消えてゆく白い泡立ち。ビーチ、港湾、湖、運河、様々なシチュエーションで再現された"生きた水面"。
170406006.jpg
それは見た目だけではない。
浮かぶはカワサキの水上バイク。その操縦を司る3Dスティックに指を添えれば、生きた水の感覚がダイレクトに腕に伝わってくるだろう。
力を入れたスティックに反応して、ずずっと軽く水に沈み込む水上バイク。横からやって来た波が、今度はバイクを上に押し上げる。
水面は常に表情を変える。そしてニンテンドウ64の底知れぬポテンシャルは、その一つとして同じ表情は見せない水面を、当時としては驚くべきクオリティで表現してきた。
170406004.jpg
変わるのは水面だけではない。快晴の空の下、あるいは水平線に沈みゆく夕陽に見守られて。
一周目には湖面を深く覆っていた霧が、次の周回は綺麗に晴れ、そして霧の中ではうすぼんやりだった湖の景色がくっきりと姿を表わす。
64の豊穣な色表現に支えられた美しいロケーションも、これまた表情が多彩であった。
170406005.jpg
奔放に動く水面を押さえつけ、あるいは荒れ狂う波に身を任せ、陸と違って一筋縄ではいかないコースを捌く手綱は3Dスティックの繊細なコントロール。
3ヶ月間の待ちぼうけの価値は充分すぎるくらいあった、水上レースゲームのエポックにして金字塔。
後に振動パックに対応したバージョンが発売されたが、そんな追加オプションがなくとも、水の上で揺られ揉まれる感覚は、個性的なコントローラを通してしっかりと感じられた。
ニンテンドウ64を代表する、そして64というハードの魅力をもっとも端的に伝える、そして何故だかセガアーケードっぽいテイストもちらっと垣間見えたりする名作。

 

この記事に含まれるtag : レーシング 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2625.html

2017/04/06 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Mad Tracks】郊外ロードサイド風享楽

   ↑  2017/02/05 (日)  カテゴリー: XBOX 360
170205005.jpg
時は今からちょうど10年前。
後に隆盛を極めるXbox Liveアーケードも、まだこの頃はタマが揃いきっておらず、オンラインマルチを賑わすタイトルもアナログゲーム出自の『UNO』や『カタン』程度のささやかさだった。
そこに舞い降りたのはちょっぴりもっさいデザインのトイカー。
動力はバネエンジン。バネで動くと言われてもいまいち理解しづらいが、しかしその仕組みをゲーム自身に問うても、2007年基準翻訳エンジンのフリーダムな直訳によって、さらに要領を得なくなるだろう。
170205002.jpg
バネで動くトイカーと混乱をきたす直訳。『Mad Tracks』のファーストインプレッションは、とりあえずこの二つを押さえておけばOKだ。
だけど「周」や「ゴゴゴー」に代表されるマッドトラックス語を面白がるだけで終わってしまってはもったいない。
次に訪れるべきはバラエティ豊かなゲームが並ぶメニュー画面。
トイカーが主役のマリオカート風レースゲームは、XBLAだけでも同趣向のソフトが山ほど出た雨後の筍ジャンルだが、『Mad Tracks』はそれらに似ているようで実はその趣はかなり違う。
メニューにズラッと並んだ種目の数、実に15個。
同一種目のステージ違いも一部あるが、それでも多彩さはなかなかのものだ。
170205001.jpg
その競技中、オーソドックスなレースやタイムアタックが占めるのは、ほんの3分の1程度。
残りはと言うと、トイカーを使ってのテーブルサッカーやホッケーに、助走をつけてのボウリングやダーツ、お椀状のフィールドで転がるボールを避けたり、刻一刻と上昇する水位から逃れるサバイバルゲームや食卓上での早い者勝ちアイテム争奪戦などなど。
各々のプレイ時間も5分程度の長丁場から、わずか一瞬で終わってしまうものなど様々だ。
170205004.jpg
坂を駆け下りてピンをなぎ倒すボウリングの後は、2チームに分かれてのテーブルサッカー。それが終われば今度はジャンプ一閃ダーツの的に飛び込んで、お次はトイカーでボールをプッシュするビリヤード。その合間にはもちろんオーソドックスなマリオカート風レースも。
まるで週末の夜のラウンドワン三昧のような、郊外ロードサイドスタイルの享楽パッケージ。
気心の知れたフレンドたちと時間をつぶすには、実に気の利いた肩肘の張らないバラエティゲーム集。
それがありがちなマリオカートクローンの皮をかぶった『Mad Tracks』の真の姿だ。
170205006.jpg
そしてぼっちで訪れれば疎外感に満たされて帰ってくるだけのラウンドワンと違って、『Mad Tracks』にはXbox Liveがあった。
大雑把かつおおらかであるが故に、時として(いや、大半は)ぐずぐず、或いはぐだぐだのまま終了するバラエティマッチ。
その結果に参加した多国籍の野良メンバーみんなで思わず苦笑いを共有してしまう、そんないい具合に気の抜けた一瞬が『Mad Tracks』オンラインマルチ最大の魅力だった。
170205003.jpg
時は今からちょうど10年前。
後に選り取りみどりの状況になるXbox Liveオンラインマルチも、まだ遊ぶゲームの選択肢が限られていた。
そこに舞い降りたのはちょっぴりもっさいデザインのトイカー。
銃弾飛び交う戦場や、深謀遠慮のカタンで殺伐とするLiveを束の間癒やした愛すべき小品。
そのアティチュードは、おそらく開発者たちは知りもしないであろう、ラウンドワン風ロードサイドスタイルだ。

<Xbox One互換対応タイトル>

この記事に含まれるtag : XBLA レーシング D3パブリッシャー ONE互換 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2602.html

2017/02/05 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Forza Horizon 3】麗しのマリコセリカ

   ↑  2017/01/13 (金)  カテゴリー: XBOX ONE
161215006.jpg
「トランザム7000」「ミニミニ大作戦」「バニシング・ポイント」「ブリット」。
クルマがもう一方の主役を飾る映画たちは、登場したクルマにさらなる強烈な箔とイメージを与えてくれた。
それに対してこれだけのクルマ大国でありながら、クルマの存在が際立った作品に乏しいのが日本映画だ。
ムリもない。スポンサーとの結びつきが強い世界だ。
「クスリでラリった男がお宅のクルマを法定速度超過してかっ飛ばし、最後はバリケードに突っ込んで死んじゃう映画撮るんで、ひとつヨロシク!」なんて話がそうそう通りっこないことくらい、こっちだって分かってる。
170113008.jpg
それでも邦画にクルマムービーが決して皆無なワケじゃない。
"冬のレジャー地に集うバブル期のリア充たち"という、クルマオタやニューシネマとはおよそ対極のテーマを描いた「私をスキーに連れてって」などは、日本が誇る密かなクルマムービーだ。
170113006.jpg
その隠れ主役はセリカGT-FOUR。スキー場に溶け込むかのような純白のボディ。
これまたバブル期の賜物である太眉も勇ましくハンドルを握るのは、ヒロイン原田知世の実姉、原田貴和子だ(劇中では他人設定なのだが、時折どうしても仲のいい姉妹以外の何ものにも見えなくなってしまうのは、この映画の愛嬌ポイントの一つだ)。
さらに「私をスキーに連れてって」には、対になるセリカがもう一台出てきて、こちらのボディカラーは赤。オーナーは高橋ひとみ演じるヒロコ。
170113003.jpg
八面六臂の活躍をするのは貴和子姉さんの白セリカ(通称マリコセリカ)の方。
「女26、……いろいろあるわ」の名セリフと共に路面の凍った志賀高原を駆け出し、峠道をかっ飛ばし雪の壁を飛び越えゲレンデを突っ切志賀万座2時間半。
白い車体が雪道やゲレンデを躍動するシーンは、思わず「あのクルマ、カッケエ!」の声が漏れ出る、三上博史や原田知世を差し置いてセリカが束の間の主役をジャックする瞬間。
そしてその前後は、この映画の隠れヒロインである貴和子姉さんの控えめな主役タイムだ。
170113007.jpg
『Forza Horizon 3』にあるセリカGT-FOURは、残念なことに「私をスキーに連れてって」に登場したST165ではなくて、その次世代モデルであるST185。
ただ全体的に滑らかになったにせよ、基本的なフォルムは先代からしっかり受け継いでいる。
幸いブリザードマウンテンには峠道もアイスバーンもゲレンデもある。マリコセリカを再現するには過分ないシチュエーションだろう。
170113004.jpg
「あのクルマのハンドルを握りたい!」ではなく、「あのクルマの助手席に乗りてえ!」なんて衝動を催させた数少ない映画カー、セリカGT-FOUR。
マリコさんと一緒なら、このまま崖下に転げ落ちても本望だ。そんな思いを込めたブループリントも作成しておきました。
映画同様に道を走るよりもゲレンデ突っ切った方が早いと思うので、最後は是非ともセリカをひっくり返してフィニッシュしていただきたい。

 

この記事に含まれるtag : Forza レーシング シネマゲーム 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2593.html

2017/01/13 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザーtag (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。