ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

このページの記事目次 (tag: レーシング の検索結果)

total 21 pages  次のページ →  

【Mad Tracks】郊外ロードサイド風享楽

   ↑  2017/02/05 (日)  カテゴリー: XBOX 360
170205005.jpg
時は今からちょうど10年前。
後に隆盛を極めるXbox Liveアーケードも、まだこの頃はタマが揃いきっておらず、オンラインマルチを賑わすタイトルもアナログゲーム出自の『UNO』や『カタン』程度のささやかさだった。
そこに舞い降りたのはちょっぴりもっさいデザインのトイカー。
動力はバネエンジン。バネで動くと言われてもいまいち理解しづらいが、しかしその仕組みをゲーム自身に問うても、2007年基準翻訳エンジンのフリーダムな直訳によって、さらに要領を得なくなるだろう。
170205002.jpg
バネで動くトイカーと混乱をきたす直訳。『Mad Tracks』のファーストインプレッションは、とりあえずこの二つを押さえておけばOKだ。
だけど「周」や「ゴゴゴー」に代表されるマッドトラックス語を面白がるだけで終わってしまってはもったいない。
次に訪れるべきはバラエティ豊かなゲームが並ぶメニュー画面。
トイカーが主役のマリオカート風レースゲームは、XBLAだけでも同趣向のソフトが山ほど出た雨後の筍ジャンルだが、『Mad Tracks』はそれらに似ているようで実はその趣はかなり違う。
メニューにズラッと並んだ種目の数、実に15個。
同一種目のステージ違いも一部あるが、それでも多彩さはなかなかのものだ。
170205001.jpg
その競技中、オーソドックスなレースやタイムアタックが占めるのは、ほんの3分の1程度。
残りはと言うと、トイカーを使ってのテーブルサッカーやホッケーに、助走をつけてのボウリングやダーツ、お椀状のフィールドで転がるボールを避けたり、刻一刻と上昇する水位から逃れるサバイバルゲームや食卓上での早い者勝ちアイテム争奪戦などなど。
各々のプレイ時間も5分程度の長丁場から、わずか一瞬で終わってしまうものなど様々だ。
170205004.jpg
坂を駆け下りてピンをなぎ倒すボウリングの後は、2チームに分かれてのテーブルサッカー。それが終われば今度はジャンプ一閃ダーツの的に飛び込んで、お次はトイカーでボールをプッシュするビリヤード。その合間にはもちろんオーソドックスなマリオカート風レースも。
まるで週末の夜のラウンドワン三昧のような、郊外ロードサイドスタイルの享楽パッケージ。
気心の知れたフレンドたちと時間をつぶすには、実に気の利いた肩肘の張らないバラエティゲーム集。
それがありがちなマリオカートクローンの皮をかぶった『Mad Tracks』の真の姿だ。
170205006.jpg
そしてぼっちで訪れれば疎外感に満たされて帰ってくるだけのラウンドワンと違って、『Mad Tracks』にはXbox Liveがあった。
大雑把かつおおらかであるが故に、時として(いや、大半は)ぐずぐず、或いはぐだぐだのまま終了するバラエティマッチ。
その結果に参加した多国籍の野良メンバーみんなで思わず苦笑いを共有してしまう、そんないい具合に気の抜けた一瞬が『Mad Tracks』オンラインマルチ最大の魅力だった。
170205003.jpg
時は今からちょうど10年前。
後に選り取りみどりの状況になるXbox Liveオンラインマルチも、まだ遊ぶゲームの選択肢が限られていた。
そこに舞い降りたのはちょっぴりもっさいデザインのトイカー。
銃弾飛び交う戦場や、深謀遠慮のカタンで殺伐とするLiveを束の間癒やした愛すべき小品。
そのアティチュードは、おそらく開発者たちは知りもしないであろう、ラウンドワン風ロードサイドスタイルだ。

<Xbox One互換対応タイトル>

この記事に含まれるtag : XBLA レーシング D3パブリッシャー ONE互換 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2602.html

2017/02/05 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Forza Horizon 3】麗しのマリコセリカ

   ↑  2017/01/13 (金)  カテゴリー: XBOX ONE
161215006.jpg
「トランザム7000」「ミニミニ大作戦」「バニシング・ポイント」「ブリット」。
クルマがもう一方の主役を飾る映画たちは、登場したクルマにさらなる強烈な箔とイメージを与えてくれた。
それに対してこれだけのクルマ大国でありながら、クルマの存在が際立った作品に乏しいのが日本映画だ。
ムリもない。スポンサーとの結びつきが強い世界だ。
「クスリでラリった男がお宅のクルマを法定速度超過してかっ飛ばし、最後はバリケードに突っ込んで死んじゃう映画撮るんで、ひとつヨロシク!」なんて話がそうそう通りっこないことくらい、こっちだって分かってる。
170113008.jpg
それでも邦画にクルマムービーが決して皆無なワケじゃない。
"冬のレジャー地に集うバブル期のリア充たち"という、クルマオタやニューシネマとはおよそ対極のテーマを描いた「私をスキーに連れてって」などは、日本が誇る密かなクルマムービーだ。
170113006.jpg
その隠れ主役はセリカGT-FOUR。スキー場に溶け込むかのような純白のボディ。
これまたバブル期の賜物である太眉も勇ましくハンドルを握るのは、ヒロイン原田知世の実姉、原田貴和子だ(劇中では他人設定なのだが、時折どうしても仲のいい姉妹以外の何ものにも見えなくなってしまうのは、この映画の愛嬌ポイントの一つだ)。
さらに「私をスキーに連れてって」には、対になるセリカがもう一台出てきて、こちらのボディカラーは赤。オーナーは高橋ひとみ演じるヒロコ。
170113003.jpg
八面六臂の活躍をするのは貴和子姉さんの白セリカ(通称マリコセリカ)の方。
「女26、……いろいろあるわ」の名セリフと共に路面の凍った志賀高原を駆け出し、峠道をかっ飛ばし雪の壁を飛び越えゲレンデを突っ切志賀万座2時間半。
白い車体が雪道やゲレンデを躍動するシーンは、思わず「あのクルマ、カッケエ!」の声が漏れ出る、三上博史や原田知世を差し置いてセリカが束の間の主役をジャックする瞬間。
そしてその前後は、この映画の隠れヒロインである貴和子姉さんの控えめな主役タイムだ。
170113007.jpg
『Forza Horizon 3』にあるセリカGT-FOURは、残念なことに「私をスキーに連れてって」に登場したST165ではなくて、その次世代モデルであるST185。
ただ全体的に滑らかになったにせよ、基本的なフォルムは先代からしっかり受け継いでいる。
幸いブリザードマウンテンには峠道もアイスバーンもゲレンデもある。マリコセリカを再現するには過分ないシチュエーションだろう。
170113004.jpg
「あのクルマのハンドルを握りたい!」ではなく、「あのクルマの助手席に乗りてえ!」なんて衝動を催させた数少ない映画カー、セリカGT-FOUR。
マリコさんと一緒なら、このまま崖下に転げ落ちても本望だ。そんな思いを込めたブループリントも作成しておきました。
映画同様に道を走るよりもゲレンデ突っ切った方が早いと思うので、最後は是非ともセリカをひっくり返してフィニッシュしていただきたい。

 

この記事に含まれるtag : Forza レーシング シネマゲーム 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2593.html

2017/01/13 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Forza Horizon 3】ハレの道路

   ↑  2017/01/09 (月)  カテゴリー: XBOX ONE
161215006.jpg
冬も厳しさを増し、いよいよオレの住む関東平野でも降雪の気配が近づいてきた。
そろそろリアルクルマの方も冬支度をしておかないとマズい頃合いだが、あいにくとオレはコタツに根が生えたまま、TVモニターの前でコントローラをカチャカチャ言わす作業に忙しい。
テレビ画面に映るのは冬山雪景色。時折こちらに向かって吹き付けるは夜の雪吹雪。積もった雪を軋ませるタイヤの主はラリー仕様のランチア。
オレは相変わらず『Forza Horizon 3』のブリザードマウンテンから帰れないでいる。
170109006.jpg
テレビでよくやる警察密着ドキュメンタリーものも、この時期は初日の出暴走取り締まりを始めとする季節ネタが増えたりする。
中でも否応なしに目を引いてしまうのが、雪国の交通警察ネタだ。
固まる積雪、凍りつく路面、叩きつける雪で塞がれる視界。
そんな悪条件の下で発生する痛ましい事故。
このブリザードマウンテンを流している我らホライゾンドライバーにとっても、決して他人事ではないシチュエーションだ。
170109004.jpg
丁寧に作り込まれたアイスバーンは恐ろしい。
そこはスパイクタイヤを履いた百戦錬磨のラリーカーであっても、いったん足をとられたらたちまち制御不能になる危険を孕んでいる。
だがそれを知ってか知らずか、雪道をおのれの制御できる限界を超えてかっ飛ばすドライバター(まれに中身入り)は後を絶たない。
峠上り坂の向こうからケツを滑らせ真横になって落ちてくる対向車(本人はドリフトのつもりでいるから始末に悪い)。
こんなものとぶつかるのはもらい事故もいいところだ。いくら保険会社やJAFに用がないホライゾンワールドとは言え、もしスキルチェーンコンボを貯めている最中だったら、泣くに泣けない話である。
170109003.jpg
それでもソロ走行時は、まだ自分だけでも安全に細心の注意をはらっての運転ができるからいい。
そうはいかないのがオンラインのフリーツーリング走行だ。
いくらまったりを合言葉にしても、他人よりは気持ち5%増しでアクセルを強く踏み込みたくなるのが人情の世界。
他人より5%増しがそれぞれ積もり積もれば、雪道の限界走行なんてあっという間に突破する。
それ以前に先頭を突っ走るお前のコルベット、ノーマルタイヤ!
かくしてコルベットはヘアピンでスキッドを起こして崖下に消え去り、後続の我々もなんとなくそれに付き合わなきゃいけないような思い込みに駆られて、道警のベテラン交通課員でも首をひねるような連鎖型レミング式転落事故の完成と相成る。
170109005.jpg
雪国住まいでないオレにとって、雪道は滅多にないハレの道路だ。
そしてこのブリザードマウンテンは、そのハレが永遠に続く空間。実際の雪道に直面すれば、そろそろとアクセルを撫でるような運転を強いられるオレも、ここでは多少のはっちゃけが許される。
ブリザードマウンテン安全運転派を自称するこのオレでも、平均速度は70キロ。
冬の道警密着ドキュメンタリーなら「無謀」と罵られるだろうが、これでもホライゾンドライバーの中では控えめなスピードだぜ。

 

この記事に含まれるtag : Forza レーシング 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2591.html

2017/01/09 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Forza Horizon 3】Blizzard Mountain

   ↑  2016/12/15 (木)  カテゴリー: XBOX ONE
161215006.jpg
本格的な冬の到来だ。
雪にはめったに縁のないこちらでも、休日のオートバックスはスタッドレス履き替え作業の順番待ちで慌ただしい。
しかしホライズンフェスティバル真っ最中のオーストラリアならば、そんな待ちぼうけは無用だ。
お調子者の専属エンジニアが、あっという間にスノータイヤを用意してくれるだろう。
そう、オーストラリアもいよいよ冬本番。
南半球のオーストラリアは、いまは夏真っ盛りだろって? いくら夏だって山の方に行けば雪も積もるし吹雪もおこるんだよ。実際そうなってんだからしょうがねえだろ!
161215001.jpg
「よう、ボス、ちょっと来てくんない?」
そんなカジュアルな一言と共にヘリコプターで拉致されてきたのは、オーストラリア有数の常時厳冬の地、ブリザードマウンテン。
前作『Forza Horizon 2』の拡張パック、ストームアイランドも地理的には相当謎の場所だったが、ここの存在のミステリアスさは遥かそれ以上だ。
161215004.jpg
太陽照りつける荒野から一転白銀の世界へ。
そして山の天気は変わりやすい。ちょっと前までは一面の雪が陽の光を明るく照り返していたのに、いまは猛吹雪。
見ているだけで凍えてきそうなシチュエーションで幅を利かすのは、荒野ではぶいぶい言わせていたコクピット剥き出しのバギーや、狭っ苦しいハイエンドスポーツカーなんかじゃない。
見るからにエアコンの効きそうな密閉性と、広い視界を兼ね備えた四駆だ。
161215003.jpg
シャリシャリと音をたてるアイスバーン、舗装道路を包む雪煙など、きめ細かい厳冬描写の一方で、ノーマルタイヤで繰り出してもなんとかなってしまうカジュアルな路面コンディションは、ちょいとばかり物足りない一点だが、それを補って余りあるのは、やはり好みのドライビングで自由気ままに臨めるオープンワールドの雪国道路の魅力だろう。
『Dirt』シリーズなど雪道が出てくるクルマゲームは数多いが、レーシングゲームというジャンルにどっかり根を下ろしてしまったそれらでは、こればっかりは代替できないオンリーワンのチャームポイントだ。
朝、昼、夜、晴れ、雪、吹雪、あらゆるシチュエーションを走っていると、レガシィを転がして休みのたびにスキーに行ってた遠い昔の記憶がついフィードバックしてくる。
スナップさせたメディアプレイヤーから、かの香織が流れてきたら、もう完璧だ。これだけで個人的には拡張コンテンツの代金2160円を払った価値がある。
161215005.jpg
荒れ狂う吹雪に雪がフロントガラスに叩きつけられる描写は、本編のとき以上に『Forza Horizon 3』のコクピット視点の秀逸さを再認識させてくれる。
夜だったらヘッドライトのわずか先ですら見えやしない。現実に直面したら泣きが入るしかない運転コンディションも、どこかウキウキしてくるのは、これがホライズンだからだ。
制御不能になって雪だまりに突っ込んでも、リワインドボタン一発ですぐに抜け出せる。
だけど雪道なんかお構いなしに対向車線をかっ飛んでくるドライバター車にスリルと恐怖を感じたいならば、やはりちょっとぐらいは慎重な運転を心がけたほうが楽しいのかもしれない。
しかし楽しみ方はドライバーそれぞれ。『Forza Horizon 3』最初の大型拡張パックは、そんな気の抜けない雪道への誘い。
乾いた荒野から一面の銀世界への移動コストは、拡張パック代金と、それなりののローディング時間だけだ。

 

この記事に含まれるtag : Forza レーシング 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2583.html

2016/12/15 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Need for Speed: Rivals】オレたちレッドビュー群野良警察

   ↑  2016/11/10 (木)  カテゴリー: XBOX ONE
161110009.jpg
『ニード・フォー・スピード ライバルズ』は走り屋と警察、二つの立場を自由に選択できるゲーム。
犯罪者。その立場は人生を棒に振る気があればいつでもなれる。ましてやちんけな道路交通法違反ならなおさらだ。
だけど権力のもとに正義を行使する立場には、なろうと思ってもそうそうなれるもんじゃない。
ならばデジタルの仮想現実世界でチョイスすべきは、もちろん後者の方だ。
というわけでレッドビュー群警察に志願します!
「警察だ、ヴィン・ディーゼル気取りのアホども、さっさと停まれ!」
161110006.jpg
レッドビューカウンティの公道は無法地帯だ。
そこは走り屋映画を真に受けたバカどもが、改造した高級スポーツカーで違法走行の限りを尽くしている。
この度を越したYou Tuberたちに、正しい公道の走り方と権力の怖さを徹底的に叩き込んでやるのが、ハイウェイパトロールであるオレの仕事だ。
道路の向こうに、対向車線に、周囲の危険など顧みず迷惑な暴走をするスティングレイやベルリネッタやフォードGTの姿を見るやいなや、オレはサイレンのボタンに手をかけ、堂々と権力の行使を宣言する。
「警察だ、ヴィン・ディーゼル気取りのアホども、さっさと停まれ!」
161110003.jpg
停まれと言って素直に停まるようだったら警察は要らない。
オレたちとの追いかけっこを待ち望んでいたかのように、エナジードリンクの飲み過ぎでアタマがイカれたバカどもは、アクセルをさらに踏み込んで限界までスピードを上げる。
レクサス、GT-R、カレラGT、我々にも高性能パトカーが配備されてはいるが、限界までチューンナップを施した連中のスーパーカーにスピードでは敵わない。
しかしこちらには公の使命を共にする心強い同僚たちがいる。
本部からの応援要請に続々と駆けつける仲間のパトカーたち。サイレンをけたたましく鳴らし、時には先回りして待ち構えながら、自己顕示欲に取り憑かれたスットコドッコイどもをじわじわと追い詰める。
「警察だ、ヴィン・ディーゼル気取りのアホども、さっさと停まれ!」
161110001.jpg
レッドビューカウンティはEAのサーバーにある街。
アクセスすれば、そこに散らばるのは世界各国から集まったパトカー警官と走り屋たちの姿。
だが好き勝手な走り屋と違って、秩序のために尽くす我らには、たとえ野良プレイヤーの集まりと言えどしっかりとした連帯感がある。
今日の獲物はあのふざけた走りを繰り返すマクラーレンP1だ。
バカッ速いクルマだが、オレたちにはしっかりとした連携と、警察だけに与えられる各種装備がある。
最後にべそをかいて「点数ヤバいんですよー」と泣き言を訴えるのは、マクラーレンのドライバーの方だ。
「警察だ、ヴィン・ディーゼル気取りのアホども、さっさと停まれ!」
161110004.jpg
同僚の進路の前に誤ってスパイクベルトを投下。道路封鎖バリケードにダマになって突っ込むのはパトカーの方。巻き添えを食う一般車両。しまいにはパトカー同士で正面衝突。ボイチャから響き渡る「ファーーーーック!」の怒声。
しょせんは野良の集まり、連鎖する大惨事。気づけばレッドビューカウンティ中に交通パニックを引き起こしているのは警察の方。
だからこそ苦労と惨事の末に暴走車両を逮捕に追い込んだときの爽快感は格別だ。
「こんなオレたちに捕まるとはとんだマヌケ野郎だな! さあ、免停どころじゃ済まねえぞ!」
オレたち、レッドビュー群警察交通課。秩序の維持のためなら交通事故件数が数十倍にハネ上がることも厭わない。
今日もアバウトな連携で、フザけた走り屋どもを地の底まで追い詰めるぜ。
「警察だ、ヴィン・ディーゼル気取りのアホども、さっさと停まれ!」

 

この記事に含まれるtag : レーシング 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2570.html

2016/11/10 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザーtag (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。