ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

このページの記事目次 (tag: レッドファクション の検索結果)

total 2 pages  次のページ →  

【Red Faction: Battlegrounds】火星の荒野の武装カー

   ↑  2017/05/01 (月)  カテゴリー: XBOX 360
170501006.jpg
武装カーの狭義に於いて、ぴっかぴかのかっちょいいスポーツカーなんてのは以てのほかだ。
007のボンドカーも広義では立派な武装カーの仲間だが、しかし武装カー原理主義者は、それすらも認めない。
ポンコツでサビが浮いてロットで購入できそうな実用車の成れの果て。
まぁ「西部警察」なんかで盛大に壊されるタイプだが、それに見栄えなんかお構いなしにトゥーマッチな武装を載っけたクルマ。それが原理主義者の尊ぶ武装カーのあるべき姿だ。
中東辺りでゲリラが乗り回している、日本の中古商用車に機関砲やロケット砲を載せたシロモノなんかは、武装カーの理想が現実の台所事情と結びついた形だと言えるだろう。
170501002.jpg
ゲーム界隈で幅を利かす武装カーの原点となるのが、80年代に局地的に流行った「メガフォース」や「マッドファイター」などのバカ映画群だ。
トンチキな改造を施したボロ車が田舎暴走族規模の群れをなし、誰にも迷惑の掛からない荒野で不毛な争いを繰り広げる。
祖となったのは言うまでもなく「マッドマックス2」だが、それらは本家マックスの志の低いパチもんであるが故に、結果的に武装カーの本来の姿が、よりピュアに表れていた。
170501005.jpg
これら80年代低偏差値武装カー映画を真に受けたあんぽんたんどもが、やがてゲーム業界に入り、そして武装カーゲームというジャンルが萌芽する。
『Twisted Metal』に『ヴィジランテ8』、その柳の下の多くの有象無象ども。
いずれもバカ丸出しの改造武装車が、アンパンきめた暴走族なみの後先考えな破壊衝動で大暴れするだけの潔い内容ばかり。
そこにビデオゲームのもっとも純粋な理想を垣間見るのは、決してオレだけではあるまい。
170501001.jpg
火星の不毛な荒野を舞台に建設労働者たちが実用トラックを乗り回して破壊の限りを尽くす。
『レッドファクション』シリーズの最高傑作『Red Faction: Guerrilla』は、武装カーの狭義と極めて高い親和性を持ったゲームだったが、それに続く作品はズバリ武装カーゲームそのものに着地したのであった。
登場するのはお馴染みのバカ丸出し改造工務店車両に、前作で猛威を奮った建築用のパワーローダー、そして戦車。
見下ろし型固定フィールドの中で一同がやみくもに大暴れする、アリーナタイプの武装カーマルチプレイバトルロイヤルを基本とするゲームだ。
170501004.jpg
続くシリーズ最新作『Red Faction: Armageddon』のプロモ的な意味合いを多分に含んだ小品で、海兵隊教官風の悪口雑言を並べながら進行を司どるキャラクターは、同作からの出向。
『Red Faction: Guerrilla』の武装蜂起から時は流れ、かつての革命家たちが今じゃすっかり体制の人となっている変遷はあるが、このゲームに関しては、深いことなんか考えずに、とにかく自分以外の動いているモノを片っ端からスクラップにすればいいだけだ。
バカ車、迷惑の掛からない荒野、低偏差値、そしてざっくばらんすぎるゲーム性と、武装カーゲームの純粋性を、ある意味正統に受け継いだ作品と言えるだろう。ほんとバカなゲームだけど。

<Xbox One互換対応タイトル>

 

この記事に含まれるtag : XBLA 武装カー レッドファクション ONE互換 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2634.html

2017/05/01 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【レッドファクション: アルマゲドン】ハンマーからマグネットガンへ

   ↑  2013/02/26 (火)  カテゴリー: XBOX 360
13022619.jpg
「オレたちの時代は、汗水たらしてハンマー振り回しながら、一つ一つ手作業で建物をぶっ壊してたのに。最近の若い奴ときたら、ワケの分かんねえ道具に頼って横着することばっか覚えて、ホントになってねえ!」
「爺さんたちの、道具がそれしかなかった時代の苦労を、オレたちに語られたっていい迷惑なんだよ! 今はマグネットガンって便利な道具があんだよ。ハンマーでいちいちぶっ叩いて壊すより、よっぽど効率がいいし応用が利くんだって!」
「それを横着っつうんだろうがあ!」
13022614.jpg
「じゃあ爺さんは、ハンマーすらなかった時代の連中に、ハンマー使うのは横着だって言われたら、どう答えんだよ? それにオレたちは、過剰に壊しちゃったとこは、ナノフォージってこれまた文明の利器で、きちんと丁寧に修復してんの。爺さんたちは、それこそ壊せば壊しっぱなしだったじゃねえか! 無責任もいいとこだろ、それって!」
「何をぬかしやがる、このひょうろく玉があ! もうかんべんならねえ!」
「ちょっと、お爺ちゃん、やめて! 危ないからハンマーおろして! ダリウスも、ちょっと言い過ぎたって、お爺ちゃんに謝って!」
13022612.jpg
もしレッドファクションが家族経営の工務店で、前作『レッドファクション: ゲリラ』の主人公だったアレック・メイソンが健在だったら、事務所兼住居の中で、サマンヤ(前作のヒロイン)や、本作の主人公で孫でもあるダリウス・メイソンを相手に、きっとこんなホームドラマまがいの一悶着を起こしていたことだろう。
主人公がハンマーを投げ捨てるパッケージアートが象徴的な、レッドファクションシリーズの今のところの最新作、『レッドファクション: アルマゲドン』。
前作で建物解体から敵の殲滅(戦車対ハンマー、ハンマーの圧勝!)まで、オールマイティに猛威を振るった土木作業用ハンマーは、今や"伝統芸能"と題された実績絡みでしか出番がなくなり、それに代わって登場する汎用土木作業機械が、この『アルマゲドン」の真の主役であるマグネットガンだ。
13022613.jpg
まずは第一目標にアンカーを発射。続いて第二目標にもう一方を射出。すると第一目標に貼り付いたアンカーは強力な磁力によって、第一目標ごと強烈な勢いで第二目標に引き寄せられるのだ。
建物&地面、建物&壁、あるいは建物&建物の組み合わせでマグネットガンを放てば、例え離れたところにある物件だって、安全に解体が可能。
もちろん前作のハンマー同様、戦闘にだって応用が利く。敵にアンカーを貼り付けて、もう一方を壁に放てば、敵はあっという間に壁に叩き付けられてミンチになってしまうだろう。
敵&敵、あるいは建物&敵なんて組み合わせだってある。銃器がなかなか効かない硬い敵だって、建物を二、三個ぶち当てれば、さすがに大ダメージを与えられるし、もしくは遥か向こうに引き飛ばして、いったん距離をとるってのもありだろう。とにかくプレイヤーのイマジネーション次第で、無限の応用が利く汎用道具なのだ。
13022616.jpg
オープンワールドを舞台に、肉体労働者たちが土木作業具を手にして、正規軍相手に武装蜂起。
そんなブルーカラーたちのガテンテイストに溢れたぶっ壊し革命劇が魅力だった傑作『レッドファクション: ゲリラ』から一転、奇怪なクリーチャーどもを相手にするTPSの体裁をとったことから、凡庸なシューターに堕落してしまうんじゃないかと危惧された本作を救ったのは、このプレイヤーの頓知心をくすぐる土木作業具。
しかもマグネットガンは、ハンマーと違って遠距離でも戦える武器だから、前作に続いて登場するレールドライバーやナノライフル、爆薬ランチャーといったレッドファクション伝統の面白武器たちは、前作以上に影が薄くなっちゃってる。
13022611.jpg
まあマグネットガンを使っての戦闘が、あまりにも面白すぎるので、これら伝統武器の不遇っぷりは、それほど気にはならないのだが、唯一気になったのは、設定に起因するガテンテイストの減退っぷりだ。
お爺ちゃんのアレック・メイソンや、初代『Red Faction』のパーカーなど、このシリーズは一介の労働者が主人公となるのが、お約束だったけど、前作で武力革命が成就してしまったがために、労働者による革命集団だったレッドファクションも、今や立派な火星の正規軍、言い換えれば体制側となってしまっているのだ。
13022615.jpg
そして主人公ダリウス・メイソンも、元はレッドファクション正規の技術兵。
敵も人間タイプは少なめで、そのほとんどが、うじゃうじゃと大量に湧いてくる火星の原生生物なので、マグネットガンとナノフォージによるデストラクション&コンストラクションな要素を除けば、過去のシリーズを貫いていた独特のプロレタリアート臭が減退した、割と特徴のないサードパーソンシューターに落ち着いちゃっている。
やはり労働者の武器は体制側の走狗に向けられてなんぼのもの。このマグネットガンも、あんなワケの分からないクリーチャー連中でなく、生身の兵士とか軍を戦車に向けて使い、思う存分蹂躙して回りたかったんだけどなあ。



この記事に含まれるtag : レッドファクション TPS 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-1770.html

2013/02/26 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Red Faction】初代レッドファクション

   ↑  2011/05/03 (火)  カテゴリー: PCゲーム
11050311.jpg
いつの間にやら最新作『レッドファクション アルマゲドン』の発売が1ヶ月後に迫っていたレッドファクションシリーズ。
今回の舞台は、前作『レッドファクション ゲリラ』から数十年後の火星。そして新たに主人公となるのは、『レッドファクション ゲリラ』で主人公を務めたアレック・メイソンの孫。
ただし気になるのは、前作の破壊を極めるオープンワールドゲームから、オーソドックスなサードパーソンシューターへの変更。
そしてシリーズを通して反体制ゲリラの立場だったレッドファクションが、今回は火星の秩序を維持する体制側のポジションに変わっているところです。
11050317.jpg
トレイラーには過去のレッドファクションシリーズとは無縁だったエイリアンも登場していて、なんかありがちなSFシューターになってしまっているような気がします。
まぁ「シリーズを通しての肝である破壊の要素は健在ですよ」という触れ込みなんだけど、それ以上にプロレタリアートの蜂起劇というポイントは、破壊云々以上にレッドファクションシリーズの大切な肝だったと思うんだけどなぁ。
11050313.jpg
そのレッドファクションシリーズの記念すべき第1作が登場したのは2001年のこと。え、今からもう10年も前になるのかよ。そんな昔だったっけ!?
この初代『Red Faction』で火星を事実上支配しているのは、アルター社というスーパーブラック企業。
「鉱夫募集。高給保証。福利厚生完備。笑顔の絶えない明るい職場です」
そんな求人にほいほい応じてしまったがために、奴隷同然の環境でこき使われるハメになってしまった、本作の主人公パーカーさん。
11050314.jpg
しかし、劣悪な環境に堪忍袋の緒が切れた鉱夫たちは遂に武装蜂起。パーカーさんもこれに乗じて、仲間や中立の医者までをも巻き込むことを厭わない、無差別な武装闘争を開始するのです。
俺が悪いんじゃない。無関係な奴らも射殺できてしまう仕様が悪いんだ!(今では割とありがちだけど、この当時は民間人を殺せるシューターは、案外珍しかったのだ)
11050316.jpg
発破で道を切り開いたり、建物の崩落に敵を巻き込んだりなど、”破壊”を駆使したアイデアがところどころに光る作品でしたが、肝心のシューター部分が、いまいちけれんに欠ける地味なデキで、そこら辺の差し引き具合で、”まあまあの秀作”止まりになってしまった印象が強いです。
続く『Red Faction 2』は、そんな印象すら残らない凡作に終わってしまい、このシリーズもこれまでの命かと思われたのですが、FPSからオープンワールドゲームへの大胆な変換を計った『レッドファクション ゲリラ』の成功で、シリーズは見事に息を吹き返しました。
初代の主人公パーカーも、『レッドファクション ゲリラ』の地区名に、その名を残しています。
1作目から脈々と続くそんな火星叙事詩が、今度の『レッドファクション アルマゲドン』に、どんな形で残されているのか。今からちょっと気になりますよね。

<Windows・海外版>

この記事に含まれるtag : レッドファクション FPS 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-98.html

2011/05/03 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【レッドファクション: ゲリラ】聞け火星の労働者

   ↑  2011/05/02 (月)  カテゴリー: XBOX 360
11050214.jpg
聞け万国の労働者 轟き渡るメーデーの 示威者に起こる足取りと 未来を告ぐる鬨の声 <メーデー歌(聞け万国の労働者)>
一日遅れになってしまいましたが、5月1日となるとついつい口ずさんでしまうのが、この余りにも有名な労働歌です。
この歌詞に出てくる「示威者」って言葉が、どうにもピンと来なくって、私は長いこと、これを「シーシャ」という人名だと思い込んでいました。ロシアの有名な革命家な何かなのかなぁと。
だって示威ならまだしも、示威者なんて言葉は、あんまし一般的じゃないじゃん!

俺の場合は、イデオロギーとかそんなん関係無しに、単に勇壮で口ずさみやすい曲という理由で、軍歌や戦前の寮歌なんかと一緒くたにして気に入ってたんですが、学生の頃、飲み会の席でこの曲と"加藤隼戦闘隊"を続けて歌ったら、民青の奴にからまれてさあ大変。
「お前、何なの?」なんて向こうが言うもんだから、面倒臭くなって「ノ・ン・ポ・リ!」と適当に返したんですよ。
そしたらそいつ、俺のことをそれから「ノンポリ君!」などど呼ぶようになり、それだけならまだいいんですけれど、周りがその言葉の響きを面白がって一緒にその呼び名を使い始め、俺はしばらくの間、「ノンポリ」などという恐ろしくアナクロなあだ名を冠せられるハメになってしまったんですよ。ふざけんな、馬鹿野郎!
11050211.jpg
ま、そんなイデオロギー云々は別にして、俺は純粋に"メーデー歌"は素晴らしい歌だなと思ってるんですけど、この曲が一番似合うゲームと言えば、そりゃあ何たってプロレタリアート蜂起劇の『レッドファクション: ゲリラ』でしょう。
荒涼とした火星のオープンワールドを舞台に、革命という名の自由気ままな解体屋稼業を満喫できるこのゲーム。
適当にそこらを流して体制側の建物を見つけると、そのままトラックで文字通り突入し、爆弾をばらまきハンマーを振り回してそこを更地に変える。
そんな無軌道かつアバウト極まりないゲリラ活動が、最高に楽しいオープンワールドゲームの傑作です。
11050213.jpg
またこの主人公が、いかにも鉱山労働者然としたアンチヒーロー的な風貌で、最近のゲームでのジェイソン・ステイサム風主人公の氾濫にうんざりしていた俺にとっては、そこも大きなチャームポイントでした。
このゲーム、BGMの類は一切無いので、そこはカスタムサントラの出番です。
"メーデー歌"を始めとして、"インターナショナル"、"黒旗の歌"、"解放歌"など、革命歌の数々をバックに反体制活動に勤しめば、抑圧者の親玉も「うっそ!?」と思わず凍りつく、あの痛快なエンディングもさらに盛り上がることでしょう。
11050215.jpg
起て労働者奮い起て 奪い去られし生産を 正義の槌もて取り返せ 奴らの力なにものぞ

この記事に含まれるtag : レッドファクション オープンワールド 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-99.html

2011/05/02 | Comment (1) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【レッドファクション: ゲリラ】デーモン・オブ・バッドランド

   ↑  2011/01/08 (土)  カテゴリー: XBOX 360
11010809.jpg
NASAの火星植民プロジェクトというネタが、あちこちを騒がしたのは、確か昨年の終わり頃だったでしょうか。
宇宙飛行士を往路のみで火星に送り込み、地球に帰還することなく現地で開発に従事させるという、一方通行の凄まじい計画。
限りなくネタに近いお話なんでしょうけど、今の社会に嫌気がさしてしまったり、どん詰まりになってしまった人々にとっては、まっさらの惑星で一から出直すというのは、ほんのちょっぴり魅力的に映るかもしれません。
もっとも、そんなネガティブな連中ばかりを、あの星の苛酷な環境の中に送り込んでも、結果は目に見えているような気もしますが。
11010803.jpg
まぁもし送り込むとしたら、強靱な体力や精神力と、確かな科学知識や専門技術を備えた人間になるのでしょうけど、しかし、いくらエリートといえど、人間というのはしょせんは環境にあっさり左右されてしまう生き物です。
計画開始から十数年経って、そろそろ街の一つでもできているだろうと後続を送り込んでみれば、タスケンレイダーみたいな恰好をした先発隊員たちが、「おんだば、ぐりら、げるまんてらぁ!」なんて奇怪な言語を発しながら、棍棒振りかざして襲いかかってくるなんて展開は、充分にありえそうです。
思えば、『レッドファクション: ゲリラ』に於いて、主人公と交戦状態に陥るマローダーという蛮族も、元を正せば優秀な科学者たちだったじゃありませんか。
11010807.jpg
主人公にとっては、"槍を振り回す話の全く通じない野蛮人"どもでしかなかったマローダー。
優秀すぎるほどの科学者たちだったからこそ、むしろいったん退化し始めると、全く歯止めが利かなかったのかもしれません。
主人公の片腕であるエンジニアのサマンヤが、実は自分もマローダーの出身であると衝撃の告白をするのは、本編の終盤近くでしたが、この『レッドファクション: ゲリラ』の追加ダウンロードシナリオであるデーモン・オブ・バッドランドは、そんなサマンヤがまだマローダーであった頃のお話。
本編の主人公である"ぶっ壊し屋"アレック・メイソンが火星を訪れる数年前の時代が舞台です。
11010804.jpg
とは言えど、いくら元科学者であろうと、やることは食い詰め炭鉱夫とまるで一緒。EDF相手にハンマー振り回して、建物を叩き壊しまくる繰り返しです。
もっとも、ハンマーで建物を粉砕するのは、あのいかにもウドの大木然としたメイソンだからこそ様になった姿。華奢なサマンヤには、ちょっぴり違和感が残る姿ではありますけど。
基本的にこのダウンロードシナリオは、本編を終了した後、「なんかもうちょっと壊したりねえなぁ」と、若干の物足りなさが残った人たちに向けて、追加で壊せるものをちょっぴり用意した程度の存在。
ラーメンライスを食った後、追加で半ラーメンを頼むようなものなので、よっぽどのラーメン好き(破壊好き)で無い限りは、あえて手を出すようなコンテンツではないでしょう。
11010806.jpg
このシナリオで使用可能になる新武器にも、とりたてて気になるようなものはありません。
唯一ミサイルポッドだけは、その連射性と破壊力が魅力ですが、この武器は結構クセがあって、使いこなすのはなかなか難しいです。
本編で顕著だったマローダーの蛮族っぷりが、かなり減退しちゃっているのも残念なところ。
登場するウォーカーが、本編よりも(外見の)キルドーザー度が上がってるのが、唯一のチャームポイントと言えるでしょうか。

この記事に含まれるtag : レッドファクション オープンワールド 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-196.html

2011/01/08 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザーtag (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。